FC2ブログ

花の名前を教えて下さい。

↓海老名駅西口

どうも、花の名前というものを
数多く心得ていない不勉強が
今回のタイトルの真相です。

海老名駅の西口側は東口の繁華街に比べると
田んぼと休耕地と駐車場、その向こう側には
工場とオフィスビルという感じになっていて、
ちょっとローカルでカントリーなさびれ具合。
(↑文字にするとちょっと失礼かもしれません)

↓休耕地らしい
2_20130501221706.jpg
そんな中にある休耕地と思しきけっこう広い土地に
キレイな花がドカドカ群生している場所があります。

↓ピンク色
3_20130501221706.jpg
草原にピンク色が映えるキレイな風景があります。
コレが自生しているのか、栽培されているのかも
わかりませんが、とってもキレイな景色なんです。

↓めちゃめちゃキレイ
4_20130501221705.jpg
コノ景色、見とれてしまうくらい
キレイで大変気に入っているんですが、

↓花
5_20130501221705.jpg
コノ花の名前がわかりません。
不勉強を露呈しているだけで
お恥ずかしい限りなのですが。
どなたか名前をご存知の方が
いらっしゃいましたら、ぜひ
教えて頂けないでしょうか?

↓ぜひ教えて下さい。お願します。(←他力本願だなあ)

神奈川ゆるキャラまつり?

コレは、先週の土曜日の話です。
今見に行っても、出会えません。
相変わらず役立たず情報ですが、
思わぬところで、神奈川県下の
ゆるキャラ大集合に出合った話。

↓ えび~にゃ

「えび~にゃ」だ~!
先週の土曜日の事、ある場所へ出かけた際に、
突然ゆるキャラの群れに出会いその中に
なんとえ、び~にゃも居たんですよ。

えび~にゃは、皆様ご存知の通り、
大人気の海老名市のゆるキャラです。
(↑え?知らない?嘘~ぉん)(笑)

近頃は、色々なゆるキャライベントに参加して
様々なゆるキャラちゃん達と交流を持ってまして、
お友達の証しとして、色々なゆるキャラちゃん達の
様々なグッズをポシェットに山盛りぶら下げてる姿が
トレードマークになってきました。コノ日もグッズだらけ。

それはともかく、こんなに間近で
えび~にゃを見た事が全くといっていいほど
無かったので、なんかテンション上がっちゃいました。

でもソコにはえび~にゃだけじゃなくて、
他にも、ゆるキャラちゃん達が
たくさんいたんですねえ。

↓ ざまりん
2_20130502225815.jpg
海老名市のお隣、座間市のゆるキャラ、
ひまわりの妖精、ざまりん。かわユス。

市の使用許諾に申請し、許可さえ下りれば、
キャラクターの使用料が無料で利用できる
という、座間市のPRに前面的に協力する
かわいい妖精ちゃんが「ざまりん」です。
マルッとしてる所がめちゃめちゃキュート

↓  ヤマトン
3_20130502225814.jpg
海老名市の端っこでお隣の自治体になる
神奈川県・大和市のゆるキャラがこの子。
先ほど開催されたゆるキャラ総選挙でも、
関東代表166キャラ中11位の高順位。
県下11キャラ中でも第2位を獲得した
人気急上昇中の、大注目株のゆるキャラ。
独特の雰囲気をかもし出すヤマトンです。

↓ 丹沢はだの三兄弟
4_20130502225814.jpg
三兄弟のゆるキャラ、上から
兄、丹沢すすむ(青い子)、
弟、丹沢のぼる(緑の子)、
妹、丹沢あゆみ(赤い子)
進む、登る、歩む。という名の三兄妹
神奈川県・秦野市の観光PRを担当し
秦野市の観光のメイン、表丹沢登山を
アピールしています。ちょっとした大所帯。
実はペットのイヌ、丹沢ダッシュ君もいます。

↓  かわさきミュートン
8_20130503001817.jpg
音楽の町、を売りに掲げる神奈川県・川崎市のマスコット、
かわさきミュートン」がこの子。tvk(テレビ神奈川)を見てると、
やたらと耳に残ってくれるテ-マソングといっしょに、
結構な頻度でテレビのイベント告知CMに出てきます。
か~っわかわかわさきミュ~トン(笑)


↓ こけ丸 
5_20130502225814.jpg
神奈川県・相模原市の相模原中央商店会のマスコットから、
相模原市のシティーセールスサポーター、簡単に言うと、
市のPR大使のような職に大抜擢された異色の経歴を持つ
ゆるキャラが、この「こけ丸」君です。イラストと実物に
かなりのギャップがあるキャラなんですが、それでも、
その神がかり的な大飛躍は、注目の的になっています。

なんでまた、県下屈指のゆるキャラちゃん達が
こんなに大集合していたのか?というと、
じつをいうと、こいつのおかげでした。

↓ 
6_20130502225813.jpg
ケーブルテレビ、J:COMが展開する
ネットワークサービスのシンボルキャラ、
地上波テレビ放送でもCMが流れてるので
おなじみの方が多いと思います、ZAQくん。
コノ日はこの一角にあるJ:COMの事業所で
地元密着型情報番組のスタート記念生放送として
県下のゆるキャラを大量に集めて中継をしてました。
その中継現場に、偶然にも行き当たったわけなんです。
(↑残念ながらJ:COM契約者にしか見られない番組です)

↓全員集合
7_20130502225813.jpg
番組中継してる間中、ゆるキャラちゃん達の
かわいいショットが撮れる様に狙ってました。

実は、この翌日、厚木市では、休日のイベントで
県下のゆるきゃらがほぼ全員集合する大イベントが
あったのですが、出勤なので見物に行けませんでした。

諦めていただけに、偶然こんなイベントに行き当たった
このインパクトは、強烈かつ、心和むサプライズでした。

↓地域密着情報番組「じもッティ!」、J;COMにて毎週土曜日に放送中。

泳げ鯉のぼり 2013 《前編》

今年もこの時期がやってきました、
ゴ-ルデンウィークの神奈川県下では、
既に名物になった大型イベントを見物です。

↓見えてきた。

神奈川県のど真ん中をながれる県下最大の
一級河川「相模川」に大量の鯉のぼりを
「放流」するという、大型のイベント
「泳げ鯉のぼり、相模川」を見物に
相模原市の水郷田名へ行きました。

↓ちょっとだけ風がある
3_20130503201735.jpg
昨年も見物に行ったのですが、そのときは曇天の無風状態で、
天気が悪くなって仕舞う直前の魚屋のメザシを見ている様な、
ちょっとがっかりな景色の中で、なんとか感動できる部分を
一生懸命探した記憶がありますが、今年は昨年とは違います。

↓風が強くなってきた
4_20130503201735.jpg
会場に到着した時は、
ちょっと弱めだった風が
見る見る内にその強さを増し、
強い横風に、垂れ下がっていた
鯉のぼり達が一斉に泳ぎだしました。
おお!スゴい!!やっぱコレだよねえ!!!

↓急いで移動
2_20130503201735.jpg
最初は風が無かったので、
相模川を渡る高田橋の上から
鯉のぼりを眺めていたのですが、
風が出てきたなら迷わず移動です、
泳ぐ鯉のぼりはぜひ近くで見なくちゃ。

↓泳げ鯉のぼり 相模川
5_20130503201734.jpg
「泳げ鯉のぼり 相模川」は、相模原市が呼びかけ
昭和63年(1988年)から始まったイベント。

↓放流
6_20130503201647.jpg
全長250mの5本のワイヤーを相模川に渡し、
スタッフ200人がかりで1200体の鯉のぼりを
「放流」し、子供達が元気に育つ事を祈願しています。

↓全体が泳ぎ始めた
8_20130503201646.jpg
風を受け、ゆったりと
全体がなびき始めた
鯉のぼり達です。

↓泳いでる泳いでる
9_20130503201646.jpg
相模川に放流されている鯉のぼり達のほぼ全てが
風に乗って、まるで泳いでいる様な横向きになりました。

↓スゴい画ですよ。
10_20130503201645.jpg
風に乗った鯉のぼりの群れは、
やはりその画の迫力が違います。

↓・・・風が。
11_20130503201644.jpg
と思ってたら、ちょっとだけ
風がおさまっちゃいました。

この後、風が帰ってくるまで
暇をつぶししつつ後編へ続く。

↓「泳げ鯉のぼり 相模原」は、5/5まで開催中です。

泳げ鯉のぼり 2013 《後編》

神奈川県の真ん中を流れる相模川の
相模原市にある水郷田名で行われる
ゴールデンウイーク恒例のイベント。

川の上に1200体の鯉のぼりが
「放流」される「泳げ鯉のぼり」
を見物しに行ってきたお話です。

↓風がおさまっちゃった。

会場に到着したそのとたん、いい具合に吹き始めた風が
少しおさまっちゃったので風が戻るまでの間に暇つぶし。

↓ 川と湖の魚フェア
1_20130504211624.jpg
神奈川県水産技術センター内水面試験場と
神奈川県内水面漁業協同組合連合会ならびに
相模川漁業協同組合連合会により、27年間も
開催されてきた「内水面まつり」という恒例の催事が、
今年から名前が変わり第28回「川と湖の魚フェア」
となりました。と説明してますが、ごめんなさい。
このイベントの事を、全く全然知りませんでした。
27年も歴史があるのに知らなかった、不覚。

ちなみに、内水面とは俗に言えば海でない自然の淡水の事。
河川、湖沼の経済用語としての呼び名で、自然の淡水で
漁獲や養殖を行う漁業の事を内水面漁業と呼称します。

↓アユとヤマメ
2_20130504211207.jpg
水産試験場と河川漁協が協賛するイベント。
川魚の高級魚、アユ(鮎)やヤマ(山女)が
獲れたての塩焼きで味わえるブースが。
ああ、食べてきたかった。逃した。

(↑鯉のぼりがいつ泳ぎだすか気が気じゃなくて)(笑)

↓簡易釣り堀
3_20130504211207.jpg
淡水魚の釣り堀。ちょっと大き目のプールが2つ用意されていて、
何が釣れるかお楽しみの釣り堀イベントが開催されてました。
このほかにも、足首ほどの深さのプールに魚を放って
お子様向けの魚のつかみ取りいべんとをやってたり、
金魚すくいじゃない、高級和金を販売するブース
があったりもしました。が、このイベントは、
残念ながら、本日(5/4)終了しました。
(↑相変わらずの役立たず情報です)

そうこうしてるうちに、

↓風が出てきた
4_20130504211206.jpg
風が帰ってきて、鯉のぼりが泳ぎ始めました。

↓ガンガン泳いでます
5_20130504211205.jpg
風が帰ってきたらもう、鯉のぼりが
真横を向く勢いでガンガン泳いでます。

↓映像の取材
6_20130504211205.jpg
現場には、画像素材を撮影している
恐らくはプロのビデオカメラマンも。

↓流れの中の鯉
7_20130504211114.jpg
川の中を上流に向かって泳ぐ鯉のように
いっせいに同じ方向を向いて泳ぐ
壮観な鯉のぼりの風景です。

↓埋め尽くされてる感じ
8_20130504211114.jpg
一部をアップで見ていると
空を埋め尽くすような感じの
スゴい迫力のある画になります。

↓祈念の幟
9_20130504211113.jpg
鯉幟は、子供が無事に育つ様にという
祈念を込めた幟飾りです。その祈念が
コレだけの数揃うと壮観を通り越して、
有難い画になります。やっぱりスゴい。

↓躍動
10_20130504211113.jpg
布の飾りのはずが、
幟が風に煽られると
コレこの通りの躍動感。
躍動を続ける鯉のぼりが
コレだけ集まる姿は、もう
立派に生き物に見えてきます。

↓鯉のぼりの風景
11_20130504211113.jpg
この壮大な鯉のぼりの風景は、
明日のこどもの日、5月5日まで。

↓放流
12_20130504211112.jpg
お時間が許すのであれば、ぜひ、
この「放流」の風景をご覧下さい。

詳細はコチラ ⇒ 泳げ鯉のぼり・相模原市観光協会

↓泳げ鯉のぼり、この風景に、拍手!

ViNA WALKの鯉のぼり

↓鯉のぼり
1_20130505214650.jpg
海老名駅前のビナウォ-クに
鯉のぼりが飾られていました。

↓こどもの日
2_20130505214650.jpg
何日か前の風景ですが、この飾りも
おそらくは今日までおしまいです。
ゴ-ルデンウイーク終盤ですが。
皆様、残りの休日を、どうか
じっくりとご堪能下さい。

↓僕は明日も仕事です。(泣)(^^;)

中華そば・麺や食堂

厚木市は、意外にもラーメン屋密度が高く
国号沿い、街道沿いに地場のラーメン店から
有名チェーン店まで、多彩な店舗を見かけます。

ラ-メン屋の美味いまずいは人それぞれだから、
判断するのは食べた人に任せることにして、
厚木にあるラーメン屋さんのはなし。


↓ 麺や食堂

ずーっと前からあるラーメン屋なんですが、
ついぞ入った事が無かったのが、コノお店。

↓神奈川県下で総合3位
2_20130506194137.jpg
前年度のラーメン店人気ランキングで
神奈川県下で総合部門第3位という
人気も獲得したほどなのですが、
行った事がありませんでした。
って訳で、いざ麺や食堂へ。
(↑軽い動機ですねえ)

↓ヤカンがいいね
3_20130506194136.jpg
お店は、ラーメンといえば連想される昭和の雰囲気を
どかどか詰め込んだ街角看板のレトロモダンがインテリア。
ど真ん中にドンと置かれたヤカンもいい具合で存在感出してます。

↓元祖、厚木のラーメン屋
4_20130506194136.jpg
厚木に店を構えてから、驚くことに
既に半世紀を過ぎているという
老舗なんだそうですよ。

↓メニュー
5_20130506193857.jpg
品数が派手に多くはないんですけど
メニューの表記がキッチリした内容で、
何食をべてもめちゃめちゃ美味しそうです。

イチオシを注文
6_20130506193857.jpg
ココのラーメンはある意味、度を越えたこだわりの逸品。
瀬戸内の上煮干と、特殊製法で仕上げた高イノシン酸含有の
鰹節を出汁の素材に使用。その素材の旨味を最大限活かす為に
高密度フィルターで不純物を徹底的に濾過し、ミネラル分までも
低く抑えてしまったという特殊な水で出汁を取る手の込み様の上に。
旨みの指標となるという「窒素」の数値が、通常位に比べ圧倒的に高く
そのまろやかさから料亭でも使用されるという希少な醤油で味付けした
厳選素材の塊で作られたスープに、通常のモノより高圧力を加え製麺した
歯応え十分のストレ-ト細麺をあわせた、超が付く程究極に近付いちゃった
一杯がこのラーメン、なのだそうですよ。なんかえらいもの注文しちゃったぞ。

↓味玉そば
7_20130506193857.jpg
・・・美味いんですなあコレが。

素人なので、どう美味いのかというのを
わかりやすく説明する腕はないんですが、

↓完食
8_20130506193856.jpg
一気にゾバゾバ食い切った感じでした。
慣れ親しんできた食べなれたラ-メンの味。
そんな表現がハマる味、なのかもしれません。

↓お口直し
9_20130506193856.jpg
食後にはお口直しとしてわざわざ小さな茶碗で注いだ
黒ウーロン茶を出してくれます。お冷の他にサービスで。
ソレも店員さんがそれぞれお客が食べ終わるタイミングを
ちゃんと見たうえで持ってきてくれます。すごい気遣い、
なんて行き届いたサービスなんだろう。気持ちいい!

↓小田急線沿い
10_20130506193856.jpg
小田急線の本厚木駅から高架に沿って
相模川へ向かってまっすぐに歩くと
ちゃんとお店に行き着きます。
機会あらばぜひとも一度
麺や食堂をお試しあれ。

↓麺や食堂、オススメさせて下さい。

くらこん部長のポテトチップ

海老名も厚木も神奈川県も
ほぼ全く関係ないんですが、
つい最近まで、異様なほどに
ハマっていたポテトチップの話。

いつもで必ず売ってるという
お店がなかなか見当りませんが、
そのポテトチップ、というのが、

↓くらこん部長のポテトチップ

大阪に本社を置く昆布加工食品の大手である
“こんぶのくらこん”こと「株式会社くらこん」の
有名なあのヒト、キャンペーンキャラクターである
くらこん部長監修による、塩こんぶ味のポテトチップ。
(↑本当にくらこん部長って人がいる訳じゃないんですよ)

↓有名メーカーコラボ
2_20130507214714.jpg
ポテトチップを作っているのは、のり塩ポテトが秀逸な、あの湖池屋です。
ポテトチップの製造販売としては大手の湖池屋と、塩こんぶを含む
昆布加工品の販売では、コレも大手に当るくらこんの2社が
コラボを組んで販売する異色のポテトチップなんですね。

↓くらこん部長は頑張った
3_20130507214714.jpg
ポテトチップとこんぶって、ちょっとどうなの?
と疑問をお持ちになる方が多いかとも思いますが、
考えたのはあのくらこん。革命的なまでにユニークな
昆布使いのレシピを提供し続ける、あの「くらこん」です。
美味いかどうかは、食べてみればわかります。ふふふふふ。

↓売ってるところがなかなか見つからないんですけどね。(^^;)

本日休業

ちょっとした体調不良により
本日は休業いたします。
更新はまた明日。

↓果たして、帰ってこられるかの?

bono 相模大野 ①

↓小田急線・ 相模大野駅

神奈川県で3つ目の政令指定都市、相模原市は南区の、
更に南の端っこ、東京都との府県境に位置する、
小田急線のターミナル駅としてにぎわう
相模大野駅から目的地へ出発です。

↓目的地
2_20130509203826.jpg
コノ駅のすぐそばに、2013年3月15日に
グランドオープンした真新しい複合合商業施設。
それが“bono 相模大野”、でございます。

↓bono相模大野
3_20130509203825.jpg
相模大野駅の西側区画再開発に伴い
2年以上の再建期間を費やし完成した
複合商業施設には、商店、外食店のほか
市の公共機関や高層住宅も併設されてます。

↓2010年・11月頃
4_20130509203825.jpg
もともと相模大野近辺(それどころか相模原市そのもの)に
明るくないので、この辺にはそもそも何があったんだろう?
というのを知りません。検索しても出て来ないんだもん。

↓2012年・2月頃
5_20130509203825.jpg
とはいえ、駅前再開発が完成すれば相模大野はにぎやかになる、
となじみが無いながらも勝手に盛り上がり始めてしまいまして、
これはぜひとも行かなければなるまい!と勝手に思ってました。
が、こういう施設は、オープン当初には激しく混雑するのが必至。
しばらくは混雑が続くのも定番。だからすぐには行けませんでした。
(↑関西にいた時、西宮と尼崎という2箇所でそういうのを経験済みです)(^^)

↓デッキで直通
6_20130509203824.jpg
という訳で、出かける時期をあえてずらし
オープンから一月半を経た平時の週末に
ちょろっと出かけてきたのでした。
今回はそんなお話ですよん。

↓ボーノ広場
7_20130509203546.jpg
まずはこんな所から。
2階の直通デッキから見おろした
1階エントランス前のボーノ広場。
この広場が、色々なイベント用に
使われる場所になっています。

↓ステージイベント
8_20130509203546.jpg
休日にはステ-ジイベントが行われたり、

↓遊戯施設特設中
9_20130509203545.jpg
ある日には、スケ-ト場になってたりと、お客さんを呼ぶため、
色々なイベントが特設されます。駅からまっすぐやってくると
人目を引く場所にこういう場所がドン、とあるのがいいですね。

↓ゆるキャラ大集合
7_20130502225813.jpg
以前お伝えした、J:COM(ケーブルテレビ)の
ゆるキャラ大集合の中継イベントも、
実はココでやってました。

↓ボーノウォーク
10_20130509203545.jpg
施設のど真ん中を通るコンコース、
駅から直通で施設を通り抜け、
反対側の商店街や住宅地へ
抜けられる自由通路。

↓サウスモール&ノースモール
11_20130509203545.jpg
南側が市の施設と外食店舗を集めた施設と、
上層階がマンションになっているサウスモール。
北側が大型の商業施設で交際されるノ-スモール。

↓ノースモールへ
12_20130509203544.jpg
まずはノースモールへ行ってみます。
行きました、いきましたが、実は。

↓撮影禁止!
13_20130509213334.jpg
ああ、やっぱり。
そうだと思った。
商業施設だもん。

どうする、bonoの記事は続くのか?

↓そんなこんなで、以下次回。 一応、続く模様です。(^^;)

bono 相模大野 ②

↓bono 案内板

小田急線・相模大野駅前から
ペレストリアンデッキで直通、
3月に開業した複合商業施設
bono相模大野のお話です。

↓店内撮影禁止
2_20130510230123.jpg
いきなり店内撮影禁止という
当然のお約束にたじろぎつつも
撮影できそうな場所を探索します。

↓ノースモール最上階
3_20130510224241.jpg
撮影が禁止なのは、店舗の販売状況や
商品価格の状況などが外部に漏洩する事で
販売のチャンスロスに繋がる懸念があるため、
という事で、物の値段が無い場所なら問題無い。
そんな感じで、最上階の庭園へ。(←ビビってます)

↓屋上庭園
5_20130510224241.jpg
屋上庭園に到着しましたが、
春先のためか、ちょっとだけ
緑が少ない感じになってます。

↓サウスタワー
6_20130510224240.jpg
サウスモールの上階を占める高層住宅、
サウスタワーがドンと聳える風景です。
屋上ですが眺めはさほどよくありません。

↓ノースモール、屋上案内板
4_20130510224241.jpg
それというのもココ、実は中庭になっていて、
周囲を外食店舗が囲んでいるからなんですね。
色々なお店がありますが個人的に嬉しいのは、

↓梅蘭
7_20130510224240.jpg
梅蘭発見!コレで
大好物の梅蘭焼きそばが
近くで食べられるようになった!
僕ん家から一番近くの梅蘭はココです。(笑)

↓店内のソファー
8_20130510224240.jpg
店内にはすわり心地のいいソファーもあったりして、
居心地いい場所もたくさんある感じですよん。

↓ボーノウォーク
10_20130510224005.jpg
駅から直結のデッキで繋がる
自由通路、ボーノウォーク。
この上に架かる空中通路が、

↓緑の通路
9_20130510224005.jpg
天井が緑の葉っぱ柄。コレが
ちょっと気持ちいい工夫ですよね。
清々しくなるでしょ?(←ならない?)

↓日陰
11_20130510224004.jpg
夏は日よけにいいかも知れません。
でも、真冬の夕方はどうなんだろう。
すぐに暗くなったりしちゃうかもです。

↓上から覗く
12_20130510224004.jpg
上階から覗くと下層の1階の通路まで
ぶち抜きで覗ける明り取りがあって、
その気で見ると、かなりの開放感。
思っていたよりだだっ広いです。

↓西側
13_20130510224003.jpg
通路の西の外れにはエスカレターとエレベーターも完備されて、
そのまま、再開発前からココにある大野銀座へ直通します。

大野銀座の事はコチラの記事でチェック ⇒ 相模大野でぶらぶら

↓大野銀座から見るbono
14_20130510224003.jpg
大野銀座は近隣の大学への通学路になってたりする
けっこうにぎやかな商店街でもあったりしますが、
bonoといっしょに発展できるでしょうか?
bono開業までの数年、客足そのものが
迂回を強いられていた経緯もあるので、
一緒に盛り上がれるとイイですね。

↓次回もまた、bonoのお話が続きますです。

bono 相模大野 ③

↓天井の明かり取り

小田急線・相模大野駅直結の
3月開業の新しい複合商業施設、
bono相模大野を散策中のお話。
空中通路下、1階の明かり取りから
上を見上げている所から始たりします。

↓ LIFE相模大野駅前店
2_20130512074922.jpg
ノースモール一番の目玉であり
核でもある集客店舗がコチラの
スーパー“LIFE”の大型店。
ちょっと覗いただけでしたけど
品揃えが、もうハンパ無いです。
営業時間も朝早い9:30から
終電終了後の午前1:00まで。
ご帰宅時間を完全フォローして
買い物が何でも揃うワンフロア、
これはかなり魅力的ですよねえ。

↓ Wetzel's Plezels(ウェッツェルプレッツェル)
3_20130512074921.jpg
初めて見たプレッツェル専門店があありました。
プレッツェルはドイツ発祥のスナックパンですが、
このお店はなんとアメリカ生まれの専門店チェーン。
西海岸ロサンゼルスを中心に全米300店舗を展開し
日本でも全国展開を果たしている専門店なんだそうです。
いままで近所に無かったお店なので全く存知ませんでした。

↓メニュー
4_20130512074602.jpg
アメリカでプレッツェルというと
小さいカリカリのスナック菓子の、
日本でも良く見かけるのが主流で
ふわふわパンの本格的なドイツ式
プレッツッェルは知られていない
という様な話を前に聞いてたので、
パン式のプレッツェルの販売店が
アメリカ発だというのにビックリ。

↓本格的です
5_20130512074601.jpg
わかりづらいんですが、コノお店
生地を練って成形、焼成までを
店舗で行っている本格派です。

↓買いに行く
6_20130512074601.jpg
ソレを見ちゃったらもう
コレは食べてみなくっちゃ。

↓オリジナルプレッツェル
7_20130512074600.jpg
1個220円、具の入った
惣菜パンなんかに比べちゃうと
ちょっとお高めのスナックパンで、
ドイツパンという訳でもないんですが
このモチッと感と程よい塩味がいい感じ。

↓ウェッツェルドッグ
8_20130512074600.jpg
そのプレッツェル生地で
粗挽きソーセージを巻いて
焼き上げたスナックパンです。
モノ凄く美味しそうだったので。

↓断面ショウ
9_20130512074559.jpg
うわあ、ジューシー
これ、美味しかった。

bono相模大野は美味しいお店が多い。
次回もそんなお話でお送りします。

↓次回もbono相模大野のお話。

bono 相模大野 ④

↓曲がってる

ぐにゃんと曲がってる
ちょっと面白いベンチ。

↓青い立体グラフ
2_20130512212645.jpg
エクセルで作れそうな
青い棒グラフみたいな、

↓互い違いの
3_20130512212645.jpg
ベンチなのかテーブルなのかよくわからない、
落ち着いて座れなさそうなベンチがあったり。

そいういうベンチが並んでいる一角からは、

↓小田急・江ノ島線
4_20130512212645.jpg
小田急の江ノ島線が
南方向から、ぐるっと
回り込んでくる線路際が
バッチリ眺められるんです。

そんなロケーションにあるのが、
小田急線相模大野駅から直結している
複合商業施設“bono相模大野”です。

↓サウスモール
5_20130512212644.jpg
で、今回は、bonoの南側にある
サウスモールの中のココのお話です。

↓ボーノ横丁
6_20130512212644.jpg
ボーノ相模大野のサウスモール2階に、飲食店を中心に
40店舗以上ものショップを集めてある飲食店モール。
ボーノ横丁です、ココにも個人的に「ツボ」なお店が。

↓ こころ
7_20130512212643.jpg
コノお店がツボ。個人的には
センター前級のヒットでした。

↓富士宮焼きそば店の老舗
8_20130512212559.jpg
かつて富士宮焼きそばの本場、
本場中の本場の静岡県富士宮市で
繁盛し、富士宮焼きそばが全国区で
ブレイクするキッカケの一つにもなった
といわれつつ一度閉店した名店というのが
この「こころ」なのだそうで、その名店の味が
外の資本の手により復活を果たし東京を中心に
店舗展開を開始。新期展開の第3店目というのが、
このbono相模大野の店舗なのだというお話です。

↓しずおかだ。
9_20130512212558.jpg
静岡といえばおでん。元は静岡市と旧清水市の
地場食文化だった静岡おでん(しぞーかおでん)は
色々な所で大ブレイクして以来、本来根付いていない
伊豆とか浜松などの観光地でも「静岡名物のおでん」として
提供され始めているんだとか。これもそういう展開なのかな?(笑)
残念な事に、ついコノ間おでんでくいだおれたばかりなので今回はパス。

↓ホルモン焼きそば
10_20130512212558.jpg
具には、お約束の肉カスとキャベツが基本、そして
コレにはたっぷりのホルモン炒めが入ってます。
それにたっぷりの紅しょうがとスープ付き。

↓初代B-1チャンピオンの実力
11_20130512212557.jpg
コノたっぷりと炒まったソースの味と
油カスのこってり味と甘めのキャベツ。
コレこそが、コノ焼きそばを、かつて
初代B-1グランプリチャンピオンに
のし上げた実力、なのでございますよ。
たかが焼きそば、でも美味いんです。

↓ホルモンがデカい
12_20130512212557.jpg
具のホルモンがいちいちデカい
この具も嬉しいホルモン焼きそば。
最寄駅から電車に乗って20分程で
本格派の富士宮焼きそばが食べられる
そんなお店が「ツボ」でした。ナイスです。

↓次回も、bonoで食べ歩きネタ、になると思います。

bono 相模大野 ⑤

↓日暮れ間近

ぶらぶらしているうちに、だんだん
日暮れ時になってきたって訳でなく、
別の日の夕方にやって来た相模大野。
夕方というと、やっぱりアレですよ。
飲み屋が開店しはじめる時間ですよ。

↓ボーノ横丁
2_20130513193650.jpg
ちょっと軽くお酒など飲みたい時に
なかなか迷うようなお店が多いのも
ボーノの店舗のチョイスのなせる業。

↓mr. Kanso
3_20130513193649.jpg
気になったのはコレ。 mr.Kanso
大阪・心斎橋に本店を置く、缶詰を肴に酒を飲ませる
趣向の変わった缶詰バー。神奈川県初出店の店舗がココ。

↓興味津々
4_20130513193649.jpg
日本中から集めた缶詰をお酒に合った形に
ちょこっとアレンジしてお客さんに提供する
というスタイルの近頃話題のちょい飲みバー。
これ、行きかったんですが、コノすぐそばには、

↓魚料理・魚さだ
5_20130513193512.jpg
なんか、魚料理がとてつもなく美味しそうな
居酒屋が目の前にどかんとありました。
煮魚で日本酒とか、すごく良さ気。
ちなみに魚さださんは、元々が
コノ場所に店舗があったものが
ボーノに移転したんだとか。

↓ここで迷った
6_20130513193512.jpg
今話題の缶詰バーなんだけど、
そのなじみの無さからお客さんが
入ってなかったmr.Knsoと
常連さんオンリー的な空気満載で
ぎっしり込み合ってる魚さださん。

どっちも経験したいけど、
どっちもポンと入るのが
躊躇われ、ココはスルー。
また今度行ってみる事に。

さあて、他には何があるのかな?

↓いい感じで夕方
7_20130513193512.jpg
ボーノ横丁を離れて移動してます。
駅前のだんだんといい感じで
夕方になり始めてました。

↓ HUB
8_20130513193511.jpg
サウスモール1階の駅側に
コレがあるのを思い出しました。
軽く飲むにはちょうどいいのがココ。
ブリティッシュパブ、HUBbarです。

↓ブリティシュ&アイリッシュなパブ
9_20130513193511.jpg
大きな駅ではおなじみのHUBなんですが、
いままで近所になかったので寄ってみたくて。(^^)

ハブエール 1パイント
10_20130513193511.jpg
HUBイチオシのエールビール
ちょっとだけお高めではあるものの、
ビールには、酒場の雰囲気が大切です。
雰囲気に酔えるのが、HUBのいいところ。
毎日通うには、ちょっとばかし遠いのですが、
通っちゃいたい雰囲気があるのもいい感じです。

こういう風な、本格派ではなくても英国風パブ、
という雰囲気には、アーサー=C・クラークの
短編集「白鹿亭綺譚」を思い出してしまいます。
(↑・・・っつうか、誰か知ってる人いるのか?コレ)

↓パブにはやっぱり。
11_20130513193357.jpg
英国風パブといえば、
アテはやっぱりコレ、
なのですよ。当然です。

ish&hips
12_20130513193357.jpg
白身魚の唐揚げとポテトフライを付け合せた
英国の酒場では、当然のように供される
不動の人気を誇っている、かどうかは
ちょっと分りませんが、僕は大好き
フィッシュアンドチップスです。

いやあ、もう、個人的には
常に大好物の上位にランクに
居座っているビールのお供です。

↓フィッシュ!
13_20130513193357.jpg
近頃は家の近所で食べられる場所が
なくなっちゃっていたものですから
こんなに近くで本格派が食べられる、
というのが本当にツボになりました。

↓チップス!
14_20130513193356.jpg
熱々揚げたてのフィッシュフライと
厚切りで食べ応えのあるポテトが、
ぐいぐいとビールを進ませます。
いやあ、これはほんとマジに
通っちゃいそうな勢いだ。

HUBがおなじみの大都市が生活圏の方にすれば
いったい何を浮かれてんだコイツ?みたいな話ですが、
割とどこにでもあるHUBでも、程よくベッドタウンな
相模大野なんて場所にあるうえ、個人的には電車一本で
スパッと行けるのが、ツボなんです。お許しくださいな。

↓夕焼け
15_20130513193356.jpg
店を出たら、ちょうど夕焼け。
いい感じに日が沈Nでいく
早い時間で飲み終わり。

bono相模大野
16_20130513193356.jpg
最後は、なぜかパブで浮かれてるだけの変なテンションで
終わってしまいましたが、もちろんbono相模大野は
それだけの場所などではありません、ご注意下さいね。

思い入れを持てるかどうかは人によりますが、行ってみれば、
面白さが少し位は、わかるかもしれないぞ、などと思います。

滅多に行かないかもしれない相模原市の、
よく通過はするけど下りる事の無い駅、
かもしれない小田急線の相模大野駅で、
レッツ途中下車。そしてbonoへ。

↓ぜひ一度くらいは、bono相模大野へ、行ってみましょ?

お休みです。

本日はお休みです。
申し訳ありません。
更新はまた明日。

更新できるかどうかが
割と怪しいんですけど。

↓明日は多分大丈夫、のはず。

ひとやま越えた日

実は、昨日、足掛け一年がかりの
大きな挑戦がなんとか終わました。
ひとやま越えたという感慨もあり、
気が緩み、更新が雑になりました。

↓祝杯

会社の健康診断が終わりました。
(↑・・・それだけかよ?)(^^;)

健康診断は、以前の数年、毎年毎年の事として、
中性脂肪が高いだの生活習慣病の恐れがあるだの
なんだかんだと警告を受けて、強制を伴う報告義務付きの
非常にわずらわしい栄養指導を受けさせられ続けたという
うんざりする毎日を送った屈辱から、昨年は一念発起の末、
マイナス10㎏の減量に成功し指導を回避。その自由を
今年も死守せねば再びブルーな毎日に引きズリ戻される。
その為に、今年も一年かけて食生活に必死の改善を続け、
昨年の検診後のリバウンド分も含めマイナス7kgを減量。

最後の数週間は酒も断ち、代りに1日2Lのインスタントコーヒーを飲み
湧き出る食欲を強引にねじ伏せ。主食は蕎麦ところてんで乗り切りました。
…はい、わかってますよ、その場しのぎの減量です。継続は難しい減量です。
普通の生活では絶対にしない事なので、そのストレスは昨年以上に強大でした。
毎日気分がササクレ立って、生活そのものが「無意味」に感じる程の重圧でした。
はっきり言って心労直前。でもソレも昨日で一旦オシマイ。重荷が下りた気分です。

普通に送る食生活そのものを、毎週のように批判される続ける
無味乾燥な栄養指導という名の軽い人権蹂躙の様な拷問を
絶対に回避する、そのための為の戦いは終わりました。
前回よりも体重減ったし、脂肪分も激減させたので
ほぼ回避は確実です、ははははザマぁ見ろ!
(↑まだ書く文章がすさんでる。恐いねえ)

もっと健康について考える様になれば、
コノ減量も受け入れられるんですけど、
食べる事が大好きなコノ身としては、
まだちょっとコノ強引な減量作業に
頼らざるを得ません。悪循環ですが。

そんな検診後の仕事上がりの帰宅後、
最寄駅から電車に乗って相模大野の
HUBbarへ直行し祝杯でございます。

ギネス1パイントと
フィッシュアンドチップス。
ああもう、コレぞ至福のひと時。

↓ペッパーランチでステーキ
2_20130515201214.jpg
翌日も仕事だったので、
とっとと食事を済ませたい、
でも、ボリュ-ムのあるものが
出来ればがっつり「肉」が食べたい!
という訳で、さっと祝杯してきた帰り道に、
ビナウォークのペッパーランチでカットステーキ!
コレで1030円。ペッパーランチは、猛烈に安いね。

食べ物の話題がココ数週間の間にもいくつか登場してましたが、
ソレらは全て休日にだけべたもの、平日は毎日そばとところてんで
空腹に喘ぎがら生活してたたので、食べ物の話題で記事を書くのは
自分の撮った写真を見ながら悶絶する自虐的でひもじい時間でした。

↓立ち呑みでマグロカツ
3_20130515201213.jpg
食事はしたけど、まだ飲み足りず、
帰り道の海老名駅の鮪市場で久々のマグロカツ。
生ビールを引っ掛けてようやく落ち着く…、訳が無い。
数週間に渡る減食と酒断ちで飢えた腹はこんなんでは満たされん!
と、思っていたのですが、減量ってのは、やってみるもんですねえ。
段々腹が膨れてきました。知らぬ間に胃が小さくなったてきたんでしょうか?

そんな具合で帰ってきて更に、久々に家飲みしちゃって、
異様なスピ-ドで酔いが回った頭で、更新を考えながら
写真の準備をし終わった所で、パソコンの前でダウン。

雑なお詫びを書き込むのが精一杯で
昨日は終わってしまいました。


昨年は、これだけこまごまとした減量の話は
書かなかったんですが今年は自分でやってた事に
自分でダメージを受けていたのを再認識しちゃいました。
次回はもっとちゃんと計画を立てて栄養摂取を絞らなければ。(←無理!)

それはさておき今週は、
何を犠牲にしても暴飲暴食。
それは決定事項でございます。
減量なんてク〇食らえですわよ。 (^^)b

↓ついででナンですが、ネタも切れました。明日からどうしよう。(汗)

海老名のキンシオ

ネタ切れです。ネタ切れなので
録画したテレビ番組を見ていたら、
4月のOAで、キンシオが海老名を
歩いた回があったのを思い出したので
わざわざひと月前の番組を見直しました。

それ以前に、キンシオ、ご存知でしょうか?

tvk(テレビ神奈川) ⇒ キンシオ

tvk製作の超ローカルな番組の方は、まあご存知でなくても、
キンシオ(キン・シオタニ イラストレーター・文章書き)
のイラストはNHK(Eテレ)などでも採用もされていたり
近頃は目にする機会も増え、知名度も上がってきてるので
ご存知の方も少なくはないはず、というか確実に多いはず。

詳しくは ⇒ キン・シオタニ

そのキンシオが海老名を歩いた回、
そりゃあもう海老名市の光景が
ドカドカ出てました。
(↑当たり前)

今回は「生き物の名前の地名の旅」。
その前の回で、東京・亀戸を散策中に
定食屋のものらしき海老天の乗った巨大な
丼モノのディスプレーを横目に見て歩きながら
次は海老名行こうよ、と割と適当に決まっちゃった
目的地が海老名市だった、ひと月前のOAのお話です。

↓海老名駅北側
2_20130516233929.jpg
コノあたりでキンシオが例えた海老名の印象。

あっち(西方向)は丹沢の山々、山岳地帯。
目の前には田園地帯(農地)。
向こうは商業地帯(海老名市街中心部)。
振り返ると。工業地帯(リコ-と日立)。
すげえ、全部あるじゃん。

ううん、その目線、面白いよな~。

↓ビナ川

ビナウォークのこの小さな人口の流れに沿って
数々の川の源流の形成の例えや橋の物語を
得意気に乗せていった下りがもうえらく
バカバカしくって面白くって。

↓志の吉、土地こばなし
3_20130516231639.jpg
よしわかった、隠居ぺでぃあがおせ~てやろう。(笑)

志の吉くんの土地こばなし、海老名のネタはなんと、
我が最寄駅、海老名市にある厚木駅のお話でした。
「駅の名前に「エビ固め」って・・・」。
「パンツスタイル!だからソコは厚着じゃな~い」。
(↑このあたりはもう放っぽっといて下さい)

キンシオはビナウォークから海老名国分寺跡、
そしてかしわ台駅へ向かい、いつものように
喫茶店でナポリタン食ってゴールです。
4月15日(月)のOAでした。

地元がテレビで楽しげに紹介されてる場面は
やっぱりちょっと気分がいいもんですよね。

キンシオは昨年から、
かつての関東独立U局5局による
製作共同化事業(5いっしょ3ちゃんねる)の
恩恵を受けている為、二年前まであたりまえだった
神奈川県内歩き旅から、関東一円をぶらぶら旅する番組へ
ちょっとだけ豪華な改変に至ったため、滅多に近所を通る事が
なくなっちゃって、ちょっとだけ寂しい感じもしちゃっています。

キンシオ様、もっと近所(神奈川県)をたくさん歩いておくれよ~。

↓「あっぱれ」は、一年に1回は近所に来るんだよ。(^^)

お休みです。

本日休業。

疲れが出てるのかもしれません。
睡眠が不安定で、
夜、変な時間に目が覚めたり
日中が眠かったり

まだ何かリハビリが必要なのかも。
食いが足りない?         (笑)

↓今週は、ちょっと休みがち。

なんでんかんでん・海老名店

ラーメン屋の美味いまずいは個人差があるので、
味は食べた方の判断にお任せするとして。
海老名にあるラーメン屋のお話です。

なんでんかんでん

なんでんかんでんの名前をご存知方は
ものすごく多いはずです。なにせコノお店
環七(東京都内の環状七号線)をラーメンの
激戦区に押し上げた立役者の一軒であるうえに、
豚骨ラーメンブームの火付け役でもあったお店です。
(↑正確ではありませんが、そういう話は聞きました)

社長、目立ってる。
2_20130518202429.jpg
なんでんかんでんといえば、この社長さんがもう名物のひとつ

確か、元々が芸人の経歴があって、
タレント活動みたいな事もしてました。
マネーの虎」(テレビ番組)で審査員として
プレゼンに対し、お金を支払う側の立場で出演し
その名を売っていた有名な社長さんでもありました。

近年は、「あの人は今」的な番組で見かけたり、
世田谷は環七沿いの本店を閉店する事になったり
と、景気のいい話題をあまり聞かなかったんですが、
その、なんでんかんでんの支店が海老名にあります。

↓大店の中でも、社長、目立ってる。
3_20130518202429.jpg
お店が開店したのは、確か昨年の事。
ずーっと行ってみたかったんですが、
行きやすい場所にばかり行っていて
店がどこにあるのかを探さず仕舞い。
場所を見つけたのもつい最近でした。

それにしても、社長さんは、
相変わらず目立ってる。

↓豚骨ラーメン
5_20130518202428.jpg
スタンダードなメニューがこれ、
九州豚骨ラーメン(味玉別注)
なんでんかんでん独自のコレ、
プリント海苔の斬新なアイデア。
一時は特許も取ってたんですって。

↓細麺
6_20130518202428.jpg
骨の髄まで博多たい!と売る
九州豚骨ラーメンの王道の細麺。
コレがまた、かなり美味しいです。
ココで食べるのは初めてだったので
それもまた新鮮で面白かったんですよ。

↓薬味類
4_20130518202428.jpg
豚骨は、味が繊細な割りに
飽きが来るのもはやいもの。
味に関しては薬味の種類が
多いので、工夫ができます。

↓・・・気になる
7_20130518202327.jpg
海老名店は、直営店ではなく
フランチャイズなんだそうで、
本店とは違うメニュー?なのか
九州豚骨には無い太麺の付け麺が、
しかも数量限定、…コレ、気になる。

↓全粒粉
8_20130518202326.jpg
クセが強いけど栄養価も高くて美味しいのが全粒粉、
日本そばの場合の、いわゆる挽きぐるみというものです。
小麦粉とはいえ難しい材料で麺を作ってる姿勢がいいですね。

↓つけ麺
9_20130518202326.jpg
というわけで、別の日に付け麺を食べに
ふたたびなんでんかんでんへ行きました。

↓ぶっと麺
10_20130518202326.jpg
うどんみたいに太い仕上げの麺に
中華麺のしっかりした歯応え。
九州ラーメンでは無いけど
これは美味しかった。

↓完食
11_20130518202326.jpg
出来れば、スープ割が欲しかったけど
置いてあるかどうかを聞きそびれて
スープを飲みきっちゃいました。
今度行く時はちゃんと聞こう。

↓社長と2ショット!
12_20130518202325.jpg
なんでんかんでん海老名店は、ココに顔出して記念撮影する程の
コアなラーメン通が重ねて通ったりする様な名店として、
再びその名が輝きだしたりするのでしょうか?
してくれるとスゴく面白いんですけど。

↓なんでんかんでんは、海老名で営業中。ぜひ一度どうぞ。

東京ミートレアでくいだおれ ①

↓スゴいモノがあった。

事の発端は、何かのついでで出かけた
相模線の終点、橋本駅で見かけた
この広告でございました。

東京ミートレア?最初は何の施設の広告か
さっぱり判らなかったんですが、これが、
時流に逆らう食のテーマパークを掲げる
とある大型フードコートの広告でした。

↓ 肉 命
4_20130519221258.jpg
何がすごいのかって、そりゃああんた。
いまどきの健康志向や、ダイエット傾向や
低カロリー食ブームの時流に真っ向背を向け、
「高カロリーこそ食の幸せ」的な嗜好を打ち出す
お肉料理のテーマパーク

↓なんて挑発的なんだろう。
2_20130519221258.jpg
駅で見かけた広告がコチラ。開催期間は
終わってしまいましたが、お肉の料理で
必ず満腹になれる、満腹メニューフェア
なんていうのも、やってたりしました。

↓肉でしょ!
3_20130519221258.jpg
何食べるの?肉でしょ! (←流行りものパクってる)

そう、ずっと肉料理で満腹になる事を夢見てました。
厳しい(けど割と無駄な)ダイエットが終わった後、
満腹になる事を許された暁には、必ずココへ出かけ
絶対に肉料理でくいだおれたるねん!と思い続けて
ひたすら耐えた末に、漸く訪れる事が出来た場所が、
この「東京ミートレア」。個人的にワクワク止まらんです。

↓京王線・南大沢駅
5_20130519221257.jpg
ワタクシの場合は、
JR相模線で橋本へ行き
京王線に乗り換えて3つ先。
京王線、南大沢駅が最寄駅です。
京王線なら新宿からも来られます。
ただ、都心からわざわざ南大沢まで
って、なんだか、その、あんまり・・・。

↓南大沢駅改札
6_20130519221210.jpg
東京ミートレアは駅のすぐそば。
どれだけ駅から近いのかというと
改札前の通路に立って振り返れば、

↓すぐ目の前
7_20130519221209.jpg
目の前に建つ建物が
フレンテ南大沢。

↓フレンテ南大沢
8_20130519221209.jpg
振り返ってまっすぐ進めば
すぐそこが施設の入口です。

↓広告デカっ!
9_20130519221209.jpg
他のテナントが足元にも及ばないほど
巨大な案内が掲げられたエントランス。
入口からまっすぐ5階へと向かいます。
駅からの足取りが、もう軽いのなんの、
思わずダッシュしそうになりました。(笑)


↓パンフレット
10_20130519221208.jpg
あらためてご紹介、“東京ミートレア”
コピ-にも掲げられた通り肉料理のテーマパーク。

東京で行列が出来る名店や
各地で人気を博す有名店の
肉料理ばかりを集めた
フードコート型テーマパークです。

お肉のワンダーランド
11_20130519221208.jpg
フードコート自体はどんな場所にも、
どんな規模のものでもあるモノなんですが、
徹底的に肉料理だけに特化したこういう形は
ほぼ皆無と言っていいでしょう。だからこそ
ココへの期待は、もう半端じゃありませんぜ。
(↑過度な期待は、ガッカリの元なんですが)

さあいざ行かん! 
肉料理のワンダ-ランドへ!!
ってぇところで、以下次回!!!

↓って、オイっ!、は~? 肉料理は~??

東京ミートレアでくいだおれ ②

↓ フレンテ南大沢 

京王線・南大沢駅前の
京王の電鉄系複合商業施設
フレンテ南大沢のい中にある、

↓ 東京ミートレア
1_20130520111140.jpg
東京ミートレアへ出かけたお話。

東京ミートレア、そこの何がすごいのか
って言うのは、前回も触れたのですが、

↓お肉のワンダーランド
2_20130520111140.jpg
世間の風潮は、ダイエットに傾き
高カロリ-は敵である、みたいな
現在のトレンドに完全に背を向け
肉料理を食べる幸せを全面推し。

↓店舗案内
3_20130520111139.jpg
東京各地や、地方の肉料理の名店を
一箇所に集めたフードコート式の
テーマパークが東京ミートレア。
長い事待ってから出かけた
肉料理のワンダーランド、
コレはもう肉ですよ。
さあ、肉食います。

↓ GOLD RU$H
4_20130520111032.jpg
まずはココ。東京・渋谷に本店を置く
アメリカ西部流グリルハンバーグのお店。

↓ゴールドラッシュ
5_20130520111032.jpg
数々のテレビ番組でも取り上げられてきた
東京以外の方でも、その名を知る人は数多い
GOLD RU$H(ゴ-ルドラッシュ)です。

↓ダブルハンバーグランチ
6_20130520111032.jpg
細かい話はもうイイや!肉ですよ、肉!!
お店の売り、つなぎ無し100%ビーフハンバーグと
これまたお店のイチオシ、とろとろのチ-ズが乗る
チ-ズハンバーグが同時に味わえるお徳メニュー。

↓肉塊を刻んで口へ
7_20130520111032.jpg
うおお。これこれ、これですよ。
肉汁がじゅわ~っとあふれ出る
ステキな肉の塊、ハンバーグ。
ああ美味い。スゴく美味い。

↓チーズとろとろ
8_20130520111031.jpg
とろとろのチーズがもう堪りません。
なんかもう、夢中で食べておりました。

↓完食
10_20130520111030.jpg
気がつけばココの
ハンバ-グの写真が
異様に少なかった程です。

さあ、ウォーミングアップ完了
次に行きますから、ついて来て!

いや、そんなウォ-ミングアップどころか
かなりのボリューム、次が入るのかどうか
ソレすらもわからない見切り発車ですけど、
迷わず食えよ!食えばう美味いさ!!(笑)

↓肉たべるのが久しぶりなので、まだまだ行けます!

東京ミートレアでくいだおれ ③

肉命

東京都の西の方にある、八王子市の南の端っこ、
南大沢にある、時流に逆らう外食のフードコート、
肉料理のテーマパーク、東京ミートレアのお話。

ミートレアでくいだおれ第一弾は、
超が付いちゃう程大ボリュームな
ダブルハンバーグランチでしたが、
第二弾はコチラです、次もスゴい!

↓ にひゃくてん
1_20130521141841.jpg
ホルモン・焼き肉、にひゃくてん。
ホルモンや焼き肉との外食形態店を
複数経営する“Passion Inside”の出店

↓焼き肉ロースター
2_20130521141001.jpg
ココは、なんと、時間無制限のホルモン食べ放題など
コストパフォーマンスに優れ、栄養価がもうハンパ無い
うれしいメニューがお得な価格でラインナップされてる
ホルモン焼き屋のお店です。そう、次は真昼間から焼き肉。

↓ホルモン5種、焼き肉ランチ
3_20130521141001.jpg
お肉じゃなくてホルモン焼きのランチセット。
ランチセットは、ホルモン3種800円代から
種類を増やしていく価格設定があったりしますが
クラスアップしても価格はさほど跳ね上がらないし
どの定食でも白いごはんとスープはおかわり自由です。

↓焼いてる(^ч^)
4_20130521141000.jpg
ええと、自分の見た感じだけで言うと、
セットの中味5種は、シマチョウ、シロ、
レバー、ハラミ(切れ端)、鶏皮、でした。
鶏皮の割合が高くて獣肉の内臓料理の感が
多少足りないけど。このお値段の割には
脂の乗ったホルモンの割合、量は高めです。

↓ジュウジュウいってるよぉん(≧ヮ≦)
5_20130521141000.jpg
もう久々、旨味脂味たっぷりのホルモン焼き。
良質な脂とタレの旨味が混じった焼きあがりが
白いごはんに乗った日にゃあ、ソレはいくらでも
口に中へ掻き込めるほど、食欲を刺激してきますよ。

↓完食!
6_20130521141000.jpg
ホルモン焼き、美味かった~!
ホルモンのもみタレも4種から選べ、
ランクを上げてもさほど高くならず、
さらに真昼間から食べ放題メニューも
設定されてる「にひゃくてん」いいですね。

本当は倒れるほどご飯をおかわりして
ココで終わりにしたかったんですけど、
まだ先があるのがミ-トレアの恐い所

まだまだ行きます。次はココ。

↓ BBQ Kichen
7_20130521140959.jpg
東京都・多摩川から出店でバーベキュー。
なんかコレ、ちゃんとしたお店なのか?
疑心暗鬼を抱いたものの、京王線で
多摩川駅には、確かにありました。
アウトドアバーベキュー専門の
京王アンジェBBQビレッジ
恐らくその筋からの出店と思われる

↓メニューは肉
8_20130521140905.jpg
BBQキッチン。そう、
肉といえばステーキ、という
お肉の大ファンにとってはもう
コレ以上無いほど有難いお店です。

↓三角カルビカットステーキ
9_20130521140904.jpg
肩バラ肉、チャックリブのカット肉のステーキ。
牛肩肉は脂が少な目でですがよく動く部位の肉で
柔らかくて食べやすく、旨味が多いのが特徴ですが。
肉としては分取りが悪くて、外部に多くは出回らない
希少な部位でもあるそうです。そんな希少な部位の肉が
お求め易いお値段で提供されてます。コレは食べなくちゃ。

↓焼付け
10_20130521140904.jpg
名前がわからないんですが、近頃は
よく見かけるようになってきたコノ
鉄板上の、焼き具合調整用の黒い石。
これで肉をジュウジュウ焼き付けて、

↓ 肉だ!
11_20130521140904.jpg
肉汁があふれ出す肉を口へ運びます。なんというか、
三つ目のお店にはいって漸く肉らしい肉が出ました。
肉の切り身をジュワッと焼いて、熱々にかぶりつく。
これぞ肉らしい肉の食い方。しかも頂いてるお肉は
割と希少部位。贅沢なのにお安い。コレがスゴイ所。

↓付け合せのトマト
12_20130521140904.jpg
焼けた鉄板の上に最後まで置いといて、
熱が加わり焦げ目が付いたプチトマトが、
スゴく甘くなって、美味しくなってました。

↓完食!!
13_20130521140903.jpg
またしても、付けあわえ、ご飯やスープを含め全て完食、
コノ日ココまでの間で、3人前のランチを完食してます。
大丈夫なのか?などと、自分で不安になったりしつつも、
東京ミートレアでくいだおれのお話は、次回へ続きます。

↓やっぱり肉です。肉食は幸せです。

東京ミートレアでくいだおれ ④

↓ミュージアム
1_20130522220534.jpg
海老名でも厚木でも神奈川県でもない
東京都・八王子市は南大沢駅前にある
時代にそむいた肉料理のテーマパーク、
“東京ミ-トレア”で食い倒れ中の話。

今回は、肉だけじゃない、テーマパークとしての
ミートレアの、ミュージアムの部分のお話です。

それが、この小さな一角にギュッと詰め込まれた
日本と世界の肉料理の薀蓄の数々を事細かに記した
“肉料理のミュージアム”と名付けられた展示です。

↓What’s“BBQ”
2_20130522220534.jpg
バーベキューとはそもそも何ぞや?
それは、スペイン語でいう“丸焼き”
を意味する“バルバッコア”というのが
英語で訛って伝えられた俗称なのだそうです。

↓世界的 vs 地域限定
3_20130522220533.jpg
ハンバーグは、蒙古軍がもたらした
生肉のタルタル、つまり、馬肉ユッケが
蒙古侵攻の際に独逸北部ハンブルクに伝わり
牛肉でのアレンジが加わり地場の銘産品になった
独逸の地場の肉料理、ハンブルグステーキなんですが、
そのハンバーグは、アメリカで欧州渡来の肉料理として
名が売れた事で、その後、アメリカの文化として定着した
ハンバーグとソレを使ったハンバーガーの文化を世界基準に
のし上げ、アメリカのファーストフード文化へと昇華させました。

対する北海道のジンギスカンというのは、あくまで北海道で
モンゴルの肉料理をイメ-ジして出来上がった地場の肉料理文化。
独特の丸型の鉄鍋で焼き上げるラムの焼き肉は、実は北海道独自のもの。

↓ホルモン
4_20130522220533.jpg
畜肉の臓物、本来は捨てる部位、俗に言う“放るもん”(捨てるもの)を
栄養価の高い畜肉の一部として食べる様になった畜肉食便化のひとつ、
人体の活性をつかさどる「ホルモン」にあやかる名を関する様になった
日本の食肉文化のひとつ。それが畜肉内臓食の文化、ホルモンです。

↓日韓食肉文化差異
5_20130522215955.jpg
日本の焼き肉は、韓国の焼き肉が手本、
といわれてはいるのですが、その基本でさえ、
韓国の食文化とは、えらい違いがあるとう事例。
日本の焼き肉は、韓国の焼き肉を手本にしている
とはいえ、日本の焼き肉には日本料理のセオリ-が
色濃く反映している事実がここで見て取れるわけです。

↓MIDE IN JAPAN
6_20130522215955.jpg
トンカツは、英国料理のコートレットを
日本流にアレンジした日本生まれの
日本の洋食。明治の東京・上野で
産声をあげた正に日本料理。
なんですって。知ってた?

↓めいどいんじゃぱん
7_20130522215954.jpg
本来肉食が根付いていなかった
日本生まれの肉料理の数々。

モツ煮は東京・上野の生まれ。
メンチカツも東京洋食が発祥です。
ちなみに関西の“ミンチ”は東京の
“メンチ”が訛ったもの、「メンチ」は
関西では「眼を飛ばす」つまり「威嚇」の意。
感じが悪いので、ミンチになったんだとか。

親子丼は、東京日本橋が発祥の洋食で、
肉じゃがは、ビーフシチューのレシピを
海軍が軍隊職に取り込もうとしたその挙句に
真似し損って誕生してしまったという、ちょっと
間抜な逸品、なんだそうです。それでも「家庭の味」
として、全国的に根付いたレシピになったというのは
ちょっと他では見られない歴史をもつ家庭料理ですよね。

↓文明開化の・・・
8_20130522215954.jpg
すき焼き&しゃぶしゃぶ。あの海原雄山曰く、
すき焼き、シャブシャブ共に、日本人が肉料理の
何たるかというのをきちんとわきまえるその以前に
出来上がった稚拙な調理方法である、という様な話が
“美味しんぼ”の初期に話題に掲載されていたんですよ、
が、そんなことは些末な事で、すき焼き、しゃぶしゃぶは
今や外食食べ放題のちょっとした主役ですから。その地位は
もう、ある種不動の人気を得ているもので、ガチで人気ですよ。

↓眺めてるだけでGOOD!
9_20130522215954.jpg
そんなのが、肉料理のテーマパークならではの
展示施設として常駐説されている訳ですよ。
こういう薀蓄の数々って、面白いでしょ?

↓悪あがき
10_20130522215953.jpg
そういう展示を眺めて
ぶらぶらしているうちに
なんかお腹に余裕が出てきた、
そんな風に感じて、次のお店へ
むかったりなんかした訳なんです。

↓ 台湾名物屋台
11_20130522215611.jpg

11-1_20130522215611.jpg
名古屋で人気を博す
李さんの台湾名物屋台、
関東発出店の店舗がコチラ。

↓ピリ辛唐揚げ&ドリンクメニュー
12_20130522215611.jpg
コレをいってみる事にしました。

↓ピリ辛から揚げ&レモン愛玉
13_20130522215610.jpg
スパイシーなから揚げと
レモン味オウギョウチー。

オウギョウチーというのは
無花果科の植物から作られる
台湾独特のゼリーの事ですね。

台湾といえばコレという
古いスイーツ感覚ですが、
これが意外とハマります。

↓甘かった
14_20130522215610.jpg
愛玉片手になら、このから揚げの
ボリュームくらいなら簡単に
胃の腑に治められるはず、
と思っていたのですが、
いやあ甘かった。

唐揚げがいちいちデカいよ
そしてメチャクチャ辛いよ!

なんとかレモン愛玉ゼリーで
唐揚げを無理やり流し込んで
コノ日の食い倒れはオシマイ。

全店制覇の夢は潰えたので、
次に来た時には、全ての店で何か食べる
という、くいだおれの夢をつないで次回へ、
と思って、コノ日はミートレアを後にしよう、
と、出口へ向かいましたが、そこでまた
衝撃的なスゴい広告を見ちゃいました。

↓1000円で飲み放題!
15_20130522215609.jpg
なんじゃこりゃあ!

1000円で飲み放題だと?

テイクアウトでの、つまみ一品購入が必要になる
という制約付きですが、最低金額を見てみたら、
最少額1380円で平日夕方の見放題です!

うああ、これ、絶対体験していきたいぞ!
なんでまだ夕方じゃないんやあ~!!!

ってところで、以下次回!

↓次回は、残りのお店と、飲み放題に挑戦のお話。だと思います。

東京ミートレアでくいだおれ ⑤

↓ 東京ミートレア

肉を食うことは幸せだ。という、
健康志向や低カロリー食ブームに
真っ向背を向けてた、高カロリ-な
「お肉料理」専門のフードテーマパーク、
“東京ミートレア”でくいだおれのお話。

前回のお話では、満腹になってしまって
泣く泣く引き上げたので、また別の日に
再度のくいだおれに挑戦した来た話です。

まずはココ。

↓ 鉄板・池田屋
2_20130523222802.jpg
東京神田にお店がある
鉄板焼き焼きそばのお店、
鉄板・池田屋の出店がコレ。
池田屋って、存知ませんでした。

↓東京風焼きそばなのに・・・
3_20130523222726.jpg
東京風鉄板焼きそば専門店、なのに、
売りはぼっかけドロソースの長田風。

ちなみに「ぼっかけ」というのは、兵庫県の
神戸市・長田地区の地場の鉄板焼き料理の
正に鉄板メニュー、甘味噌で味で煮込んだ
スジコン(牛スジとコンニャクの煮込み)
なんですけど、焼きそばや、お好み焼きや、
うどん、どんぶり飯など色々な関西グルメに
乗っかって、全てを長田風ぼっかけメニュ-に
変換しするアイテム。これがまた、慣れちゃうと
ほんとに癖になるほど美味しいんです、コレマジよ。
が、今回はソレを敢えて外し東京風メニューでいきます。

↓焼きそば、王道のトッピング
4_20130523222726.jpg
席について気になったのがまずコレです。
さすが焼きそば専門店、焼きそばにとって
王道中の王道であるトッピングが使い放題で
置いてありました。青海苔、出汁粉、唐辛子に
ボトルのマヨネーズは細口の注ぎ口でございます。

↓東京風、だと思ってる
5_20130523222725.jpg
頼んだのは、豚焼きそば、ウスターソース味。
甘味とスパイスが入るドロソースで炒めた
焼きそばが、ある程度主流を占める中、
敢えて、強いスパイスが特徴である
シャバシャバのウスターソースで
あっさりだけどスパイシーに
仕上げた焼きそばってのが
東京の家庭料理で作る
焼きそばの味だよ、
などと、個人的には
思ったりするのですが
そういうのはだんだんと
外食では味わえなくなって
久しいのです。そんな郷愁の
ウスターソ-スで豚肉たっぷりの
焼きそばです。こういうの大好きで。

↓ボケてるし~
6_20130523222725.jpg
割とどっさりと豚肉が入ってるわけなんですが、
箸でつままないと目立たないのが焼きそばの具。
なのに箸でつまんだ豚肉にピントが合ってない。
ああ、豚肉が、スゴく美味しそうだったのに~。

↓焼きそばどっさり
7_20130523222725.jpg
焼きそばどっさりに、豚肉、
キャベツ、ネギ、紅しょうが。
いやあもうなんか久々に食べた
食べ慣れた家庭味の焼きそばです。
なんか、コレだけでテンションUP。
(↑わかる人が、どれ位いるんだろうか)

とかなんとかいう郷愁に浸ってる時間は
はっきり言って無いよ。次行ってみよう。
(↑次々行かないと、すぐ満腹になるから)

↓ こよこよ
8_20130523222725.jpg
次はコチラ。「こよこよ」さん。
検索しても、他の支店の情報が
ヒットしないので、ミ-トレアの
オリジナルなんじゃないかと思われる
チキンライスの専門店。でもこのお店の
チキンライスは、実は洋食じゃないんです。

↓メニュー
9_20130523222620.jpg
このお店の売りはチキンライス。
でも、このチキンライスというのが
なかなか見かけないエスニックメニュー。

↓独特のスパイスと調味料
10_20130523222620.jpg
このチキンライスは、シンガポールの料理。
当のシンガポ-ルでは国民食とも言える程
メジャーなメニュー、なのだそうなのです。
ご覧のように調味料のラインナップも独特。
知らなかったものだったから、期待大です!

↓海南チキンライス
11_20130524003308.jpg
すごいの一言です。肉がデカい。
ボイルしたプリプリのチキンと
チキンスープで炊いたご飯に
チキンスープが付きます。
チキン三昧が嬉しいね。

↓チキン、デカっ!
12_20130523222619.jpg
鶏肉とはいえ、このボリュームです、
食べ応えは充分が過ぎるほどですよ。

海南チキンライス(海難鶏飯・ハイナンチーファン
というのは、中国海南島生まれの中華メニューで、
海外進出した華僑により、マレーシア、シンガポール
タイなどの東南アジアで、広く食べられるメニューに
のし上がったという、有名な料理なんだそうですよ。
ごめんなさい、本当に、まったく存知ませんでした。

↓チキンとライス
13_20130523222619.jpg
独特の調味料を少しづつ使用して
色々な味に変化させていくという
食べ方も何かとっても面白くって、
大盛りにもかかわらず完食でした。

いやあ、エスニックメニュ-は
全く侮れない発見がてんこ盛り。

とかいいつつ、腹が膨れる前に
次のメニューをやっつけなきゃ。

↓ 豚平
14_20130523222618.jpg
埼玉県・さいたま市にお店を置いた
帯広豚丼、カツ丼、肉ら-めんの店
らしいのですが、詳細はヒットせず。
とにかく、豚肉イチオシのお店です。

↓名物、多すぎない?
15_20130523222319.jpg
なんかもう、この一軒だけで
くいだおれできちゃいそうな
美味しそうな豚肉メニューが
てんこ盛り、本当に迷いました。
迷った結果選んだのはコレです。

↓ 豚丼
16_20130523222319.jpg
北海道は道東(十勝地方)発祥といわれ
特に畜産が盛んな「帯広」の名が冠される
事が多い「豚丼」。我が家の近所にだって
豚丼を提供してるお店はあるんですけど、
こんなモノ凄いボリュームじゃ無いぞ!

↓一切れがいちいちデカい!
17_20130523222318.jpg
めちゃめちゃスゲえ!肉がでけぇ!
(↑言葉が下品ですね、すいません)
なんか凄い食べ応えを発揮してます。
甘辛い味付けのタレがもう堪りません。

↓がふがふ食ってます
18_20130523222318.jpg
そりゃもう夢中で食ってました。
美味い!めちゃめちゃ美味いっす!
集めの肉でご飯巻いちゃったりしたら
これやあもう肉とご飯と甘辛味のタレの
最強のコラボを堪能できる最強コンボです。

↓完食!!!
19_20130523222318.jpg
ああ、大盛りだったはずなのに、
その前にランチ二人前食べてて
満腹が直前だったはず、なのに、
味噌汁まで飲み干す完食でした。

豚丼って、やっぱスゲえ!
こんなに美味しかったっけ?

ともあれ、これでほぼトドメ。
もうこれ以上食べられません。

でも、やっぱり気になるのが・・・、

↓・・・1000円で飲み放題
20_20130523222317.jpg
うう、コレが気になって気になって、
満腹になってる場合じゃないような
そんな気分になってきちゃいました。

つうか、どんだけ酒好きの上に貧乏性なんだよ?(^^;)
ってより、くいだおれた上に更に飲み倒れようとしてる?

↓次回、東京ミ-トレアで飲み倒れ?

東京ミートレアでくいだおれ ⑥

↓壁の模様が

東京都・八王子市の端っこ、南大沢にある
肉料理のテーマパーク、東京ミートレア
ひたすら肉料理をくいだおれて来た話です。

今回は、コレ。

↓1000円で飲み放題
20_20130523222317.jpg
1000円で飲み放題、
コレ、すごく魅力的だ。
そんなこんなで今回は、
肉料理のテーマパークで、
飲み放題の話でございます。

お酒を飲まれない皆様、
誠に申し訳ありません。

↓飲み放題の条件
3_20130525013204.jpg
飲み放題には、ミートレアに入る7店舗の
テイクアウトメニューからつまみ一品以上を
必ず購入するという条件がありますが、その
つまみの最安値は380円という価格ですので
実質的には、1380円からの飲み放題可能です。

↓受付&受け取りカウンター
2_20130525013204.jpg
つまみを1品購入したら受付カウンターへ
レシートを提出して1000円支払います。

↓リストバンド
5_20130525013203.jpg
受付するとこんな感じの
リストバンドをもらって
好みのお酒を注文します。

↓初弾装填(笑)
4_20130525013203.jpg
まずはビールでノド渇きを
カーっと癒して一発目の
つまみを頂くことに。

ちなみに、飲み放題は
また別の日に行ってます。
(↑結構暇人なんですなあ)

↓唐揚げ三昧
6_20130525013203.jpg
最初のおつまみは、最初に行った時に
満腹で完食するのがやっとだった
台湾名物屋台の唐揚げ3種類を
たったの一皿で堪能できる
お徳な“唐揚げ三昧”

スパイシーなスタンダード、
甘辛ソースに浸した南蛮風、
黒酢ソース味の3種類の味が
野菜の甘酢漬け(なますです)
と一緒に皿に乗って出てきます。

唐揚げにはビールです。コレがまた
ハマる程のマッチングで美味いっす。

↓ドリンクメニュー
7_20130525013116.jpg
種類数えなかった、何種類飲めるんだろう。
カクテルメニューも充実しているので、
女性客も多かったりするんですが、
この飲み放題は期間限定です。
今回は、5月末までです。

↓コラボ・スポンサー
8_20130525024353.jpg
今回は、サントリーの外食向けセールスで
販売の強化をしだした、サントリー白州
(山梨県・白州蒸留所のウイスキー)を
全面に押し出した、森薫るハイボールが
飲み放題のコラボスポンサーらしいです。
ハイボ-ルに叩いたミントの葉を散らに
爽やかなの見ごたえの一品になってます。

↓スペアリブ
9_20130525013116.jpg
ハイボールのお供に選んだつまみ2品目は
コレでもかという大ボリュームのコレ。
スペアリブのグリルでございます。

↓一切れがデカい。
10_20130525013115.jpg
ポークスペアリブのグリル。かじりついた
そのひと口がくっきり残るほどの肉厚。
スペアリブって、美味しいんだけど
肉付きが薄い場合が多いんですが、
さすがは肉料理のテーマパーク、
ハンパなものは出てきません。
購入は“BBQキッチン”。

↓ジントニック
11_20130525013115.jpg
ハイボールだけで3杯行った後、
締めに一杯味を変えてジントニック。
(↑色味では変化が全くわかりません)
居酒屋の平均で言えば、ハイボールだと
今の相場では390円から500円弱です。
3杯以上を飲めれば、充分に元が取れる計算。

飲み放題、充分に堪能させていただきました。

繰り返して申し上げますが、
この飲み放題イベントは
5月一杯で終了します。
近くへおいでの方は
お早めのご利用を。

↓わざわざ雨の日に・・・
12_20130525013114.jpg
コノ日は、わざわざ雨の日に出かけてしまいましたが、
今の時期なら、暑くも寒くも無いいい気候ですから、
帰り道も気持ちいいほろ酔いを持続して帰れます。
ちょっとした飲み会での利用にはもってこいの
飲み放題1000円、絶品の肉料理の数々と
頂いてみるというのはのはいかがですか?

そんなイベントも実施中、
ローカロリー偏重の風潮に
敢えて背を向け「お肉を食べる」
という、その至福感を全面に推す
「お肉料理」のフードテーマパーク、
東京ミートレアへ、ぜひ一度どうぞ。

↓東京ミートレアに拍手! 肉は美味い!! それは正しい!!!

早川駅から散歩する。 ①

ローテーションの為に平日が休日になった日、
午前中にちょっとした用事を片付けたあと、
早めの昼食を取ってしまったお昼時の事。
さあ困った、やる事無くなっちゃった。
そんな訳で今回は、腹ごなしの散歩、
という割にゃあ随分とまた遠くへ
行っちゃった、という話です。

↓JR東海道線・早川駅

行ってみたのはココ。小田原市にある
JRは東海道線の駅、早川駅です。

早川駅は、小田原駅の隣の駅。
県西部最大のターミナル駅であり
県下最大級の観光地でもある「箱根」の
玄関口の役割もする乗換駅の小田原駅の
たったひと駅隣なだけなのに、何と云うか
コノ寂び具合をかもし出す、風情漂う駅舎が
ものすごく味になってる早川駅。何も考えずに
行き当たりばったりで、降りた事無い駅に降りる。
それだけの為にわざわざ小田原駅でJRの乗り換え
早川駅に降り立つ事を考えたりなんぞしちゃいました。

↓早川・片浦ウォーキングトレイル
2_20130525221953.jpg
駅前には、海際を歩くハイキングの案内板が。
でも、片浦は、根府川方面、早川からは
湯河原方向へ向かって西側方向です。
残念ですが、今回は、そっちへは
行きません、目指すのは逆方向。
駅前の案内図を見て分るのは。
実はコノ駅、小田原漁港が
目と鼻の先なんですよね。

↓出発!
3_20130525221953.jpg
駅前を出発して信号を渡り
たったの2ブロック先が、

↓到着!
4_20130525221953.jpg
小田原漁港週辺、とかなんとか言う前に、
すでに小田原港に到着しちゃってます。
港が近い、どころかすぐ目の前でした。

↓小田原
5_20130525221952.jpg
漁港の端にある小さな展望台には、
色着きの小さな丸タイルで描かれた、
小田原提灯を担ぐ奴さんの画、という
小田原らしいモザイク絵柄がありました。
この手作り感、なんだかちょっといい感じ。

↓西湘バイパス
7_20130525221952.jpg
国道1号線の自動車専用バイパス道路、
西湘バイパスの高架道路が頭上を通る
早川付近の海岸線の風景、ココの画は、
走る車から見ると気持ちいいのですが、
下から見上げると、実際海際らしくなく、
頭上を延々、コンクリの橋が通るので
ちょっと圧迫感を感じてしまう程です。
ですが、確かに、県西部の沿岸にある
観光地へ行くには大変便利なのも事実。
ずっと好きでない海際の風景でしたが、
このインフラは簡単には捨てられない
重要な動脈、になってしまっています。
そりゃあもう、個人的にもありがたく
通行させて頂いている道ではあります。

↓小田原提灯型
8_20130525221951.jpg
漁港の灯台が、小田原提灯型です。
小田原の漁港らしさが出てますね。
初めて見ました。なんかカッコイイ。

そんな感じで、ほぼ何も考えずに、
JR早川駅から小田原漁港週辺を
散策する散歩の開始でございます。

↓何が出るのかわからない。そんな小田原ぶらぶら散歩の開始です。

早川駅から散歩する。 ②

する事がなくなっちゃった休日の昼下がり、
昼食後の腹ごなしの散歩に行きたくなった
ただそれだけで、40分も電車に揺られて
JR早川駅に降り立った、その後の話です。

↓西湘バイパス

頭上を通り過ぎる西湘バイパスの高架。
時々走る車の走行音が駆け抜けたりする
うららかな昼下がりですが、目の前にある
すべての風景が、コンクリートの護岸の中。
コレはコレで味のある景色ですが色味が全部
灰色系統の色というのがちょっと残念気味です。
先に見える真鶴半島と、更に先にある伊豆半島は
天気さえよければ、結構気持ちいい景色なんですが。

↓公園
2_20130526221941.jpg
高架下から見る遠くの海や山の風景が、
灰色のフレームみたいに見えちゃうなあ、
と思っている中に、ちょっとした憩いの場、
児童公園のような施設を発見、なぜに公園が?

↓施設屋上部分の公共利用
3_20130526221451.jpg
小田原漁港の西側にある、
港の駐船場(っていうの?)
小田原漁港・新港部分にある
施設の屋上部分がこんな感じで
公園になっています。惜しいのは、
もうちょっと手入が行き届いてれば
本当に憩いの場になりそうなんだけど。
(↑なんか視点が随分ネガテイブっすね)(^^;)

↓工事中
4_20130526221450.jpg
新港の先には、すでに大型の堤防に囲まれた
新しい漁港の施設と思われる港湾が建設中。
ただ、なんか、工事が滞ってる感が満点。
コノ施設、完成する予定あるのかい?

↓ハザードインフォメーション
5_20130526221450.jpg
ココ1、2年で急激に整備された
津波災害回避を目的としている
真新しいハザードマップが
海沿いに設置されてます。
この辺の海岸沿いは、
基本は砂浜なので、
離岸流対策も記入
なんか頼もしい。

↓立派なアプローチ
6_20130526221449.jpg
港側から目の前の国道をくぐった遂道が
陸側の住宅街へ登っていくためにある
凄く立派なアプローチがありました。
すっげえお金かかってる造りです。
(↑穿った見方してる気がするぞ)

↓再び小田原漁港へ
7_20130526221449.jpg
新港の先へそなまままっすぐ行くと、
西湘バイパスの終点が県道に合流する
人が歩けない場所になってしまうために
住宅街を歩いて引き返し、再び小田原漁港へ。

↓小田原漁港
8_20130526221449.jpg
小田原漁港は当然の事ですが、
相模湾で捕れた魚介類を水揚げし、
小田原名物の、かまぼこの製造業や、
おだわらおでん、小田原銘産の干物など
県西部の水産加工を支えている大漁港です。

↓以下次回!あばよ~!柳沢慎吾さんは、小田原市出身です)

早川駅から散歩する。 ③

↓小田原漁港

JR東海道線の早川駅からスタートして
のんびり散歩してる平日の昼下がりの話。
小田原漁港週辺をぶらぶら歩いています。

↓小田原漁港
1_20130527112318.jpg
地方漁港とはいえ、港の施設は、かなり広大。
掘り込まれた港の施設を歩いて回り込んで
反対側へ抜けるだけでも結構な距離です。

港の周りには仲買業者の店舗や
大型の冷蔵倉庫だとかという
漁港らしい施設もあります。

小田原漁港で水揚げされる魚介を使う
有名なフレンチのお店なんてのも
近所にあったりするんです。

そんな漁港の週辺には、こんなものも。

↓カキ小屋?
2_20130527112257.jpg
「牡蠣小屋」の看板を掲げてるなにやら立派なお店が、
でも相模湾でカキ(牡蠣)って、捕れないでしょ?  (^^;)

↓ 小田原早川漁村
3_20130527112257.jpg
お店の看板で「カキ小屋」の名に
目を惹かれてしまいましたが、
実はココ、複数の集合店舗、
漁村の食のテーマパーク、
「小田原早川漁村」です。

↓店舗案内
4_20130527112257.jpg
カキ小屋もやってる魚介網焼きバーべキューのお店から、
地場の魚介を使った海鮮丼のお店、しらす丼の専門店、
小田原干物の販売店など5店舗が軒を連ねている
結構面白そうなお店。もう、腹さえ減ってれば
迷わず海鮮網焼きで豪華ランチだったのに。   (笑)

で、その早川漁港のある角から振り返ると
底が小田原漁港の施設入口になるんですが、
そこに在った看板がまた気になるものです。

↓魚市場食堂
5_20130527112256.jpg
市場の食堂、それだけなら別に
さほど珍しいものでもありません。

↓ 魚市場食堂
6_20130527112256.jpg
が、コノ食堂、実は経営しているのが
小田原の老舗料理店「だるま」なんですね。

大正から続く老舗の料理屋が、
漁港という公共施設の外食施設に
支店を出してるっていうコノ事実が
なんかもう、凄く気になって来ました。
腹さえ減っていれば、まよわ市場食堂の
とれたて海鮮ランチだったのに。残念です。(笑)

↓・・・他にもまだある
7_20130527112256.jpg
小田原漁港週辺って、なんか凄い。
めちゃめちゃたくさんお店がある、
小田原漁港週辺って何も無いんだ
と思っていました、不勉強でした。
なんで腹を減らして来なかったの? (笑)

↓以下次回!あばよ~!(柳沢慎吾さんは漁港の関係者ではありません)

早川駅から散歩する。 ④

小田原駅のひとつ隣のJR早川駅から、
小田原漁港週辺をぶらぶらしている話。

↓魚介類のお店がたくさん

漁港の週辺は、自分で思ってた以上に
新鮮な魚介類を扱っているお店の類が
たくさん集まってます。知らなかった。

↓ ひもの屋半兵衛
2_20130528195932.jpg
手開きした魚を手作業で漬け込み、
自然に近い冷風で塩干処理をする
こだわりを持った魚介干物製造業、
「ひもの屋半兵衛」の直売店がココ。

↓試食ができます
3_20130528195932.jpg

4_20130528195931.jpg
店舗脇のスペースには、火の入った練炭コンロと
自由に焼いて食べて下さい、という具合に
ドカンと置いてある炭火焼の試食品が。
お店の前を通りかかった人がみんな、
吸い込まれる様に試食してきます。

↓じゅうじゅう焼けてる
5_20130528195851.jpg
お腹は一杯だけど試食はしたい。
だって、美味しそうなんだもん。

↓えらく肉厚
6_20130528195851.jpg
焼きたての一切れ。サバの塩麹干しです。
めちゃくちゃ美味いです。すごいぞ!
ああ、何か買って来ればよかった。
(↑試食はしたけど買わず終い)

半兵衛さんのこだわり具合は
立ったひと口で分りました。
今度行く事があったなら、
その時は、何か買おう。
行く事が、あるかな?
あるとは思う、うん。
(↑すごくあいまい)

↓ 小田原さかなセンター
7_20130528195851.jpg
その半兵衛さんの
すぐ隣にあるのがコレ。
小田原さかなセンターです。
さかなセンターという位のココ
ココの品揃えと店舗の入り具合が
なかなかハンパではございませんです。

↓海鮮網焼き
8_20130528195850.jpg
店頭に海鮮網焼きバーベキューの
テラスの店舗スペースがあったり、
その周りを海鮮加工品を売ってる
お土産屋が並んでたりしてますし、

↓海鮮販売店舗群
9_20130528195850.jpg
魚や加工品を並べている販売店舗群が
建物の中にドカドカッと入ってます。
加工品の専門店や海鮮丼のお店も
入ってます、お食事するにも
お買い物するにもいい所。

出かけるんなら、絶対に空腹時ですよね。
絶対に空腹で状態で出かけるに限ります。

なんでお腹減らして出かけなかったんだろう。
っていうか、なんで昼飯後に出かけたんですか?
              (↑自業自得です)

↓早川河口付近
10_20130528195850.jpg
そんな小田原さかなセンターは
早川沿いに店舗を構えていて
すぐ目の前が早川河口です。

箱根山中から流れ出て、険しい渓谷を抜け
箱根湯本のど真ん中を突っ切り流れた早川は
ここで相模湾に注ぎます。この異様なほど剛健な
立体交差さえ無ければ風光明媚な河口の風景です。
コンクリの橋脚なんか無ければいいのに、と思いつつも、
このバイパスがあるから、真鶴、湯河原、熱海、伊東方面へ
車で行く時は、時間短縮で、スパっと辿り着けたりする訳です。
って事は、やっぱりあったほうがいいのか、ううむ、ちょっと複雑。

西湘バイパスは、日曜午後の
上りの大渋滞にさえ遭わなければ
本当に観光地向けには使いやすいんです。

↓以下次回!いい夢見ろよ~!(柳沢慎吾さんは既に無関係です)

早川駅から散歩する。 ⑤

小田原市はJR早川駅から歩き出し、
小田原漁港週辺をぶらぶらしつつ、
更にその先へ行こうとしている
平日公休の昼下がりのお散歩
の、お話を続けています。

↓早川河口の西湘バイパス
1_20130529213403.jpg
西湘、つまり湘南の西側、神奈川県の中でも、相模川から
西側を指すのが「西湘」という地名。県外の方は知らないぞ。
(↑神奈川県外向けの地方情報。県外の方は多分知らないよ)

↓早川
2_20130529213403.jpg
箱根の山中から流れ出でた早川と、
バイパスとJRの重なり合う風景。
ザッツ早川。ううん、この風景を
どれ程の人が理解してくれるのか。

恐らく、小田原市民以外は
感慨を抱けないでしょうな?(^^;)

↓JR早川鉄橋
3_20130529212909.jpg
電車に乗ってなら何度も通過した事がある
早川にかかるJRの鉄橋、電車の外からは
初めて見る全景です。なんかカッコイイぞ。

↓なんかスゴいのが通過した!
4_20130529212909.jpg
特急車両だ!今ではもう
団体専用のチャーターでしか
運用してないかつての特急車両。

↓後端
5_20130529212908.jpg
なんかコレ、やっぱりカッコイイですね。
今はもう、普段から乗れる電車じゃ無い
ちょっとしたプレミアム車両なんですよ。

↓対岸間近
6_20130529212908.jpg
そんな電車の通過を眺めながら
早川をてくてく歩いて渡ります。

↓バイパスをくぐります
7_20130529212908.jpg
対岸には、バイパスが通っていて、
その下をくぐると、小田原市街が
近付いて来る頃合になってきます。

↓早川橋
8_20130529212907.jpg
コノあたりの地名は
その名もズバリの早川橋。
この先は、ずっとてくてく歩いて
小田原市街の、真ん中へと向かいます。

↓以下次回!…言っときますが、もう柳沢慎吾さんは出てきませんよ。

早川駅から散歩する。 ⑥

小田原市のJR早川駅から
美味しそうな海産物を取り扱う
小田原漁港週辺を横目に見ながら
減ってない腹具合を激しく嘆きつつ
てくてく歩いて早川を渡り、いよいよ
小田原市の市街地へとに近付いています。

↓歴史遺産

JR沿いの国道1号線を渡す
早川橋を越えてすぐの所に
小田原市が指定している
歴史遺産らしきものが
唐突に出現しました。

↓小田原城・早川口遺構
2_20130530225244.jpg
ソレは、小早川城(小田原城)の
外堀の一部だった、早川河口付近の
大外堀の遺構です。当の天守閣からは
結構離れた場所にある遺構なんですけど、
実をいうとコレは、初めて見たモノなので、
俄然興味が沸いてしまい、見物に行きました。

↓小田原城早川口遺構・云われ書き
3_20130530225243.jpg

4_20130530205416.jpg
コノ遺構は、小田原後北条氏が、豊臣軍との
戦の対策として、城郭強化を施した跡だそうで、
土塁と堀を二重に張り巡らせた構造を示している
二重戸張(ふたえのとばり)という構造の堀跡です。

↓石畳
5_20130530205416.jpg
入口から歩いていくとこんな具合の石畳が。
後から整備されたモノだと思われますが、
この先の光景がちょっとツボでした。

↓お堀の跡
6_20130530205416.jpg
真ん中のくぼんだところが掘。
今は埋め立てられて平らで
一面緑に覆われています。
堀の形を保ちつつの一面緑。
一応遊歩道になっていますが、
草がキッチリ刈られてはおらず、
ココへ分け入るのはちょっと大変。
コノ光景、なんか、夏草の線路的な
古の光景を思い起こさせる演出なの?
と思わせるような、見事な朽ち具合に
見えてしまうのです。恐らくはそういう
意図的なものでは無いはずなんですけどね。

↓案内板
7_20130530205415.jpg
国道沿いに戻って
ちょっと行った先に
市街の案内板うぃ発見。

↓歩いたのはこんなもん
8_20130530205415.jpg
結構汗だくになったんだけど、
地図を見たら、歩いた距離は
そんなでもありませんでした。
体感距離って、4割り増し位。
割と歩いたと思ってたのに~。

↓国道1号線
9_20130530205415.jpg
白昼の大動脈、国道一号線に
車が一台もいない風景ですよ。
粘ったら3分程で撮れました。

車がいない主要幹線道路の国道1号線。
ちょっとしたレア画像だ、と思ってます。

↓以下次回!次回は国道1号線・小田原クランクのお話。(柳沢慎吾さんはもう出てきません)
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
53位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる