FC2ブログ

まつだ桜まつり。 《後編》

松田町の西平畑公園に植わる
早咲きの河津桜260本が晩冬に
華やかな花の景色をみせてくれる
まつだ桜まつり」を見物した話です。

↓ 桜の散策路
11_20170216221541028.jpg
頂上のハーブガーデンがある公園まで、
山肌をつづら折れで上ってくる散策路。
コレを下りながら、陽が傾き始めた
散策路を、桜を眺めて下ります。

↓ 木漏れ日が霞みになる感じ
12_20170216221427da8.jpg
ゆったりと日が傾き始めた午後の日差しが
桜の花の隙間からこぼれ、うっすら霞みに
なっている感じ。伝わらないかもしれません。
(↑まあ、この写真じゃ無理かもです)(^^;)

↓ ハーブガーデン施設棟
13_20170216221425b91.jpg
直立したまま四角い箱に入れられた
アルビノのニタリクジラみたいな(←謎)
独特の形状の施設棟の雄姿もまじかで
眺められます。この景色割と好きなんです。

↓ 展望台
14_20170216221424cb1.jpg
ココを知っている方には毎度おなじみ、
足場パイプの上に板張りしたその上に
大型の脚立が乗っている手作り感満載の
さくら祭り特製展望台。毎回思うけど、コレ、
味があって好き。見える景色も良いんですよ。

↓ 桜の梢越しの最高峰
15_2017021622142286a.jpg
さくらの梢に咲く花々の向こうに雄々しき最高峰が鎮座する画。
コレは夕暮れ時に夕焼けをバックにフラッシュで花を際立たせると
すごく魅入られる画になったりします。ライトアップに出掛けられる方、
早めに行って夕焼けの中でこの展望台から桜と富士山を眺めて下さい。
(↑まつだ桜まつりでは夜桜のライトアップイベントを実施中、ぜひどうぞ)

↓ 桜の梢 
17_201702162214197de.jpg
季節はまだ大寒を過ぎてすぐの2月の冬です。
梅も満開はまだ、そんな時期なのに桜満開。
元祖は静岡県・河津町になる超早咲きの
河津桜で桜満開が一足先に楽しめる。
そういう場所は、伊豆半島以外では
そんじょそこらにはありません。

↓ 桜
16_20170216221421c19.jpg
花が一斉に咲いてから葉が出るという
植物にしては珍しい生態を持つ桜の花は
季節の変わり目には欠かせない存在です。
が、それは春の象徴のようなものです、しかし
河津桜は早ければ1月中旬からその開花を迎え、
梅が咲きそろう3月上旬頃までに花が散ってしまう
超早咲きの桜。株分けによる植樹で拡散してますが、
伊豆半島とその周辺の、静岡や神奈川の自生種です。
松田町はその河津桜が、当たり前に見られる地域の端。
本場ほど広大では無いのですが、これだけ桜がまとまると
見える景色は、思うよりも壮観になっているように感じますよ。

↓ 菜の花と桜の競演
18_20170216221419086.jpg
昨年はやたら寒くて、河津桜が信じられない程長持ちし、
そこに早咲きの菜の花が植えられた、桜色と菜の花色の
超絶的に華やかな色のセッションが見られていたのですが、
今年はもう桜が葉桜になり始め、菜の花がまだ咲き揃わない、
というちょっと残念な色合いを目撃しましたが、でもまだ旬の内、
河津桜が散る前に容器が温かくなってきたので、菜の花も順調。
数日たたないうちに桜色と菜の花色が拮抗し始めると思われます。

↓ お気をつけてお帰り下さい
19_20170216221417e97.jpg
お気をつけてお帰り下さい。

お気遣いありがとうございます。
また来年も、来ることになるのかも。
河津の景色もスゴク綺麗だったけど、
松田山の冬のさくらだって負けてません、
と、神奈川県民的にはちょっとだけ思います。

↓ まつだ桜まつり
20_20170216221416cb5.jpg
まつだ桜まつりは、3月12日まで開催中。
期間中は夜桜のライトアップも実施中、
小田急線の新松田駅、JRの松田駅から
まつり会場へシャトルバスが運行中で、
酒匂川沿いに、臨時駐車場も設置されて
そこからもシャトルバスが走っています。
ただいま桜は満開中、ちょっとだけ葉桜に
なりかけてますので見物はお急ぎください。

↓ 遠くへ行かなくても見られる、一足早い冬のさくら、いかがでしょうか?

まつだ桜まつり。 《前編》

↓ 車窓から見える景色

小田急線の車窓から見える松田山ハーブガーデンがある西平畑公園が
1月中旬から桜色に染まり、どんどん色合いが濃くなっているのでした。
個人的には割とちょくちょく出かけていますが、やはりこの時期は特別。

↓ JR松田駅
1_20170216221556f24.jpg
小田急線の新松田駅前からもシャトルバスが出ているのですが
今回はちょっとぶらっとしてから、JR御殿場線の松田駅前から
バスに乗ろうと思って駅に着いたら、駅舎が新しくなってます。
2016年に建て替えられたそうです、前の駅舎は味があって
レトロチックだったのですが、老朽化解消のため致し方なし。

↓ 伊豆急バス
2_20170216221554a54.jpg
シャトルバスは伊豆急バス。
昔ながらの緑の横縞は健在。

松田でこの時期、
シャトルバスに乗って
何処へ行くのかと言えば、

↓ 大混雑の駐車場入場待ち
3_20170216221553e10.jpg
会場入り口には、駐車場待ちの長い列。
平日の夕方近くだというのに大人気です。
そう、松田山にこの時期出かける理由は、

↓ 桜・満開
4_20170216221551252.jpg
まだ2月中旬なのに桜が満開、というこの景色は、
以前に何回もお伝えしている、松田山に植わる
カワヅザクラ約260本によるものですだから
この時期の松田は「桜まつり」が毎年恒例。
その「まつだ桜まつり」に出かけました。

↓ いきなり絶景
6_20170216221548d57.jpg
高い所からは、桜越しに
平野部の町々を見下ろす
絶景があったりしております。

↓ 富士山
10_201702162215422cd.jpg
公園の西側にはくっきりと富士山。
数日前まで天気は曇りっぱなしで
見えないかもしれないと思ってたら
コノくっきり具合、ナイスタイミング。

↓ 桜に富士
5_2017021622155019f.jpg
こういう景色が見える場所、実は
そうそうなかったりもするのです。
出かけてみたら探してみて下さい

↓ 桜の近くから町の絶景
8_201702162215455a0.jpg
この景色は、やっぱりすごいと思ってます。
眼下には東名高速と国道246号が走り
小田急線とJRがクロスする松田駅近隣、
そして松田から小田原市東側の街並みが
陽が落ちていくのと共にパノラマ夜景を
創り出します。層の景色の中で満開の
河津桜を眺められるライトアップも実施中。
ただ、今回は時間の都合でライトアップが
見られませんでした、ちょっとだけ残念で。

こんな景色が見られます ⇒ 海老名と厚木と神奈川県 2016年

↓ ちょっと西日
9_20170216221543201.jpg
出かける時間がちょっとだけ遅くて
会場に到着したらもう西日の始まり。
でも、そんな景色の中でも桜満開は
見応え充分な景色になっております。

↓ 河津桜で散策です
11_20170216221541028.jpg
陽が傾き始めてるのに、ライトアップはお預け、
という桜散策ですが、河津へ行くよりお手軽で、
神奈川県で早咲きの満開の河津桜が楽しめます。

↓ 次回も、松田山で河津桜。2月の桜見物のお話です。

まつだ桜まつり。 《後篇》

↓松田山ハーブガーデン
12_201603122209515fd.jpg
松田町の松田山で行われている「まつだ桜まつり」に
満開の夜桜を見物に出かけた、一週間程前の話です。
実は、本日3月13日(日)が、さくら祭りの最終日です。
桜の花吹雪が拝めそうな桜の散り際なんだそうですよ。
そんな中で何ですが、まだ満開だった頃の桜の話です。

↓桜に富士
14_2016031222092225f.jpg

13_2016031222092030e.jpg
早咲きの河津桜の濃い目の色の向こうに
夕焼けをまとい始めた富士山の御姿が。
綺麗な絵姿には、心が動かされます。

↓夜桜になってきた
15_2016031222091741a.jpg
だんだんと夜桜になってきました。
さくら祭りの期間中は、松田山の
桜の斜面はライトアップを実施中。
それも今晩で最後になっちゃいます。

↓夜景モード
16_20160312220915c66.jpg
空と桜の対比を見たくて、
先ずは夜景モードで撮影。
空の深い青に桜色が乗り
凄くきれいに見える画です。

↓フラッシュ
17_201603122209149be.jpg
同じタイミングでモードチェンジ。
フラッシュを焚いて撮影すると、
桜の色が光に薄まり淡くなり、
空の色が真っ暗になります。
モードが少し違うだけでも
これだけ画が変わるのは
やはり写真の面白さです。

↓街は夜景の中
18_201603122208457e5.jpg
来た時はまだ夕方だった風景も、
段々と夜の世界へ移ってきました。

↓夜桜見物
19_20160312220843838.jpg
夜桜見物はやはり良いですねえ。やはり夜桜の
ライトアップイベントには皆さん惹かれるんですね。
来客多数の盛況でした、暗くなっても人が減らない。

↓桜の下
20_20160312220841458.jpg
ライトアップの明るさと、光が当らない桜色の
グラデーションが、深い画を作り出しています。
こういう画は、来月になるとまた見られるけど、
この河津桜の満開は、寒い中で見る物なので
春の桜とは、違った景色になってる気がします。

春の盛りの桜の花と、寒中の桜の花。この雰囲気の
違いというのが、お分かりいただけるでしょうか?

↓夕暮れの富士山
21_20160312220840c02.jpg
桜を離れた松田山のふもとからは、東名高速越しに、
朱に染まった空を背負って、シルエットに変わった
最高峰がドドンとお見送り、ココの景色ってのは
コレがあるから、何度も来ちゃう気がしてます。

↓新松田駅から小田急で帰還
22_20160312220838fd7.jpg
松田山ハーブガーデンで行われている
まつだ桜まつりは、本日が最終日です。
どれだけ桜が残ってるか分りませんが、
桜吹雪が期待できる散りぎわかもです。

明日一日、チャンスがあれば、
ぜひとも松田山の河津桜の
散り際を御覧くださいませ。

↓松田山ハーブガーデンの、まつだ桜まつりは、本日終了です。

まつだ桜まつり。 《前篇》

↓小田急小田原線・新松田駅
1_20160312221045b20.jpg
今回は、ちょっと駆け足です。
最寄り駅はココではないんですが、
家から行ける一番近い駅がココです。
なんで急いでいるかといえば、次のコレ。

↓ まつだ桜まつり
2_20160312221044006.jpg
松田町で行われている「まつだ桜まつり」。
この時期に桜?と思うなかれ、松田の桜は
早咲きの河津桜です。まだまだ花の時期は
長いから大丈夫、と思ったら、祭りの会期が
明日までになってました、こりゃあかんがな。

↓JR御殿場線・松田駅
3_20160312221030080.jpg
ココが会場の本当の最寄り駅、御殿場線の松田駅になります。
ココから会場へは、シャトルバスが運航しているんですけれど、
残念ながら時間が合わず、仕方なく歩いて会場へ向かうことに。

↓ 松田山ハーブガーデン
4_20160312221029074.jpg
会場はココ、「松田山ハーブガーデン」です。
ここの所この時期には、ほぼ毎年のように
本格的な桜の時期が来る前に先取りで
桜見物に来ていますが、この写真は
もう1週間くらい前のものなのです。

↓桜がもう満開
5_20160312221027115.jpg
この時すでに河津桜は、ほぼ満開の常態。
で、明日にはさくら祭りも終了してしまいます。
焦りました、この写真、全部無駄になっちゃうぞ。
って訳で、まつださくら祭りが終わる前になんとか
見て来た桜の風景を、アップしておこう、と思います。

↓桜の天蓋
6_20160312221025e35.jpg
河津桜の、ちょっと紫がかったピンク色が
色彩を落とし始める日暮れを前にした空に
色濃く浮かび上がっているようにに見えます。

↓撮影スポット
7_20160312221024d28.jpg
手作り感満載のこの写真撮影スポット。
今年も健在でした。ココから見えるのは、

↓サクラと富士山
8_20160312220957bc9.jpg
桜の屋根の向こうに
ドカンと富士山の画。
コレ、イイ画ですよね。

↓フラッシュを焚いてみました
9_2016031222095536e.jpg
そろそろ暗くなってきたかな、と思って
フラッシュを焚いて撮影してみましたが、
まだちょっとだけ空の青さが残ってました。

↓サクラと菜の花
10_20160312220954f20.jpg
高い位置の桜の足元には
鮮やかな菜の花の黄色。
春の色合い先取りです。

↓街の灯りがチラホラと
11_2016031222095264a.jpg
見た目はまだまだ日暮れ前ですが、
そろそろチラホラと、街に灯りが
ともり始める頃になりました。

ほぼ満開だったサクラの夜景を見に出かけた
一週間程前の桜がコレ、やばい、そろそろ散るぞ!
ハーブガーデンのHPによれば、松田山は、そろそろ
桜吹雪が見頃になりそうだ、という事です、という事は?

サクラの花の散り際の、最大の見所じゃん!
風が吹いても凪の空でも、はらはら舞い散る
サクラの花びらが、必ず感動できる画を作る
ものすごい画が待ってるかもしれないんだよ。
満開は捨て置けないけど、桜吹雪も見逃せない!
でも見に行けない、ああ、地団太踏むしかないなあ。

ってところで以下次回。

↓明日も、先取りの満開の河津桜を楽しむ話をお送りします。

やどりきロウバイまつり・2015。 ④

松田町の寄(やどりき)にあるロウバイ園で、
ロウバイまつりを鑑賞中のお話です。

↓附款でロウバイ園
19_201502161932038f5.jpg
山の斜面にあるロウバイ林の上から
俯瞰で眺めると、ロウバイ園には
黄色い花が点の様にがあふれ
景色が淡く黄色に染まる、
そんなちょっとした
絶景があります。

↓プチ劇坂
21_20150216193130bbc.jpg
下り道で、ちょっと入ったところには
S級ゲレンデ並みの急坂があります。
これ下っていくのは、けっこう怖いです。

↓下りた
22_20150216193129b23.jpg
坂道の遊歩道を突き抜けて
坂の向こうに落ちるちゃうか
と思うほどの坂を無事下りて
今度は下から見上げる様に
ロウバイを見物して歩きます。

↓ロウバイ越しの景色
23_20150216193127aa1.jpg
ロウバイ越しには杉並木、
その向こうに山あいの集落。
多少伝わり辛くはありますが、
この景色は、けっこう壮観です。

↓日陰のロウバイ
24_201502161931257f6.jpg
木の陰になっちゃた場所のロウバイの花。
フラッシュを使ってみたけど明るくならず。
こういう場所でも花は綺麗に咲いてました。

↓斜面のロウバイ
25_201502161931243d7.jpg
南向きの斜面に盛大に咲くロウバイ。
季節の上ではもう春ですがまだ
冬の感じが強い2月半ばです。

寒い中で見るロウバイの風景は、
少々寒さが緩み始めてから見る
梅の花の景色とはちょっとだけ
違う感じの冬の景色な気がします。

↓松田町・寄(やどりき)ロウバイ園
26_20150216193050734.jpg
松田町、寄(やどりき)の、寄ロウバイ園では
2月28日まで、寄ロウバイまつりを実施中。
冬の終わりの黄色い花が所狭しと咲き誇る、
そんな風景が、あと少しだけ眺められます。

↓食堂もあります
27_20150216193049d6a.jpg
ロウバイ園には、地元の名産品や、
地元の川魚を炭火焼で提供する売店、
うどん、おでん、定食などの食事ができる
手作り感満載な、素朴な食堂も営業中です。

↓地元産品の直売店
28_20150216193047053.jpg
地元産品を使った手作りのお土産品や、
ロウバイの苗木までしっかり売ってます。

寄(やどりき)ロウバイ園は、平成18年(2006年)に
地元にあった荒廃農地を、地域振興に寄与するため、
整備を行い、地元の中学校の3年生が、卒業記念に
250本のロウバイを植えたのが始まりになってます。
そこから植樹されたソシンロウバイは平成25年には、
約1200本を超える程の数になってるのだそうです。
地元の人々が手作業で作り上げたこのロウバイ園。
入場料たった200円は安すぎる感じがしちゃいます。

↓お土産
29_201502161930460cf.jpg
ご飯が進みそうな生姜の佃煮と
ハイボールに入れたら美味しそうな
夏みかんのオレンジピール(砂糖漬け)。
懐かしい巻ではあるものの、他とはちょっと
違う感じの素朴なお土産を購入して帰りました。

↓ロウバイ園・遠景
30_2015021619304459f.jpg
遠目に見ると枯れた薄野にも見えちゃいますが、
近くへ行って見ると、可憐で小さな黄色い花が
寒さに負けずに、所狭しと枝に咲き連なり、
斜面を黄色く染める光景に出会えます。

ロウバイまつりは、2月28日まで。
時間が許すのであれば、ぜひとも
寄ロウバイまつりへお出かけください。

↓ ・・・「寄」を「やどりき」って読めるのは、やはり地元の人だけでしょうね。

やどりきロウバイまつり・2015。 ③

松田町の寄(やどりき)のロウバイ園の
ロウバイまつりを見物してきたお話です。

↓ロウバイ
14_20150216193239d9d.jpg
梅の名がついていますが実は梅とは別属という
香りの強い黄色い花が咲くロウバイという花は
梅より早く咲き、咲く時期も長い晩冬の風物詩。

↓かわいい花
16_20150216193207413.jpg
かわいくて小さくて
黄色い花が咲きます。

↓たくさんの花
17_201502161932061b2.jpg
この時の咲き具合は八分咲き程度でしたが
それでも視界にはたくさんの黄色い花です。

↓見物客もたくさん
18_20150216193204e0d.jpg
寄は、結構な山あいですが、そんな土地にもかかわらず
平日の昼間に、こんな数の見物客の姿がありました。

↓山の斜面の上の方
19_201502161932038f5.jpg
斜面の上の方へ歩いて上って
そこからロウバイ園を見ると、
眼下一面がロウバイ色。
淡い黄色い景色です。

↓絵を描く人
20_201502161932023fc.jpg
写真を撮る人や風景画を描く人、色々な皆さんが
それぞれの楽しみ方でロウバイの風景を眺めてます。

ってところで、以下次回。

↓寄、ロウバイまつりは、2月28日まで開催中。

やどりきロウバイまつり・2015。 ②

神奈川県、足柄上郡・松田町の
寄(やどりき)(←地名)で開催中、
春には一足早い、冬の終わりの
名物の花、ロウバイ(蝋梅)の花を
見物に出かけた話をしております。

↓ロウバイ園
8_20150216193311d58.jpg
遠くからだと少しわかりづらいのですが、
見上げる山の斜面に、うっすらとモヤの様な
ロウバイの花の、黄色が散りばめられています。

↓16才以上200円
9_20150216193309a55.jpg
ロウバイ園には入場料が必要です。それは、
営利のためではなく、維持管理費捻出の為です。
地元有志の手によって運営されるロウバイ園なので、
これくらいの額の協賛は、けちらず提供したいところです。

↓歓迎
10_2015021619330854b.jpg
駐車場はありますが、こちらは
運営スタッフ用と搬入車専用で、
一般来場者の車両は入れません。
だから歩いて斜面を上ってきます。
そういうちょっと凄い所にあるんです。

↓ロウバイ園入口
11_20150216193243f99.jpg
出かけたのは平日の真昼間だったのですが、
結構な数のお客さんの入りになってました。

↓頂き物
12_20150216193242db4.jpg
入場者にはチケットとロウバイ園マップと
ロウバイの絵葉書の2種類から一枚を
無料でプレゼントしてくれる太っ腹、
これは、地元、松田の郵便局が
まつりに協賛してくれてる為に
できるプレゼントだそうです。

↓ロウバイ
13_20150216193240ff9.jpg
それではいよいよ
ロウバイ園へと
踏み込みます。

↓黄色が溢れてる
15_201502161932395d6.jpg
昨年来た時は、大雪のあとだったので
ほとんどの花が散ってしまったあとでした。
そんな失敗があった為に、今年こそちゃんと
花が付いてるロウバイが見たくて出かけました。
その突っ込んだ模様は、また明日、と、いうことで。

↓次回は、ロウバイの強い香りの小さな黄色い花の模様です。

やどりきロウバイまつり・2015。 ①

↓一路、寄へ。
1_20150216193346e4e.jpg
国道246号線を走り、一路、
松田町の寄(やどりき)へ。

↓山道のワインディング
2_20150216193345afd.jpg
今回は、昨年の大雪の後に出かけ、
見事に花が散ってしまっていた
寄のろうばい(蝋梅)まつりを
ちゃんと花が咲いた状態で
見物しに出かけました。

↓駐車場
3_20150216193344dc4.jpg
寄の「みやま運動公園」が駐車場、
駐車料金は、なんと無料。太っ腹。

↓会場は坂の上
4_2015021619334291c.jpg
ロウバイまつり会場は坂道の上です。
坂道を歩いて登ります。ちょっとキツい。
土・日・祝日は無料の送迎車が走るので
休日にお出かけの方はご心配いりません。

↓山あいの集落
5_20150216193341e94.jpg
山あいの集落を歩いて抜けて
ロウバイまつり会場を目指します。

↓ロウバイまつり
6_2015021619331434a.jpg
ロウバイ(蝋梅)は、ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木。
1月から2月にかけて黄色い強い香りの花をつけます。
名前に梅がついていますが、バラ科の梅とは別属です。
起源は唐(中国)から来たもので中国名も蝋梅だった為
日本名も「蝋梅」という名になったと言われるのとともに。
花弁に蝋の様な色艶があり、臘月(ろうげつ、旧暦12月)に
花が咲くことから、この名定着したのだ、とされるそうです。

↓茶畑
7_20150216193312948.jpg
斜面は一面の茶畑。
この畑で採れた茶葉も、
足柄茶になるんでしょうか?
足柄茶は秦野市や山北町など
丹沢山麓や小田原、箱根にかけて
栽培される神奈川県下のブランド茶。
近頃その名が通ってきたブランドです。

ってところで、以下次回

↓今回も、一回目から本題は出てきませんが、お願い、ついてきて。(^^;)

まつだ桜まつり。 ⑥

↓ハーブガーデン
22_20140228203801536.jpg
さあ!いよいよ夜桜の登場です!!
未だ冬の気配を引き摺る早春です。
本格的な桜の時期はまだ先ですが
桜を心待ちにする者にはちょっと
心躍る早咲きの河津桜の夜桜です。

↓桜越しの東名高速
21_20140228203802d3b.jpg
東名高速の眩い路側灯がグーっとカーブする
遠景を、桜越しに眺めている画がコチラです。
夜桜のライトアップとおえいうのは、やはり
テンションがMAXになるほど上がりますね。

↓ライトアップ!
23_20140228203801d5a.jpg
薄暗がりになりつつある西の空を背に
ライトアップを受けた河津桜の
早咲きのライトアップです。

↓桜越しの街灯り
24_20140228203800812.jpg
なんかすごくいい景色。
桜越しの街灯りの画です。
こんな景色が近所に欲しい。

↓紺と桜
25_20140228203638c29.jpg
夜空手前の紺色の夕空をバックに
濃い目の桜色が花開く、そんな
幻想的な見上げる桜の画です。

↓フラッシュ一閃
26_20140228203637576.jpg
だんだん暗くなってきた事もアリ
フラッシュを焚いてみた画の中で
ちょっとぐっと来た画がコレです。
暗がりでのフラッシュ一閃の画は
なんか魅入られそうな雰囲気です。

↓最後の富士山
27_201402282036377a5.jpg
夕闇、ボンボリ、そして富士山。
桜を見終わった後の風景ですが、
なんかグッときますねえ、ああ、
富士山って、やっぱ存在デケえ。

↓お気をつけてお帰り下さい
28_201402282036367a9.jpg
はい、堪能致しました。
河津桜もやはり桜です。
一足早く桜バカ炸裂で
夜桜見物出来ちゃって
なんかほくほくでした。(笑)

↓輝く松田山!
29_20140228203636d0f.jpg
帰り道で眺めた松田山の風景。
輝いてるじゃんか、松田山様。
(↑キレイなんですよ、ほんとに)

↓小田急線・新松田駅
30_20140228203636c5a.jpg
河津桜の夜桜を堪能し、
とぼとぼと歩いて駅へ到着。
小田急線で帰宅の途へ着きます。

松田山の河津桜は、暖かくなったり
寒くなったりを繰り返すこの頃で
満開に近付きつつありますので
だんだん見頃に近付いてます。

ライトアップを含めた
まつだ桜まつりの会期は
3月16日(日)までです。
まだまだ見頃は続きますので、
機会があれば、ぜひ訪ね下さい。

↓河津桜は、今が見頃です、よれちきちゃん。

まつだ桜まつり。 ⑤

松田町の河津桜の桜山の
ライトアップを見物に
出かけてる話です。

↓菜の花の斜面
11_20140228204032620.jpg
桜の植わる斜面の足元の
菜の花の鮮やかな黄色が
夕映えに一際目立ちます。

↓見上げる桜
12_20140228204031075.jpg
漸く7分咲きになった
斜面の桜を眺めつつ
遊歩道を上ります。

↓富士山!
13_20140228203918266.jpg
頂上の駐車場前からは、前回見られなかった、
キレイな稜線をココゾと見せる富士山の勇姿が
遠くの谷合の遮るモノの少ない夕空に佇んでます。

↓富士に桜
14_20140228203917658.jpg
夕闇が迫る中で点灯したハロゲン燈の光に
花の桜が照らされる梢。桜越しの富士山の
ベストショットの一つがココにありました。

↓松田ハーブ館
15_20140228203917dcf.jpg
遅くまで営業中のハーブ館の外壁に
LEDの燈火が点灯、建物自体が
どんどん輝きを増し始めます。

↓残念
16_20140228203917aa6.jpg
ライトアップを彩るはずの
松田町特選屋台群なんですが、
平日のちょっと寒い夕方なので
名物屋台群は休業状態の閑散具合。
ソーセージでビールが飲みたかった。

↓寂しい・・・
17_20140228203916221.jpg
夜のライトアップイベントだというのに
お店が閉まってたりしたもんだから
一抹の寂しさなぞを感じながらも、

↓「早咲き」桜まつり
18_20140228203916a16.jpg
まつりのボンボリが灯り初めて
ライトアップは見頃になります。
気を取り直して、桜の時期には
一足早い夜桜見物へ向かいます。

↓街の灯りチラチラ
20_20140228203802751.jpg
枝越しに街の灯りが
チラチラと輝きだす
そんな夜のはじまり。

ってところで、以下次回!

↓次回こそ、ヨザクラ三昧でお送りします。

まつだ桜まつり。 ④

松田町の河津桜がライトアップされる、
と聞き、再び松田町へ出向きました。

↓七分咲き

前回出かけたときから、さらに開花が進んで
7分咲きになった松田の河津桜へ向かいます。

↓日没間近
2_20140228204210a74.jpg
前回はバスで出かけた公園でしたが、
さくらまつりの臨時便は17時で終わり。
駅から歩いてライトアップ見物に向かいます。

↓松田山
3_20140228204209c4c.jpg
目的地の松田山西平畑公園。
前回まで見ていた場所へ
あらためて出発です。

↓メインゲート
4_20140228204209edb.jpg
公園の自動車用の
正面玄関を通り過ぎ、

↓徒歩利用者用入り口
5_20140228204208387.jpg
歩いて入る人用の入り口へ。
ここから夕暮れの桜山へ
向かい階段を上ります。

↓先が長そう
8_201402282040332b9.jpg
バスでならたっ1分で上りきる坂道ですが、
歩いて上るのは大変。経験済みですけどね。

↓桜
7_20140228204034d7b.jpg
日没前の桜の光景があちこちに。
ちょっとグッと来る美しさです。

↓富士山!
6_2014022820420845b.jpg
前回は見られなかったのに、
今回は富士山が見られました。
ええっと、ひょっとしたら
1年以上ぶりの富士山です。

↓桜越しに富士山
9_201402282040338bb.jpg
富士と桜、なんかコレって
日本人的に盛り上がる画です。

↓写真撮影用仮設展望台
10_201402282040320ce.jpg
頂上へ向かう道にはこんな感じの
園芸用脚立を据付けた仮設展望台が
あって、桜越しの富士山が見られます。

っていう所で、松田山の河津桜の
まつだ桜まつり、ライトアップ編、
以下次回!まだ続きます、よれちき。

↓次回は、夕闇迫る早咲きの桜の風景です。

まつだ桜まつり。 ③

神奈川県西部、足柄上郡は、松田町の
松田山ハーブガーデンがある西平畑公園で
早咲きの河津桜を見物中のお話が続いてます。


↓桜の山を下ります。
15_201402252356225ac.jpg
お祭り屋で腹ごしらえも終わり。
(↑っていうかただの買い食い)
そろそろ早咲きの桜を見物です。

↓眺めのいいベンチ
16_20140225235621c56.jpg
桜の花越しに、酒匂川の河畔や
松田の町並みが見える高い位置に
眺めのいいベンチがありました。

コノ高さだと、目の前を走ってる
東名高速や、国道246号線の喧騒を
さほど気にせず、いい景色が楽しめます。

↓河津桜
17_20140225235621f2e.jpg
寒さの残る時期に開花する河津桜。
コノ日は暖かい日日差しの日でしたが、
薄着は出来ない感じ、ソレ位の寒さの中が
河津桜の見頃の陽気。静岡県の河津町の名所は
1月半ばに開花の一報が届くような場所ですから
春の暖かい日差しの中とは、ちょっと違う桜の風景。
やはりソレが河津桜の「妙味」なのではないでしょうか?

↓菜の花
18_201402252356204ff.jpg
その寒の華、河津桜の足元には、春の色合いの
もう一つの象徴、菜の花の鮮やかな色彩があり、
黄色と緑のコントラストが、ほんとにキレイで、
菜の花の強い香りが辺りを占めてるほどでした。

↓春色
01_20140227235731330.jpg
見上げれば桜色、視線を落とせば
鮮やかな黄色、という春色の競演。

この時はまだ五部咲き。桜が満開になったら、
さらに壮観な景色になることは請け合いです。

↓モニュメント
20_20140225235507667.jpg
ひととおり辺りを眺めて再び山頂へ戻ります。
かつてはなんか機会時計らしかったんですが
今はたただ建ってる公園のモニュメントです。
コノ週辺から眺めた景色も、結構キレイです。

↓富士山、またも不発
23_20140225235506076.jpg
コノ方向には富士山が見えます。
本当は見えるんです。今回も不発でした。
近頃の僕は、何故だか富士山を見られません。(^^;)

↓吊るし雛飾り
22_20140225235506bea.jpg
園内の施設では、かなり大規模に
吊るし雛飾りの展示を実施中です、
名物ともいえる季節の風物詩を
大々的にアピールしております。
雛祭りも、もうすぐソコですね。

↓ふるさと鉄道
21_20140225235507b66.jpg
土・日・祝日には、かわいいミニSLが走る
ふるさと鉄道が運行中。お子様連れでも大丈夫。

↓ハロゲン燈?
19_20140225235508116.jpg
照明器具が置いてある。
しかも上向きになってる。
捨ててある訳じゃないよね?

・・・え?ライトアップイベントあるの?

↓ライトアップイベント、あった。
24_201402252355051ff.jpg
ええ?特設駐車場までのシャトルバスは17時で終わりなのに、
ライトアップ開始は17時からというちょっと理不尽な時間で
点灯が開始されます。駐車場まで歩くと、ちょっとした小旅行。
バスがあるうちに移動。今回は出直さくちゃ。という訳なので、

↓以下次回! まだ続く!!

まつだ桜まつり。 ②

春の前、冬の終わりに、梅を追って開花を始める
河津桜の桜色と、その足元の黄色い菜の花の色が
春の色合いをかもし出す、小高い丘の上の庭園が
お客様をお出迎えする、松田町の西平畑公園での
まつだ桜まつりを見物に出かけた話でございます。

↓松田町、特選屋台群
8_2014022523571649b.jpg
松田町の地場露店群、コレが
実は松田町が誇る厳選屋台群。
松田の名産品をてんこ盛りで
販売するイベント商店街です。
景色より先に、まずはココで
寄り道。(モロに花より団子)(^^;)

↓吊るし雛飾り
9_2014022523571675b.jpg
近頃はすっかり有名になってきた伊豆地方が発祥とされる
吊るし雛飾り。コノ辺りでは隣町にも有名な名所があり、
地域としても伝統のひな飾りのひとつらしいのですね。
吊るし雛飾りが、地場産品として売っていました。

↓美味しそう。
10_2014022523571529d.jpg
足柄牛関連の畜肉調理品の屋台。
ああ、なんかすごく美味しそう。

↓牛スジ焼き串
11_20140225235715c12.jpg
牛串、しかも牛スジ。コノ牛スジ、
本物のアキレス腱だ。関西風ですよ。
関西の牛スジ(腱)は一般的な食材です。
関東のモツと同じ感覚なはずなんですけど
関東で牛スジの料理はなかなか見ないんです。

ほろほろと崩れるほど茹でられた牛スジに
タレをつけて焼いたものです。美味しかった。
(↑よく見たら足柄牛じゃなかったのが残念)

↓ハーブソーセージ
12_20140225235714fbe.jpg
松田山ハーブガーデン謹製、
たっぷりのハーブが入った
美味しそうなソーセージ。
コレは行っとかなきゃ。

↓スゴいボリューム
13_2014022523562378b.jpg
肉臭さが見事に消えていながら肉の旨味凝縮のソーセージ。
ああ、ビールが欲しい。車で来るのやめればよかったかも。
コレぞ松田山ハーブガーデンのソコヂカラの一環、感服です。

↓ハーブチキンカレー
14_20140225235623fc8.jpg
ハーブ館にあるレストラン&ティースペース、
ローズマリーは、お祭り期間中はメニューを
全品持ち出し可能な弁当類に変更してました。
ちゃんと昼食食べてないので、カレーを購入。
(↑買い食いしてるけど、昼食じゃないからね)(^^;)

過去に食べたことがあるハーブチキンが
カレーにONしてます。不味い訳が無い。
カレーもチキンもメチャメチャ美味いです。

↓そろそろ桜散策へ
15_201402252356225ac.jpg
いつまでも食べてばっかりでは
せっかくの桜が霞みそうなので
そろそろ桜見物へ向かうことに。

↓・・・コノ回が最大の見所では無い事を祈ろう。 メインは河津桜ですからね。

まつだ桜まつり。 ①

↓カウンタックだ!

すげえ!カウンタックLP500だ!
30年以上前のスーパーカーだ!
いきなりでブレまくりんぐだ!

そんな訳で、マイカーでお出掛けです。
目的地はタイトル通り、再び松田町です。

↓臨時駐車場へ誘導。
1_201402252359494dc.jpg
会場のすぐ近くまで来たのに
コノ看板にある通り、見事に
臨時駐車場へ誘導されました。

↓河川敷
2_20140225235948e9c.jpg
誘導されたのは、神奈川県西部を流れる
県下第三位の一級河川、酒匂川の河川敷。
河川敷に出来た臨時駐車場で車を降りて、

↓臨時シャトルバス
3_20140225235948fc2.jpg
臨時駐車場と会場を結ぶ臨時シャトルバスが運行中。
FUJI-Q(富士急)だ!幼少の砌、僕の小学校では、
遠足などの行事で遠くへ行く際には、何故か神奈中よりも
富士急のバスが御用達で、この富士急の緑色の車体を見ると、
いきなり突然突飛な事に遠足気分が盛り上がってしまうのです。
(↑いや、そんなんはアレや、はっきり言うが知らんがな)(^^;)

↓いきなり到着。
4_20140225235947a88.jpg
出かけたのは先週の土曜日。
思っていた以上にバスが満員。
運行途中の写真等が一切撮れず
いきなり目的地に到着の写真です。

今回の目的地は、以前にも訪れた松田町は、
松田山ハーブガーデンがある西原畑公園です。

↓桜の光景
5_20140225235946c06.jpg
公園の南側にある斜面には
どっさりの桜が咲いています。
コレで先具合は5分咲きでした。

↓春の景色
6_20140225235946aa0.jpg
咲いてる桜は、早咲きの河津桜。
梅の花とほぼ同じ時期に咲く桜です。
桜色の桜の花と、菜の花が競演してます。
なんかコレ、凄い得した気分じゃありません?

↓松田山ハーブガーデン
7_2014022523571746b.jpg
久々にやってまいりました。
山の中腹に建つ未来型施設、
松田山ハーブガーデンです。

↓松田町の地場露店
8_2014022523571649b.jpg
桜まつりの期間中展開するのが
松田町の地場商店が出店する
ご当地露店街がコチラです。

と、こんな感じで、
まつだ桜まつりへ
お出掛けです。
以下次回!

↓桜が来ました。早っ! って所で、つづく!

寄(やどりき)ロウバイまつり。 (後編)

先日(2月23日(日))に終了してしまいましたが
見頃が終わりに近付いたロウバイを見物するために、
松田町の寄(やどりき)へ出かけたお話です。

↓蝋梅
11_20140223211203b48.jpg

12_20140223211203bf4.jpg
ロウバイは1月から2月にかけて開花する
開花時期が長い梅の花。通常の梅よりも
早く咲き遅く散る、香りの強い花です。

↓花がまばら
14_20140223211201fce.jpg
実は、ロウバイの花自体は時期が終盤とはいえ
たわわに可憐な花を咲かせているはずなのですが
実は先週の雪で、ロウバイが大きなダメージを受け
咲いていた花の多くが木から落ちてしまったそうです。
そんな状況もあって、入園料の徴収が本来の半額でした。

↓うつむき加減
13_2014022321120202f.jpg
大きく開いた花はうつむき加減の元気の無さ。
時期が終わった花も、散る前に木から落ちず
茶色く変色してしまっているものもあります。

↓まだキレイに咲いてる
15_20140223211201a7a.jpg
同じロウバイでも場所によっては、
ちゃんとキレイに咲いている
色合いのイイ花もありました。

まだ咲きそろっていない蕾だってあるのに、
雪の影響、花にとっては深刻だったんですね。

↓山間、茶畑、ロウバイ園
16_201402232112006bd.jpg
初めて出かけた寄(やどりき)のロウバイ園。
先週のニュースでは、3月頭まで花の見頃が続く、
と言っていたロウバイですが、実に数十年ぶりという
突発的な豪雪のお陰で残念な結果になってしまいました。
ただ、失敗ではありません。ココに来てみてわかった事は
寄が景色の良い山間地だという事。のどかにドライブするに
うってつけな所もあったりします。こういう発見も大切ですね。

今年のロウバイは恐らくもう終わり、来年までおあずけです。
もっとちゃんと時期を見定めて、きれいに咲いた花を
もう一度見に行きたいところですね。

↓キレイな花の風景に出会あうのは、案外難しいんですね。

寄(やどりき)ロウバイまつり。 (前編)

↓ 奇(やどりき)

今回の目的地は、神奈川県でも屈指の難読地名、
松田町の奇(やどりき)になります。

↓分け入る感じ
2_20140223212614bd9.jpg
交差点を曲ってから約20分ほど、
結構なアップダウンのワインディングの
ちょっとした山道を目的地へとひた走ります。

↓シャトルバス
3_20140223212613b04.jpg
松田町は、寄運動公園駐車場でマイカーを降り、
シャトルバスに乗ります。コレ、レッキとした
旅客営業車輌(緑ナンバー)ですが乗車無料です。

↓茶畑
4_201402232126131c1.jpg
農家や住宅が並ぶ、公園の滑り台のような
急角度の激坂を当たり前の様にすいすい上り、
茶畑を抜けた先に、今回の目的地があります。

↓ 寄(やどりき)ロウバイまつり
5_20140223211608b19.jpg
残念ながら、本日(2/23(日))
終了してしまったロウバイ祭りに
飛び込みで行って着たお話です。

↓お祭り商店街
6_201402232116071a6.jpg
ちんまりとした規模ながら、ロウバイ見物に訪れたお客さん達を
地場産品てんこ盛りでおもてなしする直売店が並んでいました。
地元の野菜の直売所や、川魚を炭火焼して販売している囲炉裏、
手作りメニューを出している小さな食堂などお店は結構な繁盛で
プレハブながら、立寄った人たちが気軽に入れる雰囲気でした。

↓ 寄・ロウバイ園、その由来
7_2014022321160793e.jpg
寄ロウバイ園は町の有志が荒地を開墾したのが始まりで、
ソコに地元の中学生達が卒業記念でロウバイを植樹して、
以後度重なる植樹を経て、現在ではロウバイの木の数が
1500本を越えているそうです。地味に凄い数ですね。

↓入場料
8_2014022321160605c.jpg
ロウバイ園自体は、やはり管理に費用がかかる為
花の盛りの時期には、入園料hが必要になります。
でも安いでしょ? 200円はお手ごろ価格です。
と思いましたが、実はココにちょっとした異変が。

↓入園ゲート
9_201402232116067b0.jpg
手のひらに100円玉を二枚載せて
ゲートを通過しようとしたらソコで、
入園料は半額の100円で良い、と、
係の人に云われました。何でですの?

↓パンフレット
10_201402232116056ce.jpg
見頃の期間が普通の梅に比べて長いのが、
黄色い梅、ロウバイの特徴、なのですが、
実は先週の雪で、梅の花が大変なことに
なってしまったから、なのだそうです。

そんなロウバイの画は、次回お届けちゃん。

↓前編なんだけど、蝋梅の花が一個も出てませんね。(^^;)

松田山ハーブガーデン。 ③

松田山ハーブガーデンへ出かけたお話です。

なぜココへ行ってみたかったのか?
というのは、もうすべてがコレのお陰。

↓ハーブガーデンの施設棟
9_20131024001457350.jpg
割と何も無い山の中に、ぽつんとドカンと
近代建築が聳え立ち、コレが実はハーブ園だ、
などというミスマッチで溢れるのロケーションへ
一度足を踏み入れたいというなんか失礼な理由です。(^^;)

で、その建物というのがなんなのか?というと。

↓松田山ハーブ館
27_20131024001119bf0.jpg
1階がハーブグッズのショップ。
種類豊富な香りのグッズや
ハーブティー等を売ってます、

2階がハーブのクラフト教室。
一日の複数の体験プログラムを用意し、
ハーブグッズの製造体験が楽しめます。
コノ日のコ-スには、石鹸つくりなど
4つくらいのコ-スが設定されてました。

↓Cafe Resutaurant Rosemarry
28_201310240011192d1.jpg
で、3階がレストラン。ふんだんにハーブを使った
料理が食べられるレストラン。興味津々ですよ。
メニューには、ハーブティービュッフェとか、
フレッシュハーブティーとか、なかなか
他で見かけない売り物も乗ってます。
これは、入ってみたくなりました。

↓レストラン
29_20131024001118c62.jpg
食券を買って食事を注文。
席に座って到着を待ちますが、

↓この窓でした。
30_20131024001033a5b.jpg
外から見えた建物の上のほうにある
この窓が、レストランの窓でした。
この窓、眺望がなかなか良いのです。

↓ハーブチキングリルランチ
31_20131024001032816.jpg
詳しくは、ハーブチキンのグリル、バジルとトマトのソース添え。
ハーブをまぶしたチキンを、皮はパリッと、身の肉はしっとりと
絶妙な焼き加減で仕上げたチキンに、バジルとトマトのソースを
添えてあります。スープに浮いてるのは香り高いイタリアンパセリ。

↓チキン
32_201310240010322b2.jpg
チキンにバジルとトマトのソース。
割と容易に味が想像できますけど、
実際温かい出来立てを口にすると、
香りが強いの出来上がりは少しも
嫌味な香りになっていないうえに
想像していた以上に美味しかった。
他のメニューも食べたくなります。

↓フレッシュハーブティー
33_20131024001031520.jpg
こんなのも頼んでみました。
普段は滅多にお目にかかれない
摘み立てハーブのハーブティーです。

↓レモングラスとミントのお茶
34_20131024001031b8b.jpg
レモングラスとミント、
どちらも香りが強い種類なのですが
どちらも清涼感満点のハーブです。
熱いお茶なのにコノ独特の清涼感は
クセになりそうなブレンドです。

↓ライトグリーン
35_2013102400103109e.jpg
なんだかイイ色です。ハーブティーとかって
おっさんが勧めるのはちょっと変かもよ、
と思われる人もいるでしょうけどね、
偏見みたいなモノを捨ててみると、
そのカテゴリーの薬効知識とか
レシピ組み立ての奥の深さは、
深い薀蓄(ウンチク)に
なるほどのモノです。
軽視していては
いけません。

↓ハーブティービュッフェ
36_2013102400090901a.jpg
毎回違う6種類のドライハーブから好きな種類を取って
ハーブティーを淹れるハーブティーのビュッフェ。
コレは、知識がまったく無かったので断念。
このお茶が楽しめたとしたらそりゃあ、
すごく楽しそうじゃありませんか?。

↓ハーブガーデン
37_20131024000909fbc.jpg
コノ謎の建物が見たかっただけ、
みたいな感じで出かけたのですが、
行ってみたらなかなか見所が多くて
テンションが上がる結果になりました。

↓ハーブフェスティバル
38_20131024000908489.jpg
平日は何もやっていませんでしたが、
ハーブガーデンでは、日曜日まで
ハーブフェスティバルを開催中。
何故なのかフカヒレスープの
振る舞いというイベントも
あったりするそうです。

↓気をつけて。
39_201310240009082e0.jpg
まあ、それはさておいても、秋のハーブの、
小さい色鮮やかな花々を眺めに行くのも
けっこう楽しかったりしちゃいます。

コノ機会に、松田山ハーブガーデンへ
出掛けてみるのはいかがでしょうか?

↓ハーブの花々と、興味津々の美味しい料理に、拍手!

松田山ハーブガーデン。 ②

神奈川県西部の足柄上郡、松田町にある
松田山西平畑公園内の、遠くからでも目立つ
謎の建物が目印の、松田山ハーブガーデンのお話。

↓天使のいる展望台
11_20131024001411d50.jpg
公園への長い散策路を上った
駐車場付近にある展望台では。
天使が微笑んでお出迎えです。

↓海岸沿いの平坦地
12_20131024001410f93.jpg
丹沢の南側の丘陵地から箱根の外輪山へと至る
山地に囲まれた扇状地が小田原南部で海に至る
盆地のような平野部の画。地形が分る眺望です。

↓ハーブフェスティバル
13_2013102400141015d.jpg
実は、10/27(日)まで、
この松田山ハーブガーデンでは、
秋のハーブフェスティバルを開催中。

↓ハーブガーデン
14_2013102400141017e.jpg

15_201310240014097c8.jpg
このずっと気になっていた建物はちょっと後にして、
マズはハーブガーデン本体を見物してみます。
いうほどハーブの類には詳しくないので
ザっと眺めて綺麗な景色を探します。

↓斜面の庭園
16_201310240014097ea.jpg
建物を背にした斜面にある庭園には
181種、16500本のハーブが
栽培されています。なかなかの規模。

↓赤い花
17_20131024001223595.jpg
ごめんなさい、種類が分らないです。
この赤い色、緑の補色という事もあり
なかなか強烈に目に飛び込んできます。

↓ええと・・・
18_201310240012221d0.jpg
ええとこれは。なんだっけ?割とよく
ハーブティーなんかに入ってるのを
見かけるんですが、ええと、
ローズマリー、だっけ?

↓ アメジスト・セージ
19_201310240012228e5.jpg
ポスターにあった薄紫の綺麗な花の群生、
この時期が花の盛りのアメジストセージ。
花壇を見る角度をちょっと変えるだけで、
かなり壮観な紫の花の斜面が現れます。

↓ コスモス
20_20131024001222d7f.jpg
コスモスです。コスモスは初秋の花。
秋の訪れを知る夏の終わりの花、
というイメージが強いです。

↓コスモスの向こう側
21_2013102400122150c.jpg
コスモスをナメての例のアレ。
この建物のほうは後で行きます
お楽しみに。期待はしちゃダメよ。

↓ ラムズイヤー
22_20131024001221bdc.jpg
何だかよく分らないんだけど
ちょっと面白かったこの植物。

↓ぷにぷにでふわふわ
23_201310240011214ab.jpg
さわり心地がいいぷにぷにのふわふわ。
仔羊の耳、という意味の名前の植物。
窓辺に置いて毎日ぷにぷにしたい。
そんな感触の気持ちいい葉っぱ。

↓ フレンチ・タイム
24_20131024001120a42.jpg
おフランスの時間ざんすーっ!
では無く、フランス産のタイム。
(↑どんな直訳なんだか)(^^;)

↓青い花
25_201310240011203a8.jpg
タイムは、料理や香料などに使用される
殺菌作用などの高い薬効を持つハーブ。
カレーにも入ってる時がありますよね。

ハーブとスパイスは、奥が深すぎて付いて行けない分野、
ではありますが、勉強してみるとちょっと面白そうです。

そんなこんなで、以下次回。

↓松田山ハーブガーデン、まだ続きます。

松田山ハーブガーデン。 ①

↓小田急新松田駅

今回の出発地点は、コチラ。
小田急線は、小田原本線の
西のターミナル駅のひとつ。
新松田駅でございますです。

↓気になるモノ。
2_20131024002650e9c.jpg
前々から気になっていたモノ。
コレがいったい何だかはもう、
もちろん存知ておりましたが、
行った事が無かった場所です。
天気は悪かったけど公休日に
出掛けられる機会が来たので、
出掛けてみる事に致しました。

↓JR松田駅
3_201310240015350f7.jpg
一番の最寄駅は、実はコチラの駅。
JR御殿場線の松田駅なんですね。
小田急線新松田駅から出掛けると、
色々なモノを越える事になります。
その第一弾がこのJRの線路です。
御殿場線は神奈川県内に走ってる
新幹線以外のJR東海の路線です。

↓国道246号
4_20131024001534717.jpg
JRを超えたら、今度は
国道246号線を超えます。
何故か車が一台もいない画が
撮れました。スゴイ偶然を経験。

↓地下道?
5_201310240014589e8.jpg
次はこんな道を歩きます。
こ遂道の上は東名高速。
JR、国道、高速道路。
どれだけ幹線ルートを
超えなきゃならないの?

↓東名高速道路
6_20131024001458d79.jpg
とか何とか言ってるうちに
その東名も越えましたけど、
ココでも滅多に見られない
車が一台も走っちゃいない
レア画像を撮影しちゃった。
なんか運が悪くなりそうな
レア画像続きが超不安です。

↓松田山西平畑公園
7_201310240014589b6.jpg
目的地はこの松田山西平畑公園の敷地内にあります。
この坂を上るのは、けっこうキツいはずなんですが、
幸いなことに平日は車の往来が、ほとんど無いので
まあ、歩くのだけは楽チンです。辛いのは辛いけど。(笑)

↓だんだんと、景色が良くなってくる
8_2013102400145794c.jpg
坂道をてくてくと登って行くうちに、
徐々に見える景色が良くなってきます。

↓近くなってきた
9_20131024001457350.jpg
行ってみたかった場所が
だんだん近くなってきました。

↓西平畑公園
10_20131024001456881.jpg
さあたどり来ました。
目的地はこの敷地内。

ってえところで、以下次回!

↓次回こそ、ハーブガーデン。乞わず、ご期待!(期待しちゃだめ!)(^^;)
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる