FC2ブログ

日没直後

なんとなく目に映った景色、
ただそれだけの事なんですが。

↓夜景直前
0_20120402025401.jpg
とある日没直後の風景です。

街並みには明りが灯り始めているけど
空には白い雲がくっきりと浮いています。

昼の終わりと夜のはじめが同居する
徐々に暗くなっていく空の風景の
ほんの一瞬を切り抜いた画です。

なんでもない風景ですが
気に留めていなければ
目には止まらない一瞬。

こういうのって、
なんか好きなんですよね。


↓今日はコレだけです。

何が悪いのかといえば、それは今日が月曜日だから。

春の番組改編で、
見事にtvkに
やられました。

だって、「走る男」が
完結して落胆していたら、


↓水曜どうでしょう
1_20120402235830.jpg
水曜どうでしょう
いきなり二本立てになったんだもの。

月曜日は
夜10時から
まるまる1時間
水曜どうでしょう。

コレは、なんというべきか、
限りなく「暴挙」に近いけど
ファンにとっては「快挙」です。

加えて今週は、

↓キンシオ
2_20120402235829.jpg

 キンシオ
46週間にわたり続いた「あいうえおの旅」が
完結しました。日本で唯一の「ん」
で始まる地名を訪ねて終了した
「あいうえおの旅」でした。
なんか感慨無量です。

そんなわけで、今日は
ブログがかけませんでした。

ひょっとすると、これから月曜日は
ブログ書かなくなるかもしれません。

↓月曜、3ch、tvkは、やめられない旅番組の日

山田うどんの「パンチ」

うどんとそば、そして
それら麺類を中心とした
定食メニューで人気の外食店、
出店は関東1都6県で180店超。
関東の人間で、コレを知らない人は
まずいないだろう、と思われる、

「 山田うどん 」のお話です。

↓山田うどん

あくまで個人的にですが、
ここ数年は近所に店舗が無く、
関西転勤を経験した事などもあり
ずいぶん長い間、山田うどんのから
遠ざかった生活を送っていたりしました。

いまでもそう近所にあるわけではないのですが、
寒川町と綾瀬市に、わりと大きな店舗もあるので
ちょっと出掛けてれば、山田うどんに行き着きます。

なんだかちょっと久しぶりに
山田うどんの「名物」が
食べたくなったので
出掛けてみました。

↓パンチ定食
y2.jpg
「名物」というのは、この定食の
メインのおかず、「パンチ」です。

パンチ って、何?

と思われる方も多いでしょう。
特に、関東以外に住まいの方と
山田うどんになじみが無い方には
ほぼ馴染みがないかもしれません。

↓パンチ
y4.jpg
「パンチ」とは、言ってしまえば「モツ煮」のこと。

山田うどんは、埼玉県を地盤としていて
幹線道路沿いの路面店をメインに店舗展開を行い、
安価でボリュ-ムのある定食をメインにすえています。
外回りの営業職や長距離トラックのドライバーなどなど、
働くために力が出るメニューを求める客層も多かったために
食べて力がでる食べ物、としてモツ煮の提供を始めたその当初から
パンチの効いたメニュー、という意味で「パンチ」を命名したそうです。

↓身がデカい
y5.jpg
久々に食べたんですが、
このパンチがまた美味い。
身がデカい!量が多い!スゴい!
モツ煮って、ご飯のおかずとしてどう?
と思う方も多いでしょうが、コレ
白いご飯にはいいおかずです。

↓うどん
y3.jpg
うどんは、ごくごく普通のうどん
なんですが、セットについてくる量としては
こんなに?という位の盛大なボリュームです。
ご飯の盛りも文句なし、意外とスゴイ量です。

↓完食
y6.jpg
なんか、久々に満腹を味わってきました。
山田うどんの定食はお値段の割に盛大。
ソノ事実をあらためて確認。

↓やまだうどん
y7.jpg
やまだうどん、略して「だうどん」。

黄色い看板に赤いヤジロベエが目印。
もちろん、おかずはパンチだけではありません。
メニュ-は目移りして決まらないほど盛りだくさん。
お住まいのお近くに山田うどんがあればぜひ一度、
だうどんボリュ-ムをお試し下さい。

↓食べ飽きてる方も多いでしょうが、あらためてレッツ「だうどん」!

厚木基地を1周してみる ①

近頃、遠くへ出かけられません。
ちょっとネタ切れの危機です。
近所になにか無いものか
と探している時に、
頭上に轟音。

↓哨戒機
a6_20120404231311.jpg
うちの近所で頭上に轟音がしたら
それは大抵、厚木基地へ向かう
軍用機のエンジン音です。
そこで、ハタと思ったのは、

厚木基地近辺は車で通過はするけど
周りをぐるっと1周したことが無い。
大体知っている場所ではあるけれど、
行った事が無い場所もあるという事。

これはいい機会かもしれない、
自転車で、厚木基地の周りを
1周してみよう、という事に。
(なんか強引な理由付けです)

↓ ふれあいの森草柳広場

まずはココ、厚木基地の北端からさらに北。

↓草柳広場
a2_20120404231352.jpg
厚木基地から県道と相鉄線の線路をはさんだ
向こう側の、引地川親水公園の一部でもある
草柳広場という、何も無い公園なんです。

↓鳥
a3_20120404231314.jpg
のどかに野鳥が戯れたりするこの公園が、実は、
意外な程人気の航空機ビュースポットです。

↓双発機(海上自衛隊機)
a5_20120404231312.jpg
日によって、風向きによって
滑走路へのアプローチ方向が
変わるんですが、この公園は
厚木基地へ離発着する航空機の
飛行ル-トのほぼ真下にあるので

↓哨戒機(海上自衛隊機)
a4_20120404231313.jpg
ココからは、基地へ降下する飛行機や
基地から離陸する飛行機の数々を、

↓哨戒機(米海軍機)
p1.jpg
細かいディテールまで
しっかりと視認できる程の
近距離で航空機が見られる場所。

横須賀に空母が寄港する前後は、
公園の駐車場は常に満車になり
周囲に異様に路上駐車が増えて、
大砲みたいな望遠レンズをつけた
自慢のカメラで、戦闘機を撮影する
アマチュアカメラマン達であふれます。

↓厚木基地北端
a7_20120404231310.jpg
ちょっと移動して、
相鉄線をまたいだ南側。
県道40号線沿いから見た
厚木基地の風景がコチラです。

↓管制塔と駐機場
a8_20120404231310.jpg
ココは結構な幹線道路沿いなので
路上駐車が出来ませんが、それでも、
普段からカメラを担いだ軍用機ファンを
常に見かけることが出来る場所でもあります。

そんな風に、厚木基地の北端周辺には
飛行機見目当てで、かなりの数の人が、
割と日常的に行き来しています。

↓大和青果地方卸市場
b1_20120405000338.jpg
そんなビュースポットとされる県道沿いは、
大和市の青果市場や、工場や倉庫なども
割と多く並んでいるプチ流通団地
だったりもするんです。

航空機見物される方はくれぐれも交通事故に気をつけて。
県道40号線の交通量は、実はめちゃめちゃ多いんですよ。




なんだか主旨のよくわからない
厚木基地1周自転車散歩ですが、
こんな場所からスタートします。

↓厚木基地の周りには、いったいどんなものがあるんでしょうか?

厚木基地を1周してみる ②

↓ジェット戦闘機

頭上に轟音のジェット戦闘機が飛んでた日に、
なんか思いつきで、厚木基地のまわりを1周。

神奈川県民なら常識なんですが、
一応、念のために申し上げておきます。
「厚木基地」は、神奈川県厚木市にはありません。
神奈川県綾瀬市と同大和市にまたがって存在します。

↓ここをまっすぐ
b2_20120406022154.jpg
基地北端から基地に沿って
南西方向へちょっと行った所。
綾瀬市の北東のはずれのほう。
コノ道をまっすぐ行くと、

↓ゲート
b3_20120406022153.jpg
基地のゲートがあります。
年に一回開放日がありますが
普段は関係者以外は中に入れません。

↓名称
b4_20120406022152.jpg
米海軍と海上自衛隊共用の航空基地。
戦略的に重要な防衛拠点なので、
当然ですが警備は厳重です。

↓フェンス
b5_20120406022152.jpg
基地周辺のフェンスには、
コレコノ通り、警告表示が
威圧的に掲げられています。

↓延々フェンス
b6_20120406022151.jpg
市街地との境界線として
基地周囲には、このように延々と
てっぺんに有刺鉄線が付いたフェンス。
基地の風景は、何処でもこんなもんですが。

↓だうどん
b7_20120406023710.jpg
ちなみに、1個上の写真の道を
ちょっとまっすぐ先へ行くと
この山田うどんがあります。
2回前の「だうどん」は
ココでご飯食べた話。
(ソレは別にいい?)

厚木基地周辺1周は、
まだまだ続きます。

↓無目的ですが、とにかく厚木基地を1周します。

厚木基地を1周してみる ③

厚木基地の周りを自転車で一周するという
無計画なサイクリング中のお話でございます。

光陵公園

前回の最後のほうに走っていた道を
そのまんままっすぐ走ってくると、
コノ公園の前に行き当たります。
コノ公園、なかなか面白い公園です。

↓人工池
c3_20120406203910.jpg
水が流れる人工池。
夏場になると絶好の
水遊びスポットです。
現在は節電のために
時間を限定して運転中。

↓わんぱく丸
c4_20120406203909.jpg
海賊船をかたどった大型の遊戯施設。
なんかモノ凄く豪快な感じがします。

↓バラ園
c5_20120406203908.jpg
現在はシーズンオフなので
閑散とした風景なんですが
45品種1400株のバラが
植えられる豪華な薔薇園です。

↓謎の小山
c2_20120406203932.jpg
盛り土の小さな山。古墳では無いようです。
こんな山が3つ程作られていて、
遊戯施設になっています。

この光陵公園には、
後衛の野球場も併設されていて
この地域の広域避難場所にもなっています。

↓ちょっと移動
c6_20120406203907.jpg
光陵公園からさらに移動。
南下して県道45号線へ、
コノ辺りは、倉庫と工場が
密集する工業団地の雰囲気。

↓綾瀬大橋
c7_20120406203906.jpg
基地南端のちょっと手前。
谷戸地形の上をまたいで
この大きな橋がかかります。

↓市境近辺
c8_20120406203905.jpg
コノあたりが
綾瀬市と大和市の
市境になっています。

↓親水公園
c9_20120406203644.jpg
厚木基地南端には現在、
一部が整備中なんですが
大きな公園が出来ています。

↓ゆとりの森公園
c10_20120406203644.jpg
引治川の支流、
蓼川を軸にした
大型公園が造成中。

↓ゆとりの森全景
c11_20120406203643.jpg
綾瀬市側に、野球場3面サッカー場2面、
大和市側に遊戯施設と親水公園を備えた
大規模な公園が出来上がりつつあります。

↓川辺の公園
c13.jpg
平時は、水遊びも出来る
水辺の遊歩道の公園なんですが
大雨が降ると遊水地の役割も果たします。

↓誘導燈
c12.jpg
公園内には、厚木基地の滑走路への
誘導燈がドカっと並んでいたりします。
公園になる前はただの野っぱらでしたが
大規模に風景が変りつつあります。

↓桜が咲きました
c14.jpg
この日は、ようやく
桜が咲いたところ。
まだ2本の木に
花が咲き始めた
だけでした。

↓戦闘機の離陸
e4_20120406212856.jpg
厚木基地南端からは、
基地に所属する航空機が
離陸する場面が見られます。


次回も厚木基地周辺の光景です。

↓依然無目的に、厚木基地周辺を1周しいるところ。

厚木基地を1周してみる ④

無目的に、ただただ厚木基地周辺を
自転車で1周しているだけの事で
お話を引っ張り続けています。

↓桜咲く

コレは、そろそろ桜が
咲き始めようとしていた
1週間くらい前のお話です。

そんなのどかな午後に、
厚木基地の滑走路南端で
基地から飛び立つ飛行機を
眺めたりなんかしてみました。

↓タッチ&ゴー
e2_20120407223711.jpg
良く見かける風景。
哨戒機がタッチ&ゴーの
訓練飛行を繰り返しています。

P-3C
e10.jpg
ロッキード社製P-3を、
川崎重工がライセンス生産する
対潜哨戒機、オライオンです。

目に見えぬ潜水艦を探し出し
狩り捕って行く役目を果たす為、
ギリシャ神話の狩人「オリオン」
がソノ名の由来になっています。

飛行するエンジン音が
結構うるさいんですけどね。

↓タキシーに戦闘機
e3_20120407223710.jpg
そうこうするうち、
反対側の誘導路に
戦闘機の機影が。

↓離陸開始
e4_20120407223709.jpg
飛行訓練と思われる
2機小隊が、2編隊の
FA-18戦闘攻撃機が。

↓フロントフェイス
e5_20120407223708.jpg
爆装はしていません。
訓練飛行というのは
この辺でわかりました。
爆装してたら大変な事の
前触れかもしれません。

訓練飛行とはいえ、
超音速で巡行する
戦闘攻撃機です。
どれだけの轟音を
曳いているのかを
ちょっとご覧下さい。

↓轟音

[広告 ] VPS

スゴイ音。近所に住んでたらそりゃあ腹も立ちます。
戦闘機は、これ以上無い機能美を備える
カッコイイものではあるんですが、
コレが使われた場合結果として、
何が起こるか、と考えると。
簡単に「カッコイイ」とは
言えなくなります。

↓帰還
e6_20120407223708.jpg
そうこうするうち、哨戒機が
訓練飛行から帰還しました。

↓ C-130
e7_20120407223609.jpg
普段見かけない青い輸送機が降りてきました。
後で調べてみたら、コノ輸送機のコノ色は
イラク派遣に使われた気体色なんだそうです。
なんで厚木に降りたんだろう。厚木基地所属?
(この辺はマニアではないのでわかりません)

↓着陸
e8_20120407223608.jpg
訓練飛行も終了らしく、
戦闘機が帰還しました。

↓駐機場へ移動
e9_20120407223608.jpg
子供のころは死ぬほど戦闘機のプラモ作ったっけ。
そういう憧憬だけで見れば、カッコイイんだけどな。




ココ、基地の南端には、かなりの交通量を誇る
生活・産業道路、県道45号線が走ります。

↓西向き
e11.jpg

↓東向き
e12.jpg
なかなか車の切れ目が
出来ない交通量です。

ココに、もちろん他の場所にも
飛行機が落っこちたりしない事を
そして、基地自体がテロの標的などに
なったりしない事を心から願うばかりです。

↓必要だけどいらないもの?。基地は哲学、なのか?うむむ。

厚木基地を1周してみる ⑤

無目的に、厚木基地周辺を
自転車で1周してます。
ただそれだけです。

↓フェンス沿い
f4.jpg
基地南側東端から
今度は北方向へ移動。

↓サイゼリア
f5.jpg
何処にでもあるサイゼリアですが。後ろにあるのは、
サイゼリアの神奈川工場セントラルキッチンです。
つまり、このサイゼリアは工場に一番近い店舗。
だからコノ店は神奈川県下一、新鮮な食材で
料理を作る店舗だったりするかも知れない!
どうしよう、他の店より美味しいかも。
(などと勝手に妄想しています)

↓フェンス沿い
f6.jpg
すぐ隣に基地、という
フェンス沿いのサイゼリア。
それだけだったりするんですけど。

↓自衛隊宿舎
f7.jpg
そのサイゼリアの先のほうには
厚木基地所属の自衛隊宿舎です。
大規模の団地みたいに見えます。

↓レーダードーム?
f8.jpg
給水搭、には見えない建造物。
宿舎と基地施設は敷地内のゲ-トで
直結してるので、遠目から見てると、
団地の中にレドームが建ってるような
異様に不自然な光景に見えてしまいます。

↓基地内
f9.jpg
同じ道をまっすぐ走っていくと
基地の施設隊の施設らしき場所へ。
所属部隊の建物の周りには
所属隊員や関係者のモノと思われる
マイカーが駐車してあって、ソノ向こうに
ドカンと哨戒機が駐機してあったりします。
日常と非日常が混在する変な風景に見えます。

↓基地沿い、ココまで。
g1_20120408001432.jpg
基地に沿って走れるのはコノ角まで。
この先は基地沿いの住宅街の生活道路を
こっちか?という見当だけで進みます。

↓住宅街と工場群
g2_20120408001552.jpg
基地沿いには、海上自衛隊の
航空機関係の工場の社屋があり、
道を挟んで住宅密集地があります。
道路が狭いので、この辺に住む方は
車の往来が、結構大変かもしれません。

↓左側が基地
g3_20120408001233.jpg
左方向、小さな川の向こう側が
厚木基地の敷地になりますが、
実を言うと、この小川こそが、
大和市の水源の森から流れる
引地川」なのでございます。

↓・・・引地川?
g4_20120408001233.jpg
泉の森から流れる引地川、
幹線道路の下をくぐる為
なんだか用水路みたいな
小さな流れになってます。

↓県道40号線の下
g5_20120408001232.jpg
基地北端を走る県道40号線、
その下をくぐる一般道。
かなり低いです。

↓相鉄本線の下
g6.jpg
ソノ先、相鉄本線の
線路の下をくぐります。
この通路もかなり低いです。

泉の森南端
g7.jpg
引地川の水源の森がある泉の森、
その南の端に行き当たりました。
大体厚木基地に沿って一周した
サイクリングも大体終わりです。

↓草柳広場
g8.jpg
再びスタート地点の草柳広場で終点です。

特に何をするでもなく無目的に
厚木基地を一周してきました。

たったソレだけでも、コノ一日のココまで、
初めての場所の色々な風景と出会いました。
出掛けて行かなきゃ見られなかった風景。
身近にも、知らなかった風景がある。

だから、行動範囲はもっと積極的に広くしなくては。
などと、ちょっとそんな気分になって帰ってきました。

↓無目的でしたが、厚木基地1周、終了です。

桜を見に行こう2012 ①

↓桜が咲きました。
3_20120409204649.jpg
今年は寒かったから桜も咲くのも
ずいぶん遅れてるねえ、なんて言ってたら、
開花宣言とほぼ同時に、急に気温があがり
好天に恵まれた事も手伝い、関東一円の桜は
2週間前の台風並みの爆弾低気圧もモノともせず、
あれよあれよという間のたった一週間経っただけで、
満開一歩手前までに至ってしまったという具合です。

先週ブログネタを探した時には
桜はまだ硬いつぼみだったんですから、
桜の開花までの勢いは、まあスゴイもんです。

で、桜が咲いたらそりゃあもう、
なすべき事はたったのひとつ。
出来得る限りの勢い任せで
花見に奔走することです。

そんなこんなで、
今年も始めます。
「桜を見に行こう」

まずはココ!

↓引地川・千本桜

大和市、泉の森を水源とする引地川沿い。


2_20120409204650.jpg
小田急線、桜ヶ丘駅~高座渋谷駅間、
約5kmの両岸に約1000本の
ソメイヨシノが植わっている、
県下屈指の桜の名所です。

↓花見客がわんさか
4_20120409204648.jpg
花見に出かけたのは、桜が一気に
5分咲きを突破した日曜日の昼下がり。

↓桜の天蓋
5_20120409204647.jpg
自転車で大体1時間弱こぎ続けて、
先週行ったばかりの厚木基地南端から
引地川沿いへ向けてサイクリング。
この土日が、桜まつりにあたり
人出は最高潮に達してました。

↓あたたかい日差しの下
6_20120409204646.jpg
ココの桜は、やっぱり見に行く価値アリです。
この引地川沿いの桜は住宅街の中とは思えぬ、
圧倒的なスケ-ルの桜の枝振りが売りです。
いつもゴミゴミしますが、例え人ごみの中でも
見に来てよかった、と思わせる桜の景色を備えます。

↓ほぼ満開
7_20120409204646.jpg
桜は概ね7分咲きを越えています。
既に満開の枝も多く見られました。
来週末には盛大な桜吹雪でしょう。

桜の時期が過ぎ行くのがもったいないので
これからしばらくは桜尽くしで参ります。
宜しくお付き合いの程をお願い致します。

以下次回!

↓桜が咲きました!桜を見に行こう!!

桜を見に行こう2012 ②

4月9日月曜日に横浜で満開が宣言され
桜は、正に今こそが見頃となりました。

そんな桜が、満開一歩手前だった
日曜日の桜の模様をお伝え中です。

↓桜とせせらぎ

歩道沿いに作られた
人工のせせらぎの上を
アーチの様に覆う桜並木。

↓まっすぐ
2_20120410221208.jpg
せせらぎに沿って続く桜の天井。
この光景が何処にあるのかというと、

↓綾瀬市役所
3_20120410221207.jpg
神奈川県中部に位置する綾瀬市
その市役所庁舎脇を南北に走る
県道42号線沿いの桜並木です。

↓綺麗な並木道
4_20120410221206.jpg
広い歩道のせせらぎに沿って
綺麗に植えられている桜並木は、
距離こそソレ程長くないのですが
整然と配置されている建造物の様に
見事な桜の花のアーチを形作ります。

↓市役所南側
5_20120410221205.jpg
そして、市役所庁舎の南側には
かなりの密度で桜が植わっている
垣根の無い開放的な前庭があります。

↓桜三昧
6_20120410221205.jpg
広くは無いけど、視界全部が桜の花。
気分が高揚する花の景色があります。

↓綾瀬市役所・遠景
7_20120410221204.jpg
東海道新幹線と東名高速が走っているけど
どちらも通過するだけで恩恵は受けられず、
市内の18%が厚木基地という綾瀬市です。
電鉄路線が走っていないという事もあって
電車移動派には通いづらい場所なんですが、
この桜の風景は、絶対に見に行きたい!
と思わせてくれる魅力があります。

はい、桜はまだ続きます。

↓当分桜しか出てきません、ヨロシクです。

桜を見に行こう2012 ③

まだまだ桜が続きます、
桜を見に行こう2012。
今回は、またも大和市は
引地川沿いのお話です。

↓厚木基地北端付近
1_20120411202547.jpg
先週の厚木地1周の際
走ってきたル-トを走って
引地川沿いに北上しています。

↓ふれあいの森
2_20120411202546.jpg
大和市の泉の森の南部にある
同じ引地川沿いの親水公園。
「ふれあいの森」です。

この日は桜満開直前の日曜日。
シーズン到来とばかりに、川沿いには
公園バーベキューがびっしりと陣取ってました。

↓サクラとチューリップ
3_20120411202545.jpg
色がたくさんあって
にぎやかな風景ですね。
見てて気分が華やぎます。

で、ココをもうちょっと先に行くと、

↓泉の森・しらかしの池
4_20120411202544.jpg
水源の森から流れ出る引地川の大型貯水池。
東名高速道路と国道246号線の間に
見事に挟まれてるのに野鳥の宝庫。
カワセミまでが自生するという
泉の森のしらかしの池の桜。

↓鳴き声を聞いた。
5_20120411202544.jpg
コノ写真を撮る直前、姿こそ見ませんでしたが
カワセミの「クケケケケケケケケケケケケケ」
という大音量の鳴き声をすぐ近くで聞きました。

コノ池には、カワセミの写真や
動画撮影を専門に狙っている
プロ並みの機材をそろえた
アマチュア写真家達が
大勢通ってくる程。


6_20120411202543.jpg
それほど豊かな森です。
大和にはスゴイ自然がある。
ソコにはこんなに綺麗な桜もある。
ココはやっぱり行って見る価値アリです。

はい、まだまだ桜が続きますよ。

↓桜を見に行けるのは、今週末までかな?

桜を見に行こう2012 ④

「桜を見に行こう21012」です。
徹底的にご近所の桜の風景をお伝え中。
自転車で出かけた4月8日日曜日の風景です。

↓相鉄本線・ さがみ野駅

海老名市の相模鉄道線・さがみ野駅、その北口。
ココは駅を出て北へ行くと、すぐに座間市です。
そして、その座間市のさがみ野駅北口の商店街で
行われたのが、結構規模の大きなお祭り。

↓さがみ野さくら祭り
2_20120412194723.jpg
さがみ野駅から、
国道246号線まで
まっすぐ伸びる桜並木、
さがみ野仲良し小道沿いで
毎年行われる桜の時期のお祭り。

↓イベントステージ
3_20120412194700.jpg
和太鼓演奏、日舞公園、フラダンス、
演歌歌手の営業からJ-POPのゲストまで
様々な演目が披露され、近隣の参加者による
カラオケ大会まで行われた、割と大き目の舞台が
商店街の歩道の上にドカンと出来上がっておりました。

↓花見客の皆さん
4_20120412194659.jpg
広い歩道の上にたくさんの屋台が並び、
場所取りして宴会してる一団も。
…スゴい所で宴会してますな。

↓屋台群
5_20120412194658.jpg
その歩道の上の屋台群。
4ブロックほどの歩道を
埋め尽くしています。

↓桜並木
6_20120412194657.jpg
コノ桜並木は、戦後間も無く、
物資の不足した時期、コノ通りに
灌漑用の用水路が完成した事により
近隣の集落より、この東柏ヶ谷地区が
食料的にも経済的にも潤った事を感謝し、
昭和28年(1953年)に桜を植樹した。
というのが、起源になっているのだそうです。

↓背が高い
7_20120412194657.jpg
コノ並木は、とにもかくにも
桜の背丈が高いのが特徴です。
見上げるずーっと上の方まで
桜色、というのが良いのです。

↓国道246号上から
8_20120412194656.jpg
国道246号の上にかかる
歩道橋から桜並木を眺めます。
桜並木を道の中心に据え、
対面交通の駅前通りと
広い歩道が寄り添って
駅前まで続いています。

コノ並木道、歩いてみるといいですよ。
今はちょうど、桜吹雪が始まっています。

桜はまだ続きます。

↓ちなみに、さがみ野桜祭りは、4月8日(日)に終了しました。

桜を見に行こう2012 ⑤

桜を見に行った話が
まだまだ続きます。

今度は海老名市に入ります。
相鉄線・かしわ台駅近辺。

目久尻川

かしわ台駅北を流れる
海老名市内の目久尻川。
ソノ川沿いの桜並木です。

↓北部公園
2_20120413214058.jpg
プールを含む大型の屋内体育施設と、目久尻川沿いの
親水公園がセットになっている「海老名市北部公園」
その川沿いの桜並木が、また絶景の桜スポットです。

↓川沿いの桜並木
3_20120413214057.jpg

4_20120413214024.jpg
桜の満開直前だった日曜日の昼下がりは
散策する人、お花見する人などの
公園利用者達で、ちょっとした
大混雑振りを見せてました。

↓横から桜
5_20120413214023.jpg

6_20120413214023.jpg
公園の広場の反対側から
ちょっと遠くの桜並木は
桜色の花の帯の様に見え、
ちょっと画になる風景です。

↓川沿い
a_20120413221308.jpg
公園をちょっと過ぎた下流へ行くと
もうちょっと違う景色も見られます。

↓電車と桜
7_20120413214022.jpg
線路が目久尻川を跨ぐその辺りに桜の木立があり、
ココをなめて走る相鉄線の画が、なんとなく
鉄道カレンダーの4月の写真みたいで、
なんとなく好きなんです。

↓難しい。
b_20120413221930.jpg
ただ、そういう写真だけを専門に
狙って撮って来た訳では無いので
自分で思っていたほど良い画には
なりませんでした。難しいですなあ。
(↑ただ下手なだけなんですけどね)

↓菜の花
8_20120413214021.jpg
コノ近辺には、結構広めの
菜の花の畑などもあって
華やかな春の彩りには
事欠きません。

↓春色
9_20120413214020.jpg
イイ色でしょ?

はい、以下次回。まだまだ桜です。

↓まだまだ桜が続きます。ついて来て!

桜を見に行こう2012 ⑥

今年も桜見物の模様を
延々お伝えしています。
桜を見に行こう2012。

今回も海老名市の桜のお話。
今回はこちらでございます。

↓ 弥生神社

海老名の鎮守の社、弥生神社。

↓例大祭
2_20120414223001.jpg
弥生神社の例大祭は、
4月8日に行われました。
・・・役立たず情報ですけど。

↓参道
3_20120414223000.jpg
コレはその例大祭の風景です。

↓屋台群
4_20120414221909.jpg
広くはない参道ですが
屋台がびっしり並びます。

↓大幟
5_20120414221908.jpg
氏子集から寄贈されたのであろう
天を突く大きな幟(のぼり)が一対。
ココから石段を登ると、社務所前です。

↓奉納囃子
6_20120414221907.jpg
社務所前では
近隣の子供達による
お囃子の演奏中でした。
ステ-ジでの催し物なども
行われているようでした。

↓本殿
7_20120414221907.jpg
石段の上には弥生神社本殿。
なかなかの急階段を上ります。

↓お参り
8_20120414221906.jpg
弥生神社は、海老名市内にあった
比良神社、第六天社、大綱神社を
明治42年(1909年)に合祀し
コノ場所に創建されたというもの。

ココまでの風景の中では、
桜は目立ってませんよね?

なぜココに来たのかというと、
理由は、コノ丘の上の神社の
さらに上のほうにあります。

龍峰寺・仏堂
9_20120414221905.jpg
丘のてっぺんには、
この龍峰寺があります。

↓本堂
10_20120414221813.jpg
龍峰寺は、明治期の廃仏毀釈により
抹消された旧清水寺(しみずでら)
の跡地に移転した寺院です。

ちなみに、
龍峰寺の創建は室町初期、
清水寺の創建は元禄時代。
海老名には意外にも
古刹が多いんです。

↓花祭り
11_20120414221812.jpg
四月の花の頃、4月8日は灌仏会(かんぶつえ)、
つまり、花まつり。釈迦の誕生日とされています。

↓甘茶
12_20120414221811.jpg
釈迦像に甘茶をかける、という
灌仏会の風景がありました。
なんだか久しぶりに見ました。

で、なぜ最初の弥生神社ではなくて
龍法事のほうに桜の風景なのかというと、

↓清水寺公園
13_20120414221810.jpg
龍峰寺(旧清水寺)参道に広がるのが
コチラ、海老名市の桜の名所
としても有名な清水寺公園。

↓空が桜
14_20120414221810.jpg
東へ下る斜面を覆う様に
盛大に桜が咲いてます。

↓花
15_20120414221809.jpg
青空に桜が映えますねえ。
(先週の日曜日の光景ですが)

↓弥生神社参道
16_20120414221735.jpg
下で見てたときにはそれほど密度を感じなかった
弥生神社の参道は、龍峰寺参道から見ると
けっこうな密集具合で桜が咲いてます。
もこもこした桜の風景ですね。

↓レアモノ
17_20120414221734.jpg
お守りゲットだぜ!

普段は社務所が無人(だったと思います)なので
弥生神社のお守りは、滅多に手に出来ないレアモノです。

↓下ります
19_20120414221733.jpg
桜を眺めながら
参道を下ります。

↓縁日
18_20120414221734.jpg
楽しいお祭りの風景を抜けて
弥生神社を後にします。

↓神輿行列
20_20120414221732.jpg
神社を出てすぐの所で
弥生神社のお神輿の列に遭遇。
ちょうど相鉄の踏切を渡るところ。

↓賑やかで華やか
21_20120414221731.jpg
出来ればもっと眺めていたかったんですが、
桜見物の為に、移動を開始いたします。

↓ええ、桜はまだまだ続きますですよ。

桜を見に行こう2012 ⑦

桜を見に行こう2012。
海老名市近隣の桜の話題が
コレでもか!!!ってほど
延々続いていますが、
まだ終わりません。

↓桜のトンネル


2_20120415235318.jpg
海老名駅近辺から、今度は全く正反対方向へ移動。
海老名と綾瀬市の市境にあたる県道406号線へ。
昨年も紹介しましたが、やっぱりココはスゴいです。

↓海老名市側
3_20120415235317.jpg
実はこの桜並木は、西側と東側とで、
呼び名が違っていたりするんです。
西側は、海老名市の「国分寺台緑道」

↓綾瀬市側
4_20120415235316.jpg
東側は、綾瀬市の「綾西緑地」になります。

↓桜の木の下
5_20120415235316.jpg
車が一台も通っていない時間は
なかなかやって来ないほど
交通量の多い通りです。

↓桜並木
6_20120415235239.jpg
管理する自治体が実質まったく違っていて、
縁石や柵のデザインなどが微妙に違いますが、
通りの桜並木は見事に左右対称になっています。
海老名・綾瀬、両市の協調の象徴の様にも感じます。

で、ココからそれ程遠くない場所にあるのが下のコレ

大谷近隣公園
7_20120415235239.jpg
海老名市内の公園です。
ただの公園ではありますが、
ココが意外にいい感じなんです。

↓まだ満開じゃなかった
8_20120415235238.jpg
この時は、まだ奇跡的に
満開手前だった大きな桜。
(4/8(日)の画像です)

↓桜木
9_20120415235237.jpg
かなり大きな桜の木が
多く植わる公園です。

で、なんでコノ公園なの?
というと、コノ公園は、
ある施設にぴったりと
隣接しているからです

↓EXPASA海老名
10_20120415235236.jpg
東名高速道路、海老名サービスエリアの
下り線のエクストラサービスエリア。
その一般用エントランスの真正面に

↓公園入口
11_20120415235235.jpg
コチラの公園入口があるんです。
SAからは、徒歩なら出入り自由。
これから東京方面へ向かう祭に、
SAだけでは味わえないであろう
桜の花の下でのリラックスを
味わう事が出来てしまう公園が
SA出口直近に存在しています。

桜の時期には、コノ公園で
ちょっとだけリラックスしてから、
東名高速を東京方面に走っていただくと
良い感じ、だったりするかもしれませんよ。
(桜の時期は、もう終わりそうなんですけど)

桜は、まだまだ終わりません。
次回も桜でお伝えいたします。

↓歩いて出られる海老名SA下り線には、直近に桜の公園があります。

桜を見に行こう2012 ⑧

桜を見に行こう2012。
今年も桜尽くしで進行中。

↓VNAWALK

ビナウォークにはほとんど無い桜の木。
そのうちの希少な桜がコチラの枝垂れ桜。

↓ほんの少しの花
01_20120416194540.jpg
花の数も多くない桜ですが、
七重塔とのコントラストが
「和」テイストを醸します。

海老名駅前には、画になる桜が
それほど無いので次へ移動。
次は相模川沿いです。

↓橋の向こうへ
1_20120416194539.jpg
相模川へ注ぐ支流、鳩川が、
本流の相模川が寄り添う場所。

神奈川県立三川公園
2_20120416194538.jpg
名前の由来は、厚木側から相模川に、
支流の「中津川」と「小鮎川」が注いで、
3つの川が合流する場所にある事から三川公園
という名です。名前の由来はモロに厚木側ですが、
海老名市にある、県立三川公園の風景をお伝えします。

↓鳩川沿い
3_20120416194414.jpg
本当は、この支流も入れて四川公園
になるはずなのに名前に入っていない
鳩川沿いに盛大な桜並木があるんです。

↓ソメイヨシノとシバザクラ
4_20120416194413.jpg
川を渡った先には、
シバザクラが植えられた
小高い盛り土の展望台があり、
周囲に数本のソメイヨシノを従えます。
この展望台から鳩川の向こう岸を眺めると
なあなかの眺めに出会うことが出来るんですが、
こういう大事な写真撮り忘れてるんですよ。大失敗。
そんな禍根を残しつつ、期待は来年に持ち越し。

↑注:あと2日くらいなら、まだソノ風景見られます。
   気になる方は、三川公園へダッシュでゴー!

そして、海老名の桜、最後はココへ行って来ました。

海老名運動公園
5_20120416194412.jpg
圏央道、海老名インターチェンジ出口の
南側にある、海老名運動公園で桜見物。

↓エビーとビーナ
6_20120416194412.jpg
ナイスタイミング!
海老名市のマスコット、
ポニーのエビーとビーナの
夕方のお散歩を目撃しました。
パっと出掛けていって見られる
というものでもありませんから
結構ラッキーかもしれません。

↓メインエントランス
7_20120416194410.jpg
桜は咲いてたんですけど、
今回はちょっと趣向を変えて

↓メインエントランス
8_20120416194409.jpg
ココだけは、翌日仕事上がりに
夜、あらためて出掛けてみました。

↓夜桜
9_20120416194115.jpg

10_20120416194115.jpg
ライトアップされているわけではありません。
街燈だけを頼りに、カメラの夜景モードだけで
撮影を試みました。パソコンに落とすまで
どんな画になったのか解らなかったんですが、
思っていたより結構イイ画になってました。
もっと明るければ問題ないんですが。

↓夜桜アーチ
11_20120416194114.jpg
街路灯が明るい所では、
こんな風な明るさがあり
ライトアップされたような
光景にも出会えます。

↓ちょっと暗い
12_20120416194113.jpg
手持ち夜景モードの限界。
どんな風に頑張っても
写真が暗くなります。

↓桜
13_20120416194112.jpg
海老名市の桜はコレでおしまい。
今年も、海老名の桜の風景は
キレイに咲きそろいました。

でも、ちゃんとライトアップされた
夜桜の風景も見たくなりますよね。

そんなわけで、次回は夜桜の話題です。


↓桜を見に行った話は、まだまだ続きますよ。

桜を見に行こう2012 ⑨

桜を見に行こう2012。
関東万部の桜もそろそろ終わりに
差し掛かっている今日この頃ですが、
まだまだ桜の話題だけで押し通します。
オマケに、コレはまだ4月8日の風景です

個人的に、神奈川県下の夜桜では
一番のお気に入りの風景がある場所。
それがあるのは、ココなんです。

↓小田原城

なんと言っても小田原城です。
小田原城址公園のお堀端の夜桜です。
桜の時期なら絶対にココを見に行かなくちゃ。
と意気込んで、朝から延々と桜サイクリングしてきた
ソノ足で、小田急線に飛び乗って夕方の小田原へ到着です。

↓街の空にはフワフワが
2_20120417223003.jpg
お堀端通りへ向かう商店街のディスプレイ。
建物の間に渡してある細いワイヤーの上に
フワフワした風船の飾りが飾られています。

↓花模様
3_20120417222936.jpg
ちょっと見ると
空に花が舞うような
不思議な飾りに見えます。
コノ道をまっすぐ行くとお堀端。
ちょっとワクワク感を加えてくれます。

↓桜の花
4_20120417222935.jpg
この時は満開のほんとの直前でしたが、
見た目は確実に満開の咲き具合でした。

↓桜のトンネル
5_20120417222934.jpg
ほら、こんな具合に、
たまらない桜の風景を
作利上げていました。

↓堀端北端
6_20120417222932.jpg
お堀のはずれから眺めた
桜並木とお堀の風景です。
日が陰るまでもう少し。

↓学橋から
9_20120417222829.jpg

7_20120417222930.jpg
掘を渡って場内へ入る
学橋上からの眺めです。
桜が柔らかい夕日を
浴び始めました。

↓堀の内
8_20120417222929.jpg
お堀の内側にも
盛大に桜が咲いてます。

夜桜まではまだ時間があるので
場内を見てこようと思って
橋を渡って城内に入ると、
なにやらイベントが…。

↓おでんサミット
10_20120417222828.jpg
日本中のおでんを多くの人に味わってもらう事を目的に
地元の小田原おでんをはじめ、北海道から沖縄まで
12地域から出店を募り、各地の名物になっている
ご当地おでんが一堂に会した大イベントです(でした)
16:30に終了。到着したのは17:00過ぎでした。
ああ、もう終わっちゃってる、もっと早く来てればなあ。

↓小田原おでん
11_20120417222827.jpg
と思っていたら、まだやってるお店があるっ!
さすが地元のご当地おでん、小田原おでんです。
ちなみに「小田原おでん」というのは、かまぼこで有名な
小田原の、魚肉練り物や揚げ物(さつま揚げ・揚げかまぼこ)
をメインの具に据えたおでんの事。2003年に、小田原市の
水産加工業者が連盟で「小田原おでん宣言」を発表した後、
生産者や加工業者や飲食店が各個独自におでんのアイデアを
競う形で、小田原のあたらしい名物を作り出そうとして
現在も盛り上がりを見せているご当地メニュ-です。

夜まで小田原で飲むような事も
それほどあるわけではないので
話には聞いているけど、
見るのは初めてです。

↓小田原おでん・・・
12_20120417222826.jpg
いや、予想はしていましたが、20種近い品揃えで
用意されていたおでん種も、残り4アイテムしかなくて
既に残り物状態でした。まあ食べられるだけでもめっけもん。
ちなみに、小田原おでんは、薬味に梅味噌を付けて食べます。
(「練りからし」やん(笑)。梅味噌は子袋付いてきましたよ)

話が思いっきりそれましたが、
今度は小田原城天守閣へ移動。

↓常盤木門
a_20120417232944.jpg
常盤木門をくぐって
天守閣前へ抜けます。

↓天守閣
13_20120417222825.jpg
桜越しの天守閣。
小早川城の日暮れ間近。
周囲皆さん懸命に写真撮影中。
実際に見ないと解り難いですが
コレ、画になる風景なんですよ。

↓桜酒
14_20120417222825.jpg
サイクリングは終わったので花見酒を用意。
泉橋の日本酒に桜花酒精漬けを投入した
即席桜酒で、夜桜を前にお花見気分です。


ええと、・・・夜桜、出てきてないよ?


そんなわけで、次回も桜。
小田原城址公園夜桜見物編です。

↓そろそろ桜も飽きられてるかもしれませんが、ついてきて!

桜を見に行こう2012 ⑩

小田原城まで夜桜見物に出かけた話
今回こそ、もうちょっとで
夜桜が出てきます。

↓日没間近

そろそろ日没がやってきます。
もうちょっとで夜桜だ!
と思いつつ、本丸付近で
桜を見ていて、ふと気付いた事。

↓だだっ広くなった
2_20120418213729.jpg
あれ、やけに広いな、と思ったら、
ここにあった、ゾウの飼育舎が
きれいに撤去されていました。

↓在りし日のウメ子さん
2-1_20120418213728.jpg
ココには、日本最長寿を記録した
インド象のウメ子さんがいました。
僕が生まれて初めて見た象さんです。
2009年にこの世を去ったウメ子さん。
その象の飼育舎もなくなってしまいました。
ああ、時が写り行くのは世の理なんですねえ。
ちょっとした喪失感なんぞを感じてしまいます。

↓相模湾
4_20120418213643.jpg
南に視線を向けると相模湾。
海を見ながら気分を戻して、

↓夕暮れ直前
3_20120418213728.jpg
夕焼け目前の小田原城を背に
夜桜見物スポットへ向かいます。

↓夕暮れ
5_20120418213642.jpg
だんだんと日が暮れていく中、
夜桜の風景が出現いたします。

↓お堀の南側
6_20120418213641.jpg
お堀の南側の桜並木。
桜の花が水面に写り、
更にライトアップで
綺麗な絵姿を作ります。

↓夕暮れの逆さ桜
7_20120418213640.jpg
その堀を東から眺めた画。
暮れ残る夕空と逆さ桜に風景。
この景色が、ほんの数分経つと、

↓宵の入りの逆さ桜
8_20120418213640.jpg
空の青が深くなる宵の入りに変ります
夜の始まりの中のライトアップの桜。
ほんの数分で全く別色合いが出現。

↓夜の桜
9_20120418213639.jpg
堀の東側のライトアップ。
夜桜の風景になりました。

↓ライトアップ
10_20120418213538.jpg
堀を渡る学橋からの眺め。
コノ堀際の夜桜の風景。
いいですよね。

↓堀の内の桜
11_20120418213538.jpg
堀の内の桜、ちゃんとライトアップしてました。

↓学橋から見るめがね橋方向
12_20120418213537.jpg
明るく華やかな夜桜の風景。
昨年(2011年)の春は、
被災地への配慮と節電の為、
ライトアップは自粛されました。

↓2011年
13_20120418213536.jpg
昨年の春は、花の盛りにも関わらず
こんな具合の暗く沈んだ風景でした。

↓2012年
14_20120418213535.jpg
今年は、明るいお堀の夜桜が
ちゃんと帰ってきてくれました。
コノ桜がちゃんと見られたのは
誠に持ってうれしい限りです。

夜桜の時期の小田原城は
こうでなくっちゃいけねえや。

↓夜桜
15_20120418213534.jpg
とにかく、小田原城の桜、
特にライトアップされた
お堀端の夜桜を心行くまで
堪能できたのは、やっぱり
幸運な出来事でした。




桜オンリーでお伝えして参りました
桜を見に行こう2012年版ですが、




これで終わりだと思ったら大間違い。

↓桜はまだまだ、まだまだ続きます。

桜を見に行こう2012 ⑪

桜尽くしでお送りしております、
桜を見に行こう2012年版。

今回からは、満開直後の
雨の平日に出かけて来た、
神奈川県内桜花見のお話。

↓JR相模原駅前

今回は、相模原市で花見。
相模原市役前、西門大通りの
桜並木を眺めに行ってきました。

↓小雨の中
2_20120419203951.jpg
散った桜の花びらが雨に流れた跡。
マンホ-ルの蓋の上にびっしりと
花びらがのっかていました。

↓全開で満開
3_20120419203951.jpg
この日は、小雨が降ったり止んだりの
あいにくのお天気の下だったんですが、
この日を逃すと、満開を見逃しちまう!
てぇわけで、雨の中での桜花見です。

↓桜の小枝
4_20120419203950.jpg
前夜からの雨と風で
満開の花もちょっとだけ
ダメージをうけていました。
まるっと一房落ちてたりして。

↓国道16号線沿い
5_20120419202856.jpg
国道を歩いて、
まずは市役所へ。

↓市役所前
6_20120419202855.jpg
市役所前の交差点から見る
西門大通り南方向の桜並木。
延々と向こうの端の方まで
桜の花が大盛りです。圧巻。

↓市役所桜通り
7_20120419202854.jpg
ソノ名に恥じない桜の大通り。

↓市役所展望台から
8_20120419202853.jpg
2つ上の写真を撮った交差点を
市役所展望台から眺めてみました。
街中にもこもこした桜の帯が出来てます。

↓市役所前の通り
9_20120419202852.jpg
コチラももこもこしてます。
桜がいっぱいの景色って、
雨の中でもいい景色。

↓西門大通り
10_20120419202852.jpg
市役所前から直進して
米軍施設のゲート前に至る
西門大通りへ移動して来ました。

↓桜並木
11_20120419202759.jpg
上の写真を撮ったところから
ちょっとカメラを振ると、
ソコにも盛大に咲く
桜並木です。

↓遠くまでずーっと桜
12_20120419202758.jpg
桜並木のこの距離、この規模。
桜が咲いてる時期に見に来て正解。
雨でもこの風景です。スゴいぜ相模原!

↓呼ぶ 赤い手、青い手
13_20120419202757.jpg
彫刻家、岡本太郎の手による大型のオブジェ、
呼ぶ 赤い手、青い手。コレも桜の中です。

↓桜と「手」
14_20120419202756.jpg
コノ景色も、桜の下にあると
なんだか別物に見えるほど
華やかな感じがしますね。

↓桜並木を振り返る
15_20120419202756.jpg
何処まで行ってもずーっと桜並木、
みたいに見える西門大通りの風景。
桜の時期に来たのは、実は初めて。
コノ大通りを桜散歩、いいですよ。
相模原市の米軍施設西門前から
市役所前を通ってずーっと続く
西門大通りの桜並木の風景は
絶対にお勧めです。

晴れてれば、もっと良かったのに。

↓名残惜しい
16_20120419202755.jpg
しっとりした雨の花見。
快適ではなかったけど
なかなかの趣でした。

名残り惜しいんですが
次の場所へ移動します。

雨の花見は、まだまだ先があります。

↓桜の花は概ね散ってしまいましたが、まだまだ桜です。

桜を見に行こう2012 ⑫


桜花見の話題だけでお送りしております、
桜を見に行こう2012年版です。
まだまだ終わりません。

前回の相模原からJRに乗車。
横浜線に乗って終点へ一直線。

↓JR桜木町駅

やってきたのはコチラ。
みなとみらいの玄関口、
桜木町駅でございます。

↓ランドマークタワー
2_20120420203601.jpg
県外の方には馴染みが無いとは思うのですが
みなとみらい21地区のランドマーク周辺は、
意外にも、桜の名所だったりするのです。

↓横浜汽車道
3_20120420203600.jpg
桜木町から新港方面へ伸び手いる
旧貨物路線の廃線跡を利用した
横浜汽車道プロムナード。

↓望遠
4_20120420203559.jpg
まず目指すのは、あそこら辺。

↓桜の木
5_20120420203559.jpg
ちなみに、桜木町の名の由来は、昔コノ近辺にあった
桜木川という今は無い川からソノ名が付きました。
みなとみらいの反対側にもいろいろと桜の名所が
あるんですが、今回はこっち側オンリーです。

↓港1号橋梁
6_20120420203558.jpg
桜木町側、100ftトラス橋1号橋梁。
冬になるとライトアップされる橋梁です。

↓港2号橋梁
6-2_20120420201345.jpg
新港側の同型トラス橋2号橋梁これらの鉄橋は
明治40年(1907年)に敷設されたという
「鉄道遺産」と言えるモノでもあります。
でも歩くのはタダ。無料で通行可。
なんて太っ腹なんだろう。

↓桜
7_20120420201344.jpg

8_20120420201343.jpg
汽車道に沿って咲く桜並木の画。
汽車道は、平成10年(1998年)に
整備が終わり開通したので、この桜並木は、
ソノ頃に移植されたもの。ず-っと若木の桜並木
という印象だったのですが、時は流れるものなんです。
いまやすっかり風格ある堂々たる桜並木道に成長しました。

↓桜越しのランドマーク
9_20120420201343.jpg

10_20120420201342.jpg
桜の花の向こうに日本一の高層ビル。
こういう画も、みなとみらいの
名物のような光景ですね。

↓ゲートとタワーと桜の風景
11_20120420201242.jpg
恒例、ナビオスゲート越しの
ランドマークタワーの風景。
晴れてれば完璧だったのに。

↓対岸へ
12_20120420201241.jpg
ナビオスからワールドポーターズ沿いに移動、
コスモワールド東端から国際橋を渡って
クイーンズスクエアの桜並木へ移動。

↓桜並木
13_20120420201240.jpg
ここも、若木で始まった桜並木です。
いまやそんな印象は何処へやら、
結構なボリュームの桜の花が
盛大に咲き誇る光景が
毎年見られるように
なってきました。

↓インターコンチネンタルホテル
14_20120420201239.jpg
横浜の港の名物でもある風景のひとつ、
インターコンチネンタルホテルの
分度器みたいなシルエットを
ど真ん中に据えた桜並木。
コレがなかなか面白い画です。

↓桜通り
15_20120420201239.jpg
みなとみらい桜通り。出来た当時は
若木の桜の木しかなくて、名前の割りには
ちょっと物足りなかった桜並木だったんですが、
時を経ると共に、段々その名がサマになってきました。

↓日本丸
16_20120420201237.jpg
永久係留の帆船、日本丸。
うしろの岸に桜並木が見えます。

みなとみらいも桜木町も、
横浜は桜の見所が山盛りですが、
さすがに全部を見る事はできません。
だから毎年、桜の時期は大変なんです。
横浜の桜見物、今年はコレだけになりました。


小雨の中の桜見物は次回も続きます。

↓みなとみらい以外の横浜の桜は、来年をお楽しみに。

桜を見に行こう2012 ⑬

関東南部の桜の時期は、どうやら
終わりを告げてしまいましたが、
桜花見の模様はまだ続きます。
そろそろ飽きられてる頃ですが
それでも続きますので、ヨロシク。

↓ 衣笠神社

今度は横須賀、前回の横浜から
JR横須賀線で一直線に移動です。
衣笠の駅の南側にある小高い丘の上。
衣笠神社、その更に丘の上にある場所。

↓ 衣笠山公園
2_20120421235325.jpg
日本の桜100選にも選ばれた
横須賀の桜の名所で雨の花見です。

↓散り際の桜
3_20120421235324.jpg

4_20120421235323.jpg
海に近く気候が温かい横須賀の
風の強い山の上の桜の名所なので、
平地の桜よりも散り際が早いようで
衣笠山の桜は、既に散り始めていました。

↓花の道
5_20120421235415.jpg
歩道にびっしり桜の花びら、
もう見頃は過ぎている
という感じでしたが、

↓桜の展望台
6_20120421235322.jpg
公園南側の展望台の風景。
桜はまだ大丈夫でした。
コチラは三浦半島の
西側を望む場所。

↓桜の山
7_20120421235322.jpg
三浦の山地が桜色に染まる
そんな風景がありました。
こういうのがあるので
ココの桜が好きなんです。

↓公園内を移動中
8_20120421235226.jpg
コチラは海のほうを向いてます。
横須賀の市街地をなめて
浦賀水道方面。

↓特盛り
9_20120421235226.jpg
海、市街地、桜、菜の花、
見えるものが全部入った
特盛りの風景なんですが、
こういう面白さってのは
あんまり伝わらないかも。

↓展望台
10_20120421235225.jpg
桜の花はもう散り始めです。
あたり一面が散った花びらで
ほのかに桜色に染まってました。
芝生なのに芝の色が見えないくらい。

↓桜の広場
11_20120421235224.jpg
前の週まで桜祭りが行われていて
大勢の人でごった返していたはずの
衣笠山公園も雨の平日ではこんな感じ。

天気と咲き具合がバッチリ合えば、
ココ、衣笠山公園は紛れも無く、
神奈川県下屈指の桜の名所。
見に出かける価値が
高い場所です。

↓衣笠の商店街
12_20120421235223.jpg
山を下ると駅前に出ます、
駅前には大きなアーケード。
ココをぶらぶら歩いたりするのも
すごく楽しいんですが、今回はパス。
次の場所へ移動するため、まっすぐ駅へ。

・・・まだ次があるの?

↓JR横須賀線
13_20120421235222.jpg
せっかく横須賀線に乗ったんだから
横須賀線で帰り道に辿り着ける
桜の名所に、もう一ヶ所寄ります

↓はい、しつこいようですが、まだまだ桜が続きます。

桜を見に行こう2012 ⑭

前回の、横須賀市・衣笠から
JR横須賀線に乗って、
次の桜へ移動します。

↓横須賀駅

横須賀港に停泊中の
駆逐艦を横目に眺め
横須賀線は走ります。

↓鶴岡八幡宮・段葛入口
2_20120422193902.jpg
次の桜は、鎌倉市の
鶴岡八幡宮の桜です。

↓二の鳥居
3_20120422193901.jpg
鶴岡八幡宮の段葛の桜ですよ。
こりゃあ見ていかなくっちゃ。
と、行ったはイイけど、
再び雨が降り始めました。
さっきまで止んでたのに・・・。

↓桜のトンネル
4_20120422193900.jpg

5_20120422193900.jpg
今年もやってきました。これですよ。
古都・鎌倉に毎年現れる桜のトンネル。
コレはやっぱり見に行きたくなる景色です。

↓段葛・海側
6_20120422193824.jpg
海側から続いている
段葛の真ん中あたり。

↓段葛・社側
7_20120422193823.jpg
外から見てもコノ通り、
桜が満開でお出迎え。
晴れてたらもっと
良かったのにねえ。

↓信号待ち
8_20120422193822.jpg
一の鳥居前の信号で、信号待ちの参拝客が
進行方向へ向いてひと塊、詰まってます。
雨の中で、更に平日の夕方近いのに、
人出はかなり多目、さすが桜の時期。

↓一の鳥居
9_20120422193822.jpg
コノ交差点はスクランブル交差点なので
車が途切れるまで時間がかかります。
少し粘って、車が写ってない写真。
車は、相変わらず多いんです。
観光ルートなんですが、
地元には、生活道路
でもありますから。

↓参道へ
10_20120422193821.jpg
雨の夕方なのに人が多い。
さすがは有名な観光地の
桜満開の時期ですよ。

↓修学旅行生
11_20120422193820.jpg
新学期が始まったばっかりなのに、
もう修学旅行の学生さんたちが
たくさん押し寄せておりました。
桜の時期に古都鎌倉へ修学旅行。
羨ましい旅行日程じゃあないですか。
晴れてればもっと良かったのにねえ~。

↓奉納御神酒
12_20120422193706.jpg
各地の酒蔵から奉納されたお神酒の薦樽が並んでいます。
ふ、と気がついたのですが、大手の酒造メーカーの樽に混じって
白笹(秦野市)、菊勇(厚木市)、大山(伊勢原市)、
曽我の誉(小田原市)という県内の酒蔵の樽もありました。
ひょっとしたら、アレもあるのかな?と探すと、

↓いずみ橋
13_20120422193705.jpg
ありました!海老名市の酒造蔵
泉橋酒造の薦樽発見!!
テンションUP↑

(↑だからなんだと言われればそれまでなんですが・・・)

↓石段を上りました
14_20120422193704.jpg
ココを上った所から見る桜が
毎年楽しみな風景です。

↓段葛・遠景
15_20120422193703.jpg
境内拝殿前、石段の最上段から
さっき通ってきた段葛の桜を
海の方向を向いて眺める風景。
コノ風景、大好きなんです。

雨の中だったのがちょっと残念でしたが、
今年もこの風景を眺めに来る事が出来ました。
1年無事に過ごせたことに感謝したくなります。
(↑こういうのは、普通は正月に思う事ですけどね)

↓ちょっと待ってよ(^^;)
16_20120422193703.jpg
しかし、この日のめぐり合わせの悪さは
半端なモノではございませんでした。
大変イイ気分で桜を眺めたその後、
引いたおみくじは滅多に出ない
「凶」という結果でした。
なんか、ありえない。

ぎゃふん。

↓弁天様と源氏池
17_20120422193702.jpg
そんなくじ運の悪さは
捨て置いてもよいくらい
源氏池の桜も綺麗に満開。
鶴岡八幡宮の桜見物は
個人的に外せません。

皆さんもどうぞお出かけ下さい。
・・・もう来年の話になりますが。

↓桜の話、実は、まだまだ続くんです。


割と役立たずで
めぐり合わせの悪い
オマケがあったりして。

続きを読む?
  ↓

続きを読む

桜を見に行こう2012 ⑮

満開直後の雨の中で
花見の話が続いています、
桜を見に行こう2012年版。

相模原、みなとみらい、衣笠、鎌倉と
県内の桜の見所を回ってきた帰り道、
もう1ヶ所、わが家の近所の
桜スポットに寄ります。

↓寒川神社
1_20120423214111.jpg
相模の國の一宮、
寒川神社へ立ち寄ります。
もちろん雨の中なんですが。

↓一の鳥居
2_20120423214110.jpg
総桧作りの一の鳥居
ココをくぐって
まずは社殿へ。

↓社門
3_20120423213242.jpg
拝殿前の社門のあたりが
第一の桜スポットですが、

↓拝殿
4_20120423213241.jpg
まずはきちんと参拝を。

↓桜と狛犬
5_20120423213241.jpg
で、社門へ戻って、門の脇の狛犬、
その狛犬の頭の上を覆う桜の花。

↓桜とおみくじ
6_20120423213240.jpg
枝を広げた桜の下に
滝のように結ばれた
花みくじの束。

↓おみくじ
6-2_20120423213239.jpg
このコントラストは、桜じゃないんだけど
ちょっと惹きつけられる色合いがあります。

↓一本桜
7_20120423213238.jpg
神社の駐車場のど真ん中に
一本だけ桜が咲いています。
寒川神社の社領地の中には
意外に桜が少ないんです。

じゃあ、わざわざ寒川神社に
出向いて来たのは、何故に?

↓桜並木
8_20120423213120.jpg
寒川神社の桜の見所は、
社領地前からJR相模線の
踏切手前まで続いている
表参道に沿った並木道です。

↓二の鳥居
9_20120423213119.jpg
コンクリート製ですが、
かなりの大きさがある
二の鳥居付近の桜の風景。

↓鳥居の向こう
10_20120423213118.jpg
コノ辺りの桜並木は
一の鳥居と二の鳥居の間、
二の鳥居の手前から見ると
意外にまばらに見えますが、

桜がすごいのはこの先です。

↓二の鳥居の先
11-0.jpg

11_20120423213118.jpg
二の鳥居と三の鳥居(銅鳥居)の間は、
大きな中央分離帯をはさんだ参道で、
一方通行が対面に走っていますが、
この中央分離帯がほぼすべて桜。
交通量の多い生活道路ですが、
歩道から見上げる桜の画は
ちょっと惚れ惚れします。

天気が悪かったので
伝わりにくいのですが。

↓銅鳥居
12_20120423221437.jpg
JRの踏切のすぐ前にある三の鳥居、
ここから社殿へ歩いていくのが
一番よい花見散歩のルート。

↓中央分離帯
13_20120423213116.jpg
中央分離帯の東側のほうが
桜の木が多いのでお勧めですよ。
今年は、もう桜が散っちゃったので
来年のお楽しみ、としてお試し下さい。

寒川神社の桜ははココまでですが、
寒川町には、もう一ヶ所、
目を惹く桜の名所が
あるんですよ。

桜の話、実は、まだ続くんです。

↓桜です、まだまだ、まだまだ桜です。

桜を見に行こう2012 ⑯

もういい加減にしたほうがいい?
という位、桜が続いております。
桜を見に行こう2012年版。

前回の寒川神社に続き、
今回も寒川町の桜です。

↓街角の桜
1_20120424015343.jpg

2_20120424015342.jpg
県道46号線沿いの寒川町役場、
その北側の一角に在る桜の並木。

↓さむかわ中央公園
3_20120424015140.jpg
ココは、寒川町の公共施設、
寒川総合体育館に隣接する
大型の緑地公園、寒川中央公園。

↓桜の木の下
4_20120424015139.jpg
正直言って、ココの桜が
これほどスゴイとは
思いませんでした。

↓街燈が灯る
5_20120424015138.jpg
1日雨の中を1日歩き回って
散々と桜を見てきた帰り道、
もうそろそろ日が落ちて、
街燈が灯る様な時間。

↓桜のチューブ
6_20120424015137.jpg
公園の中程を通る桜並木の下の風景。
さほど背の高くない桜並木の下には、
トンネルというよりはコンパクトな
桜のチューブが出来上がっていました。

↓桜並木
7_20120424015137.jpg
県道沿いの公園外周に植わる桜の並木。
もこもこ具合と背丈が揃った枝振りが
車から見るといい感じに見えそうです。

↓並木の下
8_20120424015136.jpg
公園内の広場は、調整池の役割もするので
外周に向かって芝生のスロープがあります。
天気のいい暖かい日なら、花の下で昼寝、
なども気持ちよさそうです。雨なんですが。

↓広場の周り
9_20120424014710.jpg
三方向が桜の囲い。
もっと明るかったら
相当綺麗に見えるのに。

↓芝生の丘
10_20120424014710.jpg
公園内にある
小高い芝生の丘。

↓展望スペース
11_20120424014709.jpg
コノ上にある広場が
桜ビュースポットです。

↓桜の帯
12_20120424014708.jpg
さっき歩いた桜並木が
桜の帯になって見えます。
この景色は写真に納めると
ちょっと迫力がなくなるので
ぜひ来年、桜の満開の時期に
晴れた日に自分の目で見て
確かめて欲しく思います。

↓日暮れ
13_20120424014707.jpg
満開の時期の花散らしの雨の中、
長々続いた花見もコレで終了です。

↓JR寒川駅
14_20120424014706.jpg
JR寒川駅から相模線に乗って帰ります。
雨の中の桜花見は、コレにておしまい。


・・・あれ? 何か忘れてる気がする。



    
    海老名の桜は見ましたよ。
    神奈川県の有名な桜は見てきました。
    って、ああ! 厚木の桜、見てないじゃんか

   「海老名と厚木と神奈川県」なのに。



↓で、桜が、まだ続くことになりそうです。

桜を見に行こう2012 ⑰

桜の花もすっかり散り
辺りの木々の梢は次々と
緑に染まりつつありますが
こちとらまだまだやってます、
桜を見に行こう2012年版。

今回は、タイトルにもなってるのに
盛りの時期にはいけなかった、
隣町、厚木の桜の模様を
駆け足でご紹介。

とにかく時間が無くて見に行けた範囲が
非常に狭かった事をお詫びします。
では、厚木の桜を見に行こう。

↓ぼうさいの丘公園
1_20120425212011.jpg
厚木市南部にある
9haを越える広さの
総合公園がこちらです。

↓下り坂
2_20120425211622.jpg
災害時は2万人の被災者を受け入れる避難所
としての設備を備えた公園でもあります。

↓桜並木
3_20120425211621.jpg
公園のメインストリートがココ。
この先にはヘリポートがあります。
ヘリは通常降りてこないのでソコは
広大なアスファルトの運動広場です。

↓上から桜
5_20120425211621.jpg
エントランスの高台の公園防災センター、
更にその上にも桜の広場がありますが、
そちらは先に散ってしまっていました。
雨が降った後更に数日後の画ですから。

時間がないので次に行きます。

↓飯山温泉郷
6_20120425211620.jpg
次はいきなりココ、厚木市市街地から
ちょっと北上した所にある飯山温泉です。

↓飯山観音参道
8_20120425201143.jpg

7_20120425211619.jpg
飯山観音に至る参道の桜並木。
ココの桜がスゴイというのを
確かに聞いてはいたのですが、
実際に花が咲いてる時期には
来た事がありませんでした。

↓桜の花びら
9_20120425201142.jpg
桜は、前回の雨で
かなり散ってました。
他はどんな具合だろう。

↓桜の森
10_20120425201142.jpg

11_20120425201141.jpg
参道中腹の駐車場前、そこに在ったのは、
森、といえる程の密度の濃い桜です。
芝生に散りばめられた桜の花びら。
綺麗な風景が出来ていました。

↓上から桜
12_20120425201140.jpg
参道の石段から
桜の森を眺めます。
コノ眺めはスゴいです。

↓上から参道
13_20120425201140.jpg
参道も上から眺められます。
通って来た道がくっきりと
桜色に染まっていました。
もっと早く来れていれば
もっと桜が濃かったのに。
コノ風景は、なんかイイぞ!

(確か、紅葉の頃にもそう思いました)

↓住宅地を抜けて行くところ
14_20120425201059.jpg
次は、またちょっと移動。
厚木市の都市計画で出来た
森の里の住宅街を移動中でした。
自転車ではこれ以上坂を登れず、
七沢森林公園の桜を断念した所。
この辺、坂がきつすぎるよ!
車で来ればよかった(^^;)

↓調整池脇
15_20120425201059.jpg

16_20120425201058.jpg
山間の傾斜地を切り開いて作った
森の里の住宅地の真ん中にある
大型調整池の周りにある
桜並木の風景です。
自転車での山岳トレイルに
無残に敗北したその後でしたが
ちゃんと見頃の桜に辿り着きました。

↓結構な傾斜
17_20120425201057.jpg
調整池に向かってすり鉢状に
下っていく親水公園にある
桜並木がコチラです。

↓こいのぼり
18_20120425201056.jpg
春風にたなびく鯉幟。

桜の時期の終盤に
端午の節句の
こいのぼり。

気が早い!とも思いましたが
節句の時期ももうすぐソコです。
季節が移ろうのは意外に早いですね。

↓イイ眺め
19_20120425201056.jpg
山岳コースみたいな
住宅街の上り坂で挫折して、
ぜいぜいいいながら辿り着いた
宮の森の桜の風景がコチラでした。
息が上がっていたのでもう大変です。
落ち着くまで座って眺めていましたが。
何気なく、目線の位置は全部桜の木でした。
意外にイイ眺めだったので大変良かったです。

今年、厚木の桜見物は、
完全に機を逃した感がありました。
あちらを立てればコチラが立たず。
桜を見物の場所を選ぶのは、
実際難しいです。でも、
ザーっと走ってコレだけ見れれば
今年はもう十分、なのかもしれませんね。

来年は何処の桜が見られるんだろう。
いまからソレを楽しみにしつつ、
今年の桜は、終わる、のかな?

↓コレで終わり、と思ったら大間違い。 次回へつづく!

桜を見に行こう2012 《番外編》

延々続いた、桜を見てきた話。
桜を見に行こう2012年版。

今回が実質的に最後です。
最後は番外編。桜と桜以外が
見頃(だった)な風景のお話。

↓ダブルで桜

最後の花見の場所は、
昨年も見に行きましたが、
伊勢原市の渋田川沿いに咲く
芝桜と、散り際のソメイヨシノ。

↓芝桜の堤
2_20120426193726.jpg
桜、ではないんですが、
桜の時期に咲く芝桜。

↓遠くにソメイヨシノ
3_20120426193726.jpg
ソメイヨシノよりも
花の時期が長いので
桜が散った今頃でも
まだ花は咲いてます。

前回の厚木の帰り道にわざわざ伊勢原
サイクリングして撮影してきました。

↓すごく鮮やか
4_20120426193635.jpg
ソメイヨシノの淡い色とは違い
鮮やかな花の色が見に染みます。
生命力があふれる感じですよね。

↓フロックス
5_20120426193634.jpg
コノシバザクラ、始めはたった一株から始まり
たった一人の手で河畔を埋め尽くすまでに
育てられたモノなのだそうです。

現在はボランティアや有志の人々により
毎年、植え替えなどのメンテナンスが
しっかり行われるようになっていて
このシバザクラの風景を支えます。

↓ソメイヨシノ
6_20120426193634.jpg
最後の桜はコノ河畔の
散り際のソメイヨシノ。
桜は綺麗でしたが、

シバザクラの風景も
やっぱり捨てがたい。

という訳で、番外編で
最後の桜と、芝桜を
お届けいたしました。



遂に、桜の話題も終わりを迎えました。
ダラダラ続けてきたように思うでしょ?
とんでもない、コノ時期は全力疾走ですよ。
桜の名所は日本中に星の数ほど在るくせに
綺麗な時期に見に行ける場所は限られます。
本来の生活を犠牲にせずに見られる範囲を
全部見るのは、実際へばりそうになりました。

テレビ局や映像制作会社じゃないんだから、
お金もらって桜撮影する訳じゃないし。
何より写真の腕前が良いわけでもないし。
これは、あくまで個人で楽しむ範囲です。
駆けずり回っても多分、誰も潤わないし
もちろん注目されてるわけでもないし、
やめても恐らく、誰も惜しみません。


でも行く。


だって、桜が好きなんだもん。
面倒な説明は要らないですよね。


という訳で、来年の桜を楽しみに、
今年もこれから1年、一生懸命頑張ろう。



↓来年の桜の時期まで、頑張って生き抜こう。うん。




この期に及んで
オマケ付きです。

続きを読む?
  ↓

続きを読む

こんなのどうでしょう。

ただいま、横浜そごうでは
初夏の北海道物産展
を開催中。期間は4/25~4/30。

今回は、ソコに出店した、
横浜初進出のとあるお店で
買い物をしただけのお話です。


安田さん onちゃん
0_20120427213209.jpg
コレだけでわかる人にはわかる。

まあ、今回はただただ
趣味の買い物だけのお話で、
ちょっとしたカミングアウトで、
興味のない方には、ほぼまったく
これっぽっちも面白くない話ですから。

遠慮なくスルーして下さい。

↓横浜そごう北海道物産展は、ほんとにお勧めです。





つづきを見てもいいよ。という方、
内容について行く自信はあるという方、
ああ、アレの事だろう?すべてわかった、
という方は、この下の方から続きをどうぞ。

続きを読む?

  ↓

続きを読む

桜を見に行こう2012 《超・番外編》① 

↓始発前
1_20120428225830.jpg
ゴ-ルデンウイーク初日は
こんな時間から移動を開始。

↓埼京線
2_20120428225829.jpg
JR新宿駅で乗り換え。

↓東北新幹線
3_20120428225829.jpg
今回は、2階建てのMAXで
「いくぜ、東北!」です。

↓乗り換え駅
4_20120428225828.jpg
福島県・郡山駅で乗り換え。

↓磐越東線
5_20120428230623.jpg
コレに乗って移動。

↓最寄駅
6_20120428225828.jpg
今回の目的地の最寄駅がコチラ。
この期に及んで、またもや
桜の話題が復活なんです。

↓シャトルバス・チケット
9_20120428225641.jpg
今回は、ワンデー日帰り強行軍で、
まさしく昨日、満開宣言と共に
見頃を迎えた、福島を代償する
一本桜を見物に出掛けてきました。

↓駅前から出発
10_20120428225640.jpg
目的地は、福島県・三春町にあり、
日本を代表する5大桜の景観にだとか、
日本三大一本桜だとか言われています。

↓滝の平
11_20120428225639.jpg
とにかくソレは、日本でも屈指の桜の名所として、
昔からその景観美が謳われて来た桜の風景です。

↓周辺案内図
12_20120428225639.jpg
その桜の名所は、三春町の山間にあり、
ゴールデンウイーク到来と共に、
図ったようなタイミングで
満開になりました。

↓桜の風景
13_20120428225638.jpg
バスの発着場から少々歩かないと
目的の桜には到達できないんですが、
その他の桜の花も、今がちょうど見頃。

そろそろご紹介しましょう。
その名所の桜というのは、

↓ 三春の滝桜 
14_20120428225637.jpg
推定樹齢1000年超といわれる
紅枝垂のエドヒガンザクラ。
国定天然記念物でもある
三春の滝桜です。

てえところで、以下次回!

↓桜を見に行けるなら、見に行けるだけ見に行こう!

桜を見に行こう2012 《超・番外編》②

桜が咲きました、満開です。
福島県・三春町にある
国宝「滝桜」が満開。

福島なら、なんとか日帰りで行けるじゃん!!!
満開の報を聞いた時に、そう思っちゃったのが悪かった。
休みが一日しかないけど、満開の時期は恐らくこの日の他には
ありえない!という訳で、行ってきました、桜満開の福島県!

↓さくら湖
1_20120429212316.jpg
三春ダムで出来上がった人造湖
その名も「さくら湖」湖畔から
ちょっと歩くと目的地です。

↓つくし
2_20120429212316.jpg
春らしい風景。
わが家の近所では
なかなか見かけなくなった
つくしの群れが、桜と一緒に
顔を出していました。

↓尾根道
3_20120429212315.jpg
小高い丘の上へ続く尾根道があり、
その上には、見事な桜が咲いてます。

↓満開
4_20120429212314.jpg
滝桜目前の尾根の上には
満開になった桜の風景が。

↓桜色とピンク色
5_20120429212105.jpg
薄い桜色とハッキリしたピンク色。
くっきりとしたコントラストが
頭上にどっさりです。
ええなあ

↓石段
6_20120429212104.jpg
丘の上にはお稲荷さん。
その小さい社から下る
神社の石段の裾から
いよいよ滝桜の
全容が拝めます。

↓滝桜
7_20120429212103.jpg
樹齢1000年を越えるといわれる
紅枝垂れのエドヒガンザクラです。
樹高12m、南北18m、東西22m
という巨大なスケールで枝を広げています。
まだちょっと遠いのに、圧倒的な存在感です。

↓花見酒
8_20120429212103.jpg
わざわざ神奈川県から持って来ました。
桜茶(市販品の八重桜の酒精漬け)を
日本酒に投入した即席花見酒です。
暖かい日差しと絶景の滝桜に桜の花見酒。
もうこれ以上は、言う事ございませんな。
しばらくはそう思って花を見ていました。

↓大混雑
9_20120429212102.jpg
滝桜の前にはちょっと信じられないくらい
モノ凄い数の桜見物の観光客の皆さんが
近くで桜を見ようと大行列を作ります。

↓滝桜
10_20120429212101.jpg
昨年、2011年の満開の時期は大震災の直後。
まだ震災被害が終息しない大混乱の時期でもあり、
大事故を起こした発電所がある、という事実も手伝い
福島県に向かう観光客は、ほぼ皆無、そのとばっちりを
十分に受けていたのは三春町も例外では無かったのでした。

昨年のこの時期のテレビニュースで、
人影が見かけらず、虚しく満開を迎えた
この滝桜の風景が報道されたのを見てから
何故かずっと、来年は滝桜を見に行かなくちゃ
と、思っていました。出掛けたからといって、
何かの足しになたりする訳じゃないんだ、
という事は、もう十分に承知しています。

でも、ただ滝桜が見たい、というソレだけが、
始発電車に乗って神奈川県を出発するには
十分過ぎる程のエネルギーをくれました。

そう、こういうのが「エネルギーをもらった」という事。
もらったエネルギーは、使わなくっちゃ無駄になる。
そんな勿体無い事は、出来ればしたくないものです。




さあ、いよいよ次回は、
滝桜を近くで眺めます。

↓日本三大桜。三春の滝桜。行くなら今!

ダウン

ちょっとダウン。更新ならず。
(↑してるじゃんか)

次回をお楽しみに。

↑サボってるわけじゃありません
 ほんとにダウンしてるんです。
 故あって、しこたま酔っ払ってる
 という、それだけなんですけど。

↓今日が月曜日であることも要因のひとつなもので。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
74位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる