FC2ブログ

メリ-クリスマス。

みなさまお忘れかもしれませんが、
本日がクリスマス本番な訳です。
クリスマスには小さな奇跡が、
起ればよかったのですが、
起らないもんですね。軌跡は。(^^;)

本日も仕事に行ってきました。
いろいろいっぱいいっぱいで。

クリスマスおめでとう。
今日は、色々と疲れた。

と、ココでハッと我に返ると、
今年もあとたった一週間です。

仕事詰まってるから全然出かけられないので
写真付きの記事があっぷできるかどうか。
そして、サンタが去ったら寒波が来るよ
という天気予報、雨は降らないけど
低温と乾燥がやってくるそうです。

皆さま、年の瀬のあわただしい中、
お身体はくれぐれもお大事に。

↓ 書く気はあるけどネタが無い。師走は忙しいですから。

後の祭り。 ふるさと祭り東京・2018.

↓ 東京ドーム

色々あって、話題になり損ねた、後の祭りの話。
今年も東京ドームでおこなわれて、終了した
ふるさと祭り東京2018のおはなしだったり。

↓ 立佞武多
1_20180124234416b16.jpg
今年の目玉は、青森県五所川原市の巨大な曳き灯篭、
立佞武多(たちねぷた)でした。見たの何年振りだろう?
ブログを読み返してみたら、2011年からなんと8年間、
毎年出かけていた事がわかりました。そんなに経つんだ。

今年も例年通りの食い倒れ飲み倒れ。
日曜日が最終日だったんですけどね。
終わっちゃったイベントの話を少しだけ。

↓ なるとキッチン
2_201801242344146f8.jpg
コレが良かった。
年間3回くらい海老名の丸井にイベント出店する
北海道小樽市の鶏料理の店、なると屋が展開する
なると屋の居酒屋。札幌と東京・五反田で営業中。
あの半身揚げもザンギも販売。ザンギが美味かった。

↓ 愛媛みかんハイボールとじゃこカツ
3_2018012423441167c.jpg
愛媛県・宇和島市に本店を置く回転寿司のお店
すしえもん。東京進出を果たしたキャンぺーンで
愛媛の名物で出展です。ウイスキーを100%の
愛媛みかん果汁と炭酸で割ったハイボールと、
地元の名物、じゃこ天をカツにしたじゃこカツ。
コレは普段手に出来ないモノだけに新鮮でした。

↓ 松阪牛とウニの寿司
4_201801242343401ec.jpg
松阪牛の炙りの上にウニが乗った贅沢寿司。
これはもう、こんな機会でも無きゃ絶対無理。
世の中には驚きのメニューがあるもんだなあ。
(↑貧乏人には馴染みが無いだけすけどね)

↓ 原たれ味のからあげ
5_20180124234338a58.jpg
青森県民なら知らない人はまずいない。
使ったことが無い人も少数派と言われる、
県民垂涎の定番調味料、スタミナ源たれ。
その源たれ(塩味)のから揚げがありました。
源たれは今近所でも買えるようになりましたが
数年前までは手に入れるのが大変だったんです。
塩味のニンニクたれが、から揚げの味を引き立てます。

↓ ノースアイランドビール
6_2018012423433770a.jpg
北海道札幌市の東隣にある江別市の地ビール。
実は江別市に数年住んでいたことがありまして、
そのころなかった、まったく新しい地場のビール。
コレ、ものすごく根性の入ったクラフトビールです。

↓ 能登牡蠣と石川県の地酒
7_201801242343353af.jpg
ふるさと祭りではお馴染み、北陸新幹線開通前から
石川県の巨大ブースができあがってるのがお馴染み。
毎年恒例の様に能登牡蠣と地酒で一杯やっちゃうのが
コチラも恒例です。焼き牡蠣が出てる場所少ないですから。

↓ 日本のまつり・故郷の味
8_201801242343348b3.jpg
今年はもう終わってしまいましたが、来年も
開催すると思いますので、興味ののある方は、
ぜひお出かけください。東京ド-ムで日本の味を
力いっぱい食い倒れ。こういうのもおもしろいですよ。

↓ それを先週記事に来てればね・・・、これぞ後の祭り。(^^;)

ふるさと祭り・東京 2017。 ⑥

今年のお祭りは、残念ながら昨日終わってしまいましたが、
東京ドームで行われた「ふるさと祭り・東京、2017」のお話です

↓ 室蘭うずら園・プリンパフェ
46_20170111212420e32.jpg
北海道、室蘭市は、重工業のイメ-ジが強い都市ですが、
現在ではこのうずらの卵の生産が盛んで、北海道内での
うずら卵の供給シェアは100%になっているとの事です。
その室蘭でも大きな販売店になるこの室蘭うずら園では、
生のうずら卵の供給の他、味付け茹で卵や、たまごプリン、
大振りで贅沢なカステラなども名物になっているそうです。
そのうずら園のたまごプリンパフェ、ちょっと凄そうでしょ?

↓ もっときれいに食べられない?(^^;)
47_20170111212418033.jpg
画的にはいろいろ申し訳ありませんが、
コレがめちゃめちゃ美味しいのです。
うずらの卵と鶏卵を比率で比較すると、
卵黄の量はうずら卵の方が多めです。
同じ量を作ると、個数はうずらの方が
何倍にもなりますが、その分うずらの
卵で作ると、すごい量を使用しますが、
このコクと濃い味は、鶏卵で作るより
美味しいのかもしれません、新発見。
かけてあるフル-ツソースは、実は
プルーンのソース、これも稀なモノ。

↓ コレが締め
53_20170111211650970.jpg
徳島県特産、スダチのジェラートと、その下には
柚子ミルクのアイス。スダチのジェラートは驚くほど
さっぱり味で柚子ミルクも美味。混ぜると最高でした。

↓ お茶が美味しい。
56_20170111211645b4e.jpg
日本には、お茶の産地は数々あって、
会場を見回しているうちそういうのが
色々と目に留まって締めの甘味の後
あちこちで各地のお茶を頂いきました。

まずは西日本最大のお茶の産地、
鹿児島県産。意外と甘目な味わい。

↓ 牧之原茶
57_20170111211644395.jpg
国内有数の茶処として知られる静岡県でも、
高級茶の産地として知られる牧之原のお茶。
深蒸し茶が定番とされる為に、お茶の渋味は
他を圧倒する重さと深い味わいが出てました。

↓ 狭山茶
58_20170111211642313.jpg
狭山茶は、東京都西多摩地域と埼玉県西部を
中心に生産されているお茶の総称になります。
首都圏でも有数の茶葉の生産地になっていて
総生産量で言えば、神奈川県の足柄茶よりも
多くの茶葉が生産されています、それなのに
その知名度の低さは、惜しまれてなりません。
首都圏のおひざ元に、大きな茶処があるのは
スゴい事です。もっと有名でもいいのにねえ。

↓ 出口を目指す時間
59_201701112116411cf.jpg
おなか一杯になって甘いもの食べて、
締めの締めに味わいの違うお茶のを
あちこちで頂いて、日本ってやっぱり
広いんだな~、というのを再認識して
今年のふるさと祭りから引き上げます。

↓ 
60_20170111211639230.jpg
毎回毎回、祭りそっちのけで
食い倒れてるふるさと祭りですが、
ココで初めて見た各地のお祭りだって
ありました、秩父夜祭の山車を、初めて
見たのも実はここだったりもしておりまして、
食い倒れてるばっかりじゃないのも事実です。

今年は終わってしまいましたが、見た事ないお祭りや、
食べたことがない各地方の様々味を体験する為には、
このお祭りは実に手軽で、行ってみて面白いものです。

↓ 東京ドームシティー
62_2017011121163748d.jpg
ふるさと祭りは、おそらくまた来年も行われます。
各地の食べ物に興味があったり、各地のお祭りに
興味があっても行かれない皆様には、絶好の機会。
また来年、ぜひ、ふるさと祭・東京へお出かけください。

色んなお祭りを見るだけでも、色々なモノを食べてみるだけでも、
屋台を見てるだけでも、東京ドームのグラウンドに立つだけでも、
いろんな楽しみ方があって、楽しさの見つけ方はもう様々ですから、
何かちょっとでも興味を持ったら来年正月明けには「ふるさと祭り」へ。

↓ ふるさと祭り・東京、次回は2018年にお会いしたく思います。

ふるさと祭り・東京 2017。 ⑤

日本中からお祭りと名物を、
東京ドームにドカっと集めた
ふるさと祭り・東京のお話です。

↓ ・・・光りすぎ。
41_20170111212427c3a.jpg

・・・じゃがバターです。

じゃがバターと言えば近頃はお祭り屋台でも
お馴染みになって来たメニューなのですが、
本場北海道のじゃがバターは更に進化中。

↓ ごっそりトッピング全部乗せ
42_20170111212425a29.jpg
じゃがバターに塩辛を載せて、ほんのり旨味とコクと塩味を
プラスしてるメニューを数年前に体験して、北海道スゴいな、
と思ってたら、それをはるかに超えるトッピングのアレンジが。

ココに乗せたのはトッピング全部のせてしまっていますが、
じゃがバターに塩辛トッピングの他、じゃがバターに明太子、
じゃがバターにチーズクリーム、という進化型が存在してます。
全部乗せてみたら、ちょっと口では言えないほど美味いのです。
せっかく北海道のブースで買った(個人的に)美味さ爆発なアテ。
ONLY北海道、札幌に出張したサラリーマンの札幌土産の代名詞、
サッポロクラシックのお供に行ってみました。いやもう、コレ最高です。(^Ц^)

↓ 広島の酒
49_2017011121241521e.jpg
酒の話がやたら多いのが誠に申し訳ありません。
でも、ココ数年個人的にハマリ続ける「広島の酒」。
「酒都」を自負する広島県東広島市、西条のお祭り
酒祭りには二年連続で出かけちゃったりしております。

↓ 冷が効くのね。 
50_20170111212414549.jpg
その西条の実際に酒蔵を見てきた「白牡丹」のしぼりたて生酒と
広島にハマるきっかけになった竹原市の酒のひとつ「誠鏡」です。
販売ブースにいたのが西条の酒蔵の方で、色々お勧めも聞いて
コレになりました。 お酒を飲まれない方には申し訳ありませんが、
ちょっとづつ色々な味を試せるのは、こういう物産展の楽しみです。

↓ 日本最北端・稚内牛乳
48_201701112124173e5.jpg
いい具合に酒が入って、そろそろ
腹がいっぱいになって来た所で
日本最北端を発見。牛乳です。

乳牛は、基本的に寒い所で飼育されるものの方が
個体の疲労が少なく、牛乳に乳脂肪分が増えて
良質なものになります。そしてその最たるもの
日本の最北端の自治体、北海道稚内市で
生産される牛乳。これは飲んどかないと。

コクがあるのに飲みやすいまれな乳質。
美味い、けど滅多に手にできないのが惜しい。

↓ ちょっと甘いものが食べたくなってきた 
44_20170111212424c8b.jpg
そろそろ、甘いものは別腹の時間です。
北海道続きですが、うずらの卵で作った
室蘭のスイーツ。室蘭のイメ-ジって、
製鉄などの重工業を連想させるのですが、
うずらの卵のスイーツというのが意外です。

↓ プリンパフェ。
46_20170111212420e32.jpg
酒が入ったあとでの甘いものは
度が過ぎると血糖値を急上昇させ
泥酔の危機なのですが、ほどほどだと
これがなかなか、心地よい至福感なのね。

っていう所で、以下次回。

↓ まだ続きます、酔った勢いで甘いもの、コレって意外と楽しい。(^^;)

ふるさと祭り・東京 2017。 ④

毎年恒例、通い始めてから6年めになってしまった、
日本中からいろんなものを一箇所にドカンとあつめた
巨大物産展、ふるさと祭り・東京へ行ってきたお話です。

↓ 弘前ねぷた
22_20170111212730fbb.jpg
青森県・弘前市のねぷたが運行中。
青森のねぶた(ねぷた)は3種類あって、
弘前のねぷたは、戦の出陣を題材にする
「出陣ねぶた」で、戦に臨むカチドキになる
「ヤーヤド-」という掛け声をあげて進みます。

で、五所川原の立佞武多(たちねぶた)が
合戦ねぶたという位置づけになっていて、
「ヤッテマーレヤッテマーレ」(やっつけろ)という
勇ましい掛け声で山車が曳かれていきます。
今年のは祭りにはド-ムには来てませんでした。

↓ 青森市のねぶた
38_201701112125384bb.jpg
東北三大祭りのひとつとされる、皆様ご存知の
この青森ねぶたは、県庁所在地の青森市のもの。
青森市のねぶたは凱旋ねぶたという位置付けで、
「ラッセーラー ラッセーラー」という威勢のいい掛け声と
ラテン系みたいな跳人(はねと)の踊りも、そのすべてが
合戦に勝利した歓喜を表すものである、とされています。
ところで津軽藩って、そんな大きな戦したことあったかな?
(↑実はあったんです、国盗りと直結はしてないんですが)

なんか久々にねぷた見た。これでも青森三大ねぶた(ねぷた)は
10年程前に、全部現地まで出かけ、たった三日で全部見ました。
(↑大した価値は無いけど、今もこれだけはちょっとした自慢です)(^ヮ^)b

↓ 十三湖のシジミラーメン
30_20170111212547d13.jpg
津軽半島の北の方にある汽水湖、十三湖。
そこは北の厳しい気候で栄養たっぷりに育つ
シジミの産地でもあり、その十三湖の名物が、
このシジミラーメン。青森の名物は数々あれど、
青森ラーメンの代表格のひとつに挙げらてます。
有名なのは、津軽、八戸、青森市、そして十三湖。
気になる方は検索を。 本当はもっとあるんですよ。

↓ 青味がかった旨味出汁
31_20170111212546c9a.jpg
シジミ出汁の塩味が味の基本。
塩味とは、誤魔化しが効かない
出汁の出来に大きく左右される味。
敢えて塩味なのは出汁が良いから。
この味は遠く津軽半島まで出かけなきゃ
食べられない味。東京で出会えるってのが
すごく貴重な気がし、見ると食べてしまいます。

津軽名物の美味、春だったらクリガニとか
夏だったらフジツボとか、やたらめったら
お目に架かれない地場グルメがあるのに、
そういうのは残念ながらふるさと祭りには
やってこないので、そういう珍味目当てで
青森へ行くのも、全然アリでお勧めです。
(↑フジツボって、実は美味いんですよ)(^^;)

↓ 「なると屋」発見
37_20170111212538dec.jpg
青森どこ行った?(^^;)

いや、もう、色々あちこちの物産展に出店する
北海道・小樽市から全道を飛び越え、その名は
全国区へと広がりつつある、若鶏半身揚げと
鶏料理の「なると屋」の出店するのを発見です。

海老名市の丸井には、年に3回位出店していて、
見かけるたびに、半身揚げとザンギを買ってます。
大好きだけど、さすがに半身揚げ完食は無理そう。
また海老名で会おう、その時はドカドカ買って帰るよ。(^^;)

↓ ちゃんと見ていこう
34_20170111212543d9e.jpg
・・・そろそろ記憶の隙から薄れそうになってるかもしれませんが、
熊本の話題です。復興状況を細かく掲示しているパネルです。
近くに熊本の物販エリアもドカンと設置してあって大人気。
人が多くて近寄れない時もって。買い物し甲斐最大値。

↓ 熊本復興の旗印 「くま紋」
36_20170111212540ab9.jpg
熊本復興の旗印が出来ていました。 その名も「くま紋」です。
熊本県の公式ゆるキャラ「くまモン」の意匠をデザイン化したもの。

↓ 三百六十五歩のマーチ
35_20170111212541534.jpg
熊本復興の旗印の元に、「三百六十五歩のマ-チ」が
復興応援歌として採用されました。公式ムービーが
現在公開中になってます。応援しなくちゃいけない、
そんな気分になってくる出来にちょっと涙目です。

動画はコチラ → 「フレフレ熊本!・三百六十五歩のマーチ

くまもと、がんばってほしいなぁ。

↓ 高い天井を眺めて一休み
40_201701112124287aa.jpg
色々回てるうちにやっぱり
ちょっと疲れてきました。
ちょっと一休みしつつ
次回もまだ続きます。

↓ 日本は狭いとか思う? とんでもない、めちゃめちゃ広いよ。(^^)

ふるさと祭り・東京 2017。 ③

今年もこの季節です。
全国規模の巨大物産展、
ふるさと祭り・東京、開催中。
ふるさと祭りで食い倒れ中です。

↓ 名古屋!
51_201701112124127e8.jpg
名古屋です。名古屋アイテムてんこ盛りでした。
実は昨年、実をいうと10年越し位の念願だった
「名古屋飯で食い倒れ」に出かけたりしたもので、
名古屋アイテムには強めの思い入れがあります。

↓ 名古屋味てんこ盛り 
52_2017011121241197a.jpg
色々なお菓子メーカーや食品会社が
こぞって名古屋味をてんこ盛りで提供。
赤味噌味、激辛味から、地元企業から
やたらとてんこ盛り、寿がきやもあります。
でも、昨年の名古屋行きで喰いそびれた
マストアイテムがひとつありまして、それが、

↓ 世界の山ちゃん の 幻の手羽先
20_20170111212732d0d.jpg
家の近所には支店が無く、唯一合った一番近い店が
数年前に閉店してしまった為、名古屋に行ったらもう
絶対コレを喰わなければと思いつつ取りこぼすという
前代未聞の失敗をしでかした、幻の手羽先を初ゲット。

↓ カラりと揚がったガーリックな塩味
21_20170111212731058.jpg
鶏肉の手羽から揚げ。ニンニクの香りの効いた塩味です。
コレはビールじゃないと、とか思いつつ日本酒飲んでたり。
何年越しの幻だった事やら、手羽から揚げは甘辛味という
関東人的な概念をひっくり返す手羽から揚げは美味いです。

↓ 今年もココへは、何となく行っちゃった。
24_20170111212726564.jpg
なんかココは、毎年目が行っちゃって、
ついついふらりと酔ってしまいました。
思えば毎年ココで飲み食いしてます。
それは北陸新幹線が開通する前から
開通した後も、現地へ赴くことなく毎年。

↓ 能登の牡蠣
25_20170111212725c04.jpg
牡蠣はそれこそ北から南まで様々産地が存在していて、
何処の牡蠣が美味いかは口にする人次第なのですが、
ふるさと祭りで毎年一番目立ってる焼き牡蠣の出店が
ココの様な気がします。だからついココに寄っちゃうの。

↓ 焼き牡蠣には日本酒なのです。
27_2017011121272264a.jpg
焼き牡蠣にはやっぱり日本酒。コレがイイのね。(^ヮ^)
っつうかまた酒かい、(←ごめんなさい、また酒です)(^^;)

↓ ぶりんぶりんの焼き牡蠣
26_20170111212723584.jpg
個人的に、焼き牡蠣はやはり美味ですの。
牡蠣は確実に好き嫌いがある食材ですが、
好きな人にはどこの産地のモノだとしても
最高の美味である事は間違いありません。
(↑牡蠣が嫌いな方には申し訳ありません)

↓ 石川県のブース
28_20170111212721313.jpg
牡蠣を食べてご満悦だった石川県のブース、
その向いには、もうひとつ大好きな自治体の
大きなブースがどかんと構えていたりしました。

↓ 青森県!
29_20170111212719e64.jpg
大好きな青森県のブースです、牡蠣食っちゃった後だと
他県と比べると見劣りするとか思う方も多いでしょうが、
青森県を舐めちゃいけません、青森一県で東北地方の
2県分くらいの細かな名物がどかどかあったりしますよ。
(↑という極めて個人的な思い入れもあったりするので)

でも、ちょっとお腹いっぱいになって来たので、
選べる食べ物は限られちゃうのが難点ですの。

↓ ってところで、まだ続くのでお付き合い下さい。

ふるさと祭り・東京 2017。 ②

今年もついにこの季節がやってまいりました。
日本の人気のお祭りと、各地のご当地グルメを
一箇所にドカっと集めた、全国規模の巨大物産展。

↓ ふるさと祭り・東京、2017
54_201701112116485a8.jpg
今年も、東京ドームで毎年開催された
ふるさと祭り・東京に出かけてきました。
早速で何ですが、今年も食い倒れです。(^^;)

↓ サンクトガーレンで飲み比べ
14_20170111212853ca0.jpg
いきなりビールか~い!(≧ヮ≦)

という訳で地元の地ビール蔵、厚木市のサンクトガーレンのビール。

事有る毎に紹介しておりますが、今は厚木市に醸造所を置いてる
サンクトガーレンは、法改正で地ビール醸造が解禁になる以前から
クラフトビール醸造の道を模索し続けてきた、元祖地ビール蔵です。
今回の選択は「B」のガツンと濃い味ビールセット。コレが効くんです。

・・・買い物して、座って飲み食い出来る所をさがしてあるいていたら
よそ見していたじいさんに横から体当たりされて右往左往してるうち
写真を撮っていなかったことをすっかり忘れとりました。 ・・・雑だな。

↓ 長崎モノ
12_20170111212855f4f.jpg
看板を写真に撮ったら、反射光で何が
書いてあるのかわからくなってたもんで、
パンフレットでご紹介の中華バーガー類。

↓ 白バーガー
10_20170111212857ba0.jpg
中華白パンで挟んだパテは牛肉です。
牛挽肉の中華風味付けハンバーガー。
味は甘め。ううん、こりゃあ長崎が近い。

↓ 豚角煮バーガー
11_2017011121285621d.jpg
トロトロに煮込まれた豚角煮が白パンにはさまれた角煮バーガー、
甘めの味が柔らか豚肉の味を引き立てる。甘じょっぱい味付けは
基本的に肉にはばっちり合うモノです。そして、どちらも甘いのに
濃い味のビールには、これまたばっちり合ったりするのがキモ。
それにしても、肉料理が甘めなのは、長崎が近い感満載です。

九州では一般的に料理や食べ物の甘みが強い事を
「長崎が近い」と言う、という話をダイブ前に聞きました。
長崎は鎖国中の例外的外交で、貴重品だった「砂糖」が
他地域に比べ豊富に使われていた事からそういうんだとか。
中にはこんなに甘いのが普通?というモノもあるのが長崎モノ。

↓ あく巻(灰汁巻き)
15_20170111212852b3b.jpg
コレは個人的に知らなかった食べ物です。
見た目どう見ても昆布巻きっぽく見えるのに
どういう訳かきな粉を付けた試食を置いてます。
味見させてもらったらコレが甘い味付けの餅です。

鹿児島県、宮崎県、熊本県など南九州を中心に、
端午の節句に作られる餅菓子が「あく巻」との事。
モチ米を灰汁で炊き、独特の食感をだすそうです。

↓ 宇和島のじゃこてん
16_20170111212850ac8.jpg
愛媛県では魚肉の練り物揚げは「じゃこ天」。
鹿児島県では言わずと知れた「薩摩揚げ」。
関西では「揚げかんぼこ」などと呼びます。
場所によって呼び名が変わる同じもの、
でも地方によて、食材や調理方法は
微妙に変わるもので、その違いが
妙に面白かったりするんですね。

ちなみに、関東では天下のおひざ元の癖に
魚肉練り揚げ物は当たり前に「さつま揚げ」。
何故どうしてそうなったのかはわかりません。
もっと見栄張っちゃったカッコイイっぽい様な
外連味の効いた名前でもおかしく無いのにね。(^^;)

↓ 中津のからあげ
18_20170111212848109.jpg
今年も出てました。
から揚げの町おこしで
一躍全国区に名が知られた
大分県・中津市のから揚げ店の
有名店の味が合体したから揚げ店。

↓ こんな感じ
17_20170111212849fd9.jpg
中津のから揚げ専門店は全部で20軒を超えるそうですが、
その中でも人気を誇る5店舗のから揚げをこのひと串で
一気に味わえるというから揚げ串。やはり目を惹きます。

↓ やっぱり大迫力
19_2017011121284618b.jpg
大迫力だなあ。やっぱりすごい。
味付けは、先の方があっさり塩味。
根元に向けて味付けが濃くなっていき
スパイシーになるセレクションだそうです。
・・・こっちをアテにビールにすればよかった。

でも、これだけバラエティー豊富な味付けが
ひとつの町の中にあって、しかも味付けは
お店によって変わるのでこんなもんじゃない
という種類があるのが中津のから揚げです。
中津でから揚げの食い倒れ、やってみたい。

ってところで、以下次回。

↓ ふるさと祭りはまだ続きます。 まだ喰います。 (^ヮ^)b

ふるさと祭り・東京 2017。 ①

今年もこの季節がやってまいりました。
自分の住んでる所ではめったに見られない
全国からえりすぐったの祭りの数々と、そして
遠くへ出かけなくちゃ口にできない遠くの土地の
美味しい物の数々に、東京へ行くだけで出会える。

↓ BIG EGG!
1_201701112130003b7.jpg
毎年正月が明けると、東京ドームで
日本中から様々なモノが集まる
盛大なお祭りが始まります。

↓ ふるさと祭り東京・2017
3_20170111212957200.jpg
毎年限定2週間の、日本の祭りとご当地グルメや手工芸などを
コレだけあれば文句あるまい!という位にごっそり集めている
ザ・日本物産展と言っても言い過ぎではない巨大なお祭りです。

↓ チケット購入
2_2017011121295883d.jpg
今年もわくわくしながらチケット購入。
ちょっとだけブログを確認してみたところ、
個人的には2012年から毎年通ってました。

今年はちょっとだけ体調が悪かったんですが、
この日を逃すと会期中に行けそうにないので、
寒さ対策の厚着をし、気合を入れて行きました。
(↑無駄な努力と笑うなかれ、それ位行きたいの)(^^;)

↓ ドームの屋根の下
4_2017011121295592c.jpg
東京ドームには、このためにしか来た事が無いな~。
野球の試合観戦のために来たことは一切ありません。
だって、敵地だもん。(←ゆる~い野球ファンですけど)(^^;)

↓ 会場へ下りる
5_2017011121295415d.jpg
まあ、この施設がどうあれ、毎年楽しみにしてるお祭りへ、
今年もいろいろと楽しんで帰ろうと、直感に従って突入です。

↓ とにかく最初は熱いもの。
8_20170111212949869.jpg
とにかく外がやたら寒かったのもあって、
熱気あふれる会場に入ってもまだ少し
寒さを引きずっていた為、まず熱いもの。

↓ あんきも鍋(あんこうの肝鍋)
6_20170111212952cbd.jpg

↓ 重いのよ。
7_20170111212950d26.jpg
のしっと重いお椀。 ナニコレ?重すぎなんじゃあない?
という位の、具沢山を通り越した、具ぎゅうぎゅう詰め。

↓ あん肝
9_20170111212947d4e.jpg
熱々のあん肝鍋。アンコウは比較的多くの地方で
漁獲出来る食材、名産地はやはり茨城県じゃ?
と思いきや、出店は宮城県の企業なのでした。
それにしても、サービス過剰なほど重いのね。
このプリッとしたカタマリが、魚介のレバー、

フォアグラより美味い、あんこうの肝です。(←美味しんぼ)

栄養価が高い脂肪肝が美味とされる高価な食材、
世界三大美食素材とされるガチョウの肝にも
引けを取らないとされるアンコウの肝が
お試し用としては申し分ない価格で
しかも体があたたまる冬の鍋味。
コレはも売れるに暖まりました。

↓ 祭
60_20170111211639230.jpg
という所で、祭りはこれから始まります。以下次回。

↓ 実質は「ふるさと祭りでくいだおれ」、このために朝食抜きました。(^ヮ^;)

鳥取の地震。

また大きな地震が発生しました。
2016年10月21日21日、14時7分、
鳥取県中部を震源とする地震が発生、
鳥取県倉吉市を中心に震度6弱を観測。
多くの家屋が倒壊との情報もかかわらず、
重傷者3名、負傷者17名、直接の死者は0
という幸いな結果になっています、いるものの、
余震の発生は二日間で1600回を超えていいて、
非難を余儀なくされた方は1500人を超えています。

僕は数年前に、転勤で関西に行って、
かつての大震災に逢った尼崎市に住み、
震災から15年後の神戸を見てきて以来、
震災の話題には、他人事ではない危機感と、
コレはいつか必ず自分の住む所に降りかかる
モノだ、と、覚悟を決める為に、真摯に見る癖を
つけています。夏前の熊本の震災もそういう目で
見ることを心がけました、自分が手を差し伸べられる
立場になる事があるかはまだわかりません。だからこそ
こんな場合には、自分ができる範囲ででも援助しなければ。
そう決めてます。皆さんも、できる範囲で構わないと思うので、
ちょっとだけでも助けの手を出してあげていただきたく思います。

↓「絆」は2011年の流行語じゃありません、もう一度再確認しましょうよ。

大雑把な名古屋観光。 ⑫

大雑把な名古屋観光のお話です。
大雑把といいつつ、もう10回以上
続いている、どこが大雑把なのよ?
って感じになってますがまだ続くの。

↓JRセントラルタワーズ
36_20161002224956b71.jpg
名古屋の駅まで戻ってきました。
この後、最後のひと暴れの爆食の後
ちょっとしたら帰らなきゃいけない時間に
なっていたのですが、ごはんを食べる前に、
何かもうちょっと見に行ける所ないもんかな~、
とココから周囲を見回してたのです。何か無い?

↓高い建物
37_201610022248165d6.jpg

38_20161002224814fca.jpg
駅前には、高い建物がいっぱいあるんですね。
でもって、高い所があるなら上ってみたくなる。
ナンとかと煙はそりゃもう高い所が大好きです。
で、スマホでチャっと調べてみたら。あるじゃん。

↓地下街から直結
39_201610022248127af.jpg
駅からは、地下街で直結している
展望台があるビルへ向かいます。

↓ Midland Sqare (ミッドランドスクエア)
40_201610022248119c6.jpg
名古屋駅前の商業施設&オフィスビル、
ミッドランドスクエアにある展望台へ。

↓展望台へ
41_2016100222480955c.jpg
展望台へ接続する上部階へエレベーターで上り
チケットブースでチケットを入手したらそのあとは
エスカレーターでゆったり展望台へ。焦らすねえ。(^^)

↓最上階
47_20161002223601bc6.jpg
展望台がある最上階は地上46階です、
日本では、7番目に高いビルの展望台。
全国で七番目でも、目の前に他の6つが
ある訳じゃ無し、眺めは良いはずですよ。
目の前に自分トコより高いビルが6本も
ボンボン建ってたらそりゃあ辟易しますが、
お得な事に名古屋にはそんな環境無いです。

↓空がある!
48_20161002223559e60.jpg
地上46階に、2階分吹き抜けで空がある!スゴい景色があった。
あべのハルカスかっ!? とか思いたくなるこの構造なのですが、
ミッドランドスクエアは2006年開業、あべのハルカスは2014年。
阿倍野の日本一のほうが、この空のある吹き抜けの展望台構造を
「パクった?」と阿倍野さんを揶揄したくなってしまう位のパイオニア。
サンシャイン60の展望台は、外に出られるけど、もろに建物の外で、
硝子に囲われて安全を確保した上で、頭の上に空があるというのは、
この上なく安全に、高い所から絶景を眺められる、楽しい展望台です。

↓平野部
49-1_20161002223558200.jpg
相変わらず予備知識がないまま観光してるので
どっちを向くと何があるのかわからないのですが、
この平野部は名古屋駅から南東側だと思います。

↓東側?
49-2.jpg
繁華街然としたこの風景がおそらく
駅から真東側だったと思います。

↓すでにわからず
49-3.jpg
タワーから見てどっち側だろう、
タワーの展望台は建物を中心に
270°分しかないから恐らく北側の
駅から遠くの方だったと思うんですけど。
北西方向だけは、ちょっとしか見えません。

↓モードタワー
50-1.jpg
来るときに見かけた、奇抜なタワーも上からr見られました。
ココに展望台があったら行ったのに。専門学校だからね。

↓お隣
50-2.jpg
駅の建物から見上げていたときは、
それほど高さが変わって無いように
感じた隣のビルがやたら低く見える。

↓JRセントラルタワー
50-3.jpg
駅ビルは、てっぺんがぎりぎり見えないくらい
コッチ側とほぼ同じくらいの高さになってました。
ううん、あのツインタワーのてっぺんが見たかった。

↓日本で7番目に高い吹き抜けの空
51_201610022234440d0.jpg
もう終わっちゃった科かもしれませんが、この空の下の吹き抜けは、
夏場にはビヤガーデンを開催してます。開店前で飲めませんでしたが、
日本でも屈指の高い空の下の吹き抜けで、暑さを避けるビアガーデン、
そんなのどんだけ贅沢な酒飲みスポット何だろう、多少高くても行きたい。
だって、ビール飲むついでに絶景が付いてくるんだから、コレ、お得でしょう?
ぜひ来年は、真夏に名古屋のど真ん中で一泊して、ビール片手に絶景堪能。
そんなことがしてみたくなりました。ランドマ-クタワーでもビールは飲めるけど、
密閉型の建物の中で空が無いから、こっちの空の下、ちょっと羨ましくなっちゃった。

↓怖い画
52_201610022234070fe.jpg
足元アクリル板みたいな絵ではないですが、怖い画。
近頃はどこの展望台にでもある画にはなってきましたが
こういう怖い画があるのも、展望台の特徴になってます。
高い所にある展望台は上ってみると、やっぱり面白いです。

↓見上げるツイン
54_20161002223406268.jpg
そんな感じで、最後に高い所を堪能してから、
名古屋飯の最後の食い倒れに挑んでから、
なんとか帰宅の途に着くことになりました。

↓JR東海・名古屋駅
55_2016100222340486c.jpg
名古屋というと、他地方の方にとっては少なからず、
偏見があったりして、近づきがたい文化なのかも、
と、僕自身今も、ちょっと思っています。だってさ、
全部赤味噌味だし、見栄っ張りのお金持ちだし、
尾張LOVEで他を受け入れない感じがするし。

でも、そういう偏見を一回だけ取っ払うと、
赤味噌以外の美味しいものがいっぱいあるし、
赤味噌味だってすごく美味しい上に、あれこれと
アレンジメニューが出揃って、それを探すの楽しいし、
日本初、世界初が山ほど。度肝を抜く景色もてんこ盛り。
人情が薄い、とか思うのはその土地に住んで無いだけだし。
うろうろと歩いてきただけでも、これだけ長く話題が続くほどで
予備知識ゼロで飛び混んでもコレ位面白かったのは久々です。

名古屋の景色を堪能するだけでも、名古屋飯に挑戦でもOK。
予備知識が無くても、行ってみれば面白いのが名古屋でした。
多少大雑把でも堪能できる名古屋観光みたいの、どうでしょう?

↓名古屋は面白い、偏見はいりません。 だから名古屋へGO!

大雑把な名古屋観光。 ⑪

名古屋に行って大雑把に観光してきた話が、まだ続いてます。
海老名でも厚木でも神奈川県でもありませんが、ついてきて。

↓カバ
25_201610022252013df.jpg
カバです。 河馬と書いてカバ。
概ね水の中で過ごすカバは、
体表面の湿度を保つため
赤い成分を含む汗んだ
汗をかくという話です。
カバは大きいです。

↓アフリカゾウ
26_201610022252003f4.jpg
アフリカゾウというと、個人的に思い出すのは
クリント・イーストウッド主演の映画なんですね。
ホワイトハンター・ブラックハ-ト」という映画。
像を狩る男と、狩られる象の間のドラマの映画。
アフリカゾウは、ずっと文明国による狩猟の対象。
そういう現実は、今もあまり変わってないんだとか。

↓まつ毛が長いのね
27_20161002225119319.jpg
まつ毛の長い横顔がかわいい。
可愛いの一言で野生動物は
語れないのですが、それでも
野生動物を狩猟する文化は
もうなくなってもいいんじゃ?
とも思ってくださいませんか?

↓野生の姿
28_20161002225116b62.jpg
野生の姿とは、こういった多様性の事ではありませんか?
多様性と一言で言うと、野生動物がみんなハッピーみたいな
子供だましの理想像みたいなのを思い出す起こして鼻白む方が
いるかもしれませんが、それこそが理想の姿。互いに干渉しないで
互いの領分を尊重し、そのうえで野生を守るのが自然保護の大前提。
動物園は、その教育のために存在し、いつかはなくなる事を目指さねば
行けない施設なのです。その存在意義は、消防署や軍隊と同じものです。
無くなって守られるものが当たり前に無くなるのが、正しい姿だと思うのです。
(↑今ある垣根が壊れて当たり前の世界、そういうのを作るのが「理想」ですよ)

↓イケメンゴリラ
29_20161002225114a64.jpg
東山動物園の、今、話題が集中してる
もうひとつの名物が、実はこのゴリラ。

↓MRシャバーニ
31_20161002225113003.jpg
この動物園のゴリラの檻のボスでもある
東ローランドゴリラの雄、シャバーニ君。

↓イケメンが過ぎる男前
30_201610022251134d1.jpg
人間に例えると、初老の男性に当たるものの、
その立ち姿や、渋いクールsが近年話題となり、
写真集が編纂されミリオンヒットを記録するなど、
どう考えても、もうあり得ないヒットを飛ばしている
イケメンで男前ゴリラ。檻の目には投打の列でした。
こんな風にカッコよく生きていけたら楽しいんだろうな。

↓Mr・シャバーニが、一押しです
33_20161002225000baf.jpg
シャバーニグッズ販売で、売店は大繁盛です。

↓ゴリラーメン(笑)
32_20161002225003b43.jpg
ハロルド作石 !?(←これ知ってるのは、主に30歳以上)(笑)
ハロルド作石は、あの人気漫画「BECK」の作者でもあり、
デビュー作で人気作だった「ゴリラーマン」は、愛知県が舞台だったそうです。
(↑いや、それはっきり言うけど、全然関係無い話だからね)(^^;)

↓とにかく東山動物園のアイドル
34_201610022249593ef.jpg
ともかく、とんでもなくゴリラ人気、シャバーニ人気なのですよ。
あらためてエントランスを確認したら、アイドルのブロマイド並みに
でかでかと、Mr.シャバーニの肖像なんかが掲げられておりました。

↓ 東山動植物園
35_2016100222495895d.jpg
植物園はスルーしちゃったけど、
これだけの規模に隣接するんだから
そりゃもう損所そこらの植物園なぞとは
一線を画するものなんだろうなと思いつつ
今回は東山動物園とスカイタワーで終わり。
いつかまたたずれることがあったらその時は
ちゃんと植物園も見よう、と思いつつ公園を後に。

ってところで、以下次回、

↓次回は、名古屋駅前で高い所。 高い所は大好きです。

大雑把な名古屋観光。 ⑩

海老名でも厚木でも神奈川県でもない
名古屋観光のお話が、まだ続いてます。
大雑把な観光にお付き合いくださいませ。

↓スカイタワー
16_2016100222561452b.jpg
次に向かうのはココです。
なんだか久々の高い所。

↓斜向エレベーター
17_201610022256128df.jpg
ナナメに走ってるエレベーターに乗って、
動物園の敷地から一段高い所にある
展望塔へと向かいます。ちなみに
このエレベーター施設の脇には
エスカレーターもあるんです。

↓見上げるスカイタワー
24-1_2016100222520410c.jpg
意外に高いガラス張りの塔。
やたらと景色が良さそうです。

↓エントランス
18_2016100222561098a.jpg
スカイタワーは、実をいうと
東山動物園の施設ではなく
別経営らしいんですね。

↓チケットと再入場券
22_20161002225401b84.jpg
動物園に戻るときには動物園入場のチケット提示と
再入場券が必要になったりします。ちょっと面倒。

↓展望エレベーター
19_20161002225528ce6.jpg
展望台へ上るエレベーターは、
ガラス張りの展望エレベーター。
これだけでも期待値は高まります。

↓展望台からの眺め
20-1_201610022255275d5.jpg
どっち方向に何があって何が見所なのか
さっぱりわかないまま景色を眺めてます。

↓動物園は増改築中
20-3_20161002225523044.jpg
眼下に見える動物園では
新しい施設を建設中です。
勢いある施設なんですね。

↓名古屋駅方面
20-4.jpg
遠くに巨大な建物群、あっちが名古屋駅方面と思われます。

↓動物園の向こう側
20-5.jpg
繁華街を離れると、割とだだっ広い
平野部が見えてます。広いんだなあ。

↓名古屋ドーム
20-6.jpg
遠くに名古屋ドームが見えました。日本でほぼ3番目にできたドーム球場。
ナゴヤドームと大阪ドーム(現・京セラドーム)はほぼ同時にできたそうで、
どちらが3番目かで、ちょっとした対立があったりなんだりもしたそうです。
名古屋は中継入らない時があるし、生え抜きがいっぱい引っ張られたり、
やっぱり宿敵感が強くて、わーい名古屋ドームだ~!とは喜べません。
ご贔屓球団があるファンにとって、相手ホーム球場は敵地ですから。
(↑どこのファンかは想像にお任せします、その辺は主張しません)

↓また出た。
21_201610022254120c2.jpg
ココもかいっ!(笑)近頃多いんです、恋人たちの聖地です。
デートスポットとして、やっぱり人気がある場所なんでしょうね。

↓タワー
24-2.jpg
ちょっと離れたところから見上げなおしたら、
意外にシュッとしたまっすぐさのタワーです。
けっこうカッコイイ立ち姿してるタワーでした。

ってところで、以下次回。

↓次回もまだ東山動物園の話しだったりします。

大雑把な名古屋観光。 ⑨

大ボリュームの名古屋飯に挑むために、
ただただお腹を減らそうと歩き回ってきた
大雑把な名古屋観光は、こんな所へ到達。

↓ 名古屋東山動植物園
1_20161002230034c1e.jpg
どうせだったら、名所のココへ行ってみよう、
と、地下鉄を乗り継いで、行って参りました。
植物には、ちょっと興味無いんですけども、
動物園は大好きなもんで、名が知れたココ、
東山の動物園に、行ってみることにしました。

↓モノレール
2_20161002230031e84.jpg
スゴい!動物園のモノレールだ!
定番中の定番がいまだ健在とは。

↓スカイビュートレイン
3_20161002230030bb9.jpg
なんかカッコイイじゃないですか。
お子様連れだったらコレはマストです。
おっさん一人じゃ乗れませんでしたけど。(^^;)

↓シロサイ
4_20161002230028a7f.jpg
サイです。シロサイ。
ぐでーんとくつろぎ中。

↓クロサイ
5_20161002230027f6e.jpg
コチラもサイです。クロサイ。
コッチもこっちでぐでーんと
MAXくつろぎ中なのでした。
うろうろ動いてくれていると
面白かったんですけどね~。

↓像が放し飼い?
6_2016100222574160d.jpg
散策路のど真ん中に像がいる?!

いや、コレはオブジェなんですが、
実は、ちょっとだけびっくりしました。
まるで像が歩いてるみたいなんで。

↓割と広いぞ。
7_201610022257391c8.jpg
動植物園の動物園部分だけでも割とだだっ広い事が、
地図を見ただけで分かってしまいました。これを歩くの?
なんかそれだけでも、かなりの精神的負担になりそうです。
もちろん、肉体的にも圧倒的な負担とプレッシャーになりす。
こんな距離歩くとお腹減るじゃん。いやその為に歩くんだけど。(^^;)

↓象の親子
8_2016100222573839c.jpg
アジアゾウの親子の散歩する姿。
なんか、もうすごく和む景色でした。

↓お子様達も興味津々
9_20161002225738b82.jpg
象の親子がゆったりゆったり歩く姿には
お子様達も興味津々という感じでした。

↓恐竜
10_20161002225738d60.jpg
へえ、東山動物園は、恐竜も飼ってるんですね。
・・・って、んな訳あるかい!オブジェだよ、オブジェ!
(↑実際にいたら、本物のジュラシックパークだよね)(^^;)

↓コアラ舎
12_20161002225708bb4.jpg
こんなところにコアラが!
じつは、この東山動植物園は、
日本で一番最初にコアラの飼育を
許された動物園でもあるんですよね。
日本初のコアラ舎、そのコアラたちは?

↓寝てる!
13_20161002225655821.jpg
普通は昼時は、フィーディングタイムだったりするんですが、
名古屋のコアラさん達は、全員ガッツリ爆睡中でありました。(^^;)

ってところで、以下次回。

↓大雑把といいつつも、まだまだ名古屋のお話は続きます。

大雑把な名古屋観光。 ⑧

名古屋飯で食い倒れに挑む旅のさなかに、
大ボリュームの名古屋飯に対抗するため
ひたすら歩いてカロリー消費、その途中で
眺めてきた、予備知識ゼロの名古屋の話。
海老名でも厚木でも神奈川県ですらない、
遅い夏休みの大雑把な名古屋観光です。

↓大須観音
10_20160929230135de0.jpg
名古屋市は栄の南の方にある大須という所にある観音様。
浅草の観音様みたいな地元の象徴と思われます、が、

↓大須マップ
15_201609292300465bb.jpg
この観音様の門前街の地図を見て、
ちょっとビビりました。商店街が複数
網の目みたいに折り重なる大繁華街。

浅草の様な観音様の門前街の雰囲気に
千日前と天神橋筋を合体させちゃった様な
ど派手な感じが。コレはちょっとビビりました。

↓大規模なアーケード
16_20160929230045050.jpg
めっちゃめちゃ綺麗で
しかも大規模なアーケード。
なんだか、儲かってそうですね。
(↑下衆な見方やめなさいよ)(^^;)

↓脇道にも屋根がある
17_201609292300446dd.jpg
メインの全天候型アーケードから外れる
脇道にも屋根がついてる所がありました。
どれだけお客様にやさしのかわかりません。

↓すぐに別の商店街に変わる
19_201609292300008b7.jpg
割と長めのアーケードを通り過ぎるとすぐ次の商店街に行き当たる。
端から見ると商店街が乱立してるようにも見える商店街銀座感です。

↓すごい規模
20_201609292259594a5.jpg
綺麗な商店がが延々続く風景は、
確かに千日前っぽくも浅草っぽくも
あったりするんですが、個人的には、
阪神尼崎の商店街の、あの空気にも
どことなく、似ている気がするんですね。
(↑兵庫県・尼崎市の在住経験者なので)

↓ 総見寺
21_201609292259579ea.jpg
尾張は元々、信長の織田家が納めた土地で、
大須のど真ん中に、その信長の菩提寺として
息子の織田信雄(のぶかつ)が、伊勢の國から
移設させたという、総見寺が鎮座しておりました。
名古屋というと徳川の名古屋城という感じですが、
大本の織田家の痕跡が残っているのが、面白い所。
(↑にわかな歴史知識でも、それ位は知ってるつもり)

↓ まねき猫
22_2016092922595681b.jpg

23_20160929225954595.jpg
どデカいまねき猫が出現。
商店街が交差する真ん中に
巨大なオブジェの招き猫です。
2.2mもの大きさなんですって。
こういうのスゴくおもしろいですね。

↓改築中
24_20160929225927878.jpg
商店街のど真ん中に、またもや大きな寺院。
大規模な改築工事中という風景がありました。

↓アーケードの隙間から
25_20160929225925183.jpg
改築中でも、本堂のお姿は見せてます。
寺院の改築工事で、こういうサービスは
あまり見かけないサービスの良さです。
これ、大阪寄りのエンタメ気質ですかね?

↓アメ横出現!
26_20160929225923374.jpg
すげえ!アメ横だ!しかもビルだよっ!(笑)
わかるんです、アメ横っつったらばそりゃあもう
全国に轟く安売りを連想させる代名詞のひとつ。
集客が期待できるキャッチですから、アリですよ。
御徒町だけ儲けさせてなるか!的な地方の意地。
パクリというのは何だけど、こういうのは大好きです。

↓なんか色々入ってるよね。
27_20160929225922e96.jpg
・・・新天地。今度は広島が出てきちゃった。

↓赤門
28_20160929225920a5b.jpg
赤門まであった。由来は調べてないけど、
この洗練された雑多感は、ある意天晴。
なんだかものすごく面白い所を見てきた、
そんなお得感が湧いてきて堪りません。
近所に住んでたら、さぞかし楽しいかも。
めちゃめちゃ面白い商店街の風景でした。
(↑素直にリスペクトしちゃいます、スゲェ)

ってところで、まだ続く名古屋観光です。

↓大須って、めちゃめちゃ面白い所だった。

大雑把な名古屋観光。 ⑦

おおざっぱな名古屋観光は、まだ続いてます。
今回からは、名古屋観光2日目の話になります。
長い話かもしれませんけど、まあ大雑把なので、
流し見で名古屋観光に付き合ってもらえれば幸い。

↓時計台
1_201609292302442f1.jpg
高速道路の下に時計台。
云われ書きがありましたが
信号が変わりそうだったので
見る暇もなくスルーとなりました。

↓ 矢場とん・矢場町本店
2_20160929230242e09.jpg
こんなところに名古屋飯の代表格の、その本店が・・・。
泊まった宿から100mと離れていなかったのが判明。
名古屋飯の御本家に行く気になれば行けたのに、無念。
朝、宿を出てすぐだったので、当然開店前でした、地団太。

↓ テレビ愛知
3_20160929230241047.jpg
テレビ局発見。
テレビ愛知はテレ東系。
いや、それだけなんですけどね。

↓ 宮本むなし
4_201609292302198ce.jpg
うおお!「宮本むなし」発見!関西で見かけて以来です。
関西転勤の時はお世話になった、定食のごはんが
お代わり自由なお安いごはん処。驚くべきことに
「やよい軒」より確実に安く、美味いのです。
(↑個人的な感想ですが、確実です)
でもまだ開いてなかった。無念なり。

↓大須観音
5_20160929230217374.jpg
向かってるのこんな所。
地図に大きく乗ってたから
行ってみることにしましたが。
予備知識皆無、ほぼゼロです。

↓朱塗りに擬宝珠
6_20160929230217680.jpg
普通の歩道橋なのに、観音様直近というだけで
門柱が朱塗りで擬宝珠まで乗ってる洒落た造形。

↓だだっ広い
7_20160929230215007.jpg
それにしても、名古屋の道路はだだっ広い。

↓ ←大須観音
8_201609292302134ec.jpg
道路側にある入口です。ですが、
ココは正門の山門ではない模様。

↓ 大須観音
9_20160929230137b8c.jpg
真言宗智山派の別格本山。本尊は聖観音。
寺号は「北野山真福寺宝生院(ほうしょういん)」。
鎌倉時代にその礎が始まったとされる古刹だそうで、
名古屋の七福神のひとつで、日本三大観音のひとつ
ともいわれるほどの観音様が祀られているのだそうです。

↓思ってた以上に大きい
10_20160929230135de0.jpg
本堂が最初の印象より大きく言え始めます。
朝っぱらだったので人は少なかったのですが
それでも近所の方が散歩なさる姿は多く見え、
町のランドマークの雰囲気が色濃く漂います。

↓山門
11_20160929230134d5e.jpg
割と大きな、雰囲気いい山門があります、いい景色。

↓仁王像
12_20160929230132be6.jpg

13_20160929230130c5c.jpg
阿吽の2対、ごつい仁王像が山門を守ります。

ココは寺ですが、何となくだけど、
大阪天満宮(神社)前に雰囲気が
似てるかも、という気がしました。
天満宮の方がもっと狭い感じだけど。
(↑あくまでも、個人的な見解です)

↓大須にビビる
15_201609292300465bb.jpg
観音様を一歩出て、その周辺にちょっとビビる。
何だこの商店街銀座。周囲やたらと商店街だらけ。
天満橋筋と千日前と浅草を混ぜたような門前銀座感。

銀座と渋谷を混ぜたような名古屋・栄の南には、
難波と天神橋筋を混ぜたような浅草があった。
(↑あくまで個人的な主観です)(^^;)

ってところで以下次回。

↓次回はその大須で、大雑把にぶらぶら。

大雑把な名古屋観光。 ⑥

名古屋グルメにいどむため、ただただお腹を空かせるため
延々と名古屋の観光地を歩き続けた大雑把な名古屋観光。
なにひとつとして詳しくお届けしていない、名古屋のお話です。

↓SEE YOU SOON!
83_20160925005013c4a.jpg
またすぐ会えるよ!

なんだかまた来たくなるお見送りに
ちょっと心が動きそうな、名古屋港の
お見送りのアーチなのです。イイねコレ。

↓名古屋駅前のタワ-群
84_20160925005015e47.jpg
地下鉄に乗って再び名古屋前に舞い戻り、
あろうことか、事ここに至り宿の手配をしました。
平日だったこともあり、一発で宿の予約は完了です。
名古屋駅前で予約が取れたのは、名古屋は栄にある
ビジネスホテルでした。栄って言ったら、名古屋の中でも
渋谷と銀座が合体したような、超が付くほどの繁華街です。
はっきり言ってビビりましたが、取った以上行くしかあるまい。
(↑神奈川県民、横浜の意向が薄れると大概が田舎者)(^^;)

↓すごい所に出た
85_20160925005017b5c.jpg
宿に荷物を置いて、一休みした後。
夕飯を取るために外出しましたが、
そこで見かけたココが実は凄い所。
渋谷の街が一箇所に凝縮した様な
商業ビルだというのを後で知りました。
なんだったっけ?(←この辺が大雑把)。

↓夕暮れのテレビ塔
86_2016092500523417c.jpg
日が暮れ始めたテレビ塔を再び視界にとらえます。

↓かつての集約電波塔
87_20160925005235edc.jpg
名古屋のテレビ塔って、地デジ変換以降は、その名前にある
「テレビ塔」の役目ははたしていないんだとかいう話を聞きました。
地上デジタル放送用の機械設備の交換が資金不足で頓挫してしまい
今は「テレビ塔」という名だけが残るオブジェクトになってまったそうです。
でも、この建物は名古屋の象徴のひとつでもある為、名古屋市の自治体や
様々な企業が、あちこち手を尽くし、この建物の存続を模索しているんだとか。
ふもとには、セントラルパークという、マンハッタン?みたいな立派な商業施設も
あって、立派に名古屋の象徴の一つになのに、その事実は割と結構な驚きでした。

↓水の宇宙船
88_20160925005236e2b.jpg
夕暮れが間近に迫る水の宇宙船を
下から見上げてみることが出来ました。
なんだか、すごいハマり感でなりません。
家の近所にもこういうの出来ないだろうか?
(↑できないからこそ、見てて楽しいんだから)

↓宇宙船越しのテレビ塔
89_20160925005238830.jpg
暮れ始めた空の向こうに
ドカンと聳えるテレビ塔です。
この景色、なんかやぱりハマる!
名古屋の中心部から見る夕景は、
もうハマり要素満載で、羨ましさMAX。
この景色は、見に行ってみる価値大です。

ってところで、以下次回。

まだまだ大雑把な名古屋観光は続きます。
海老名でも厚木でも神奈川県でもないけど、
よろしくついてきて下さると、嬉しく思います。

↓まだまだ名古屋が続きます、よれちきちゃん。(^^;)

大雑把な名古屋観光。 ⑤

名古屋飯で食い倒れのためのお腹を減らそうと
名古屋をうろうろする、大雑把な名古屋観光です。
前回に引き続き、今回も名古屋港水族館のお話。

↓大型トンネル水槽
75_20160925004818e04.jpg
水圧を分散する強度を保ちつつ透明な視界を確保して
様々な形状を構築できるアクリル水槽は、日本中の
あちこちで様々なスタイルが誕生してるんですね。
90°の半アーチ状の円形トンネルの水槽です。
これは水中から水面を見上げる水中の風景。
そう思うと、なかなかに水中散歩の雰囲気。

↓その水槽の上の方
79_20160925004927f4b.jpg
下から見てるとかなり壮大なのですが
上から見ると割とお手軽な感じに見える。
これも水の屈折率による視野のトリックです。

↓ドリー!
76_2016092500492228a.jpg
映画の公開に伴なって、全国の水族館でおそらく
展示に力が入っているだろうと思われるのがこの魚
アニメ映画「ファインディング・ドリー」で主役を務めた
忘れんぼのドリー。種類としては「ナンヨウハギ」という魚
お子様が群がってドリーを追いかける。 ニモはもういいの?(笑)

↓クラッシュさん
78_20160925004926b19.jpg
いや、ウミガメです、割と大きなウミガメが
深い水槽でたくさん泳いでる画が印象的。
渋い感じだったので、アップを撮りました。

↓キ-ロいの
77_20160925004924589.jpg
また会ったな、黄色いの。生まれついてのマイヨジョーヌ。
ブログの左上の方に毎日乗ってるのがコノキイロハギです。
水族館で見かけると、かならず写真撮りますが、すばしっこい。

↓ペンギン
80_20160925004928318.jpg
名古屋港水族館のシンボルでもあるペンギン。
この光景は、どこの水族館にでもありますが、
その光景が当たり前になたのは実をいうと
この名古屋港水族館からなのだいいます。
そう考えると見ておいて損はない画です。

↓地元では有名な景色らしい
81_20160925005011765.jpg
水族館へむかうお客さんの列の中で、
「この景色、天気予報ででるやつだよね?」
という会話が聞こえました。地元では有名な
毎日出る景色らしいです。tvkで例えるならば
放送開始前のベイブリッジや、ニュ-スのOPの
みなとみらいみたいな景色、フジテレビで言えば
お台場の夜景みたいな、毎日見る景色なんですね。

↓観覧車
82_20160925005013e81.jpg
港に大きな水族館と大きな観覧車。
天保山(大阪南港)みたいな景色だ。
帰り道まで観覧車に気づかなかった。
集客の要は、場所にり似るんですね。

ってところで、以下次回。

↓大雑把な名古屋観光は、まだ続きます。

大雑把な名古屋観光。 ④

大ボリュームの名古屋飯で食い倒れ中に、
何とかお腹を減らす努力を、並行して実行。
そのお陰であちこ大雑把に見て歩きました。

↓名古屋港へ
59_2016092500375591b.jpg
名古屋の中心部から方地下鉄を乗り継ぎやって来たのは、
名古屋港、名古屋が誇るウォーターフロントの観光エリア。

↓ガーデンふ頭
60_201609250037578ff.jpg
水族館や科学館や南極観測船や展望台がひしめく
名古屋の港の大型観光スポットが密集するエリア。
他県の方にわかりやすく言えば、みなとみらいや
天保山や神戸新港みたいなところな感じです。
(↑余計にわかりづらいんじゃないですか?)

↓目的地はココ
61_20160925003838a02.jpg
名古屋港までわざわざやって来た目的は、
コレです、名古屋港水族館を見に行く事。

名古屋港水族館は日本では現在たった2か所しかない
シャチの飼育を後悔している大型の水族館になってます。
この水族館に、和歌山県太地町で飼育されていたシャチが
繁殖活動の為寄贈されたので、飼育個所が1ヶ所減りました。
せっかく名古屋にいて水族館を見に行ける距離にいるんだから、
これはこれで、行っとかなくちゃ損する気がしてしまい名古屋港へ。

↓なんだかすごい景色
62_201609250038405c1.jpg
送水管か送油管か、巨大なパイプが一直線に
港の上を渡されていて、そのパイプの周りに
前後を交互に入れ替える水色のア―チ。
雨の中でも結構壮大な景色ですなあ。

↓かなりデカい
63_20160925003842b00.jpg
名古屋港水族館が見えました。
名古屋港水族館は建物2棟が
連なっているほどの規模です。
なんだかんだ水族館が大好き。

↓エントランス
64_2016092500384465b.jpg
名古屋港水族館のシンボルは、
イルカでもシャチでもなくてペンギン。
これは、名古屋港水族館が日本で初めて
複数種のペンギンの繁殖に成功した施設だ
という実績をなぞるモノでもあるからだそうです。

↓バンドウイルカ
65_201609250038446a9.jpg
イルカがいっぱい泳ぐ水槽、入口直の水槽は子育て中の
親子のイルカが泳いでいて水槽に衝立でダウンライト。
子をおなかに乗せるように仰向けに泳ぐお母さんが
印象的でしたが、子供が割とのっかて来ない感じ。

↓シロイルカ
66_2016092500400779a.jpg
北の海のカナリア、「べルーガ」ことシロイルカ。
でっかいうえに、やたらめったら元気なのでした。

↓イルカの大水槽
67_20160925004010519.jpg

69_20160925004012fb4.jpg

建物の2、3階分、下手したらそれ以上の
階層を部位抜いて作られている空間に
イルカだけが泳いでいる大水槽です。

↓お子様大喜び
68_20160925004010c6f.jpg
広大な水槽の遠くの向こう側から、自分の所に向かって泳いできてくれる。
そんな光景に歓声をあげる子供達があちこちに。水族館らしい景色です。

↓アクリル水槽
70_20160925004013e56.jpg
巨大な水圧に耐える大水槽は
下に行くほど暑さが増す構造で、
最下部近くのこの部屋の窓には
厚さ6が0㎝以上になるアクリルが
はめ込まれているそうです、分厚い。

↓ショープール
71_20160925004813b2b.jpg
イルカのショープールは、残念ながら雨の中。
オマケにショーの時間も思うように会いません。
プールの向こう側ではシャチのトレーニングが
始まる所だったのですが、底には屋根がない
雨の中で見るには、ちょっと辛いのでありました。

↓イワシトルネード
74_20160925004817775.jpg
八景島シーパラダイスが開発した
イワシトルネードのショープログラム。
もうどこでも簡単にできる様になりました。
混んでて座ってみるのが億劫なのでチラ見。

↓シャチ
72_20160925004818ab4.jpg

73_201609250048184b2.jpg
プールの上の方でシャチに指示を出すトレーナーさんと
プールの下にいるショーのMCさんが無線で連絡を取り、
MCさんからの指示で、シャチが下に降りてくる行動混錬。
シャチのトレーニングにはこういう静かなのもあるんですね。
シャチはデカくて狂暴ですが、やたらかわいく見えるんです。

ってところで、以下次回。

↓次回も大雑把に名古屋観光中のお話です

大雑把な名古屋観光。 ③

名古屋飯で食い倒れにいったついでに
お腹を減らす為だけに歩きまくってきた
大雑把な名古屋観光の話をお届け中。

↓次はココです

名古屋のテレビ塔の展望台から見えたテレビで見た事あるけど
基本なんだかよくわからない近代建築のオブジェのような建物。

↓デカっ!
42_201609250033252c1.jpg
巨大で透明な大屋根が架かる広大な施設。
これっていったいなんだろう、予備知識ゼロ。

↓地下空間
43_201609250033270de.jpg
大屋根の下は大屋根の大きさそのままの
広大な地下空間が広がってます、スゴいな。

↓水の宇宙船
44_201609250033284c1.jpg
この施設は、栄の大通りに面したバスターミナルに
隣接している地下商業施設の吹き抜けになる所。
大屋根を「宇宙船」に見立てた巨大なオブジェ。

↓多層構造
45_201609250033309d0.jpg
宇宙船の大屋根から地下商業施設までを含めた
大型の多層構造。なかなかに壮大な眺めですが
実は、ただそれだけでは無かったりもするんです。

↓大屋根の上は水盤
46_20160925003417345.jpg
大八重の内周部分は、全部水盤。
浅い水面になってはいるモノの、
広大な面積に滔々と水を湛えます。

↓水盤下の銀河
47_20160925003418758.jpg
大屋根の水盤には透明な水底。
その水底の下に広がっているのが
地下商業施設の「銀河の広場」です。
宇宙船の水盤の底に見える地下の銀河。
ちょっと洒落てて、スケールが大きいのが
なんだかハマりそうな景観を創り出してます。

↓観覧車?
49_2016092500342176e.jpg
遠くに観覧車が見える。あれも
確かテレビで見たことがあります。
ビルのどてっぱらに設置されている
近頃増えてる街中アトラクションです。
こんな風な位置関係にあったんですね。

↓銀河の広場から見る水の宇宙船
50_20160925003423dc8.jpg
大都市のど真ん中に、スゴい景色が出来てます。
この景色にはただただあんぐりでした。スゴイなぁ。

↓ OASIS(オアシス)21
52_201609250036144d0.jpg
地下商業施設、その名は「オアシス21」。
都会の中に花開く異空間は、街のオアシス。
そういうコンセプトだったらコレはイイ感じです。

↓テナント他、施設一覧
53_20160925003614e8f.jpg
こういうのが出来ちゃうのが、
名古屋のおもしろい所ですね。

↓近くまで行ってみた
55_201609250036183ed.jpg
名古屋の商業施設、サンシャインサカエに設置されている
28台のゴンドラが回る大型の観覧車、スカイボートがコレ。
次官さえあれば、乗ってみたかったけど、残念ながらスルー。

↓隣のビルにも観覧車
56_2016092500375182a.jpg
びっくり、お隣の三越の屋上にも観覧車。
お客様厚遇のエンターテインメントが
こんな所にもドカッ存在してるのは
大阪に並び立つかもしれません。

↓ハイっ!テレビ塔です!(笑)
57_20160925003752b03.jpg
全く予備知識のないまま飛び込んだ
名古屋の中心部のシンボルのテレビ塔。
何にも知らなかった分半端な句楽しかった。
いやあ、どこでも興味を持って出かけるもんだ。

ってところで、以下次回。

↓次回も、まだまだ名古屋でひたすらぶらぶらする話です。

大雑把な名古屋観光。 ②

名古屋で食い倒れの最中に、
お腹を減らす為に歩きまくった
大雑把な名古屋観光の話です。

↓まるけー(サークルK)
24_20160925001647697.jpg
地下鉄の売店がまるけー(サークルK)。さすがは名古屋、
中部地方発祥のコンビニがあちこちに食い込んでます。
そのまるけー(サークルK)も、この夏サンクスと一緒に
ファミリーマートに吸収、統合されてしまいましたよね。
関東でも馴染みのこのまるけーマーク、なくなるのかな?

↓名古屋テレビ塔
25_20160925001649e92.jpg
余談はさておき、次はココです。テレビ塔。
名古屋のテレビ塔は、東京タワーに次いで
日本で二番目に建設された集約電波放送塔。
全長180mの高さを誇りますが、雨の中でした。

↓陸橋
26_20160925001849478.jpg
塔の近くになんかきれいな橋がありました。
こういう景色、なんだかんだ惹かれるのね。

↓斜張橋
29_20160925001853549.jpg
小さいけどきれいな斜張橋。
なんで町中にこんな歩道橋が
どかんとあったりするんだろうか?

↓橋の上から
27_20160925001851b0f.jpg

28_20160925001851995.jpg
だだっぴろっ!この道路、広すぎるっ!
コレが噂に聞く名古屋の100m道路?
片側4車線、右折レーンも含めれば
片側5レーン。異様な広さの大通りで
そのうえがっしりした中央分離帯付き。
噂に聞いていた以上のすごい規模です。

↓テレビ塔へ
30_20160925001854eb6.jpg
ただ通りを跨いだだけで度肝を抜かれる名古屋の規模。
これを上から見たら、さぞかし一層度肝を抜かれそう。

↓上から
31_20160925002020d52.jpg

32_20160925002021e46.jpg

33_201609250020231b2.jpg
とにかく上からあちこち眺める右往左往。
名古屋はまったく予備知識がないので
どこに見える何がすごいのかわからず、
でも、ただただその巨大都市っぷりに
やっぱりちょっと度肝抜かれてました。

↓コレ、見たことある!
34_2016092500202503e.jpg
下を眺めてたら、不意に見たことあるものが。
これ、TVのCMで使われてた事がある所だ、
なんだっけ、ダイハツのCMでしたよね?

↓・・・なぜ金魚?
35_20160925002025168.jpg
展望台には、何故なんだかかあちこちに、
金魚の水槽がどかどかと置かれてます。
検索しても由来がまったく出てきません。
名古屋テレビ塔には、謎の金魚水槽。

↓地上100mへ
36_201609250032216da.jpg
展望台の屋上は、地上高100のテラス。

↓階段を上る
37_20160925003222bc6.jpg
この階段を上ると、地上高100m。
ちょっと面白そうなので行ってみる。

↓屋根無いじゃん。
38_2016092500322578f.jpg
屋根無いじゃん!雨じゃん!濡れるじゃん!

↓気持ちいい景色のはず
39_20160925003225826.jpg
でも、この高さの吹き曝しはなかなかいい。
晴れてたら何にも問題なかったんだけど。

↓出ました
40_20160925003227d7a.jpg
近頃あちこちに設定が進んでいます。恋人たちの聖地。
こういうので盛り上がれるのって、悪くない気がします。
一人で見ると、頃ほど寂しくなる景色も無いんですが。(^^;)

ってところで、以下次回。

↓個人的には、これで日本三大テレビ塔を制覇しました。写真は無いけどね。

大雑把な名古屋観光。 ①

名古屋飯で全力で食い倒れてきた話を
せんだってまで続けましたてた訳ですが、
大ボリュームの名古屋飯はそりゃあ手強く
お腹を減らす為に、実はあちこち歩きました。
今回からはそんな名古屋で観光してきた話を
かいつまんで、大雑把にお送りする事にします。

↓JR東海・小田原駅
2_20160925000505c0a.jpg
思えば出かけた当日は、本州等しく雨の一日。

↓ちんかんてん
3_20160925000507b57.jpg
名古屋までは新幹線なら、ひかりでも2時間。
だから、今回は小田原駅から新幹線で出発。

↓土砂降り
4_201609250005075d1.jpg
道中停まる駅で見かけるのは
こんな感じの土砂降りでした。
こんな天気でもビジネスマンは
鈴なりで新幹線を待ってます。
頭が下がります。ごめんなさい。
僕、これから遊びに行くんです。(ΞωΞ;)

↓名古屋駅に到着
5_201609250005087a8.jpg
コッチ側が開きます。

↓モードタワー、名古屋
6_2016092500050961c.jpg
コレはあれです、新宿でも異彩を放つ
モード学園の名古屋版の建です。
専門学校なのに儲けてるよね。

↓地下鉄の一日乗車券
8_20160925001434fd2.jpg
名古屋の地下鉄には、こういう一日乗車券がありま。
横浜にはないもんね、うらやましいよね、観光都市。
地下鉄に乗って出かけたのはまずココなのでした。

↓名古屋城
10_20160925001435fc2.jpg
尾張名古屋は城で持つ!
と言われるほどの巨城、
名古屋城、初めて見た。

↓しゃちほこ
11_201609250014378ea.jpg
名古屋城の象徴ともいえるのがコレ、
金のシャチホコ。ザ・グランパスです。

↓実物大シャチホコ
13_201609250014391a6.jpg
象徴のひとつ、シャチホコの実物大模型が展示されてます。
Jりーグの名古屋のチームと言えば、名古屋グランパスエイト。
そのチーム名は、このシャチホコにちなんだ「シャチ」の名から
つけられた、というのが有名な逸話になっていたりしますよね。

↓・・・エレベ-タ-だ
14_20160925001439f30.jpg
まあ、名古屋城は、大阪城や小田原城と同じく
昭和に建てなおされた鉄筋コンクリート製の
頑丈な建物で、エレベーター完備ですからね。

↓四方を眺める
15_20160925001515045.jpg

16_20160925001518131.jpg

17_20160925001519926.jpg

18_2016092500152166e.jpg
全く予備知識がないまま高い所に上りました。
予備知識がないので一応四方を眺めましたが
どこ見所があるのかすらわからず、とりあえず
高い所に上った!というそれだけで満足します。

↓ジオラマ
19_20160925001522465.jpg
名古屋城下の盛大なジオラマ模型が
名古屋城一階に展示してありました。

↓名古屋城
20_2016092500164216d.jpg
この景色にグッとくる歴史マニアの方も
そりゃあ多いんでしょうね、でもこちとら
予備知識何もなしの飛び込み観光です。
名古屋城って、誰のお城だったんですか?
(↑作ったのは家康だよ!その位知っとけ)

↓楔の跡
22_20160925001644791.jpg
城壁の石垣にはこういう楔の跡や

↓家紋
23_20160925001646b13.jpg
寄進した大名家の家紋が打たれているのがあちこちで見かけられます。
徳川家が威信を示すために国中に指示を出し城郭を築かせた名残が
そこいらじゅうで見受けられるんですね。支配の命に従って作った城に
せめて名残を刻もうという配下の大名達の、誉の証なのか爪痕なのか。
そういうのはそこいらじゅうで見られます。大城はたった一人で造れない。
尾張名古屋をたったひとつで持たせる古屋城も、色々な人がかかわって
出来上がったというのが見られる、すべてが一枚岩ではいかないんですね。

↓ってところで、以下次回。次回もわりと大雑把に名古屋です。

名古屋飯でくいだおれ。 ⑤

9月中旬にもらった夏休みを利用して、
名古屋飯でくいだおれ中のお話です。

↓名古屋 うまいもん通り
57_201609182351327dc.jpg
JRの名古屋駅びある名古屋グルメの専門店街。
本当なら、有名店の本店巡りをしたかったけど、
天候が最悪でそれを断念、ココで最後のひと暴れ。
名古屋飯の締めくくりに挑む昼時の名古屋駅です。

↓ 赤い鳥・JR名駅店
45_20160918235223da1.jpg
名古屋で鶏と言えば、そりゃあもう
言わずと知れた名古屋コーチンです。
この赤い鳥というお店、名古屋コ-チンの
焼き鳥で名の知れている、支店が山ほどある
有名店なんだそうですが、残念ながらお目当ては
名古屋コーチンではなくて、それよりディープなコレ。

↓¥758
46_20160918235222d57.jpg
名古屋グルメの三点盛りが、
名古屋にちなみ758円という期間限定
先着人数限定で提供のアイテムでしたが、

売り切れてました。(^^:)

お値段限定品は売り切れてましたが、
レギュラーメニューだと800円で提供。
ほんの少しのお値段の違いだったので
レギュラーメニューでこれを注文しました。

↓味噌おでん
47_20160918235221700.jpg
名古屋のおでん、味噌煮込みおでん。
この赤黒い色合いが他地方の人間には
なかなか馴染めなかったりするものですが、
食べてみると意外な程の癖の無さに驚きます。

↓手羽先と味噌串カツ
48_20160918235221a49.jpg
名古屋の居酒屋の定番メニュー、
手羽カラ、手羽先のから揚げと、
関西(大阪)文化の串カツが
名古屋の赤味噌味と融合した
味噌串カツが登場いたしました。
三つともやたら食べたかったモノ。
これはやっぱりビールが必須です。

↓コンニャクがこの色あい
49_20160918235217ab3.jpg
食べかけでごめんなさい。でもね、
煮込んだコンニャクがこれほどの
染み具合で色あいを出してるのは
他のおでんにはなかなかないです。
しゅんでる(煮しめられてる)なあ~。

↓おでんの大根もこの染み具合
50_20160918235138f70.jpg
中まで出汁の染みたおでんの大根。真ん中以外は味噌ダレの色。
名古屋の味噌おでんを知らない方には、これクドそうとか思うでしょ?
そんなこと無いんです。コレがおかずだったらごはん大盛りで行けます。
これ一個で、徳利ひとつ空きそうな勢いでお酒も飲めます。美味しいです。

↓煮たまご
51_201609182351400da.jpg
煮たまごの黄身を味噌ダレに溶いて、
それをご飯にぶっかけたりなんかしたら、
たまご一個分でもごはん丼で食べられます。
味噌おでんのタレは、なんでか異様に美味い。

↓手羽先
52_2016091823513557c.jpg
手羽先のから揚げ、手羽カラ。JR橋本駅近くのアリオ橋本には、
数年前まで、この手羽カラの有名店、「世界の山ちゃん」のお店が
入っていたのです。何かの機会でアリオに行った時それを思い出し
行ってみたらお店はすでに撤退済み。手羽カラ自体は、割とどこでも
食べられますけど、名古屋味の手羽カラを食べ損ねたのは、それ以来
引っかかってて、どうせ食べるんならばやまちゃん行きたかったんですが、
近くに無かったのもあり、名古屋コーチンの専門店で出てくる手羽カラなら
それこそ絶対に間違い無いだろう、と思い頂きました。コレ、甘辛味じゃなくて
スパイスとガーリックが効いた塩味です、衝撃。手羽カラって言ったら「甘辛味」
または「醤油味」という、関東地方のほぼ当たり前が、一発でひっくり返りました。
(↑手羽カラが甘口っていうの、僕だけじゃないはずですよ。人にもよりけりだけど)

↓味噌串カツ
56_20160918235134fc9.jpg
からっと揚がった串カツを、味噌ダレにくぐらせちゃった「味噌串カツ」。
コレは意外とショックでした。大阪味の串カツに、まさかの味噌ダレ。
その意外性なのに、まさかの美味。味噌カツが味噌ダレの中に
ドボンとくぐるのにサクサク感をちゃんと残しているのと同じく、
コッテリ味になってるにもかかわらずサクサク感も肉感も
全く損なわれておらず、更に味噌ダレのコクと甘みを+。
ぜひとも家の近所で営業してください、入り浸るから。
(↑味噌串カツだけをもっとたくさん食べたくなった)

はあ、こんなところで、そろそろ帰宅を意識するお時間です。

↓味噌きしめん
58_20160918235014a57.jpg
切符を買ってホームに上って、
ちょっと時間があったので、
ココで最後の悪あがき。

気温が高くて失火がすごくて、
アツアツ食べたらそれだけで
激しい汗でみっともない事に、
それを警戒し、あえて外した
それが味噌煮込みうどんです。

でも、それに近いものがあって
やっぱり食べたくなっちゃって、
駅の立ち食いで味噌きしめん。

↓ずるずるすする
59_20160918235013562.jpg
名古屋の味噌煮込みうどんは、
歯ごたえのすごいぶっとい麺で
入る野菜の種類まで決まってる
とかいう、しっかりしたレシピが
あるんだ、とかいうお話を以前に
効いたことがある様な気がします。
今回は外してしまったんですけど
そういうテイストが食べたくなって
駅でそういう味のきしめんで締め。
駅の立ち食いでも一押し商品でした。

こういうの、大好きなんですよね。
味噌煮込みうどんも、横浜駅に
昔から銘店があるもんだから
しばらくそこに通ってたことが
あるほど味噌煮込みうどんは
本当は大好物きなんですよね。

でも、アノ湿気の中で味噌煮込みうどんは
いけません、本当に。汗だくで着替え無し。
おっさん汗まみれ、これはもう恥ですから。

↓完食!
60_20160918235011274.jpg
立ち食いとはいえ、そういう天候も考慮されてか
お店の中は、寒くなる程の強冷房。助かりました。
この後、やっと冷房の効いた新幹線で帰宅の途へ。

名古屋飯は全て赤味噌味、という偏見が
皆さんの中にもあったりしないでしょうか?
そんなことありません。そして赤味噌味も
様々にアレンジが加えられているのもあり
しょっぱいクドい苦い、みたいな赤味噌味は
今や出会う事も少ないのかもしれませんよ。

この際だからいろんな偏見を取り払って、
赤味噌味を含めて、名古屋飯に挑戦を
してみるなんていうのは、どうでしょう?

↓味噌串カツで晩酌の新幹線
62_20160918235008c75.jpg
味噌串カツにビール!美味い!!

今度行く時があったとしたら、
寒空の晴れた空の下がイイな。
汗でどろどろにならなくて済むもん。(^^;)

↓名古屋飯に挑戦。またいつか、行ってみたくなってます。

名古屋飯でくいだおれ。 ④

9に月中旬にもらった夏休みを利用して、
特に何も考えず、予備知識も何も持たない
名古屋へ出かけて、ただくいだおれるという
海老名でも厚木でも神奈川県でもない話です。

↓ 寿がきやラーメン
35_20160918235444c3e.jpg
前回の最後に、いつでも我が家の近所で食べられるものを
わざわざ遠くへ出かけた先で食べる必要もないからいいや。
と言っていた物をわざわざ遠くへ出かけた先で買っちゃた話。(^^;)

↓中身確認
36_20160918235401888.jpg
スープとカヤクと後入れ調味油。一般的過ぎる。
これで寿がきやの味が出来るんだろうか、不安。

↓お湯を注ぐ
37_20160918235359d9c.jpg
実は、食事した後、日が暮れてもしばらくずっと、
初めて歩く名古屋・栄の街を、物珍しさにかられ
上ばかり眺めながらふらふら歩き続けたのもあり
プチ贅沢な晩御飯を食べてきたのにもかかわらず、
ちょっと小腹が空きまして、宿近くのコンビニで購入。

↓完成、寿がきやラーメン
38_2016091823535988b.jpg
これって神奈川県で言えば、ヨコハマ家系ラ-メンのカップ麺を
横浜の宿泊先で買ってるようなものですよ、近くにいくらでも
本物があるのに何でまたカップ麺なのよ?って感じ。(笑)

↓寿がきやラーメン
39_20160918235356263.jpg
すでにかなり歩き疲れちゃってたのもあって
もう店探して歩くの勘弁してって感じだたので
何か食べるものを買って帰りたかったのですが、
そこで寿がきや買ってるあたり、旅行で浮かれて
財布の紐を引き締める脳機能が、疲れで誤作動を
起こしてたんですね。旅行中って、こういうのが怖い。(≧ω≦;)ゞ

おお、寿がきやの味ですよ。
ラーメンフォークがあれば
もっと寿がきや感出るのに。
(↑それは付いてないです)

話はいきなり一夜明けて、昼近くの事。
この日はからっと晴れて暑さと湿気が
すべて増し増し状態の中、重い荷物と
要らなくなった傘を抱えて右往左往し、
夜食の大ボリュームで貯めたカロリーを
ひたすら消費した後、名古屋駅に戻って
新幹線に乗る前のひと暴れに臨みます。

↓ 名古屋らーめん なご屋
40_20160918235356a26.jpg
名古屋駅のラ-メン屋へ。本当はいろいろな
銘品の本店巡りをやってみたかったのですが、
気候が悪すぎました。着てる服が片っ端から
汗でぐずぐずになっていく不快感に勝てません。
着替えが底をついて、汗臭くなり始めてます。
これはいろいろ歩き回ると、恥をかくかもです。
だからあとは冷房の効いたところで勝負しよう。
って訳で名古屋駅。駅なら色々あるはずだから
という所に落ち着き、後は片っ端から名古屋飯。

↓ 台湾ラーメン
40-1.jpg
名古屋で30年ほど前から定着しているのに
ここ数年急に情報番組などで注目を集め始めた
名古屋のご当地ラーメンが、この台湾ラーメンです。

↓台湾ラーメン
41_201609182353072ab.jpg
元々は、元祖のお店で台湾料理を激辛アレンジしたものが人気を呼び、
店主が台湾出身なので「台湾ラーメン」と呼ばれ定着したのがこのラーメン。
基本は鶏ガラスープに韮とひき肉が乗った唐辛子味で、提供する店によって
様々なアレンジが存在して、更に激辛の「台湾まぜそば」も今は人気なんだとか。

↓この麺は好きなタイプ
42_201609182353056ee.jpg
コシのあるちょっと縮れたつるつる麺。
ビシっ!と辛いスープの中にあっても
その存在を失わない歯触りとのど越し。
このタイプの麺は、個人的に好きです。

↓ニラとひき肉の辛い味
43_201609182353040eb.jpg
激辛だ激辛だといわれている台湾ラーメンですが、
駅のラーメン屋のお試し版なので辛さ設定もなく、
一般的な辛さの味付けに仕上がってるんですが。
これが万人向けともいえるのちょうどいい辛さで
コレにお店の調味料とかでアレンジを加えたらば
その場その場で、毎回違う味を楽しめそうな感じ。
辛さ選べたら更に更に選択肢が増えて美味しそう。
家の近所に台湾ラ-メン扱うお店、出来ないかな。

ラーメンばっかりでお送りしましたが、
今回ココまで!ってとこで以下次回。

↓名古屋飯って奥深い。そして面白い。 (≧ヮ≦)b

名古屋飯でくいだおれ。 ③

9月になってやって来た夏休み、新幹線に乗って出かけたのは、
海老名でも厚木でも神奈川県ですらない、愛知県は名古屋市。
今回は名古屋発祥地場グルメ、俗にいう名古屋飯に挑戦です。

名古屋発祥、例えば、てんぷらをおにぎりの具にした天むすは
全国区で根付いた感があるし、コメダ珈琲は猛烈根勢いで拡大中、
それ以前に、喫茶店のモーニングサービスが広がったのも名古屋から。

拡散力する能力を持ったグルメアイテムはそれこそやたら数多く
注目を浴びているけど「名古屋のごはんは全部赤味噌味」という
妙な偏見があって、なかなか受け入れられてない感じがしてます。
名古屋飯はそれだけじゃ無いけど、そういうのだってかなり好き。
だからそういうのをいろいろ見つけて食べるくいだおれの旅です。

↓ 矢場とん
22_20160918235719cbb.jpg
名古屋飯といいつつ、3回目の今まで出てこなかった
名古屋飯の代表格、「赤味噌」を使ったメニューです。
食べると、甘さと苦みとコクと深みのバランスが良く、
ちょっと癖になる感じすらするこの赤味噌味ですが。
「名古屋飯って全部赤味噌味」という偏見は根深くて、
関東では、なかなか定着していない味でもあります。

この矢場とんは、その赤味噌味に地元の方で行列ができる
名古屋名物、「味噌カツ」の筆頭に挙げられている店です。

↓座して待つ
23_20160918235715897.jpg
矢場とんさんは、西は九州福岡市、東は東京都内まで
じわじわと本州本土へ浸透を始めている名古屋の店舗。
あちこち進出はしているけど、なかなか近所にありません。
本当なら本店行って、行列に並ぶ勢いで行くつもりでしたが、
雨と湿度で体力を削られ、気力が持たない陽気だったので
名古屋駅まで戻って、駅地下で支店を見つけたので、ココへ。

↓味噌カツ定食
24_201609182357136d1.jpg
味噌カツは、揚げたてのトンカツを赤味噌ベースのタレにくぐらせたモノ。
サクサクの衣を液体に浸すなんて勿体無い食べ方に思う人は多いです。
オマケにコッテリした赤味噌味のタレって重くない?赤味噌って苦くない?
という先入観から、有名なのに全国区で当たり前にはなっていないモノ。
でも、実際てべてみると、コレがそういう偏見を軽く吹き飛ばしてくれます。

↓サクサク感がちゃんと残ってる
25_20160918235712ac2.jpg
味噌カツをご存知ない方にとっては意外かもしれませんが、
タレをくぐったカツの衣には、ちゃんとサクサク食感が残り、
かつ、この赤味噌ダレは、全然重くもなければ苦くもなくて
ほのかな甘みと華やかな香りで、苦も無く胃に収まります。
赤味噌のえぐみはさほど強くないとう話は聞いてましたが、
これほど食べやすくなっていたというのがちょっと驚きです。

↓完食
26_20160918235625bc7.jpg
昼飯に大ボリュームのあんかけスパゲティーたべているのに
トンカツ定食1人分を、ぺろりと平らげられてしまいました。
味噌カツ、食べやすい。偏見で食わず嫌いしてると損します。
コレが近所にあったら、サボテンか矢場とんかで確実に迷う。


雨の中での移動でちょっと疲れてきたのに、
勢いだけで飛び出してきたので宿泊先も未定。
スマホから宿サイトへ当日予約を希望したらば、
宿はすぐ決まったのですが、宿泊先があるのは
なんと名古屋市中区の栄。栄っていったらあんた
東京でいえば銀座と渋谷を混ぜたような大都会だ。
(↑基礎知識0だけど、そういう話は聞いています)

で、そんな大都市の中心部の宿へ入って
荷物を置いて、汗を流して、一息ついたら、
困ったことに、やっぱりお腹が減るんです。

↓晩飯へ
27_20160918235623b8b.jpg
予備知識も基礎知識もほぼ皆無の栄の町中で、
なんとかしてごはん食べなくちゃ、そしてもちろん
名古屋飯、という選択肢で晩御飯、何かあるか?
と思っていたら、気になったのがやはりこれです。
写真の真ん中あたりにあるのがわかるでしょうか?
(↑ここにも矢場とんがありますがそこじゃないです)

↓ひつまぶし
28_2016091823562257b.jpg
よく「ひまつぶし」と言って笑いを取ろうとして
場の空気を凍り付かせるネタになる場合が・・・
(↑そんなアホな小話はどうでもいいよ)(^^;)

ひつまぶし、つまり「お櫃」で「混ぜる(塗す)」ウナギの定食。
最大の特徴は、この下の写真にのってる食べ方をすること。

↓櫃塗しの美味しい召し上がり方
29_20160918235620cab.jpg
ひと口大に刻んだウナギのかば焼きを大ぶりな器(お櫃)に入れた
タレの効いたご飯の上にのせ、それを混ぜながら茶碗に盛っていく。
その際、三杯分の茶碗で、それぞれ別の味付けで食べていくのが
うなぎのひつまぶしの食べ方になります。このひつまぶしの食べ方、
今やウナギだけではなく、肉料理や海鮮丼にも広がりつつあります。

↓一膳目・うなぎごはん
30_201609182356193da.jpg
うなぎをタレの効いたご飯で頂きます、
スタンダードな「うな丼」スタイルです。
しっかりと基本の味を味わいつつ
次の変化を心待ちにす所です。

↓二膳目・薬味でうなぎごはん
31_20160918235452c79.jpg
二杯目はウナギごはんのうえにネギやワサビといった
薬味を乗せて、味の変化を楽しむ食べ方になります。
うなぎには、タレごはんだけじゃない味わいもある。
この食べ方だけでそれを少しだけ再発見できる。
ワサビとネギとゴマだけで劇的に味が変わる。
これって、かなり楽しい味わい方ですよね。

↓三膳目・出汁茶漬け
32_20160918235448db6.jpg
コレ用に少し残しておいたうなぎごはんにきざみ海苔を載せ、
アツアツの出汁をかけ、出汁茶漬けにしていただきます。
うなぎの茶漬け。そんな贅沢が味わえてしまえるのが
やっぱりひつまぶしの醍醐味になってる気がします。
安くはないけど、肝を冷やすようなお値段ではなく
そんな贅沢が味わえるひつまぶし、いいなあ~。

言ったお店は「びんちょうひつまぶし」。
名古屋に本店を置き名古屋が地場の
ひつまぶしとウナギのお店になりますが、
ピンポイントで東京、大阪、博多へ出店。
馬鹿みたいに安くはないお値段設定だけど、
超高級店でなく、名古屋市内で数店見かける
庶民派のごちそうのお店、みたいに感じました。
東京にあるのね、せめて町田にお店できないかな?
(↑出不精なんですか?)(^^;)

晩御飯にえらい満足のいくものを食べられた。満足感半端なし。

↓寿がきや
21_201609182357186de.jpg
そうだった、これも名古屋発祥の名古屋名物。
中部から近畿で店舗展開してい外食ラーメン店。
尼崎にいた時に見てるし、関東では寿がきや製の
ご当地カップ麺なら、普通にコンビニで売ってるもの。
最近は、この寿がきやのスタンダードなラーメン味の
カップ麺も売るようになってて、ローゼンにも置いてある。
・・・近所で食べられるんだったら、今回は食べなくていいや。

ってところで、以下次回。

↓名古屋飯、恐るべし。 なぜならすべてがボリューム大。(^^;)

名古屋飯でくいだおれ。 ②

夏に取れなかった夏休みが、まだ夏の名残が色濃い9月中旬に取れて、
寝ぼけた勢いで新幹線に乗って、海老名でも厚木でも神奈川県でもない
愛知県名古屋市へ。じわじわ注目を集め、今や全国的展開で当たり前に
なり始めたアイテムすら存在している「名古屋飯」で食い倒れてきた話です。

↓ エスカ名古屋
8_2016091823595561d.jpg
名古屋駅の新幹線側にある地下街の広告。
新幹線で訪れるビジネスマンや観光客向けに
ありとあらゆる「名古屋飯の名店」を集めている
コチラとしては願ったり叶ったりの店揃えが魅力。
エブリデイ名古屋飯祭!ど派手でございますなあ。

名古屋飯を喰いに来たんだからココはモロ当たりですが、
名古屋飯ならなんでもいい、という訳にはいきません。
家の近くで食べられるものは、まず除外しておきたい。
海老名にはなぜだか2軒も「コメダ珈琲」があるから、
小倉トーストとシロノワールは帰ってきてからでもOK。
味噌煮込みうどんも、横浜駅地下に名店があるからね。
家の近所ではまず食べられないモノで攻めると誓います。

↓・・・朝8時前のエスカ
9_201609182359532cc.jpg
・・・まあ、当然予想していたことではありますが、
朝8時前の地下街で、お店が開いてる訳がない。

↓営業中
10_2016091823595100e.jpg
空いてる店があった、しかも喫茶店。
気になる、名古屋の喫茶店、気になる。

↓モーニングサービス
10-1_201609182359494c6.jpg
名古屋の喫茶店と言ったら、やはりこれです。
朝7時には営業を始め、店によっては午後遅く
下手したら夕方まで、コーヒー一杯のお値段で
それこそ小腹が満たされるものやそれを超える
独特の「お客様厚遇」のサービスが存在している
名古屋の喫茶店文化。近くに住まなきゃ解らない
その喫茶店文化、ちょっと覗きたいけど、だったら
海老名で早起きしてコメダ行けよって話なんだけど。

↓モーニングセット
11_201609182359062a6.jpg
座ってしまった、頼んでしまった、モーニングセット。
下手しなくても、スタバより確実に安いコーヒー1杯、
それに、厚焼きのトーストとゆで卵が付いてくるのが、
名古屋の喫茶店のスタンダードなモーニングだそうで、
中には、これを軽々と超える大ボリュームのセットだって
在る、という様な話を、ずっと以前からテレビで見てました。

↓ボイルドエッグ
12_201609182359050cb.jpg
コレと全く同じメニューが、うちの近所のコメダ珈琲でも
取り扱いがございます、加えて、この喫茶店の先の
同じ地下街にもコメダが出店してたりしとりました。

しょっぱなからドツボった?とかも思いましたが、
駅で買ったポケットサイズのガイドブックを眺め、
この朝3食目の朝食を取りつつ、この先を検討。

↓ゆるゆる回るミルクの渦
13_20160918235904993.jpg
なにせ、名古屋は良く通過するけど降りるのは初めて。
何があるのかは予備知識もありません、知っているのは
名古屋城とテレビ塔と100m道路、あとは花嫁行列くらい。
どんな地区にどんな路線が走っててどこへ行けるのかとか、
ほぼ何も知りません。モーニングをしずしず口に運びながら
名古屋ってどんな所?という勉強から始めてる所なのでした。
(↑とりあえず観光名所は今回出て来ません。ごめんなさいね)

ココで困った事に、朝っぱらから色々食べたので
この後、なかなかお腹が減らなかったんですね。
オマケにこの日は、秋雨前線が活発化してて
関東から九州にかけて、広範囲に雨の1日。
加えて高い湿度がドロドロと汗をかかせ
長靴(防水靴)の歩きにくさと傘の重さ、
荷物の重さが体力を奪い続けている
恐ろしい天気の下の1日なのでした。

↓写真失敗
14_201609182359024b3.jpg
蒸し暑さと耐え難い湿気と荷物の重さと、
傘を差して歩くのに必要な腕力までもが
じわじわ体力と根気をガリガリ削り取る、
そんななのに、名古屋飯のカロリ-って
とてつもない。朝もりもり喰った3ラウンドは
昼1時を回って、ようやく何か食べたい、と
思わせる程、腹持ちの良さを見せてました。
(↑朝っぱらから3ラウンドも喰うからだろ?)(^^;)

そんなこんなで、ここで再び、
名古屋飯へチャレンジです。
次に頼んでみたのは、コレ。

↓あんかけスパゲティー、エビ三昧
15_20160918235901fd2.jpg
横浜のナポリタン、新潟の鉄板イタリアンと並び立つ、
日本独自の進化を遂げた地域限定洋食パスタがコレ。
(↑ナポリタンはスタンダードですが、元はローカル食)

ミラカン、ミラネーゼ、ピカタ、バイキングなど、
ある種類の具材を使ったメニューはこう呼ぶ、
みたいなローカルネーミングがたくさんあって
メニューを見た時には、一瞬で固まりました。
わからん!なんだコレ、どれを選べばいいの?

と思ったところで思い出したのが、数週間前に見た「秘密のケンミンショー」。
名古屋グルメには、なんでもエビフライでOK、あんかけスパゲティーにだって
エビフライがマストのトッピング!という「県民熱愛グルメ」の話題なのでした。

↓柔らか麺とピリ辛ソース
17_20160918235820443.jpg
学校給食のソフト麺を思わせる柔らか麺と
トマトベースだけどピリ辛の味付けがされた
トロトロのソース。初めて食べるけど、これは
洋食屋のスパゲティーとは明確に異なります。

↓もっちもち
16_201609182358184a3.jpg
洋食屋のナポリタンも相当柔らかいけど、
あんかけスパのパスタ麺は、それを超える
もちもちの柔らかさ。のど越し良くて食べ易い。
でも最後にピリ辛が喉を襲う、このギャップ新鮮。
そしてエビ三昧。エビフライ2本とエビ天(おおぶり)
ソレに加えて小エビのソテーまで。エビ三昧ですねえ。

↓エビフライにトロトロでピリ辛のあんかけ
18_20160918235817ec4.jpg
からっと揚がったエビフライに、
このピリ辛ソースを絡めて食べる。
旨い!美味いんですよこのソースが。
いろいろ驚く仕上がりに脱帽状態です。

↓エビ天(大ぶり)
19_201609182358135f2.jpg
洋食にてんぷらって、アリなのん?と、
ひと目見た時は確かに思ったのですが、
これがもう、フライトはまた違う味わいの
サクサク感に、同じソースを絡めるとまあ
違う料理に感じてしまう出来上がり方です。
あんかににエビ天は意外ではないのですが
トマト味のあんかけも、意外なマッチングです。

↓完食
20_20160918235812050.jpg
ソースまできれいに掻き取る様な完食具合です。
あんかけスパゲティ-、こんなに美味しかったん?
いやあ、これを今まで食べなかったのはちょっと損。
家の近所にも、進出してきてくれないもんでしょうか?

ってところで、以下次回。

↓次回も、名古屋飯でくいだおれのお話です。

名古屋飯でくいだおれ。 ①

↓JR東海道新幹線・名古屋駅

前日までしつこく箱根だったにもかかわらず、
話はいきなりぶっ飛んで、今回の話題は
なぜだかこんなところから始まります。

8月に取れなかった夏休みを
9月中旬に頂いたのですが、
休み前日まで何をしようか
どこへ行こうか決まらず、
うとうとしながら考えて、

ここ数年来、何度か決行を考えてた
話題の「名古屋飯」に挑戦する事を
思い立ち。そしてそのまま眠れずに
始発で最寄り駅を出発し名古屋へ。
この名古屋駅は朝7時半の画です。

↓駅そば、じゃなくて駅きしめん
1_20160919000115b59.jpg
駅についたら、当然のごとくそこには
名古屋飯とのファーストコンタクトです。
駅の立ち食いが「きしめん」、名古屋です。

↓食券購入
2_20160919000050242.jpg
先ずはプレーンに普通のきしめんで行きます。
きしめんって、関東人はそんなに食べないよね。

↓きしめん登場
3_201609190000498f1.jpg
花削り節が山と乗せられたきしめん。
こりゃあスゴイ、コレがプレーンとは。

↓きしめん
4_2016091900004891e.jpg
きしめんは、一般的に言えば平打ちのうどんです。
名古屋のきしめんは花削り節とネギと油揚げが具で、
これこそが正に名古屋きしめんのスタンダードなんです。

で、この駅の立ち食い「住みよし」は、名古屋の
きしめんを提供する飲食店でも、実は群を抜いて
最強の知名度を誇るきしめん処にもなってるそうです
そりゃあそうですよ、名古屋の玄関口で一番最初に会う
名古屋飯の代表選手のひとつだから、値段もお手頃だし。

↓完食
5_2016091900004738e.jpg
聞いた噂ではこの住みよしさんは、もちろん新幹線だけではなく
在来線にも店舗が散らばっていて、そのすべての販売店舗で
微妙に味が違っているとの事で、どこの店が一番美味いか
食べ歩いて比べる「きしめん行脚」があるんだとかいう話。

大船軒とか濵そばとか箱根そばなんかでは
まず考えられないアバウトさだと思うのに、
そういうのがまことしやかにささやかれる
そんな名物店って、なんか魅力的です。
(↑会社の先輩に、その噂を知ってる人がいました)

↓天むす
6_20160919000045ea3.jpg
駅のキオスクで、普通に天むすを売ってました。
天むす自体は特に珍しいものではないのですが、
関東圏で天むすが当たり前かと言うとそうでもない。

↓歩き喰い(^^;)
7_201609182359558b6.jpg
発祥地では朝8時前に駅の売店で当たり前に買える。
それがちょっと感動的に感じて、改札出る前に歩き喰い。

あさっぱらから名古屋に着いて、改札出る前に既に2食。
こんなぺースで、果してこの先だいじょうぶなんだろうか?

唐突に始まりました、遅い夏休みの名古屋飯のお話。
名古屋飯が注目を集めてる存在なのは多くの方がご
存知の事と思います。中部地方で、独自の食文化が
大きく花開、周辺自治体に大きく影響を及ぼしながら
全国的にじわじわと当たり前のモノになり始めている
アイテムも多く在る俗にいう「名古屋飯」に挑戦したい。
実はこれも数年越しでやってみたかった事だったりして、
前日夜からハイテンションで、新幹線に乗ってきました。

という訳で、この先しばらくの間の話題は、
魅惑の名古屋飯で食い倒れに挑戦のお話です。

↓名古屋から、太って帰るこの覚悟。食って倒れるその意気で(^^)b

実録、東日本沿岸巡り。 ③

東日本沿岸の各県を、たった一日で回り切ります。
とかなんとか御大層な目的を掲げているように見えて
実は各県のアンテナショップを巡るぶらぶら散歩のお話。

↓ 茨城マルシェ
31_2016030822463592d.jpg
有楽町駅の目と鼻の先にある
茨城県のアンテナショップがココ。

茨城は「いばらき」であり「いばらぎ」ではありません。
「いばらぎ」という土地は、実を言うと無いんですよね。
実はこれは、大阪も同じで茨木市は「いばらきし」です。
いばらぎ?と問われると、どちらも必ず「いばらき」という
訂正を求められますから、ちゃんと覚えておきましょうね?

震災時は、茨城県でも日立市沿岸などで
大規模な津波の被害があったはずなのに
東北の大被害はもとより、福島の原発事故と
千葉県のコンビナ-ト火災に挟まれたおかげで、
報道の度合いがやけに薄かったのを覚えています。
そんなこんなで、この茨城マルシェにも行ってきました。
日立灘の海の幸と関東屈指の生産力を有する農産品を
オールスターで揃え、戦力で投入しているビストロが営業中
なのですが、ランチ営業にはちょっとだけ間に合わずにアウト。
(↑それ以前に、ランチ2ラウンド行ってるから食べるのは無理)

↓戦利品
s3_20160308224457f9f.jpg
茨城県といえばアンコウ汁、なんですがいくらなんでも
生アンコウ持って帰れないし売ってないし、だったので、
ココはベタに、べったべたに納豆尽くしで行ってみました。
手でつまんで食べられるドライ納豆。そして、納豆の豆で
仕込んだ納豆味噌。近所じゃ見かけないアイテムですよ。

茨城マルシェは、有楽町の駅近くという事もアリ
結構混んでいたので、写真自体が少なめです。
代わりに文章ちょっと多めでお送りしました。
(↑読んでる側には鬱陶しいサービスです)

さあ、そろそろ次に行きますよ。

↓ 銀座・和光
32_2016030822463488b.jpg
東京・銀座の象徴のひとつでもある
高級百貨店、和光にまで到達しました。
すげぇ、「銀ブラ」だ、場違い感ハンパ無い!
(↑銀座なんて、まあ、縁が無いからねえ~)

↓ 歌舞伎座
33_20160308224632bbb.jpg
歌舞伎座まで来ちゃった。このまんままっすぐ行ったら
築地に着いちゃうぞ、勝鬨橋渡っっちゃうぞ、大丈夫か?

↓ いわて銀河プラザ
34_20160308224631312.jpg
どこまで行けばたどりつけるのかちょっと不安になってきた、
歌舞伎座の前でしたが、そのすぐハス向かいのj晴海通り沿いに
店舗がありました。よかった、たどりつけた、通り過ぎてなかった。

あらためて、こちらが岩手県のアンテナショップ、いわて銀河プラザです。

↓わんこきょうだい&ざっしい
35_2016030822463014e.jpg
岩手といえばわんこそば。そのわんこ(お椀)に、
県の銘産品を入れて擬人化を施しているゆるキャラ。
近頃あちこちで見かけるようになった「わんこきょうだい」。
そして、岩手県の民間伝承でもある座敷童をモチ-フにした
可愛い系ゆるキャラ、銀河プラザ応援女子会のシンボルキャラ
「ざっしい」ちゃんが、来店されたの皆様を一緒におもてなし中です。

↓コレ、テレビで見た事ある‼
36_20160308224555bc5.jpg
観光名所でもある巨大鍾乳洞、「龍泉洞」がある
岩泉町の一大名物になった「岩泉ヨーグルト 」。
1キロ、2キロで詰められたレトルトスタンドパック入りという
強烈なインパクトをもつ商品形態が話題を呼び、売れてます。
岩手県は、北海道に匹敵する乳質の牛乳を算出できるという
酪農に適した気候を持つ土地。それは皆さんも、とある牧場の
存在によって、それはそれはよく見知っていることと思われます。

↓小岩井牛乳
37_20160308224554a40.jpg
岩手県の乳製品製造業で全国区の企業といえば、
その名は、ほぼ誰でも知っている乳業メーカー。
小岩井乳業。何十年も昔からある老舗ですね。
小岩井乳業の存在は、岩手=酪農の地位を
確固たるものにしています。意外だったでしょ?
この牛乳だって加工乳のクリーム添加製品でも、
結構な生乳感の美味しい牛乳なんでございます。
ビン牛乳は回収クレートがちゃんと用意されていて、
買ったその場でぐびぐび飲むことが出来ちゃいます。

↓謎の清涼飲料
38_20160308224552b90.jpg
店舗の玄関先にある自販機が、
これまたレアものてんこ盛りの
地場物産で埋め尽くされてます。
見た事無い、中身が何なのか
解らない飲み物を売ってました。

↓銀河プラザ
39_201603082245512cd.jpg
店舗の外壁に飾られているのは、
宮沢賢治の物語に登場する人物や
アイテムをモチーフにしたレリーフです。

ココは何を買おうか本当に迷いました。
海産物、農産品、畜産加工品、酒、
甘いものから、工芸品に至るまで
目移り必至の品揃えにうろたえます。
前沢牛とかもあったりするんですから。

↓戦利品
s4_20160308224455275.jpg
私目線で厳選を重ねたチョイスがコレ。
三陸産の鮭を使った鮭とばのスライス。
自販機で売ってた謎の地場ドリンク2種。
缶入りだけど純米酒、陸前高田の地酒と、
遠野や花巻など、岩手南部で多く作られる、
キュウリのしょうゆもろみ漬け。そう漬物です。

僕の出身地の平塚市は岩手県の花巻市と
姉妹都市で、市民祭りとか色々なイベントで
花巻の漬物メーカーさんが売りにくる漬物店で
このもろみキュウリを知りました。とにかく大好物。
コレが山ほどあれば、お櫃が空になるまでごはんが
いくらでも食べられる。それくらいに大好きな漬物です。
母が買ってきた醪キュウは、ほぼ僕が全部食べてました。

↓東京駅・八重洲口
40_20160308224549f42.jpg
ほぼ築地の近所の晴海通り沿いから、
再び延々歩いて東京駅へカムバック。
やったぜ、東日本沿岸巡り終了!

青森県沿岸と北海道道南が抜けてましたが、
そこは、震災被害が比較的軽微だった場所。

お分かりの通り、この時期に東日本沿岸、といえば
出てくるのは2011の3月11日以降の話ですよね。
わざわざ沿岸各県のアンテナショップを回ろうと思う
その心境も、徐々に、緩やかに、風化を始めている
あの日の記憶を、ネガティブな側から同情で寄り添う
のではなくて、あくまでポジティブに、美味しいものを
届けてくれた事に感謝する想いから、食べ物メインで
ぐるぐる回て来ました。明日は、この日の戦利品にて
ささやかな追悼と、大きな感謝を以って小さな宴です。

↓あしたは、あの日に負けないための小さな宴です。

実録、東日本沿岸巡り。 ②

東日本沿岸を一気に駆け抜けたい、
けど、そんな予算も時間もないので
代替案で東日本沿岸巡りを実施中。
各県のアンテナショップを巡ってます。

↓ 日本橋ふくしま館・MIDETTE
14_20160308225847f5c.jpg
JRの神田駅と東京駅の間にあるのが
コチラ、福島県のアンテナショップ、
日本橋ふくしま館・MIDETTE。

不勉強がたたり、ちょっと困ってます。
福島県のダントツ一番の売り物って
何だったっけ?思い浮かばない。

野菜や山菜は山の様に売ってて、
どれもこれもいい具合に美味しそう
なんだけど他にも有名な産地が多く、
コレ、という決め手に欠ける感じがして
どれに手を出せばいいのかわかりません。

↓!
16_20160308225806d6f.jpg
コレだ!ありました!
名物、喜多方ラーメン!
そうか、喜多方ラ-メンは
福島県が地場だったんだ。
これが運よく出会えた催事で、
期間限定での出店だという事。

↓ まるや
17_20160308225805bd3.jpg
昭和29年(1954年)開業という
喜多方でも老舗の一軒がコチラです。
関東に出店している店舗もあるのですが、
一時期ほどの大ブ-ムでは無くなっていて
お店を探すのは割と大変になってきています。
そういう事情もあるから、偶然に名物出会えて
これ以上ないラッキーな感じ。コレは僥倖ですな。

↓しょうゆラーメン
18_20160308225803cc3.jpg
あっさりした透明な醤油味のスープと
モチモチした平打ちの熟成多加水麺
というのが特徴なのが喜多方ラーメン。
大合併前の旧喜多方市は当時の人口が
3.7万人に対し、ラーメン店が120軒以上
というラーメン屋密度を誇っていたことから、
札幌ラーメン、博多ラーメンに並ぶラーメンの
食文化が定着した街として、日本三大ラーメン
にカテゴライズする支持者がいるほどなのだとか。

↓チャーシュー厚め
19_201603082258027f2.jpg
あっさりスープで食べ飽きない
モチモチ麺で歯ごたえ充分の
その中に割と集めの焼豚です。
このアクセントはちょっと嬉しい。

↓モチモチ麺
20_20160308225800caa.jpg
平打ちのモチモチ麺のこの食べ応えが素敵。
味自体は結構昔ながらの東京ラーメンに近く
毎日食べても食べ飽きない、という種類です。
東京ラーメンと違うのは、この麺の食べ応え。
ありきたり、と言ってしまえば確かにそういう
懐かしい味ですが、おっさんにとってはこんな
食べやすいあっさり味が、ちょっと好ましいの。

以前はギトギトの豚骨ラーメンが大好物でしたが
今はちょっとだけ苦手になった、そんなお年頃です。
(↑おっさん通り越して、ジジイになり始めてるかも) (^^;)

↓ナルト
21_2016030822492247a.jpg
かつてはラーメンにナルトが乗ってるのが
当り前でしたが、今はそういうスタイルは
昔ながらのもので、既にすたれてます。
が、そういうスタイルを踏襲している
この懐かしいナルトがイイんです。   
(↑わあ、ジジイの発言だ)(^^;)

↓完食!
22_20160308224920f6f.jpg
久々の喜多方ラーメンでした。食べやすい、そして美味い。
タンシチュー定食食べて来た後だというのに食べられました。

就職した年の最初の夏休みに、学生時代の友人数名で、
ある友人の故郷の福島に押しかけて、ドライブがてら
わざわざ朝っぱらから喜多方まで車で繰り出して
腹も減ってないのにラーメンで食い倒れて来た
昔の懐かしい思い出がよみがえってきます。
(↑若い頃は、バカできて楽しかったよね)
(↑って、知らんがな、んな話)(^^;)

↓利き酒?
23_2016030822491987e.jpg
このMIDETTEでは、毎日福島のお酒の利き酒が体験できる
バーカウンターが有るのですが、開始は毎日16時からでした。
この時まだ14時を過ぎたところ。あと2時間は待てないなあ~。

↓悩む。
24_201603082249171a6.jpg
何を買って帰ろうか、と悩んだところで
この棚の中から、解決策を発見です。
イイのが揃えてあるじゃないですか。

↓戦利品
s2_20160308224458090.jpg
福島の酒、地域別お試しセットです。
福島県に数ある地酒の銘酒の中でも、
浜通り、中通り、会津、という地域毎に
お勧めの銘品を一揃えにしたアイテム。
よし、これでOK、持って帰って利き酒だ!
(↑酒のことしか目に入っていないらしい)(^^;)

↓神田駅⇔東京駅間
26_20160308224835673.jpg
予期せぬ催事で喜多方ラ-メンに接してしまった結果、
昼食を2ラウンド行ってしまった事になり、ちょっと食傷。
(↑無計画に昼飯2回も食っただけです、自己責任です)
まだ行くところあるし、まだ何か食べるかもしれないので、
ココはちょっと運動して、食べ過ぎを解消しておこうと思い、
目的地までしばらく歩く事にしました。ちょっとだけですけど。

↓JR東京駅・八重洲口
27_20160308224834ab5.jpg

28_2016030822483356c.jpg
神田から歩いて、東京駅前の八重洲側へ。
昨年の丸の内側の大復元工事に先駆け
2013年に大改装が完成した八重洲口。
東京駅は割と通過してる方なのですが、
外観を見るのは、実は初めてなのです。

以前の大丸の巨大な駅ビルが海風を遮ることになり
都心部分のヒートアイランド化が激化する可能性ある
という研究に基づくと共に、巨大駅の耐震性の補強を
目的とした、大規模改修工事が完成した八重洲口です。

↓東京駅前
29_20160308224832171.jpg
八重洲口の道路を挟んだ向かい側、
ココにも福島県の交流館があります。
日本橋近くまで出ていけない場合は
駅近のこちらもお勧め。取扱っている
賞品もさほどの差はありませんからね。

・・・ただラーメン喰って、酒買って、散歩しただけ?

いや、まだ先があるからね。 お願い、ついてきて。

ってところで、以下次回。

↓東日本沿岸巡りは、いつの間にか東京散歩になってたり。(^^;)

実録、東日本沿岸巡り。 ①

東日本沿岸を、たった一日で巡ってみよう。と、
意気込んで出かけてきたお話だったりします。

↓JR池袋駅前
1_20160308230016f76.jpg

・・・ちょっと待て!

なんで池袋なんだ?

ええと、東日本沿岸、つまり
北関東から東北の太平洋岸。
それをたった一日で巡れるか?
といったら、そりゃあ無理ですから、
とある方法でその気分だけを実現。
というのが、今回の話題なのですね。
で、そのとある方法というのがコレです。

↓アンテナショップ
2_2016030823000497f.jpg
出かけたのが何故池袋なのか?というのは、
宮城県のアンテナショップが池袋にあったから。

実際に太平洋岸を駆け巡れる様な
時間も予算も全然無いものですから、
そこへ行ったつもりでアンテナショップ。

アンテナショップで目的を果たしてみよう!
という訳で、出かけたのは全部東京です。

↓ 宮城ふるさとプラザ・COCO MIYAGI
3_20160308225958aae.jpg
あらためまして、まずはコチラから。
池袋にある宮城県のアンテナショップ、
宮城ふるさとプラザ・COCO MIYAGI。
宮城県の産品や食品、観光の話題などを
全国区へ向けて発信する東京の店舗です。

↓まずは昼食
4_20160308225956e8c.jpg
店舗2階には、レストランがあり、
仙台の牛タンの有名店のひとつ
伊達の牛タン 」が入居していて、
宮城と言ったら、仙台と言ったらもう
あれでしょう、という食事が頂けます。

が、12時前に着いたのに、一番お安く提供されている
1000円を切るランチメニューの昼ランチはもう売り切れ。
海老名市民的にいうと、牛タンはららぽで食べられるので、
何にしようかな~、と頭をひねり、ちょっと変化球に挑戦です。

↓牛タンシチュー定食
5_201603082259559a5.jpg
タンシチュー。 実は恥ずかしながら
個人的には、初めて食べる料理です。

↓タンシチュー
6_20160308225954167.jpg
ブラウンソースに「肉」が特盛!

↓デカい!
7_201603082259283d4.jpg
肉の一粒ひとつぶがたまらなく柔らかくて
口いっぱいになる程のもりもりの大きさ。
タンといえば、歯ごたえが特徴ですが、
煮込んだ牛タンは全く別物ですねえ。

↓牛タンだけのハヤシライス風
7-2_20160308225926002.jpg
ご飯に大粒の煮込み肉を一切れ乗っけるだけでも
この牛肉だごっそろ感のハヤシライス風にります。
どうしよう美味いよ、めちゃめちゃ美味いです!    (≧ヮ≦)b

↓完食!
8_20160308225925b56.jpg
ご飯おかわりまでして、柔らかく煮込まれた
大粒の牛タンを堪能してたはずなのですが、
気が付けば、え?もうなくなってる、って感じ。
美味しいものは夢中になって食べちゃいます。

↓七夕飾り
9_2016030822592307b.jpg
宮城県を象徴する夏祭りの代表格、
仙台七夕まつりの、巨大で繊細な
七夕飾りが天井から下がります。
仙台七夕祭りは、綺麗ですよ。

↓宮城の牡蠣
10_201603082259237e8.jpg
そろそろ旬の時期も終わりに近づいてきて、
旨味も粒の大きさもがパワーアップしている
サクラ牡蠣の頃です。ああ、牡蠣食べたいな。
(↑タンシチュー腹一杯食った後でいう事か?)

↓ずんだソフト
11_2016030822585255e.jpg
デザートは別腹。だから入る!
って訳で、店頭で売っていた
すんだ味のソフトクリ-ムで
デザートまで堪能しました。

宮城県に数回旅行した時の事をありありと思い出せてます。
楽しい経験と共に経験した味は、記憶にも刻まれてますねえ。

↓戦利品
s1_201603082244599b8.jpg
乾ホヤ、牛タンジャーキーソーセージ、
そして炙り牡蠣。・・・全部酒のつまみ? (^^;)
とにかく、お手軽でいかにも「宮城県」な
食べ物で固めてきたセルフお土産でした。

↓再び池袋駅
12_201603082258502b5.jpg
宮城県を堪能して、池袋を後に、
さらに次の目的地へ移動します。

↓国道17号線
13_201603082258482aa.jpg
次の最寄り駅は、ちょっと景色が
ごちゃごちゃしてたので目印のみ。
次の目標の最寄り駅はJR神田駅。
御徒町の隣の山手線の神田駅です。

↓ 日本橋ふくしま館・MIDETTE
14_20160308225847f5c.jpg
今度はふくしま。福島県のアンテナショップです。

・・・だけど、ちょっと不安があってですね、
福島県の銘産品って、何だったっけ?
個人的には、三春駒赤べこ
滝桜しか知らない気がする。

↓酒?
15_20160308225846d49.jpg
なんかめちゃめちゃ酒がある。
日本酒の銘柄がいくつあるんだ?
地ビールもご当地ワインも焼酎だって
数え切れない数がある! どんだけっ?
(↑どうやら酒の事しか見えてないらしい)(^^;)

↓ってところで、以下次回。

ふるさと祭り・東京 2016。 ④

東京ドームで今年も開催中、
ふるさと祭り2016へ出かけ
食い倒れて来たお話、です。
今回は、甘いものは別腹編。

↓なかほら牧場
54_20160113155504a99.jpg
福島県からの出店、山岳酪農でジャージー牛を
ほぼ自然状態で放牧し搾乳する形態をとっている
今、業界で注目を集めている農業法人がコチラです。
農業生産法人株式会社企業農業研究所(名前長っ!)
ソコが一般にも公開している観光産業牧場が、中洞牧場。

↓ジャージー牛乳ソフト
55_20160113155503a82.jpg
ジャージー種から搾乳できる乳量は
一般的なホルスタイン種に比べて
脂肪分が桁外れに高いのですが
搾乳量が一般首都比較すると
少な目なので高価な牛乳に
なるのが、難点なのです。
ですが、コレは美味!
行っといたほうが
断然いいっす。

↓あまおうミルク
56_201601131553287c8.jpg
栃木県が誇る銘農産品のひとつにして、
もはや名産品から、常識になりつつある
生産量日本一を誇る苺の産地の逸品、
あまおうを贅沢に使ったジェラート発見。

↓ 道の駅もてぎ
57_20160113155327b5c.jpg
栃木県の、道の駅もてぎからの出店。
どこをかじって、あまおうザクザクの
イチゴミルクジェラートでございます。

ええと、海老名市は神奈川県下随一の
苺の産地ですから、まかり間違えば
こういうイチゴザクザクのジェラートも
開発可能なわけですよね?ね?
JA海老名様、こういうの凄いのを
EXPASA海老名で売りましょうよ!
絶対人気出るし、間違いないから!
(↑や、無いだろう、多分ね)(^^;)

↓完熟マンゴーソフト
58_20160113155325876.jpg
完熟のマンゴーなんてものは、
恐らく逆立ちしても手に入らない
そんな気がして思わず手が出ました。

↓マンゴー!
59_201601131553241a3.jpg
完熟マンゴー味のソフトクリームに
たっぷりこってりマンゴーソースが
注がれておりました。美味ですの。
こんな贅沢が、当り前なんだろうか、
宮崎県、侮りがたし、羨望の眼差し。

↓ハスカップソフト
60_20160113155322a2b.jpg
北海道でしか産出されていない幻のフルーツ、
それがハスカップです。提供してくれてるのは、
札幌市白石区の北氷菓(きたひょうが)様です。
白石区の平和は「、ホワイトスト-ンズが守る!(←ドラバラだっ!)

↓ハスカップソース
61_20160113155237393.jpg
バニラアイスにハスカップのソースが
たっぷりかかってますが、ハスカップの
実力は、実際こんなもんじゃないのです。

↓混ぜると濃いムラサキ色に
62_2016011315523618e.jpg
バニラの白が8、ハスカップの赤が2、
位なのが、混ぜるとムラサキ色が
濃く、ムラサキ7以上の色合い。
ハスカップは、濃い色合いと
強烈な酸味が売りです。
ハスカップは美味い!
実感しましたなり。

↓怖いもの見たさ
63_20160113155234581.jpg
これぞ怖いもの見たさの極致です。
なんでわざわざ甘いソフトクリームに
わさびなんぞを入れようと思ったのか?
でもそれで商品になるんだから、一度位
食べてみたくなる、ってもんじゃないですか?

↓わさび味
64_20160113155233d0a.jpg
提供しているのは、静岡県三島市の
三島市お茶の郷博物館でございます。
静岡県といえば、お茶とわさびと海産物です。
わさび味に海産物が入っていないだけでみっけもん。(←失礼だぞ)
でも、これじゃ物足りない感じ、これだったらそれこそ
わさび2倍、激辛わさびソフトでも全然平気だった気が
してきました。刺激が足りない! とかなんとか思いつつ、
わさび味の後味の爽快感は、ちょっと癖になりそうな予感。
これはこれで、ぜんぜんアリな味です。2倍激辛も平気そう。

↓親父熱愛(オヤジパッション)
65_20160113155231f34.jpg
そんなところで限界が来てて、
あとはブラブラ歩いて消化して
腹を落ち着かせようと思ったとき、
ステージでは文化放送の生放送。

↓四朗師匠&照美御大
66_20160113155159e8b.jpg
放送開始当初は、1時間枠だったオヤジパッション。
土曜の午後に、師匠よ御大が色々突っ込みまくる
ピラ辛テイストの放談ディスカッショント-クショウ。
昔は配送の仕事中の車の中で来てましたが、
関西転勤から帰ってきたら、大出世してて、
放送時間が2時間枠に拡大されてました。
生で親父様達を拝見できたのは、もう
初めてでした、テンションUPでした。

↓青森県・板柳町
67_201601131551578d0.jpg
限界に達した腹を抱えて、やってきたのは、
青森県・板柳町のリンゴジュースなのです。

↓完熟リンゴジュース
68_20160113155156b41.jpg
完熟のリンゴジュースは
隙間に染み入るように
するする入ってきます。
リンゴジュースはやはり
とてつもなく美味いのです。

↓静岡茶
69_201601131551553f8.jpg
最後に締めのお茶でいっぷく。京都・宇治をはるかにしのぐ
国内最大のお夢愛の産地、静岡茶の冷茶で締めです。
いっぱい食った、たくさん飲んだ。年に一度っ切りの
東京ドームでお祭り見ながら食い倒れイベント。
本年は、このあたりで無事終了でございます。

↓函館!
70_201601131551534de.jpg
今年は、新幹線が函館まで通ります。
東京駅から座ったまま函館まで行けます。
函館大好きなんですよ、札幌も大好きでけど。
とにかく、金食い虫の無駄な事業とあk言われても
開通すれば、経済効果は、そりゃもう大きいんだから
開通を期待して待つ事にすることにします。たのしみです。

↓ビーッグ、エーッグ!
75_20160113154615052.jpg
東京ドームで開催中、日本中から
巨大な祭りと、ふるさとの味を
一か所に集めて行っている
日本屈指の大イベント、
ふるさと祭り2016。

会期はあとわずかです。
ぜひとも、このお祭りに
お出かけ下さいませ。

↓ふるさと祭りで食い倒れ、これにて終了。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる