FC2ブログ

まつだ桜まつり。 ⑤

松田町の河津桜の桜山の
ライトアップを見物に
出かけてる話です。

↓菜の花の斜面
11_20140228204032620.jpg
桜の植わる斜面の足元の
菜の花の鮮やかな黄色が
夕映えに一際目立ちます。

↓見上げる桜
12_20140228204031075.jpg
漸く7分咲きになった
斜面の桜を眺めつつ
遊歩道を上ります。

↓富士山!
13_20140228203918266.jpg
頂上の駐車場前からは、前回見られなかった、
キレイな稜線をココゾと見せる富士山の勇姿が
遠くの谷合の遮るモノの少ない夕空に佇んでます。

↓富士に桜
14_20140228203917658.jpg
夕闇が迫る中で点灯したハロゲン燈の光に
花の桜が照らされる梢。桜越しの富士山の
ベストショットの一つがココにありました。

↓松田ハーブ館
15_20140228203917dcf.jpg
遅くまで営業中のハーブ館の外壁に
LEDの燈火が点灯、建物自体が
どんどん輝きを増し始めます。

↓残念
16_20140228203917aa6.jpg
ライトアップを彩るはずの
松田町特選屋台群なんですが、
平日のちょっと寒い夕方なので
名物屋台群は休業状態の閑散具合。
ソーセージでビールが飲みたかった。

↓寂しい・・・
17_20140228203916221.jpg
夜のライトアップイベントだというのに
お店が閉まってたりしたもんだから
一抹の寂しさなぞを感じながらも、

↓「早咲き」桜まつり
18_20140228203916a16.jpg
まつりのボンボリが灯り初めて
ライトアップは見頃になります。
気を取り直して、桜の時期には
一足早い夜桜見物へ向かいます。

↓街の灯りチラチラ
20_20140228203802751.jpg
枝越しに街の灯りが
チラチラと輝きだす
そんな夜のはじまり。

ってところで、以下次回!

↓次回こそ、ヨザクラ三昧でお送りします。

まつだ桜まつり。 ⑥

↓ハーブガーデン
22_20140228203801536.jpg
さあ!いよいよ夜桜の登場です!!
未だ冬の気配を引き摺る早春です。
本格的な桜の時期はまだ先ですが
桜を心待ちにする者にはちょっと
心躍る早咲きの河津桜の夜桜です。

↓桜越しの東名高速
21_20140228203802d3b.jpg
東名高速の眩い路側灯がグーっとカーブする
遠景を、桜越しに眺めている画がコチラです。
夜桜のライトアップとおえいうのは、やはり
テンションがMAXになるほど上がりますね。

↓ライトアップ!
23_20140228203801d5a.jpg
薄暗がりになりつつある西の空を背に
ライトアップを受けた河津桜の
早咲きのライトアップです。

↓桜越しの街灯り
24_20140228203800812.jpg
なんかすごくいい景色。
桜越しの街灯りの画です。
こんな景色が近所に欲しい。

↓紺と桜
25_20140228203638c29.jpg
夜空手前の紺色の夕空をバックに
濃い目の桜色が花開く、そんな
幻想的な見上げる桜の画です。

↓フラッシュ一閃
26_20140228203637576.jpg
だんだん暗くなってきた事もアリ
フラッシュを焚いてみた画の中で
ちょっとぐっと来た画がコレです。
暗がりでのフラッシュ一閃の画は
なんか魅入られそうな雰囲気です。

↓最後の富士山
27_201402282036377a5.jpg
夕闇、ボンボリ、そして富士山。
桜を見終わった後の風景ですが、
なんかグッときますねえ、ああ、
富士山って、やっぱ存在デケえ。

↓お気をつけてお帰り下さい
28_201402282036367a9.jpg
はい、堪能致しました。
河津桜もやはり桜です。
一足早く桜バカ炸裂で
夜桜見物出来ちゃって
なんかほくほくでした。(笑)

↓輝く松田山!
29_20140228203636d0f.jpg
帰り道で眺めた松田山の風景。
輝いてるじゃんか、松田山様。
(↑キレイなんですよ、ほんとに)

↓小田急線・新松田駅
30_20140228203636c5a.jpg
河津桜の夜桜を堪能し、
とぼとぼと歩いて駅へ到着。
小田急線で帰宅の途へ着きます。

松田山の河津桜は、暖かくなったり
寒くなったりを繰り返すこの頃で
満開に近付きつつありますので
だんだん見頃に近付いてます。

ライトアップを含めた
まつだ桜まつりの会期は
3月16日(日)までです。
まだまだ見頃は続きますので、
機会があれば、ぜひ訪ね下さい。

↓河津桜は、今が見頃です、よれちきちゃん。

三月三日の白いヤツ。

3月3日は雛祭り。今日も今日とて会社通いのこの身に取っては、
雛祭りっぽいアイテムを購入することもなかなか叶わず、ってか
そもそも独り身のおっさんが雛祭りって、なんか変じゃね?的な
嘲笑じみたお話になりかねないのでできる範囲で、おっさんでも
許されるような雛祭りっぽいものを手に入れてみた、的な話です。

↓白酒

雛祭りのお供と言えば白酒。その実は、
アルコールの飛んだ酒かすで造る甘酒の事を
そう言うのですが、これは残念ながら違うんですね。

↓ 桃川・にごり酒
A2_20140303212110132.jpg
いや白酒どころか、
もろにごり酒やん。
立派な清酒やんか。

にごり酒は濁酒が清酒になる過程の
澱を残した日本酒、ってそんな説明
酒飲みには不要ですが、酒ですから、

恒例のコレ↓

お酒を飲まれない皆様、並びに
未成年の皆様、お酒の話題です
誠に申し訳ございませんでした。
何卒お許しを、ごめんちゃい。

↓白いヤツ
A3_201403032121109cc.jpg
桃川は青森県の酒造蔵。かなりの製造量を誇り
ほぼ全国で購入可能です。なんせクリエイトで
売ってるほどです。アル添の安いお酒ですけど
わりと飽きない味で、結構好きだったりします。

↓雛祭り気分
A4_20140303212109f34.jpg
女の子の節句の雛祭りに
いい年下おっさんがひとりで、
要は酒飲んでるだけのお話です。
今年は地場の有名なひな飾りとか
見に出かけられなかった事もあって、
せめてちょこっとだけでもお祭り気分。
という事で、白いお酒の晩酌の話でした。

↓ネタが無い訳では、無いのですよ。ほんとに。(^^;)

湯河原梅林・梅の宴。①

↓JR湯河原駅
1_20140304231013697.jpg
湯河原へ行って来ました。
何故ココなのかというと?

↓ 梅の宴
2_20140304231012399.jpg
神奈川県の最西端に位置する
規模の大きな梅林で開催中の
観梅イベント、「梅の宴」を
見物に行くためでございます。

↓バス乗り場へ
3_20140304231012d22.jpg
改札を出て向かって左側から
会場行きのバスが運行中です。

↓会場は「幕山公園
4_20140304231011953.jpg
バスで15分の位置の「幕山公園」に
湯河原梅林があります。温泉街とは
反対側になりますのでお間違え無く。
バスではSuicaPASMO
使えるようになってます。・・・便利だ!

↓いきなり到着
5_2014030423093528a.jpg
ええと、結構混んでたので
途中の写真を撮れてません。
だからいきなり現地へ到着。

↓箱根登山バス
6_201403042309347e3.jpg
バスは1時間に約3本、
時間を間違え無い様に
チェックして会場へ。

↓会場入り口
7_20140304230934719.jpg
掘っ建て小屋の入り口ブース、と思いきや、
このブースでもSuicaとPASMOが
当たり前に使えます。なんかスゴい電子化。
鉄道系IC電子マネーは、使えるかどうかで、
集客率変わる場合もあったりしますからねえ。

↓湯河原梅林
8_201403042309335ae.jpg
湯河原町の幕山の裾野の斜面に広がる広大な梅園には、
約4000本に迫る、という梅の木が植えられていて、
花が咲いたその風景が、「梅の絨毯」と讃えられる程。
平成8年から公開が始り、今年で19年目を迎えた
梅の宴が行われるのがコチラ。このときの開花具合は
概ね7分先を過ぎた所でした。今年は梅が遅いですね。

↓幕山公園
9_2014030423093315e.jpg
湯河原の温泉街からは、駅を挟んで
正反対の位置にの高台に位置するのが幕山、
温泉街ならかろうじて駅から歩いて行けますが、
コッチへ歩いて行くと、ちょっとしたハイキング。
バスが便利ですが、駐車場も第4駐車場くらいまで
用意して有り、土日のお出掛けが車でも概ね安心です。

↓幕山公園
10_20140304230933048.jpg
立派な大岩に刻まれた公園名。
山間部に作られているけど
かなり大きな公園です。

さあ、観梅へ向かいましょう。

って所で、以下次回。(←お約束になってきました)(^^;)

↓次回、ちゃんと梅が出て来るかどうか。(←コレも割りとお約束)(^^)ヾ

湯河原梅林・梅の宴。②

湯河原町にある湯河原梅園で開催されている
観梅イベント、湯河原梅園・梅の宴の話です。

↓ウッドチップ

木材の端材を粉砕したウッドチップが
一面に敷き詰められた広場の地面の画。
近頃良く見かけるようになった舗装です。
地面に適度なクッション性が生じるので
足腰に優しく、自然素材は、劣化しても
排除する必要が無く、水はけもいいので
ほぼメンテナンスフリー、という利点が
あるんだとかなんとか。自然にやさしく
管理費も人件費も圧縮できる舗装材です。

とかいう感じの、本編とは関係ない感嘆。

ソレはさておき、梅の宴に向かいます。

↓湯河原町・お祭屋台群
13_20140305234924e39.jpg
梅を見に行く前に、
ちょっと腹ごしらえ。

コレは湯河原町の名産品を並べる
湯河原ご当地名物屋台群なんです。
近頃の地方自治体のイベントでは
だんだん定番化になってきました。
足を運んでくれたお客さんたちに
地元の人気商品や銘産品の数々を
アピールする場でもありますから。

↓ 湯河原坦々焼きそば
14_20140305234924df7.jpg
湯河原といったら、やっぱりコレ。
坦々タヌキのタンタン焼きそば。
湯河原町の商工会が主導して
銘産品に押し上げたという
地域限定のB級グルメ。

↓坦々焼きそば
15_20140305234844f9f.jpg
坦々焼きそば購入。買う時に売り子さんに、
結構辛いですよ、と七味唐辛子を振るのを
止まられましたが言うほどじゃありません。

↓美味しい
16_201403052348445a5.jpg
店舗で提供している焼きそばは注文の際
辛さの調整をお願いできるそうです。
新湯河原名物、もうちょっと有名に
なってくれると嬉しいですね。

↓梅ソフト?
17_201403052348438e8.jpg
ちょっと気になったのがコレ、
梅ソフトソフトクリーム。

↓梅ソフトクリーム
18_20140305234843229.jpg
購入しました。
梅林の梅をバックに
梅味のソフトクリーム。

NISSEIのソフトなんですが、
ちょっと酸味が少ない感じでした。
でも、こういうアイテムがあると
気分的にちょっと盛り上がります。

↓この先が梅林
19_20140305234843f7a.jpg
腹ごしらえはこの辺で終わり。
コノ階段の先が梅林入り口です。

↓湯河原梅林
20_20140305234842b58.jpg
さあ、いよいよ湯河原梅林へ向かいます。

というところで、以下次回。

↓遂に次回から、本格的に梅林散策です。(^^;)

湯河原梅林・梅の宴。③

↓湯河原梅林

湯河原町の幕山公園にある
広大な梅林で観梅中のお話。
大変お待たせし致しました。
ようやく梅の花の出番です。
(↑こういう展開が定番です)

↓登山口
22_20140306225926ed9.jpg
小さいながらも梅林は「登山道」とよばれてるので、
入り口は登山口、という名前になっています。

↓斜面に薄紅
23_20140306225841017.jpg
緩急が混ざり合う山の斜面に
様々な色合いの梅の紅が
ちりばめられてます。

↓梅の三色
24_201403062258401f3.jpg
白梅、薄紅、紅梅と、一つの画面の中に
三色花の色が立体的に重なっています。

画が荒くてちょっと伝わりません。
(↑ 要は写真の腕が悪いんですね)

↓斜面を見上げます
25_20140306225840a1f.jpg
まだ上がある、上っていくの大変そうですが、
歩いていくといろいろと景色が変わるので
キョロキョロしてる分だけ見飽きません。

↓春先小紅
26_201403062258405be.jpg
枝先の紅梅が鮮やかに空に映えます。
3月ですから季節はもう春です。
春先小紅の小粋な美しさが
とてもいい感じですよ。

↓見おろす梅林
27_201403062258396d7.jpg
気が付いたら、結構な急斜面。
見下ろす視界が全部梅の梢。
これなかなかいい画です。

↓断崖絶壁!
29_201403062256523cd.jpg
梅林の上のほうへ上って行くと
こんなかんじで断崖絶壁です。
コノ下側が結構な急斜面。
緩やかな場所もあれば
こんな断崖まであり。
地形的には見ると
飽きないです。

↓薄紅の梢
30_201403062256516d7.jpg
足場の悪い斜面でもキチンと整備され、
キレイで可憐な花を咲かせる梅の木が
4000本近く植わってる湯河原梅林。
まだまだたくさん見所が出てきます。

そんなこんなで、次回へつづく。

↓結構失敗写真が多いので、伝わりづらいのが難点です。

湯河原梅林・梅の宴。④

↓ライトアップイベントあります。

梅林のあちこちに立ってるのがこういう大型の照明燈。
湯河原梅林では、週末にライトアップイベントも
あったりします。そんな梅の宴のお話です。

↓パノラマ
32_201403072301091be.jpg
見渡せる範囲が全部梅の花。こういう光景はやはり迫力。
写真が小さいので、いまひとつ伝わらないのが残念です。

↓まだ上る
33_2014030723010884e.jpg
前回の凄い断崖を過ぎると、
斜面はその崖を回り込む様に
緩やかな斜面が広がり始めます。
梅の花はその斜面を埋めるように
キレイに広がります。かなりキレイ。
けど基本歩いて上るので少々疲れます。

↓枝垂れ梅
34_20140307230108bb4.jpg
枝垂れの梅が植わる光景。

↓枝垂れ梅越しに
35_20140307230033234.jpg
枝垂れ梅越しに、谷合を挟んだ向こうの山にも
恐らくは梅、と思われる花の色づきがあります。
なんだか壮観な、早春の山の風景でございます。

↓枝垂れ梅の群生
36_20140307230033175.jpg
枝垂れ梅は、実は群生している箇所があり、
目の前全部が枝垂れ梅って光景もあります。

↓巨岩
37_2014030723003219f.jpg
梅林内には、こんな巨岩が
いきなりごろりと出現したり、
石垣の段々があったり、
やわらかい斜面を歩いたり、
上り坂の連続ではありながら、
なかなか飽きない風景が続きます。

↓紅梅の群生
38_201403072300328eb.jpg
枝垂れの群生の次には
あたり一面を染め上げる
紅梅の大群生が出現します。

↓紅の色
39_20140307230032b08.jpg
派手な赤ではなく、淡すぎる色でもなく
主張の強すぎない紅の色がいい感じ。
コノ色が目の前し枝先の全てに
ちりばめられている光景は、
梅林ならではの色合い。
見に行く価値大です。

↓白梅
40_201403072300313c7.jpg
その紅梅の林の頂上から振り返ると、
ソコは白梅オンリーの梅林があって、
目の前とは全く色合いが変わります。
コレはなんかすごい演出な気がする。
湯河原梅林は梅の色合いが際立って
特に綺麗な場所が、とても多い感じ。

↓湯河原梅林、まだまだ続きます。

湯河原梅林・梅の宴。⑤

湯河原町の幕山公園にある
湯河原梅林で開催中の観梅イベント、
「湯河原梅林・梅の宴」を見物中のお話です。

↓枝垂れ梅の並木

枝垂れ梅の並木の中に順路が走ります。
周囲からは梅の香が濃く香っています。

↓白梅
42_2014030820081501e.jpg
可憐な白梅。このときは
まだつぼみも多かった
ようやくの七部咲き。
見頃はまだ先でした。

↓石垣の段々
43_20140308200814ab2.jpg
斜面のきつい場所には、石垣が組まれ
その段々の中に木が植えられています。

↓結構な急斜面
44_2014030820081490b.jpg
段々の下側の、緩やかになった斜面、
なんですけど、それでも結構な急斜面。
その斜面の中に、紅梅、薄紅、白梅など、
ほんのりした色合いがちりばめられてます。
多少は疲れるけど、梅林を歩いた最後の方に
こういう景色が目に入るのが嬉しい感じですよ。

↓注意事項
45_201403082008130fa.jpg
注意事項、スズメバチやヘビには
充分注意が必要です。春ですから。

↑そういうのは最初に読めよ!(^^;)

↓下山
46_20140308200728baa.jpg
疲れたけど、来てみてよかった。
今年は時期がズレちゃったけど、
まだまだ梅の見頃は続いてます。

↓中継車だ、
47_2014030820072884d.jpg
テレビの中継車がいました。
関東ローカルだと思うけど、

↓フジテレビだ!
48_201403082007271b2.jpg
フジテレビだ!在京キー局じゃないですか、
夕方のニュースで映像が流れたのかな?
もう先週のはなしなんですけどね・・・。

↓紅梅・白梅
49_201403082007273ac.jpg
売店群のある広場にあった紅梅と白梅のペア。
紅白で花を咲かせるインパクトは絶大なんですが、

…写真が下手なもので、いまひとつ
伝わらない画になってしまいました。(残念)

↓幕山
50_20140308200727035.jpg
幕山の裾野を染める梅林の色合い。
今頃は、このときよりも開花が進み、
正に見頃を迎えているはずですので、
梅の花の盛りが終わってしまう前に、
ぜひ一度、出掛けてみて下さいませ。

↓ 湯河原梅林・梅の宴
52_20140308200726ed4.jpg
観梅イベント「湯河原梅林・梅の宴」は
3月16日(日)までの開催です。
行ってみる価値はありますよ。

梅を眺めてたその足を、ちょっと伸ばして
湯河原温泉で立ち寄り湯なんていう感じの
日帰りプランも出来たりしちゃいますので、
湯河原梅林・梅の宴、いかがでしょうか?

↓会期はあと一週間、今が見頃の観梅です。どですか?

夕暮れに一番星。

この3月は、例年に増して忙しくなってます。

XPのOSサポートが終わっちゃうし
消費税増税が目前にせまっているので、
この際、買い替えの必要がある物を数え
買い替える為の準備をしたりなんだりで、
散財を伴う個人的な英断を迫られてます。

↓夕空に一番星
☆
そんな訳で、毎日仕事から帰ってきたからが
忙しくなってるこの頃なので、しばらくは
ボリュームダウンでお送りの予定です。

まあ、ほんのちょっとの間だけです。
更新はするつもりで降りますので、
色々終わるまで、何卒見捨てず
遠慮なくお立ち寄り下さい。

↓変化を目前にした早春です、皆様?準備はお済みですか?

今日の日は穏かに。

↓トワイライト

今日は、特に何もなし。明日に備えましょう。
明日がどんな日か、忘れてはいけません。

ただテレビで当時の映像や、被災地レポートを見ながら
その日、自分は何をしたのか思い出すだけでも構いません。
普段は思い出せなくてもいいので、せめて明日1日だけでも
その時の事を思い出しましょう。それだけでもいいと思います。

明日は、あれから3年目の3月11日です。

みんなが揃って、誰かのために
何かしよう、と思っていた三年前。
その時の気持ちを思い出しましょう。
そのくらいの時間なら、ありますよね?

↓東日本代震災は、まだエンディングには至っていません。

がんばらなくちゃ。

3月11日です。

平成23年(2011年)3月11日、14時46分に端を発した
関東・東北沖地震に伴う、東日本大震災の発生から3年が過ぎました。

何かを書かなくちゃ、と色々考えて、
実際に文章を書いたりもしましたが。

どんな事を書いた所で、それは全てが空々しく、
まるで絵空事のように感じられてしまいます。
当然です、僕の生活は震災の余波は受けたけど
震災の被害に遭っている訳では無いんですから。
職場や仕事が、津波のお陰で無くなったり、
生まれ育った町がまるまる消えてしまったり、
大切な人がいなくなったりは、していません。

そういう経験を強いられ、やりきれない想いに苛まれ
それでもソレを乗り越え、新たな一歩を歩き始めてた
被災地の皆様にすれば、どれだけ真摯に言葉を紡ごうが、
所詮部外者の視点で出る言葉。この三年間にさせられた
被災経験に勝る言葉なぞ、出て来る訳は絶対ありません。

そういうわけで、
今回は何も書けません。

だからせめて、震災が何をもたらしたのかを
忘れない様にするため、今日は色々なメディアを
次々ハシゴして、いろいろな情報に触れています。

次々現れる事実に心を痛め、涙しつつ、
何も出来ない無力さをかみ噛締めて
犠牲者の冥福を祈る事ぐらいしか
出来ませんが、あの日から続く
今までの事を忘れないように、
心に刻んで眠りに就こうと
夜を過ごしております。

↓震災犠牲者の皆様へは、心より、ご冥福をお祈り致します。合掌。

静かに過ごす。

今日は何もナシ。これから数日はしばらく
こんな感じで過ぎていくことでしょう。
いろいろ忙しくなって来ているので
仕方ないことかもしれません。

復活の日はいつになるのか、まあ、
数日先にはなりますので、それまでは
しばらくお待ち頂ければ幸で御座います。

↓暫しの間、座して待て!(←えらそうだな)(^^;)

特に何も無し。

仕事から帰ってきてから、食事の準備とかしたり
翌日の支度をしたり調べモノをしたり、などなど、
とにかくまあ、いろいろとする事はあるのですが、
それはとにかく、ブログネタには結びつきません。

そんな中、コノ春買い換え無ければならないモノが
段々と定まってきました。一番痛いのはやはりパソコン。
このパソコン、まだまだ充分使えるのに、何かもったいな。

↓コロッケそば

文面とは全く無関係なコロッケそば。

・・・なぜコロッケそば?

それは、そういえば、しばらく
大好物なのに、食べてないなあ、
と思って、回想してたからです。
その程度の何も無さ感ですよ。(^^;)

↓早くやることやって、ブログに復帰したいですねえ。

絶賛開店休業中。

本日は開店休業。申し訳ありません、
またのお越しをお待ちしております。

↓ブログ拍手はコチラから。

魁力屋・背脂醤油ラーメン。

個人的に大好きなラーメン屋で、
我が家からは目と鼻の先に
海老名店がある魁力屋

関西転勤時、紅葉見物に出かけたときに、
ソレとはまったく知らずに、偶然にも、
魁力屋の本店で食事をした事があり、
それ以来のお気に入りなんですが、
なんとソレが、こんな事に!

↓ 京都北白川・魁力屋背脂醤油ラーメン

カップ麺になってました。ビックリ!

↓店舗情報
2_20140315224236fbb.jpg
これまたビックリです。
現在は、本店のある関西よりも
関東のほうが、店舗数が増えてる!
関東での受けが、相当良いんですね。

↓熱湯直前
3_201403152242352f9.jpg
カップ麺は、サッポロ一番でお馴染みのサンヨー食品による製造で、
販売は、ファミリーマートとスリーエフのコンビニ限定販売です。
海老名魁力屋の目と花の先にある、スリーエフで購入しました。
(↑目と鼻の先の魁力屋行ったほうがええのんとちゃうん?)

↓出来上がり
4_20140315224235d33.jpg
熱湯三分後、ドライトッピングのネギを
面の上に散らして出来上がりです。ちなみに、
ドライのネギは、嬉しいことに九条ネギですよ。
苦みばしった九条ネギの風味がちゃんと生きてます。

本店&関西の店舗では、九条ネギ乗せ放題という
トッピングが常設です。それには及ばないまでも
そんな所がちょっとだけ再現もされてるんですね。

↓中細麺
5_20140315224235862.jpg
お店の味わいに極めて近い食感。
すげえ、魁力屋のラーメンだ!
スゴイ完成度の逸品ですよ。

魁力屋のカップ麺販売は、
実は今回が3回目なんだとか。
以前の2回は食べ損ねてました。
惜しいことをした。本当に惜しい!

↓完食
6_2014031522423474e.jpg
汁まで飲みきっての完食。
ごちそうさまでした。

コレは、ちょっとハマりそうな味ですが、
コレを買いに行くのほぼと同じ労力で、
本物の魁力屋へ行けてしまえるので
コレを食べる機会は、個人的には
無いかもしれませんね、うむむ。
でも、この完成度は注目です。

お近くに魁力屋が無い皆様、
ぜひ一度、このカップ麺で、
魁力屋のラーメンの味を
ご堪能下さいませ。

↓期間限定、ファミマとスリーエフで売ってますので、お早めにドウゾ。

寝落ち寸前。

連続勤務が明けたので、体力不足から
エネルギー切れ寸前の状態のため
本日は相変わらずの休業状態。

またのお越しをお待ちしております。

↓何事も、無理しちゃダメ。

小西酒造・白雪長寿蔵スノーブロンシュ。

今回は、全部お酒のお話です。
お酒を飲まれない皆様、並びに
未成年の皆様、誠に申し訳ありません。

↓小西酒造、 白雪長寿蔵・スノーブロンシュ
1_201403170757158b4.jpg
何故コレなのか?というと、
実は、このビールを作ったのは、
兵庫県伊丹市の小西酒造㈱ですが、
伊丹市というのは、日本の酒造史上で
初めて濁酒(どぶろく)を布袋で漉す事で
透明な清酒を作り出した清酒発祥の地です。

清酒・白雪 で知られる酒造蔵、小西酒造は
大衆向けの日本酒を大量生産する大手業者で、
クラフトワーク的な繊細な日本酒醸造からは
遠ざかっている様にも思われがちなのですが、
伊丹市には、小西酒造経営の限定醸造商品を
提供するブリュワリーレストランなどもあり、
関西転勤時にはソコへ出かけた事があります。
何せ伊丹の隣の尼崎に住んでおりましたので。

その時のお話はコチラ。 初めての関西。 → 伊丹の酒

そのブリュワリーでは、日本酒の酒蔵が
限定醸造しているビールも提供されており、
なかなか美味しかった事も思い出しました。

その白雪のビールを、本厚木ミロ-ドの
酒販店で見かけ、購入してきました。

↓金賞2冠
2_20140317075715ad2.jpg
ヨーロッパの品評会で金賞2つも受賞しているビール。
小麦が原料の上面発酵ビールに、オレンジピールと
コリアンダー(パクチー:ハーブ)で酸味と香りを加えたビール。

↓香りのビール
3_2014031707571588f.jpg
大量生産は出来ない代わりに、醸造蔵がアイデアともてる技術を
つぎ込んで醸すクラフトビールです。なんですが、伊丹からは
遠く関東でも購入出来てしまいました。コレはコレで幸運。

↓スノーブロンシュ
4_20140317075714966.jpg
ちなみにこの名前。ちょっとだけ考えてみたんですが、
どう考えても白雪の直訳だという結論に至りました。

地ビールには、一般大手の
どこでも買えるビールとは
また違う楽しみがあります。
そういうののひとつとして
こういうの、どうでしょう?

↓ブログ拍手へは、コチラから。

春一番とこぼれ日の午後。

久々の平日公休だったので、
この春買い替えが必要なものを
売ってるお店に物色に行きましたが、
時ならぬ強風と、うっすら空を覆う雲と
午後一から降り始めた、細かい雨の空の下。
コレだ!というほど欲しいものが見つからない
ちょっとした落胆をかかえ、ふと空を見上げたら、

↓こぼれ日

雲の切れ間からこぼれる日差しが、
天啓を携える天の使いの通り道の如く
神々しい風景を作り出しておりました。

とか書いてみると、なんとなく
心揺さぶる光景っぽいんですが、

多くの皆様がご存知の通り、本日は
日本の約半分で記録的な強風が記録され
全国的に春一番が観測されました。

昼前からうちの近所では、
小田急線とJR相模線が両方とも、
強風で架線に付着物が確認されたため
撤去作業のため運行停止を実施した程です。

この写真を撮った時も、馬鹿みたいな強風と
濡れそうで濡れない細かな雨の下でした。

ちょっとした春の嵐の下でしたけど、
帰り道は、あちこちでこぼれ日が降り
欲しいものこそ見つかりませんでしたが
ちょっと気分良く帰ってこられました。

↓まだこの先も、ちょっとだけ減速状態が続きます。

つくし

これぞ春、という風景に出会いました。

↓つくし

春ですねえ。桜の花が咲く前の
春の風景のひとつに出会いました。
・・・僕ん家の駐車場の隅っこで。

そういえば、つくしって、食べられるんですよね。
子供のころに一度だけ、食べさせられたたことが
あった気がしますが、その味を全く覚えてません。

試しに摘んで帰ろうかとも思ったのですが、
このつくし、車の後ろに生えてるんで、
なんかヤバそうなのでやめました。

絶対マイカーの排ガス浴びてるから。(^^;)

↓だんだん春らしさが増してきましたね。

JR厚木駅の変化。

ある日突然変化に気付きたことがあります。

↓JR厚木駅改札
3_20140321061548e06.jpg
厚木駅の改札が、ゲートになってる!

厚木駅はJR相模線の駅ですが、駅機能は
小田急線の厚木駅の駅舎間借りしているので、
きっぷで入場する際にはそのまま通過できますが
鉄道系電子カード使用の際は、小田急線の改札を
通ったその先でもう一度、簡易型ターミナル端末で
データの交換を行う必要があるのですが、ソレが
いきなりゲ-トに変わっていました。ビックリ!

↓旧型簡易ターミナル
4_20140321061547bc3.jpg
身の回りにあって、普段は当たり前のモノって、
意外と注意して記録にとどめたりしないものです。
過去画像から厚木駅簡易端末の画像を探しましたが、
あったのは震災直後の運休中の厚木駅の画像だけです。
端末の形が不明な、ただこんな雰囲気という写真のだけ。

念のため、こういう感じでした。 ⇒ 厚木駅改札(無料動画) 

ちなみに、JR厚木駅の改札改修工事は
今年(2014年)1月から開始され
2月末に工事が終了したそうです。

その間も、厚木駅は時々使ってたんだけど、
工事の完成にはなぜか気が付きませんでした。
この目はどんだけ節穴なんだかわかりませんな。(^^;)

このお陰でひとつだけ注意事項ができました。
JRの改札ゲートを潜る前にトイレを済ませましょう。
JRのホームにはトイレが無いのでナメるとヤバいです。
(↑下ネタじゃんか)(^^;)

↓簡易端末は、時々タッチを忘れそうになってました。

ステスク、春のディスプレー。

↓サクラのディスプレー

小田急線の小田原本線と江ノ島線の
分岐駅になる交通の要所でもある
小田急線・相模大野駅の駅ビル、
ステーションスクエアの
自由通路のディスプレ-が
毎年春恒例の、桜になりました。

駅の自由通路のど真ん中に
桜の大木が出現してます。

今年は寒さが長引いていましたが
桜の開花時期は例年並みだそうで、
本物の桜も、開花が近づいてます。

今年も無事にサクラの季節が
やって来ようとしています。
今年もしばらく桜の画しか
出て来ない四月も間近ですよ。

やっと一年を乗り越えられた。
その感慨を胸に、今年も
桜が咲くのを心待ちに
開花を待つことに。

↓それまでに、色々と終わらせなくちゃ。

ひねもす春のサザンビーチ。

↓Cのオブジェ
2_20140322211159054.jpg
茅ヶ崎市の海水浴場、サザンビーチ。
ちょっと用があって近くへ行ったので
用もないのにC のオブジェの近くへ行って
写真を撮ってきました。昨日のことです。

C のオブジェは、平日でもなんだかんだで
人出が絶えない場所、だったりもします。
写真一枚撮るのに、数人のグル-プが
その場を離れるのを待つほどです。
春休みで休日だったのもあって
普段よりも人が多いのです。

なんか、真夏にココへ来た事無いな。
海水浴場の営業が終わった秋口とか
春先だとか、そんな時期に限って
近くに行く事が多いんです。

でも、それでもこの、真夏の喧騒とは
ちょっと無縁なサザンビーチだったら
結構好きだったりしちゃうんですよね。

↓この日は既に、近所の子供達がもう海で泳いでました。寒ないのん?

肉のだいわで買い食いのお話。

↓肉のだいわ

海老名市にある肉屋さんです。

コレが、ロ-カルな話題で申し訳ないんですが、
tvkの人気番組、「あっぱれ神奈川大行進」や
「キンシオ」でもお立ち寄りした事があるという
ある種海老名の名物店の総菜自慢のお肉屋さん。

結構近くにあるんですが、出かける機会が無く、
ようやくココで買い物したというお話なんです。

↓買い物
2_201403232337417d0.jpg
買ったのはコロッケとハムフライ、
ハムカツじゃなくてハムフライです。

↓ハムフライ
3_20140323233741fc8.jpg
食べかけでごめんなさい。
カツじゃなくてフライです。
カツじゃない荒めのコロモが
ザクザクの食感を作り出してる
ある意味逸品の食感が堪りません。
なんか安いのにいい買い物した感が
堪りません。地場の人気店ってぇのは
こういうお店の事を言うんでしょうねぇ。

↓肉のだいわ、これからもいろいろ立ち寄るかもしれません。

パソコン交代。

↓新型機

ついにパソコンを買い替えました。
実は一週間ほど前に、替えたんですが、

が、わかりづらい

ずっとXPだったから、
OSがいきなり8になって
もうてんでワヤくちゃです。

昨日やっと写真をリサイズしてUP出来る様になったので
なんとか新型機でのブログ更新が可能になりました。
そんな作業に1週間もかかるなんて、笑いもの?    (^^;)

いい年した裕福でないなおっさんが
最新ITについていくのは大変な事です。
なんか年取った感がのっしり圧し掛かります。(T₋T)

↓PC二世代
2_2014032423392262e.jpg
わーい、パソコンが二台もある~。(≧ワ≦)
と喜んでいられるのも4月の第1週までです。

ネット接続が危険になってしまったXPの旧機種は、
中古屋に出しても二束三文、それどころか処分費用を
請求されかねない状況だってありえるかもしれないので
今後も自宅に置いたまま、音楽&DVDプレイヤ-として
変わらず活用。そのあたりはの機能まだ十分使えるんだから。

↓そんな、わりとどうでもいい、パソコン素人の近況でした。

寒さの名残のおでんの夕餉。

↓おでんが煮えてます

写真、暗っ!

知り合いに大根を頂いたので、
美味しく食べるにはどうしようか?
と考え、やっぱり煮物にすることに。
で、より美味しくするにはどうするか?
と思い悩み、結局はおでんになりました。

↓しぞーか風
o2_20140325202338ec8.jpg
家にあった食材と、近所で買った練り物と
安く売ってた新じゃがと頂いた大根を煮込み、
丸井食游館で買った黒はんぺんと牛筋串を投入。
常備しているおでん用削り粉で静岡風おでんです。

だんだんと暖かくなってきているので、
そろそろおでんもシ-ズンオフが近くて、
汗だくでおでんを頂きました。暑いんだよ!(^^;)

寒い中で食べた鍋やうどんやおでんみたいな
アツアツの食べ物がちょっとづつ遠のいていく
春の足音を聞きながら、頂いた冬の味覚でした。

↓春が近づく感じが、こんな所からも感じられます。

ヴェルニー公園の「かき小屋」。 ①

↓京浜急行・汐入駅

京浜急行線の急行停車駅、横須賀中央駅のひとつ手前、
横須賀市の名物商店街、横須賀基地前のどぶ板通りの
最寄り駅・汐入駅、ココが今回の目的地の最寄り駅。

↓国道16号線
1_20140326213901bfe.jpg
国道16線の上にかかる歩道橋から
ヴェルニー公園を眺める画なんですが、
この中に既に目的地が見えております。

↓・・・かき小屋?
2_20140326213901344.jpg
かき小屋?かき小屋っていったら、もうアレです、
牡蠣の養殖が盛んな土地に、冬になると出現する
炭火で牡蠣や海産物を炙って食べさせるという
新鮮、格安、お手軽が売りの簡易飲食施設ですよ。
多分に観光客誘致と、地場産品の地産地消を図る
という意味合いが強いのですが、それが何故に?

↓ ヴェルニー公園
3_20140326213900c32.jpg
ヴェルニー公園は、日本に大規模な工業製鉄事業をもたらした
フランス人技術者、レオンス=ヴェルニーの名を冠した公園として、
平成13年(2001年)に再整備され、フランス式庭園や大規模な
バラ園なども備えるかなりおしゃれな公園です。そんな場所にかき小屋。
ちょっと7アンバランスな感じですが、そこはそれ、駅からこんなに近くに
かき小屋があるというのが、神奈川県ではもう異例中の異例なな店舗展開です。

↓かき小屋
4_20140326213827bae.jpg
このかき小屋は、公園管理事業管理会社が、市内の新安浦港で
水揚げされた横須賀市産の牡蠣を地産地消する事業のひとつ、
として、期間限定で開業したものなのだそうです。

↓横須賀産&広島産
5_201403262138276b6.jpg
とはいえ、横須賀産牡蠣は流通量が少ないため、
牡蠣は広島産のものと混ぜて販売しているんだとか。
横須賀産牡蠣が絶対の味のクオリティーを持っていれば、
希少なプレミアム商品として加価値が付くのに。惜しい!

(↑広島・惜しい!、っていう、広島県のキャンぺ-ン並に惜しい)

↓受付&売店
6_20140326213826c8d.jpg
かき小屋は、炙って食べる食材や飲み物を売店で購入するだけ。
会計が済むと、係の人がお客さん達をグリルへ案内してくれます。
入場料とか炭代とかいう余計なお金は一切取りません。いいですね。
まあ、そういう諸費用は、商品価格に上乗せされてるんでしょうけど、
それでも海鮮居酒屋で注文するよりは安く、懐にもやさしいお値段です。

↓炭火焼
7_20140326213826bdd.jpg
炭火セット完了!
焼き網の上には既に
牡蠣が乗りました、さあ、
かき小屋で炭火焼の開始です。

・・・ってところで、以下次回!

↓かき小屋は、横須賀・汐入、ヴェルニー公園で営業中。

ヴェルニー公園の「かき小屋」。 ②

横須賀・汐入のベルニー公園にて、
期間限定で営業中の「かき小屋」で
網焼きで牡蠣を食べて来たお話です。

↓牡蠣の焼き方
8_20140326213826bd6.jpg
牡蠣は横須賀産のモノとともに
広島県直送の殻付き牡蠣を使用。
安全のために、軽く蒸した牡蠣を
網焼きでお客さんが再度焼成します。
加熱調理を厳守、生食はお控え下さい
という旨のお願い事項が書いてあります。
生食は、獲れたてじゃないと、難しいのね。

で、ミルキー鉄男、って、誰?

↓プリっぷり
9_201403262138253ca.jpg
いきなりでなんなんですが、前回から炭火に乗せて
炙っていた殻付き牡蠣が焼きあがりました。
ふっくらぷりっぷりのあっつあつです。

↓ポン酢
10_201403262137369c9.jpg
美味しい、のひと言に尽きます。
生牡蠣に負けない汁があふれます。
ほんとに蒸してあるのか疑問なほど。
蒸されてなおコノ汁気たっぷり具合、
ということなんでしょう。美味しい。

焼きあがった牡蠣にはかき小屋備え付けの
ポン酢をちょろと垂らします。牡蠣の身の
臭み消しにもなると共に美味しさもアップ。
そのうえ食べた後の殻に残った旨味満載の
牡蠣のスープにほのかにさわやかな後味の
柑橘の香りが+されガンガン後を引きます
個人的に、焼き牡蠣にはポン酢が一番です。

↓ホイル皿
11_20140326213735d0b.jpg
もう一品購入したものがコレ。
コレが何かというと、実は…。

↓焼きハマグリ
12_20140326213735c01.jpg
受付の売店で売っていた小粒ながら立派なハマグリ。
購入すると、容器を係の方がそのままアルミホイルで
くるんでくれるので、それをそのまま炭火の網の上に
7~8分置いとくと、アツアツの焼き蛤の出来上がり。

実は、ちょっとプラスで、アルミ皿には
牡蠣のお供に買っておいたカップ酒から
ほんの少しだけお酒を注いでおきました。
蛤の酒蒸し的な出来上がりになってます。(^^)

↓ハマグリの酒蒸し
13_20140326213735e92.jpg
粒が小さいくせに、やたらと味が深い。
お酒が進む憎い出来だぜコンチキショー!

ハマグリから出た青味がかったスープが
異様によくできたお吸い物になってました。
貝の出汁の味は、美味しくてたまりませんね。

↓スペアリブ
14_2014032621373439e.jpg
こんなものも売ってました。
生のスペアリブスライスを
炭火であぶって塩コショウ。
この旨味たっぷりで脂っこい
骨まわりの肉がの直火焼きは
やっぱり堪らなく美味いです。

…日本酒じゃなくてビールほしい。(^^;)

そんな感じのかき小屋で炭焼き三昧は、まだ続きます。

↓牡蠣はひと皿1kg1500円。12粒位が頂けます。

ヴェルニー公園の「かき小屋」。 ③

横須賀市・汐入の、海自と米軍の基地ド真ん前にある、
開国黎明期の日本に、大規模工業製鉄の技術を伝えた
フランス人技師、レオンス=ヴェルニーの名を冠して
2001年に大改修を経て完成したヴェルニー公園に、
期間限定で開業中の、横須賀地場産牡蠣も提供している
かき小屋で、ランチに焼き牡蠣&海鮮バーベキューな話。

↓粒がデカい!
15_2014032621373431b.jpg
コノ牡蠣が、いちいちハズレなし。
殻を開けるたび、笑顔がこぼれそうな
大粒の身が登場します。スゲぇ嬉しいです。

↓平日の真昼間
2_20140328214250fa1.jpg
かき小屋に出かけたのは、
平日公休日の真昼間です。
それでもこの人出でした。
すごく人気あるんですね。(^^)

↓これでおしまい
1_20140328214250568.jpg
このイベントかき小屋は、広島県の県産品消費事業のひとつ、
「ミルキー釟男のかき小屋」の協力を得て開催中とのことで、
広島県の酒造蔵「賀茂鶴」のお酒がイチオシで売ってました。
牡蠣と賀茂鶴、って、なんだか本場って感じがしちゃいます。
(↑ワタクシ、ちょっと広島県ファンになりつつあるもので)

↓完食
3_20140328214249c47.jpg
堪能、堪能。
すべて完食。
満足、満足。

↓イージスの盾
4_20140328214249626.jpg
ヴェルニー公と言ったらそりゃあもう、
高性能対空護衛艦だの潜水艦だのとか
海自の艦船が当たり前に停泊している
結構凄い景色が常態だったりしますが、

↓かき小屋
5_20140328214249170.jpg
そんな景色の中で、地産地消を織り交ぜた
かき小屋は営業中。このかき小屋は
ゴールデンウイークが明ける
5月6日まで営業中です。

まだまだ行けるチャンスはありますから、
ヴェルニー公園のかき小屋、ぜひお試しを。

↓どぶ板通り
6_20140328214249ca6.jpg
帰り道は腹ごなしにどぶ板通りを歩いて
京浜急行の横須賀中央駅へ向かいました。
帰り道の寄り道までセットで楽しいのが
横須賀・汐入、ヴェルニー公園で開催中、
横須賀産牡蠣も楽しめちゃうかき小屋です。

↓ヴェルニー公園のかき小屋に、ぜひお出かけくださいませ。

自転車交代。

↓新車到着

消費税増税前の一番値の張る買い物が終わりました。
欧州産の長い歴史あるメ-カ-のものではなくて
アメリカの総合メ-カ-産。安かったんだから。
とはいえ、県下の有名店数軒を回って品定め。
2週間以上かけて決定した身の丈に合った
一台です。一年落ちのモデルだだったし
いろいろあって、売価6掛けだし。(←安っ!)

モデル自体はSHIMANOの105搭載なんですが
ギアコンポ-ネント自体が今までのと全く違う
コンパクトドライブ搭載、フロントギアが
一枚減ったにもかかわらず乗り味は
今までより軽い。10年違うと技術は
ここまで変わるの?という進歩です。
(↑ロ-ド車乗らない人には全?な話題です)(^^;)

今まで乗ってた相棒にはとりあえずご苦労様。
新しくやってきた相棒にこれからを託す事に。
つっても、自転車レ-スとかする訳じゃなく
するのはやはり長距離ポタリングなんですが。 (^ヮ^)ゞ

↓多少高くても、乗り味の良さこそが、自転車が長続きする壺です。

桜が咲きました。

週末のポカポカ陽気のせいもあり、
神奈川県下の桜は、もう一気に
開花を進めてしまっています。
そろそろ花見行脚の季節。

↓相鉄線・海老名駅

海老名駅の端っこにある小さな桜の木は、
近隣の桜の木よりも一足早く7分咲き。
この先桜は駆け足で花を咲かせます。

本日の暴風雨が、花を散らせてはいないだろうか?
ちょっと心配になってきました。今度の休日まで
ちゃんと残っていてください。花見できないから!

↓次回からいよいよ、MY桜花見2014、開幕です。

紹太寺のしだれ桜。①

一年間心待ちに待ち続けた
桜の季節がやってきました。
まだ満開とはいきませんが、
満開は時間の問題ですので、
桜が咲いたばっかりなのに
内心既に焦りを覚えてます。

そんな心中はとりあえず捨て置いて、
桜花見行脚2014、スタ-トです。

↓箱根登山電車・入生田駅

走っているのは小田急線だけど、
箱根登山電車の駅、入生田駅。
ココから桜見物に出発です。

↓桜、只今見頃です
2_2014033022383301d.jpg
咲き始めの頃ではありますが、
既に7分咲きを超える見頃
との事で、出かけました。

↓1100m!
3_20140330223833e15.jpg
駅から歩いて1100m、
目指す先は1.1㎞も歩きます。
所要時間は概ね20分程だそうですが、
果たして20分でたどりつけるんだろうか?

↓駐車場はありません。
4_20140330223832676.jpg
目的地に駐車場はありません。
だから歩いていくんだよ。
というわけで徒歩移動。

↓ 長興山・紹太寺(ちょうこうさん・しょうだいじ)
6_201403302238327b1.jpg
初代小田綿藩主・稲葉家一族の菩提寺
として存続し続けるのがこの紹太寺、


↓山門
7_2014033022371089c.jpg
開国直後の外国人居留者の手記に
紹介されたことがある程の壮観さを
誇っていたとおいうのがかつての山門。
山門はその当時のものではないのですが。

↓云われ書き
8_20140330223710220.jpg
その他にも見処は多い寺院なのですが、今回は
桜花見一本に的を絞ったので、他はまたの機会に。

↓参道は急坂
9_20140330223710e38.jpg
カメラを水平にもって撮った写真。
結構な急坂を歩いて進みます。
なんか大変そうな予感です。

といところで、以下次回。

↓サクラは?出てきてないけど。(^^;)
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる