FC2ブログ

座間のひまわり 《前編》

海老名市の隣にある座間市、
その座間市の夏のイベント。
昨年は行き損ねたので、
今年こそは出かけよう!
と決めていたのに
出遅れました。

そのイベントがコレ。

↓ひまわりまつり
1_20110731233812.jpg
国道246号線沿いから既に
案内看板が立てられています。

この先の交差点を左折し北進すると
座間市役所前に行き当たりますが、
市役所前は通過します。通過したら
最初の信号を右折。そのまま直進。
丘陵の谷合を橋で渡って超えると
ひまわりまつりの会場に到着します。

↓ ひまわりまつり
2_20110731233812.jpg
座間市観光協会の手による大イベントがコレ。
首都圏最大規模と自負する55万本のひまわりが
コレでもか!と盛大に咲き誇る真夏の風物詩、
なのだそうです、行くのは今回が初めてです。

↓栗原ひまわり広場
3_20110731233812.jpg
会場は先ほどの道順でいけます、
ひまわり見物用の臨時駐車場も
用意はされているんですが、
期間中は混雑が予想されるので
お勧めはあくまで公共交通機関。
座間市観光協会のHPに
アクセス方法が載っています。
小田急線、相鉄線の駅からの
バス利用が推奨されてますので
詳しくは上の黄色い所を
クリックしてみて下さい。

僕は海老名から自転車で行ってきました。
   
↓ひまわり
4_20110731233811.jpg
でました、ひまわりです。
大きさの揃った大輪の向日葵が
ズラッと並んでお出迎えですよ。

↓ひまわり畑
5_20110731233811.jpg
住宅地の中にある農耕地を使って
作られたひまわり畑なんですが、
侮ってはいけません。
モノ凄く広大。

↓ヒマワリのうなじ
7_20110731233830.jpg
ひまわりまつりのイベント自体は
7/30に終わってしま居ましたが、
会場には、軽く食べられるもの、
飲み物や、座間市の銘産品などを
売っている屋台も出ています。

↓向日葵
7-2.jpg
2枚目の写真のポスタ-にもありますが、
ひまわりまつりの栗原会場の開催期間は
7/27(水)~8/3(水)まで、

ですが、8/17(水)から、
今度はまた別の会場で更に1週間、
第二期ひまわりまつりが始まります。

開花の時期をずらして行う
二度美味しいひまわりまつり。
めちゃめちゃ手間隙かけてます。

↓ひまわりの風景
6_20110731233811.jpg
ひまわりが咲いています。
それも視界を埋め尽くす
モノ凄い数のひまわりが。

今が真夏だというのが
十分実感できる景色です。

という訳で、後編へ続く。

↓真夏の座間でひまわり三昧、第一弾は、終了まであと2日。

続きを読む

座間のひまわり 《後編》

座間市の夏のイベント
首都圏随一を自負する
ひまわりまつりのお話。

↓第二会場
8_20110802221748.jpg
前回の栗原地区のひまわり畑は
実を言うと、もう1ブロック先に
まったく同規模の第二会場があります。

↓ひまわりの小道
9_20110802221748.jpg
第一会場同様、手造りの小さな展望台があり
いっせいにこちらを向いたひまわりが咲く
ひまわり畑を俯瞰で眺める事が出来ます。

↓スゴい数
10_20110802221748.jpg
どうです?かなりの規模でしょ?

↓鮮やか
11_20110802221748.jpg
ひまわりの黄色が取っても鮮やかです。

↓もっと鮮やか
12_20110802221748.jpg
見る場所により、見る角度により、
様々な絵柄に変わっていくような
盛大なひまわりの風景があります。

↓ひまわりが見てる
13_20110802221747.jpg
手造りの展望台を眺めると
大勢のひまわりが詰め掛けた
ライブステージみたいな感じで
ちょっと面白い景色に見えました。

↓向日葵
14_20110802221830.jpg
真夏のひまわりの風景です。もっと天気がよければ
もっと気持ちよく真夏を実感出来た事でしょう。
いったこの日は、ちょっと重たい曇天でした。

ああ。晴天の炎天下で
ひまわりが見たかった~!

↓ひまわりまつり
15_20110802221830.jpg
ひまわりまつりは
残すところあと1日、
8/3(水)で終了です。
雨が降りそうな曇天続きですが、
ひまわり見物に行くなら、今ですよ。

↓座間のスゴいひまわり、「ひまわりまつり」はどですか?


オマケあり。
  ↓

続きを読む

神奈川のうまいもん。

大手コンビニエンスチェーン、セブンイレブンでは、現在、
期間限定で、神奈川県内のみの地域限定、
神奈川県うまいものフェア」を実施中。
そのフェアの為の商品の一部をご紹介したりします。

↓本格麻婆丼
k1_20110804034621.jpg
横浜中華街の象徴でもある
善隣門の目の前に本店を構える
上海料理の銘店「 四五六菜館 」
その料理長監修の元作られた本格麻婆丼。

↓こんな感じ
k2_20110804034621.jpg
豆板醤・甜麺醤に八丁味噌を加えることで
コクのある味わいを作り出しています。
手作りのねぎと油ラー油を使用し、
花椒と唐辛子を調理直前に挽いて加えるため、
風味豊かな仕上がりになるのだそうですよ。

確かに、香りが良くて
ピリッとした辛さがある
なんともいえない美味さです。

↓神奈川牛乳のみるくぷりん
k3_20110804034621.jpg
神奈川県内の乳牛から牛乳を生産する
地元乳業会社「足柄乳業」の牛乳を使用
牛乳のコク味が深く、食感がなめらかなプリン。

↓美味しいですよ
k4_20110804034621.jpg
ミルクプリン、ミルクムース、カラメルという
三層構造になっており、舌触りが良くって
ふわふわとろとろが美味しいプリンです。

神奈川県の企業、名店とのコラボアイテム。
神奈川県でこういった地方色を前面に出す
企画は、ちょっと珍しい感じがします。

コチラはフェアの商品の一部です、
フェア自体は8/10まで開催。
セブンイレブン以外にもイトーヨーカドー、
西武百貨店、そごうでもフェアを実施中。

神奈川県の銘品コラボは、
ちょっとうれしいかもです。

↓たまには神奈川県のうまいもの、どですか?

津久井湖へ行こう!! ①

神奈川県の水がめのひとつ。
相模ダム下流にある相模川水系の
もうひとつの貯水ダムがコチラです。
城山ダムによって出来上がった人工湖
それが「津久井湖」です。行って来ました。
数週間前に、なんですけどね。
(相模湖見物の帰りに立ち寄りました。)

津久井湖はこんな形
1_20110804235838.jpg
城山ダム建設によって出来上がった
人造湖がこの津久井湖でございます。

↓津久井湖城山公園、 花の苑地
2_20110804235838.jpg
まずは津久井湖南岸の無料駐車スペース
花の苑地に車を止め津久井湖を眺めます。

↓湖面
3_20110804235838.jpg
津久井湖は、旧津久井郡津久井町と
同津久井郡城山町にまたがる人造湖。
これまた2008年時点の町村合併で
相模原市緑区に一挙に編入されたので、
現在は相模原市の一部となっています。

↓ガーデンテラス
5_20110804235838.jpg
季節ごとに様々な花が咲く
ガーデンテラスがあるのが
この南岸の花の苑地なんです。
相模原市のお土産を売る売店が
あるのがこちら側、花の苑地です。

↓向こうがダム
4_20110804235838.jpg
あちらが津久井湖観光のメインエベント、
城山ダムの勇姿で御座います。

そんなこんなで、以下次回。でござんす。

↓津久井湖へ行ってみよう、ぜひとも。

津久井湖へ行こう!! ②

津久井湖のメインエベント、
城山ダムを眺めに行くのは、
もうちょっと先に取っといて、
津久井湖のもうひとつの公園を
先に見に行ってみることにします。

↓津久井湖城山公園、 水の苑地
1_20110805212320.jpg
津久井湖南岸の「花の苑地」と対になるのが
ダムをはさんだ北側、津久井湖北岸にある
「水の苑地」になります。

↓親水公園
2_20110805212320.jpg
南側の「花の苑地」には、売店があったり
そば屋さんがあったりで、集客能力高め。
北側の「水の苑地」には、小さい売店が
だあるだけなんですが、こちら側には
規模の大きな親水公園があります。

↓たまだれ
3_20110805212320.jpg
階段上部の噴水から
流れてきた水が広い範囲で
たまだれになる大きな親水施設、
真夏の炎天下ではとっても涼しげです。

↓泉水
4_20110805212320.jpg
丸い芝生を囲むまだれから
落ちた水が泉水に注ぎ込む構成。
水に囲まれた芝生、青い空の下で
目の前に湖、このロケーションはなんか、
とってもいい感じがしますよ。

↓午後のキラキラ
5_20110805212319.jpg
周囲にはルピナスの大花壇があったり
湖を眺めるテラスがあったりして、
眺望の良さはとっても心地よいです。

ってところで、以下次回!

↓津久井湖城山公園、水の苑地は、いかがですか?

津久井湖へ行こう!! ③

まだ続いています。
津久井湖のお話です。

↓湖水の畔なのよ
0_20110807225554.jpg
津久井湖にもボート乗り場があります。
場所は津久井湖北岸の「花の苑地」。
しかし、利用は休日に限られるようで
平日のこの日は営業していませんでした。

↓野鳥の水辺
1_20110807225554.jpg
花の苑地の水辺のテラスにあった
津久井湖野鳥図鑑のパネルがコレ。
山間の湖です、飛来する渡り鳥や
ココを根城にする水鳥の種類が
思った以上に多いのだそうで、
カワセミも見られるそうです。

↓城山ダム概要
2_20110807225554.jpg
面積は横浜スタジアムの190倍
容積は神奈川県庁新庁舎368杯分。
神奈川県らしさを出したかった比喩ですが、
けっこうわかりづらいかもしられんです。(^^;)

そんな津久井湖のダム完成前は
集落があり、小学校もあったそうで、
春には山間が桜の名所になってたり、
夏には鮎釣りや川遊びでにぎわった
場所もあったのだだそうなんです。

集落はダム完成に伴い水没、
この時の住民移転の補償交渉が
後の後に水源地域対策特別措置法の
代替地取得等補償対策のモデルケース
となったのだそうです。

津久井湖記念館
3_20110807225553.jpg
城山ダム建設に伴い、津久井湖水没移住者の要望で
水没集落の資料を展示する資料館が作られています。
ソレがコレ、花の苑地にある「津久井湖記念館」です。
水没前の津久井湖の事をコチラで見ることができます。
水没を反対した抗議活動は続けられましたが、
和40年(1965年)に城山ダムは完成。
津久井湖ができることとなりました。

↓城山ダム
4_20110808002828.jpg
城山ダムは、神奈川県の水がめのひとつで、
神奈川県はダム湖を複数抱える事により
渇水時でもほぼ水需要には事欠かない
豊かな水源を得ることに成功しています。
残念な歴史もありますが、
その当時の決断があってこそ
今の神奈川県が在ったのだと、
真夏の今の時期になると
ちょっと感謝します。
(ちょっと重い話ですけど)

次回は、城山ダムです。
という訳で、続きます。

↓神奈川県の水がめの一つに感謝して、次回へ続く。

津久井湖へ行こう!! ④

↓つくいこ
1_20110808010422.jpg
相模原市・緑区にある
神奈川県の水がめのひとつ、
人造湖、津久井湖のお話。

↓城山ダム
4_20110808002828.jpg
その津久井湖を作った
城山ダムへ向かいます。

↓展望台入口
2_20110808010422.jpg
津久井湖北岸側に
ダムを一望できる
展望台があります。

↓国道413号線
3_20110808010422.jpg
ダムの上には、
国道413号線が走ります。
413号線は相模原市の橋本から
三ヶ木(みかげ)までを走る短い国道。
主要幹線道の国道16号線・129号線と
厚木と甲州街道をつなぐ国道412号線を結びます。
山間の国道ですが、ラッシュ時にはよく渋滞する道なんです。

↓ 城山ダム
4_20110808010422.jpg
全高75mの重力式コンクリ-トダム。
横浜市、川崎市、相模原市及び湘南地域への
飲用水と工業用水の供給と相模川の洪水調整の
役目を担うダムで、発電施設は城山ダム自体には
付随せず、発電施設は境川水系の本沢ダムに直結し、
津久井湖の水を利用して揚水発電を行っている
城山発電所が別に用意されています。

↓ダム最近景
5_20110808010422.jpg
展望台は、切り立った谷合に作られており、
斜面に沿った九十九折みたいな公園地を
行ったり来たりしながらダムへ近づきます。
ダムは見えているのに、近くへ行くのに
えらい遠回りをする構造になっているので
ココへ行くまでにちょっと疲れます。

ココからダムの先の眺めが、実はかなりの迫力。
ダムの先はかなり深い谷になっている為に
ちょっとした深山幽谷の光景が存在します。

レンズの広角度合いが足りなかったため
ソレらしい写真が撮れませんでした。
でも、相模湖よりも相模原市の中心部に近いのに
風景はコチラのほうがダイナミックだったりします。
気になる方は、ぜひ現地でご確認下さいませ。

津久井湖は、相模湖に比べてみると、
観光地としての施設は少なめなんですが、
風景的な見た目が面白い場所も多く、
最寄駅としてはJR相模線の終点、
橋本駅からバスで20分のアクセス。

ぷらっと出かけて湖を眺める。
そんな時間の過ごし方には
もってこいかもしれません。

↓津久井湖で湖を眺める。そんな休日は、どですか?

散々な3週間の話。

実をいうと、この3週間、
ろくな目に遭いませんでした。



ごめんなさい、今回は完全愚痴です。
スルーしてくださってけっこうです。



まず、最初の週は、
いきなり歯肉炎を発症し、
飯粒を噛んでも激痛が走る、
という惨状に直面し、それでも
会社を休まず1日過ごし、公休日
激痛に耐え抜き数件の歯医者を回って、
一刻も早く診察してくれる所を探し当て、
かみ合わせの悪さを指摘され、凹凸を研磨、
痛み止めをもらったものの、その後一週間は
食べられたのはお粥のみ、2kgも体重が減りました。

次の週は、ケガの連続。
自分の部屋でガラス片を踏み、
ダイハードのブル-=スウイリス
みたいに血まみれでのた打ち回る
大惨事に見舞われました。
惨事はまだ続きます。
その週のうちに、仕事中にハサミで
左手人差し指にざっくりと切れ込みを
入れてしまい、絆創膏がなかった為に
ティッシュとガムテープで応急処置、
机の上が血の海になる寸前の状況を
あやうく作ってしまうところでした。

3週目は、いきなりケータイが不調に。
元々使いこなせてはいませんでしたが、
自前のスマフォンが、アプリ作動中に
突然再起動をはじめ、本体が熱を持つ
不具合を発症し始め、最終的には
充電を受け付けなくなりました。

ショップへ持っていったら、
補償サービスの適用範囲内
とのことで、修理自体はタダ、
でも帰ってくるまでの期間に
1週間の時間を要しました。

で、帰ってきたらきたで、その2日後、
インターフェイスの入力様式が
いきなりアルファベットオンリーになったまま
10キー入力への設定変更を受け付けない不調。
以前使ったOSのアップロードデータを使ってみたら、
システムは復活したものの電話帳データがパア。
久しぶりに本気で泣きそうになりました。

↓カフェコパーナ
1_20110809230120.jpg
海老名駅前のショップで、不具合の報告と
作動内容の再設定をしてもらったうえ、
旧ケータイから電話帳データの復元に成功。
ショップを後にした後、
しばらくココで脱力してました。

↓ブランチ
2_20110809230119.jpg
朝から何も食べずにショップへ直行し、
漸く自機は復調しましたが、
ソレまで生活の一部に組み込んでいた
必須アプリを様々なAPPダウンローダーで
ひたすら探しまくり、故障以前の状況まで
復帰させること、所要時間が約1時間。
ツナタマサンドとアイスコーヒーで
居座ってマイケータイを復元してきました。
カフェコパ-ナ様、ありがとう御座いました。
ツナタマトーストサンドは絶品です!!!

↓えーと、家帰ってもよかったんちゃうん? ⇒ (・。・)ぇ?

カップヌードルごはん

登場以来40年を超える、
云わずと知れた元祖カップ麺
カップヌードルは、説明の必要が
無いほど有名な商品ではありますが、

そのカップヌードルの味が
なんと。ごはんになりました。
コンビニで見かけた事がある方は
もう少なくはないはずですよね。

カップヌードルごはん
1_20110809235328.jpg
カップ麺のスープが余った時、
そのスープで雑炊にしてみたり、
冷ましたスープでご飯を炊いたり、
ということは、よくやるんですが、
コレはそういう味を製造者の日清が
自分で作っちゃったぜ!という商品です。

↓炊きたて
2_20110809235328.jpg
レンジでチンして5分で完成。
個人的にはよく知ってる味です。
手間が無くていいなあ。
おまけに美味しいんですよ。

なんだかアレですね。バブル期に西海岸で流行った
チャイナレストランのケータリングっていうのが
こういうパッケージに入ってましたよね。
80年代のハリウッド映画を見てると、
こういう四角い紙パックに入った
デリバリーの中華料理が
よく出てきました。

(↑そういうのを覚えてる事自体、既におっさんです)

味は「しょうゆ味」と「シーフ-ド味」の2種。
「カレ-味」と「チリトマト味」が欲しいところです。
カップヌードルごはん、ぜひ一度くらいお試し下さいませ。

↓ラーメンスープ味のごはん、けっこうイケるッす。

カステラの切り落とし

横浜駅の西口にある
ダイアモンド地下街で、
小さいブ-スで営業している
おにぎりとサンドウィッチの販売店。

↓ルナーフード
k1_20110811075253.jpg
なぜかこのお店でず-っと前から売っている
ある種名物ともいえるのがコチラ。

↓カステラの切り落とし
k2_20110811075253.jpg
コレは聞くところによると、
山崎製パンのカステラ工場で出た
カステラの耳の部分をひとまとめにし
一般向けに販売しているものだそうで、
見た目はちょっと安っぽく見えますが
中身は出所のしっかりしたカステラです。

↓カステラ三昧
k3_20110811075253.jpg
カステラを一本買うより確実にお安いお値段で
気楽にたくさん食べられる量が詰まっている
カステラの切り落とし、このお得感が
ちょっとうれしいお買い物です。

↓カステラは、牛乳と一緒に食べるのが大好きです。

夏休みのキッチンカー 《前編》

↓イベント案内
1_20110811154533.jpg
〇I〇Iファミリー海老名店は現在夏のイベントとして
有名外食販売のキッチンカーをずらりと並べた
プチフードコートをペレストリアンデッキ下の
正面エントランス前にて展開中です。

↓ やきとり竜鳳
2_20110811154533.jpg
栃木県に本拠を置く
移動販売を中心に展開する
焼き鳥屋のチェーン店がコチラ。
モノ凄くいい香りを出してます。

↓ みなせん
4_20110811154533.jpg
大阪粉もんグルメのひとつ「イカ焼き」、
そのイカ焼き販売のフランチャイズで
店舗数を増やし続けているのがコチラ、
大阪市・南船場に本拠を置く「みなせん」。

↓ H-1カフェ
8_20110811154821.jpg
横浜市都筑区で営業するハワイアンレストランが
ハワイアンスイーツ「マサラダ」1アイテム、
コレのみでキッチンカー・フードコートに挑戦中。

↓ トップドッグ
9_20110811154821.jpg
店舗情報が出てきませんでしたが、
近頃のお祭り屋台や街中のスナック販売では
既にメジャ-になったドネルケバブの販売車です。

↓ べーぐるしょっぷ米来
6_20110811154533.jpg
相模原市のベーグル専門のパン屋さん、
米来(べーぐる)の移動販売車。
米粉で出来たおにぎり形のベーグルと
米粉パンや米粉パンのラスクなど、
他ではちょっと買えない珍しい
米粉パンを売ってます。

いっぱいあるから迷っちゃいますね。
さあてと、何を食べようかな~。(^^)♪

↓キッチンカーの出来立てフード大集合は、8/14(日)まで開催中。

夏休みのキッチンカー 《後編》

海老名市の丸井ファミリーの
夏のイベントのひとつが
ただいま絶賛開催中。

「キッチンカーの出来立てフード大集合」
移動販売で名を馳せる有名外食チェ-ンなどが
複数台集合し、丸井1Fメインエントランス前に
期間限定のプチフードコートを形成しております。

前回は出店ご紹介編、とすると、
今回はこんなん食べました編です。

↓焼き鳥
3_20110811154533.jpg
左から ぼんじり(塩)、ネギ間(タレ)、鶏皮(タレ)
赤熱する電気ヒーターで炙ってお客さんの下へ。
意外にも短時間でしっかりと熱が通っているうえ
しっかりとした味付け。けっこうイケます。

↓ やきとり竜鳳
2_20110811154533.jpg
このやきとり屋のイメージキャラは
大人気だった双子のお笑いさん達です。
彼らと一緒に廃れないと良いですね。
ちょっと!ちょっとちょっと!!
(^人^;)ゴメンナサイ

でも、街角で売ってるのに行き当たったら
普通に2.3本は買い食いしそうな
安くて美味しい焼き鳥です。

↓イカ焼き(デラバン)
5_20110811154533.jpg
正しくは卵入りイカ焼き。
イカ焼きのみなせんの、
本場のイカ焼きです。
イカ焼きっつったら
デラバンですよ。(笑)

↓ みなせん
4_20110811154533.jpg
「みなせん」は、東名高速、海老名SA下り線の
美味いもの横丁にも出店しているイカ焼きのお店。
海老名では、大阪の味「イカ焼き」が、とりあえず
いつでも食べられるんですよ。イカ焼き、どうすか?

↓米粉ベーグル
7_20110811171520.jpg
左が「プレーンベーグル」、右が「おから味噌ベーグル」。
銀シャリのおにぎり味と卯の花と味噌味のパン。
という程めちゃめちゃ和風ではないんですが、
面白い素材の面白いパン(ベーグル)。
もっちもちな食感もグッドです。

↓ べーぐるしょっぷ米来
6_20110811154533.jpg
今度はコレでベ-グルサンドを食べてみたいです。
和風の具が似合いそうでとっても気になりますよね?
相模原市の米粉のパン屋さんは神奈川県を
ぐるぐる回って米粉のパンを販売中。
見かけたらどうぞ食べてみて下さい。

この日出ていなかったお店もあるし
食べなかったお店もありますが、
イベントは8/14(日)まで。

キッチンカーの出来立てホットメニュ-で
ランチにするのもいいかもしれませんよ。

↓繰り返します。キッチンカーの出来立てフード大集合は、8/14(日)まで。

厚木のガス燈、灯る 《前編》

厚木市にはガス燈ある。
その存在に気がついたのは
今年6月の頭頃の事でしたが、
ガス燈は、東日本大震災発生以来
灯る姿を見たことがありませんでした。

↓あゆみ橋西詰め
1_20110813001519.jpg
数日前、夕涼みがてら久々に本厚木へ
自転車で買い物に行った帰り道の事。
来る時に渡ったあゆみ橋ではなく、
相模大橋を渡って帰ろうと思い、
橋に差し掛かったところ、

↓ガス燈が灯ってる!
2_20110813001519.jpg
そういえばガス燈は
まだ灯らないのかな、
そうそうこんな風に…、

…って、灯いてるやん!!!

と、本当に漫才のような
2度見をしてしまいました。

↓燃焼する色
3_20110813001519.jpg
本当に灯ってる!
いったいいつから
点灯を始めたんだろう?
マイナ-過ぎてニュースに
ならなかったんでしょうかね?

↓相模川を望む
4_20110813001519.jpg
とにかく、
厚木のガス等が灯りました。
夕暮れの中でちょっとばかり
テンションが上がりました、
ココが灯ったということは、
あそこにも明かりが灯いたのか?

見に行かなくちゃ!!

参考までに、前回(2010年6月)の
厚木ガス燈のお話はコチラです。

海老名と厚木と神奈川県 ⇒ 厚木のガス燈 ①

↓と、いうわけで、後編へ続く。

厚木のガス燈、灯る 《後編》

偶然通りかかった相模大橋西詰めで、
ガス燈が灯る姿を見かけたので、
もう一箇所のガス燈も確認に。

↓厚木中央公園・南西の角
5_20110813002835.jpg
灯いてる!全部灯いてました。
厚木市役所前にある厚木中央公園。
ココにもう一ヶ所のガス燈があります。

↓あたたかい色
6_20110813002835.jpg
なんか、ほっとする色です。
写真がすこぶるへたくそで
伝わらないかもしれませんが、
真夏なのに、なんかほっとする色。

↓厚木中央公園・北西の角
7_20110813002835.jpg
北側のガス燈も
点灯してました。
なんだか安心。

↓月と一緒
8_20110813002835.jpg
陽が落ちて輝きを増した丸い月と、
ガス燈の2ショットです。
なんかイイ景色です。

↓厚木市役所方面
9_20110813003346.jpg
被災地の復興にはまだまだ時間がかかりそうですが、
歩みはゆっくりでも確実に先へ進み始めている、
という感じを覚えます。

震災からは、既に5ヶ月を経過しました。
物が足りればそれでおしまい、にはなりません。
それを再認識しなければならないんでしょうね。

ともあれ、厚木のガス燈は復活しました。
いまは、ソレを喜んでおくことにします。

↓復活した厚木のガス燈に、拍手!

ちょっとお休み。

今年で66回目を迎えた
終戦記念日の8月15日。

世の中絶賛夏休み中。
酷暑に負けそうになっている、
というか、既に暑さに負けてます。

そんな真夏のど真ん中、
お盆休みでもあるので
今日はちょっとお休み。

↓あゆみ橋から見た相模川
1_20110813021953.jpg
川の流れが涼し気です。
すぐ近くなのに、なかなか出かけない相模川。
ちょっとだけでも涼しげな風景をドウゾ。

↓暑が夏いぜコンチキショー! というわけで本日休業。

続・座間のひまわり ①

座間市の夏のイベント、ひまわりまつり

その後半戦がいよいよ明日、
8/17(水)より
8/24(水)までの
1週間開催されます。

明日から開催なら、ひまわりは
当然もう咲いているはずだろうと、
フライングでひまわり見物してきました。

↓ひまわり
1_20110816141032.jpg
到着したのは正午過ぎの事です。
干上がって倒れてしまいそうな
強烈な真夏の日差しの下でした。

↓展望台
2_20110816141032.jpg
展望台の使用も本来なら明日からなのですが、
ワタクシ同様の近隣のフライング見物組が
既に展望台を使わせていただいております。

↓ひまわり
4_20110816141032.jpg
ひまわり、ほぼ満開。
見ていて飽きない景色です。

↓通路
3_20110816141032.jpg
ひまわり畑は、迷路になっているというわけではありませんが、
メンテナンス用の通路があり、その中に入ることが出来ます。
後ろを振り返ると入口が見えなくなるという場所もあるので、
迷路みたいな気分もちょっと味わえたりしたりして。

↓太陽を追いかける
5_20110816141031.jpg
今回のこのひまわり畑は
座間会場のうちのひとつで
「新田宿会場」になります。

会場としては、座間市街にあった
栗原地区の畑の1/3くらいの大きさ。
ちょっと小さいな、と思ったらこれが大間違い。

↓ひまわり
6_20110816141111.jpg
コチラの会場は同様の大きさの圃場が数箇所用意されていて、
全部あわせると前回の栗原会場の軽く2倍以上の面積が
ひまわり畑になっていて、全視界にひまわりが存在する
なんか豪快なひまわりの景色が出現するんですよ。

ソレの模様はま、また次回。

↓座間のスゴいひまわり、「ひまわりまつり」第二段は明日から。

続・座間のひまわり ②

座間市の夏のイベント、ひまわりまつり

夏に2回、会場を変えて実施する
ひまわりまつりの後半戦が
いよいよ本日から始まりました。

で、コレはその開催日前日、
8/16(火)の模様です。

↓駐車場と目印
1_20110817224634.jpg
会場の臨時駐車場は
このモノ凄い高さの
通信搭のふもと近く。

↓ひまわり畑
2_20110817224634.jpg
前回の新田宿会場よりちょっと広い。
と思ったのは、最初のうちだけです。

↓ひまわり
3_20110817224634.jpg
ちょっと広いどころか何倍あるのか
まるでわからないほど広大な風景が
ココからお目見えする事になります。

↓展望台
4_20110817224634.jpg
ココにも恒例の展望台があります。
ココから見える景色に軽く絶句します。

↓ひまわりの風景
5_20110817224634.jpg
目の前がほぼ全部ひまわり!
よくこんなもの作れたな
というほどの景色です。

更にこの先には
驚愕の風景が!

ひまわり
6_20110817224634.jpg
画面の中の黄色いのは
全部ひまわりです。
視界からひまわりが消えない
広大なひまわりの風景が在ります。
実は、画面を横切る陸橋の向こう側にも
ひまわり畑があって、ひまわりが咲いてます。
こんな風景が作れた座間市に、本気で驚いてます。

で、更に広大なひまわりの風景は、また次回。

↓座間のスゴいひまわり、「ひまわりまつり」第二段は本日から。

続・座間のひまわり ③

座間市の夏のイベント、ひまわりまつり

後半が昨日から開催されております。
テレビの中継が入ったりしたそうで
大変盛況農地に開幕したそうです。
が、コレは開催日前日の8/16の風景。

↓ひまわりの風景
1_20110819000405.jpg
視界からひまわりが消えない
壮観な風景が展開されている
ひまわりまつり座間会場の
四ツ谷地区のひまわり畑。

座架依橋(ざかえばし)
2_20110819000405.jpg
座間市と厚木市を結び
相模川を渡る座架依橋。
このときの気温は32℃、
真夏の真昼間の炎天下!暑い!!

で、この橋の両側にもドカンと
広大なひまわり畑が広がっています。

↓南側
3_20110819000405.jpg
黄色い風景が視界いっぱいに。
どんだけ広いんだかわかりません。

↓北側
4_20110819000405.jpg
橋の向こう、北側にも
ひまわり畑が点在します。

↓北側のひまわり
5_20110819000405.jpg
陸橋下から眺めて見ました。
ちょっと先まですすんでみると、
通りの両側がひまわり畑になります。

↓ひまわり
6_20110819000405.jpg
座間会場は、ひまわりまつり後半開催と
ほぼ同時にひまわりが満開になったそうです。
コレだけひまわりだらけの風景が、
実はまだ満開一歩手前の風景です。

ひまわりの風景は、まだ続きます。 以下次回。

↓座間のスゴいひまわり、「ひまわりまつり」第二段は来週水曜日まで。

続・座間のひまわり ④

座間市の夏のイベント、ひまわりまつり

↓ひまわりまつり
2_20110731233812.jpg
夏に2回行われる座間市の「ひまわりまつり」の後半戦、
広大な座間会場会場で行われるひまわりまつりは、
8/17(水)から8/24(水)まで
ただいま絶賛開催中です。

↓ひまわりの風景
1_20110819233732.jpg
なんか、毎回黄色い風景が続きますが、仕方ありません。
この風景を前に落ち着いている事は出来ませんよね。
そんな真夏の高揚感を与えてくれるのが
「ひまわり」ってえもんですから。

↓切り花販売。
2_20110819233732.jpg
この風景は、開催日前日の8/16のモノですが、
この時既に営業を開始していたのがコチラの切り花販売。
園芸ハサミを貸し出ししており、ひまわりの花を切り摘んで
テントに申し出ると、5本200円で販売してくれます。

普通の花の名所じゃ、絶対こんな事しません。
お客さんが摘んだ位じゃまったく減らない
膨大な数のひまわりが咲いているから
こんな芸当が出来るんですね。

↓ひまわりトラック
3_20110819233732.jpg
会場整備担当と思われるトラックの荷台も、
華やかにひまわりの飾りつけがされてます。

↓展望台
4_20110819233732.jpg
一番広いこの会場にある展望台は
展望台に上がる順番待ちができるほど
人がつめかけている開催日前日の風景です。

↓ひまわりまつり本部設営中
5_20110819233732.jpg
会場案内や物品販売などを行う
ひまわりまつり本部が設営中でした。

ひまわりまつりは、イベント終了後
咲いたひまわりをすべてちゃんと収穫します。
毎年1t以上のひまわりの種が採れるそうで、
そのひまわりを利用した商品「ひまわり焼酎」が
座間市の特産品のひとつに成長したのだそうです。
コレはもちろん、ひまわりまつり会場でも販売します。

↓一面のひまわり
6_20110820050244.jpg
視界からひまわりが消えない
ひまわりまつりの風景は
ひたすら圧巻です。

↓ひまわり
7_20110819235955.jpg
本日(8/19(金))は全国的に雷雨と豪雨で、
いきなり秋っぽくなったりしてしまいましたが、
やがて来る秋を思う前に、力いっぱい咲く夏の花、
コノひまわりの風景を、ぜひご堪能頂きたく思います。

↓座間のスゴいひまわり、「ひまわりまつり」第二段は来週水曜日まで。

続・座間のひまわり ⑤

座間市の夏のイベント、ひまわりまつり

ひまわりまつりのお話は、まだ続きます。

↓ひまわりまつり売店群
1_20110820171323.jpg
後半戦が開幕して最初の週末なのに、
いつまでも開催前日の風景を並べるのは
説得力が無いので、再度開催中の座間会場へ、
ひまわりまつり開催中の風景を補足するべく
ひまわり畑を眺めに行ってきました。

↓お辞儀のひまわり
7_20110820171420.jpg
前日の豪雨のおかげで、ひまわりは
すっかりうなだれておりました。
陽が出て暑くなりさえすれば
すぐ元に戻るんですけどね。

↓葉っぱ
5_20110820171323.jpg
ひまわり、葉っぱデカっ!!

↓花
6_20110820171323.jpg
ひまわり、花、デカっ!!
花も葉っぱも順調に成長したひまわりは
かなり巨大になっているものもあります。

↓つぼみ
9_20110820174116.jpg
かと思えば、まだ咲いていない
大きなつぼみがあったりもします。
晴れさえすれば、残りの会期も
キレイな花が続くことは
間違いありません。

↓早くも叩き売り
3_20110820171323.jpg
売店は会期も残り少ない週末でもあり
雷雨があけた曇天の下でもあったので
早くも値引き販売を展開中でした。

↓案納芋
4_20110820171323.jpg
「アイス案納芋」は、
案納芋を使った焼き芋を
冷凍して半解凍で販売する
焼き芋なのにひんやりスイーツ。
なんだかとっても美味しそうだったので
買っちゃいました。もちろん美味しかったです。

↓ひまわり焼酎
2_20110820171323.jpg
座間のひまわりの種を材料に使った本格焼酎。
座間市には焼酎を醸造・蒸留所が無いので
製造は福岡県の酒造メーカーに依頼し
100%座間のひまわりで作った
焼酎を販売しています。

↓厳選3アイテム
8_20110820171420.jpg
とりあえず、ミニボトルで
3アイテムを購入してみました。
どんな味なのかはこれから試飲です。

最後はまたお酒になっちゃっててなんなんですが、
ひまわりまつりのお土産は、やっぱりコレなんです。
前年のひまわりの種を使って作ったひまわり焼酎が
売れれば売れるだけ、次の年のひまわり畑がより広大に!
(なると信じてお土産を購入してきました。)

↓ひまわり
7_20110819235955.jpg
来年更に広大なひまわり畑に出会えるかはまだわかりませんが、
来年もひまわりの景色はココに広がることになります。
今年見られなくなる前に、座間のひまわりまつりで
腰が抜けるような、関東最大のひまわり畑の
黄色い景色を、ぜひともご体験下さい。
確実に、今年の夏の思い出の
ひとつになるはずです。

↓座間のスゴいひまわり、「ひまわりまつり」第二段は来週水曜日まで。

江ノ島・満月

↓江ノ島と満月
1_20110821223052.jpg
真夏の夜の快晴の海岸から
明るく輝く満月を眺める画は
ちょうどお盆のころの風景です。

ここ数日、雨がちな上に
真夏らしさも遠ざかって
涼しい陽気になりました。

寝苦しくて寝付けなくて
汗だっくだくの熱帯夜が
懐かしくなってたりして。
まあ、すぐに晩夏の残暑が
戻ってくるのでしょうけど。

今晩の寒い位の涼しさの下では、
あのうだる暑さの中の真夏の夜の
明るい満月の下の江ノ島の風景が
妙に恋しくなったりしています。

↓もうちょっとだけ、夏が続いて欲しいです。

記念艦・三笠 ①

↓最寄駅
1_20110822223748.jpg
京浜急行線、横須賀中央駅。
ココから歩くこと約15分ほど。
ソコに今回の目的地があります。

↓ 三笠公園
2_20110822223942.jpg
「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」
というダブル100選に指定を受けているという
県内的にはもちろん、全国的にも名を馳せる
有名な都市公園。ソレがこの三笠公園。

↓三笠公園案内図
3_20110822223748.jpg
なんでまた、三笠公園?

それは、最初で最後にココへ行ったのは、
確か中学生のころだっかたなぁ、というのを
ひょんなことで思い出してしまったのですが
何があるのかすら、すっかり忘れていたので
ちょっと行って見ようか、位のものでした。

↓記念艦三笠と東郷平八郎像
4_20110822223748.jpg
日露戦争において連合艦隊を指揮した司令官、
東郷平八郎の像と連合艦隊旗艦、戦艦「三笠」。

歴史に名を残す戦艦三笠を
記念艦として保存するのが
この三笠公園でございます。

↓記念艦三笠・艦尾
5_20110822224202.jpg
いろいろなところからツッコミ喰らいそうな題材ではありますが
今回の記事には、そういうイデオロギー的視点は一切含ませず、
難しいことは深く考えず、ただそこに在る物を見てきただけの
まったくただ興味本位の軍艦見物です。
そんなわけで、「三笠」見物記録、次回からスタート。

↓久しぶりですが、ブログランキングへはコチラから。(笑)

記念艦・三笠 ②

横須賀にある軍艦の記念公園、
日露戦争の立役者でもあった
軍艦「三笠」を記念艦として
保存する三笠公園のお話です。

↓三笠・艦首
1_20110823233249.jpg
イギリスで建造され、1900年に進水した
敷島型戦艦の4番艦として舞鶴港を母港とした
日本国海軍の戦艦だったのがこの三笠になります。

↓東郷平八郎像
2_20110823233249.jpg
その海軍の連合艦隊指揮官として日露戦争に臨み、
1905年(明治38年)5月に日本海海戦に参戦。
当時世界最強クラスの戦力を有したロシアの太平洋艦隊
通称「バルチック艦隊」に対し、海戦史上でも希だという
圧倒的な完全勝利を遂げ、開国後半世紀に満たない
極東の小国、「日本」の名を世界に認識させるに至る
大きな功績を持つのだ、と後の世では評価されています。

世界でも屈指の海戦戦略を叩き出した知将として、また、
日本海海戦によってロシア海軍を打破した事により
その後のロシア植民地での独立運動の気運を高めた
として西欧列国にその名を知られた軍人でもあります。

フィンランドでは英雄の一人として扱われ、
有名なビールのラベルになったりもしています。

↓三笠、案内図
3_20110823233249.jpg
そんな歴史を持った三笠の最後は、
じつは、関東大震災発生時に岸壁に激突し、
破損箇所が応急修理しか出来なかった為
浸水を起こしそのまま沈没してしまった
というちょっと「トホホ」なもの。

しかし、その当時の国民から愛された三笠は、
サルベージと船体復活の要望が強くあつまり、
軍縮条約により解体が決まっていたのですが、
市民運動により、推進装置や武装を使用不能
とすることを条件に、船体の保存が決定した
という歴史があるそうです。

↓三笠・略歴
4_20110823233248.jpg
進水から戦歴がずらっと並べられる年表が
入口すぐのところに掲示されています。

↓3インチ砲
5_20110823233248.jpg
現在はこうして武装が再現されていますが、
これらはすべて再現された模造品で
射撃能力はまったくありません。

船体自体も海に浮いているのではなく
海底にがっちり固定されていているうえ
エンジンもきれいに取っ払われています。

在るのは形だけですが、
現役当時の船体の造型を
可能な限り再現している為、
当時の模様を描いたNHKの
ドラマのロケ地になった事でも
有名ですね。2009年の事です。

てところで、以下次回。

↓1900年進水、100年以上前の戦艦、ソレが三笠。

記念艦・三笠 ③

横須賀市港湾部にある、明治の軍艦
「三笠」を記念艦として保存する三笠公園で、
その三笠を見物してきたお話を続けております。

↓三笠前甲板
1_20110824210220.jpg
主砲の2連装30cm砲門が
ドカンと構える前部甲板から、
操艦指令所である艦橋を眺める図。
コレが100以上前の軍艦の主砲です。

↓排気塔
2_20110824210220.jpg
ぐるっと回って甲板甲部から
上部デッキを回って艦橋へ
歩いて行く途中の景色。
煙突、デカいです。

↓主砲搭
3_20110824210220.jpg
艦橋上部の指令所から2連装主砲の
ターレットを見下ろす図がコチラ。
砲を前から見ると砲身と砲口が
デカく見えて迫力があるのですが、
上から眺めるとターレット自体が
意外とデカいのがわかります。

↓主砲弾
4_20110824210220.jpg
船体に比較して大型の主砲は、
その発射反動もモノ凄いもの
だったんでしょうね。

↓砲弾断面図
5_20110824210220.jpg
砲弾重量400kg、
最大射程10,000m。
どれだけ爆発力があったら
そんな遠くに弾が飛ぶんだろう。
コレ、100年以上前のスペックです。

↓15cm砲
6_20110824210219.jpg
副砲にして、両舷あわせて14門を備えた15cm砲。
この砲門は1砲門につき砲手が10人1チーム構成。

↓装てんの模様(再現)
7_20110824210248.jpg
砲手長、射手の下に、装てん手、運搬手など8名がつき、
人海戦術で装弾をおこない、射撃指示に対応したそうです。
単発はもちろん、機関砲を通り越し、コンピュ-ター制御の
自動照準でバンバン砲弾を撃ち出す現代の軍艦の武装レベルからは
想像もできないほど、ばっちりアナログで人力な武装です。

↓チーム編成
8_20110824210248.jpg
砲門担当者は、自分の配属されている砲門周辺に
ハンモックを吊るし、そこで寝起きし、食事を摂り、
常に模擬射撃訓練を行い、実戦での射撃制度の向上を目指す
という一蓮托生のチ-ム行動を行ったという展示がありました。
当時の軍艦は、今では考えられない程大きく人力が貢献したんですね。

三笠はまだ続きます、以下次回。

↓100年前の軍艦「三笠」があるのが三笠公園です。

記念艦・三笠 ④

↓三笠・艦首
1_20110826010643.jpg
横須賀市の三笠公園で
復元された明治の軍艦
三笠」を見物中の話。

↓指揮所
2_20110826010643.jpg
艦橋の屋根の上にある
青天井の指揮所がコレ。
指揮所には羅針盤と
伝声管があります。

↓艦橋
2-2_20110826010643.jpg
実際のブリッジはこんな感じ
というのを再現してあります。

三笠は、実際の艤装はすべて取り払われた後に
当時の装備を模造品で再現してあるモノなので
当時の実際の部品を使ったものは少ないそうです。

↓前部司令塔
3_20110826010643.jpg
その艦橋の真下にあるのが
この前部司令塔になります。

↓装甲操船室
4_20110826010751.jpg
35㎝の鋼板で囲まれた装甲操船室、
被弾しても操船能力を失わないように
堅固な装甲で守られた操船室がコレ。
軍用船舶っぽさが格段に増して見えます。

↓アーマードブリッジ
5_20110826010642.jpg
装甲操船室内部の風景がコチラ。
昔の船だと思ってみてきましたが、
常に命のやり取りを宿命付けられた
軍艦のらしい装甲に囲まれた風景です。
民間船には絶対存在しないギミックです。

三笠の話題はまだ続きます。
そんなわけで、以下次回!

↓記念艦「三笠」には、装甲に囲われた軍艦の風景もちゃんとあります。

記念艦・三笠 ⑤

明治の軍艦、三笠を記念艦として公開する
横須賀市の三笠公園で、三笠を見物した話。

↓三笠(模型)
1_20110827024647.jpg
船体を復元した三笠内部の展示には、
船体細部を復元した大型模型があります。

↓断面図
2_20110827024647.jpg
三笠本体は、第二次大戦後の
GHQの指導により、一切の戦闘行為を
行えなくする目的で、銃器や武装の
軍用装備はもちろん、発動機や艦橋、
煙突に至るまで、すべての装備の撤去され、
甲板の上には、大きなダンスホールと
小さな水族館が作られたという
ちょっとかわいそうな時期が
あるのだそうです。

現在の装備はすべて模造品で作られているので
戦闘能力はまったくありません。その形があるだけです。

そんな状況を救うきっかけになったのは、元米国海軍元帥にして
大戦中の米太平洋艦隊総司令官、チェスター=ニミッツ。

↓かつての発動機
3_20110827024647.jpg
当時の状況を憂い、自著の売り上げを三笠保存に充てる、
という保存活動を申し出た事を皮切りに、日本でも
保存活動が活発化。1961年(昭和36年)に
現在の記念艦としての復元が完成しました。
(今は、このエンジンはありません)

↓艦内神社
4_20110827024647.jpg
三笠神社。昔の軍艦にはほぼすべてに
護符として神社の分祀の神様が
祀られていたのだそうです。

↓Z旗
5_20110827024647.jpg
有名な故事として語らえるただ1文字のZの旗の事。
「国の興廃はこの一戦にあり」という決意の一文字
として掲げられたのがこのZ旗、なのだそうです。

色々な意味で、色々な比喩で、
Z期を掲げなくてもいいように、
戦は避けなければなりませんね。

↓三笠
6_20110827024646.jpg
平和な世の中ではその存在が
不要と思われる軍艦の展示、ですが、
開国するまでほぼ科学力と工業力を持たず、
開国から半世紀に満たない後進国、日本の軍隊が
世界でも屈指の火力と戦闘能力を持つロシア海軍を
完全勝利で撃破するという、世界でも希に見る
大金星を勝ち取った、海戦史上に名を残す
連合艦隊旗艦、ソレがこの「三笠」
という艦の歴史的価値でしょう。

三笠、たまには、歴史的資料として(複製品ではありますが)
100年以上前の軍艦の見物なぞ、いかがでしょうか?

↓100年前の軍艦、三笠はどうでしょう?



ちょっとだけ続き。
続きを読みますか?
   ↓

続きを読む

素麺南京 《前編》

日本では、明治期に作付けが始まり
比較的全国で作られているのですが、
量販市場に乗る程の高い需要も無く
量販店の店頭には滅多に並びません。
以前からその存在は知っていましたが、
売ってるところを見たことが無くて
食べた事が無かったものがコレ。

↓ 金糸瓜
1_20110828084344.jpg

〇I〇I、海老名食遊館で
たまたま売っていたのを発見、
即買いしてまいりました。

↓298円
2_20110828084344.jpg
この大きさでこのお値段。
金糸瓜はカボチャの仲間、
珍しい種類のものですが
普通のカボチャと遜色無い
安めのお値段に感じます。

↓調理開始
3_20110828084344.jpg
まずは輪切りにして、

↓下ごしらえ中
4_20110828084344.jpg
種とワタを抜いて

↓加熱処理
5_20110828084344.jpg
茹で上げること約10分。このあと、
驚くべきモノ凄い変化が起こります。
どんな変化かというと、え?知ってる?

はい、以下次回!

↓次回は、謎の金糸瓜、調理完成編。

素麺南京 《後編》

金糸瓜
1_20110828084344.jpg
夏が旬のカボチャの仲間金糸瓜の調理の模様をお届け中。
なぜいきなり野菜の話なのかというと、コレが、
割と見た事無い変化をする珍しい野菜であり、
当り前に売ってるというモノでも無くて
食べた事が無かったモノなので、
思い切って挑戦しました。

↓茹で上がり
6_20110828093716.jpg
輪切りにして、種とワタを抜いて
約10分茹でた後、湯から上げて
冷水にさらして熱を取ったら、

面白いことがおこります。

↓ほぐす
7_20110828093716.jpg
水にさらしながら揉んでいくと
野菜の実の部分が面白いほど
繊維状にほぐれていきます。

↓麺状の繊維
8_20110828093716.jpg
金糸瓜一個からコレだけの麺。

ここで漸く、タイトルの「素麺南京」のご説明。
南京、とは関西の料理用語でカボチャを指します。
金糸瓜は、加熱すると繊維状になるこの形態で
「そうめんカボチャ」の別称で呼ばれています。
「素麺南京」は、現在の金糸瓜の特産地、
岡山県で呼ばれる名称になるそうです。

そうめんカボチャ。おもしろいでしょ。

↓カボチャそうめん
9_20110828093716.jpg
皿にとってめんつゆとネギを付け合せて
そうめんカボチャのカボチャそうめんです。

↓そうめん
画像 667
野菜の繊維のシャキシャキ感が残っているけど
麺として食べられるしっとりとした食感です。
ちょっと甘いカボチャの後味もあったりして。

そうめん南京、金糸瓜は、夏が旬、
今が正に食べごろなんだそうです。
たまには変わったもの、
いかがでしょうか?

↓そうめん南京、ぜひ一度お試し下さい。

没ネタ回顧録 ①

昨年夏前までは関西に転勤になっており、
昨年7月から神奈川県に戻ってきました。
昨年9月からこのブログを開始しましたが、

出かけた先の話題をすべてブログに起こした
という訳でもなかったりしたりします。
ブログ1年を振り返ると没ネタが
かなりの量になっていました。
そんなわけで没ネタの数々を
蔵出ししてみたりなんかして。

↓厚木鮎まつり
1_20110831002650.jpg
厚木市最大のイベント、2010年の厚木鮎まつり。
花火が自宅から見られて大変満足だったんですが、
肝心の鮎まつりの神輿やら組やらの云われとか
しきたりやらが、まるでわからなかったので
大量の写真を記事に出来ず、涙を呑んで没。
今年こそは!と気負ったのですが、
公休希望が適わず今年も没です。

↓弘法の里湯
2_20110831002650.jpg
秦野市にある天然温泉の公営入浴施設。
出かけたはいいものの、温泉だから
中の写真撮れないじゃんか!!!
という訳で没でした。

↓厚木市産業サテライト
3_20110831002650.jpg
厚木SATY(現IAON厚木)にある
厚木市に本拠置く独自の発展を見せる
工業系企業のアクセスサテライト、
企業PRのブースなんですが、
よく考えたら、量販店は、
店舗内撮影禁止です。

面白かったんですが、敢え無く没。

↓鎌倉大仏
4_20110831002650.jpg
十数年ぶりに北海道からやって来た
学生時代の友人と、湘南・鎌倉観光で
ドライブに出かけたのですが、
積もる話をしゃべってばっかりで
記事としてつなげられるほど
写真の枚数も撮っていなかったため
仕方ないよね、と、没になる方向へ。
長谷の大仏さんは、迫力あるんですけどね。

↓海老名と厚木のいきものがかり
5_20110831002650.jpg
海老名市と厚木市出身の「いきものがかり」
昨年、(2010年)の
ベストアルバム発売を機に、
小田急線の本厚木駅と海老名駅の
列車接近警報が、いきものがかりの
インスツルメンタルの曲を採用しました。
駅でその曲を動画で撮ってアップしてみよ~、
っと思ったら、持ってるデジカメの動画ソフトが、
FC2動画ののサポート対象外になってしまっており、
無残にもなし崩しに、没になる方向へ転んじゃいました。

↓やっぱ横浜西口じゃん?
6_20110831002650.jpg
よく出かける横浜です。やっぱ西口じゃん?
そうなんすけけどね、色々ありすぎて
どこから手をつけたらいいのか
出かけてはいるんですが
未だに迷うばかりで
毎回没になります。
横浜恐るべし。

そんなこんなで没ネタは
まだまだとめどなく出ます、
次回も没ネタ回顧録ですから。

↓没ネタオンパレードですが、ブログランキングへはこちらから。

没ネタ回顧録 ②

ブログ開始から1年終了を前に、
記事に出来なかったネタを
まとめて蔵出し中です。
没ネタ回顧録第2弾!

↓横浜動物園ズーラシア
1_20110831115157.jpg
真冬の極寒のなか、動物園へ出かけました。
公開している動物では、目玉であるはずの
熱帯地方の動物が軒並み室内隔離の状態で
半分くらいの動物が見られず楽しみ半減。
ダメだこりゃ、って感じで没になりました。

↓寒川棒コロ
2_20110831115157.jpg
神奈川県高座郡寒川町の地場グルメ、
として積極的な売出しを行っている
棒状のコロッケ、「棒コロ」。
流行っているはずなのに売っている店を
一軒も見つけられずそのまま帰宅する
という不本意な結果に終わりました。
また行ってみようとは思っています。

↓横浜馬車道
3_20110831115157.jpg
横浜開港の歴史を紐解く
史碑、史跡、歴史遺産が
今も多く通りに並んでいる
横浜馬車道を散策しましたが、
僕自身、自分が思ってた以上に
横浜開港の歴史に疎かった事が判り、
記事をまとめ上げられず断念しました。
すごく面白かったんですが、もったいない。

↓赤レンガパーク・スケートリンク
4_20110831115157.jpg
期間限定で登場する、港横浜の真冬の風物詩
横浜赤レンガパークのアイススケートリンク。
冬ならではの風情すら感じさせる光景ですが、
なぜか、記事にするには何か足りないかも、
と思ったらしく、没になりました。
もっと粗雑な記事がある中、
コレが没、と言うのが
自分でも謎です。

↓本厚木駅地下連絡通路
5_20110831115157.jpg
小田急線本厚木駅東口から、厚木市シティープラザ、
厚木バスセンター、厚木IAON、までをつないでいる
県道602号線の真下をぶち抜きで設置されている連絡通路。
かなり凝った装飾や厚木市の情報掲示板や、近隣の小学校の
作品展示用ショーウインドウなども設置される面白い通路ですが、
地下道内に「居住者」が数名おられるため、平和で楽しい感じが
まったくしません。画的にも不穏当になりかねず没行き。残念。

↓江ノ電・腰越付近
6_20110831115157.jpg
江ノ電の車窓から、腰越付近の
路面走行区間を撮影してみよう!
と思ったものの、こういう時に限って
雨だったりした上、その後行く機会も無く
再チャレンジなしで没直行になりました。

コレだけでは終わらない、
まだまだ続く没ネタ祭り。
次回も没ネタでいきます。

↓没ネタオンパレードですが、ブログランキングへはこちらから。

没ネタ回顧録 ③

ブログを開始してから一年間で
たまった没ネタを放出中の
没ネタ回顧録編です。

↓2011.3.10
b6_20110831184219.jpg
震災前日の海老名の夕方の風景。
翌日にあんな事が起こる、などとは
露ほども知らず、ただ街の姿を納めてました。
その後の混乱やら何やらで、結局使わなかった写真。
はやいもので、震災発生からもうすぐ半年になるんですね。

↓湘南電車キオスク
b1_20110831184219.jpg
JR東海道本線、藤沢駅にある
東海道線の旧型車両を模した
湘南電車カラーの売店です。

…それだけなので没になりました。

↓ハイレッグジャグラーズ
b2_20110831184219.jpg
ビナウオォークの休日イベントに現れた
高足を履いたジャグラーの一団がコチラ。
芸自体はもう本当に面白かったんですが、
静止画だと、その迫力が全く伝わらない。
というわけで、没となりました。惜しい。

↓イタリアン
b3_20110831184219.jpg
茅ヶ崎市にある、とあるレストランでのランチ。
凄く期待して出かけたんですが、接客がおざなり、
セットメニューの最後のデザ-トを完全に出し忘れ、
30分もほったらかしにされました。という訳で没。(←怒)
ただ、その店のフロア担当者が全員揃ってボンクラ
という訳では無いはずだし、雰囲気の良いお店なので、
再挑戦は考えています。面白いお店だったしね。

↓相模大凧
b4_20110831184219.jpg
旧高座群(神奈川県中部)では昔から
盛んに上げられている大凧の上がる風景ですが、
何の準備も無く凧揚げ練習の風景に行き当たっただけで
デジカメの望遠では凧の柄すら捉えられないので、没でした。

↓ベビースター・ラ-メン紀行
b5_20110831184218.jpg
とにかくよく食べたスナックでした。
でも本とにそれだけなので、当然没です。

没ネタは、まだ続きます。

↓没ネタオンパレードですが、ブログランキングへはこちらから。

没ネタ回顧録 ④

ブログ開始から一年を振り返り
没になったネタを大放出中の
没ネタ回顧録編をお届け中。

↓JR相模線・海老名駅
c1_20110831211650.jpg
相模線の海老名駅が改修工事を終え
色々新装備を整えリニュ-アル!
…モノ凄く地味な上に
震災後の混乱期だったので
さしはさむ余地が無く没行き。

FMカオン84.2
c2_20110831211650.jpg
海老名市にある民間のコミュニティーFM局。
目と鼻の先に発信局があるのにわが家では
アンテナの不備で電波を拾えませんでした。
近頃やっと聞けるようになりましたが、
まだ局のカラーが掴めていません。
話題に乗せるのは、まだまだ先。

クリエイトSD・350号店
c3_20110831211650.jpg
スーパードラッグストア、クリエイトSD
海老名河原口店が我が家の近所に出来ました。
スーパー並みの食品・生活雑貨の品揃えを誇る
大規模量販チェーンのドラッグストアが誕生して
買い物はモノ凄く楽になりましたが、生鮮が弱い!!
野菜買いたい!魚買いたい!出来立ての総菜が欲しい!
SDはスーパーじゃないんだね…、という若干の落胆を
記事にするのもなんだよね、ということで没にしてました。
(↑…不満大解放してるじゃんか。)  ぇ?(^^;)ヾ

↓相鉄線・ゆめが丘駅
c4_20110831211650.jpg
面白い駅なんですがとっても伝わりにくい駅。
さえぎるものの無い、田畑のど真ん中に
未来的なデザインの駅舎があります。
駅周辺の光景がとってもシュール。
でもそんな事いったら相鉄さんに
叱られそうなので没行きでした。
(↑言ってるってば。) アレ?(^^;)ヾ

↓ジンベエザメ
c5_20110831211650.jpg
お盆休みに甥っ子達を連れて八景島シーパラダイスへ。
久々にジンベエザメさん達に再会、だったんですけどね、
大混雑の上、延々行列に並び、入場制限に耐え、
ろくな写真も撮れず、ひたすら甥っ子と遊び、
日焼けし汗だくになってやっとの水族館でした。
面白かったんですけど記事には足りず没でした。

↓えびな薪能
c6_20110831211649.jpg
この日はちょうど休日だったんですが、朝っぱらから
海老名市の防災放送が、荒天のため薪能の開催地が、
相模国分寺から運動公園体育館へ変更になります。
という市内放送を大音響でひたすら繰り返した為
泥のような眠りをかき乱されると共に、無性に
薪能が気になって仕方なくなってしまい、
その日の夕方、結局お金を払ってまで
薪能見物に行っちゃいました。
初体験の伝統芸能見物は
かなり面白かったんですが
内容は撮影禁止でしたから
当然、記事としては没でした。

でもこれは良い体験でした。
また行ってみたいぞ、
と思うほどです。

どんな事柄が記事になるのか、没方向へ転がるのか、
もちろんソレはワタクシ一人の判断なんですが
色々見て回るうち、そういう基準は
変わってくるかもしれません。

今後も神奈川県を中心にぶらぶら致しますが
とんでもないところへ転がって行くかも知れません。
今後どんな記事がアップされるのかは、その時のお楽しみ。

そんなこんなで、もうそろそろ、
ブログ1年目が終わります。

↓没ネタオンパレードですが、ブログランキングへはこちらから。

0⇒1

↓1
1_20110831233545.jpg
神奈川県をテ-マに選んだ
このブログを開始してから
一年が経過しました。

生来の神奈川県民なので
概ね知ってるものばかりで
掘り下げることが無かった地元、
しかし、探してみれば知らないものは
意外なほど多くて、楽しい驚きは多かった。
そんな神奈川県ぶらぶら紀行は、まだ続きます。

まだ飽きてませんからね。

「海老名と厚木と神奈川県」
1年目はコレで終わりです。

↓一年間ありがとうございました。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
53位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる