FC2ブログ

紹太寺のしだれ桜。②

今回初めて桜花見に出かけた
箱根登山電車の入生田駅が
最寄り駅になる山間の寺院、


↓長興山・紹太寺、本堂

参道を登って最初に登場する伽藍がこちら。
茅葺の味のあるご本堂。渋い寂びの感じ。

↓本堂脇のソメイヨシノ
11_201403302237096d7.jpg
サクラ出現、なんか小さい。
コレが県下最大級のしだれ桜?
(↑って、んな訳ないじゃんか)(^^;)

コレは境内にあるサクラです。
本堂には、精進料理が食べられる
レストランが隣接しているんですが
その窓際にある一本のサクラの木です。
道のりは、まだまだ長そうなんですよね。

↓石段
12_20140330223709667.jpg
本堂のすぐそこには
先が見通せない石段。
道のり、ほんと長そう。

↓カ-ブ
13_20140330223432a42.jpg
石段は時に斜度を増し、
時に緩やかに移り変わり
延々と歩く距離が伸びます。

↓また昇ってる
14_20140330223432619.jpg
駅から約20分っていう振れ込みは、絶対に嘘だよね。
何回くじけそうになったか分からない程厳しい道は、
ちょっとしたハイキング用の装備が必要ですよ。

↓登り切った!
15_201403302234329da.jpg
石段をペ-スを落とさず登るのは
骨が折れますが、途中で休むと
再スタートが地獄ですから、
登り終えた時の安堵感は
もうハンパねえっす。
(↑体力無いな~)(^^;)

↓旧伽藍配置図
16_20140330223431729.jpg
石段を登って登って到着した
丘の頂が、実はかつての寺院の
最盛期の伽藍の跡なのだそうです。
毎日ココを上り下りするというお勤め。
ワタクシでは出来兼ねます、ごめんなさい。

↓鬱蒼
17_20140330223431f83.jpg
そんな伽藍跡地を抜け、
しだれ桜を目指します。
まだ歩いて進みます。

↓あと50m!
18_20140330223431d65.jpg
長かった。上り坂つらい…。
その辛さを補ってくれる画が
果たして現れてくれるでしょうか?

↓この先に桜があります。
19_20140330223248485.jpg
さあ、県下最大級のしだれ桜が
いよいよ登場です。…次回から。

↓しだれ桜、次回こそ登場予定です。多分。(^^;)

紹太寺のしだれ桜。③

開花宣言からたった三日で満開を迎えた関東地方、
既に一部では花吹雪が舞い始めそうな時候なのに、
話題はまだ開花宣言翌日の土曜日のことだったり。
とまあ、そんなこちら側の事情は捨て置いといて、
2回も引っ張ってようやく登場。お待ちどうさま。

↓紹太寺のしだれ桜
20_20140330223247adb.jpg
神奈川県下でも最大級の大物、
紹太寺のしだれ桜がコチラです。

↓推定樹齢三三〇年。
21_20140330223247953.jpg
エドヒガンのしだれ桜。
初代小田原藩主、稲葉氏が
この地を菩提寺に据えた当初に
植えられた、とされる古い桜の木。

↓…逆光だった
22_20140330223247546.jpg

23_2014033022324674e.jpg
いろいろうまくいかないもので、
眺めの良い真正面から写真を撮ると、
ものの見事に微妙な逆光になっていて
くっきりはっきりきれいな絵にはならず。
目で見る分には十分な迫力があるんですが。



↓茶を一服
24_20140330223246404.jpg
桜の目の前には、期間限定の売店が営業中。
花見団子や軽食、飲み物やお酒も売ってます。
すこし落ち着きたい気分だったので、茶を所望。
大ぶりのしだれ桜を眺めながら、茶を啜って休憩。
鼻を抜ける茶の香りと喉を落ちる渋みに一心地です。

↓上から桜
25_20140330223032722.jpg
入口近くで分岐した農道を上って
ちょっと歩くと、少しだけ俯瞰で
大しだれを眺めることができます。

ココからの桜もなかなか迫力です。

↓最後に全景
26_2014033022303270f.jpg
ココ、紹太寺のしだれ桜というのは、
エドヒガンザクラの古いしだれ桜としては、
これ以上ない特徴を備える桜なのだそうです。

↓案内看板の桜
27_201403302230321a2.jpg
へとへとになりそうな行程を経ての大しだれは
見ごたえ十分でした。こんな桜が、近所にほしい。

↓入生田駅の桜
28_201403302230310e0.jpg
帰り道に見た、登山電車の入生田駅の桜。
小さいながら鮮やかな桜の花えお眺めて
今回の桜見物の締め。紹太寺のしだれ桜、
なかなか記憶に残るようないい桜でした。

↓帰ろう
29_20140330223031a8d.jpg
駅から電車に乗って帰ります。

↓登山電車
30_2014033022303151d.jpg
レーティッシュカラーリングの
小田急線車両車両が走っている
登山電車で帰宅します。

↓まだまだ桜は続きます。覚悟してください。(^^;)

大岡川で桜見物。 《前篇》

今回もシーズンまっただ中の桜のお話です。
どうぞ、よろしくお付き合い下さいませ。

↓コロッケそば
1_20140403213355b70.jpg
休日の早朝に目が覚めちゃったので、
6時半に家を出て、電車で移動開始。
海老名駅の駅そばで腹ごしらえして、
相鉄線で、一路横浜へと向かいます。

↓ 黄金町駅
2_201404032133543a2.jpg
京浜急行線、黄金町駅で下車。
目的の場所は駅のすぐ目の前。

↓ 大岡川
3_20140403213354eb9.jpg
磯子区に端を発し、港南区、南区、中区という
横浜市の中枢を縫って流れる二級河川が大岡川。

↓河畔の桜並木
4_20140403213354b3f.jpg
毎年毎年行きたかった場所なのですが、今までは
観光地や有名な桜スポットを優先させ続けて来た為、
神奈川県で桜花見をブログで始めて以来4年目にして
初めて訪れることができた、桜満開の時期の大岡川です。

↓町並みと護岸と桜並木
5_20140403213238591.jpg
朝のすがすがしい空気の中で、
川沿いの桜並木を眺めてます。
なんでもない町中に溢れてる
桜のふわふわした広がりです。

↓レガッタ
6_20140403213238ea4.jpg
漕艇競技の早朝練習をしてる風景に出合いました。
大昔の大岡川って、裏町を流れるどぶ川みたいな
あまりきれいな印象が無かった川、だったもので、
この河川利用の変貌ぶりが、すごく新鮮でした。
(↑少々失礼な比喩があったことをお詫びします)

↓満開ですねえ。
7_201404032132373b9.jpg
朝っぱらから出かけて、
まだ8時前の桜です。
静かな朝日の中で
桜眺めるのって
イイですねえ。

↓電車が走ります。
8_2014040321323772f.jpg
出勤ラッシュのど真ん中の時間なんですが、
そんな時間の電車が、町を縫って走る様を
まだ静かな大岡川沿いをから眺めます。

ってところで、以下次回!

↓次回も、大岡川沿いの早朝の桜です。

大岡川で桜見物。 《後篇》

↓桜並木
9_20140403213237868.jpg
歩いて歩いて桜並木を散策中。
横浜市の大岡川を散策中の話。

↓お祭り屋台
10_201404032132368df.jpg
河畔にはお祭り屋台が軒を連ねる
気分がいい春の風景が出来てます。
まだ開店してま無いんですけどね。

↓帰ってきた。
11_20140403213133321.jpg
先ほど通過したレガッタが
もう帰ってきました、
意外に速いんだな。

↓水辺の梢
12_2014040321313386e.jpg
川の上に張り出し、枝を垂らす桜の画。
なかなかグッとくる画があちこちに。

↓満開
13_2014040321313260f.jpg
空を覆う満開の桜。これこれ。
コレがいいんです。きれいです。

↓桜まつり
14_20140403213132a73.jpg
桜祭りは今週末の開催。
多分まだ満開のはずです
恐らく花吹雪の中でしょう。

↓大岡川
15_2014040321313262e.jpg
大岡川は三つの区を流れるために
大岡川沿いではありこちで
桜祭りが行われます。

↓桜まつりのある沿線
16_2014040321313144f.jpg
京浜急行線沿線5駅分を従える
盛大な桜並木が存在するのが
大岡川沿いなんだそうです。

↓今週末は、大岡川で花見なぞいかがでしょうか?


ええと、個人的な事情で申し訳ないのですg、
業務の都合上、ブログの更新が厳しくなる
厳しいシフトが発生しているので、
桜の季節の真っ只中ではありますが
今月より一旦中断させていただきます。
約ひと月ほどだとは思うのですがお休み。
やめる訳ではなく、また帰って来ますので、
その時はあらためてお立ち寄りお願いします。

↓ではまた
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる