FC2ブログ

厚木地ビール、柑橘対決!

今回はしょっぱなから、あらかじめ申し上げます。
お酒を飲まれない皆様、ならびに、未成年の皆様。
誠に申し訳ありません。今回は全部ビールの話です。

↓厚木の地ビール

今回は、酒屋で見つけた厚木の地ビールの話。
話題に上がるのはコチラの2本でございます。

この2つは、厚木市に醸造所を置く
3つの地ビール蔵のうちのふたつ。
さがみビールサンクトガーレン
夏前から発売していた、柑橘系の
フレバリービールでございます。

↓ さがみビール・KABOSU
2_201310012158289ee.jpg
コチラは、日本酒醸造蔵としても有名な黄金井酒造
日本酒と共に運営する地ビール醸造蔵、さがみビール。
そのさがみビールが、地元・厚木市は七沢産のかぼすを
贅沢にに使用して作りあげた、爽やかなかぼすのビール。

↓厳選素材
3_20131001215735b2a.jpg
麦芽、かぼす、ホップ。他は水だけという
混じりッ気なしの本格フレバリービール。
メイドイン厚木市のクラフトビール。

↓濁りビール
4_20131001215734940.jpg
ちょっと濁った柑橘ビール。
かぼすのさわやかな味わいが
実に後を引きます。美味いっス。

↓サンクトガーレン・湘南ゴールド
5_20131001215734bcc.jpg
コチラは、日本初といわれる地ビール蔵、
紆余曲折の歴史の果てに、厚木の地に
本拠を移したサンクトガーレン謹製、
フレバリービール、湘南ゴ-ルド。

↓控えめですね
6_201310012157341ae.jpg
フレーバーに使われている
湘南ゴールドというのは、
神奈川県が開発した柑橘種の事。
温州みかんと、生産量が極めて少ない
黄金柑(ゴールデンオレンジ)を交配した
神奈川県内でも入手困難な地場フルーツです。
小田原で生産されますが。僕も現物見た事無いです。

↓甘め
7_20131001215733ed5.jpg
濁りは少なめですがちょっとだけ甘め。
希少種の神奈川県の名産品柑橘を
贅沢に使ったフルーツビール。
暑かった時にはいい具合で
飲み具合が進みました。

↓ほぼダイヤモンド大山
8_20131001215733cb4.jpg
厚木市の地ビール蔵が送り出した
渾身のフルーツフレバリービール。
暑かった時期には、コレがまたもう
夕焼けが肴の夕涼みには最高でした。

美味しいものがたくさん出てくるこれからの晩秋にも、
いい具合になるはずだ、と個人的には想っております。
見つけたら、ぜひこれらにチャレンジしてみて下さい。

↓厚木地ビール柑橘対決。軍配は、飲んだあなたが上げて下さい。

海老名の実りの風景。

↓色付く水田

気が付けば、海老名市街中心部近辺でも、
水田では重く実った水稲が頭を垂れる
実りの秋の風景に満ち溢れています。

ちょっと涼しくなっただけだ、と思っていたのに
季節は確実に晩秋へと歩みを早めておりますなあ。

季節は中秋を過ぎ、晩秋、そして冬へ向かいます。
期待に胸が高まる季節になりつつありますね。
楽しいけれど、恐いわ~、食欲の秋が。(←笑)

遠くへ出かけられないので、
ボリュームダウンでお届け中。

↓天高く、ワタクシが肥ゆる秋、でございます。

夕暮れにとぼとぼ。

↓夕焼け
2_20131002213315c85.jpg
体調がすぐれない公休の一日。
体が、ここ数日の疲労解消を望んだのか、
目が覚めたら昼。しばらくボサ~っとした後、
床屋へ出かけ、さらに移動して遅い昼食を取って
帰り道にふと気が付くと、もう西の空が夕焼け空です。

今日の出来事・・・、よく寝た。

↓休みの日が、本当に休んで終わった日。割とよくあります。

どんより気分。

↓今の気分のような曇天

写真に意味はありません。

本日は、業務お持ち帰りのため
帰ってきた早々、家でもお仕事。
気分はもう、どどどんよりです。

本日はネタ記事更新ならず!残念!!

↓更新してるじゃんか!(^^;)

更新断念。

↓体調悪化

ココ数週間のどの痛みと咳に悩まされてきました。
最近の数日で、随分調子が上向いてきたのですが、
昨日夜半の気温の低下で見事に寝冷えしたらしく、
本日再びのど痛と咳が悪化、とりあえず薬漬けで
早めの就寝です。果たしてコレ、治るんだろうか。

↓体調不良には、休養が大切です。

ひまわりフェスタ IN NISSAN ①

↓相鉄線・相模の駅

今回はココから出発です。
ドコへ行くのかというと、

ひまわりフェスタ IN NISSAN 
2_201310071116133d0.jpg
第8回、ひまわりフェスタ。
本日開催された座間市のお祭り。

↓ニッサンのバス
3_20131007111613328.jpg
IN NISSAN と銘打たれているのは、
座間市内に広大な敷地を有する日産の敷地で
イベントが行われている為、会場と駅を結ぶ
シャトルバスに、日産の社用バスが走ります。

↓日産・座間事業所
4_20131007111612857.jpg
徒歩で駅から歩くと会場まで体30分程掛ります。
相鉄線のさがみ野駅、小田急江ノ島線の南林間駅、
小田急小田原本線の相武台前駅の三箇所のえきが、
概ね同じような距離にあるため、シャトルバスは
この3駅を含めた複数の駅へと走っておりました。
座間市は、電車の交通網が市の外側を囲んでいて
市の中心部は、バスに頼る交通網になっています。
会場を貸してくれてシャトルバスまで出している、
日産と座間市のタッグは熱の入りようが違います。

↓会場入り
5_20131007111612b43.jpg

6_20131007111611c24.jpg
会場入りしてマズ目にしたのは、
日産の車輌を多数導入している
座間市の消防局の業務車輌展示。

↓レスキュー隊用作業工作車
7_20131007005501b6d.jpg
火災や事故のにおいて、最強の救助活動を行う
オレンジの隊服に身を包んだレスキュー隊が使う
様々な場面を想定した救助用具を積載している車輌
作業工作車が、ドカンとその中身を見せてくれてます。
普段は見る機会が無い、救助活動の奥の手の数々がコレ。
お世話にならないなら、ソレに越したことはありませんが
この用意を常に使える様に毎日厳しい訓練をしてくれている
人達がいます、頭が上がりません。レスキュー隊って凄いです。

↓消防指揮車
8_20131007005501fed.jpg
火災の消火活動や、災害出場の祭に現場で情報統括や
消火作業の指示を出す現場で指揮を取る役割をする
現場指揮車、コレもなかなか日の目を見ません。
現場では消防車のほうが活躍しますからね。

↓PARAMEDIC
9_20131007005500255.jpg
高度救命医療措置を施す救急医療搬送車輌です。
搬送中に医療行為が可能な特別救急医療士が同乗し
救命の確率を向上させる、高度救命救急搬送車がコレ。
頼もしい存在ですが、お世話にならない方がいい事です。

↓パトカー
10_20131007005449d03.jpg

11_2013100700544935d.jpg
さすが日産、GTRのパトカーが、
でも、GTRって、普通は2ドア。
パトカーには使えないはずじゃ?

↓40th、アニバーサリーモデル
12_20131007005449497.jpg
実は、コレが希少車です。
R33のGTSの4ドアを元に
エンジンを強化した特別仕様車輌で
R33・GT-Rの4ドアバージョン。
スカイライン登場40周年祈念特別車」を
警察車輌に当用したというちょっとした変り種。
スカイラインGT-Rの歴史の中では唯一の4ドア。
セダンのくせに度肝を抜く程のハイパワーな車輌です。

日産の事業所で開催された座間市のお祭。
今回は働く車編でお送りしました。
次回はゆるキャラ大集合編です。

という訳で、次回もひまわりフェスタのお話です。

↓ひまわりフェスタは、本日(10/6)終了しました。

ひまわりフェスタ IN NISSAN ②

↓かながわ県警・白バイ

昨日(10/6(日))終了してしまった
座間市のイベントのお話を引っ張ってます。

座間市の商工会が主催し、
広大な敷地の日産座間事業所が
会場を提供して行われた座間市のお祭、
ひまわりフェスタ IN NISSANです。

今回は、座間市でも日産でもない神奈川県警は
SUZUKIの白バイに端を発し、どういう訳か
全然別の方向へ転びます。それはどんな話かというと、

↓ ざまりん
2_20131007220037afd.jpg
お祭の主催地、座間市の
マスコットキャラクター。
ひまわりの妖精、ざまりん。

↓ざまりん
3_20131007220030f13.jpg
ざまりん! うひゃーーー、かわいい~!!!
ご近所さん(隣の市)のマスコットですが
なかなか近くで見る事がありません。
ざまりん、カワユス。(^ヮ^)

↓だれだっけ?
4_20131007220025e19.jpg
誰だっけ?と、とっさに思い出せなかった
このゆるキャラは、座間市と海老名市の
両方とものお隣に当たる綾瀬市の
特産品を象徴するキャラクター。

↓ ブタッコリー
5_20131007220025485.jpg
綾瀬市の特産物、神奈川県産のブランド肉でもある
「高座豚」と、綾瀬市特産、県下最大量の生産を誇る
綾瀬市のブロッコリーをモチ-フにしたのがこの子。
キャラネーミングがストレート過ぎるのが何ですが、
売り込みは、けっこう大々的に力を入れていました。

ココではっとしたのは、
やはりあの子ですよ。
来てるのかな~?

↓ えび~にゃ
7_20131007215929eee.jpg
えび~にゃ! キタ---≧∀≦---!!
いましたよ、えび~にゃちゃんです。
いやいや、よく見かけるわが町の
マスコットキャラなんですけど、
あらためて近くで見かけると
ちょっと和んでしまいます。

↓物品販売ブース
6_201310072159308d9.jpg
海老名のえび~にゃは、近頃大きく動いてます。
なんと、駅前の〇I〇Iファミリー海老名店に
えび~にゃグッズショップが登場するんだとか。

ココにあるグッズは、市役所に行かなくても
丸井へ行けば買える様になりそうなんですね。
えび~にゃ、どんどん近くにやってきますよ。

↓当然いるよね。
8_20131007215929f3d.jpg
ココまで並べた県下のゆるキャラの中でも
ダントツの人気を得ているこの子が、
当然ながらお祭に参加してます。

↓ あゆコロちゃん
9_20131007215928d92.jpg
厚木の銘産品、シロコロホルモンの豚モツから
ブタのキャラと、厚木の名産品でもあり
厚木最大のお祭の名前にもなっている
鮎をくっつけた「あゆコロちゃん」。
見た目の幸せ度がある意味で、
針を振り切るカワユらしさ。
ギガントカワユスの~。

↓シロコロホルモン
10_20131007215928abf.jpg
あゆコロちゃんといっしょに
シロコロホルモン(本物)も
お祭に参戦してござったなり。
シロコロホルモンは、くれぐれも
類似品にご注意下さい。本物の目印は
「厚木シロコロホルモン探検隊」の炎の幟。



で、ここまでゆるキャラ祭りになったのは、
なぜかというと、やっぱりアレなんですね。

ゆるキャラグランプリ 2013
この秋開催の全国のゆるキャラ日本一を決める大会です。

ココに出てきてる県下のゆるキャラすべてが
グランプリにエントリー中なのでございます。
果たして神奈川県央のゆるキャララッシュは
ドコまで全国区に食い込めるか?乞うご期待!

↓昼下がりの空と雲
11_201310072159273ae.jpg
そんな昼下がりの模様は、
まだまだ明日も続きます。

↓ひまわりフェスタ2013は、10/6に終了しています。残念。

ひまわりフェスタ IN NISSAN ③

↓露店が並びます。

座間市のお祭り、ひまわりフェスタ IN NISSAN。
座間市の商工会が、座間の日産の事業所で開催した
座間市の色々を見せてくれるお祭りに行った話。
お祭りは10/6(日)に終了しましたが、
まだまだ引っ張ってます。よろしく。

今回のネタは、お祭りくいだおれ未遂事件。

↓シュラスコ
2_201310082137496fc.jpg
市の商工会が主催する大きなお祭りです。
当然、座間市のあれこれいろいろな
食べ物が並んで、そりゃあもう
色々とっても楽しいんです。

座間市国際交流協会の出店で
ブラジル人の方が焼いてくれる
本物のシュラスコに出会ったので
まずコレから頂いて参りましたです。
ハラぺーニョソースがたっぷりかかった
牛肉のシュラスコ。いやもう、美味いっす。

↓ザマオーレ
3_20131008213749c9f.jpg
座間市は、市の上水道の大半を
地下水で賄えてしまえるという程の
豊富な名水を有する土地柄にあります。
その座間水で仕込んだコーヒー店の出店。
コーヒーは、水が美味くなる程に美味となる。
これは、ぜひ飲んでみたい。いや、飲まなくちゃ。

↓座間水仕込みコーヒー、あります。
4_2013100821374860a.jpg
すごく美味しかった。
美味しさに呆気に取られて
写真をまったく撮らないまま
飲み干すという体たらくでござんす。
本物の座間水コーヒー、ご馳走様でした。

↓ひまわりアイテム
5_20131008213741775.jpg
座間市の銘産、ひまわりの種を
ふんだんに使用する座間の
ひまわり飲料アイテム。
今回は、このビール、
ひまわりエールを
購入しましたが、

冷えてるのが無かったので
常温の一本を購入して
もって帰りました。

↓座間市の名店揃い
6_20131008213657374.jpg
こっち側は、座間市の名店が
ずらりと並ぶエリアでしたが、

問題はこの先なんですよね。

↓ひまわりグルメ選手権!
7_20131008213657a5d.jpg

8_2013100821365690c.jpg
座間市の特産物、ひまわりの種を使い
スイーツからチョイ食べメニューから
パンからおかずまで、座間市の銘店が、
苦心惨憺考え出した「座間メニュー 」の
人気投票を行う大イベントがありましたが。

体調不良改善のため、寝られるだけ寝倒した末、
目が覚めたのは昼過ぎ、会場入りしたのは
14時過ぎ、という時間だったために、
楽しみだったくいだおれイベントは
すでに続々売り切れの大惨事です。

くいだおれ未遂。僕に取っては大事件です。
(↑食い意地がはってるだけですなあ)(^^;)

↓ざまりんポテト
9_2013100821365623e.jpg
そんな中、ほぼ唯一販売継続中だったのがコチラ。

↓ざまりんポテト、購入
10_20131008213655920.jpg
マッシュポテトにひまわりの種を混ぜ込んで、
ところてん突きみたいな容器から油の中へ
流したポテトを揚げて出来上がった
ロングポテトフライがコチラです。

↓長いぞ!
11_20131008213655f62.jpg
カリっと揚がったポテトの中に
塩味の効いたひまわりの種の
ほくっとした食感があって
なかなかの出来でした。

ああ、キンキンに冷えたビールが欲しいっす。
(↑日曜の真昼間からダメ人間炸裂です)

↓ひまわりフェスタの色々は、あともう一回続きます。よれちきちゃん。

ひまわりフェスタ IN NISSAN ④

↓ステージイベント

座間市のお祭り、ひまわりフェスタのお話。
一通り見て回った後、ステージイベントなどを
ゆったりくつろいで眺めてみたりなんかしました。
このステージは、興業的な活躍の場を持っている
プロやセミプロのミュージシャンの方々による
音楽プログラムを上演するステージらしいです。

↓もうひとつステージが
2_201310092138349de.jpg
もうひとつのステージは、地元座間市の
アマチュアに方々によるパフォーマンスを
次々上演していく舞台のように見受けました。
色々と、出し物に元気があって良かったですね。

↓日産車、大展示会。
3_20131009213833561.jpg
日産の敷地内で開催されているので、
自分とこの車をずらりと並べて
大展示会を開催中でした。

出来れば、R35 GT-Rの運転席に座って、
神戸尊っぽい気分を味わいたかったんですが、
そういう超が付く高級車は来てませんでした。
せめてZくらいは来てて欲しかったんですが・・・。
(↑車買い替えたばっかのクセになんて贅沢だ)

↓ひまわりの絵
4_20131009213833eeb.jpg
会場になってる日産座間事業所では
敷地の塀に、市内の小学生が描いた
ひまわりの絵を、びっしりと並べて
ひまわりフェスタを盛り上げてました。

↓ひまわり満開
5_201310092138327f7.jpg
座間の子供達が描いたひまわり満開の風景がドン!
みんながみんな、一生懸命に描いたんでしょうね。
なんかもう、コレだけで気持ちがほぐれてきます。

↓青い空に白い雲。
6_201310092138321c8.jpg
病み上がりの爆睡後の朝寝坊の末、
くいだおれイベントをすべて逃す
大失敗の祭見物ではありましたが、

いろいろあってほっこり気分で
気分が和らいで帰ってきました。
ひまわりフェスタ、面白かった。

↓増えた。
7_20131009213831326.jpg
今回購入の分も含め
だんだん数が増えてきた
ゆるキャラちゃんぬいぐるみ。
神奈川県央、ゆるキャララッシュ
並べてみると、けっこう面白かったり。
(↑実は、かわいいものにけっこう弱いよ)

一番下のは、茅ヶ崎市のゆるキャラ
えぼし麻呂」今回実物には出会えず。

↓ひまわりフェスタ、来年は、ぜひドウゾ。(←役立たずな情報ですね)


オマケがあります。
続きを読みますか?
   ↓

続きを読む

滅多に見られない夕焼けの雲。

↓夕焼けの雲の画

西の空に低い雲が立ち込め
日は西に落ちているのですが、
夕陽の残光が、上空に浮かんだ
厚い雲を下から照らし上げている、
という、なかなか見られない夕焼け。
雲のお陰で辺りは暗くなっているのに
西の空がスパッと切れて明るい空が見え、
西の雲は暗いのに上空は夕焼け、という空。
こんな景色、初めてかも。結構スゴい画でした。

写真にすると、わかりづらいんですけどね。(^^;)

↓なかなか見かけない夕焼けに、呆気に取られた話でした。

竹葉庵の蕎麦。 ①

前々から気になっていたお店があります。

↓竹葉庵

海老名から座間に抜ける
県道50号線沿いにある
そば屋の看板なんですが、

↓コレ
2_20131011225357af5.jpg
コレが気になる。「この先竹薮の中」という案内
以前からずーっと気になっていたのもあり、
思い切って行ってみる事にしました。

↓田園
3_20131011225357cb4.jpg
県道から道を折れると
田園風景の中へ入ります。
ココ、実は、泉橋酒造の近く。

↓踏み切りをわたる
4_201310112253213f5.jpg
相模線の踏切を渡るとその先が、
段丘の丘の上へと抜けて行く
坂道へ差し掛かりますが、

↓坂の途中
5_20131011225321afd.jpg
非常に解りづらい写真なんですが、
坂道の途中に看板が出ているので
そちらへ入ると駐車場があります。

↓入り口
6_20131011225320e5a.jpg
駐車場からお店は見えません。
この入り口から坂を上ります。

↓竹葉庵
7_20131011225320030.jpg
コノ日は定休日じゃないし、
ちょっと午後遅くなったけど
まだやってる時間。大丈夫だよね。

↓山道?
8_201310112253198eb.jpg
竹やぶに囲まれた道を歩いて
お店へ向かいますが、これが
ちょっとした山道みたいです。

↓竹やぶ
9_20131011225319e3d.jpg
近頃では滅多に見かけない様な
立派な竹林に囲まれていり敷地。
この風景だけでもかなりなもの。

↓お店に到着
10_20131011225219258.jpg
山道みたいな細道を歩き
竹林の中を折り返して
ようやく玄関に到着。

お店に到着するまでのこの風情が、
ちょっと気持ちイイ感じがします。

そんなこんなでお店に到着。以下次回!

↓・・・ええと、蕎麦は?(^^;)

竹葉庵の蕎麦。 ②

↓ 竹葉庵
11_20131011225219cb0.jpg
海老名市の端のほうにある
竹薮の中にある蕎麦屋さん。
竹葉庵へ出かけたお話です。

↓店の中から竹林が
12_20131011225219474.jpg
お店が竹林に囲まれているので
窓から見える景色も見事な竹林。
なかなかイイ景色でございます。

↓お店の中
13_20131011225218e50.jpg
お店の中を見回してみると
やっぱり気になるのはコレ。

↓新そば
14_20131011225218776.jpg
この時期は、やっぱり新そばですよね。
産地がどこかは聞けませんでしたが、
でかけたこの前日に店のそば粉が
新そばになったんだそうです。
いい時期に出かけましたね。

↓百歳食
15_20131011225214ecf.jpg
蕎麦の食事は使用する食材の多くが体に良い素材である
という事も手伝って、日本が誇る長寿を支える食事
「百歳食」と謳われるという、お品書きのご案内。

↓午後2時過ぎ
16_20131011225108c90.jpg
でも、出かけた時間がこんな時間。
お店にお客さんの姿が無かった為、
思わず、「まだ食事できますか?」
と聞いてしまいました、お店の方が
大丈夫ですよ、と、店舗の明かりを
点けながらお答えくださったので、
何か更に申し訳なくなってきたりして。(^^;)

↓熱いお茶
17_201310112251089cb.jpg
食事を注文し、熱いお茶をすすりながら
頼んだ蕎麦がやってくるのを待ちました。

↓天ぷらそば
18_20131011225107906.jpg
注文したのは天ぷらそば。
おいおい、新そばの時期なら
頼むのは盛りかザルだろ素人め、
などと思う無かれ、新そばの香りは
別の品目で倒れるほど味わえますので。

↓そばがき
19_201310112251077f5.jpg
新蕎麦の香りを存分に味わうなら
こういう手があったりしますよ。
そば粉を加熱して練りあげた、
本物の蕎麦屋のそばがきです。

↓筍のてんぷら
20_2013101122510647d.jpg
そして、思いっきり時期ハズレなのは
百も承知なんですが、竹林を見てたら
メニューにあったこの、筍の天ぷらが
どうしても食べてみたくなりました。

さあ、頼んだお品が揃った所で
いよいよ実食と参りますよ。
ってところで、以下次回。

↓次回こそ、お蕎麦を頂きますよん。

竹葉庵の蕎麦。 ③

海老名市の北西の端のほう、
座間市との市境の近くの
竹薮の中の蕎麦屋さん。
竹葉庵のお話です。

さあ、お待たせ致しました、
いよいよお蕎麦を食べます。

↓更科系
21_20131011225104b83.jpg
蕎麦の色は白っぽい色合い、
上品な更科系の蕎麦でした。
温かい蕎麦、これはこれで
やっぱり美味しいですよね。

↓えび天
22_2013101122501919d.jpg
別添えのカラリと揚がったえび天を
ざんぶらこと蕎麦つゆにくぐらせて
しっとりつゆを吸った衣に包まれた
ぷりぷりえびをほおばっちゃいます。
いやあ、もう自然と笑顔が湧きますね。

↓そばつゆ
23_20131011225018555.jpg
揚がった具を乗せていなかったそばつゆに
天ぷらを次々くぐらせて食べていくと
さっぱりつゆに油が馴染んで来て
徐々にながらコクが増します。
食べて行くうちに変化する、
こういうの、好きです。

↓タケノコの天ぷら
24_20131011225018e85.jpg
生の朝採れタケノコ、というわけには行かず。
当たり前ですが、天ぷらの筍は水煮のモノ。
でも、コレは筍の元(根元のほう)です。
歯応えの柔らかい筍の天ぷらなんですが、
ボリュームがスゴいのが嬉しいです。

↓タケノコの穂先
25_20131011225018328.jpg
一緒に更に乗っていた、
筍の穂先のほうの天ぷら。
なんだかとても贅沢な感じ。

・・・春先になったら、
この筍、自前の竹薮からの
採れ立てになったりするのかな?
ああ、ちゃんと聞いとけばよかった。

↓そばがき
26_20131011225017b02.jpg
ちょこっとひねり取ってちょっぴりそばつゆつけて
はむっと頂きました。蕎麦の香りが麺のそばより
確実に味わえるのがそばがきなんですよね。

↓ノリとカツブシ
27_20131011225017921.jpg
ノリとカツブシの薬味。
香りの強い薬味のコンビが
そばがきの味を引き立てます。

↓全部入り
28_201310112249279e1.jpg
そばがきの香りを堪能した後で
ネギ、ノリ、カツブシ、ワサビ、
薬味全部入りのつゆで頂きます。
これがまた、美味しいんですよ。

↓そば湯割り
29_20131011224927e81.jpg
そばがきには、そば湯が付いてきました。
そばつゆのそば湯割り。コレが好き。
冷たいそばを注文しなくても、
コレが食べられたのが
有難いことです。

↓完食!
30_20131011224926fc9.jpg
調子にのっていっぱい頼んだら、2000円越えの
豪華ランチになってしまいました、が、この昼食は
値段に違わぬ美味しい蕎麦でした。しかも新そば。
いい時期に出かけられた。狙って行ったんですけど。(^^)v

食事終わりに、お店の女将さんがお茶を注ぎに来てくれて、
近頃はランチタイムが終わるとお店を閉めてしまう事が
多いので、遅くお店に来ると閉ってる場合があるので
申し訳ありませんねえ、というお話を頂きました。
不景気なもんだからごめんなさいね、とのお話。

コノ日は、僕の次に来たお客さんが最後のお客さんで、
注文を取って、お品が出たら、そのお客さんと僕に対し、
ラストオーダーを確認したうえで、厨房の火を落とします、
との宣言をなさいました。ああ、もったいない気がしますね。

↓海老名市自然緑地保存樹木 第74号
31_2013101122492650b.jpg
敷地の中には、自治体指定の
保存樹木の指定看板があります。

↓ヤブニッケイ
32_20131011224926e22.jpg
幹周りが2mにもなる大木です。
こんなものが敷地内にあるのが
このお店の凄いところですね。

↓竹林の小路
33_20131011224925fd0.jpg
あんまり遅く行くとお店が
閉っちゃう場合があります。
必ずお昼狙いでお出掛けを。

海老名の蕎麦の銘店、蕎麦はもちろん、
お店の空気感もご馳走なお店です。
竹葉庵、いかがでしょうか?

↓入ってみたら、とっても美味しい、竹林の蕎麦屋さんへ、ぜひ!

夕焼けの鉄塔と送電線。

↓夕焼けの鉄塔

夕方近くに車で移動中の事、大型鉄塔と送電線の下を
通りかかったんですが、ココから振り返った景色が
ちょっと面白いと思ったので、乗せてみました。

↓伸びる直線
1_20131014235038397.jpg
マンガの画面に描かれた集中線みたいに
一直線に向こうの鉄塔へ延びる送電線が、
羽ばたき出す為に翼を振り下ろす直前の
猛禽の翼のようにも見えてしまうような、
様々な比喩を当てはめる事が出来そうな
画を作っていました。何かカッコイイぞ。

↓そう思う暇人は、そうそういないかもしれないですね。

本日休業。

台風が来てますが、明日は朝からその暴風雨の中
病院へ出向かなければなりません。そのお陰で
食事は鬼のように早い時間に済ませ早寝です。

以前、なかなか寝付けない寝不足で検査に行って
血圧を計ったら、余命数年みたいなひどい結果が出て
したくも無い再検査に流れ着いた結果を経験してるので、
今日は、お腹が減ってのた打ち回る前にスパっと寝付いて
明日は爽やかに早起き、僕は間違い無く健康体です、という
楽しい結果を残すべく、本日は早寝決行です。更新はまた明日。

↓サボるのも健康のため。という逃げ道。(笑)

台風一過。

一晩かけて大型台風が去りました。

↓相模川

近隣の鉄道は暴風の為朝から完全に運休。
午前10時近くに、ダイヤの遅れを伴いつつ、
小田急線小田原本線が漸く運転を再開しましたが。
その電車の窓から見た相模川はこんな増水具合でした。

昼過ぎの帰宅後、テレビでニュースを見ていたら、
今回の台風でも大規模な土砂災害が発生しており、
未だ安否確認が出来ない方の捜索がなされてます。
こういう時は、やはり、ちょっと言葉が出ません。

↓台風一過の雲多目。
2_20131016161932b24.jpg
ともあれ個人的には何とか無事に
厄災が通りすぎてくれた日の
台風一過の西の空の雲です。

↓夏の名残りは今日でオシマイ。明日からは本格的な秋。との事です。

駒は進まず。

地味に衝撃に膝を折る
そんな事実が目の前に。

↓夕焼け空

写真に意味はありません。

遂にやってきたコノ日。
何とか遠避けてきたけれど
必ずやって来るのがコレです。

そう、遂にネタ切れです。

そんな訳で駒は進まず、一回休み。
次にサイコロ振ったら、ちゃんと
6マス進めるのか?進めないかも。
(↑何故故に例えが「すごろく」?)(^^;)

まあ、ネタ切れも、立派なネタ。(笑)

↓いつの日にかきっとまた、南風が歌いだす。そう思うことにする。(^^;)

復活の「麻釉」。 《前編》 

↓とんかつ・肉料理 「麻釉」
0_2013101822394154a.jpg
小田急線の小田原本線の
伊勢原駅北口近くにある
とんかつと肉料理のお店、
何度も出かけているこの
「麻釉」というお店の話。

↓超びっくり!!!
1_20131018223619168.jpg
今年5月くらいの事、たまたま店の前を通りかかった時、
この風景に衝撃を受け、ヒザから崩れそうになりました。

お店がなくなってる!!!

と思ったらなんと、リニューアルの為の
建て替え工事に入ったとのことでした。

↓お店が出来てきてるぞ。
2_20131018223619c37.jpg
そして、コレが7月下旬頃の建設現場。
段々と建物が出来上がってきてました。

↓リニューアル・乞うご期待!
3_20131018223619394.jpg
リニューアルオープン。
9月中旬予定、乞うご期待!!

この掲示を確かに見てたはずなのに、
10月も中旬を過ぎるこの頃まで
そのことが頭からスパッと
抜けて落ちていた様で、

ついこの間、この辺に来る用事があり
そのときになってからようやく

もうオープンしてるじゃんか!!!

という事に気付きました。

↓新生「麻釉」
5_20131018223405a21.jpg

4_201310182234069bc.jpg
もう出来てる。もうリニュ-アルしてる!
もうオープンしてる。完全に出遅れました。
ちょっと無骨な定食屋然とした店構えから
おしゃれな街のレストランの様な店構えに。
華麗な大変身。なんかすごくオシャレです。

↓さあ、肉料理だ!
6_20131018223405c94.jpg
さあ、食うぞ!肉料理だ!
久々のジャンボトンカツだ!

と思ったら、?準備中?え?なんで?
この時こそ正に12時ジャスト一歩手前。
日本全国が標準時に則ったお昼のご飯時なのに、
なぜ準備中? はっ!?実はまだ開店すらしてません、
とかいう毎度よくある早とちりなあわてんぼさんてへ、
的な間違いでこのお店の前に立っているの?はわわわわ!?
(↑軽いパニックを表現)

はい、お約束。定休日に店の前を通りかかりました。
そりゃまあ、いくらなんでも開いてないはずですよ。   (^ヮ^;)ゞ


ちなみに、最初の麻釉の記事は↓コチラ

海老名と厚木と神奈川県。 ⇒ 「麻釉」のジャンボとんかつ 

↓という訳で、次回こそ、新生「麻釉」で、お食事です。

復活の「麻釉」。 《後編》 

伊勢原市のトンカツと肉料理の店、
この秋、大々的なリニューアルで
新装開店した「麻釉」のお話です。

↓新装開店
7_20131018223404b36.jpg
今年(2013年)9月17日に
店舗建て替えによりリニューアル。
町の定食屋が洒落たレストランに
大変身したんですけど、コノ日は
定休日、ナミダを呑んで踵を返し、

↓ディナータイム
8_201310182234048f9.jpg
数日後、会社から帰り一旦帰宅した後、
小田急線に乗ってわざわざ伊勢原駅へ移動。
ディナータイムの20時頃に、お店に到着です。

↓店内
10_2013101822253135f.jpg
お店は天井が高くなって
広さが倍増しておりました。
写真には写っておりませんが、
店の奥には小上がりの中2階と
半地下の客室が増設されてました。
あの定食屋のイメ-ジは全払拭です。

↓カウンターテーブル
9_2013101822340326c.jpg
店の奥の方にあるカウンターテーブルへ着席。
オーダーの祭に、その日はお客さんが多くて
注文の品をお持ちできるまでに40分ほど
かかってしまいますが、宜しいですか?
とのご案内、すごい繁盛具合ですよ。
当然ウキウキでお待ちいたします。

↓待機中
11_20131018222530781.jpg
さすがに40分もの長い時間
ワクワクを持続させ続けるのは
いくらなんでも至難の業ですので、
ビール7:泡3の黄金比を作り出す
反復練習で長い時間を乗り越える事に。
(↑ビール飲んでるだけじゃん)(^^;)

↓ジャンボトンカツ定食
12_2013101822253050f.jpg
辛抱の末、最終的に1時間弱かかって
ようやく登場、ジャンボトンカツ定食。
写真はブレてますが変わらぬ迫力です。

↓相変わらずデカいひと切れ
13_20131018222529ced.jpg
このひと切れをラッピングして
総菜コーナーに並べておいても
確実に買う人がいそうなほどの
すごいボリュームの一切れです。

コレ全部食べられるのか?という程の
強烈なボリュームのジャンボトンカツ。
なんですが、ココのは油がいいんです。
まったく苦になら無いくらいペロリと、

↓完食!
14_2013101822252991c.jpg
食べられるんですよ。

実は、昼だったら、この倍のサイズの
500g巨大トンカツ定食に挑戦を
したかったんですが、もう夜だし
腹に溜まると体に悪いので
それはまたの機会に。

↓  トンカツ・肉料理、「麻釉
15_201310182225288d5.jpg
お店はリニューアルしましたが、
メニューのボリュームはそのまま。
更なる人気店になった感がある麻釉。
やはり肉を食べる事は幸せ。なのです。

伊勢原駅へ起こしの際は、ゼヒ麻釉へ。
大ボリュームのトンカツと肉料理を
一度でいいからお試し下さいませ。

↓伊勢原の肉料理のお店、新生「麻釉」に、拍手!

「恋チュン」 ~ 神奈川県.ver ~

一部でものすごく話題になっている、
神奈川県が作ったとんでもない映像。

恋するフォーチュンクッキー 神奈川県.ver

AKB48の楽曲でもおなじみの
“恋するフォーチュンクッキー”

その「恋チュン」の神奈川県バージョンを、
神奈川県が作りました、が、コレがまた、
神奈川県が全戦力を徹底的につぎ込んで、
県内70箇所以上の観光地や施設を背景に
総勢のべ1500人以上の出演者が踊り、
各地自治体や企業のゆるきゃラも総出演。
中には横浜Fマリノスの中澤選手など
有名人のちょこっと出演もあったりする、
正に神奈川県が総力投入で作り上げた、
面白い、ある意味壮絶な出来上がりです。
宜しければご覧下さいませ。

   映像はコチラ。 ⇒ 外部サイト
                 ↓
恋するフォーチュンクッキー ~神奈川県.ver~

神奈川県って、こんなこともできるんだ。面白いな~。

ちなみに、我が海老名市は、一箇所だけ、
終盤の「ラー博」の次に出てきます。
目を皿のようにして探して下さい。
画像に出るのはたった1秒です。
えび~にゃ出てます。(笑)

↓神奈川県が総力を結集した「恋チュン」に、拍手!

コンビニで 「クラシック」。

ネタ切れではないけれど、再び業務上の
多忙なローテーションが再発していて
じっくり記事が書けなない本日夕刻。

帰りに寄ったコンビニで発見したものは、
海老名でも厚木でも神奈川県でもないけど
関東ではまず簡単に手に入らないはずのもの。

ソレはなにかいうと、

↓ SAPPORO CRASSIC
1_2013102122142546a.jpg
サッポロビールの限定販売、
「サッポロクラシック」
つまり、ビールです。

↓北海道限定販売
2_20131021221425403.jpg
北海道出張土産や、北海道単身赴任ののお父さん達の
会社へのお土産として、爆発的人気を誇っている
北海道限定販売、つまり本来は北海道でしか
売っていないプレミアム缶ビールがコレ。

↓素材がプレミアム
3_20131021221424cbc.jpg
使用ている素材は、麦芽とホップ、後は水だけです。
北海道産の厳選素材を使い昔ながらの製法で醸造した
“ONLY北海道”を看板に掲げたプレミアムビール。
12年連続で総売り上げ数を伸ばし続けているという
北の醸造所の怪物ビール。地元北海道限定で放映する
CMでは、北海道出身のお笑いタレントタカ&トシ
北海道の産品を扱う食の匠達と対話するというCFが
何本も流れているのだそうです。

詳しくはコチラ。 ⇒ サッポロクラシック・CM

↓キンキンでグラスに
4_20131021221424969.jpg
しまった、黄金比を逃したっ!
ビールの黄金比は、ビール7:泡3。
コレを護らなかったという英国のパブが
裁判に負けて多額の賠償金を払う羽目になった
という裁判事例もあるほど大事な比率です。マジで。

ソレはともかく、滅多に手に入らない
北海道限定のプレミアムビールが
現在海老名市では、ローソンで
買えちゃったりしています。

↓クリーミーな泡
5_201310212214234d0.jpg
これは期間限定の時限販売なんでしょうけど、
この機会は、ぜひ、逃してはなりません。
北海道でしか買えないこのビールが、
歩いていけるコンビニで売ってる。
なんていう幸せな事でしょう。

海老名では、〇I〇I食遊館で、
北海道フェアがあった時にだけ
酒販コーナーで扱うくらいしか
見かける事が無いものですから、

お買い上げは正に今、
ぜひ海老名のローソンへ。


ええと、今回は、全部ビールのお話で終止しました
毎度の事ですが、お酒を飲まれない皆様、並びに
未成年の皆様、誠に申し訳ありませんでした。

↓サッポロ・クラシック。コイツは見逃せません。

晩秋の風景

秋の色が濃くなっていてはいますが、
いまひとつ寒さが足りない感じで
まだまだ晩秋感がないのですが、

どっこい、世の中の自然は
ちゃんと秋になってるですね。

↓街路樹の葉が落ちてる

ビナウウォークのデッキから見える
植え込みの広葉樹は、見事なまでに
その梢から葉を落としきってました。

ああ、まだ部屋の中では
半ソデ短パンで過ごせるのに、
部屋の外は冬支度一歩手前なんだ。
風邪ひかないように気をつけなきゃ。

そんな季節の変化を感じる
広葉樹の冬支度の画でした。

↓ああ、ネタが無い時のこのぐずぐず感。滅入るねえ(^^;)

松田山ハーブガーデン。 ①

↓小田急新松田駅

今回の出発地点は、コチラ。
小田急線は、小田原本線の
西のターミナル駅のひとつ。
新松田駅でございますです。

↓気になるモノ。
2_20131024002650e9c.jpg
前々から気になっていたモノ。
コレがいったい何だかはもう、
もちろん存知ておりましたが、
行った事が無かった場所です。
天気は悪かったけど公休日に
出掛けられる機会が来たので、
出掛けてみる事に致しました。

↓JR松田駅
3_201310240015350f7.jpg
一番の最寄駅は、実はコチラの駅。
JR御殿場線の松田駅なんですね。
小田急線新松田駅から出掛けると、
色々なモノを越える事になります。
その第一弾がこのJRの線路です。
御殿場線は神奈川県内に走ってる
新幹線以外のJR東海の路線です。

↓国道246号
4_20131024001534717.jpg
JRを超えたら、今度は
国道246号線を超えます。
何故か車が一台もいない画が
撮れました。スゴイ偶然を経験。

↓地下道?
5_201310240014589e8.jpg
次はこんな道を歩きます。
こ遂道の上は東名高速。
JR、国道、高速道路。
どれだけ幹線ルートを
超えなきゃならないの?

↓東名高速道路
6_20131024001458d79.jpg
とか何とか言ってるうちに
その東名も越えましたけど、
ココでも滅多に見られない
車が一台も走っちゃいない
レア画像を撮影しちゃった。
なんか運が悪くなりそうな
レア画像続きが超不安です。

↓松田山西平畑公園
7_201310240014589b6.jpg
目的地はこの松田山西平畑公園の敷地内にあります。
この坂を上るのは、けっこうキツいはずなんですが、
幸いなことに平日は車の往来が、ほとんど無いので
まあ、歩くのだけは楽チンです。辛いのは辛いけど。(笑)

↓だんだんと、景色が良くなってくる
8_2013102400145794c.jpg
坂道をてくてくと登って行くうちに、
徐々に見える景色が良くなってきます。

↓近くなってきた
9_20131024001457350.jpg
行ってみたかった場所が
だんだん近くなってきました。

↓西平畑公園
10_20131024001456881.jpg
さあたどり来ました。
目的地はこの敷地内。

ってえところで、以下次回!

↓次回こそ、ハーブガーデン。乞わず、ご期待!(期待しちゃだめ!)(^^;)

松田山ハーブガーデン。 ②

神奈川県西部の足柄上郡、松田町にある
松田山西平畑公園内の、遠くからでも目立つ
謎の建物が目印の、松田山ハーブガーデンのお話。

↓天使のいる展望台
11_20131024001411d50.jpg
公園への長い散策路を上った
駐車場付近にある展望台では。
天使が微笑んでお出迎えです。

↓海岸沿いの平坦地
12_20131024001410f93.jpg
丹沢の南側の丘陵地から箱根の外輪山へと至る
山地に囲まれた扇状地が小田原南部で海に至る
盆地のような平野部の画。地形が分る眺望です。

↓ハーブフェスティバル
13_2013102400141015d.jpg
実は、10/27(日)まで、
この松田山ハーブガーデンでは、
秋のハーブフェスティバルを開催中。

↓ハーブガーデン
14_2013102400141017e.jpg

15_201310240014097c8.jpg
このずっと気になっていた建物はちょっと後にして、
マズはハーブガーデン本体を見物してみます。
いうほどハーブの類には詳しくないので
ザっと眺めて綺麗な景色を探します。

↓斜面の庭園
16_201310240014097ea.jpg
建物を背にした斜面にある庭園には
181種、16500本のハーブが
栽培されています。なかなかの規模。

↓赤い花
17_20131024001223595.jpg
ごめんなさい、種類が分らないです。
この赤い色、緑の補色という事もあり
なかなか強烈に目に飛び込んできます。

↓ええと・・・
18_201310240012221d0.jpg
ええとこれは。なんだっけ?割とよく
ハーブティーなんかに入ってるのを
見かけるんですが、ええと、
ローズマリー、だっけ?

↓ アメジスト・セージ
19_201310240012228e5.jpg
ポスターにあった薄紫の綺麗な花の群生、
この時期が花の盛りのアメジストセージ。
花壇を見る角度をちょっと変えるだけで、
かなり壮観な紫の花の斜面が現れます。

↓ コスモス
20_20131024001222d7f.jpg
コスモスです。コスモスは初秋の花。
秋の訪れを知る夏の終わりの花、
というイメージが強いです。

↓コスモスの向こう側
21_2013102400122150c.jpg
コスモスをナメての例のアレ。
この建物のほうは後で行きます
お楽しみに。期待はしちゃダメよ。

↓ ラムズイヤー
22_20131024001221bdc.jpg
何だかよく分らないんだけど
ちょっと面白かったこの植物。

↓ぷにぷにでふわふわ
23_201310240011214ab.jpg
さわり心地がいいぷにぷにのふわふわ。
仔羊の耳、という意味の名前の植物。
窓辺に置いて毎日ぷにぷにしたい。
そんな感触の気持ちいい葉っぱ。

↓ フレンチ・タイム
24_20131024001120a42.jpg
おフランスの時間ざんすーっ!
では無く、フランス産のタイム。
(↑どんな直訳なんだか)(^^;)

↓青い花
25_201310240011203a8.jpg
タイムは、料理や香料などに使用される
殺菌作用などの高い薬効を持つハーブ。
カレーにも入ってる時がありますよね。

ハーブとスパイスは、奥が深すぎて付いて行けない分野、
ではありますが、勉強してみるとちょっと面白そうです。

そんなこんなで、以下次回。

↓松田山ハーブガーデン、まだ続きます。

松田山ハーブガーデン。 ③

松田山ハーブガーデンへ出かけたお話です。

なぜココへ行ってみたかったのか?
というのは、もうすべてがコレのお陰。

↓ハーブガーデンの施設棟
9_20131024001457350.jpg
割と何も無い山の中に、ぽつんとドカンと
近代建築が聳え立ち、コレが実はハーブ園だ、
などというミスマッチで溢れるのロケーションへ
一度足を踏み入れたいというなんか失礼な理由です。(^^;)

で、その建物というのがなんなのか?というと。

↓松田山ハーブ館
27_20131024001119bf0.jpg
1階がハーブグッズのショップ。
種類豊富な香りのグッズや
ハーブティー等を売ってます、

2階がハーブのクラフト教室。
一日の複数の体験プログラムを用意し、
ハーブグッズの製造体験が楽しめます。
コノ日のコ-スには、石鹸つくりなど
4つくらいのコ-スが設定されてました。

↓Cafe Resutaurant Rosemarry
28_201310240011192d1.jpg
で、3階がレストラン。ふんだんにハーブを使った
料理が食べられるレストラン。興味津々ですよ。
メニューには、ハーブティービュッフェとか、
フレッシュハーブティーとか、なかなか
他で見かけない売り物も乗ってます。
これは、入ってみたくなりました。

↓レストラン
29_20131024001118c62.jpg
食券を買って食事を注文。
席に座って到着を待ちますが、

↓この窓でした。
30_20131024001033a5b.jpg
外から見えた建物の上のほうにある
この窓が、レストランの窓でした。
この窓、眺望がなかなか良いのです。

↓ハーブチキングリルランチ
31_20131024001032816.jpg
詳しくは、ハーブチキンのグリル、バジルとトマトのソース添え。
ハーブをまぶしたチキンを、皮はパリッと、身の肉はしっとりと
絶妙な焼き加減で仕上げたチキンに、バジルとトマトのソースを
添えてあります。スープに浮いてるのは香り高いイタリアンパセリ。

↓チキン
32_201310240010322b2.jpg
チキンにバジルとトマトのソース。
割と容易に味が想像できますけど、
実際温かい出来立てを口にすると、
香りが強いの出来上がりは少しも
嫌味な香りになっていないうえに
想像していた以上に美味しかった。
他のメニューも食べたくなります。

↓フレッシュハーブティー
33_20131024001031520.jpg
こんなのも頼んでみました。
普段は滅多にお目にかかれない
摘み立てハーブのハーブティーです。

↓レモングラスとミントのお茶
34_20131024001031b8b.jpg
レモングラスとミント、
どちらも香りが強い種類なのですが
どちらも清涼感満点のハーブです。
熱いお茶なのにコノ独特の清涼感は
クセになりそうなブレンドです。

↓ライトグリーン
35_2013102400103109e.jpg
なんだかイイ色です。ハーブティーとかって
おっさんが勧めるのはちょっと変かもよ、
と思われる人もいるでしょうけどね、
偏見みたいなモノを捨ててみると、
そのカテゴリーの薬効知識とか
レシピ組み立ての奥の深さは、
深い薀蓄(ウンチク)に
なるほどのモノです。
軽視していては
いけません。

↓ハーブティービュッフェ
36_2013102400090901a.jpg
毎回違う6種類のドライハーブから好きな種類を取って
ハーブティーを淹れるハーブティーのビュッフェ。
コレは、知識がまったく無かったので断念。
このお茶が楽しめたとしたらそりゃあ、
すごく楽しそうじゃありませんか?。

↓ハーブガーデン
37_20131024000909fbc.jpg
コノ謎の建物が見たかっただけ、
みたいな感じで出かけたのですが、
行ってみたらなかなか見所が多くて
テンションが上がる結果になりました。

↓ハーブフェスティバル
38_20131024000908489.jpg
平日は何もやっていませんでしたが、
ハーブガーデンでは、日曜日まで
ハーブフェスティバルを開催中。
何故なのかフカヒレスープの
振る舞いというイベントも
あったりするそうです。

↓気をつけて。
39_201310240009082e0.jpg
まあ、それはさておいても、秋のハーブの、
小さい色鮮やかな花々を眺めに行くのも
けっこう楽しかったりしちゃいます。

コノ機会に、松田山ハーブガーデンへ
出掛けてみるのはいかがでしょうか?

↓ハーブの花々と、興味津々の美味しい料理に、拍手!

世界じゃソレを夏休みとは言わない。

本日から夏休みです。

もう10月も下旬の晩秋に夏休みもなにも
あったモンじゃありませんが、それでも
真夏に有給を取れず休暇が無かったので
仕事が多少なり暇になったこともあり、
君も有給を消化しなさい、って事になり、
何の因果か、こんな時期に夏休みが来ました。

とりあえず、ちょっとだけ遠くへ行ってきますが。
予想外の台風のど真ん中。旅先で電車停まったら
いったいどうしてくれるんだコンチキショー。

とかいいつつ、旅に出ます。
どうか探さないで下さい。  (笑)

↓秋の終わりの夏休み。たった3日じゃ、休まらないねえ。(^^;)

今は夏休み。

ただいま絶賛夏休み中。

ああ、夏休み。ク-ルだぜ。
ってぇより「夏休み」と呼ぶには
寒すぎる晩秋の旅の空の下でござる。

↓世界じゃソレを夏休みとは呼ばない。不合格。

夏休みの終わり。

夏休が終わりました。
明日から新学期です、
宿題を忘れない様に。

↑多少頭が疲れてます。

海老名でも厚木でも神奈川県でもない
秋のぶらり旅の模様は、おそらくは
明日からご紹介、するかもです。

↓夏休み、夏だったら良かったけど。晩秋だし。(^^;)

たけはら・憧憬の路。 ①

晩秋にさしかかろうかという
世界じゃソレを夏休みとは言わない
妙な時期にやっと取れた個人的夏休み。
たった3日でできる事を考え色々調べたら
二つありました、そのひとつがこの先のお話。

その舞台になる場所の最寄駅がココ

↓JR呉線・竹原駅

関東の人に、竹原ってどこ?
と聞いたら、概ね7割ほどは
竹原?ってどこ?知らない。
と答えそうな程の知名度の街。

今回出かけたのは、広島県です。

↓おかえりなさい
2_201310291939399a7.jpg
初めて来たけど、懐かしい感じのおもてなし。

竹原は、広島県の東部に位置する地方自治体。
その昔は塩田の製塩と日本酒醸造で財を成した
商家が立ち並んでいて「安芸の小京都」とも呼ばれ、
今も古い町並みが保存される町並み保存地区があります。

↓竹灯り
3_201310291938494d9.jpg
なんでまたココなのか?というと、先週末の土日で
開催したお祭りに何とか行けそうだったのでコレで。
夕方には、商店街から旧街区へと竹灯りが灯されます。

コレ、近頃人気が出てきたお祭りで、竹原では宿が取れず、
ちょっと遠くの街で宿を取る事になったのですが・・・
最寄駅のJR呉線の運行ダイヤっていうのが、これがもう、
一時間に1本、ラッシュ時でも2本しか走ってないもんで、
お祭り見るのも常に時計を気にしつつけっこう必死でした。(笑)

↓町並み保存地区
4_20131029193848166.jpg
駅から商店街を抜け、歩いて約10分程度。
目指すは案内板の示す、竹原町並み保存地区。

↓町並み保存地区
5_20131029193846ee0.jpg
江戸時代から続く旧家が並ぶ町並み保存地区。
順路表示がされて、矢印に従って歩くと
おおむね有名な見所が抑えられます。

↓旧笠井邸
6_20131029193845b52.jpg
そんな看板のドまん前にあるのが
江戸時代から塩田経営と製塩業で
財を成したという笠井家の旧邸宅。
お祭りの間は一般開放されてます。
歴史的価値の高い商家の邸宅です。

↓だるま
7_20131029193844163.jpg
コノだるまは、かつて江戸時代に、
大火に見舞われた竹原の街で、
その後の火災を無くすべく
街角に据え置かれたという
火伏せのだるまなんだとか。

↓西方寺参道
8_20131029193658ef0.jpg
旧市街のど真ん中にある
高台のお寺西方寺の参道。
上へのぼると、そこには、

↓普明閣
9_201310291936577d3.jpg
西方寺の建つ岡の斜面に
沿う様に建っている楼閣。
ココからの眺めが名物で
竹原の市街地を一望です。

↓陽が西に傾く画
10_201310291936560fd.jpg
陽がだんだんと傾いてきました。
ちょっと急いで会場を見て回らないと
見所を見落としそうなので先へ進みます。

↓なんか画になるねえ
11_201310291936555b6.jpg
お祭り見物中の和服のお姐さんたちが
石段を降りていく場面に出くわしました。
旧市街の古い町並みに和服のお嬢さんたち。
何だい粋だねえ、すごく画になるじゃねえか。(←なぜ江戸っ子?)

↓ようきんさったの
12_20131029193653ba9.jpg
そもそも、タイトルにある「憧憬の路」
というのは何なのかというと、竹原市が、
旧市街地で夜間開催可能なイベントを模索し、
1999年から、町並み保存地区にて月見会を
開催したのが始まりで、2002年に予算が降り
地の特産物でもある竹を使って、町並み保存地区を
淡い蝋燭の灯りの竹灯篭でライトアップをするという
イベントに発展したのが、「憧憬の路」なんだそうです。
10周年だった2012年は、広島のマツダスタジアムで
憧憬の路再現イベントが行われたというほどの熱の入りよう。

↓胡堂
13_20131029193519295.jpg
通りのドン突きにある胡堂。このお堂は、
大林宣彦監督の映画のロケ地にも
なった事があるそうなんです。

↓照蓮寺南石段
13-1_2013102919351725a.jpg
その胡堂脇にある町外れの
照蓮寺の南側の石段を上って。

↓人気スポット
13-2_201310291935167f8.jpg
照蓮寺境内を通り抜けて
西側の参道の石段へ抜けると
ココがライトアップの人気スポット。

↓竹燈籠の山
14_20131029193515602.jpg
日が暮れると、こんな山盛りの
竹燈籠にも淡い灯が燈ります。
なんかすごく楽しみです。

↓犬矢来(いぬやらい)?
15_20131029193513730.jpg
街中の水路にかぶさっている
京町屋の玄関口にあるような
犬矢来みたいな竹囲いの風景。
後でスゴイ画になりますので。

↓酒造蔵
16_20131029193337bbf.jpg
蕎麦屋も営む酒造蔵がコレです。
竹原の町並み保存地区には何と
造り酒屋が2軒も、蕎麦屋が
3件以上もありましたなり。
酒飲みにも蕎麦食いにも
魅力的な店揃えです。
じゅるる~(^u^)

↓落日間近
17_20131029193336f2f.jpg
だんだんと日没が近付きます。
日暮れ時になって来ましたね。

↓憧憬の広場
18_2013102919333582a.jpg
「憧憬」というは「あこがれ」という事。
コノ街並の小路に心焦がれて帰ってくる、
そんな場所になるべく名付けられたのが、
「憧憬の路」なんだとか、そしてコノ一角、
憧憬の広場にあるのが「憧憬の路」そのもの。

思ったより小さいなあ、
ってのが最初の感想でした、 が。

↓点灯
19_201310291933330e4.jpg
ココは蝋燭ではなく電球です。
このオレンジ色の明るさが、
だんだん宵闇に馴染むと、

↓夕暮れの竹灯り
20_2013102919333150f.jpg
陽が落ちれば、かなり劇的に
竹灯りの風景は変貌致します。

憧憬の路、その夜の風景は、
明日のお楽しみ。という事で。

↓町並み竹灯り、憧憬の路2013、以下次回!

たけはら・憧憬の路。 ②

秋の空の下に、安芸の小京都、広島県は竹原市の
古い町並みが現存する旧市街、町並み保存地区で
毎年行われる、夜の町並みライトアップイベント
「町並み竹灯り・憧憬の道2013」のお話です。

↓憧憬の道
20_20131030204008a6e.jpg
竹のアーチに灯りが燈る、
憧憬の道に灯が入りました。

↓竹灯り
21_20131030203610c09.jpg
宵闇が迫る時間が近付くと、

↓竹燈籠
22_2013103020360999d.jpg
最初は点いているのが分らなかったような
小さな蝋燭の灯りも、徐々に輝きを増します。

↓町並みと竹灯り
23_201310302036082b5.jpg
陽が落ちて、辺りが暗くなって行くにつれ、
町中のそこかしこに置かれた竹灯りの数々が、
古い町並みを照らし。徐々に景色が変ります

↓たけはらの灯り
24_201310302036076e4.jpg
町並み保存地区の夜を照らし出す
ライトアップの灯りの主役は
様々な形をした竹燈籠です。

↓すべて手作り
25_20131030203603110.jpg

26_2013103020351676a.jpg
竹燈籠はすべて違う形の竹から出来てるので、
工業的な一括加工が出来ない素材なものですから、
街中に置かれている竹灯りは、すべて手作りです。

↓松坂邸
27_20131030203515bfc.jpg
町並みの中にある旧家のひとつ松坂邸は、
庭の灯りを眺められる開放を実施中でした。

↓振り返ると
28_20131030203513c3d.jpg
コノ庭園から振り返ると丘の上の楼閣が夜空に浮かんでました。
コチラは昨日の記事でも書いた、町並み保存地区の真ん中の
西方寺の丘の上の楼閣、普明閣。ライトアップを実施中。

↓西方寺参道
29_20131030203512427.jpg
コノ石段は、夜も画になります。
ぶれたのがとっても残念。

↓普明閣
30_20131030203511f95.jpg
夜間ライトアップ中の丘の上の楼閣。
その楼閣から眺める夜景はこんなの。

↓竹原の夜景
31_20131030203429059.jpg
手前の街灯のほとんど無い
暗い一角が町並み保存地区。
意外とよく分る明るさの違い。

↓町並み保存センター前
32_2013103020342851d.jpg

33_20131030203427b24.jpg
開催本部が置かれているのがこの町並み保存センター。
コノ前の竹明かりは、毎回飾られる竹燈籠の数が多く
飾り自体にも力が入る人気スポットなんだそうです。
すごく明るく見えるので、人だかりになってました。

↓スカイツリー
34_201310302034250ea.jpg
スカイツリーだ!
すげえ、竹で出来てる!!

↓竹のツリー
35_20131030203424c1f.jpg
全部竹で出来ている天を突く高さの
スカイツリーの大型灯篭がありました。
超大作。コレ、近くには寄れないんですが
それでも近づける場所までは人だかりでした。

↓和紙の灯篭
37_20131030203340738.jpg
透かしを漉きこんだ和紙が淡い灯りに照らされて
透明感すら感じる、和紙の竹燈籠。いい感じ。

↓願掛け燈籠
36_20131030203341002.jpg
町の子供達が願い事を書いて
願掛けを行う燈籠の群れ。
やわらかい灯りなのに
ちょっと壮観でした。
綺麗でかわいい。

・・・しまった、

もっと短く終わるはずだと思ったのに
興が乗って長くなっちゃった。
まだ続きそうな勢い。

コノ後、更に夜が更けた
竹灯りの町並みが出現。
ってところで以下次回!
次回も「憧憬の道」です。

↓次回も、竹灯りの夜の町並み。お楽しみに。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
46位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる