FC2ブログ

SOTETSU 12000。

↓ 新型車両

今更なのですが、昨年デビュ-した、
ネイビ-ブル-カラーの新型車両、
20000系が一番新しいのだと
思っていたのですが、じつは、
今年4月にさらに最新型、
相鉄・JR乗り入れの
フラッグシップモデルに
なる最新型に出会いました。
それがこの12000系車両。
まだ20000系乗ってないのに。
(↑ 鉄道ファンじゃないですけど)

↓ ドアの開閉ボタン
2_201906162155415e5.jpg

3_201906162155397d0.jpg
海老名から新宿乗り入れならこのボタン
必要ないんじゃないか?と思うのですが
近年の寒暖差の激しい気温の推移から
駅で停車中の車両の冷暖房効率などを
考えると、自分で開け閉めして乗り降り
してもらう方が冷暖房が無駄にならない。
という事らしいのですねです。 がしかし、
JR乗り入れから、JRの他路線へ向け
乗り入れ路線が増えるとしたらこの装備
必要。いや絶体乗り入れ先増えるでしょ。

↓ 大量輸送用の座席構造
4_20190616215518db4.jpg
初代ネイビ-ブル-は、元々運用されていた
9000系のリニュ-アル車両だったこともあり
ボックスシ-トを設置した車両もありましたが、
今度の車両は全てベンチシ-トになってます。

↓ つり革
5_201906162155174b7.jpg
初代から導入を開始したオ-バルタイプのつり革は
手首までスポっと入るので、ぶら下がる様に体重をかけ
つらいつらい立ちっぱなし移動の負荷を軽減可能です。
(↑これをするのは、絶対に僕だけじゃないはずだ)(^^;)

↓ 運転席覗いちゃったり・・・
7_20190616215514ad1.jpg
フロントの窓が分割されていない
大きな窓になっているんですね。
運転席にかぶりつくお子様には
すごく楽しそうな気がしますよね。

鉄道ファンを自称する大きなお友達の皆様は
小さなお子様達に、先頭車両のかぶり付きを
どうか譲ってあげてください。主役は子供です。

↓ フロントビュー
6_20190616215516fd9.jpg
別に鉄道ファンでも何でもないんですが、
徐々に迫りつつある相鉄線の東京乗り入れは
その利便性や新しい景色が、すごく気になってます。

↓ この面、ちょっとカッコイイじゃないですか。(^^;)

雨の週末。

雨が降りました。
今日はほぼ一日雨。
強く降ったり弱まったり、
晴れる事はなかたですね。
明日も、こんな感じようです。

↓ そんな梅雨まっただ中です。

ある日の横浜駅での事。

↓ ハマりもの。
1_2019061423473356b.jpg
蕎麦屋の中華そば。これがなかなかのもの。
JR横浜駅の駅構内にある立ち食いそば、
濵そばの中華そば。これが結構好き。
以前にもお伝えしたことがあるかも
ですが、コレがなかなか侮れず。

↓ 昔ながらの中華そば。
2_201906142347326d0.jpg
中細ちぢれ麺に透明な魚介と鶏のスープ。
具はチャ-シューとメンマとネギと海苔。
コレでナルトが乗ってたら完璧です。
やっぱり基本はこの昔ながらの
中華そばなんですよ。ええ。

↓ レアものと遭遇
3_20190614234731d75.jpg
ホ-ムに上がったら、見たことの無いレアものと遭遇。

これは「ロイヤルエクスプレス」。特別ダイヤで運行する特別列車で、
東急電鉄が運営し、JRから伊豆急へ乗り入れる、特別列車とのこと。

↓ お見送り
4_2019061423473004a.jpg
凄いのは、駅員さんが総出で列車の出発を
お見送りするというセレモニ-まである事です。

↓ 豪華なデザイン
5_20190614234728646.jpg
デザインは、たとえ鉄道ファンでなくても
その前は聞いたことがある水戸岡鋭治
豪華クル-ズを仕立てた特別編制です。

↓ 映えるよね?
6_20190614234726eea.jpg
ただ停まってるだけで人目を引きます。
色んな人がカメラや携帯を構えてました。
(↑ 僕もその一人です、映えるよね、コレ)

↓ 出発進行
7_20190614234725edd.jpg
滑り出すように、優雅に走り出す豪華列車。
いつかはこんな列車で旅するのもイイですね。

・・・なんとなく、とことん縁はなさそうなですけど。(^^;)

↓ そんなある日の JR横浜駅でた景色でした。

短い晴れ間。

↓ 日暮れの西の空

梅雨の短い晴れ間の話。
日没後、夕焼けが消えかけた
残光の残るっているは西の空です。
まだまだ梅雨のただなかなのですが
時々こんあ綺麗な景色が見られるのは、
有り難い句読点になった気がしています。

↓ 週末からまた降ったり止んだりだそうです。

とにかくびっくりした厚木の景色。

↓ ペレストリアンデッキを建設中?

小田急線本厚木駅南口、ココに現在
ペレストリアンデッキが建設中でした。

↓ タワ-マンションができるらしい。
2_2019061223244579a.jpg
急行もロマンスカーも停まる本厚木駅駅前に
タワ-マンションができるらしいのですね。

これは、駅前から乗り換えなしで新宿、
加えて今年年末からは、海老名乗り換えで
渋谷まで乗り入れ可能の新路線もにらんでの
戦略的な不動産売買を匂わせてくださいますね。

↓ 無くなっちゃったじゃんか。
3_20190612232352b43.jpg
県央最大級の三階建て店舗だった
ダイソ-の本厚木店が無くなってた!
ああ、なんかめちゃめちゃショックです!
以前海老名の川っぺりに住んでた時には
ココのダイソ-やたら買い物に行ったのに。

↓ イト-ヨ-カド-
4_20190612232351c80.jpg
そのダイソ-のすぐ近くにあったイト-ヨ-カドー。
数年前に閉店し、建物が取り壊しになって、跡地に
やはりマンションが建つことになっているので、コレは、
ヨ-カド-本当になくなったんだ、と思っていたら、なんと!

かつての広大なヨ-カド-の専用駐車場だった場所に
新しく店舗が建っておりました、いつの間に出来てたん?
しかもテナントにはケーズデンキが入ってる新機軸でした。

↓ 一番驚いたのはココですよ。
5_20190612232349cb1.jpg
今回最大のびっくりは、ココでした。

↓ 丸い噴水撤去!
6_201906122323472ab.jpg
石の素材でできた丸い球体の頭部から
丸井オブジェクトの表面を水が流れる
ちょっと癒される丸井噴水が全部
撤去されてました、・・めちょっク!!
(↑めちゃめちゃショック!の事)

↓ まったいらです
7_20190612232346968.jpg
夏場とか、丸小野の表面を流れる水に
手を添えるだけでいやされていたのに、
無くなっちゃった、泣きそうになったです。

でも、コレで公園でイベントがあった時には
ブ-スの設置数が増やせる事になりますね。
悲しいんだけど、メリットもあるんだと思う事に。

↓ ほんの数か月で、激変した本厚木駅近辺のお話でした。

地獄の担々麺 天竜・海老名店。 《後編》

地獄の担々麺と銘打った
激辛ラ-メンのお店に
挑戦した話なのです。

↓ 中級編
6_20190611001413b8d.jpg
全然辛くないのもつまらないけど、
翌日ケツから火を噴くような激辛も
ちょっと嫌なので激辛のお店でなのに
下から二番目の辛さにチャレンジですの。

↓ スープ
7_20190611001412f65.jpg
ゴマ風味と塩味と辛さが程良い
絶妙なスープな感じがします。

↓ 中太ストレ-ト麺
8_20190611001338635.jpg
中太の食べ応えがある麺に
そこに辛さが程よいスープが
絡むことで美味さが倍増です。

↓ スープを味わうランチ限定
9_20190611001336f15.jpg
小ライス無料、50円足せば
おじやご飯が味わえるという
ランチ限定のサービス付き。

↓ ライス投入
10_2019061100133579e.jpg

11_201906110013346b1.jpg
中盤から、だんだんジワジワと辛さが襲う中
ご飯を投入してでもこのスープは食べきりたい、
そう思わせる程、絶妙なスープの美味さがイイの。

↓ 完食
12_201906110013329cc.jpg
終盤に行くにつれ、中級編でも辛さが炸裂し始め
それでも完食したいと思わせる美味しいスープを
ご飯の力で完食致しました。食べられて良かった。

激辛の頂点を極めるも良し、辛くても美味いスープを
味わうもよし、辛くても美味しいモノが、家の近所に
あったというのが、新しい発見でした。ココ美味しい。

↓ 激辛でなくても美味しい、地獄の担々麺、ココのお店、スゴイ。

地獄の担々麺 天竜・海老名店。 《前編》

↓ ずっと気になっていたんです。

家のすぐ近所にある看板です。
随分前からあったのですが、
なかなか行けずにいました。
たまたま休みの日でして、
思い切っていきました。

↓ 天竜海老名店
2_20190611001440abe.jpg
元々は横須賀にあったお店だったそうなのですが、
本店はなんと平塚市の紅谷町にあるんだそうです。
生まれ故郷にあるお店の暖簾分けがココなんです。
全国に現在4店舗、近々鹿児島の二店舗出店予定
というビジネス展開を行っている有名店、なんだとか。

↓ 辛さレベルが半端無い感じ。
3_20190611001418ac2.jpg
激辛が、テレビのバラエティ-とかで
話題になってることもあり、ちょっとだけ
興味が無かった訳ではありませんでした。
でもそれほど辛いのに強い訳ではなくって、
でも辛くて美味いのは好きなのでちょっとだけ
試してみようか、的な感じで行ってみたのです。

↓ おっかなびっくり
4_20190611001416696.jpg
店の入り口が、「地獄の入口」になってます。
これはビビる。ビビらせるつもり満々ですね。

↓ 味変要素満点
5_20190611001415c7d.jpg
いろいろ気が利いているようで、
味変用の調味料が満載でした。

↓ 地獄の担々麺 中級編
6_20190611001413b8d.jpg
取敢えず、下から2番目の中級編で
味見をしてみる事にしてオーダ-です。

さあ、この地獄の担々麺とはいかなるものか?

↓ 下から2番目でこういうレポ-トは、どうなの? (^^;)

上野動物園。 ④    

↓ 不忍の池
29_201906062349400e0.jpg
上野動物園を散策中のお話が続きます。
モノレ-ルで入口の東園から不忍側の
西園へ移動したところになりました。

↓ 気になるモノが
30_20190606234904e5e.jpg
お昼過ぎなので無いか食べたいなあ、
とお持ち始めたところに、気になるモノが。

↓ パンダ弁当
31_20190606234903236.jpg
コレが気になって思わず衝動買い。

↓ パンダです
32_20190606234901c6b.jpg
なんだかすごく和む、和食素材でパンダです。
食べてる所は可哀想な画になるので割愛。
これはもう、美味しいお弁当なのでした。

ってところで、動物園散策へ戻ります。

↓ アミメキリン
33_201906062349001d1.jpg
キリンです、食事に夢中でこっち向いてくれませんでした。

↓ サイ
34_2019060623485802a.jpg
サイです。鎧を着た獣、とされたサイですが、
日本に最初に入って来たのはインドサイらしく
アフリカのシロサイは、さほど鎧っぽくないです。

↓ カバ 
35_20190606234757f8d.jpg
カバがやたらと元気に水の中で動き回ってました。

↓ 再び不忍の池
36_20190606234756e5c.jpg
まだまだ色々あったのですが、
結構伝わりづらいものが多く
記事にするのを断念しました。
モノレ-ルで来た帰り道は
徒歩で橋を渡って帰ります。

↓ 東京都の動物園
38_20190606234753ea4.jpg
動物園、東京都には三つもある。
神奈川県にも動物園が三つあって
この感じの看板は動物園に行くと
このまんまの感じで見られます。

↓ 出口
39_20190606234751a77.jpg
なんでだか、いろいろ残念な結果に終わった感のある
今回の上野動物園、また出かけてリベンジが必要です。
それがいつかは解りませんが、いつかまた行きたいですね。

↓ やたらと久々だった、上野動物園のお話でした。

上野動物園。 ③

突然パンダの赤ちゃん、
シャンシャンが見たくなって
勢いのまま上野動物園へ行き、
あっという間に全然動こうとしない
満腹お昼寝パンダを見終わった後の
上野動物園の話を続けようといてます。

↓ やっぱりお子様達こそが主役ですよね?
19_20190606235639b4f.jpg
アジアゾウの給餌後のご挨拶に
群がっていた大勢の観客の中には
ちっちゃいお子さん達が多いのです。
ちっちゃい子供達にとって、象さんは、
もうヒーロ-と同じ位の憧れですからね。
はしゃぐ子供たちを見てる方ががワクワク。
こういうのこそが動物園の伝統的な風景です。

↓ 実は初めての体験です。
21_20190606235423686.jpg
上野動物園には、離れた場所にある
もう一箇所を結んでいるモノレ-ルが
あるのは皆さま恐らく周知の事実です。
コレ、実は子供の頃にも載った事無い。

↓ 現在四代目
20_201906062354255dc.jpg
昔はお猿さんが運転席に乗せられてて、
お猿さんが運転してるモノレ-ルとして
有名だった事があったのを覚えてます。

↓ 四代目のモノレ-ル
22_20190606235422c1f.jpg
たたひと駅しか動かないのに、
都の交通局が運営している
れっきとした公共交通、
何だとか、ほんとに?

↓ 本物の券売機だ。
23_20190606235420311.jpg
なんでこんなに本格的なの?
おじさんが天売で硬券配る
みたいのを想像してたのに。

↓ 乗車開始
24_2019060623541984b.jpg
人数を数えて乗れる数だけを
乗車位置へ誘導するスタイルで、
乗れない人数は次の車両まで待期。

↓ 運転手はおじさんです。
25_20190606234946ed4.jpg
今はお猿さんが運転してる体はなくなり、
公共交通機関にお勤めの社員さんです。

↓ 何か造ってるよ。
26_20190606234945840.jpg
また何か新しい施設を造ってる現場がありました。
何ができるんだろう、ゆっくり待ってみる事にします。

↓ 不忍の池
27_20190606234944fc7.jpg
不忍池を横に眺めながら、終着駅に向かいます。

↓ 終着駅
28_2019060623494299a.jpg
降りた駅には、帰り道を待つ大勢のお客さん達が。
平日の午後なのですが、めちゃめちゃ人が多かった。

↓ さあ、次回は何が出るかな?上野動物園、楽しいぞ。(^^;)

上野動物園。 ②

↓ 上野動物園
3_201906062359011c5.jpg
突然、シャンシャンに会いたくなった!
という勢いだけの上野動物園散策記です。
海老名でも厚木でも神奈川県でもありません。
(↑近頃めちゃめちゃ県外ネタが増えてますな)

↓ シャンシャン登場!
9_201906062358256dd.jpg
いよいよご対面。シャンシャンです、が、
給餌タイムの直後に到着したようなので
食後の昼寝中の様なうえ、この日は五月の
信じられない様な夏日の気温になっていた為、
暑さと満腹からとおもわれるまどろみの中でした。

↓ ・・・動かない。
10_20190606235732acc.jpg
パンダは立ち止まらずに歩きながらご観覧ください。
というアナウンスとルールに従わざるを得ず移動です。
元気に動くところを見たかったんですが仕方ない事です。

↓ リ-リ-
11_20190606235730605.jpg
シャンシャンのお父さんリーリ-。
コチラも同様にピクリとも動かず
豪快な寝姿で昼寝中なのでした。

↓ もう終わっちゃった
12_2019060623572970c.jpg
入り口でいきなりクライマックス。
そして元気に可愛らしく動く
パンダの姿見られず。
え?、もう終わり?

↓ アジアゾウ
13_201906062357270f2.jpg
折角来たんだから、動物見よう
まずはパンダ舎直前の象さんだ!
象はさすがに暑くても元気ですよ。

↓ マレ-グマ
14_20190606235726d11.jpg
寝てる!暑いの得意じゃないのか?夜行性?

↓ ホッキョクグマ
15_20190606235644fa3.jpg
寝てる!まあ、暑いのは苦手だから仕方ない。

↓ ゴリラ
17_201906062356421f2.jpg
西ロ-ランドゴリラ。動かない。暑いから?
いや暑いのは平気なはずなんだけど。

↓ ライオン
18_20190606235640dcf.jpg
寝てる!まあ、百獣の王は基本夜行性なので仕方ない。

何だか時季外れの暑さで、
期待していた動物たちが
ほぼバテ気味の日でした。

↓ 子供たちが元気なのです
16_20190606235642fa4.jpg
そんな中でも、遠足で来ていると思われる
園児とか低学年の子供達の、凄い勢いで
はしゃいで駆け回る姿が印象的なのです。
やはり子供達は動物園の主役のお客さん。

さあ、あと何がある?どうなる上野動物園 

↓ そんな心配いらんわ、上野動物園はダテじゃないぞ。(^^;)
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
47位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる