FC2ブログ

黄葉の横濱 ⑤

横浜の紅葉と、黄葉の風景を
ぶらぶら歩いてみた来ました
という話を引っ張ってます。

↓山下公園前
5-1_20101201222755.jpg
山下公園前のイチョウ並木から
今やってきた道を引き返して、
みなとみらい方面へ向かいます。

↓日本大通
5-2.jpg
みなとみらいから山下公園までを結ぶ
遊歩道「開港の道」の高架歩道の部分から
県庁前のイチョウ並木、日本大通りを
遠くまで見通すことができるんです。
けっこう綺麗に見えるんですよ。

横濱三塔
5-3.jpg
日本大通りの歩道の装飾タイルに
横濱三塔のシルエットが描かれてます。
実は、開港の道の高架歩道からは
この横濱三塔をいっぺんに全部
見ることが出来ます。

↓横濱三塔
5-4.jpg
…ちょっと惜しい画なんですけどね。

現在横浜三塔を一括で眺められるのは、
ココと象の鼻、大桟橋くらいなもの。
全搭のディテ-ルが一目で解る場所は
かなり少ないんです。

赤レンガ倉庫
5-5.jpg
銃撃戦のメッカ、じゃなくて、「赤レンガ倉庫」は、
神奈川県の有名な観光名所のひとつ。
象の鼻からは、目と鼻の先です。

たとえ紅葉に関係無くても、
近くに来たら行ってみたくなる
ってなもんじゃありませんか?ね?
(ならない人だって当然いますよね、ごもっとも)

そんなこんなで、紅葉はまだ続きます。

↓ヨコハマ。いいじゃん。 ね?????


続きがあるけど、
続きを読む?

  ↓

続きを読む

黄葉の横濱 ⑥

ワールドポーターズ
0_20101203003543.jpg
黄葉の風景から
今度は紅葉の風景へ、
横浜紅葉見物記の最後は
意外かもしれませんが
ココの先へ行きます。

↓ランドマークタワー
1_20101203003542.jpg
天気が悪いと雲の中に隠れてしまうほど
メチャクチャな高さがある、正にランドマーク
2010年12月現在では、日本一高いビル、
横浜ランドマークタワー」です。

横浜市民とみなとみらいの就業者しか知らないと思いますが、
みなとみらいには、若い桜並木が多い桜の名所でもあります。
当然、桜の名所は紅葉の名所でますから、ココも外せません。

↓ゲート
2_20101203003542.jpg
ナヴィオス横浜(ホテル)の、横濱汽車道の頭上にかかる
独特のゲート越しの見るタワー足元にある桜並木。

コノ景色は大好きなんです。

↓桜並木
3_20101203003542.jpg
みなとみらいは、
桜の若木を移植して
桜並木が出来ましたが
街並みが完成した今でも
若い桜並木の印象が強いです。
周囲のビルが高いからでしょうか?

↓紅葉とランドマーク
4_20101203003542.jpg
この紅葉はやはり見事です。
場所を変え、アングルを変え
いろいろな場所から見える
桜の紅葉とランドマークの
コラボ画像を確認して下さい。

↓ランドマーク&クイーンズスクエア&コスモクロック
5_20101203003542.jpg
みなとみらい観光の定番の風景。
天気が悪かったコノ日はランドマークの
てっぺんは拝めないかもしれないと思いましたが
何とか帰り道にてっぺんゲット。コノ風景は見て帰らなきゃね。
(↑個人的イレコミです)

↓JR桜木町駅
5-2_20101203004136.jpg
帰り道はココから。
横濱の紅葉、そして黄葉。
もうすぐ季節は終わりですから、
出かけるなら、出来る限りお早めに。

↓ヨコハマ。いいじゃん。 ね??????


・・・ひとつ問題点が。
続きを読みますか?
   ↓

続きを読む

ViNAWALKのイルミネーション

↓海老名駅から
0_20101203222727.jpg
海老名駅直近のショッピングリゾート、
複合商業施設の大規模集合体、
VNAWALK(ビナウォ-ク)

大型の商業施設にはつきものの
年末を控えた12月の定番と言えば
やっぱりクリスマスイルミネ-ション。

↓イルミネーション
1_20101203222727.jpg
もちろんここにも年末スペシャルの
イルミネ-ションが出来上がりました。
なんだかものすごくカラフルなLEDです。

↓連絡通路
2_20101203222726.jpg
3番館と5番館を結ぶ連絡通路は
上空に渡したワイヤーから下がる
LEDのラインで、滝のような
光の帯を見せてくれてます。

↓楽しい色
3_20101203222726.jpg
夜の景色の中にうかぶイルミネーションツリーが
ポップで楽しい色合いを見せてくれています。
なんだか見ていて楽しくなってきますね。

↓Candy Winter
4_20101203222726.jpg
VNA ひかりのファンタジー
キャンディー ウインター。

色とりどりのキャンディーのようにカラフルで
思わず食べたくなるようなイルミネ-ション。
というのがコンセプトです。なるほどね。

イルミネ-ションの点灯は
2010年11/13(土)から
年を越して2011年1/31(土)まで。
17時から23時30分まで、期間中毎日点灯です。

↓VNAWALK、冬のファンタジーに 拍手。

ジンベエザメに会いに行く ①

駅で見かけたコレがすべての始まり。
時はひと月前、11月はじめの事。

↓ジンベエザメがやって来た!
1_20101205004248.jpg
神奈川県が誇る大型水族館、八景島シ-パラダイス
ジンベエザメがやって来た!という広告。

腰が抜けそうになりました。
大阪に行かなくても
ジンベエザメが
見られるの???

↓海遊館一年分
2_20101205004248.jpg
実を言うと、関西に転勤していた時は
大阪市の隣町でもある、尼崎市に住んでおり、
ジンベエザメがダブルで泳ぐビルの中の大海原、
大阪市の巨大水族館、「海遊館」に気軽に行けたので、
年間パスを購入までして海遊館にのめり込んでおりました。
関西最後の日に行った場所が海遊館、という水族館好きですから
ジンベエザメを見たかったら、遠くまで行かなきゃならないのか・・・
思っていたので、これはものすごい朗報です。絶対に見に行かなきゃ!

↓金沢八景駅
3_20101205004248.jpg
赤い電車の京浜急行で一路、金沢八景へ、
ココからから新交通システム路線の
シーサイドラインに乗って八景島へ。

↓シーサイドライン
4_20101205004247.jpg
無人運転の新交通路線。
これに乗って行った先、
そこにあるのがコレ。

↓八景島
5_20101205004247.jpg
島ひとつが丸ごとアクアリゾート
日本で4番目、世界でも18番目
という入場者を集めている施設。
大型水族館と遊園地の複合遊園地
八景島アクアリゾ-ツが存在する
横浜市の八景島へ行きます。

橋を渡った目的地は、コチラ!

↓八景島シーパラダイス
6_20101205004247.jpg
さあ、ジンベエザメに会いに行きます!

以下次回!



・・・あれ?ジンベエザメは? (^^;)?

↓世界最大の魚類 ジンベエザメ、学名は「ホエールシャーク」。

ジンベエザメに会いに行く ②

↓ジンベエザメがやってきた!
0_20101206001045.jpg
東日本では初めての水槽展示となる
世界最大の魚類、ジンベエザメ、が
八景島シーパラダイスにやってきた。

↓シーサイドライン・八景島駅
1_20101206001045.jpg
というニュ-スを聞いたので、
関西に転勤していた期間も含めて
ずっと行っていなかったシーパラに
ものすごく久しぶりに行ってきました。

↓シーパラダイス
2_20101206001044.jpg
八景島は。もともとコノ場所にあった島を
まるごと造成したうえで施設群を完成させた、
島まるまるひとつがアクアリゾートというモノ。

↓島へ向かいます
3_20101206001044.jpg
島自体は横浜市の土地なので
島へ入ること自体はタダです。
水族館を目指して、いざ島へ。

↓アクアミュージアム
4_20101206001044.jpg
メインの施設、大型の水族館棟がこちら、
八景島シーパラダイス・アクアミュージアム。
ココにジンベエザメがいます。

↓キイロハギ
5_20101206001044.jpg
入口にいきなりいるのがコレ。キイロハギ。
個人的に、プロフィールに使ってるほど
生まれ付いてのマイヨジョーヌという、
全身黄色の大好きな熱帯魚です。

また合ったな、黄色いの。

キイロハギは、
けっこうな頻度で再会する
どこの水族館にもいる
お馴染みさんです。

さあ、今度こそジンベエザメに会いに行きますよ!



・・・って、まだ出て来ないんですけど。(^^;)

↓ジンベエザメ、関西の漁師の間で「エビスザメ」とも呼ばれます。

ジンベエザメに会いに行く ③

東日本初、ジンベエザメの水槽展示を見に
八景島シ-パラダイスへ出かけた話です。

↓大水槽
1_20101206215820.jpg
シーパラの売り物のひとつでもある、
大型水槽、「群れと輝きの魚たち」。
国内最多、5万匹のイワシが泳ぎます。

↓大群泳
2_20101206215820.jpg
イワシの大群を独自の方法で誘導し
群れの動きを操作することを可能にした
スーパー・イワシ・イリュージョン」は
とにかく圧巻。一見の価値アリです。

カクレクマノミ
3_20101206215820.jpg
カクレクマノミは笑いにうるさいんだ!

チンアナゴ(ガーデンイール)
4_20101206215819.jpg
いまやどこでも見られるようになったコノ魚、
警戒心が強くなかなか穴の外へ出ませんが、
このゆらゆらしている姿を見るのが
とっても好きなんです。

ええと、・・・そろそろ本題へ行った方がいいですか?


シロイルカ
5_20101206215819.jpg
日本では4箇所の水族館でしか飼育されていない
シロイルカ、(英名ベルーガ(Beluga))は、
北極圏に生息する、イルカというよりイッカクの仲間。
シーパラのシンボルの一つではあるんですが、
現在、シロイルカのショーは休業中です。

現在は、シロイルカ他、
すべてのイルカショーが
メインプログラムを休止中。
ソレは、本来メイン使用される
ショープ-ル「アクアスタジアム」を

ジンベエザメ用に使用しているためです。

↓アクアスタジアム
6_20101206215819.jpg
ココにジンベエザメがいます。
写真に写っているんですが
お分かりになりますか?

さあ、今度こそジンベエザメですよ。


・・・まだ引っ張るの? (^^;)


↓ジンベエザメは成長すると全長12mに達します。

ジンベエザメに会いに行く ④

東日本初の水槽展示となるジンベエザメ。
横浜八景島・シーパラダイスにやってきた
世界最大の魚類を見に行ってきた話です。

↓アクアスタジアム
6_20101206215819.jpg
アクアミュージアムのメインショープ-ル、
普段はイルカショーを行うメインスタジアム、
アクアスタジアムに、ジンベエザメが泳ぎます。

↓上空通路から
2_20101207224518.jpg
上から見ると、水面の揺らぎで
シルエットしかわかりませんが、
それでもジンベエザメ、デカい!

西日本には既にジンベエザメの
展示施設が3箇所存在しています。

展示を開始した順番に言うと

①大阪:海遊館 (←世界初)
②沖縄:ちゅら海水族館 (←規模最大)
③鹿児島:いおワールド かごしま水族館 (←ジンベエザメ入れ替え制)

東日本には、
ジンベエザメを展示する(展示できる規模を持つ)
水族館が、いままでありませんでした。
シーパラは東日本では初めての水槽展示です。

このジンベエザメは、
千葉県館山沖の定置網に迷い込んだジンベエザメの個体を、
シーパラが飼育を目的として受け入れたものだそうです。

↓水槽下部から
1_20101207224518.jpg
イルカショーをプールの底から見られる
ショープールの底部の大窓からも
ジンベエザメを眺められます。
このシルエットがいいですね。
でもちょっと遠いです。

↓スタジアム最前列から
3_20101207224517.jpg
客席から眺めるのがいい具合です。
ジンベエザメはショープールの水面近くを
ゆっくりゆっくり回遊する様に泳いでいるので
座って待っているとス-っと目の前を通り過ぎます。
大きいジンベエザメが、ゆったりと目の前にやってくる
この光景は、確かに驚愕の光景であると共に、確実に
癒しの空気も一緒に持ってきてくれます。

↓シーパラの「顔」
4_20101207224517.jpg
シーパラ、言えば、まずはこのシロイルカ。
お土産屋さんでも圧倒的にグッズといえば
シロイルカグッズが幅を利かせてます

新参者のジンベエザメは、全長4mほどのまだ若い(子供の)
ジンベエザメだそうで、以後シーパラの「顔」になるのかどうかは未定。

↓どこかで見たような景色が。
5_20101207224517.jpg
でも、場所によっては、このような
海遊館のグッズショップみたいな
ジンベエザメだらけの景色も
出来上がり始めています。

ジンベエザメが居るのは専用の展示水槽ではありませんから、
見物するには、ちょっと見づらい感じがしちゃうかもしれません。
でも、ジンベエザメはおおむね水面近くを回遊しているので
スタジアム最前列から眺めていれば、
必ず大きいのが目の前を通ってくれます。

ジンベエザメを見た事がなかったら、
今こそチャンスですから、
ぜひ一度シーパラへ。



ええと、ジンベエザメのネタが
意外と早く終わったので
シーパラの他のところも
ご紹介する事にします。

以下次回!

シーパラはまだ続きます。


↓世界最大の魚類の主食は、なんと、プランクトンだけ。

ジンベエザメに会いに行く ⑤

ジンベエザメに会いに行ったので、
ついでに、八景島シーパラダイスを
ぶらぶらして来ましたので、
今回はそのぶらぶら編。

↓ふれあいラグーン
0_20101208233810.jpg
いつでもイルカにさわれるプ-ル   :ホエールオーシャン
海獣達とたちと触れあえるプ-ル   :ひれあしビーチ
遊び体験で生き物と触れ合う人工磯 :サカナリーフ

の3つで出来ている体験型アトラクション。
海獣水族館としては異例の施設ともいえる
海の生き物をさわらせてくれる施設がココ。

↓ジャンプ
1_20101208233810.jpg
ホエールオーシャンのプ-ルにはバンドウイルカ、
ゴンドウクジラ、シロイルカが待っててくれます。
彼らが興味を持てばプ-ルの縁まで寄って来てくれるので、
細かい注意はありますが、ソレをさわるのはOKです。
トレーナーさん達が彼らの生態や体の事などにちて
細かい解説をしてくれて、こんなサービスもしてくれます。
ショープールで見るよりも、断然迫力が違います。
でも、大ジャンプの水しぶきでずぶ濡れになるのは
覚悟しておいて下さい。

↓シロイルカー!
[広告] VPS

プールの縁のほうまでなら
何度も寄って来てくれたんですが
結局さわらせてはくれませんでした。
もうちょっとだったんですけどね。

イルカ達は、好奇心旺盛で、基本的に
人間達とのふれあいは大好きなんだそうです。

総合受付で予約をすれば、イルカにエサをあげたり
ウエットスーツに着替えてイルカと一緒に
プールに入って一緒に泳げたりという
レア体験だって可能です。
(有料、人数限定)

ちなみに、トレ-ナ-さんの話によると
イルカ、くじら類の皮膚の感触っていうのは、
・・・ゴム長靴、に似ているんだそうです。   う~ん(^^;)

↓アザラシパイプ
2_20101208233810.jpg
北海道の旭山動物園の行動展示で
有名になったアザラシのパイプ型水槽。
流氷の隙間から海中と氷上を往復する様子を
実際の行動で展示するというモノ。
これが、ひれあしビ-チにあるんです。
ゆるーく動くアザラシたちを見てると
とっても和んで緩みます。

セイウチ
3_20101208233809.jpg
大型の海獣、鰭脚類のセイウチ。
シーパラのシンボルキャラにもなっている
セイウチの飼育水槽には大型の窓があって
運がよければこんな迫力のに接近遭遇も可。
海獣ショーでは味わえない距離で眺められます。

この他にも、アザラシの泳ぐ
トンネル水槽があったり
ペンギンのお散歩もやってます。

こういうのを体験するの、
面白いとおもいませんか?

八景島はまだ続きます。


↓ジンベエザメは国際的絶滅危惧種。原因はフカヒレ目的の乱獲だそうです。

ジンベエザメに会いに行く ⑥

ジンベエザメに会いに行ったついでに
横浜八景島シーパラダイスの見所を
ぶらぶらしてきたお話を続けてます。

↓シーパラダイスタワー
5_20101209020530.jpg
ドーナツ型のキャビンが360°回転しながら
地上90mまで上昇するパノラマ展望台がコチラ。

なぜか行くたびに乗ってるものです。
高いところ、好きなんですよね。

↓キャビン
4_20101209020530.jpg
これに乗ったら座ったまんまで
全方位を眺められ、そのまんま
高い所へ連れてってくれます。

↓アクアスタジアム&ドルフィンファンタジー
6_20101209020530.jpg
シーパラの中心、水族館とショープ-ルの
アクアスタジアムの三角形の大屋根、
その形がよくわかる景色です。

その足元にある青い四角いのがドルフィンファンタジー。
開業当時は、大型の円柱水槽で、複数のシロイルカが
優雅に泳いでいましたが、現在はその風景は休止中。
企画の谷間なんでしょうか、ちょっと残念です。

↓ふれあいラグーン
0_20101208233810.jpg
イルカやくじらやアザラシたちと
リアルにふれあえるプ-ルがある
体験型アトラクション。イチオシ。
この時期は特に混まずに体験可能。
ただし、ずぶ濡れは覚悟ですよ。
・・・行くのは夏がいいかもです。

↓サーフコースター
7_20101209020529.jpg
大型高速ローラーコースター。
高速で海へ向かって飛び込んでいく、
そんな恐くて気持ちいいアトラクション。
一度は体験して欲しい絶叫マシーンですよ。

↓幾何学模様
8_20101209020529.jpg
コースターの足元は、何か
難しい模様のような景色があり、
上空をコースターが通過していく
直ぐ近くまで近寄っていけるんです。
見ているだけでもかなりの迫力ですよ。

↓ラブのり
9_20101209020529.jpg
シーパラダイスタワーでは現在、1日1組限定。完全予約制にて
通常営業時間終了後に、夜のパノラマを独占できる特別メニューを
好評運転中。告白成功率100%、というウワサらしいですよ。
なんにせよ、ロマンティックですねえ。キメるならシーパラ!ですか?

↓逆光のタワー
10_20101209020547.jpg
高いところが大好きな性分を
存分に満たして帰路に着きます。

↓SEE YOU AGAIN
11_20101209020547.jpg
転勤で出向いていた関西を離れて以来、
ジンベエザメは遠くへ行かなければ
見られないモノになっていましたが、
シーパラのお陰で、その気になれば
いつでも見られるようになりました。

ジンベエザメに会いに、
シロイルカを眺めに、
イルカをさわりに
また来ようっと。

と、本当はココで終わるはずだったんですが、
更なるサプライズが、この3週間後に
突然やって来ることになります。

以下次回!

もしかしたら、あの事ですか?
というのをご存知の方がいたら、
次回までちょっとだけ
内緒にしてて下さいね。  (^^)



てぇわけで、まだ続きます。



↓ジンベエザメの名は、絣生地の甚平(じんべい)の様な体の模様に由来します。

ジンベエザメに会いに行く ⑦

東日本初のジンベエザメの水槽展示が始まった
八景島シーパラダイスへ、久々に行って来たのは
実は11月の第一週の事でしたが、その数週間後
ある日神奈川県ロ-カルの tvk(テレビ神奈川)
のニュ-スで、シ-パラのジンベエザメの話題を
またもや放送していたのを目に止めてしまいました。

八景島シーパラダイスに
2頭目のジンベエザメが
やってきました。


・・・え?

↓2頭目の「ジンベエザメ」展示スタ-ト!!
1_20101210234311.jpg
ついこないだ初めてのジンベエザメ展示が始まったばかりなのに、
そんな気前のいいニュースがあるんだろうか?何かの間違いじゃ?
と思っていたら、ちゃんと2頭目のジンベエザメがやって来てました。

↓ダブルでジンベエザメ(大阪:海遊館)
[広告] VPS

もしかしたら、シーパラにも、
いきなりこんな光景が
出現しているんでしょうか。
そうだとしたらほっとけない!
うれしさがこみ上げてきてます。

この間行って来たばっかりですが、
これはやっぱり見に行かなきゃ。

↓新杉田
2_20101210234310.jpg
前回とは違う行き方で移動。
今回はJR根岸線、新杉田駅から

↓シーサイドライン
3_20101210234310.jpg
今度は、反対方向の始発駅から
シーサイドラインに乗って行くきます。

↓Dolphin Christmas
4_20101210234310.jpg
このときシーパラは
前回とは打って変わって
クリスマスモードへ移行済。
なんかすごく盛り上がりますね。

↓いきなりWでジンベエザメ
5_20101210234310.jpg
今回は前置き無しでアクアスタジアムへ。
いました、ジンベエザメが確かに2頭です。

今回新登場した2頭目ののジンベエザメも、
館山沖で定置網に迷い込んだジンベエザメ
なのだそうです。

↓エプロン開放
6_20101210235713.jpg
前回は無かったものがこちら。
アクアスタジアムの海獣ショーを行う
エプロンスペースに足元マットを敷いて
ジンベエザメ見物のお客さんたちが、
水槽のすぐ近くまで立ち入りできるよう
一般開放開放されました。

ショーの時は一時閉鎖されますが、それ以外は開放中。

ココまで来て、以下次回!

・・・まだ引っ張ります。

↓ジンベエザメは世界最大の卵胎生魚、世界最大の軟骨魚類、世界最大の魚、という三冠王。

ジンベエザメに会いに行く ⑧

八景島に「ジンベエザメがやって来た!」
東日本初になるジンベエザメの水槽展示を
眺めて帰ってきた余韻も冷めていないうちに
「2頭目のジンベエザメがやってきた!」っていう
いきなりのサプライズなので、ついこの間行ってきた
シーパラへ、再びジンベエザメに会いに行ってきました。

↓近くで見られます。
8_20101212011105.jpg
ショープ-ルのエプロンスペースが
見物用に開放されたので、ショーが無い時は
こうしてプールの縁まで近づけるようになりました。

↓もっと近くで見られます。
7_20101212011105.jpg
プ-ルに沿ってゆっくりと回遊する
大きなジンベエザメがゆっくり泳いでいくのを
水槽にへばり付いて眺める事だって出来ちゃいます。

↓ダブルでジンベエザメ
[広告] VPS

ゆったりと泳ぐジンベエザメ。
2頭いると、迫力が変わりますね。
でも、このスピードを眺めるのは、
やはり気持ちいいです。

↓海の動物たちのショー
9_20101212011105.jpg
ショーをはじめるときは
一旦観覧コ-スを閉鎖し
ステ-ジを作ります。

↓セイウチ
10_20101212011104.jpg
メインのショープールであるアクアスタジアムで
ジンベエザメを公開しているため、メインのショーは
この「海の動物たちのショー」になっています。
アシカ、オタリア、セイウチ、とだんだん大型になる
海獣達のユーモラスなショーは、けっこう和みます。

でも、やっぱりイルカショーが無いと・・・、
とおっしゃる方には、こちらがあります。

↓サブプール
11_20101212011104.jpg
サブのプ-ルでの
公開訓練という形で
イルカ達のアクションを
ちゃんと見せてくれています。

↓公開訓練

[広告] VPS

空中通路から立ち見で眺める
ショートプログラムですが、
プ-ルの真上という場所で
普段は見られないアングルから
勢いのいいイルカのジャンプを
目にすることが出来ます。
意外に面白いですよ。

↓新しい顔?
12_20101212011104.jpg
シロイルカだらけだったお土産屋の
グッズ類のラインナップが、徐々に
ジンベエザメだらけになりつつあります。
彼らがシ-パラのあたらしい顔になるのかな?

ドルフィン・クリスマス
13_20101212011459.jpg
八景島もクリスマス。
イルカたちのイルミネ-ションの中に
早くも大きなジンベエザメが並んでました。

クリスマスは花火シンフォニア。
大晦日はオ-ルナイト営業です。
夜の海に浮かぶ光の島になる
シ-パラダイスの年末。
今年はダブルでジンベエザメ。
見どころ盛りだくさんなシーパラ。
年末のお出かけに、いかがですか?

↓おしまい。
14_20101212011459.jpg

↓ジンベエザメに会いに行ってきました。

海老名特産・いちご酢

以前も紹介しましたが、
神奈川県海老名市の特産品は
県内一の生産量を誇るいちごです。

そのいちごを使った一押商品が、
海老名市指定名産品第1号
いちごわいん」。

いちごわいんに始まる
海老名のいちご飲料は
様々なラインナップを
用意しているんですが、
今回のモノはそのひとつ。

タイトルどおりのこれ。

↓いちご酢
1_20101212220254.jpg
・・・いくらなんでも

「酢」 っていうのは、どうなの?

↓いちご酢
2_20101212220253.jpg
最初はそう思っておりました。
思っておりましたが、これは
調理用酢ではなく、飲料用酢。

↓原液
3_20101212220253.jpg
醸造ぶどう酢をベースに加糖、
いちご果汁とオリゴ糖、クエン酸
などをブレンドし濃縮したものが原液。
7倍に希釈して飲用にする飲みモノです。

試しに原液でも飲んでみましたが、
意外や、それほど悪くありません
慣れれば原液でグビっといけそう。

↓7倍希釈
4_20101212220253.jpg
原液1:水6、という
メ-カ-推奨の希釈が
こんな感じですが、

あれ?これがあの「酢」?
という不思議な感じで
さわやかな清涼飲料に
変わってしまいました。

これはイケる!真夏の暑さ対策には
もってこいだったかもしれない味です。
ああ!もっと早く飲んでおくべきだった!
先入観にとらわれすぎた!損したぞ~!!!

水のほかにも、
炭酸水で割っても
美味しくいただけるうえ、
牛乳で割ると「いちご風味」の
即席ヨ-グルトドリンクになる、
というレシピも紹介されています。

この際ですからいちご酢
だまされたと思って、ぜひお試しを!
お求めは海老名市内で。
(お取り寄せも可)

お取り寄せはコチラ。
海老名市名産品通販サイト ⇒ えびとくねっと

↓海老名のいちご酢、とってもいいっ酢よ。

神奈川県の駅弁の話 ①

僕は、生まれた時から神奈川県民だったので
地元の駅弁なんてものにはまったく興味が無く
出かけた先で美味しい駅弁を探すのが好きなだけの
普通の、旅行者としての視点でしか駅弁というものを
見たことがありませんでした。関西へ転勤する前までは。

でも、一度地元を離れてみると、
いつでも食べられるはずだったものが
滅多に食べられなくなるものになるのだ、
というの実感してしまうものなんですね。

それ以来、神奈川県の、地元の駅弁に
なんだか愛着が湧いてしまっています。

ところで、
主に神奈川県外の方に伺います、
神奈川県の駅弁って、どんなモノ
が有名だと思いますか?

↓小鯵の押し寿司
1_20101214001620.jpg
神奈川県南部、湘南・西湘地区の
比較的有名なお手軽駅弁が
この、小鯵の押し寿司。

小鯵、といいつつ、かなり肉厚な
鯵の切り身の押し寿司が詰まってる
意外な程ボリュームのある駅弁です。

湘南方面では、大船軒
西湘方面では、東華軒、という
神奈川県下の駅弁業者大手2社が
競うように同じメニューを販売中。

↓小鯵の押し寿司
2_20101214001619.jpg
これは西湘版、東華軒の鯵の押し寿司。
僕は湘南の端っこ、平塚市の生まれなので
エリアとしてはこちらの東華軒のモノの方が
なじみが深く、てべ慣れていました。
一緒に入っている紫蘇の葉巻きは、香りが良くて、
味のアクセントとしても秀逸。コレが無きゃダメ。
さっぱり味はいくらでも食べられます。美味ですよ。
お酒のつまみに食べても美味しいモノとして考えられた
「旅の友」としての役割も果たす駅弁なのだそうです。

これが食べられない場所に住んでると、
時々無性に食べたくなるときがありました。

ただ、それほど誰もがこれを食べる。
という大人気の商品、というわけではなく、
ああ、今日も売ってるな~、という風景が
毎日駅にある食べ物な感じがしています。

でも、毎日駅で売ってるって事は…
やっぱり売れてるんだよね。

↓小鯵の押し寿司、お値段980円。

神奈川県の駅弁の話 ②

神奈川県の駅弁は、都心近郊に近過ぎて
駅弁自体、熱狂的なファンがいる「名物」
といわれるものがそう多くはありません。

そんな駅版環境の中、特にズバ抜けて色濃い特徴がある
という訳ではないのに、初登場から既に100年以上
を経過しているモノがあります。これはやはり、
もう名物と言うべきものなのでしょうね。

当り前に売っているものなので、
独自の名物であるという意識を
する事が出来なくなってますが、
その駅弁というのがコチラです。

鯛めし
3_20101215004124.jpg
初登場は、明治40年(1907年)
国鉄・国府津(こうづ)駅での発売。
2010年現在で初登場から103年目。
西湘地域の駅弁屋では当り前に売ってます。
まさかこれがそんなに長い歴史を持つとは
知らない人も確実にいらっしゃいますよね。

↓鯛めし
4_20101215004124.jpg
薄味の炊き込みご飯(茶めし)の上に敷き詰められた
甘い味付けの魚肉のぼろ、残念ながら現在は
100%鯛ではありませんが、不思議な事に
子供のころ食べた時の味と比べても、味自体は
大して変わっていないような気がしています。

桜大根、アサリの佃煮、かまぼこ、
ちくわ、わさび漬け、というおかず。

素朴な甘い味のそぼろご飯と、
塩味の具合いのいいおかずと
ツンとするわさび漬けの妙が
鯛めしの売りなんですよね。

これも、たま~に食べたくなるアイテムです。

神奈川県の名物駅弁と呼んでもいい
100年の歴史を誇る「鯛めし」です。
平塚より西側のJRの駅で売ってます。
ぜひ一度お試し食いださいませ。

↓鯛めし、お値段780円

神奈川県の駅弁の話 ③

神奈川県の駅弁の話です。
神奈川県の駅弁、といっても
直ぐに思い出せるモノというのが
なかなかないものですが、そんな中
コレだけは県外の方でも知っている人が
確実に居らっしゃるだろうという有名な駅弁。

忘れちゃいけない逸品、それがこちら。

↓シウマイ弁当
5_20101216004247.jpg
神奈川県民なら知らない人は居ないだろう、
神奈川県民で知らないと確実にツッコまれる
横浜名物、「崎陽軒」のシウマイ。
そのシウマイを使った駅弁、
シウマイ弁当」がこちら。

明治41年(1908年)に開業した
崎陽軒の名物でもあるシウマイ。
「シュ-マイ」ではなく「シウマイ」。
名前の中に「うまい!」がかかってます。

そのシウマイを弁当のおかずとして
出来上がったシウマイ弁当の初登場は
昭和29年(1954年)のこと。

シウマイ弁当
6_20101216004247.jpg
蒸気炊飯という方法で炊き上げたご飯を
経木の箱に入れることで、内部の水分調整を
させる働きを持たせてあります、これが
冷めてもおいしく食べられる工夫のひとつ。
そして昔ながらのシウマイがメインのおかず。

そのほかにも、まぐろの照り焼き、かまぼこ、
鶏唐揚げ、玉子焼き、角切り筍煮、昆布と生姜、
そしてデザ-ト代わりの程よい酸味の干アンズ。
冷めても美味しく食べられる工夫と、
食べていて飽きない工夫が詰まっています。

個人的には、過去に飽きるほど食べているにも関らず
いつ食べても食べ飽きる事が無い美味しいお弁当です。

関西に住んでいた時は、帰郷するたび、必ずと言っていいほど、
シウマイ弁当を食べながら、新幹線で関西へ戻っていったものでした。

崎陽軒の売店は、神奈川県の大手私鉄
相鉄線の沿線にも展開されているので
海老名の駅でも購入する事が出来ます。
今でも時々買いに行ったりしてますよ。
シウマイ弁当は、やっぱり美味いです。

県外の方へ、神奈川県にお出かけの際は、
ぜひとも数少ない神奈川県の有名駅弁に
ぜひチャレンジしてみて下さい。

もちろん県内にお住まいの方も、
以前に一度くらいは食べた事がある
有名駅弁に再チャレンジしてみて下さい、
何か発見があるかもしれませんよ。
(・・・無いかもしれませんが)

↓シウマイ弁当、お値段750円。

小田急厚木駅、その端っこ。

僕の家の最寄駅は
小田急線の厚木駅

神奈川県の真ん中を流れる
相模川の川岸の近くにあり
JR相模線と駅舎を共有する
乗換駅でもあるのですが、
海老名駅と本厚木駅という
大きな駅に挟まれている為
急行列車が止まらない駅です。

小田急線の駅舎は、その施設が
JR相模線と共用であるため、
改札は駅の東側の端に一ヶ所だけ。
異様に長く感じるホ-ムの西の端には、
よほどの暇な時か、よほど用事が無い限り
近づくことは無い、というような駅でもあります。

事実、7月に海老名に越して来てから、
今の今まで、ホ-ムのの西端までは
行った事がありませんでした。

なので、行ってみました。(←よほど暇な時だったとみえる)

↓小田急厚木駅、その端っこ。
1_20101216234612.jpg
まっすぐ線路が伸び、
すぐに相模川を渡る
橋梁に差し掛かります。
線路がまっすぐだったら
確実に隣の本厚木の駅の端が
見える位置に、厚木駅はあります。

↓相模川
2_20101216234612.jpg
よく見てみると、すぐソコに相模川が見えています。
目の前に相模川です、ずっと相模川のご近所で育った
地元民にとって、あると無いとではずいぶん違う
相模川がある景色です。なんかいい感じだな。
(いい感じかどうかは、全く個人的感想です。)

↓圏央道高架工事
3_20101216234611.jpg
相模川東岸は現在、
圏央道神奈川エリアの
高規格高架道路を建設中
今は見えている遠くの景色が
徐々に違ったものになって行く
ちょうどその過渡期なんですね。

↓向こうが改札口
4_20101216234611.jpg
ただ駅の先っちょに歩いていっただけなのに
何かしら発見があるもんなんですね。

さあ、帰ろう。

↓今日はこれだけです。

寒川神社 ①

もうそろそろクリスマス。クリスマスが終わると
すぐに年末、年越し、そして正月が来れば、初詣。
そんな時期、まだクリスマスにもなっていませんが
ちょっとフライングしてこんな所へ行った話です。

↓寒川神社
3_20101217235628.jpg
今回の目的地は、
タイトル通りのココ。
神奈川県民にとっては、
毎年、年末年始にテレビで見る、
「初詣は、相模の国の一宮・寒川神社へ」
というロ-カルCMでも毎度お馴染みの

「寒川神社」です。

↓相模線に乗って
1_20101217235629.jpg
JRのロ-カル線、
相模線で最寄駅へ。

↓宮山駅
2_20101217235629.jpg
ホーム1本の単線駅、
業務委託で運営される
緑の窓口の無い 宮山駅。
ココから約500m先に
寒川神社があります。

↓寒川神社
4_20101217235628.jpg
相模の国の一宮、八方除けの守護神であり、
関東一円から広く参拝者が訪れる神社でもあり、
初詣では県内屈指の参拝客を集める事でも知られます。

↓寒川神社
5_20101217235628.jpg
承和13年(846年)に仁明天皇から従五位下を授る
という記録(続日本後紀)があるり。これが公式な起源、
とされますが、更にさかのぼれば、470年頃の奉幣、
700年代には社殿が建立されていたとされています。
1500年以上の歴史がある事になります。
意外とどころか、めちゃめちゃ
歴史がある神社なんです。

↓寒川神社参集殿
6_20101217235628.jpg
ココの向かいに参道があります。
次回から本格的に寒川神社です。

もうちょっとだけ待てばあっという間に
初詣の時期がやってくるのですが、
初詣での下見のつもりで
お付き合い下さい。

↓相模の国の一宮、寒川神社に、拍手。は、もらえるか? だめ?

寒川神社 ②

まだクリスマスのすら前なのにフライング、
初もうでの下見ヨロシク、相模の国の一宮、
寒川神社へ、久々に参拝に行ったお話です。

↓太鼓橋と鳥居
1_20101219010522.jpg
神奈川県高座郡寒川町に位置する寒川神社。
高座郡、というのは、その昔の神奈川県の
真ん中当たりをすべて占めていた大規模な
行政区分だったのですが、郡に属した周辺の
町村が、相次いで合併を繰り返し、「市」に
なってしまったため、高座郡といいつつも
郡に属しているのは、寒川町のみ、という
面白い事になってしまっています。

つまり、今現在は、高座郡 = 寒川町 なんですね。

↓三の鳥居
2_20101219010522.jpg
入口にあるのは木製の桧造りの鳥居、
穏やかな佇まいがいい感じですね。
参道上には、銅製の一の大鳥居と
コンクリ-ト製の二の大鳥居が
ありますが、宮山駅から来ると
この二つは通りません。

↓参道
3_20101219010521.jpg
参道沿いには緑と
寄進された燈篭が
ズラと並んでいて
行く手に紅葉です。

干支ねぶた
4_20101219010521.jpg
平成13年(2001年)
からはじまった寒川神社の新たな名物のひとつ。
正月から節分まで、神門に掲げられる干支ねぶた。
コチラは、本物の青森のねぶた師の手で製作され
迫力と見ごたえのある出来に仕上がる上がるもの。
今まで一度しか見たことがありませんでした。
けっこう近くに住んでいるので、来年こそは
じっくりと眺めに来ようと思っていたりします。

↓神門
5_20101219010521.jpg
参拝者を迎える神門。
青森干支ねぶたは、ココに掲げられます。
干支ねぶたの神門をくぐると厄除けとなる
とい謳われ、参拝前に軽く厄まで落とせる
大盤振る舞いの大サービスです。

↓本殿
6_20101219010521.jpg
立替による竣工が、平成9年
という新しい社殿になりますが、
総桧作りの、豪勢で厳かな本殿。
和の趣があっていい風景です。


次回も寒川神社です。


↓↓相模の国の一宮、寒川神社。初もうでにいかがですか?

寒川神社 ③

クリスマスもまだなのに
すでに初もうでの事を考えて
寒川神社へ参拝した話をしています。

↓本殿
6_20101219010521.jpg
平成9年(1997年)に建て替えで
新しくなった総桧造りの本殿です。
豪勢で趣があって良い社殿です。

↓本殿内
7_20101219025303.jpg
寒川比古命(さむかわひこのみこと)と
寒川比女命(さむかわひめのみこと)という
ニ柱の神を祀り、寒川大明神と奉称します。

↓ご神体
8_20101219025303.jpg
寒川神社には1500年を超える長~い歴史があるのですが、
ココに祀らた神様は、時代時代によって変わっていたと考えられ
ずっと一定した神様ではなかったと言われているそうです。
古代では寒河神、近世では八幡神(応神天皇)が祀られたといわれ、
他にも、菊理媛素盞鳴尊稲田姫命、など諸説が上がっていましたが、
大正5年(1916年)にようやく主祭神が確定したというもの。

↓本殿
9_20101219025302.jpg
神奈川県でも屈指の初もうで参拝客を数える
歴史の古い寒川神社をあらためて調べて見ると
なかなかの紆余曲折を経てきたことが解りました。
こういうウンチクがあると、ただの初もうでだって
ちょっと面白くなったりしますよね。(ならない?)

神苑
10_20101219025302.jpg
本殿裏にある神苑は平成21年(2009年)に開苑。
真新しい神苑は入場無料ですが、入苑に際しては
寒川神社にて祈祷・大払いを受けた
参拝者がその対象になります。
一度は見て見たいですね。

JR寒川駅
11_20101219025302.jpg
JR相模線の寒川駅。
寒川神社へ行こうとして寒川駅で降りると、
最寄駅からの距離の倍くらい歩くことになり
とっても大変な事になりますので、ご注意を。
実際に歩いてみたので大変な事になりました。

寒川神社の最寄駅は、JR相模線「宮山駅」です。お忘れなく。

↓初もうでは、相模の国の一ノ宮、寒川神社へ、ぜひ。

横浜ビア柿

横浜市は、日本のビール醸造発祥の地。
その横浜市中区の美濃屋あられ製造の
ビールによく合う柿の種「横濱ビア柿
初めて見たこれが横浜市推奨品指定。

↓横濱ビア柿
1_20101221003634.jpg
確か、海老名のショッパーズプラザで発見。
ビールによく合う、というのが気になって
物は試しで、とりあえず買ってみました。

↓品質に自信あり。
2_20101221003552.jpg
細菌検査を含め、商品の高い品質を明示。
この熱のこもった世界品質のアピ-ルに
なんだかひきつけられますね。

↓原材料
3_20101221003552.jpg
ピーナッツは揚げた物を使用。
確かに香ばしさが違いました。
しかし、ビーフキス?乳?
どんな効果があるんだろう?
(細かいことまでわかる舌ではありません)

↓横濱ビア柿
4_20101221003552.jpg
・・・カラい!!!
個人的には多少辛いものは平気なほうですが、
それでもカラい。確かにビールは進みます。

でもね、辛いけど、辛さだけが延々後を引く
無理やり唐辛子味にしちゃったような
考えの浅い暴力的な辛さじゃありません。
イケてるカラさでした。

ビ-ル発祥の地、横浜に居を構える米菓製造業者が、
ビ-ルに合う商品をと考え続け、試行錯誤の末に
市場に放った、このビ-ルによく合う柿の種
「横濱ビア柿」は、横浜市の太鼓判付きの
逸品になりました。

見かけたら、ぜひお試しを。

↓ビールによく合う柿の種。ここち良い辛さでビールをどうぞ。

アヒルちゃんに会いに行く ①

半年振りに大阪に行ってきました。

↓アヒルちゃん
6_20090908221605.jpg
アヒルちゃんに会いに行ってきた話です。
関西版のブログにそののお話をアップしたので、
今回はそちらにリンクして更新していきます。

興味のある方は ↓ コチラへごうぞ。

アヒルちゃんに会いに行く① ← ココをクリック

アヒルちゃんに会いに行く ②

大阪まで、アヒルちゃんに会いに行ってきた話を
関西版ブログとリンクしてお伝えしております。

↓アヒルちゃん
a_20101222232246.jpg
このアヒルちゃんは
そもそもナニモノなんだ?
とおっしゃる方はまずコチラへ ⇒ ラバーダックプロジェクト

水都大阪のアヒルちゃんに
興味が湧いた方は ↓ コチラへどうぞ。

アヒルちゃんに会いに行く ② ← ここをクリック。

アヒルちゃんに会いに行く ③

神奈川県から大阪府は
大阪市まで出かけて眺めてきた
オランダ人芸術家の作よる
平和メッセージのア-ト作品
「Rubber Duck Project」 

Rubber Duck Project 
12_20101223225548.jpg

その巨大な「アヒルちゃん」のお話を
関西版ブログとリンクさせつつ
更新中でございます。

世界を旅するアヒルちゃんを、
見てみようかな、と思う方は

 ↓ コチラへどうぞ。↓

アヒルちゃんに会いに行く ③ ← ココをクリック。

アヒルちゃんに会いに行く ④

大阪にやってきたアヒルちゃん。
巨大なアヒルちゃんを眺めて
とっても平和な気分に
浸ってきたお話。

↓アヒルちゃん
11_20101223234933.jpg
その「アヒルちゃん」のお話を
関西版ブログとリンクさせ
更新中でございます。

見ていて和む、アヒルちゃんの姿。
見てみたい、と思われた方は
遠慮なくコチラへどうぞ。

  ↓↓↓

アヒルちゃんい会いに行く ④ ← ココをクリック。

クリスマスツリー

今日はクリスマスイブ。
別に何を言うつもりもありません。
ただ、今年もクリスマスが来て良かった。
という気持ちをこめて、去年は見られなかった
神奈川県のクリスマスツリーを見に行ってきました。

↓ランドマークプラザ
1_20101225001533.jpg
みなとみらいの超高層ビル、
横浜のまさしくランドマーク、
ランドマークタワーのお膝元にある
ランドマ-クプラザのクリスマスツリー。
3階ぶち抜きの巨大なクリスマスツリーです。

↓スワロフスキー
2_20101225001533.jpg
このツリーのキラキラは、その全てが
スワロフスキーで出来ています。
なんだか久しぶりに見ました。
毎年の風物詩ですね。

↓宮ヶ瀬のツリー
3_20101225001533.jpg
紅葉の時の宮ヶ瀬には、
既にツリーの準備が出来ていました。
これ、けっこう凄いクリスマスツリーです。

↓ジャンボクリスマスツリー
4_20101225001618.jpg
今年25年目を迎える宮ヶ瀬公園のライトアップイベント。
「宮ヶ瀬・光のメルヘン」その目玉、ジャンボクリスマスツリー。
おそらくは、神奈川県で一番の大きさを誇るクリスマスツリーです。



昨年までは関西在住だったので、
このツリーは、両方とも
見られませんでした。
今年は、見られて
良かったな。

そんな感じで神奈川県の有名なツリーを
2つ眺めて来た今年の12月24日でした。

今日はもう、他には何もいらないでしょうどうぞ良い夢を。

↓メリークリスマス。

再び、有隣堂との邂逅。

・・・有燐堂が、羽田空港に在った。
しかも国際線タ-ミナルの入口に。

有隣堂
0_20101225233026.jpg
神奈川県発祥の書籍店販売店チェ-ンのこの有燐堂が、
外国人にとって最初の日本の本屋さんになったりする
場合ができたりしちゃったりしちゃう訳なんですよね?

・・・だからどうした?といわれたらソレまでなんですが、

有隣堂は、神奈川県にとどまらず、東京都、千葉県に
進出を果たし、大規模な書店チェーンになっている事は
十分に存じているんですが、これはコレで、割と おお!
と思う出来事に思えます。・・・ただソレだけなんですが。

↓有隣堂、ご存知ですか?え?知らない??

東京国際空港・新国際線旅客センターミナル ①

大きなアヒルちゃんを見に
大阪へ行ってきた帰り道は
奮発して、飛行機で空の旅。

神奈川県民の僕がが帰り着くのは、
当然の事ながら羽田空港ですが、
ココには、今年出来たばかりの
真新しいあの施設があります。

↓最寄駅
1_20101227021942.jpg
京浜急行羽田空港線、
羽田空港国際ターミナル駅。
羽田に行くことなんかそりゃあもう
滅多やたらにある事じゃございませんから、
モノはついでで、出来たばっかりの
羽田空港国際線ターミナルの
アトラクションの様な施設
眺めに行ってきました。

↓エスカレーター
2_20101227021942.jpg
長っ。

地下駅のホ-ムから
ターミナルのエントランスまで
一直線にエスカレーターが続いており、
エントランスに改札口が設置されています。


・・・凄いミス。有隣堂があったのは
第一ターミナルの改札付近でした。
お詫びのうえ訂正いたします。

東京に初めて降り立った方がはじめて利用する本屋さんが
神奈川県発祥の有隣堂になったりしたりするわけなんです。
(↑・・・ええと、コレはもういいですか?)

↓まだクリスマス前。
3_20101227021942.jpg
アヒルちゃんを見に行ったのは
まだクリスマスの前の事なので、
まだクリスマスムードの空港です。

↓案内図
4_20101227021941.jpg
国際線旅客ターミナルのエントランスは、
京浜急行と東京モノレールの改札に直結。
羽田に到着したら即、交通機関へアクセス。
利用者にはものすごく便利な構造ですよね。

↓お目当て
5_20101227021941.jpg
今回の目当ての施設はこのエスカーターの上。
国際線ターミナルビルの目玉として登場した
外国人利用者に日本らしさをアピ-ルする為
和の様式美をフンダンに用いて造られている
免税店とレストランのショッピングモール。
その名も「江戸小路」。

↓入口
6_20101227021941.jpg
様々なショップや
レストランの数々が
江戸の街並みの中に
ちりばめられています。
けっこう面白いんですが、
さすが話題のスポットです
まだまだ見物客が多いっすよ。

さあ、以下次回。

↓東京国際空港新国際線旅客ターミナル(・・・名前、長っ)。羽田空港公称ではありません。

東京国際空港・新国際線旅客センターミナル ②

↓目的地
5_20101227021941.jpg
伊丹から飛行機に乗って羽田に着いた帰り道、
和の様式美満載で、ニッポンマインド全開の
新ショッピングモール「江戸小路」が出来た
真新しい国際線旅客ターミナルへ
寄り道して来た御話です。

↓江戸の街並み
1_20101227223433.jpg
江戸の街並みを模して造られた建屋の中に
ショッピングモ-ルが組み込まれています。
免税店はもちろん、空弁の売店、レストラン、
日本蕎麦、焼肉屋からラ-メン屋まで、
外国人観光客や外国人利用者観光客に
日本文化を強くアピールする目的で
デザインされた造利になってます。

↓カフェ
2_20101227223433.jpg
カフェには野点をイメ-ジさせる
朱の傘が置かれている風景。

↓提灯
3_20101227223433.jpg
テナントのラインナップも店舗名が提灯に掲げられています。
ハイテク国際空港にあるジャパネスク炸裂のデザインは、
日本人にとっても、外国人利用者にとっても、これは
人の目を引くいいデザインになっていますよね。

↓ニッポン代表
4_20101227223433.jpg
空港限定品やらブウラドコラボ商品やらココでしか買えない
キティーちゃんグッズも取り扱うハローキティー専門店です。
ココも人気があるんですね、人の波が途切れませんでした。

↓出発ロビー南端
5_20101227223432.jpg
大型の天井を柱の数を減らして支える構造。
実際の面積からは、ちょっとばかし想像しにくい
もの凄い開放感を備えているという特殊な構造です。

↓出発ロビー北端
6_20101227223432.jpg
新滑走路の拡張工事終了により、
24時間発着対応に移管した羽田空港は、
羽田から世界へ、世界から羽田へ。をキャッチフレーズに、
観光立国「日本」への窓口としての新たな機能を開始したばかり。
周辺諸国の大型空港に集中してしまった「ハブ空港」としての機能を含め、
首都圏直結の国際空港として対外的な競争力を取り戻すべく事業を開始した所です。

首都圏から海外旅行へ出かける方には
ものすごく便利になりますよね。

海外旅行には行きませんが、
羽田国際線ターミナルは、
まだ続きますよ。


↓正式名称は、東京国際空港新国際線旅客ターミナル。羽田空港公称ではありません。

東京国際空港・新国際線旅客センターミナル ③

大阪から帰ってきた帰り道、
羽田空港に出来たばかりの
新国際線旅客タ-ミナルを
見物してきたお話を報告中。

↓空港
2_20101228230746.jpg
羽田空港は、新滑走路整備終了に伴い24時間離発着が可能となりました。
24時間化は関空に遅れること1年、成田空港の国際線の機能の分担と共に、
周辺諸国の空港施設に対抗しうる競争力と、首都圏直結の利便性を備えつつも
大きな離発着のキャパシティーを備えたハブ空港を、この羽田が実現できるかも。
という大きな期待の元に、この新国際線旅客ターミナルは完成したそうです。

↓展望フロア
1_20101228230747.jpg
そんな難しいことは、とりあえず置いといて。
展望フロアには気持ちいい眺めがたくさんあります。

↓富士山スポット
1-2_20101228230746.jpg
展望フロアの北端には、
富士山が見られるスポットがあります。
空港の立地や、東京湾周辺のちょっとした地理も
パネルに表示されていますので、関東が初めてな方も、
日本が初めてな外国の方も、これで安心です。(←何がだ?)

↓展望フロア
3_20101228230746.jpg
この建物のド-ム状の部分は、なんとプラネタリウム。
既に「空港」という限定的な目的に為の造られている
施設の枠に収まらない、多彩なアミュ-ズメント性が
この新国際線旅客ターミナルの魅力のでもありますね。

↓開業記念時計
5_20101228230745.jpg
新国際線旅客ターミナル開業記念のモニュメント時計。
これがまた意外にに目立たない場所にあります。

↓愛称募集中
6_20101228231310.jpg
この時計に名前をつけましょう。
現在愛称を募集中、採用されれば
ペアで海外旅行が当たるそうです。
レッツチャレンジ!

↓東京モノレール
4_20101228230746.jpg
東京モノレールの駅はターミナルのエントランスに
バリアフリーで直結しています。
東京から来る方にはとっても便利です。
在来路線の軌道を変更して国際線ターミナルへ
乗り入れた東京モノレールは、新たに
羽田を利用する事になる外国人利用客にとっても
新たな「日本の顔」になるのかもしれません。

↓帰り道のエスカレーター
7_20101228231309.jpg
今後、このターミナルの利用者は今後確実に増加する事になります、
国際線旅客ターミナルは既に規模の拡大が計画されています。
そうでなくても既に仕事納めの済んだ年末なんですから、
実際に、OFFを過ごすために羽田から旅立つ方も
リアルに大勢いらっしゃることでしょう。
時間に余裕があったら、ターミナルを
ウロウロしてみて下さい。
けっこう楽しいです。

↓公称は、東京国際空港。愛称は、東京都大田区羽田にある空港、だから「羽田空港」。

小田原「吉匠」・あじの唐揚げ

↓東名高速・海老名サービスエリア
1_20101230013312.jpg
東名高速道路の基点から数えて
最初に登場するサービスエリア、
平日でも大混雑するSAとしても
大変有名な海老名サービスエリア。

ココで売っているあるものが
今、大変気に入っております。

↓小田原あげ・吉匠
2_20101230013312.jpg
神奈川県は小田原かまぼこの有名なブランドのひとつ、
「まるさ」(○に さ の字)で有名な佐藤修商店。この会社が、
かまぼことは別ブランドで展開する魚肉練り製品揚げ物専門店が、
小田原揚げ「吉匠」。その吉匠が海老名SAに出店した
魚肉練り物・揚げ物専門店がコレ。目玉商品は「あじの唐揚げ」です。

↓唐揚げ
3_20101230013312.jpg
手前から、塩味、カレー味、ぺペロンチーノ味。
・・・魚の唐揚げ、しかも鯵、青魚の唐揚げ。

最初に手にした時は、
美味いかのかどうか疑問でした。
青魚の唐揚げなんて脂臭くて魚臭いはず。
買っちゃったけど、不味かったら絶対損するな~。
っと、恐るおそる食べてみたら、これがまあ、ビックリちゃん!
魚臭さをキレイに抑えてあり、骨を気にせずバリボリいけちゃう程の
軽くてサクサクの揚げ上がりで、鯵の身の旨味も味わえる、かなりの逸品です。

このほかにも「青魚の唐揚げ」の概念を打ち破る
多彩なフレーバーが用意されていて、
これがまた美味いんです。
テレビ番組で度々取り上げられ
いまはかなりの知名度を持つに至っています。

↓小田原あげ・下り線売店
4_20101230013311.jpg
この唐揚げは現在、海老名の上下線SAで販売中。

吉匠のあじの唐揚げを売っているのは
神奈川県内のみ、全部で5店舗
けっこうレアです。

年末年始の大移動の時期です。
東名高速をご利用の方も
時期的に多いことでしょうから、
機会があれば、ぜひお試し下さい、
今年最後のちょっとした衝撃を
味わえるかもしれないモノですから。
(↑あくまで個人的な感想ですが)

↓まさか、鯵の唐揚げがこんない美味いとは!!!、この衝撃をぜひあなたに。


↓オマケがあります。

続きを読む

年の瀬

年の瀬も押し詰まってまいりました。
僕は大晦日から三ヶ日が出勤です。
本日が年内最後休日でしたが、
雑事に追われていたため
ネタがありません。

年内は、もうただあわただしく、
三が日はまるまる仕事なので、
ネタが無いのは変わりません。
今からネタ拾いは無理でした。

正月三ヶ日は更新が遅れます。
年内はこれが最後かもしれません。


毎回の事ではありますが、
大した事は書けて無いブログです。
次回が必ずしも面白いとは限りません。
それでも毎回覗いて下さっている
皆様方へ、一言ご挨拶を。

良い年だった方も、
そうでなかった方も
今年1年お疲れ様でした。
来年は良い年でありますように。

ゆったりと心を緩めて、
良いお年をお迎え下さい。

↓管理者近影
n.jpg


↓今年最大の変化は、関西から帰ってきた事でした。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
53位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる