FC2ブログ

桜を見に行こう・2019 ⑨

↓ 引地川・千本桜
1_201904092322569a2.jpg
鎌倉から電車を乗り継ぎ、下車をしたのは、
小田急江ノ島線、高座渋谷駅でございます。

↓ サクラ案内
2_20190409232255c3c.jpg
小田急線の、高座渋谷駅⇔桜が丘駅間の
引地川沿いに存在してる盛大な桜並木は、
千本桜と呼ばれるほどの目を見張る名所。
過去何回もこの時期このブログに登場した
個人的にめちゃめちゃ好きな桜の風景です。

↓ ・・・もう葉桜。
3_2019040923225476d.jpg
辿り着いたとたん、もう葉桜じゃん、
的な一本に遭遇してしまいました。
今年の桜のばらつき具合は異様。
こんな感じでお終いじゃないよね?

↓ まだ6分、って感じ
5_20190409232215329.jpg
葉桜気味の桜を愕然としいてたら、
その向こうの桜の木は、何故か
まだ6分に満たない咲き具合。
バラつきが半端無いですよ。

↓ ようこそ、千本桜さくらまつりへ
4_20190409232217316.jpg
そう、その「千本桜さくらまつり」が、
もう終わってた時に出向きました。
まだまだ満開じゃなかったのに
お祭りが終わってしまってた、
これが桜まつりの落とし穴。
桜の開花時期ってのは、
毎年水ものですから。

↓ 桜のア-チ
6_20190409232215679.jpg
あっけにとられる様な桜並木は今年も健在、
毎回思う、この桜は、やはりスゴイのです。

↓ 花びらが流れていく
7_201904092322132bf.jpg
咲き方に極端なばらつきがあっても
花の散り際を迎えている花もあるので、
川の水面には、ゆったり沢山の花びらが
流れてくる風流な画ができあがってました。

↓ 逆さ桜の引地川
8_201904092322120b7.jpg

9_20190409230744fa1.jpg
流れが穏やかな引地川の川面に
見事な逆さ桜が見えておりました。
いやもう、コレがイイ感じなのです。

↓ 桜のア-チ
10_20190409230742398.jpg
桜ヶ丘駅方面に近づくと、
川沿いの道路の反対側にも
桜並木が出現、この先が更に、

↓ サクラ並木が一挙に三列
11_2019040923074173e.jpg
桜の並木が一挙に三列になります。
ココで見られるのが、まさに桜の天蓋。
見渡す限り桜の花の下、コレが目を奪う。

↓ 名残惜しさ炸裂です。
12_20190409230740f38.jpg
ココを抜けたら、桜並木は切れます。
千本桜、名残惜しい、ココは好きです。

↓ 桜ヶ丘駅は、桜の駅前
13_20190409230738fdf.jpg
桜ヶ丘駅まで来ると、最後に駅前のロータリ-が全部桜一色で、
最後に桜がお見送り、みたいな感じになってる桜色の駅前です。
高座渋谷駅前から千本桜まではちょっと歩かなければならなくて
期待を高めてくれます、そして名残を惜しんで千本桜を離れると、
最期に桜ヶ丘駅前の盛大な桜のロ-タリ-がお見送りしてくれます。
千本桜は、高座渋谷駅から桜ヶ丘駅へ向けて歩くのがイイ感じです。
今年はもう散り際ですので、来年の桜見物にこの情報をお使いください。

↓ そろそろ桜の散り際ですが、今年の桜は、まだ続きます。

桜を見に行こう、2018。 ⑥

桜の時期もだんだんと終わりに近づいてますが、
花の盛りだった神奈川県の桜を眺めてる話です。

↓ 満開の千本桜

30_201804032307013e7.jpg
大和市内を流れる引地川沿いの
県下屈指の桜の名所でもある千本桜。
正に満開だったその桜並木を眺めてます。

↓ 桜の天蓋が続く
31_20180403230659a0d.jpg

32_20180403230659e76.jpg
桜の時期のココ、千本桜は
とにかく盛大な桜のアーチが
びっしりと続くのが特徴です。
空を遮る桜の天蓋が美しい。

↓ アーチが二列並ぶ
33_20180403230657a72.jpg
川沿いの桜のアーチの脇に
もう一本桜のア-チがあります。
左側は学校の敷地沿いになってて
その前の歩道にも桜並木が植えられて、
川の桜と市道の桜の並木が並走してます。
どっちを向いても桜の景色が並んでる凄い画。

↓ やっぱり見劣りはしてない
34_20180403225931fa4.jpg
何処を切り取っても
他の桜の名所には
見劣りはしてません。
やっぱりすごいです。

↓ 桜が続く
35_201804032259301f0.jpg
延々続く桜に見惚れるばかりです。
どれくらい前からコレがあるんだろう。

↓ モコモコしてます
36_20180403225928421.jpg
引地川を渡る中原街道から眺めた千本桜。
川沿いの桜のアーチはココで一旦終わり。
しかしこの先も桜の並木はまだ続きます。
残念ながら桜見物は、ココまででお終い。

↓ 小田急線江ノ島線・桜ヶ丘駅
37_20180403225927918.jpg
移動の為たどり着いたのは、ココ、桜ヶ丘駅。
名前に違わぬ丘の上の桜の駅になってます。
ええ?桜ヶ丘駅前、こんなに桜にだったっけ?

↓ 桜満開の桜ヶ丘
38_201804032259269ba.jpg
この時期に桜ヶ丘駅まで行った事が無かったことが判明。
そりゃそうだ、今まではだいたい自転車で来てたからねえ。
毎年来られる訳じゃ無いけど、今度来るときには逆打ちで
桜ヶ丘駅から歩き出そうかな、と思いま始めてしまいます。

↓ 桜はそろそろ終わりそうですが、まだ桜の話が続きます。

桜を見に行こう、2018。 ⑤

神奈川県の桜を眺める
プチさすらい旅の話です。

↓ 小田急江ノ島線・高座渋谷駅

小田急線で、大和市内へと向かいました。
高座渋田が最寄り駅の桜の名所と言えば、

↓ 千本桜へ向かいます
22_20180403230901726.jpg
県下屈指の桜の名所のひとつ、
引地川千本桜へと向かいます。

↓ 着いた。
23_20180403230900c33.jpg
途中の行程は思いっきり省いて
千本桜へと到着しております。

↓ 豪快にして繊細。
24_2018040323081125b.jpg
この数日前に、東京の目黒川の桜を見て、
そのすごさに圧倒されたものの、果たして
神奈川県にもやたらと川沿いの桜並木は
多いうえ、うちの近所のコノ桜並木だって
決して見劣りしないはずじゃなかったか?
と思い、時間を造り久々にやって来ました。

↓ ドバっと豪快
25_20180403230810926.jpg
東京都心からお気軽アクセスって訳にはいかないし
お洒落なカフェもショップも無いんだけど、この景色は
桜の枝ぶりや盛大さは、決して負けてない、と思います。
(↑思いっきり神奈川県民的な身贔屓なだけですけどね)

↓ 桜のアーチ
26_20180403230808660.jpg
こんな桜のアーチが
延々続いてるのが
ココの桜の風景です。

↓ サクラの花びらが流れる川
27_20180403230807864.jpg
そろそろ桜吹雪が始まる桜の時期。
川面にはもうちらほらどころでない
花びらが流れてきている感じです。

↓ 親水施設の水際
28_20180403230805093.jpg
親水施設は流れる桜の花びらを眺める
桜見物のお客さんが陣取っていました。
ここ降りて、流れる花びら愛でたかった。

↓ まだまだ続く桜並木
29_20180403230702292.jpg
いやあ、ココはやっぱり桜がスゴイ。
飽きない景色がまだまだ続きます。

↓ 駅からちょっと遠くても、歩いて出かける価値はあり。それが千本桜。

魂心屋で家系。 《後編》

相鉄線でわざわざ大和まで出かけて
家系ラーメン食ってるだけのお話です。

↓ 家系豚骨醤油ラーメン
y7_2017012423324388a.jpg
段々おっさんになってきて、近頃は何となく
家系が腹にもたれるようになってしまっていて
いつでも食べ飽きないあっさり鶏ガラ醤油味の
昔の東京風の澄んだスープのラ-メンばかりを
食べてたのですが、たまにならこんなコッテリ系も
アリかもしれない、と、久々の「家系」にちょっと感動。

↓ ガッツリ系のごんぶと
y8_201701242332403d2.jpg
個人的には透き通った中細ちじれ麺が好きなんですが、
それとは別の、ガッツリ食べる満足感をこれでもか!と、
麺を食らうという、食べる快感が味わえるゴン太な太麺。
下手したら、細うどん並の太さがある強烈な麺で、コレは
20代から喰いまくった、昔馴染みのヨコハマ家系の風情。
近頃は無理っぽいか、と思っていた家系だったのですが、
食ってみると、やっぱりいけちゃうんだというのが再発見。

↓ 店推奨、ラーメンライスの食べ方
y9.jpg
家系には多めについてくる焼き海苔。
コレがお店推奨の食べ方で食べると
ひと味違った物になるのがまた再発見。

焼き海苔をスープに浸してスープを吸わせてから
ご飯に乗せて、らーめん用のコショウをパラリ、
それだけで、今まで多くあまり味わった事が
無いラーメンライスの食べ方になりました。
専門店の推奨は、やはり侮れませんね。
(↑写真では全く分かりませんけどね)

↓ 味玉でリッチ気分
y10.jpg
味玉、頼んどいてよかった。
普通の豚骨醤油ラーメンには
うずら卵の味玉が乗ってますが、
さすがにこれだけでは旨味が不足。
味玉(味付け卵)が一個あるだけでも
リッチ感大幅アップ、選択肢も増えたり。

↓ 味玉でおじや風
y11.jpg
麺を食べきったら、おかわり自由のごはんに
残った具とたっぷりスープをかけて「おじや風」。
ご飯に合う豚骨醤油ラーメンスープだからできる
お店推奨の食べ方のひとつになってたりもします。
ココまで味玉を大事に取っといて投入するのがキモ。
ラーメン、ラーメンライス、スープおじや、美味い喰い方。
みっともない食べ方とか思うなかれ、ラーメンの食べ方は
これ位自由な方が食べた甲斐があるってもんじゃないですか?

↓ まくり
y12.jpg
スープまで完食して、店員さんに申告すると、
一か月有効のサービス券、まくり証明書が
もらえます。今回は、まくってみたのですが
次はいつ行けるのかがわからなかったので
申告はしてません。次行ったときはまくろう。
そしてしばらくハマろうじゃねえか、と思う所。

↓ ・・・強敵が目の前に
y13.jpg
家系ラーメン屋の目の前には、
同じく競合する家系ラ-メン屋。
こんなところに出店するなんて
余程自信があるからでなければ
頭がどうかしてる以外にない訳で、
コレは明らかに前者だと思われます。

麺や鐙(旧・節のソナタ(笑))、どうなる?
麺や鐙は料理が出てくるのが異様に遅い!
それを克服できなければ、明日は無いぞ!
(↑喰ったことがある分、分は魂心屋にあり)

↓ 魂心屋・大和店
y14.jpg
大和駅前は、何気にラーメン屋やたらとある
地味に激戦区になってたりするところです。
そこに乗り込んだ魂心屋には、期待大です。

・・・と思ってたら、なんと、魂心屋って、
厚木IC近くに支店があるんだってさ。
大和行くよりも全然近いんですけど、
そっちもやたらめったら激戦区です。
味噌の金子、ぎょうてん屋、その他
一体どんだけあるねんっていう位
ラーメン屋だらけです、激戦区に
切り込んでいく出店ラッシュって、
一体どれだけ自信があるんだ?

魂心屋、にわかに注目株ですぞ。

↓ 家系ラーメンは、おっさんにとっても青春の味。燃えるぜ!(もたれるけどね)(^^;)

魂心屋で家系。 《前編》

前回とはまた別の日に出かけた時の話です。

↓ ネイビーブルー

海老名駅から相鉄に乗ろうとしたら、
そこに待ち構えていたのはコイツです。
一編成しかないヨコハマネイビーブルー。

↓ 車内のの風景
y2_201701242333343b4.jpg
通勤列車に本革シートを導入しちゃう等、
気合の入った内装の他、色々な贅沢が
あちこちに施されてる、気合の入ってる
ネイビーブルーに乗れるのは稀な事で、
コレに乗れたただけでも僥倖な事です。
で、そんなお出かけの行先は、というと、

↓ 相鉄線&小田急線、大和駅前
y3_20170124233332b1f.jpg
大和の駅前だったりなんかだったりします。

↓ 大和銀座商店街
y4_201701242333314f7.jpg
なんでまたわざわざこの
大和の飲み屋街のひとつ
大和銀座なのかといいますと、
ココのある店が気になってまして。

↓ 魂心屋 大和店
y5_201701242332445b5.jpg
前は、餃子が売りのこじゃれた中華料理屋だったお店が
いつの間にやら家系豚骨ラーメンのお店になってました。
近頃は、家系は腹にもたれて食べきれない体質になって
家系はもうだめだと思ってたのですが、ココ気になりました。
ラ-メン注文すればご飯食べ放題が付いてるっていうのが
ひっかかるきっかけでした、白いごはんでお腹いっぱい、が
だいすきなもんですから。(←なんかもう意地汚いな)(^^;)

↓ 食べ方指南
y6_2017012423324323c.jpg
たかがラーメン食うだけじゃん、とか思うけど、
ラーメンにごはんが当たり前についてくるから
ご飯に合うラーメンとして作ってあるのがココの
お店のラーメンの売りになってるとの事なのです。
東京を中心に結構な支店が出てる店なんですが、
いままで近所に無かった店なので、ちょっと期待大。
で、偶然にもこの日は偶然22日だったりしてまして、
コレは何か数奇な導きによる巡り合わせの様な気が。

↓ ラーメン到着
y7_2017012423324388a.jpg
取敢えず初めてなので、
店で一番のスタンダードの
普通のラーメンに味玉追加。
普通のラーメンにはうずら卵が
一個ついてます。チャ-シューも
脂身多めの、ちょっと大きめでした。
持たれそうなんだけどこういうの好き。

ってところで、以下次回。

↓ 期待高まる久々の家系。おっさんの胃袋は大丈夫か?(^^;)

オークシティー ④

大和市にあるモンスターショッピングモール
イオンモールとヨーカドーが並んで建ってる
オークシティーを散策するお話を続けてます。

↓市役所・オークシティー連絡橋
30_20160304203457782.jpg
オークシティーは、その南端が
大和市役所と直結しています。
市役所へはイオンモールから。

↓連絡橋
31_2016030420345679c.jpg
イオンの屋上駐車場へ続いている
アプローチラインの下をくぐって
橋は市役所へと続いてます。

↓ 大和市役所
32_20160304203454df7.jpg
総人口23万人を超える
大和市の要となるのが
この大和市役所です。
大和市役所、実は
結構太っ腹です。

↓駐車場、使えます!
36_20160304203411197.jpg
土・日・祝日の役所が休みの日には、
オークシティーの臨時駐車場として
役所の駐車場を開放しています。

オークシティーは、大和市の中心近くにあり
大動脈でもある国道246からも近い他に
近所に国道や県道がごっそり走ってて、
さらに何でも揃ってるモンスター級の
イオンとヨーカドーが並び建ってる
最強お買い物スポットなモノで、
週末のこの辺は毎週大渋滞。
オークシティー渋滞などと
地域限定の「通り名」が
あったりするそうです。

イオンもヨーカドーも2軒揃って
上階分の2フロア&地下駐車場、
さらに店舗前に平面の駐車場を
完備しているのですが、それでも
入場待ちの車列ができるのが常。
そんな状況を緩和しなければ、と
大和市役所が休日には使ってない
役所の駐車場を開放してくれてます。

↓でっかいAEON
33_20160304203416189.jpg
市役所側かtら見ると、
オークシティーの入り口は
でっかいAEONの看板でした。
向こうにヨーカドーもありますよ。

↓再びAEON店内
34_20160304203414419.jpg
AEON、イオンの店内は、結構独特です。
専門店街に、フードコート以外の飲食店や
スナックスタンド系のお店や、テイクアウトの
店舗が、ランダムに配置されている感じがあり
激しく目移りするような意外性にあふれてました。
コレ、ただ散策するだけでも、めちゃめちゃ面白い。(^^)b

↓吹き抜け
35_201603042034123a0.jpg
ヨーカドーの大胆で開放的な吹き抜けに比べ
ちょっと規模が小さい感じの吹き抜けなんですが、
下から見上げると、このガラス張りも結構な開放感。
それぞれ比較ができない、面白い特徴がありますよね。
気が付かなっかけど、ここにもでっかい木が生えてました。

↓AEON
38_2016030420330099e.jpg
でっかいイオンモールのでっかい看板。
AEON、イオンは海老名にもありますが、
これほどスタイリッシュでワクワクできる
構成にはなってない感じがしております。
海老名のイオンもこんな風になればなぁ。(←割と失礼だよ)(^^;)

↓IY&AO
37_201603042034106de.jpg
この2ショットって他にもあるのでしょうか?
滅多に見られないこのモンスターっぷりは
本当に、滅多に見かけない超大型です。

↓ヨーカドーのエントランス
39_201603042032586fa.jpg
イオンもヨーカドーも
お客さんを呼ぶために
様々な工夫を凝らしてる
店舗構成を行ってるのが
わかりました、何で近所に
こういうのがないんだろうな?
(↑このモンスタ-羨まし過ぎる)

↓AEON MALL
41_20160304203255b88.jpg
イオンとヨーカドーのセンターにある
駐車場へのアプローチロ-ドには、
でっかいイオンモールの看板があり、

↓7&ⅰ
40_20160304203256f22.jpg
振り返れば、そのライバルでもあり
量販店売り上げ第一位に君臨する
7&ⅰ率いるヨーカドーの大看板。

豪快な進出を地で行っているのに堅実であり
世界最大のコンビニチェーンを擁する7&ⅰと、
相対するAEONは、ヤオハン、ダイエーなどの
歴史ある量販店を次々吸収して巨大化し続ける
化け物じみた発展を続けている量販店業界NO.2。

この2つが同じ敷地に同居する画。
これだけでも滅多に見られないのに
コレが日常になっているというのが
すでに鳥肌モノの戦場の様相です。

ココの互いの切磋琢磨こそが
集客に繫がっているんでしょうね。
他には絶対真似出来ないタッグです。

↓最寄り駅
42_201603042032541e6.jpg
最寄り駅は、小田急江ノ島線の鶴間駅。
お近くにお出かけの際は、ぜひ、この
モンスターが軒を並べている場所で
お買い物での超お安さの恩恵と
小さなワクワク感的なものを
味わって頂きたく思います。

↓モンスターショッピングモール、オ-クシティーへ、ぜひ一度。

オークシティー ③

大和市にある大型ショッピングモール
他では滅多に有り得ない2ショットの
ヨーカドーとイオンが並んで存在する
オークシティーを散策してるお話です。

↓ イオンモール大和
21_20160304203705495.jpg
ヨーカドーの看板の向こうに建っている曲線を描く建物が、
量販業界NO.2であるイオンの、イオンモール大和店です。

↓好対照
22_20160304203702d10.jpg
いかにも整然と、きっちり四角い
ヨーカドー然としているお隣に比べて、
複数のデザインが、混然と連なる様な
アヴァンギャルドなデザインが特徴である
イオンモールの特徴的な容姿が目に入ります。

↓テラスにベンチ
23_20160304203607d9a.jpg
平地の大型駐車場を見下ろしたペレストリアンデッキの上には
西向きで眺めのイイ一段高い場所に複数のベンチが並びます。
春先とか、秋口とかだの陽気のイイ昼下がりに、ココのベンチに
陣取って日向ぼっこなんかしたら、それは気持ちよさそうでした。

↓フロントの吹き抜け
25_20160304203604445.jpg
お隣のヨーカドーと違って、大胆な吹き抜け構造は
フロント部分にあるこのガラス塔の部分だけですが、
ココが、晴れていると異様に日当たりが良いのです。
一階部分はイベントスペースとして活用されていて、
色々なイベントや物販行事が行われれる場所です。
上からも様子が眺められるのが意外に効果的です。

↓フロアガイド
0_2016030622030174a.jpg
案内図の右側が南、左側が北です。
こちらは専門店街が北側に集中し
南側がイオンの大型店舗でした。

↓フードコート
26_201603042036035eb.jpg
フードコートは建物の最上階に位置してます。
なんかご飯食べられる所ばかり追ってますが、
写真撮ってもよさそうな所って、こういう所が
多いんですよね、こっそり写真撮ってるから。 (←割とビビり屋)(^^;)

↓愛称が決まる前の画
27_20160304203602f47.jpg
まだこの長ったらしい名前のハンバーガーの
愛称が決定する前にコレをココで食べました。
愛称何だっけ?北のいいとこ牛っとバーガー

んな名前つけても「ラッキーピエロ」には敵わんぞ。(笑)
いや、コレはこれで、嘘じゃなく美味しかったです。(^^;)

↓ ステーキ けん
28_20160304203500ab7.jpg
フードコート意外にも、レストラン街というわけではなく、
各階のあちこちにこういう具合にレストランが点在し
意外な所で食事できる場所にぶつかるの感じが
嬉しい不意打ちを喰らうようで面白く感じます。

↓ カプリチョーザ
29_20160304203459a90.jpg
いろいろあるのでいちいち載せませんが、
コチラもヨ-カドーに劣らずなんでもござれ。
家の近所にないのがとっても惜しく思います。

↓大和市役所・連絡口
30_20160304203457782.jpg
市役所の北側にあるイオンには
市役所とつながってる所が・・・。

ってところで、以下次回。

↓次回もオークシティーのお話です。続きます。

オークシティー ②

大和市の市役所隣に位置している
有り得ない取り合わせの二強である、
イトーヨーカドーとイオンが並び立った
モンスターなショッピングモールでもある
大和オークシティーわ散策してるお話です。

↓屋内にパームツリー
12_20160304203843db4.jpg
屋内にパームツリーがそびえる3F以上、
ほぼ4フロアぶち抜きの開放的な高い天井が
フロントエリアの売りですね。屋内なのに開放感。
大型ショッピングモールでは、当たり前になっている
多層構造建築から圧迫感を取り除く構成なんですけど、
その中にヤシの木っていうのは、例が少ないと思います。

↓くつろぎのテーブル席
13_20160304203814171.jpg
ドトールコーヒーの店舗前に
店外のテ-ブル席がありました。
上は天井なんだけど、目を上げると
エスカレーターの向こうに吹き抜けが。
屋内の圧迫感を軽減し開放的な空間を
演出するスペースに思えます。 いい感じ。

↓ちょっと外へ
14_20160304203812690.jpg
2F部分は、ペレストリアンデッキになっていて
隣のもう一体のモンスターへとつながってます。
そっちは後で行く事になってますのでお待ちを。

↓1F中ほど
15_20160304203810f7e.jpg
二箇所に設置されたエスカレーターホールから眺めている
パームツリーの根元が、ヨーカドーのフードコートになります。

↓てんこ盛り
17_20160304203808330.jpg
ファストフ-ドから
スナックスタンドからうどんからステーキまで
全体が一枚の写真に納まってくれないない程
飲食店てんこ盛りの状態。コレは飽きないなあ。
コレにでびっとラーメンまであるんだから、コレは
近所にあったら入り浸ること間違いなしと思います。

↓パームツリーの下
16_20160304203809727.jpg
特色は、フードコートとは別に
店舗スペースがある飲食店にも
テイクアウト窓口が多く設けてあり
レストラン席とフードコート席の選択が
できるお店が多い事。ヤシの木の下で
食事がしたかったらそれOKです、という
小さなサービス。でもそれがちょっと楽しい。

↓1階入り口
19_20160305233832cdc.jpg
入ってきた時とは反対側の入り口。
いろいろ雑多な感じがしてますが、
ココがメインのエントランスでは
無いというのが次の写真で
わかったりするのですね。

↓メインエントランスの風格
18_201603042037080cc.jpg
デッキ上部の2階のエントランスがコレ。
割とヨーカドーらしからぬ、ちょっと豪華な
装飾の凝った入口がお出迎えになってます。
コッチの入り口が、お隣に対抗している門構え
みたいに感じてしまいます。力が入ってる感じで。

↓オークシティー、中央部分
20_201603042037082f4.jpg
ヨーカドー、イオン双方が、立体駐車場を完備。
両棟の中央に立駐への入り口のスロープが
並んで設置されています。結構な規模です。
どっちに入るか迷う感じがしちゃいますね。

ってところで、以下次回。

↓モンスターショッピングモール、オ-クシティ-、次回はイオン側。

オークシティー ①

オークシティー。 正しくは、大和オークシティー。
神奈川県大和市の市役所の北側に所在する
大型のショッピングモールの総称です。

ココは元はいすゞ自動車の車体工場だったところ。
自家用車製造から撤退したいすゞの工場跡地は
一般に売却されたのち、大型の商業施設として
2001年から営業。15年も前からありました。

オークシティーの凄い所は、ご存知の方は
もう15年も前から当たり前だと思うのですが
大型一般百貨店としてしのぎを削りあっている
「イトーヨーカドー」と「イオン」が、同じ敷地の中に
隣り合って軒を構えているという、他ではなかなか
見かけることのない、豪胆な配置が存在する事です。

以前もちょっと寄ったり、その隣にある
市役所の話題は出てきていたのですが、
オ-クシティ-そのものを話題にした事が
無かったことに今更の様に気付きましたので
あらためてこのモンスターショッピングモールへ
海老名からわざわざ自転車漕いで出かけました。
(↑車で行けばいいのに。電車でも行けるのに)(^^;)

↓ イトーヨーカドー・大和鶴間店
1_20160304203942b5d.jpg
まずはコチラ、イトーヨーカドー、大和鶴間店。

↓店舗案内図
2_20160304203940645.jpg
3階建てのショッピングモールは、フロントの
吹き抜け部に配置された専門店街のテナント群と、
その奥のイトーヨーカドーの大型店舗による構成です。

↓高い吹き抜け
3_20160304203924535.jpg
めちゃめちゃ高い天井による開放感です
吹き抜けの中にはドカンとパームツリーが
植えられているという大胆な演出もあります。

↓でびっと
4_20160304203922195.jpg
個人的なお気に入りの話で申し訳ありません。
このヨーカドーで、というよりもオークシティーで
一番のお気に入りが、ココです。「でびっと」です。

↓ でびっとラーメン
5_201603042039203c9.jpg
タレント・俳優として活躍する、元お笑いコントユニット
「B-21スペシャル」のイケメン担当、デビット伊藤
tvkの名物番組あっぱれ!KANAGAWA大行進
MCとして10年間も神奈川県内を散策し続けている
神奈川県のプロになってしまったでびさんの経営する
ラ-メンのチェーン店がここ。「あっぱれ!」のおかげで、
「でびっとラ-メン」もすっかりお気に入りになってまして。
(↑相模大野店が撤退しちゃったので、ここまで行きます)

↓あっぱれ!
11_20160304203844cd3.jpg
でびっとラーメンの事の起こりは、お笑いタレントとして
やっていく自信が無いというデビット伊藤に、何か手に職を
付けさせよう、というとんねるずの番組の企画で、ラーメン屋に
マジで修行に行かされて、その経験をそのまんま生かしてみたら、
本当にラ-メン屋として成功しちゃいました、という経緯でしたよね?

↓店舗限定メニュー
6_20160304203918f7d.jpg
でびっとラ-メン開業の経緯はともかく
昼食がまだだったので入店することに。

大和鶴間店限定新発売という
「野菜たっぷりタンメン」を注文。

↓ボケとるやん
7_20160304203917721.jpg
ボケボケでした。でのその名のとおり野菜たっぷり。
ラーメン屋で野菜たっぷりというと、異様に大量のモヤシと
申し訳程度のキャベツが定番ですが、意外と野菜の種類が
多く入っていたのが好印象です。モヤシは多少多目ですけど。(^^;)

↓白湯
9_201603042038476a1.jpg
白濁鶏塩白湯スープと野菜と
中細麺はやっぱり鉄板ですね。

↓完食!
10_20160304203845a00.jpg
昼食完了。ひとここちち。 (ーㇷー)


・・・って、待てこら。


タンメン食っただけか?


ってところで、以下次回。 お粗末。

↓すみません、次回こそちゃんとオークシティーのお話です。 

役所でご飯。

不定期挑戦、役所でご飯。
役所の食堂って意外なほど
安くて美味いのが定番ですよ。
って訳で不定期挑戦役所でご飯。
今回出かけてみたのは、ココです。

↓大和市役所

神奈川県は大和市の
大和市役所、ですの。

↓ レストラン・アミアン
2_201507032355212b5.jpg
市役所の食堂、レストラン・アミアンです。
ココの注文方法は、ちょっと変わってて、
レストランのはす向かいにある売店で
お金を払ってレシートを受け取ると、
それが食券になるというシステム。

↓A定食売り切れ
3_2015070323532688a.jpg
ああ、A定食売り切れ。
A定食って言ったら普通、
その日一番のお勧めです。
それが売り切れてた、無念。

↓C定食
4_20150703235327530.jpg
A定食が売り切れ、B定食は肉野菜炒めっぽかったので、
ちょっとでも変わったものがほしくて、この日のC定食の
オムレツ定食で行ってみることに。これはこれでアリ。

↓意外と野菜多め
5_20150703235323fb7.jpg
千切りキャベツに青菜が入ったサラダと、
オムレツには意外なほど野菜たくさん。
そしてトマトソース、意外なほど野菜。
こういうのが近頃は好きなメニュー。

↓結構だだっ広い
6_201507032353220fd.jpg
海老名市役所の食堂並の広さがある食堂です。
(↑比べるものが地元基準です、ごめんなさい)

↓市役所エントランス
7_20150703235321a53.jpg
比較的お安いお値段で飽きの来ない
特色ある定食を提供する役所のご飯は、
普段はなかなか縁が無いので魅力的です。
近隣の役所でいろいろご飯を食べていますが、
どこも苦心惨憺しながら、毎日のメニュー厚生を
考えているのgが見て取れます。ご努力お疲れ様。
だからたまに出かけるだけでも、そのメニュー構成は
ひときわ目を惹きます。たかが役所のご飯ですけれど、
味わってもる価値は、少なからず、あるとは思うのですよ。

↓役所でご飯は、多分この先も不定期ですが必ず挑戦するでしょう。

大和でサイクリング。 ⑦

神奈川県大和市でサイクリングの話が
まだ続いてます。よろしくついて来て。

↓大下さくら橋
67_20141115214919ba9.jpg
公園前の通りを
西に向け渡る
陸橋がコレ。
この先は、

↓海上自衛隊厚木航空基地
67-1.jpg
対潜哨戒機が駐機してる
海上自衛隊の航空基地です。
眺めがいい写真に見えますが、
実際は鉄条網が付いたフェンスの
細かい網目越しに写真を撮りました。
実施はこんな画を肉眼で拝む様な事は
まず無いと思って下さい。警備は厳重です。

↓階段
68_2014111521491645a.jpg
これ以上先には進めないので
この階段を伝って下へ降ります。
この下は大和市から湧き出ている
引地川の護岸沿いになるのですね。

↓紅葉だけど日陰
69_20141115214915958.jpg
いい具合の紅葉何ですが、
残念ながら全部日蔭です。
もうちょっと早く来れれば
よかったのにねえ。(^^;)

↓千本桜の北端
70_201411152149133d7.jpg
大和市最大の名物とも言える
引地川千本桜の北端部です。
まだ赤い葉っぱが残ってました。

↓千本桜を縦走中
71_201411152148322dc.jpg
場所によってはもう色付いた葉っぱが
のこってたり、まばらだったりばらばら。
所々で、いい色付きの葉をみられたり
全部の風景が同じじゃありませんでした。

↓夕日の紅葉
72_20141115214830e19.jpg
そんな中で、紅葉が霞んでしまうほど
強烈な夕陽が差し込む西日の風景に
出会います。夕陽だっていい景色です。
出会おうとはしていなかったのだけども
こういう景色に出会ったのは僥倖ですね。

↓小田急江ノ島線・高座渋谷駅
73_2014111521482939c.jpg
千本桜のある引地川沿いから
河岸段丘のちょっとした激坂を
上った先の丘の上にある駅が
この講座渋谷駅。ここまでで
もう結構へとへとになってます。

↓お風呂に入りたい
74_20141115214827af5.jpg
この建物の上には、何度も通ってる
行きつけのス-パ-銭湯があります。
今年から経営が変わっちゃって、色々と
違う感じのお風呂になっちゃったんですが、
お風呂入って帰りたかった、だけど寒いので
今お風呂になんか入ったら、確実に風邪ひくよ。
なので、ここは涙をのんで、スル-する事にします。

↓高座渋谷の新しい商店街
75_201411152148267f8.jpg
商店街の出口に、いなげやとビ-バ-トザンという
大型店が出店しているのにそこそこ活気のある
市街区整備で出来上がった新しい商店街。
ココを抜け大和市の南端を目指します。

↓フェンス越しの夕陽
76_201411152146203e6.jpg
大和市南端部にはこんな景色があります。
パンチ抜きされたフェンス越しの夕陽の風景。

↓・・・知らなかった
77_2014111521461849c.jpg
小田急江ノ島線の高座渋谷駅は
その真下に新幹線が通っています。
近くだろう、というのは知ってましたが、
まさか駅ホ-ムの真下を通ってたとは。

↓新幹線通過!
78_20141115214617289.jpg
何の前触れもなく、いきなり轟音を曳いて
新幹線が通過しました。いきなりです。
この出井は、ちょっとだけ怖いかも。
でもそんな景色を眺めていた
幼いお子様連れの親子が
新幹線みられてよかったね?
という微笑ましい会話をしていて、
けっこう和んじゃったりしておりました。

↓紅葉を北上
79_20141115214616e9c.jpg
ココからは帰り道。
延々自転車を漕いで
我が家を目指し走ります。

↓勝手にプロトン
80_20141115214614fe4.jpg
ロ-ドレ-サ-で走ってる少年たちの後ろにつきました。
勝手にプロトン(集団)を組ませてもらって空気抵抗軽減。
でもそれだけじゃ申し訳ないので、桜ヶ丘から大和までは
僕が全力で先頭を引きましたよ。ついて来てるかどうかは
確認しませんでしたが、引いてもらえたので楽出来ました。
ありがとうございました。またどこかで出会えたらいいね。

っていうところで、大和でサイクリング、ここで終了です。
ながながとお付き合い、誠にありがとうございました。

↓大和市は、まだ見所がありそうな気がしてなりません。

大和でサイクリング。 ⑥

大和でサイクリングの話が
まだ続いてます、ついて来て。
どうぞよろしくお願い致しします。

↓引地台公園
59_2014111521513882b.jpg
公園に入ったのとは反対側の
南側のエントランスに来ました。
いやあ、引地大公園、広いですね。

↓紅葉
60_201411152151363c8.jpg
色付きの良い紅葉の風景です。
既に一週間ほど前の画ですが
いい色付きに、なっていました。

↓落ち葉の公園
61_201411152151345c7.jpg
一面が落ち葉の公園の風景。
こういうの、なんか惹かれます。
キレイな秋の景色がありました。

↓赤い木
62_20141115215032d64.jpg
そろそろ夕日になる頃合いの中に
いい具合に赤く染まった木が。
これ、結構ツボにはまる
色付き具合でした。

↓プ-ル
63_20141115215031d71.jpg
屋内市民プ-ルです。
派手なル-プがついてる
ウォ-タ-スライダ-がある
大がかりな温水プ-ルですよ。
大和市、市営施設が充実してる。

↓コレは椿か山茶花か?
64_20141115215029872.jpg
椿か山茶花かは確認できませんでしたが、
冬の花が咲いてました。こういうの好きです。

↓菊花展
65_201411152150288a7.jpg
菊花が展示されるテントが
複数展示されたいました。
そういう時期なんですね。

↓モニュメント
66_20141115215027cee.jpg
公園の中心にあるモニュメント。
後方には鮮やかな紅葉です。
引地台公園、結構いいです。
機会があれば、ぜひ一度。
と、お薦めちゃんです。

ってところで、以下次回。

↓山の紅葉、見に行きたいな~。

大和でサイクリング。 ⑤

大和市でサイクリングしてきた話が
まだまだ続きます、次の目的地は
下の写真に案内されてる場所。

↓至る、引地台公園
46_20141115222219b8d.jpg
大和市の市街地で再び南下を開始。
次の目的地へ向かっているところ。

↓案内図
47_2014111522142008a.jpg
近隣の案内図にも、デカデカと記載される
コチラの公園へ向かうことにしています。

↓ 引地台公園 
48_20141115221419fc3.jpg
野球場や温水プ-ルやバス用駐車場まで備える
大型の公園で、大和市でやるイベントなどでも
たびたびメイン会場として使われる事がある
という話は聞いた事があるにはありますが。
公園の中に入るのは今回が初めてです。

↓車寄せ
49_20141115221418ada.jpg
メインエントランス前の車寄せ。
名称看板が見事にデカいです。

↓引地台公園
50_20141115221417334.jpg
遠くからだとちょっと解り辛かったので
一応アップで、「引地台公園」です。

↓自転車侵入可
51_20141115221415a6a.jpg
自転車で入ってっていいんだ。
そういう総合公園っていうの、
近頃は少なくなってるのに。
マナ-を守って安全運転。
それは心がけましょう。

↓紅葉
53_2014111522115269e.jpg
ちょっと色付きの良い駐車場の広葉樹。
まだまだ見ごろの紅葉があるんですね。

↓ ドカベン?
52_201411152211540df.jpg
野球場にネ-ミングライツ?
だけど、ドカベンって、まさかあの?

↓大和スタジアム
54_201411152211511b8.jpg
市営球場なんですが、たしかに
ドカベンスタジアム」という表記が、
そして↓こんなものが設置されてます。

↓里中 智!
55_2014111522114972c.jpg
ピッチャ-!さとなかさとる!
サイドアンダ-の独特の投法で
超低空から伸びのある速球を放つ
明訓高校の小さなエ-ス、里中智。
里中がいるんだったら、やはり当然!

↓山田太郎 !!
56_2014111522114862b.jpg
明訓高校野球部の司令塔、
キャッチャ-にしてスラッガ-、
穏やかなる巨砲、山田太郎の打席。

いやあ、子供のころ見たマンガで、
続編とかプロ野球編とかははさっぱり
見なかったのに、すらすら設定が出てくる。
子供のころ見たものって、影響大きいですね。

↓・・・バット曲がり過ぎ
57_2014111521514035d.jpg
・・・凄いスイング。

大和市のスポ-ツ法人が管理して、
原作者、水島新司先生に協力を頂いて
モニュメントや壁画を配して、球場の愛称を
ドカベンスタジアムとする事になったのだそうで、
大和市内の高校野球の試合会場にも使われます。
球場は高校球児の憧れの舞台であるというイメ-ジで
「ドカベン」をモチ-フにスタジアムを飾ったのだそうです。

↓桜葉の散った風景
58_20141115215138541.jpg
とかなんとか盛り上がってばっかりもいられません。
紅葉が散った後の公園の遊歩道を移動しながら、
どうせだったら、少しだけでも綺麗に色づいてる
木々を探し、自転車を押して歩いていきます。

ってところで、また次回。

↓がんばれがんばれドッカ-ベン!や-まだた-ろお-♬ (だいぶ懐かしい)(^^)

大和でサイクリング。 ④

大和市でサイクリングのお話が
まだまだ続きます。よれちき。

↓紅葉
31_20141115222832569.jpg
国道467号線、藤沢町田線沿いの
紅葉の並木道を南下中の風景です。
ここまでは結構自然が多かったので、
そうじゃない場所へ向け移動中です。

↓高架駅
32_20141115222721f18.jpg
見えてきました。
人工物感炸裂の
電車の高架駅です。
大和市の中心部です。

↓ 大和駅
33_20141115222719b07.jpg
高架の小田急江ノ島線と、地下ホ-ムの相鉄線が
立体交差する、大和市最大の旅客利用数を誇る
大和駅へやってきました。何をするわけでもなく
大和駅付近をぶらついたり、友人と飲んだり、
個人的にはわりと結構な頻度でやってくる
なんだかんだ結構好きな駅でもあります。

↓散策コ-ス
34_201411152227189c1.jpg
国道246号線から境川沿い、僕が走ってきたコ-スは
駅から歩くと2時間ほどあれば回れるのだそうです。
自転車だと、恐らく一時間もかかりません。ううん
自転車って、意外にパワフルだった、再確認。
(↑今更それか? だけどパワフル、事実)

そう、歩いて駅の周りを歩くと、意外に疲れちゃって
やりたくないことが、自転車だと楽ちんなんですね。
この後の景色が、そういうものだと思って下さい。

↓相鉄線大和駅地下路線入口
35_2014111522271618f.jpg
南北に通る小田急江ノ島線とほぼ直角に交差する
相鉄線はこの柵の向こうで、地下のホ-ムへ向け
地下へと進んでいくのですが、その線路の上部は、

↓暗渠の上は遊歩道
36_2014111522271528a.jpg
地下、といっても実際は丘の上にある駅へ向け
切り通しのように地面を掘った線路の上に
ふたをするように遊歩道が設けられて、
それがまっすぐ駅まで伸びています。

↓大和駅(横浜側)
37_2014111522262927f.jpg
端っこまで歩いて行くと3ブロック程移動します。
電車で行くと、端っこを見るのにはこの道を
往復しなきゃいけないので歩くのが大変。

↓大和駅(海老名側)
38_20141115222627f54.jpg
さらに反対側の海老名側にも
暗渠構造を覆う遊歩道があって、
そっちの端っこまで見ようとしたら
遊歩道全部を往復する事になって
少々覚悟の要る散歩になるんですね。
(↑過去にやりましたがネタにならず没)

↓遊歩道に機械室
39_20141115222626a6c.jpg
相鉄の駅関係の機械室が
地上に飛び出している所が
あったりしますが、この先は
親水施設があったりもします。

↓長い遊歩道
40_20141115222625617.jpg
海老名側の方が遊歩道が長く
横浜側の倍近い距離があります。

↓ふれあいの森 泉の森
41_20141115222623c8b.jpg
遊歩道の先には、ココから流れ出し
鵠沼海岸へ注ぐ引地川の水源地
泉の森があり、そこへの案内が
歩道にペイントされています。
以前はなかった案内です。

↓日陰になってきた
42_2014111522222537c.jpg
建物に陽がさえぎられていて
段々と日陰が多くなってます。
寒くならないといいんですが。

↓端っこ
44_20141115222222fd9.jpg
コチラが海老名側の端っこです。
そのすぐ先が厚木基地の北端。
駅からはえらく距離があります。

↓駅方面
43_20141115222223aa9.jpg
駅ビルの背中がちょっと小さく見えるほどの距離。
歩いてココと駅を往復するのは、ちょっと大変です。

コチラ側の遊歩道は、夏に行くと、親水施設に
冷たい水が流れているので、いい涼になり
ちょっと楽しいのですが、今は寒くなって
水も止まってるので景色が寒々しくて
ちょっと見所が少なくなっています。

そんなところで、以下次回。

↓遊歩道を、ただ移動しただけのお話でした。

大和でサイクリング。 ③

大和市でサイクリングの
お話を続けております。
それでは続きをどうぞ。

↓境川
19_20141115223055074.jpg
前回から引き続いて、境川沿いを移動中。
境川はこの先で、国道246号線をくぐります。

↓デカい
21_20141115222948daa.jpg
生コン工場の施設、遠くにあるのにデカく見えて、
そして、なんかこう、「動く城」っぽくも見えますね。
(↑見えませんか? 無理がある?どうだろう?)

↓・・・瀬谷区?
20_20141115223054e3f.jpg
ポケット地図でル-トを確認しながら走ってたのですが、
境川は大和市の市境を流れているんですが、一部は、
横浜市瀬谷区が食い込んでいることが判明しました。
ほんの数メ-トルだけ、横浜市でサイクリングです。

↓藤沢・大和自転車道
22_20141115222946460.jpg
境川のココ、国道246号線沿いからスタ-トして
江ノ島の付け根まで延々と続くサイクリング道路。
こんなものまでありました。知らず知らずのうちに
この道は下流の方で確実に走ったことありますね。
そのうち走破してみたいサイクリング道路ですよ。

↓サイクリング道路
23_201411152229469c0.jpg
境川は、かつて暴れ川と称されていたこともアリ
田園風景の中に流れる川は、結構な勢いで
蛇行を繰り返す川、その蛇行のお蔭もあり
川沿いの景色も目まぐるしく変わるので
これは走っても楽しそうでいいですね。

↓東名高速道路
24_2014111522294307e.jpg
ほんの少し走っただけで
いきなり東名高速道路と遭遇。
目の前にあるフェンスがそうです。
サイクリング道を走ってたいですが、
このあたりで走る方向を変えてみます。

↓道祖神
25_2014111522294214b.jpg
素朴な道祖神が通りの角にあります。
国道246号線と、東名高速という
大動脈に挟まれてる場所なのに
ちょっとした里山っぽい感じの
田舎然とした景色があります。
(↑その写真を撮って来いよ)(^^;)

↓なんかある
26_20141115222837fe2.jpg
東名沿いから、河岸段丘のちょっとした
坂を登って、住宅街に入ったところで、
小さい交差点の角にいきなりコレが
出現しました。コレ何なんだろう。

↓街角の王様
27_20141115222836e6b.jpg
王様です。街角の王様は、悠然と構えて
国民の往来を見守っているのです。
ということなのでしょうかね?

↓見守っておるぞ
29_20141115222835bc1.jpg
気を付けて己が道中を行くがよい。
苦しゅうない、世が見守ってしんぜよう。
みたいな感じであらせられる、と思い置き
王の御前を離れさせていただく事に致します。

↓紅葉の並木道
31_20141115222832569.jpg
まだ色付ききっていない広葉樹の並木道。
まだあるじゃんか、早く散っちゃったのは
桜の葉っぱだけ、だったみたいですね。
県下の山地のカエデやブナの紅葉は、
聞けばもう十日ほど先なんだそうです。
でも、桜の紅葉は、見損ねたことには
まだショックから立ち直れない程です。
この先、それを補ってくれる景色は
あったりするでしょうか?少し期待。

ってところで、以下次回。

↓大和の風景は、まだまだ色々なものが出てきます。

大和でサイクリング。 ②

普段行く所がほぼ決まっちゃてるので
それ以外の大和市へ行ってみたいぞ、
という、それだけの理由で行ってみた
大和市でのサイクリングのお話です。

↓つきみの駅
10_2014111522320500e.jpg
県道54号線が走る跨線橋から見た、
降りたことのない駅、つきみ野駅。
この先はちょっと寄り道します。

↓東急田園都市線
11_20141115223135859.jpg
東急田園都市線沿いに少し進むと、
電車は鉄橋で橋を渡るのですが、
ココはその鉄橋の下なんです。
神奈川県民にとっての常識、
都県境は多摩川、ですが、
ココにはもうひとつの
都県境の河川が。
それが「境川」。

県下をうねうね下って、
江ノ島の付け根の
片瀬海岸に注ぐ
かつての暴れ川が
境川になるんですね。

って、ファ-ストコンタクトの
写真が撮れてなかった。
(↑構成下手か?)

↓水道橋(すいどうきょう)
12_2014111522313439a.jpg
大がかりな金属製の
水道橋が架かってます。

↓横浜市水道局所管
13_20141115223132149.jpg
横浜市が管轄する水道路ですが、
大和市と東京都町田市を跨ぎます。
確かコレ、今は相模原市になっている
旧藤野町の辺りから来てるんですよね。
横浜市の水は、神奈川県下でも有数の
キレイな水源から引かれているんですよ。

↓親水施設
14_201411152231311d4.jpg
境川沿いの遊歩道は
キレイに整備されtますが、
意外なほど景色が変わらない。
ちょっと飽きる感じではありますが
車の心配なく走れるのは安心ですね。

↓東京都の所管
16_20141115223059d67.jpg
標識がありました。ココまでは
東京都の建設事務所管理。
神奈川県側もそうなんだ。

↓神奈川県の所管
15_20141115223130f96.jpg
ココから下流は神奈川県の
建設事務所の所管です。

↓ガラリと変わる
17_201411152230575d1.jpg
標識のある場所の護岸の景色ですが、
管轄が変わっただけで、護岸に使われる
ブロックとか建材のデザインだとかが色々、
こんなにいきなりガラリと変わっちゃうですね。
なんか統一感が無いのが変な感じがしますが。(^^;)

↓国道246号線
18_20141115223057ee3.jpg
高架で跨いでるのが国道246号線。
しょっちゅう混んでる大動脈です。
その246号線を脇目に見つつ
大和市の先へ向かいます。

というところで、以下次回。

↓町田市、横浜市、大和市が複雑に入り組んでる場所を通過してます。

大和でサイクリング。 ①

電車以外の交通手段で向かうのが億劫なばしょでもあり
何度も通過はしてるし、ココへはよく行くという目的地も
いくつかあるところなんですが、それ以外の場所へは
あまり行かなかったのが、神奈川県・大和市です。
今まで行ってない場所へいったら、ひょっとして
面白いかもしれない、というただそれだけで、
大和でサイクリングがはじまりました。

↓国道16号線
1_20141115223813126.jpg
大和市の北の端っこからスタ-トします。
スタ-ト前に激坂を越えるル-トで行くと
最後まで持たないかも、とビビったせいで
逆に勢い余って相模大野を経由しました。

↓ココから大和市
2_20141115223812bec.jpg
小田急小田原線、相鉄線、東急田園都市線という3路線と
国道16号線、国道246号線、東名高速道路が走り
大動脈をいくつも張り巡らせた交通の要所であり
自衛隊の航空基地までを擁しているのが
23万超の人口を抱える 大和市 です。

↓16号線立体交差
3_20141115223810195.jpg
交通量の多い16号線は、ココの交差点で立体交差し、
信号を減らして渋滞を軽減する仕組みになってます。
高速道路並の構造を備えてる大カ-ブが↓こちら。

↓カ-ブ
4_20141115223809341.jpg
写真の奥の方へ向かうと、いきなり町田市に入り、
国道246号線と交差する大渋滞の交差点に突っ込み、
再び横浜市にINした直後に、県下有数の渋滞スポット
横浜町田インタ-チェンジへ到ります。毎日混んでます。
早朝とか夜中とかというような、交通量の少ない時以外は
個人的にはなるべく避けて通りたい場所でもあるんですね。
(↑渋滞が猛烈に嫌いです)(^^;)

↓駅舎
5_20141115223807c39.jpg
交差点から交差する県道54号線に入り、
少し先に行くと、電車の線路を跨ぎます、
そのすぐ近くに、電車の駅がありまして
その駅舎がコチラ。初めて外から見た。

↓ 東急田園都市線・ つきみ野駅
6_20141115223211009.jpg
小田急線が走る中央林間駅を始発駅に、
町田市、横浜市港北区、川崎市溝の口を通り
二子玉川、駒沢、三軒茶屋を経て渋谷に至る
なんかおしゃれな所いっぱい停まる路線です。
その昔は渋谷駅から始発のお世話になったり
縁があったのですが、今はほぼ南町田駅にある
グランベリ-モ-ルへ行く以外は使わないです。
行動範囲が異様に狭くなってる、という事を自覚。
そのかわり、移動には体力使うようになってます。

↓向こうが始発駅
7_20141115223210ec2.jpg
つきみ野は始発駅から2番目の駅で、
よく行く目的、南町田は次の駅です
個人的には降りないのも道理ですね。

↓つきみ野東急プラザ
8_20141115223208113.jpg
駅周囲にある「つきみ野団地」の中にある
駅前のテナント群の商店街がこちらです。
特に買い物する用事がなかったので
残念ながらスル-なんですけど、

↓気になる
9_201411152232077ef.jpg
JAZZ蕎麦

めちゃめちゃ気になる。

お腹減ってたら
間違いなく直行でした。
今回は食後だったので断念。

そんなところで、以下次回。

↓行った事無い所が結構ある大和市で、明日もサイクリング、です。

串カツ・祭。

↓ 串カツ・(まつり)
1_20130928214242ebb.jpg
半月ほど前の事。友人と大和で飲んだ時
ワタクシの串カツ好きを知っている彼に
紹介されたのが、コチラの串カツ専門店。
串カツの専門店。このカテゴリーだけで
個人的にはもうツボにはまった状態です。

お口の中が~!串カツまつりじゃ~!! (←ハラシさ~ん)(笑)

↓安っ!
2_201309282139080d5.jpg
串カツは、一本90円(税込み94円)から。
たくさん食べても財布にやさしい庶民派価格。
やっぱり串カツはこうでなくちゃいけません。

オマケにこの時は、19時までのタイムサービスで、
生ビール(中)が、一杯100円の価格破壊っぷり。

↓ソースとキャベツと牛串カツ。
3_201309282139077ea.jpg
バットに入ったジャブ漬けのウスターソースと
てんこ盛りでおかわり無料のざく切りキャベツ。
そして、大変お安い価格が嬉しい牛肉の串カツ。
本物の大阪流の串カツ屋や~。 \(≧ヮ≦)/

↓ドテ煮
4_2013092821390639e.jpg
メニューにはドテ煮まで。
これぞ完全装備の大阪串カツ。
ココまで完璧なのは久しぶりです。
(↑探せばあちこちあるんですけどね)

ってか、何でそのドテをわざわざ隠してる?
(↑ドテと串カツのツーショットだったらしい)

↓夏野菜の盛り合わせ
5_201309282139064a1.jpg
飲みに行った時は、まだ暑さの厳しかった9月上旬、
まだまだ旬だった夏野菜の串カツがイチオシメニュー。
気の利いた季節の野菜の串盛りが、割と破格のコノ値段。


↓夏野菜
6_20130928213902ddd.jpg
ナスやアスパラなど、夏らしい野菜の串カツの5本盛り。
付いてきたのはカレー塩、ソース以外でも美味しいく
頂けます、夏野菜のカレーみたいなおしゃれ感だね。

特筆は、なかなかカツにはならないズッキーニと
近頃ではなかなか出会わない激辛のししとう。
小さいピーマンじゃ無い、辛いししとうは
ちょっと久しぶりで新鮮な感動でした。

こうなると、季節メニューで
次に何が来るのか気になります。
冬は、牡蠣か?タツ(白子)か?
気になる!めちゃめちゃ気になる!

↓串カツ・祭
7_201309282139011a3.jpg
本格的な大阪串カツが
けっこう近所で食べられる
ちょっとツボなお店を発見です。
機会あらばまた出かける事でしょう。
でも大和、気軽にふらっと出かけられる
そんなお店としては、ちと遠いかもしれない。

↓串カツまつりじゃ、わっしょい!わっしょい!(←ハラシさ~ん!)(笑)

桜を見に行こう2012 ③

まだまだ桜が続きます、
桜を見に行こう2012。
今回は、またも大和市は
引地川沿いのお話です。

↓厚木基地北端付近
1_20120411202547.jpg
先週の厚木地1周の際
走ってきたル-トを走って
引地川沿いに北上しています。

↓ふれあいの森
2_20120411202546.jpg
大和市の泉の森の南部にある
同じ引地川沿いの親水公園。
「ふれあいの森」です。

この日は桜満開直前の日曜日。
シーズン到来とばかりに、川沿いには
公園バーベキューがびっしりと陣取ってました。

↓サクラとチューリップ
3_20120411202545.jpg
色がたくさんあって
にぎやかな風景ですね。
見てて気分が華やぎます。

で、ココをもうちょっと先に行くと、

↓泉の森・しらかしの池
4_20120411202544.jpg
水源の森から流れ出る引地川の大型貯水池。
東名高速道路と国道246号線の間に
見事に挟まれてるのに野鳥の宝庫。
カワセミまでが自生するという
泉の森のしらかしの池の桜。

↓鳴き声を聞いた。
5_20120411202544.jpg
コノ写真を撮る直前、姿こそ見ませんでしたが
カワセミの「クケケケケケケケケケケケケケ」
という大音量の鳴き声をすぐ近くで聞きました。

コノ池には、カワセミの写真や
動画撮影を専門に狙っている
プロ並みの機材をそろえた
アマチュア写真家達が
大勢通ってくる程。


6_20120411202543.jpg
それほど豊かな森です。
大和にはスゴイ自然がある。
ソコにはこんなに綺麗な桜もある。
ココはやっぱり行って見る価値アリです。

はい、まだまだ桜が続きますよ。

↓桜を見に行けるのは、今週末までかな?

桜を見に行こう2012 ①

↓桜が咲きました。
3_20120409204649.jpg
今年は寒かったから桜も咲くのも
ずいぶん遅れてるねえ、なんて言ってたら、
開花宣言とほぼ同時に、急に気温があがり
好天に恵まれた事も手伝い、関東一円の桜は
2週間前の台風並みの爆弾低気圧もモノともせず、
あれよあれよという間のたった一週間経っただけで、
満開一歩手前までに至ってしまったという具合です。

先週ブログネタを探した時には
桜はまだ硬いつぼみだったんですから、
桜の開花までの勢いは、まあスゴイもんです。

で、桜が咲いたらそりゃあもう、
なすべき事はたったのひとつ。
出来得る限りの勢い任せで
花見に奔走することです。

そんなこんなで、
今年も始めます。
「桜を見に行こう」

まずはココ!

↓引地川・千本桜

大和市、泉の森を水源とする引地川沿い。


2_20120409204650.jpg
小田急線、桜ヶ丘駅~高座渋谷駅間、
約5kmの両岸に約1000本の
ソメイヨシノが植わっている、
県下屈指の桜の名所です。

↓花見客がわんさか
4_20120409204648.jpg
花見に出かけたのは、桜が一気に
5分咲きを突破した日曜日の昼下がり。

↓桜の天蓋
5_20120409204647.jpg
自転車で大体1時間弱こぎ続けて、
先週行ったばかりの厚木基地南端から
引地川沿いへ向けてサイクリング。
この土日が、桜まつりにあたり
人出は最高潮に達してました。

↓あたたかい日差しの下
6_20120409204646.jpg
ココの桜は、やっぱり見に行く価値アリです。
この引地川沿いの桜は住宅街の中とは思えぬ、
圧倒的なスケ-ルの桜の枝振りが売りです。
いつもゴミゴミしますが、例え人ごみの中でも
見に来てよかった、と思わせる桜の景色を備えます。

↓ほぼ満開
7_20120409204646.jpg
桜は概ね7分咲きを越えています。
既に満開の枝も多く見られました。
来週末には盛大な桜吹雪でしょう。

桜の時期が過ぎ行くのがもったいないので
これからしばらくは桜尽くしで参ります。
宜しくお付き合いの程をお願い致します。

以下次回!

↓桜が咲きました!桜を見に行こう!!

湯船から大山を眺める。

神奈川県伊勢原市にある、大山丹沢山系の玄関口。
江戸時代からの山岳信仰、阿夫利神社参拝、つまり
「大山参り」の地でもあり、かつての参道が
現在の国道246号線になった、という歴史は、
神奈川県民にとっておなじみの「阿不利山」こと
現「 大山 」(「だいせん」ではなく「おおやま」)です。

わが家の窓からも眺められる大山を
さらに遠景の絶景のパノラマで、
しかも高い所から思いっきり
リラクゼ-ションと共に
眺められる場所に
出会いました。

↓ 高座渋谷駅
1_20110610232710.jpg
小田急江ノ島線・高座渋谷駅、西口。
桜の頃に千本桜見物で訪れて以来ですが、
この駅前の複合商業施設、「IKOZA(イコーザ)」
の中にソレがあります。

↓ ここち湯・大和
2_20110610232710.jpg
相鉄グループが運営する
ほぼ天然温泉を供給する
入浴施設のひとつがココ。
残念ながらこの施設だけは
天然温泉ではありませんが、
屋上に設置された天空露天風呂など、
充実したお風呂の数々と、とある借景が
ドカン!と存在しております。

↓大山、・・・のはず。
3_20110610232710.jpg
目の先には、引地川河岸の住宅地と
その向こうには遮るモノの無い厚木基地、
そしてその向こうに海老名市外と、
巨大な大山の堂々たる遠景。

晴れてさえいればねえ・・・。

念のため言っておきますが、写真は
湯船から撮影したモノではありませんよ。

↓串カツでビール
4_20110610232710.jpg
食事どころの窓から見える風景です。
食事どころで軽く一服。串カツとビールで一杯
(↑商品名は「串揚げ」です)

お風呂から大山、
一杯飲みながら大山。
なんか、大和市にいるのに、
大山が異様に絶景。
とても良いです。

疲れたら、厚木基地を行き来する飛行機を見ながら
大山の絶景を眺めて、体を緩めるリラクゼーション。
これはなかなかハマるかもしれませんですよ。

ちなみに、ここち湯会員カ-ドは、ここち湯全店で有効です。
僕の海老名店のカードでも会員割引OKでございました。

↓ここち湯・大和、どですか?

・・・気になる。

町で見つけたちょっと気になるもの。

↓ダンス喫茶
01_20110603234809.jpg
・・・なんかこう、落ち着かない場所
みたいな感じがしてしまいます。
お茶が飲めるダンスフロア
みたいなモノなんでしょうかね?

↓JAZZ割烹
02_20110603234809.jpg
想像しにくい和洋折衷。
どんな雰囲気の中で
どんな食事ができるのか
メチャメチャ気になります。
いけるモンなら行って見たい。

以上、小田急線の大和駅近辺で見かけた
ちょっと想像力が追いつかない
気になるジャンルのお店
のお話でした。

↓探せばもっと凄いものがあるのかもしれません。

轟音が通る場所

ココのところ数日、
わが家でも会社でも
毎日のように上空を
轟音が通りすぎていく
そんな状況が続いてます。

わが家の窓から、相模川の上空を
キレイな編隊を組んでまっすぐ飛んでいく
轟音の主を眺めることもおおくありました。

神奈川県で、時々起こる
空に響く轟音、といえば
その主はココへ降ります。

↓厚木飛行場
FA18-0
海上自衛隊と航空施設を共有する
アメリカ海軍厚木航空施設
(Naval Air Facility Atsugi)
公称は、未だに「厚木海軍飛行場」
という、通称「厚木基地」です。

↓ F/A-18
FA18-1
横須賀港を母港とする空母から発進した
戦闘攻撃機、F/A-18の編隊は、
相模川上空を北上し座間市内で旋回、
大和市と綾瀬市にまたがる厚木基地へ
ランディングアプローチを行います。

↓降下中
FA18-2
基地上空で一度ショートターンを行ったコノ機体は、
滑走路とは180°反対側を向いた状態でギアダウン。
もう一度旋回を行いすべるように高度を下げてきました。

↓目の前通過
FA18-3
着陸に備えた降下中は、出力を落としながら
アプローチライン上を飛行しているため
向かってくるときの音は意外に静か。

↓轟音
FA18-4
出力を絞って静かに思えたものの、
ノズルがこっちを向いたとたんに
機体が轟音を曳いて飛んでいる事が
解りますが、画では解りません。
コノ画の中には、モノ凄い爆音も
一緒に通過しているんです。

↓滑走路へ
FA18-5
目の前を轟音で通過する戦闘攻撃機、音がデカい!
と思うのは、実はコノ後。ランデイングと同時に
リバーススラスト(逆噴射ブレーキ)をかけますが、
この時の音が、離陸時のアフターバーナー
(アクセル全開状態)と並び、殊更に轟音を発します。

このあと大和の駅へ向かったのですが、
案の定、コノ爆音は大和駅前でも聞けます。

暇な休日に、爆音が気になって
わざわざ出かけて見て来た滑走路際。
滅多に見られない戦闘機の飛ぶ風景は、
平和な毎日の中ではもの凄く非日常的。
たまに観るには面白いかもしれません。
でも、爆音・轟音の通り道がある風景は、
「毎日こうだと、こりゃあ泣けてくる」。

↓近隣に住んでると、それほど楽しくないのが厚木基地。


↓こんなのが・・・

続きを読む

桜を見に行こう⑤

↓桜
7_20110413235839.jpg
引地川沿いに連なる桜の屋根、
ものすごく壮観な桜並木
その名も「千本桜」。
千本桜散策の
お話です。

↓さくら祭り
8_20110413235835.jpg
地元商店会のイベントは、
震災の閉塞に負けずに開催中でした。
おでんや焼きそばなどのスナックメニューと、
お茶やジュ-ス、ビ-ルやお酒などの販売もやってました。
関西転勤前は、毎年仕事でココの通りを走っていたので
今年のこの状況でも、お祭りをやってる景色を見られると、
なんだかホッと胸をなでおろすような安堵感です。

↓紅葉
9_20110413235834.jpg
さくらの名所は紅葉の名所、ソレを現す見事に真っ赤に染まっている
桜並木の写真が飾られていました。これ以外にも引地川周辺の
四季の風景の納めたアマチュア写真が展示されていました。
住宅街のど真ん中なのに、季節によって見所がたくさん。
そういう場所って、なんか凄くいいですよね。

↓アーケード
10_20110413235834.jpg
ピンクのアーケードのように
頭上を覆う桜の花のア-チは
いつ見ても惚れ惚れします。

↓親水施設
11_20110413235830.jpg
護岸の高い位置から川面まで
歩いて降りられる親水施設が
数箇所設置されています、

川面近くから見上げる桜も
花までの距離が変わるので
いい感じになりますよ。

↓桜
12_20110413235830.jpg
ちょっとばかり満開を過ぎてしまった感がある今年の桜です、
今週末はもう、盛大な桜吹雪の風景になりそうですね。

↓桜並木
13_20110414000231.jpg
コノ桜の咲き具合は、
来年見る時とは違うはず。

↓振り返る
14_20110414000231.jpg
僕が関西転勤から帰ってきたので
京都の桜を見られなくなったのと同じで、
また来年にこの桜並木の桜の花を見る事が
出来るかどうかは、現在まだわかりません。
見る日の開花状況や、天気や、気温や
いろいろなものが違いますから、
同じ桜を見ても、見る時によって
同じ桜でも別のものです。

だから、桜は毎年のお楽しみ。
今しか見られない景色ですから
せめて桜くらい楽しまなくちゃ。

↓桜花見はコノ時期だけのお楽しみです。


↓補足

続きを読む

桜を見に行こう④

自転車で桜見物に出かけたお話。
お次の桜は引き続き大和市の桜。

↓最寄駅
1_20110413001906.jpg
小田急江ノ島線、高座渋谷駅。
お目当ての桜は、ココから西へ
500mほど行った所にあります。

↓その名は「千本桜」
2_20110413001906.jpg
小田急江ノ島線と並行する
引地川沿いの、住宅街の中を
約1.5㎞にわたり続いている
桜並木の風景が、この千本桜です。

↓遠景
3_20110413001906.jpg
遠くから見るとこんな風。
住宅街のど真ん中を突っ切るように
モコモコとした桜並木が横たわります。

↓入口
4_20110413001906.jpg
高座渋谷駅から西へ歩く事15分程、
(自転車では大体5分程でした)
なかなか出てこなかった桜が
見えてくるのがこのあたり。

↓桜
5_20110413001906.jpg
大和市・泉の森を水源とする引地川は
水源池の森も、盛大な桜の風景でしたが、
下流にも、「コレでもか!!!」という位の
ものすごい規模の桜の景色が続いています。

↓桜の天蓋
6_20110413001906.jpg
「空を覆う」と言う表現がハマる
惚れ惚れする位の桜の風景が
引地川の両岸に出現します。

以下次回!

↓桜の天蓋、その名は千本桜。

桜を見に行こう③

前回、小田原の桜を見に行った翌日が、
公休消化のため休日になったので、
引き続き桜見物のお話です。

今回の桜はご近所編。
自転車で桜見物です。

↓泉の森
1_20110411223841.jpg
まずは、ココ。
大和市に水源を発する
引地川の水源池の森の公園

参考までに、泉の森の過去記事もどうぞ↓

海老名と厚木と神奈川県 ⇒ 泉の森①~④、&番外編

ココは紅葉の名所であると共に
有名な桜の名所でもある自然公園。
カ-ナビに桜情報が出ちゃうくらいの
見事な桜の風景が存在する場所でもあります。

↓しらかしの池
2_20110411223828.jpg
カワセミが住み付いている
水源地下流の大池のほとりには
ものすごい桜の風景が見られます。

↓引地川の源流
3_20110411223816.jpg
ココから旅立ち湘南へ注ぐ引地川の
流れを見送るような盛大な桜並木です。
桜吹雪の頃には、川の流れに花びらが乗って
見事な景色になるんじゃないでしょうか?

会社の帰り道、コノ近所を走る
国道246号を毎日通るんですが、
コノ近所、道上に散った桜の花びらが
風に吹かれて渦巻いている風景を眺められます。
大和市は、ものスゴく桜に恵まれているんですね。

↓ちゅーりっぷ
4_20110411223801.jpg
桜の花のほかにもいたるところで花盛り。
真っ赤なチュ-リップの花壇があったりします。
桜の風景以外にも見所がいっぱいありますから、
見頃が終わっちゃう前に、ぜひ花見散歩をどうぞ。

・・・外出してる間は、家の電気使わないし、
自転車で出かければことさらにエコです。
節電対策に花見散歩は、いかがですか?

↓桜の時期はあとわずか、出かけるなら、正に今です。

節のそなた

ラ-メン屋の美味いまずいは人それぞれだから、
判断するのは食べた人に任せることにして、
大和市にあるラーメン屋さんのはなし。

節のそなた
1_20101119003600.jpg
ローカル局(J:COM)の番組、
とある駅周辺を集中的に取り上げて
ご紹介するご沿線情報ナビゲーション系
バラエティー番組「駅なび」にて、
大和駅周辺が取り上げられた時に
このお店を紹介してまして、
行ってみたくなりました。

番組で暴露してましたが、
お店のネーミングは・・・、
モロに「冬の~」をパクったそうです。(笑)

濃厚魚介系スープが売りのコチラ。
テレビで見て行きたくなった要因は、
麺の盛りが、普通盛りから大盛りまで
どれを選んでもお値段が同じ、という所。
お得じゃないですか(←食い意地張ってんな)

↓あつ盛り海老つけ麺
2_20101119003600.jpg
麺は太麺。湯で上がりまでには
10分ほどかかります、が、
これは待つ甲斐あります。
食べ応えのあるモチモチの太麺が
大変な満足感を与えてくれます。

濃厚魚介系、というと、とんこつ醤油スープに
魚粉を振っただけの名ばかりの魚介系が
横行してる風潮の中、ココのスープは
下処理がしっかりしている事が感じられ、
嫌な臭みが気になりませんでした。
(↑あくまで個人的な感想です)

つけダレにはほんのりと甘味があり
驚くほどの具沢山、乾燥エビの粉末を
溶かし入れると、風味が変わって
最後まで飽きずにぶっとい麺を
すすり終われます。
かなり来ました。
美味いっス。

つけダレは最後にス-プ割が可。
スープ割をしてもらう際に
ゆず風味を加えてくれるので
最後はさっぱりとスープを
飲み切れます。

↓ラーメン
4_20101119003559.jpg
んで、
別の日にも行っちゃいました。
今度はラ-メンに挑戦。
この具沢山振りを見よ。
(味玉はオプションで追加)

麺はつけ麺と同じ太麺です。
つけ麺以外でもイケるこの
麺のボリュームは
お値段にたがわず
GOODです。

美味しくてボリュームのある
嫌味の無い濃厚魚介系
ラーメン&つけ麺。
なんだか、しばらくの間は
用が無くても大和に行ったら
コレになりそうな勢いで
ハマりはじめてます。

↓節のそなた、このおなかいっぱい具合、侮りがたし。

泉の森・番外編

↓三重県警
6_20101114234836.jpg
大和市の水源池の森に
なぜだか三重県警の
おまわりさんが…。

↓理由のひとつ
7_20101115005327.jpg
大和市の水源地の森、泉の森の南側。
敷地の南端には相鉄線が通っており、
その更に南にあるものの警備ために
三重県警の巡査がいらっしゃいました。
写真にその理由のひとつが写ってます。
おわかりでしょうか?

↓F/A-18F(複座)
8_20101115005327.jpg
泉の森の、相鉄線をはさんだ
その更に南側の向こうには、
米海軍と自衛隊が使用する
厚木基地」があります。

おりしもこのときは、パシフィコ横浜にて
APECの本会議が開催されようとしていた頃。
米大統領が日本に到着する直前でもありました。

開催地の横浜みなとみらいはもちろん、
対米テロの警戒のため、厚木基地周辺にも
全国から集められた警察官の皆さんが
警備を展開していたその風景です。

↓アフターバーナー
9_20101115005327.jpg
この日は、午前中から轟音を引きながら
戦闘機や輸送機が、厚木基地にバンバンと
着陸を繰り返している状況でした。

泉の森の真上を轟音を引いて、
戦闘攻撃機、F/A-18が
ランディングアプローチする。
そんな景色も目撃しました。

↓テイクオフ
10_20101115005326.jpg
帰りに基地を眺めたときは、
午前中に来た戦闘機が
帰っていく風景です。

水源地の森の静寂の真上に、
音速を超えて飛ぶ轟音の戦闘機。
なんだかちょっと不思議な風景が、
当たり前にあるんですね、ココには。

↓神奈川県民以外には衝撃の事実!厚木基地があるのは厚木じゃ無いんです!!

泉の森⑤

大和市の市街地のど真ん中にある
水源地の森、泉の森のお話です。

↓エントランス
1_20101114233825.jpg
泉の森の南側、ふれあいの森にある
駐車場へつづくエントランス。
ここにはちょっとした
見物があります。

↓ふれあいの森 ハーブガーデン
2_20101114233825.jpg
階段の脇には、段段状に配置された
様々なハーブの花壇が広がります。

↓シーズンオフ
3_20101114233825.jpg
ハーブは全く守備範囲外なんですが、
どうやら今はシ-ズンオフらしいです。
季節ごとに麗しい花々が咲くんでしょう。
ちょっと残念。

↓大型風車
4_20101114233825.jpg
エントランスの正面には
この大型風車があります。

このタイプは、岩盤の下の地下深い地下水を
風車によってくみ上げる灌漑用のものとして
米・豪などの乾燥地帯で使われますよね?
普段見かけないものなので目を引きます。
目を引いた真下に売店、何かの作戦なのか?

手造り郷土賞記念碑
5_20101114233824.jpg
泉の森のみどりののかけ橋は、
市民が自然と親しむための
環境づくりの姿勢が評価され
平成4年に賞を受けました。

市街地の真ん中に、豊かな緑と
水源池の自然環境が守られている
泉の森は気軽に行ける癒しスポット。
ぜひ一度お試しいただきたい場所です。

↓・・・三重県警?
6_20101114234836.jpg
なぜ神奈川県に?
しかも大和市に
三重県警が?

大体お分かりでしょうが、以下次回!!!

↓泉の森、気軽に自然を満喫できる癒しスポットです! どですか?

泉の森④

大和市の市街地にある
水源地の森、泉の森を
散策してきたお話です。

↓水車小屋
2_20101114225343.jpg
昭和のはじめまでは、割と当たり前に
存在した生活の身近に存在した水車小屋。
現在は従来の目的で使用される事が無いもの
ですが、水車小屋が存在する風景を残そうと
平成元年から建設されたのがこの水車小屋。

水車小屋が何に使われるものなのかを
パネルで表示もしてあります。
実働する水車小屋って、
子供達はみた事無いですよね?
(僕も見たことは無いんですが)

↓ターゲットは野鳥
1_20101114225343.jpg
アマチュアカメラマンさんたちが
野鳥撮影のために砲列を作っています。
豊かな自然が売りの泉の森。
そろそろその水源を
見て見たいと思い
公園内を移動。

↓国道246号線
3_20101114225343.jpg
神奈川県の東西を結ぶ
大動脈のひとつでもある
国道246号線の高架が
公園内を横切っています。
246、デカいんだな・・・。
ココをくぐるとすぐに水源地。

↓水源池
4_20101114225342.jpg
水源地は池になります。
このフェンスの向こうには
大池・小池の2つの池があり
ココで生まれた二級河川・引地川が
神奈川県の真ん中辺をくねくねうねって
鵠沼・江ノ島、相模湾へ流れて行くんです。

↓水源池図説
5_20101114225342.jpg
残念ながら水源池自体は
一般公開がされていません。
清流が生まれる大切な場所は
ちゃんと守られているんです。

↓引地川の水源池。町中とは思えないちょっとした静寂がココに。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる