鎌倉で、あじさい三昧。 ⓽ 

鎌倉で紫陽花ざんまいが続くお話。
明月院でスカイブル-を眺めてます。

↓ スカイブルー一色  
94_2017061623050808f.jpg
前回もお伝えしていますが、明月院の紫陽花は、
ほぼこのスカイブルーで埋め尽くされています。

↓ 短い晴れ間の下
96_2017061623050525b.jpg
空梅雨気味でまだちょっとだけ
紫陽花の花が盛りではない感じ、
ではあったハズですが、それでも
盛大なスカイブルーに見惚れます。

↓ 大玉
95_20170616230506be8.jpg
若干ピンが甘い!でも大玉だ、
スカイブルーの大玉の花には
ちょっとした迫力がありますね。

↓ 紫陽花と竹林
98_20170616230502f9a.jpg
鮮やかなスカイブルーと深い色合いの竹林が醸すコントラストの妙、
が、伝わらない写真でごめんなさい。綺麗な色合いだったんですよ。

↓ ほんのひと区画だけの違う色
97_20170616230503119.jpg
ほぼスカイブルーの中にひと区画だけ
別の色の紫陽花が植えられておりました。
その色合いがとっても儚げで、すごくキレイ。
(↑品種名書いてあったけど覚えられなかった)
(↑そういうのこそ写真撮っとけばいいんじゃ?)(^^;)

↓ ああ、名残惜しい。
100_201706162304591c4.jpg
もうちょっと多く雨が降った後で、花が色鮮やかで
大きくなってたら良かったんですが、それでも眼福。
明月院の紫陽花の鮮明なスカイブルーは堪りません。

紫陽花の季節は、まだ続きます。
空梅雨気味だから、雨が多くなれば
まだもうちょっと続きます。お楽しみに。

↓ 鎌倉で、あじさい三昧は、まだまだシーズンまっただ中です。


オマケあり。
   ↓

続きを読む

鎌倉で、あじさい三昧。 ⑧ 

鎌倉で、あじさい三昧のお話です。

↓ スカイブル-のハイドランジア
86_20170616230747cb8.jpg
鎌倉屈指の紫陽花の名所、明月院に来てます。
明月院の紫陽花は、ほぼコノスカイブルーです。

↓ ほぼほぼ無敵の統一感
84_20170616230749f26.jpg
境内全てが、このスカイブルーというのが明月院。
これだけ花の色に統一感があるのは他にありません。

↓ 全部同じ色あい
87_2017061623074693b.jpg
さほど長くはな紫陽花の小道が
ほぼ全部同じ色というのも凄い事。

↓ スゴい人出は変わらず。
88_20170616230744694.jpg
この時は平日の昼間だったのですが、
空梅雨で晴れ続きという事もあって
盛大な人出になってたりしました。

↓ 
90_20170616230744d17.jpg

89_2017061623074343d.jpg
どこまで行ってもスカイブルーの花。
この色あいが、なかなかハマります。

↓ 大行列
91_201706162305124ad.jpg
明月院の名物のひとつ、それが本堂の丸窓。
その撮影には、何か物凄い行列ができてました。

過去画像あります。 

海老名と厚木と神奈川県 → 明月院で紫陽花見物(2012年6月)

今回は、行列に並びたくなかったのでパス。

↓ 道祖神にもスカイブルー
92_201706162305116f0.jpg
本堂脇の道祖神にも、紫陽花の色とおそろいの
スカイブルーのよだれかけがかけられてました。

↓ ・・・何だっけ?
93_20170616230509021.jpg
入口で地図をもらってたはずなのに
気が付けば落していたらしくって
建物の名前がわかりません。
(↑ココにきてダメダメだな)(^^;)

↓ スカイブルーを抱えてらっしゃいます
94_2017061623050808f.jpg
明月院は、この時期はむこの色一色です。

ってところで、以下次回。

↓ 次回も紫陽花です。飽きないでついてきて。

鎌倉で、あじさい三昧。 ⑦ 

鎌倉で紫陽花見物の散歩の話。

↓ ショック!
75_2017061623093483f.jpg
長兵衛が無くなってる!
とんかつが!鎌倉丼が!
ああもう!なんてこったい!
いくら検索してもHITしないぞ!
移転じゃなくて、店畳んじゃった!
何かもう、立ち直れそうにない感じ。

↓ 江ノ電
76_20170616230841eb7.jpg
そんな重たいショックを抱えながら、
江ノ電で次の名所へ向かいます。

↓ 鎌倉コロッケ
77_201706162308404fa.jpg
江ノ電鎌倉駅で、慰めに名物を購入。
駿河屋本舗の鎌倉コロッケは今や名物。
坂井和奏ちゃん買い食いしてた逸品です。
(↑このネタ知ってる人とは、友達になれます)(^^;)

↓ 北鎌倉へ移動
78_20170616230839acd.jpg
江ノ電乗り放題切符の恩恵から離れ、
鎌倉駅からJRに乗り換え、北鎌倉駅へ
移動してきました。ココは自前でお支払い。

↓ 線路に沿って歩きます
79_2017061623083773c.jpg
JR横須賀線の線路に沿って歩きます。
このシチュエーションなら、神奈川県には
もうおなじみの紫陽花の名所に向かいます。

↓ 明月院へ向かいます。
80_2017061623083671c.jpg
北鎌倉最大の名所であり鎌倉でも屈指の
紫陽花の名所である明月院に向かいます。

↓ 平日なのにこの人出
81_20170616230754c15.jpg
この時は、まだまだ空梅雨気味で、
あじさいの咲き具合が心配でしたが
そんな折の平日でも、この人出でした。

↓ 明月院
82_201706162307528e0.jpg
やってきました明月院。
鎌倉で紫陽花といえば
ココが3指に入る名所。

↓ 云われ書き
83_20170616230752c0f.jpg
臨済宗建長寺派の寺院、福源山明月院。
目と鼻の先にある建長寺派の寺院です。
ココの紫陽花には、ある特徴があります。
しってるでしょうか?スゴク有名なんです。

↓ この色
85_20170616230751971.jpg
境内の紫陽花は、この一色。
ほぼすべてがスカイブルー。

スゴイでしょ?

ってところで、以下次回。

↓ まだまだ紫陽花散策のお話が続きます。よれちき。

鎌倉で、あじさい三昧。 ⑥ 

鎌倉で紫陽花、まだ続きます
まだまだ鎌倉で紫陽花です。

↓ 長谷の交差点
63_20170616231237f4b.jpg
長谷寺参道の始まりがココ、長谷の交差点。
実は次の目的地はココから目と鼻の先です。

↓ 光則寺、入口
62_20170616231238ed4.jpg
長谷の交差点から、たった一本北側に
このドデカい碑があり、そこが入口です。

↓ ドカッとあじさい
64_20170616231239d36.jpg
参道には、こんな紫陽花がドカッと存在。
何だか気分を持ち上げてくれてますねえ。

↓ 光則寺
65_201706162312340a1.jpg
日蓮宗の寺院がココ、行時山・光則寺。

時の異端児だった高僧日蓮を、政治がらみで葬ろうとした、
当時の鎌倉幕府の、えらくめちゃめちゃお膝下に存在する
日蓮宗の寺院。光則寺がコチラ。出かけるのは実は初めて。

↓ 云われ書き
66_201706162311344e3.jpg
日蓮宗という宗教は、解体されているそうなので、
コレは既に、旧寺院という区分になってるそうです。
(↑聞きかじで詳しい事は知りません、すみません)

↓ 山門
67_20170616231133a09.jpg
携帯で、鎌倉・紫陽花の名所、と検索したら
出てきたのがコチラの光則寺じだったので、
どうせだから、と足を延ばし出かけました。

↓ 花の地図
73_20170616230937003.jpg
境内はこんな感じで、季節ごとの花にあふれてます。

↓ かわいい紫陽花がたくさん
70_20170616231127b21.jpg
さほど広くない境内なのですが、ちょっと驚くほど、
かわいい紫陽花がてんこ盛りに並べられてました。

↓ ヤマアジサイがメイン
71_20170616230940913.jpg
園芸種の大玉のあじさいよりも、
こういう小さなヤマアジサイが
メインに並べられていました。

↓ ほぼすべてが鉢植え
72_20170616230939e3e.jpg
植えられていたヤマアジサイは
全てこんな感じの鉢植えでしたが、
通りかかった奥様達の話によれば、
ここまでヤマアジサイの種類が多い
というのは他ではあまり見ないですよ、
という位の品揃えだったのだそうですよ。

↓ コレはコレで眼福です。
74_2017061623093616c.jpg
さほど知られていない名所感がありますが、
コレはコレで、眼福間違いなしの花の園。
こういう処へのお出かけもどうでしょう?

↓ 光則寺、ココは意外に穴場ですよ。

鎌倉で、あじさい三昧。 ⑤ 

鎌倉であじさい見物のお話。いよいよ長谷寺の紫陽花山へ向かいます。

↓ きれいな色合い
47_20170616231656941.jpg
紫陽花山入口の園芸種の紫陽花。
縁が白くなっている淡い青紫色の花。
紫陽花は原種でも500種超あるうえに
掛け合わせで生まれた園芸種の種類は
2000種を軽く超えている豊富さなんだとか。
品種紹介の札があちこちかかってるのですが、
とてもじゃないけど覚えて帰る自信がありません。

↓ あじさい路
49_20170616231652505.jpg
紫陽花山、というのは正式名称ではありません。
アジサイの路を行きながら花を眺める丘の上の
「眺望散策路」という、あまり面白くない名前です。
だから個人的には、あじさい山でいいかなあ、と。

↓ 斜面にあじさい
50_20170616231651b92.jpg
登っていく坂道の途中から
もう紫陽花がてんこ盛りに
なりつつある、嬉しい景色。

↓ 白と水色
54_20170616231525ae2.jpg
あまり見かけない色あい。これも季節が進むと、
鮮やかな色合いになったりしちゃいそうですね。

↓ 斜面に大玉の花
52_20170616231526efe.jpg
スゴい斜面が続いているのに
その斜面にはそこかしこに
大玉の花が咲いてます。

↓ 経堂へ続く斜面
53_201706162315251cc.jpg
あじさい山のふもとに建っている経堂は
周囲を囲まれるようにに紫陽花の斜面。
その斜面の上から下を眺めた画です。
日陰で花の育ちがいまいちに見えますが
この角度からの方が花がたくさん見えます。

↓ 山の上の方にさしかかり
55_20170616231522a89.jpg
ハタと思いだして、山の上の上までは行かず、
途中でショートカットするルートへ行ってみます。
上から眺めると紫陽花が少なく見えてしまいます。
下から見げてると、花が近くて視界に多く入るので、
そちらの方が、あじさい見物らしい気がしていい感じ。
(↑個人の感想です、散策の仕方は見る人次第ですよ)

↓ もう下り坂
56_201706162313356fe.jpg
紫陽花を見ながらきょろきょろしてるうちに
あっという間に下り坂が近づきました。

↓ 経堂の軒先に紫陽花の斜面
58_20170616231334f02.jpg
これも綺麗な景色なのですが、本当は六月下旬の、
雨がたくさん降った後の方が、花も大きく、色あいも
濃くなるので、ちょっとだけ時期が早かった感じです。

↓ 経堂の軒下から
59_201706162313293f9.jpg
惜しい。花が目一派だったら
もっともっと大玉の紫陽花が
ドドドッとならんでたのにね。
これも今年の巡り合わせ。

↓ 石仏
60_2017061623132825e.jpg
あじさい山の出入り口に鎮座される
石仏に手を合わせてから、帰り道へ。

↓ 長谷寺
61_201706162312406fc.jpg
ちょっと空梅雨気味の今年は
長谷寺の紫陽花もまだまだ
旬が続いていくと思われます。

鎌倉屈指の紫陽花の名所で
行列必至の長谷寺なのですが、
ぜひとも、一度はご覧頂きたい。
雨の日は少し空いてるはずです。

↓ 長谷寺の紫陽花は、見に行って損は無し。です。

鎌倉で、あじさい三昧。 ④  

鎌倉であじさい見物のお話しです。
ココまで来たらもう細かい事は無し!

↓ 長谷寺
35_20170616232121068.jpg
鎌倉屈指の紫陽花の名所のひとつ、長谷寺です。
もうここは、四の五の言う必要のない名所中の名所。
拝観料は必要ですが、Suicaで支払えるなどの整備も
行き届いている観光名所で、今の時期は紫陽花で有名。

↓ 入場整理券
36_2017061623195197d.jpg
入り口でもらう整理券はこんな感じ。
このナンバ-が入場対象になると、
紫陽花山に入る列に並べます。
この日は約30分待ちでした。

↓ もうすでに紫陽花。
37_20170616231950640.jpg
入口すぐから、もう紫陽花。
気分を見りあげてくれてます。

↓ 花菖蒲
38_20170616231949306.jpg
池には花菖蒲も植わっています。
季節の花が盛りだくさんになってます。

↓ 長谷寺
39_2017061623194668a.jpg
奈良・大和の長谷寺が海に流した十一面観音が
十五年後に鎌倉に流れ着いた事で起こったという
鎌倉長谷観音、海光山・慈照院というのが正式名称。
長谷の観音様の寺、で、俗称が長谷寺になっています。
観音様と紫陽花で有名ですが、水子供養でも有名な寺院。

↓ 見えるのは葉山へ続く海の景色
40_201706162319467ae.jpg
前に何度も取り上げているので
ご紹介が少々雑になってますが、
長谷寺の高台から見える場所は
葉山へつながる材木座の向こう側。
何時見てもこの景色はイイ感じです。

↓ コレはやっぱり目を惹くの。
41_20170616231840066.jpg
花より団、ならぬまんじゅうです。
コレが、いつ来ても目を惹きます。

↓ 食べかけでごめんなさい
42_20170616231838c50.jpg
寺の境内で売ってる寺院のおやつは、肉を一切使わず、
野菜と味噌の餡が入ってる中華まん風の蒸しまんじゅう。
なのに、何度食べても、どうしてこんなに美味いのかが謎。
とにかくコレは、精進料理のはずなのにボリューム満点です。

↓ 順番、来ました!
44_20170616231836003.jpg
境内をうろうろしているうちに
拝観可能の順番が来ました。

↓ ココからさらに何分も待つ
45_201706162318357c2.jpg
列に並ぶ順番が解禁になり、
列に並ぶことが出来ましたが
ここから紫陽花山に入るには
ここから更に何分も待つのです。
はっきり言って手持無沙汰ですが
この先にある景色は、行列待ちの
退屈な時間すら軽く吹き飛ばします。

↓ 入口ですでに、この盛況ぶり
46_2017061623165715d.jpg
これから先がこの時点で、もうすでに先が楽しみです。
何度も見たことがある景色ですが、やっぱり楽しみです。

ってところで、以下次回。

↓ 次回は、長谷寺の紫陽花山です。

鎌倉で、あじさい三昧。 ③

鎌倉へ出かけて、旬の紫陽花を見物中のお話。

↓ 成就院・結界内
21_20170616232421409.jpg
鎌倉屈指の紫陽花の名所、成就院は、
今年まで境内の改修工事中になっていて
紫陽花を全て植え替える為、花は一切なし。
コレはコレで珍しい景色なので見に行きました。

ちなみに、成就院の紫陽花は、
ブログ内に過去画像がありました。

海老名と厚木と神奈川県 → 成就院のあじさい 《前編》 (2013年)

↓ 取敢えず先へ進もう。
23_20170616232418c6b.jpg
来年は、この緑の丘が紫陽花で
鮮やかに彩られる事になるそうです。
一年待つのは長いけど、名所がちゃんと
戻ってくるそうなので、待つ事にしましょうよ。

という処で、次の名所へ向かいます。
次の場所は、成就院の目と鼻の先。

↓ 力餅屋
24_201706162324164d5.jpg
極楽寺坂下、 坂ノ下にある
江戸時代から続く力餅屋。
ここから先へ向かいます。

↓ 御霊神社
25_201706162324145c8.jpg
御霊(みたま)と書いて「ごりょう」と読む御霊神社。
季節の花や夏のお祭りが有名な小さな神社です。
ココの特徴は、してる方には当たり前のある光景。

↓ 鳥居の前に踏切り
26_20170616232226c2d.jpg
境内の鳥居に目の前を、江ノ電が走っています。
そしてココは、桜と共に紫陽花の名所でもあります。

↓ 線路脇に盛大な紫陽花
27_20170616232225e70.jpg
境内と外界の出口を突っ切る江ノ電の線路沿いには
近隣の民家の庭先の紫陽花も含め、盛大に紫陽花。
コレを眺めようと、外国人観光客も含め、大勢の方が
見物客が訪れます。踏切から線路内に入ろうとする
不心得なお客様も多く、踏切脇にはメガホンを持った
江ノ電の保線員が待機して、お客さんに注意を促す
そんな光景が出ます。人の多い時期の御領神社の
風物詩の様な景色は、いつまでたっても健在でした。

↓ 白い花
28_20170616232223224.jpg
何年かに一度花が植え替えられる様で
今年みられた紫陽花の花は白いものです。
何年か前には淡い紫色だった事があります。

↓ コレがお目当ての方も多い
29_20170616232222c0f.jpg
紫陽花と江ノ電のツーショット。あじさい電車の画を求め、
同じ場所でずっと電車を待つ撮り鉄さんが数名おいででした。
(↑それと同じ画を撮ってんだから、ワタクシも同じ事してました)(^^;)

↓ あじさい電車
30_20170616232221a7a.jpg
この景色はやはり、
鉄道ファンでなくても、
近くで見られるもんなら
つい見とれちゃいますね。
毎日存在してる気色なのに
季節の花が加わると、景色が
一気に華やかになりますからね。

↓ 御霊神社・拝殿
32_201706162321242bd.jpg
取敢えず、手を合わせて頭を垂れ、
境内をぐるりと一周して紫陽花見物。

↓ まだちょっと時期が早いのかな?
33_2017061623212323f.jpg
拝殿の裏手周辺は、かなり盛大に
あじさいの咲く風景があるのですが、
花の数もまだ少なくて小さ目でした。
梅雨なのに雨が少ないせいなのか
まだまだ時期が早かったからなのか、
もう少々、花に勢いがあると良いのに。

↓ 淡い紫色
31_20170616232126e4e.jpg
でもこういう淡い色でもそこそこ大きな花があるので、
時期的に悪くはなかったと思い直して、更にその先へ。

↓ 明日はその先。鎌倉の三大あじさい名所、その二つ目へ。

鎌倉で、あじさい三昧。 ②

江ノ電乗り放題の切符を片手に、
あじさい見物に鎌倉へ行った話です。

↓ カフェの軒先の紫陽花
11_20170616232700477.jpg
江ノ電・極楽寺駅から東へ向かって歩き出した矢先、
通りに面したカフェの軒先に陽花の花が咲いてました。
極楽寺駅から東へ、と言えば分る方にはもうお馴染み。

↓ 成就院
13_20170616232656b00.jpg
鎌倉でも屈指の紫陽花の名所、
とされる成就院が目の前です。

↓ 西側参道
12_20170616232657874.jpg
丘の上のにある寺院への参道が
東西に延びる成就院の参道です。

↓ 西結界
15_201706162326549b1.jpg
ココから先が成就院の境内。

↓ あじさい
16_201706162326019df.jpg
平年なら、結界の中に入るや紫陽花の群生が盛大に出迎え。
なのですが、ココは今例年とはちょっと違う状況になってます。

↓ 成就院
17_201706162325588fd.jpg
成就院は、2015年から三年かけて参道の回収工事中。
施設の補修と共に、参道の紫陽花を全て植え替えるという
大工事を実施中。なので今、この参道に紫陽花はありません。

↓ ・・・うわ、ホントだ。
18_201706162325566cb.jpg
緑の中に、ピンク色や薄紫や青い色などで
一面埋め尽くされるはずの参道なのですが、
今年シーズンまでは、あじさいが咲きません。

↓ 幸いなことに・・・
20_20170616232554961.jpg
来年はちゃんと紫陽花が植えられて、
時期になればちゃんとあじさいの名所が
ちゃんと復活する予定になってるそうです。

成就院と言えば、鎌倉三大紫陽花寺ともいわれる名所なのですから、
早くあじさいが戻ると良いですねえ。(←知ったからこそ出かけました)

↓ この景色も実は好きです
19_20170616232555ae2.jpg
成就院の参道から見える由比ガ浜のカーブ。
砂浜の緩やかな弧を遠くから見られる場所は
意外と少ないので、この景色はかなり好きです。

あじさいは見られなかったけど、
ココもずっとずっと親しまれてきた
紫陽花の名所。その姿を見るのは
じっくりと、来年を待つ事にしましょう。

↓ 紫陽花の話ですが、紫陽花が出てこない、あじさい寺の話題でした。

鎌倉で、あじさい三昧。 ①

↓ 鎌倉で、と言いつつ藤沢からスタート

鎌倉へ行くぞ! と向かった駅で、
江の島鎌倉フリーパスっていう切符が
随分前から売ってるのを思い出しまして、
購入駅から小田急線と江ノ電が乗り放題
という神切符に当てられ買ってしまいました。

よく考えたら、海老名から鎌倉までは、
どう考えてもJR使って大船経由の方が
絶対に早いのですが、江ノ電乗り放題に
つい惹かれて、遠回りでも江ノ電に乗って
鎌倉へ行こうと思い立った次第なのですよ。

↓ 江ノ電、藤沢駅
2_20170616232850c9b.jpg
タイトル通り、今が旬の紫陽花を見に出かける。
という目的で江ノ電に乗る方は、もちろんですが
僕一人じゃないです。全国区の名所なもんだから
平日の午前中だったのに、駅はごった返してました。

↓ 電車到着
3_2017061623284810e.jpg
ごった返す駅かに電車到着。
何もない平日の午前中ならば
座り放題の時もあるんですけど、
今は紫陽花見物のハイシ-ズン。
乗った駅から目的地までは、微塵も
席が空く以て余裕がございませんです。

↓ 鵠沼駅通過
4_2017061623284672d.jpg
何度か来ている鵠沼駅の先の境川を渡る鉄橋。
川上の橋の上から江ノ電が通過するのを見るのが
撮り鉄スポットです。僕は鉄道ファンではないですが、
被写体としての江ノ電は魅力的なので、好きなんです。

↓ 腰越の路面走行エリア
5_20170616232846693.jpg
下から車に乗って見てるのもかなり怖いのですが、
電車の車窓から見てても、やっぱりそこそこ怖い
腰越の路面走行エリアの風景だったりします。
電車も車も緊張感満点で走行してるいので、
意外な程列車事故が少ないと言われます。

そんな滅多に怒らない事故で、帰り道に
江ノ電が止まったという経験もありますが。(笑)

↓ 江ノ電・極楽寺駅
6_2017061623280164a.jpg
まず最初の目的地は、
ココが最寄り駅です。

↓ 駅ををりてすぐにコレ
7_20170616232759f2d.jpg

8_20170616232758104.jpg
何でもない民家の庭先に、
いきなりコノ紫陽花の画。
何回もみてるんですけど
やはりあちこちスゴいです。

↓ 極楽寺・山門
9_20170616232756db0.jpg
線路の向こうに、極楽寺の山門。
ちょっと行ってみたいんだけど
ココは、あれなもんですから。

↓ 撮影禁止
10_201706162327557c8.jpg
はい、すみません。ごめんなさい。
この看板しか撮影してませんから。

質素で落ち着いた雰囲気の中に
花が散らばる極楽寺の境内の画は
許可なく写真に撮ってはいけないので
コレでおしまいです。 いきなり波乱含み。
あじさい見に来たのにこの先大丈夫なのか?

↓ ってところで以下次回。次回からは、多分あじさい、だと思う。

今日もお休み。

無事に胃カメラは終わりましたが、終始ゲエゲエ言ってた為、
担当してくれたお医者さんに何だか不憫がられてしまいました。
なんか終わったらノドから出血してて、終了後1時間は飲食禁止
というお達しが出、会計を終えてすごすご帰宅する事になりました。
しかし、内視鏡撮影でしこたま胃袋に空気を送り込まれたせいもあり、
何だかいつまでたってもお腹が減らないという変な副作用がありまして、
朝食&昼食が採れたのは、なんだかんで午後4時ころになったりしました。
そんなこんながあり、次の記事の写真をUPしようと作業を始めたのですが、
どうにも気乗りがしなくなってしまっています、早起きしてげえげえしたお陰で
どっかしらが疲れてるんでしょうね、そんな急ブレーキもあり、本日は休業です。

↓ 明日は何かしら、記事が上がると思います。申し訳ございません。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
68位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる