FC2ブログ

大雄山線沿いで散歩する話。 ⑦

大雄山線沿線で散歩してるお話です。

↓ 営業中?

移動中に見かけた、お店も無いのに営業中の幟。

↓ 野菜の自販機
2_2019082700091702a.jpg
そこにあったのは、地場野菜の自動販売機。
コレ、農家さんのハウスの前にありました。
なんだか普段見かけないモノでイイ感じ。

↓ 日陰が無いなあ。
3_2019082700091641c.jpg
次の駅を目指して歩きますが、
めちゃめちゃ日陰が無いです。

↓ 南足柄市に イ---------ン! (←from ブギウギ専務)
4_20190827000914941.jpg
このネタ、もういい?

それはともかく、南足柄市に入ります。

↓ 相模沼田駅入口
5_201908270009139bb.jpg
交差点に、次の名前が出てきました。

↓ 相模沼田駅
6_20190827000841a8b.jpg
コチラも創業は大正時代という駅です。

↓ 複線ホ-ム
7_201908270008404ed.jpg
単線運行の電車がすれ違う
複線ホ-ムの駅、何か久々。

↓ 完全に暑さに負けてる
8_20190827000838c32.jpg
駅周辺の名所案内があったのですが、
完全に暑さに負けてしまっているので
観光地が目に入らずスル-してました。

↓ 相模沼田
9_201908270008366ce.jpg
完全に暑さ負け。早く電車に乗りたい、冷房恋しい。
炎天下で暑さにさらされつづけると、こういう感じで
熱中症への恐怖から思考力まで削られていきます。

↓ 電車来た!
10_20190827000835fb2.jpg
やった電車来た!これで涼める!
(↑やってて楽しいのかコレ?)(^^;)

↓ ってところで、以下次回。 このひと区間は、完全に暑さに負けました。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 《帰り道編》

延々多摩川沿いを散歩してきて約12kmを
踏破した帰り道の光景でお茶を濁します。

↓ 多摩川、神奈川県側
1_20190720232747627.jpg
多摩川河口の、ちょっと衝撃的な風景を見た帰り道です、
工場とか物流基地とかのフェンスを横目に来た道を帰る。

↓ シロツメクサの花が咲いてる
2_201907202327460e0.jpg
最寄り駅まで向かう途中で見た
クロ-バ-の咲く公園の敷地。

↓ 殿町第二公園
3_20190720232722f6b.jpg
東急ホテル近くのかなり広い公園。
何にもせずにこの公園で晴れた日に
ごろごろ昼寝だけする為訪れたい公園。

なんでこんな遠くにあるんだろう、
家の近所に欲しい場所ですよね。

↓ 線路がたくさん
4_201907202327219a1.jpg
人道橋が盛大に線路を渡る景色。
ココは、JR貨物の川崎湾岸の
工業地帯へ向かう貨物線が
めちゃめちゃ集まる所です。
めちゃめちゃ線路ですな。

↓ こじましんでんえき
5_20190720232719641.jpg
京急線お始祖なんだけど
今は支線の扱いになってる
終点にして始発駅がコチラです。

↓ 良く歩いたから、帰りは京急線
6_20190720232718353.jpg
ってところで、帰り道は電車で
乗換駅の川崎駅へ向かう事に。

最期はまたもや「多摩川どこ行った?」という展開ですが、
これにて、延々多摩川沿いを散歩する話、これにて終了。

↓ JR川崎駅、ちょっと悲しい景色
7_20190720232716f15.jpg
JR川崎駅の、珍しかった駅ラ-メン屋、直久が無くなって久しく、
久々に見たら蕎麦屋になってました。 めちゃめちゃ悲しいぞ。
(↑ココの店員いけ好かんかった、ちきしょう、直久返せよ)(^^;)

↓ ってところで、多摩川沿いを延々散歩、これにて終了。おつかれちゃ~ん。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑫

そろそろ終着点に到達してしまいそうな
延々多と摩川沿いを散歩するお話です。

↓ 背ビレの群れと高い塔と、重機の群れ 

駐機場の旅客機の尾翼の群れ、
高い塔のように見える管制塔、
そして空港の新規施設を建設する
やたらと高い重機の群れが林立です。
何かもう見惚れてしまう光景があります。

↓ 見た事無い背ビレがたくさん
2_20190719233636171.jpg
ココから見える場所は、国際線タ-ミナル近辺なので
ちょっと見た事が無い旅客機の背ビレが沢山なのです。

↓ さざ波が「が立つ川面
3_20190719233636c36.jpg
午後になって潮が揚がって来たのでしょうか?
ココまでベタ凪だった河口付近の川面が
あさざ波だって来ました。結構長い間
歩いてきました、何せ12kmです。

↓ 何か造ってるぞ、
5_20190719233635b73.jpg
建設現場近くにあった解説掲示によると
コレは河口近くの川崎側の物流施設から
羽田空港施設への最短アクセスを目指して
道路を建設しているところ、なのだそうですよ。

↓ あと1キロ!
4_2019071923363348d.jpg
そうこうするうち、こんな案内が出ました。
多摩川河口まで、あと1Kmになりました。
徒歩あと15分位という所まで来ましたよ。

↓ 唐突な告知が出た⁉
6_20190719233525a23.jpg
突然現れた告知がこれ、
サイクリングロード終了。
そしてこの先行き止まり。

↓ そして、唐突に旅は終わる。
7_20190719233524c39.jpg
え?ここが終点なんですか?
ってかちゃんと書いてある。

ココが、多摩川河口です。
そう書いてありますから。
思ってたのと違う。(^^;)

↓ 確かに行き止まりです。
8_2019071923352234d.jpg
ああ、確かに行きどまりになってます。
そうかあ、ココが人辿り着ける河口なんだ。
この先には埋立地の人工島があるんですが、
そこまでは歩いて行けないんですね、そうなんだ。

↓ 見えるのは羽田の施設
9_20190719233521951.jpg
多摩川河口から見えるのは、羽田空港の施設だけ。
東京の空の玄関口は多摩川の河口にありけり、です。

↓ 遠くへ旅立つ旅客機の姿
10_2019071923351939e.jpg
まあ、こういうエンディングも、ちょっと面白いですね。
多摩川沿いを延々散歩、これにて完結、と思うでしょ?

↓ 忘れちゃいけない、帰り道編が待ってます。 で、以下次回。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑪

カテゴリは神奈川県なのに、見える景色は
対岸の東京都の景色ばっかりになってる
延々多摩川散歩のお話になっとります。

↓ アレが遠くに見えてきた 

多摩川を河口まで下ればまあ当然そこに
見えてくるアレがぼんやり見え始めました。

↓ 河口まで2.4km
2_20190718230539873.jpg
河口まで12km、って所から歩き始めた散歩は残り2.4kmへ到達。
アマチュアランナ-でも体が温まってきた、その程度の距離ですが、
てくてく歩いてココこの距離は、散歩としてはなかなかの達成感。

↓ なんだこれ?
3_2019071823053845e.jpg
0.7? J?
(↑ いやいや、考えろ、どうにもアホだろこの発想)

↓ 2.0でした
4_20190718230536ca8.jpg

5_20190718230535ade.jpg
後2.0km歩けば河口に到達。
残すところ、あと30分程度で
神奈川県下の多摩川制覇!
(↑そんな目的だったの?)(^^;)

↓ キング スカイフロント
7_201907182304592ec.jpg
元々この辺の土地は、いすゞ自動車川崎工場と
三愛石油のLPガスターミナルがあった場所で
それらが撤退した土地を、再開発に充てた。
そういう土地柄になってるのだだそうです。

↓ 高い塔と背ビレの群れ
6_20190718233357788.jpg
もう結構目の前に見えてきました。
広大な土地にそびえる高い管制塔と
駐機場に並ぶ旅客機の尾翼の群れが。
羽田空港の施設群の光景が見えてます。

↓ テイクオフ!
8_201907182304571e8.jpg
滑走路を飛び立った旅客機が
ひっきりなしに空へ上ります。
いやあグッとくる景色です。
(↑飛行機も大好きです)

↓ 東急ホテル(TOKYU REI HOTEⅬ
9_20190718230457561.jpg
東急ホテル、前は川を渡った羽田に敷地があったのが
昭和の東京オリンピックの年に開業したとの事ですが、
1990年代に羽田再開発で姿を消してしまいました。
羽田空港敷地内にも新しい東急エクセルホテルが
あるそうなのです、対岸の川崎にも東急ホテルが。
なんか、最新型なのに、ちょっとノスタルジック。
(↑あくまで個人的で勝手な感想になってます)

↓ デカい木製ベンチ
10_201907182304558f8.jpg
なんかすごいのあるなあ、
歩いてきた疲れを数分癒す。
ちょっと息抜きし、終点を目指す。

↓ ってところで、以下次回。です!

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑩

多摩川の神奈川県側を延々散歩してる話です。
大台の10回目に到達してるけど、まだ続きます。

↓ 大師河原
1_20190717231552cac.jpg
川崎市川崎市、大師河原という地名の
中瀬というのがこの界隈の地名です。

↓ 東京のベイエリアが近いのね
2_20190717231424793.jpg
ココまで歩いてきた中でも目立って
高層建築の密集度が上がってます。

↓ 凄くわかりづらいけど
3_2019071723142342e.jpg
斜張橋はもう首都高湾岸線です。
そんでもって、その向こう側には、
やたらと高層クレ-ンが林立中。
景色が数年で変わる東京湾岸が
すぐ目の前にせまっている訳です。
この辺りへ来るとそこにあるモノに
目を惹く物がやたらあったりして。

↓ へリポ-ト
4_20190717231421c82.jpg
河岸にいきなりへリポ-トをあらわす
巨大な「 🅗 」の文字が登場します。

↓ 大師河原河川防災ステーション
5_20190717231420311.jpg
ココは実は防災ステ-ション。大師河原河川防災ステーションは、
洪水による被害を防ぐための水防活動や、洪水・地震による
災害復旧時の最前線基地として、水防活動スペース、
復旧用備蓄資材などを備えた多施設。その他にも
河川や近隣の干潟に居る生物を展示する施設
などを備え、公園も併設される施設になってます。
京浜河川事務所と川崎市が共同で整備したものだとか。

↓ 大師ジャンクションと料金所
6_20190717231419ed4.jpg
県下屈指の「わかりづらい自動車専用道入口」という少々不名誉な
評判が付いてるジャンクション。でも大丈夫だよ、今じゃもうとっくに
海老名ジャンクションの方が県下屈指の不可解な渋滞名所だから。
(↑地元民だけどあそこ通るのには覚悟が要ります、海老名JCS)(^^;)

↓ すごいもの
7_20190717231054f5c.jpg
めっちゃ派手なモノがあります。アソコは、
川崎大師の自動車用のお祓い所スぺ-ス。
年明けの参拝時はこのだだっ広い駐車場全部が
ディズニ-ランドの日曜祝日並みに一杯になります。
それ以外に使ってないんなら、何かイベントスぺ-スに
出来ないもんだろうか?食フェスとかやったら凄そうなのに。

↓ テトラポッドを造ってる。
8_2019071723105202f.jpg

9_20190717231051bd4.jpg
おなじみの消波ブロック、テトラポットです、が、
テトラポットに限らず、消波ブロックというのは
台風クラスの防雨風波浪による高波をモロに
その身に浴びつつ波を打ち消す性能が必要で
そのためには、相当の重量が必要となります。
工場で造って現場に運ぶと、輸送する車両が
規格外になってしまったり、輸送コストがもう
半端無い額に上ったりするので、じつをいうと
海岸沿いや河川敷にテトラポットの型を置いて
そこにコンクリ-トを流し込んでその場で造る。
という工程が一般的な製造方法になっています。

↓ つるつるの新品テトラポッドがたくさん。
10_20190717231050ddf.jpg

11_201907172310499bc.jpg
これから護岸の為に海に投入される
つるつるピカピカのテトラポッドが
ドカドカ並んでる景色がちょっと
ワクワクする風景に見えてます。
(↑大丈夫なのか?その感性)(^^;)

↓ コイツの名は「テトラポット」ではなく「テトラポッド」、しかも登録商標、なのです。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑨

延々多摩川沿い散歩です。まだ続きます。

↓ 向こうは東京都
1_20190716232603565.jpg
神奈川県側を延々歩いて河口を目指して歩いてます。

↓ 河口まで 5km
2_2019071623260182c.jpg
最初歩き始めた時は12Kmくらいあったのに
今は、あと5kmになっています。歩いてきた~。

↓ なんかある!
3_20190716232600bd5.jpg
歩てきたらなんか出てて来た!
水門ですが、なんか珍しイ。

↓ ブロッコリ-、じゃないよね?
4_201907162325586fd.jpg
川崎市の〇マ-クの上に
なんかモコモコしたものが、
野菜?いや、違ってるのな?

↓ 川崎河口水門(登録有形文化財)
5_20190716232557bfb.jpg
登録有形文化財に指定されているのが
コチラの水門。1928年竣工の水門です。

↓ かっけえ
6_2019071623245631d.jpg
水門の上についてたのは
川崎市の銘産の果物です。
梨とかブドウとか桃とかです。
そういうのが名物だったんですね。

↓ 水門の先の景色
7_20190716232454d4b.jpg
多摩川に注ぐ水門の先の景色。
なんかめっちゃ和みますよねえ。

↓ 河口まであと少しみたい
8_20190716232452411.jpg
河口まで12Kmっていう所から歩き出して
なんとなく、河口が近くなってまいりました。

↓ ラジコン禁止 ゴルフ禁止
9_20190716232451ce0.jpg
河川敷には散々ゴルフ場があったのに
場所によっては禁止。ラジコンも禁止です。
ラジコン禁止って、主にドロ-ンのことかな?

↓ 河口まであと4キロ
10_2019071623244979d.jpg
おお、あと4kmで河口です。
よくまあ歩いてきたもんです。

↓ ってところで、以下次回!

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑦

カテゴリは神奈川県なのですが、
思いっきり川崎市の話を続ける
延々多摩川沿い散歩の話です。

↓ 視界の隅々に、ビルが建ってます

だんだんと川崎市最大の市街地、
JRと京急の川崎駅近辺へ迫ります。

↓ 消波ブロック出現
2_201907122331020cf.jpg
河口が近づいてきたからなのか、
河岸に消波ブロックが出現です。
え?もうそんな地点まで来たの?

↓ 河岸にビル群
3_2019071223310060c.jpg
どんどん都会の景色が近づいてきます。
今までの河岸のだだっ広さが嘘のよう。

↓ 鉄橋です
4_2019071223305965e.jpg
川崎駅近辺で多摩川を渡る鉄橋って言ったら、
JRと京急のあの鉄橋です。遠くまできましたね。

↓ いきなり都会的な景色が
5_201907122330571ed.jpg
ちょっと交差点に近づいたら
いきなり都会の風景が出現。

↓ 川崎駅が近いのは良くわかる
6_20190712233025cc0.jpg
200m先で曲がるとすぐに川崎駅。
大師とか浮島とか、知ってる地名が
出てくるようになりました。都会だぞ。

↓ 鉄橋間近
7_20190712233024cd1.jpg
川崎市最大の市街地から、
すぐに多摩川を渡る鉄橋が
すぐそばまで迫ってきました。

↓ JRの鉄橋
10_20190712233020f26.jpg
JRの鉄橋。ココまでが、川崎市幸区。

↓ 京急の鉄橋
9_20190712233021c13.jpg
ココから先が、川崎市川崎区。
区境の場所までやってきました。

↓ 自動車教習所
8_20190712233022ae5.jpg
JRの鉄橋と、京急の鉄橋の、狭間の土地にある
自動車教習所、何年も前から見てる場所ですが、
近くで見るのは初めてです。ここ、なんか面白そう。
というのが、学生時代からのちょっとした興味でした。

↓ ってところで、以下次回。次回はもっとディープに多摩川沿いです。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑥

延々散歩の多摩川です。

↓次はココ
10_20190710225042952.jpg
延々歩いて辿り着いたのはココ。
川崎市のデッカい市街地の
すぐそばにある施設。

↓ ゲ-トがある
1_20190712000812211.jpg
結構な広さ、どころかだだっ広い敷地に
竿洞が作られていてなんかゲ-トがある。

ココは、地方競馬場、川崎競馬
出走する競走馬の調教施設です。

↓ 都会のど真ん中に馬が走る場所
3_20190712000808812.jpg
競馬馬が出走を前に、調教を行う場所がココ。

↓ 厩舎群
4_20190712000745b9c.jpg
馬の生活の面倒を見る厩舎職員の皆様が
泊まり込み、というか在住しながら面倒を見る
厩舎群がずらりと並ぶ光景が、ドカンとあります。

↓ 川崎競馬の拠点
5_201907120007431d9.jpg
数キロ離れた競馬場へ、競走馬を運ぶ専用車両が
敷地内にゴロゴロ止まってる、競馬場の拠点です。

はっきり言って競馬には興味ないんですが、
地方競馬場という独自の世界を回している
歴史ある施設、というのがちょっと興味です。
そういえば、競馬場には行った事が無いなあ。

↓ でっかいアンテナがある
6_201907120007421ee.jpg
なんか、敷地の端っこに、やたら7デカい電波関係の施設が。

↓ ラジオ日本
7_20190712000741a07.jpg
コレはもろに偏見なのですが、
公共ギャンブルの実況と
株式市況と、巨人戦の
放送だけで持ってる、
それがラジオ日本
みたいな気が・・・、
(↑ごめんなさい、偏見です)(^^;)

ココはラジオ日本の中継局のひとつだそうです。

↓ 川崎駅前が近づいてくる
8_20190712000740b85.jpg
ココを過ぎれば段々と、
川崎市最大の繁華街、
川崎駅前が近づきます。

↓ ってところで、以下次回。ラジオ日本様、軽口叩いて申し訳ありませんでした。(^^;)

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑤

いろいろ頓挫と停滞を挟みつつ、
多摩川沿いを延々散歩する話を
前回の続きから続けて参ります。

↓ 緑のタ-フ
1_20190710225200bcc.jpg
タ-フ、ちはつまり日よけ。いやいや、日よけじゃないし。
河川敷を通る通路に掛かるのは緑色のネットでありました。

↓ これは、ボール除け?なのかな?
2_20190710225159052.jpg
この通りの河川敷側は、じつはゴルフ場でして、
これは日よけでなくてボール除けの防護ネット。
不意に意図しない所に飛んだ玉から通行人を
守るための施設、なんだろうなあと理解します。

↓ ネットが切れてる所は水門の施設
3_201907102252018a2.jpg
周りにプレイヤ―がいないことを確認し、
打つ姿勢に入った人がいないときに
素早く通過する必要があるのが
水門施設の所、管轄が違うようで
水門施設の敷地上には防護ネットが
掛けられない模様です。気を付けてね。

 第二京浜
4_20190710225157ccd.jpg
第二京浜、とは、全然思い出せずにいたもので、
調べてみたら、1国、つまり国道1号線の事で、
東京都大田区から、横浜市神奈川区までの
ちょっとした愛称の様なものなんだそうです。

第三京浜は多摩川を渡る自動車専用道路、
第2京浜は国道1号線の事、って事になると、
第一京浜って、どこの事?となどと思うでしょ?
第一京浜は、旧国道1号線の事を差す様です。
鶴見から神奈川区へ行く国道15号線の事です。
なんか新しくなる順に立派になっていってますね。

↓ 交通量半端無い。
5_20190710225156b4f.jpg
ココは渡れないぞ、どうしようか?

とか思ってたら、この橋のたもとに
橋をくぐって向こうへ行ける歩道が。

↓ 今度はゴルフ練習場
6_20190710225048510.jpg
橋の向こうには、めちゃめちゃ広大な
ゴルフの打ちっぱなし練習場が出現。

↓ 装甲車っぽいのが・・・
7_20190710225047438.jpg
窓という窓に鉄格子が張り付けられた
装甲車みたいな車がフィールド走ってる。

打ちっぱなしで飛んだゴルフボールを
回収するための車両、なんですね。

ボールを回収施設を設置できない
河川敷でボールを改修する手段ですね。
なんかマッドマックスに出てきた奴っぽいけど。
こうしとかないと、飛玉でボコボコになるんだろうな。(^^;)

↓ だだっぴろい
9_20190710225044c6e.jpg
ココで打ちっぱなし、やってる人にはきぶんいいんだろうなあ。
ゴルフはゲームで出来ればいいので、興味ないんですけどね。 

↓ ココがクラブハウスらしい
8_201907102250457ab.jpg
なんだかやたら立派なクラブハウスが存在します。
ココがツボな方もたくさんいらっしゃるんでしょう。
こんな所でも、けいざいがまわってるんだなあ。

↓ 次はココです。
10_20190710225042952.jpg
次に見えてくるのはこんなところ。

↓ ってところで、以下次回。まだ多摩川です。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ④

多摩川沿い延々散歩、まだまだ続きます。

↓ これはサイクリングロード
1_20190708232115f34.jpg
延々歩いているこの道は、
多摩川両岸に設置されている
サイクリングロードになってます。
もちろん歩いて移動しちゃいけない
とかいうそんな訳にはなっていません。

左から、多摩川、河川敷の施設色々、
堤防のうえのサイクリングロードそして
堤西の主要幹線道路が一望できる景色。
この景色、どこでも見られる訳では無いです。

↓ 河口まで10km
2_20190708232113cb1.jpg
前回のガス橋が河口から10.5㎞地点。
河口まではあと12kmからスタ-トしたので
ここまで約2km、たった30分歩いただけです。
それだけなのにやたら楽しい場面が多いのです。

↓ ロボっぽい
3_20190708232111cc7.jpg
こういう送電鉄塔ってのは、
昔のアニメの敵ロボっぽい。
と昔から思ってるんですけど、
こればかりは伝わらない様です。

↓ コレって何なんだろう
4_20190708232110d07.jpg
送電線の真ん中についてるこの金具の名称は
解らなかったのですが、ネットによるとコレは
鳥がとまると困る場所に設置される金具。
例えば、自分の家の上に送電線が通ってて
鳥がとまって糞されちゃ困る場所がある場合
電力会社に申し込むと、そこに設置してくれる
鳥がとまるのを防止する金具なんだそうですよ。

調べるまで知りませんでした、そういうモノなんだ。

↓ 無人のランニングトラック
5_20190708232108ab6.jpg
河川敷にはこんな施設もありました。
大型の陸上競技用の砂地のトラックです。
ココで記録会とか運動会とかするんでしょうか?
どこに頼めば借りられるんだろう。借りないけどね。

↓ ココまでが中原区
6_20190708231955cc2.jpg
ココまでが中原区でした。

↓ ココからが幸区
7_201907082319537af.jpg
ココからが川崎市幸区になります。

↓ ムサコ と シモマルコ
8_20190708231951d41.jpg
多摩川を挟んで向き合う様な摩天楼群、
武蔵小杉と下丸子の街並みが一望に。
徐々に先へ先へとあゆみを進めている
そんな実感が見えるのが楽しいです。

↓ 芝生にハトが山のように
9_201907082319515c2.jpg
わかりづらいのですgが、この斜面の芝生には山盛りというほど
ハトが羽を休めながら、せっせとエサをついばんでおりました。

↓ なんか出てきた
10_201907082319490a3.jpg
河川敷に、緑色の屋根の様なものが出現しました。
これっていったい何なのか、ちょっと気になります。

↓ 気になるものは、次回紹介の予定です。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ③

多摩川沿いを延々散歩した話を続けます。

↓ 海から12km

時速4kmで歩けば、大体3時間で
海までたどり着ける距離に到達です。
頑張ってやってみよう、という決意です。
(↑特に意味がある行動には思えないけど)

↓ 下丸子の高層建築群
2_20190708005838435.jpg
前回はちょっと遠くに見えていた
東京都側の下丸子のビル群が
段々近づいてくるのが面白い。

↓ 拡幅
3_20190708005837d8a.jpg
ちょこっと道路幅が広がりました。
それだけなんですが、小さな変化が
なんだかいちいち楽しくなってきました。

↓ ハト
4_20190708005836957.jpg
小さな水門施設の鉄柵に
ちょこんととまるハトの姿。
ただそれだけなんですが、
やたら画になる風景です。

↓ 橋がある
5_201907080058347e8.jpg
ちょっと先に橋が見えてきました。

↓ アンダ-パス
6_20190708005144c1c.jpg
下をくぐれば交差点を回避できる、
遮るものがない川岸を歩いてると
交差点はめんどくさくなりますから。

↓ ガス橋?
7_201907080051432df.jpg
ガス橋って、なんだろう?
聞いたことがあるけど
すっかり忘れてる。

↓ ガス橋
8_2019070800514100f.jpg
場所としては9東京都大田区下丸子と
神奈川県川崎市中原区上平間の間の
間に掛かっている片側一車線の橋です。

東京ガスの鶴見にある製造所から
東京都側にガスを供給する為の橋で、
初代は昭和9年に欠けられたモノです。

↓ 両側にガス管
9_20190708005140a1e.jpg
最初はガス管の上に歩道がかかる
人道橋だったものが、ガス管の増設で
車道橋になって、改修工事等があったりで
現在の橋は三代目の橋になっているそうです。
色々知らないことだらけ。こういう発見は楽しいぞ。

↓ ガス橋通過
10_20190708005138857.jpg
小さな発見や知らなかったことを知る
ただ散歩してるだけで、得るものもある。
こういう経験はちょっと久しぶりな感じです。

↓ 以下次回。多摩川沿い延々散歩は、あと10㎞ほど続きます。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ②

多摩川沿い延々散歩の話題に戻ります。
前回は多摩川が出てきませんでしたが
今回以降ははめちゃめちゃでますよ。

↓ こんな路地を抜けていきます。

前回の最後に出てきた、日枝大神社の脇から
東へ抜ける小さな路地が河原への近道らしい。

↓ 階段
2_201907062210209c2.jpg
ココを上って道路を渡ると、河川敷に出ます。

↓ JRの線路の南側
3_20190706221019d60.jpg
先ほどくぐってきたJRの
線路の南側に出てきました。
その向こうにちょこっとですけど
スカイブル-の丸子橋が見えます。
けっこうわかりづらい画なんですどね。

↓ ゆっくり走ろう
4_201907062210184a8.jpg
多摩川沿いには両岸に、整備された
サイクリングロードが存在しています。
ココは神奈川県側サイクリングロード。
自転車事故が色々問題視されれる中
ココには、ゆっくり走ってね?っていう
お願いがデカデカプリントされてました。

↓ ちょっと歩いただけで
5_20190706221016652.jpg
ちょっと歩いただけで、さっきの鉄橋の
全景が見えてきました、景色が変わる
そういう瞬間を、たくさん見られます。
歩いて進むのがちょっと楽しくなる。
自転車だったらもっと楽しいかも。
(↑多摩川まで自転車持ってけない)

↓ ムサコの凄い景色
6_20190706220030f80.jpg
延々歩いている間中、武蔵小杉の摩天楼群の
凄い景色がずっとついてきます。ココの景色は
やっぱりいつみてもため息が出る位スゴイです。

↓ 走り去るロ-ドレーサー
7_20190706220029a65.jpg
ああ、いいなあ、こういう所
自転車で走りたいよねえ。

↓ 河口まで 12km
9_20190706220027b67.jpg
多摩川河口まで12kmとあります。
人の歩く速さは時速4kmとされます。
計算上では河口まで3時間位ってこと。
この時は昼過ぎ12時過ぎだった事もあり、
15時頃まで歩き通せば、多摩川河口まで
辿り着ける計算、頑張れれば、この日だけで
神奈川見沿いの多摩川、全部見た事になるよ。
なんかもう、やる気が出てきちゃったから頑張るよ。

↓ 再び摩天楼の群れ
8_20190706220027d32.jpg
なんか対岸に、ムサコ並みの
高層建築の群れが出現してます。
あれは東京都側の下丸子の街並み。
何か色々次々と驚きの風景が出現です。

↓ モザイクの風景
10_20190706220025ed8.jpg
ふと目線を落とすと、護岸を覆うブロックが
めちゃめちゃカッコイイモザイク模様でした。
何だコレ、なんかやたらカッコいくてキレイ。

↓ ってところで、以下次回! まだまだ多摩川が続きます。よれちきちゃん。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ①

↓ 東急東横線・新丸子駅
1_20190703222206a86.jpg
以前、JR南武線・稲田堤から延々北上した第一弾、
そして、同JR南武線・稲田堤から南下した第二弾。
その第二弾の終着点が、ココだったこともあって、
今回はココから、神奈川県側の多摩川沿いを
景色を眺めて散歩した延々散歩の第三弾。
梅雨の晴れ間のキツい夏日のお話です。

↓ 八幡町共進会
2_20190703222204cad.jpg
新丸子駅前から、綱島街道を渡った
向こう側の商店街をまっすぐ通って
東側の摩川河川敷を目指してす。

↓ なんかある。
3_20190703222203a4c.jpg
その商店街の外れの外れには、
なんかある、寺だ、、寺院だ。
それも何か古い感じです。

↓ 大楽院
4_20190703222201cd5.jpg
ココは、奈良・長谷寺を本山とする
真言宗豊山(ぶざん)派の寺院で、
もとは山王社(日枝神社)の神宮寺。
全高2ⅿある木造釈迦如来坐像が
市の重要文化財なのだそうです。

↓ JRの線路
5_201907032222002b5.jpg
ココは、じつは新幹線が走るせんろで、
そのとなりには横須賀線が走ってます。
南下すると、多摩川沿いに近づきます。

↓ 武蔵小杉の摩天楼群
7_20190703222108b28.jpg
ああ、こんな所からもみえるんだねえ。
あそこのタワーには一体どれくらいの
人が住んでるんだろう、凄い数だよね。
(↑若干の僻みが入ってますお許しを)

↓ 日枝神社参拝者駐車場
6_201907032221109fe.jpg
え?さっきの大楽院関連の日枝神社の駐車場?
ってことは、日神社がちかくにあるんですか?

↓ あった。
8_20190703222107fee.jpg
日枝神社、いや、日枝大神社です。

↓ 二の鳥居、カラスがいっぱい。
9_2019070322210535e.jpg
なんかカラスがいっぱいいた。

元祖は比叡山麓の神仏混交からはじまるという、
北は北海道から南は九州までその文社がある
古い神社でございます。この大神社、じつは
1000年越えの歴史を持つそうなのです。

↓ とりあえず、頭を垂れて柏手打って。
10_20190703222104f21.jpg
夏越の祓を前に、茅の輪を飾る枠が出来てました。

何のきなくたどり着いた神社が通算1000年越え
というお社に遭遇。-プランの恩恵かもしれません。

て所で、以下次回!

↓ おい、多摩川どこいった? (^^;)

SOTETSU 12000。

↓ 新型車両

今更なのですが、昨年デビュ-した、
ネイビ-ブル-カラーの新型車両、
20000系が一番新しいのだと
思っていたのですが、じつは、
今年4月にさらに最新型、
相鉄・JR乗り入れの
フラッグシップモデルに
なる最新型に出会いました。
それがこの12000系車両。
まだ20000系乗ってないのに。
(↑ 鉄道ファンじゃないですけど)

↓ ドアの開閉ボタン
2_201906162155415e5.jpg

3_201906162155397d0.jpg
海老名から新宿乗り入れならこのボタン
必要ないんじゃないか?と思うのですが
近年の寒暖差の激しい気温の推移から
駅で停車中の車両の冷暖房効率などを
考えると、自分で開け閉めして乗り降り
してもらう方が冷暖房が無駄にならない。
という事らしいのですねです。 がしかし、
JR乗り入れから、JRの他路線へ向け
乗り入れ路線が増えるとしたらこの装備
必要。いや絶体乗り入れ先増えるでしょ。

↓ 大量輸送用の座席構造
4_20190616215518db4.jpg
初代ネイビ-ブル-は、元々運用されていた
9000系のリニュ-アル車両だったこともあり
ボックスシ-トを設置した車両もありましたが、
今度の車両は全てベンチシ-トになってます。

↓ つり革
5_201906162155174b7.jpg
初代から導入を開始したオ-バルタイプのつり革は
手首までスポっと入るので、ぶら下がる様に体重をかけ
つらいつらい立ちっぱなし移動の負荷を軽減可能です。
(↑これをするのは、絶対に僕だけじゃないはずだ)(^^;)

↓ 運転席覗いちゃったり・・・
7_20190616215514ad1.jpg
フロントの窓が分割されていない
大きな窓になっているんですね。
運転席にかぶりつくお子様には
すごく楽しそうな気がしますよね。

鉄道ファンを自称する大きなお友達の皆様は
小さなお子様達に、先頭車両のかぶり付きを
どうか譲ってあげてください。主役は子供です。

↓ フロントビュー
6_20190616215516fd9.jpg
別に鉄道ファンでも何でもないんですが、
徐々に迫りつつある相鉄線の東京乗り入れは
その利便性や新しい景色が、すごく気になってます。

↓ この面、ちょっとカッコイイじゃないですか。(^^;)

ぷらっとパークで 神奈川県。 ⑫

高速道路、自動車専用道のサービスエリアやパーキングエリアへ
一般道からアクセスできる「ぷらっとパ-ク」で県内のSA・PAを
巡っている話です。ちょっと時間が空きましたが今回が最終回。

↓ ぷらっとパ-ク ゲート


2_201902172217353d4.jpg
こういう風に、一般道から施設にアクセスする気色も
場所によって多種多様、そんななか、ココは個人的に
一番訪れ慣れた場所になっております。一番近いので。

↓ 東名高速道路、海老名サービススリア 下り線施設
3_2019021722173307f.jpg
東名高速道路下り線で最初の
大型サービスエリアであって
利用者が常に多いのが特徴。

↓ スナック類がやたら充実
5_201902172217303bb.jpg
やたらと多くの種類があるのが
持ち帰り用のスナックコ-ナ-。
ココのメニュ-だけは未だに
コンプリ-トできておりません。

↓ フードコ-トは半端無し
6_20190217221659fbc.jpg
下手な大型複合商業施設では
太刀打ちできない程の店舗数と
桁違いに広いのに常に混雑してる
フードコ-トです、お世話になってます。
(↑週末などは席が確保できない程です)

↓ ぽるとがる
4_2019021722173155a.jpg
48時間で世界一多くを売り上げ、
ギネス世界記録を打ち立てたこの
「ぽるとがる」のメロンパンは、もう
何年も前から海老名SAの大看板。
話題のメロンパンを買って行こう
というのも、海老名SAを利用する
お客さんが多い一因となってます。

そういう場所に、買い物帰りとか
休日食事に行っちゃったりなど
地元であるのを最大に利用し
かなり頻繁に出かけてます。
ぷらっとパ-ク様様です。

↓ EXPASA海老名
7_20190217221657e89.jpg
今では当たり前にその数が増えてきていますが、
一般道からSAの施設を利用できる百貨店化を
行ったEXPASA、この東名海老名SA上り線が
その第一号です。出来たばっかりの時からもう
地のモノ、遠くのモノをココで買い物しております。

↓ ショップが充実
8_201902172216568bb.jpg
東名で東京へ向かう利用者が多い事もあって
神奈川以西の静岡、山梨の土産は大充実。
その他にも、ココで生活できるレベルの
充実したショップがずらりと並びます。

↓ 物産展
10_2019021722165317a.jpg
このスぺ-スは常に色んな地方の物産展を開催中です。
地元のモノだったり、高速道路で繋がってる地方だったり、
遠く北海道だったり九州だったり、面白いものが買えるので
こちらもなんだかやっぱり頻繁に通って買い物してたりします。
わざわざ遠くまで出かけなっくても買える物産展を展開するのは
わざわざその地方へ出かけていただく興味を持ってもらう為ですが、
行きたくてもなかなか出掛けられないので、こっちで我慢のつもりです。

↓ 東名高速道路 海老名SA上り線施設
9_201902172216552f6.jpg
下り線とは大きさが違いますが
スタイルは色違いでお揃いです。

有名なSAに、地元の方なら
一般道から歩いてタダで入れる。
コレは地元の方には暗黙の了解で
昔から許可されていた事なのですが、
今はその条件が正々堂々一般化され
専用の施設の整備が着々と進んでます。
SA・PAの利用者以外にも使って頂ければ
売り上げがアップするからでもあるのですが
高速乗らなくても施設へ行ける、この面白さに
ちょっとハマって、今や日常の一部にもなってる
海老名SAの施設にぷらっと出かける感じでもって
県内施設をぐるっと回ってみる事にした話なのでした。

まだいくつも、ぷらっとパ-クが設置されていない
設置が出来ない施設もあるのですが、今回は
入れる場所へはどかどかと行ってきました。
コレを面白いと思うかどうかは別として
こういう経験は、ちょっと面白いでしょ?
(↑え?高速乗れよ?ごもっとも!)(^^;)

↓ 神奈川県のぷらっとパ-ク、いかがでしょうか?

ぷらっとパークで 神奈川県。 ⑪

自動車専用道のSA・PAに一般道から
アクセスできるぷらっとパ-クで(以下略)(←雑だ)(^^;)

↓ 次は上り線へ
12_2019020923481693a.jpg
中央高速道路・藤野PAを散策中。
上り線をみてきたので次は下り線。

↓ 右側が総合駐車場
13_20190209234814260.jpg
この右側にあるのがPAのお客様&従業員用駐車場。
一般用に駐車場は3台ぶんしかありません、ご注意を。

↓ コノ向こうが上り線
14_20190209234813ea2.jpg
ちょこっと歩いてココをくぐります。
この上が中央道本線になってます。

↓ くぐってきた
15_20190209234811e1d.jpg
中央道の真下を歩いて横断。
目的地はこの先になります。

↓ まだ40ⅿもある
16_20190209234738ee5.jpg
なんだか一般客が入っていいのかどうか
だんだわからなくなってきた感じですが
このまま行ってみる。行けばわかるさ。

↓ うん、入ってもいい様だ。
17_2019020923473731d.jpg
ゲ-トがありました、ちょっとホッとしたりして。(^^;)

↓ 山々が美しっすなあ。
18_20190209234735d9f.jpg
向こう側のPAからも見た景色ですが、
遠くにある分、美しさが倍増してます。
山々の気色が、もう大分美しくって。

↓ 中央高速道路・藤野PA上り線施設
19_20190209234733d77.jpg
相模原市内でも、旧藤野町に位置するここらあたりは
兎に角自然が豊かなので、絶景には事欠きません。

↓ アプローチラインのギリギリ
20_20190209234732bb1.jpg
コレで車がビュンビュン来てたら
相当怖いくらいに本線が近い。

↓ 本線合流ギリギリ
21_201902092346583d8.jpg
こんな本線ギリギリまで近づけます、しゅごい!
(↑危ないからやめなさい、危険なんだから)(^^;)

↓ モスバ-ガ-
22_20190209234656963.jpg
モスバ-ガ-です。ココにあるのはモスバ-ガ-。
モスバ-ガ-の店内に土産物売り場が併設されてる
という、滅多に見られない、ちょっとレアな店内レイアウト。

↓ ハンバ-ガ-
23_2019020923465574d.jpg
何だっけ?種類忘れちゃったけど、期間限定メニューを
食べてきました。藤野PAでモスバーガー、希少な体験です。
(↑モスバ-ガ-なら、いくらでも街中で食べられるんですが)、
あ、ココでは「照り焼きチキンバ-ガ-」はメニューにありません。
(↑照り焼きチキンバガ-が一番大好きなんですが、ちょっと残念)

↓ 施設裏側
24_20190209234653250.jpg
ああ、ちょっとだけ久々なモスバ-ガ-が
腹にずっしり来てる帰り道へ向かう所です。
施設の裏側は、なんだか普通の施設裏側。
こういう景色も、実際行かないとわからない。
なんて事ない遠出でしたが、面白いんですよ。

↓ 一般道よりも確実に早いから
25_201902092346520f3.jpg
孵い道は、さすがに時短を図る為
相模湖インタ-から中央道でした。
中央道から圏央道へのアクセスに
初めて挑戦しました。高速便利だね。
(↑今更そんなこと実感してやがんの)(^^;)

↓ もう終わりと思ったでしょ?まだ続きますよ(^^;)

ぷらっとパークで 神奈川県。 ⑩

神奈川県内の高速道路、自動車専用道路のSA・PAに
一般道からアクセスできる「ぷらっとパ-ク」にでかけて
SA・PAを巡っている、というお話を続けております。

↓ 中央自動車道・藤野PA ぷらっとパ-ク

頑張って遠出してこんな所へ出かけてきました。
中央高速道路、藤野PAのぷらっとパ-クです。
上り線と下り線で、同じ駐車場を使用してます。

↓ めちゃめちゃ上にあるじゃんか(^^;)
2_20190209234931977.jpg
うわあ、なんかめちゃめちゃ上の方に施設がある
これ登るだけで、ちょっと心が折れそうになりました。

↓ ・・・相模湖ですな
3_20190209234930a84.jpg
ぷらっとパ-クとかそんなん放って
相模湖一周観光をしたKなる様な、
そんな場所にあるPAなのですね。

↓ ファミリーマート
5_201902092349273b2.jpg
・・・藤野PA下り線ですが、
メインはファミマとトイレです。
ん、まあこういう事もあります。

↓ 実は施設が充実してます
6_20190209234854696.jpg
ファミマだけじゃ無い!
PAとして当たり前の
障碍者用の施設は
当たり前の充実ぶり。

↓ 壮大なびっくりアート
7_201902092348523b0.jpg
コレ、テレビで見るまで知らなかったんですが、
山の中にドカンと設置されている巨大ア-ト。

↓ ラブレタ-
8_20190209234850842.jpg
受け取ってくれるかな?いや、受け取れねえって!
コレは確かに、謎のア-トでした。でも凄いサイズ。
これが高速走ってるとちらっとしか見えないとなると
コレはますます謎のア-トと思われるしかありません。

↓ 向こう側
9_20190209234850173.jpg
ココから上り線のPAが見えているという
ちょっと珍しい立地でもあったりしてます。

↓ アプロ-チラインのギリギリまで近づく
10_20190209234848d98.jpg
なんか、本線ギリギリまで近づけますが、
本当に危険なので、不用意に近づくのは
やめて下さいね、危ないから(←やめろよ)(^^;)

↓ 出口近く
11_20190209234817d11.jpg
出口近くも出口ギリギリまで近づけます。
不用意に近づいちゃダメ、危ないから。
(↑だからやめろよ、危ないんだから)(^^;)

↓ ってところで、以下次回! 次回も藤野PAです。

ぷらっとパークで 神奈川県。 ⑨

↓ こんな所へ向かってます

神奈川県内の高速道路・自動車専用道のPA、SAに
一般道からアクセスできる「ぷらっとパ-ク」を使って
県内のSA、PAを巡ってるというお話を続けてます。
今回は、この先にある小田原厚木道路のPAです。

↓ 小田原厚木道路、平塚PA下り線
3_20190208213123048.jpg
色々調べて出かけたのですが、残念な事に
小田原厚木道路(オダアツ)に設置されてる
ぷらっとパ-クは、実はココだけらしいのです。

↓ 休憩所のテーブルベンチ
4_20190208213121cd2.jpg
以前ちょろっと紹介したことがある場所なのですが、
微に入り細に入り眺めまわしてみると以前の紹介が
めちゃめちゃ不十分だったことがよくわかりましたなり。

↓ 小田原厚木道路・平塚PA下り線施設
9_201902082130273c6.jpg
変わらない。変わらなさ過ぎて
看板に「スリ-エフ」が残ってる!
ココにはスル-エフが残ってるぜ!
(↑ロ-ソン傘下のスリ-エフですが)(^^;)

↓ 駐車場は大抵満杯になってます
5_20190208213120c43.jpg
いや、わかってたんですが、
いつも駐車場が満杯なんです。

↓ 湘南ひらつか、地場野菜
6_20190208213118b26.jpg
入り口には、地元平塚の地場野菜の直売所。
平塚市は相模川西岸の堆積平野に位置してる
肥沃な土壌を擁してる面積の広い自治体なので
農産品の生産量も半端ではなく、その一部がココに。

↓ なんだコレ?
7_201902082130290ad.jpg
・・・平塚銘菓? 僕、平塚出身なんですが、
これら、全然知らなかったぞ、あわわわ、
知らない間に平塚名物が増えてやがる!
(↑平塚を離れてずいぶん経ってるから)(^^;)

↓ オーガニックコ-ヒー
10_20190208213025a2c.jpg

11_20190208213024d4e.jpg
スリ-エフブランドで提供されている
オーガニックコーヒ-が盛大です。

・・・買った事が無いんですけど。(←役立たずが過ぎる)(^^;)

↓ トミカの王国
8_20190208213028fa3.jpg
やたらとトミカが並んでます、
子供をあやすお土産ですね。

↓ やたらと本線が近いです
12_20190208212942e40.jpg
駐車場の端っこからはやたらと近くに本線が!
(↑危ないから本線に近づくのはやめましょう)

↓ 富士山ビュースポット
15_201902082129386a0.jpg
あるんですね、富士山ビュースポットが!
この日は残念ながら雲で最高峰見えず。
富士山遭遇率がめちゃめちゃ減ってます。
(↑めぐりあわせだから仕方ないんだよ)(^^;)

↓ EV充電スポット
14_20190208212939934.jpg
EV車の充電って、満タンまで何分くらいかかるのかな?
ガソリン給油の方がはるかに速い時間で済むけど
EVは空気を汚さない、だけど時間が勿体ない。
この差をスパッと埋められれば、EV車は
物凄い勢いで普及するのに、残念です。
コレを解決する技術がいつの世にか
生まれる事を願って止みません。
お手軽な価格で手に入れば
もう、全く言う事無しです。
(↑夢想なんですけど)

↓ アプロ-チラインのギリギリへ近づく
16_20190208212936f83.jpg
小田原厚木道路のPAは、複数個所が
料金所直結の為に、セキュリティ-上の
問題もあるのか、ぷらとパ-クの設置が
されてない所がほとんどになってたりして
辿り着けたのはココだけだったりもします。

外からアクセスできる場所は多くっても
アクセスする箇所が設置できない場所が
まだあったりするのが問題点です、これらが
クリアできればもっと面白くなるんですけどね。(^^)

↓ ぷらっとパ-クで神奈川県めぐり、まだ続きますよ。

ぷらっとパークで 神奈川県。 ⑧

↓ 移動中
12_20190205235357f9f.jpg
神奈川県の高速道路・自動車専用道の
SA・PAに一般道からアクセスできる
ぷらっとパ-クを巡ってるお話です。
次の目的地へ向かって移動中。

↓ なんか凄い所にあった
13_20190205235355b31.jpg
なんとなく凄い路地に入り込まないと
辿り着けない場所に一般用駐車場が
あって一回道に迷って辿りルきました。

↓ ゲートは施設の端の方
14_2019020523535415a.jpg
東名高速、中井PAの下り線施設入口です。
敷地の結構端の方に一般入口があります。

↓ やっぱりいっぱい車がいます
15_20190205235301dd7.jpg
何でしょうか、車が少ないPAに出会わないのは時間帯が問題なんでしょうか?
ガラガラに空いてる施設の駐車場に滅多にお目にかからない東名高速です。

↓ 東名高速・中井PA上り線施設
16_20190205235300e90.jpg
お腹を減らして来るべき施設です。
中井麺宿という麺類がやたらと
充実した大型食堂があります。
この日は昼食3ラウンドを
行ってますから先送り。
(↑喰いすぎだってば)

↓ 地元の銘産品を売ってます
17_2019020523525801b.jpg
秦野、中井近辺の地場野菜をドカドカ売ってる
地場産野菜の直売所が備わってます、イイね。
この辺りは輸送基地の拠点が多い他には、
県下屈指の農産品の生産地でもありますから。

↓ スナックコ-ナ-
19_20190205235256adc.jpg
野菜の直売所の隣はコレ、

↓ コレに注目
21_20190205233920431.jpg
神奈川県民的に言えば、秦野と言えば落花生の
一大産地なんですがなかなか知られていません。
地場最大の銘産品が、限定スイ-ツで登板中。

↓ 甘いものは別腹
22_20190205233919d2d.jpg
バニラのソフトに、コレでもかという程の
クラッシュドピーナッツを塗してあります。
それだけ?とか言うなかれ、こいつは
千葉産の押されまくって県外では
全く知名度の無い秦野の落花生の
実力を確実に感じられるお手軽な一品
立ち寄られた際には、ぜひともお試しを。

↓ 駐車からお帰りです
24_201902052339169d7.jpg
ココのぷらっとパ-クには
一般用の駐車場スぺ-スが
二台分しかなかったりしするうえ
やたらと所在地がわかりにくいので
辿り着くのも一苦労だったりしますが、
ココもなかなかに面白い施設のPAです。

↓ ぷらっとパ-クは、まだ続きますよ。

ぷらっとパークで 神奈川県。 ⑦

神奈川県内の高速道路・自動車専用道路の
SA・PAを、一般道からアクセスできる施設、
ぷらっとパ-クで巡っている話でございます。

↓ 東名高速道路・中井PA、下り線 ぷらっとパ-ク 

今度は中井町。東名高速の秦野中井ICにも
ほど近いパーキングエリアにアクセスです。

↓ めっちゃ混んでます
2_20190205235549c73.jpg
一般道から入れる施設の駐車場が
なぜだかめちゃめちゃ混雑してます。
確かに周囲には大型の集客施設が
無い感じもするのですが、混み過ぎ。
まあ、いろんなもの売ってますから
手軽に買い物に行ける感じっての
家の近所にもあるのでわかります。

↓ 中井PA下り線施設
3_20190205235547c5a.jpg
中井PAへ到達しました。何といいましょうか、
あくまで個人的感想ですが、足るを知る、
という感じ、華美でなくみすぼらしくなく
必要なモノだけを備えてる感じです。
ここへ寄っても足らぬものは無い
そんな安心感があったりして。

↓ 質実剛健、映えより実、
4_20190205235546a71.jpg
ちらっと見た感じなのですが、映える名物の
威容が感じられない代わりに普段使いの
飾らぬラインナップの食べ物メニューが
比較的安価に並べられている感じで、
めちゃめちゃ好感度が高いのです。

↓ 長距離ドライバ-の味方
5_20190205235521a1b.jpg
コインシャワ-ルームを完備してます。
温泉などの娯楽施設を備える娯楽施設
足柄SAなどにもありますが、その施設を
週何回も路線を通過する職業ドライバ-が
毎回使うと不経済。時間が無い中で、安価で
入浴する事が叶う、気の利いた施設が完備中。
何となく、集客目的よりも利用者の利便性の方に
寄り添ってくれてる感じがして目頭が熱くなります。

↓ コンビニ完備
6_2019020523552036c.jpg
これぞダメ押し。市価と変わらぬ買い物ができる
コンビニがある事で、経済的な利用を後押しです。

↓ こういうモノも置いている
9_20190205235516755.jpg
関東帰りに、「ヤバい、お土産買ってないよ!」
という緊急事態にも対応できるのはPAのキモ。
痒い所に手が届く、めちゃめちゃな気の利き様。

↓ 秦野だからなんですね?
10_20190205235400db0.jpg
コレぞ地元土産、秦野中井で近所だから
秦野の名物店、「なんつっ亭」の商品が
お土産コ-ナ-にフェイスを取っています。
なんつっ亭、NEXCOさんとはガッチリです。
(↑海老名SAでも食べられるんですからね)

↓ シラサギ
7_2019020523551826e.jpg
中井町のシンボル、こういうのがあちこちにあります。
色々見て回ってみて下さい。なかなか手が込んでます。

↓ トラック多め、そして混んでいる
11_20190205235358d11.jpg
なんだか普段使い、というのはこういう事だ
と思ってしまいまて、利用者する方々の中には
それは心得た方が多い様です、トラック多めで、
そして混んでます。こういう観光地化を目指さない
擦れてない感じがなかなか新鮮で好感度高いです。

↓ 次回はその反対側へ向かう予定。

ぷらっとパークで 神奈川県。 ⑥

↓ 東名高速道路・鮎沢PA上り線 ぷらっとパ-ク

いろいろと休息を挟みながらになりましたが、
ぷらっとパークで、神奈川県のSA・PAを
回ってるお話の続きを進めていきます。
今回は鮎沢PAの上り線のお話です。

↓ ドッグラン&どっくん
2_20190204234045c21.jpg
おお、すげえ!ドッグラン完備
&アメリカンどっくん販売中です。
・・・これで喜べる人は何割いるの?
(↑好きで行ったんだから文句言うな)(^^;)

↓ 意外な事実がここにあったよ!
3_201902042340438ae.jpg

4_20190204234042e97.jpg
いままでずっと「あゆさわPA」だと思ってたココは、
「あゆざわPA」だったことがわかりました。不覚。
(↑いや、それはもう只々コチラの落ち度ですよ)

↓ イチオシがこれだった!
7_2019020423401276a.jpg
すげえ、こんな場所にもイチオシがあった。
富湧水ポ-クの生姜焼ですと? ダメじゃん!

↓ 富士湧水ポ-ク、生姜焼き定食、
5_201902042340145bd.jpg
この日何度目の昼飯だったのか
もう既に覚えておりませんですが、
コレは食べなきゃいけない気がして。

↓ 脂身プルプル
6_20190204234013002.jpg
ぎゃあ、もう只々美味いのですよ。
豚の生姜焼きは、素材が良ければ
それだけで只々美味さがUPするの?
これはもう酢道理出来ないレベルです。

↓ で、一般道です
8_2019020423401000e.jpg
で、一般道を走って「、「次へ向かいます。
次は順番で行くと中井PAになりますよ。
次は何が出てくるのか、お楽しみです。

↓ 明日は、正しく更新されれば、中井PAのお話になる予定です。

ぷらっとパークで 神奈川県。 ⑤

↓ 鮎沢PA、下り線ぷらっとパ-ク
1_20190130225619f08.jpg
はい、いろいろ休みましたが
さらっと続きへまいりますよ。
ぷらっとパ-クで神奈川県の
自動車専用道路のSA・PAを
めぐってみようという企画です。
PAのお客様用駐車場は2台だけ、
それがもう、ほぼ埋まってる感じです。

↓ 通用門じゃんか
2_20190130225617600.jpg
お客様用出入り口なのに
もはや関係者用通用門。
ココを通り中に入ります。

↓ うん、バックヤ-ドだよね。(^^;)
3_20190130225559f14.jpg
もう、お客様用頭以下それ以前の
バックヤ-ド通って中に入ってよ
みたいな不思議な空間を通過。
お客様用じゃない感じですな。

↓ 鮎沢PA 下り線
5_20190130225556eb5.jpg
いやあ、神奈川県民でもあんまり止まらないぞ、
という感じ満載な感じの鮎沢PA下り線ですね。
(↑あくまで個人的な感想なのでございます)

↓ 実は丹沢山塊の玄関口近くなので
4_2019013022555837e.jpg
高速道路のPAにしては珍しく、
アウトドアグッズ、特に山グッズの
販売に熱を入れてたりもしております。
丹沢山塊へのアクセス拠点が近かったり
しているので、山グッズ販売が盛んなのです。

↓ なかなかどうして
6_20190130225555cd8.jpg
食べ物が充実してるのを
見視して去るのが惜しい感じ。
が、この日昼食3回くらい食べてて
コレいじぃおう食べたらヤバい感じです。

↓ だだっぴろいなあ~
7_2019013022555366f.jpg
山間部のPAで、お客様駐車場がこれ以上ないくらい
辺鄙な場所にあるのに、駐車場はだだっ広いんだなあ。

↓ 次は上り線に売ってみる事になります、次回も鮎沢PAですよ。

ぷらっとパークで 神奈川県。 ④

↓ EXPASA 足柄

前回の東名高速下り線の足柄SAに引き続き、
足柄サービスエリアにぷらっとパ-クでアクセス。
今回は、前言通り、足柄SA上り線に行ってみました。

↓ EXPASA 足柄 一般道アクセス用エントランス
2_201901252341050d5.jpg
堂々の門構えのEXPASAの入口です。
なんかすごい立派、敷地面積が多いと
出来上がるモノもそれ相応という話です。

↓ EXPASA足柄(下り線)
3_2019012523410473f.jpg

4_20190125234102965.jpg
以前に一度話題に取り上げた事がある
足柄サービスエリアの下り線になります。
もう何年か前なので色々変わってるかも。

↓ すでに変わってたよ
5_20190125234101299.jpg
既にかわってました。
見た事無い店が、
豚牧場山崎

↓ 富士金華豚サンド
6_201901252330114b8.jpg
ギリギリアウトで静岡県にある
名前だけは足柄のSAはやはり
静岡銘産品がいっぱいあります。
コレは御殿場市の養豚業者よる
静岡県産金華豚を使ったメニュー。

↓ 買っちゃった
7_20190125233010e47.jpg
金華豚と言えば、中国原産にして
アジア系のブランド豚としてすでに
イベリコ豚に並び立つ世界ブランド。
それが安価で大盛り無料の大サービス。
これ、めちゃめちゃ美味かった~、凄いのね。

↓ 足柄金時湯
8_20190125233008a4c.jpg
これが、高速SAで初めて、
立ち寄り湯と宿泊施設を
完備したという伝説の
湯どころです、ですが
ブログのネタには
出来ませんよね
湯船にカメラは
NGですから。

以前に入ったのは、単身赴任中
関西から帰って来た時でしたな。
(↑20代ん時に一回行ってるぞ)
(↑だからそういうプライバシ-要らんがな)(^^;)

↓ なんかめちゃめちゃお勧めあるぞ‼
10_20190125233005b42.jpg
めちゃめちゃお勧めがある、
しかも静岡銘産品ばっかり。
ギリギリアウトで静岡県ですな。

↓ 三島コロッケ
9_2019012523300748a.jpg
静岡県三島市は、静岡県きっての
馬鈴薯の産地になってるんだそうで、
その特産品を生かしたご当地グルメ、
三島コロッケを買ってしまいましたなり。
これって、海老名のいちごに共通してる
地場では一番の産地、という親近感です。
三島コロッケはりがたい美味さなのでした。

↓ 足柄SA上下線とりあえずクリア。さあ次はどこだ?(←まだ続きますよ)

ぷらっとパークで 神奈川県。 ③

↓ ひたすら一般道(笑)

高速道路や自動車専用道路の
SA・PAに一般道からアクセス、
という目的を掲げdて移動中。

高速に乗ればものの1時間で
辿り着けるSAへ2時間もかけて
むかっているところだったりします。

↓ ぷらっとパ-ク、足柄SA下り線
2_20190124233324c43.jpg
わざわざ一般道を走ってたどり着いたのがコチラ、
東名高速道路、足柄サービスエリア下り線の
一般道からアクセス可能なぷらっとパ-ク。

↓ 店舗充実&だだっぴろい
3_20190124233323f80.jpg
足柄の山の中にあるサービスエリア。
広大な敷地に充実の店舗群がスゴイ。

↓ 物凄い外部エントランス
4_20190124233302db8.jpg
コレは割と古いもので、
早くから一般道からの
アクセスを実施していた
しせつでもあると聞きます。
こんなモノが地元にあるなら
地元の方にも使ってもらいたい
そうすれば、いやらしい話ですが
売り上げだってのびますからねえ。

↓ すんごい緑の中にある
5_2019012423330014f.jpg
敷地の中も外も盛大な自然の中。
エントランスの前にはだだっぴろい
ドッグランなんかもあったりします。

↓ 来ました、足柄SAです
6_20190124233259a53.jpg
きましたよ、高速の乗らずに。(^^;)
貧乏旅行で関西方面に向かうときには
高速夜行バスで、ココが最期の補給地点。
食べ物・飲み物が手に入る最終地点でした。
(↑いやいや、そんな苦労話全然要らんがな)(^^:)

↓ 天井、高っ!
7_20190124233258e26.jpg
施設内のエントランスです。
天上がこんなに高いんだ。
余裕をもって眺めてみると
色々気付かなかった事が
あったりするもんですねえ。

↓ SA人気の土産物
8_20190124233227ae1.jpg
当然のことながら、色々と土産物の
売れ筋が地域によって変わります。
何となく馴染みの無い商品が多い。

↓ ・・・え? ココどこなん?
9_201901242332252c7.jpg
知ってましたけど、実をいうと、
コノSAは名前は「足柄」という
神奈川県の地名なのですが、
所在地はぎりぎり神奈川県外、
静岡県に位置しているのです。
ココはギリギリ名前が神奈川県
という事で無理矢理神奈川県で。
(↑色んな所からクレ-ム来そう)(^ヮ^;)

↓ 迷った挙句
10_20190124233223733.jpg
色々食べるものが沢山あるんです。
迷いました、迷った挙句選んだのは
どう考えても足柄らしからぬものです。
売上人気ナンバ-1。イカの姿焼きです。

↓ 表面さっくり、中身しっとり
11_2019012423322282b.jpg
ビックリしたイカ焼きなのに生臭さ無しの
表面サクサク、身はしっとりの絶品です。
この後車で移動中どれだけ重宝したか。

↓ イイダコの串焼き
12_20190124233220bb5.jpg
コレも人気商品だそうで、足柄感ほぼゼロ何ですが
水産資源豊かな駿河湾の恵みが堪能できるという
静岡と神奈川が融合しているサービスエリアグルメ。

↓ 足湯カフェ
13_20190124233124df7.jpg
ビックリした、脚湯に浸かりながら
お茶とおしゃべりが楽しめるという
足湯カフェが設置されております。

以前は上り線にしか無かった、日帰り温泉施設が
こちらの下り線にも出来ておりました、スゴイ事だ。

↓ 富士山ビュースポット
14_20190124233122501.jpg
ココから富士山が見える、はずです。
ですが残念ながらこの日はアウト。
富士山見られると、気分いいのね。

↓ 新たなインターチェンジが、
16_20190124233119b94.jpg
実はココ、足柄SAにスマ-トインターチェンジが
建設中になっていたりしてるんですな。コレはもう
伊豆へ車で旅行する最短アクセスが可能になる
あたらしい高速の出入り口が出来る予定なのです。

↓ 足柄SA
15_201901242331213c9.jpg
神奈川県民的には、ココから先へ行くと
ちょっとしたドライブ旅行になる境です。
なんだか個人的な関所感が強くって
通過する事も少ないSAなのですが
ココを目的地にしても悪くない程
色々充実してる場所なんです。
一般道からアクセスできるの
めちゃめちゃ面白いです。

↓ さあ、次行ってみよう。
17_20190124233118a28.jpg
せっかく下り線まで行ったんだから
次は反対車線へ行ってみよう!

↓ 神奈川県じゃないけど、ギリギリ神奈川県でイイじゃん。・・・的な

ぷらっとパークで 神奈川県。 ②

高速道路、自動車専用道路の設置されている
サービスエリアやパーキングエリアは近年になり
道路利用者以外の地元の方々にも立ち寄れる様に
一般道からアクセスできる「ぷらっとパ-ク」化が進んで、
現在神奈川県下ではPA、SAのそのほぼすべてにおいて
専用道路外からのアクセスが可能になっているのを知りました。

だったら、そこ、行ってみたくなるじゃないですか、道路外から。
(↑そこにいたるかどうかははなはだ個人差が大きいと思う)(^^;)

って訳で、県下のSA、PAを、一般道からアクセスしようという試みです。

↓ 東名高速、港北PA上り線へ向かう。 
14_2019012123530067f.jpg
港北PAの下り線を後に、上り線PAへ向かいます。
上り線は、下り線から1km弱ほど東側になります。

↓ 東名高速横断中
15_2019012123525983d.jpg
ただの陸橋なんですけどね、
この下には東西を結んでる
大動脈が走ってるんですよ。
(↑ならそういう写真撮れよ)(^^;)

↓ 遮音壁の脇道
16_20190121235258343.jpg
こういう道をとぼとぼ歩いて
東側へ向かって折る所です。

↓ 下り線PA、見えました
17_201901212352560c5.jpg
歩いて行くと、何となく整備の行き届いていない
雑草だらけの歩道江尾歩いて行く事になるので
本当に一般道からアクセス可能か不安でしたが
HP上ではココにもぷらっとパ-クがあるとの事で、

↓ 出入口はあちらです 
18_20190121235255a31.jpg
よかった、出入り口はちゃんとあるみたい。

↓ エントランス
19_201901212352227ef.jpg
一般用ののエントランススぺースです。
駐車スぺースと駐輪場も完備してます。

↓ さあ、中へ
20_20190121235220af9.jpg
せっかく来たんだから
中を覗いていきますよ。

↓ 港北パーキングエリア、下り線
22_201901212352170fa.jpg
下り線のPA施設に到着です。

↓ 近い近い!怖い怖い!
23_20190121235216779.jpg
近づこうと思えば、東名高速本線まで
このくらいの距離まで近づけますよ。
(↑大変危険なのでやめてください)

↓ いきなり昼食、第2ラウンド
24_201901212310098cb.jpg

25_20190121231008027.jpg
いやいや、目を惹く物は多いものです。
やまゆりポ-クの生姜焼き定食です。
やまゆりポ-クは神奈川県地場の
ご当地ブランドポ-クの事でして、
実は損所そこらで食べられる
品ではなかったりもします。

↓ 脂身が甘くて肉がプルプル。
26_201901212310069d2.jpg
希少なやまゆりポ-クのこれが800円台でした。
ある所にはこういう掘り出し物があるものです。

↓ 港北PA
27_20190121231005251.jpg
サービスエリア程賑ってなくても確実に利用者は多く、
その中には県外の方々も数多くいらっしゃいます。
そんな方々に向け地場産グルメや神奈川県の
土産物も多く扱っているのが港北PAです。
今は、PAは地味、ではなくなってますよ。

↓ いたるところに再発見
28_20190121231004fd1.jpg
歩いて出かけた港北PAでしたが、
久々に立ち寄ったこの施設には
いたるところに再発見が満載。
東名高速をご利用の際には
御用とお急ぎが無ければ
港北PAに寄って下さい。
ちょっと面白いんです。

↓ ぷらっとパ-クでPA、SAは、なんだかめちゃめちゃ楽しいのね。(^7^)

ぷらっとパークで 神奈川県。 ①

↓ 横浜市・青葉区
1_2019012123551295e.jpg
色々使えそうな写真を探してたら、
ちょっとした探訪記事の呼び水に
なりそうなものが実はあったもで、
ココから先は、そういうお話です。

↓ ぷらっとパ-ク
2_20190121235511693.jpg
高速道路、自動車専用道のSA・PAは、
これまでずっと道路利用者に限っての
利用がされておりましたが、近年になり
SAに限らずPAにおいても外部の人が
歩いて中に入れるぷらっとパ-ク化が
進んでまして、どうせだったらばそこへ
専用道に乗らずにアクセスしてみよう、
というお金がかからないプチ旅行です。

↓ 港北PA上り線
3_201901212355095b5.jpg
まずはココです。
東名高速道路上り線の
港北パーキングエリアです。

↓ めちゃめちゃ階段 (^^;)
4_201901212354481cf.jpg

5_201901212354462b9.jpg
高低差が10ⅿちかい高速道路本線脇へ向け
物凄い高低差の階段をえっちらおっちら上ります。

↓ パーキングエリア
6_20190121235445342.jpg
港北パーキングエリアの駐車場の到着。
地元の海老名サービスアリアにくらべると
格段に小さい事がわかります。こじんまり。

↓ ココがレアな場所
7_20190121235443564.jpg
高速道路本線のアプロ-チラインの
すぐそばまで歩いて行けるのが凄い。
危険だから車には気を付け下さいね。

↓ PAの食堂
8_20190121235442cdb.jpg
パーキングエリアの食堂です。
パーキングエリアと言えども
食べられるものは本格的です。

↓ メニューがぎっしり
9_20190121235341a95.jpg
ごはんメニューがぎっしり。
コレはでも何を食べるか
迷うレベルになってます。

↓ 迷った末のモツ煮丼
10_2019012123534048c.jpg
いろいろ迷ったんですが、
コレは普通のレストランには
無い感じしかしなくてチョイス。
モツ煮がドカッとご飯に乗ってる。
コレはコレでレア、じゃないですか?

↓ PA入口
11_20190121235338f8b.jpg
入口の方は、歩いて行けない感じ。
PAに入ってくる車は早いからですね。
(↑基本的に近づいちゃいけませんよ)

↓ 食事とショップ
13_20190121235335005.jpg
フードコ-ナーは残念ながら22時で営業終了。
でもショップコ-ナ-は24時間営業していて、
神奈川県の土産物や、静岡、山梨といった
東名に合流する道路の地域のお土産も
充実してます。土産物を買い忘れたら、
ココが最期の砦になってたりもします。
土産物忘れたら港北PAで寄り道を。

↓ さあ、次回は上り線に行ってみよう! 歩いて。(^^;)

そうにゃんがん覗いてる。

↓ そうにゃんが覗いてる

撮った写真をぺらぺら見てたら、
こんなかわいいのを見つけました。
窓の外からそうにゃんが覗いてるよ。

コレは相鉄線のマスコット、
そうにゃんをドカドカあしらった
そうにゃんラッピング電車の車内。
物珍しさから撮っちゃった写真です。
そういえば、なかなか出会わないです。

このほかにも、つり革の中に隠れそうにゃん、
壁にデッカイそうにゃん、車体中そうにゃん。
全部で3編成も走ってるそうなんですけど、

↓ そうにゃん電車、出会わなないなあ。(^^;)

うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ弁当。

やっと写真の縮小が可能になりました。
再開第一弾はこんなお話になります。

↓ ハマりもの。

神奈川県の駅弁の、県西部の雄、
東華軒の物凄いお弁当がこちら

↓ うなぎ、金目鯛、銀鮭が ドカッと乗ってる。
2_20181209230947b2b.jpg
タレ焼きのウナギ、金目の煮付け、
そして、銀鮭の西京焼きが乗ってます。
加えてそれぞれが乗っているごはんは、
全て付け合わせが違ってる大盤振る舞い。

↓ 銀鮭の西京焼き
3_20181209230946de4.jpg
え?鮭?とか思っちゃいけません。
鮭独特の臭みを打ち消してなお、
うまみを引き出すこの至福の甘み。
鮭の西京焼きって、美味いんです。
その甘さをいい具合に調和させる
青菜漬けの塩味が超ナイスです。

↓ タレ焼きのウナギ
4_20181209230944a1a.jpg
うなぎが美味い!しかも、
ご飯に敷かれているのは
甘口の錦糸卵という豪華さ。
ちょっとだけ「うまき」っぽいの。
ちょっとしかないのにコノ至福感。

↓ さすがの金目鯛
5_20181209230943168.jpg
金目の煮付けがもう最高です!
煮汁がたっぷり染みたごはんに
同じ煮汁で炊いたのかと思われる
蓮根の煮物が、しゃきしゃき感を残し
同じ味でふわふわ感としゃきしゃき感を
堪能できるという、物凄い贅沢感ですのよ。

↓ 完食!
6_2018120923094229c.jpg
ちょっとお値段が高めですので
こればっかり食べる訳にもいかず、
でもたまのプチ贅沢には持って来い。
個人的には駅弁として大ヒットの一品。
海老名SA下り線では今の所常時販売中。

↓ 海老名で東華軒、コレはもう、やったぜ! の一言。

すごい、神奈川県産だ!

↓ 初めて見た!

神奈川県産の水ナスだ、初めて見た。
以前から市場に出回っていたものでは
あるんだろうけど今まで見た事無かった。

↓ つやつやのしっかりした身
a2_201808180024454a9.jpg
水ナスと言えば、泉州大阪が有名。
地方の特産物で、関東ではなかなか
浸透していなかった真夏の野菜です。
それが地場産で販売されているのは
ちょっとびっくり、でも嬉しい。イイこと。
久々にあのみずみずしさに出会えます。
でも、そろそろ時期も終わりなんですよ。
まだ売っててくれるかな? 神奈川県産。

コレを塩もみや浅漬け以外で
どうやって食べたらいい?
検索しみなくっちゃ。

↓ 近頃やたら知らない食材を買っては料理検索してます。

湘南の海で夏の散歩。 ③

夏らしく、ひたすら夏らしく。鵠沼の端っこから
湘南の海岸線を散歩している話。汗だくです(^^;)

↓ 町の真上の積乱雲
15_2018081422491317b.jpg
積乱雲と言えば、もうこの夏は嫌っていう程
散々な目にあわされた地域があるんですが、
このくらい可愛かったらまあ許せるか、的な。

↓ ランニングコ-ス
16_20180814224912487.jpg
海岸線沿いに設置されてるのがこういうタイル敷の
ランニングコ-ス(兼サイクリングコ-ス)になってます。
向こうの方には、もうえのすいとか江の島への連絡橋とか
ああ、あの景色だ、というのがごろごろでてきておるのですよ。

↓ 江の島 が ドカンと そこにある。
17_20180814224910105.jpg
江の島が見えてきたどころか、
ドカンと目の前にある景色が
普通に見られるのはやっぱり、
神奈川県民の特権なんですな。

↓ 海の家
18_2018081422480941c.jpg

19_20180814224807327.jpg
昔ながらの不味いカレーとしょっぱいラ-メンを
法外な値段で売りつける、あのイラっと来る商売は
姿を変えてお洒落になってひと夏の商売に励んでます。
(↑とかいう昭和の昔の光景は今はなかなか見かけない)

↓ 再び江の島がドカンと。
21_20180814224805bc5.jpg
片瀬漁港の防波堤から見た
ふたたび江の島がドカンの画。
ちょっと歩くだけで江の島ドカンが
連発するのが海岸沿散歩の醍醐味。
次々大きさや立ち位置が変わるコレが、
意外と楽しかったりしてます。 おもしろい。

↓ 竜宮城から帰路に就く
22_2018081422480484d.jpg
小田急江ノ島線・片瀬江ノ島駅から帰路に就きます。
何度見ても、ココは竜宮城の入口に見えますね。

↓ 何となく、夏の終わりも見えてきてますますが、まだまだ夏は続きます。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
53位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる