FC2ブログ

昭和ノスタルジ-じゃない散歩。

小田原商店街散歩のあとの
帰り道での写真が余ったので
昭和ノスタルジ-とかいうのは
ほぼ無関係な風景のお話です。

↓イチコク大クランク
63_20141125182423e24.jpg
国道1号線は小田原の市街地のど真ん中、
市民会館前で直角左折し、数十メ-トル先で
今度は直角右折、大動脈たる国道しからぬ
嫌がらせのようなル-トになっているんです。

見通しは悪いし、しょっちゅう渋滞するし、
小野田君が落車事故に巻き込まれるしと
なかなか曲者なのがこの大クランクです。
道路が直進するとお堀端に突っ込むため
昔の街の区画を生かして道を通した結果、
なのだそうで、再開発が効かない区画割り
の為、このクランク、まっすぐにはなりません。

↓ 倭紙茶舗・江嶋
65_2014112518242133c.jpg
駅へ向け歩いて行く裏道にある
びっくりする位古い店構えの
老舗のお茶屋さん、江嶋。
寛文元年(1661年)の創業、
350年を越える茶舗の店舗は
現在のものでも昭和初期の建築が
現役で営業中。いい雰囲気ですねえ。
小田原市内にはこういう古い建築物を
結構あちこちで見かけることが出来ます。

↓商店街の街灯
66_20141125182318b5d.jpg
駅前から続く商店街の出口付近の街灯。
海鳥を象ったオブジェのようなア-ト感と、
冬のイルミのデコレ-ションが付きますが、
支柱に電源ボックスが後付されて不恰好に。
なにかなと思えば、こんな所にも防犯カメラの
ポッドが付属しています。ココは市内でも屈指の
繁華街で観光客も多く訪れる街。必然何でしょうね。

↓繁華街らしくなってきた
67_20141125182316fa4.jpg
駅近くの繁華街。
デザイン性のある
車歩混合交通の路地、
種々雑多な店舗群等々
現代の風景に戻った感じ。
こういう景色も見慣れた風景。
なぜか、少し安心したりもします。

↓そんな感じの散歩帰りの小田原駅前。

城下町のアイリッシュパブ。

とっくに月が変わって
師走に突入したのに、
まだ小田原の話です。

↓ アイリッシュパブ・ケルツ 
70_20141125182312a50.jpg
前々から、この前を通るたびに
すごく気になってたのがこのお店。
城下町の「アイリッシュパブ」という
洒落た店構え。昼間は開いてないか
と思いきや、この帰り道は午後4時過ぎ。
そんな時間にパブが開いてる、すごくない?
HUBだってオ-プンは午後5時からなのに。
(アイリッシュは、アイルランドのもの、って事ね)

↓雑居感
69_20141125182313812.jpg
ひとつの建物にカラオケ、居酒屋複数、
この雑居感の中にアイリッシュパブ。
なんかこれはコレでいい感じに
思えてききちゃいましたよ。

↓ダイニングメニュ-
71_20141125182225829.jpg
本格的だ。やっぱりチェ-ン店なのか?
と思って調べたら、やっぱり大手のもの。
カラオケ屋、ビッグエコ-の運営会社の
外食部門が全国に14店舗を宴会する
ちょっとした本格派のパブ、だそうです。
今や本格派ブリティッシュパブどころか、
アイリッシュまでチェ-ン店化してます。
日本人にとっては独特なパブの仕様は
再現されてるか見てみたくなって寄り道。
(↑要は歩き疲れて喉が渇いたのです)(^^;)

↓カウンタ-とテ-ブル
72_201411251822249a7.jpg
カウンタ-とテ-ブル席があります。
カウンタ-が良かったんですけど、
異様に空いてる酒場の16時。
テ-ブルに座ったほうが
くつろげるので自然と
そっちへ着席です。

↓ごめんなさい
73_20141125182222fa5.jpg
ギネス!
ビ-ルのそこはかとない
ぬるさまで完全再現 (笑)
いや、ギネスは実を言うと
キンキンに冷えてるよりは
ぬるめ冷え具合のほうが
美味いと、通は言うそうで。
英国でのパブのビ-ルは
ちっとも冷えてない、なんて
うわさも聞いた事があります。
(↑英国行った事無いですが)

↓パブのアテといえば
75_20141125182221c6c.jpg
フィッシュ&チップス
数年前まではなかなか
食べられる所も無かった
パブのメニュ-の定番です。
メジャ-になったもんですねえ。

↓フィッシュ
76_20141125182220c39.jpg
大き目、肉厚、揚げ上がりが
カラっとしてて美味しい出来。

↓ふわっと揚げ上がり
79_20141125182124845.jpg
肉厚にしっかり火が通って
さくっと衣にふんわり食感。
間違いないおいしさです。

↓チップス
77_2014112518212713c.jpg
というかフレンチフライ。
ポテトは出来合い感が。
ト-タルのバランスだけが
日本の外食産業になってる。
こういう所でひとひねり無いと
割と飽きられ易いかもしれません。

↓モルトビネガ-
78_20141125182126c9f.jpg
店員さんは持ってきてくれなかった。
ビネガ-はお客さんがセルフサ-ビスで
カウンタ-から持って来るようになってました。
フィッシュ&チップスにはやはりこれが付かないと。

↓忘れる所だった
80_20141125182124867.jpg
アイリッシュパブといいつつ
ブリティッシュなメニュ-だけ
という体たらくになっちゃって
コレあかんやん!という訳で、
アイリッシュウイスキ-の
ハイボ-ル。飲みやすい。
(↑飲み終わってるし)

だって、ロックとかショットとかキツいの飲んだ後に、
電車乗って海老名へ帰るんだもん、散歩数時間の
ちょっと疲れたそのあとだから、絶対寝過すはずだ。
だから全て軽め。(ギネスとフィッシュは軽くないぞ)(^^;)

↓やっぱりビッグエコ-
81_20141125182122d1f.jpg
どうもキッチンがカラオケ屋のキッチンと
共有されているらしく、たびたびカラオケ屋の
店員さんが出居るする光景とかもあったりして、
本格派、ではあるものの多少片手間感が強くて
頻繁に通うにも遠いから縁遠そうなお店になります。
でも真昼間から開いてるので、小田原に行った時には
また世話になるかも。アイリッシュウイスキ-のストレ-トを
まだ試して無いのです。ただそれだけ、散歩帰りの喉湿しの話。

↓まあ、真昼間から開いてるパブに寄っただけの話です。(^^;)


お酒の話が続きました。
お酒を飲まれない皆様、
並びに未成年の皆様。
申し訳ありませんでした。

タイムアップ。

次のネタ用の写真を選んで
アップできるようにサイズ変換、
その作業だけで3時間かかって、
いざ記事を書こうと思ったら、もう
日が変わりそうな時間になりました。
そんな訳で、今日はタイムアップです。
明日以降の記事にご期待くださいませ。
(↑期待されても大した物じゃないです)(^^;)

↓ここをぽちっとすると、何かが起こる。(←いや、起きないってば)

寒川町でサイクリング。 ①

思い付きで出掛けた、もう2週間程前の話。
そんな話題が今回の話でございますです。

↓スタ-トライン
1_201412032357107b0.jpg
我が家の前の通りを道なりに南下すると
こんな所に出てくることがわかりました。

↓海老名市杉久保
2_20141203235708f53.jpg
さあ、こんなところまで
自転車漕いで来たけど、
このあとどうしようかな~、
というのが今回のお話の
始まりな訳なのでございす。

↓初めて見る景色
3_20141203235708637.jpg
その杉久保の交差点から
少し先を曲がった所から
ちょっとだけ先へ行った
そんな所にあったのが
こんなばしょだったり。

↓貯水池?
4_20141203235707147.jpg
なんだか大規模な
貯水施設があります。

↓御神渡り?
5_20141203235706cdd.jpg
かれこれ10日以上前の話ですが
貯水池の水面にはびっしり氷が、
それがビシビシにひしめいて
御神渡りの様になってます。
実は、寒かったんだねえ。

↓田園の風景
6_2014120323581753a.jpg
ふと見た風景の中に
田園風景があって、
そこで思ったのが

この先って、寒川町だよなあ、
寒川は何度も行ってるけど、
駅前とか神社とかていう
定番以外には、ほぼ
通過したことしか
無かったなあ~
という事です。

という訳で寒川に行ってみよう!
と、ここから舵を切り替えて
一路寒川へ、という事に。
でも、その前に行く所、

↓横須賀市の水道局の施設
7_201412032358195f5.jpg
この貯水施設は、横須賀市の
水道局の施設、だったんですね。
行ってみるまで知りませんでした。

横須賀市の上水道の水路は、
神奈川県愛川町から取水して
厚木、海老名、藤沢、鎌倉、逗子、
と、神奈川県下を斜めに横切って
横須賀まで到達する長距離水道です。
(↑と、 げん でレポ-トしてました)(笑)

↓施設裏手
8_201412032358205c2.jpg
とりあえず、寒川へ行こうと、
海老名市を南下できる
県道へ出るために、
施設裏手へ移動。

↓路駐多数
9_20141203235822b72.jpg
施設の裏手は、意外なほど路駐が多く、
格好の休息スペ-スになってる様でした。

↓近くに鉄塔、遠くに高いもの。
10_2014120323582360a.jpg
近くにはやけに高い送電線の鉄塔。
遠くには厚木アクトス、その向こうに
巨大にそびえる大山が見えています。

↓田んぼの真ん中
11_201412032358521aa.jpg
そんな訳で、海老名市内を一路南下。
田んぼの真ん中の市道を疾走し
寒川町を目指して走ります。
海老名からスタ-トし、寒川町一周をもくろむ
サイクリングがいよいよスタ-ト、ってところで。

↓以下次回。

寒川町でサイクリング。 ②

寒川町には、行った事が無い場所も多い。
という訳で、海老名の隣にある自治体、
高座郡・寒川町へと向かっています。
ちなみに、神奈川県の中央にある
高座郡に属する町は寒川町だけ。
高座郡=寒川町なんですよね。
何故そんな事になったのかは、
また別の機会にしますけど。

↓裏路地
12_20141203235853a3c.jpg
県道22号線の南側、
フ-ドワンの裏の方。
ここから南へ抜けると、

↓新幹線!
13_20141203235854d78.jpg
轟音を曳いて走る超特急が
意外に近い所を通過します。

↓通過!
14_20141203235856f2c.jpg
住宅の割と少ない所なので
フェンスの密度が薄いという
首都圏では滅多にない様な
希少な場所もあったりします。

ココを超えると寒川町、なんですが、

↓紅葉
15_201412032358577b0.jpg
近所に数件固まる
園芸業者の敷地に
見応えのある紅葉が
ドカッ!とあったりして
そっちを眺めて走ったら、

↓用田の手前の高架
17_20141204000244f3b.jpg
ついうっかり、藤沢市にIN。
寒川行くんだつってんだろ!
というセルフツッコミとともに
ここら方向転換する事にして、

↓目久尻川
16_20141204000243fe0.jpg
目久尻川沿いに南下を開始、
この寒川と藤沢の境あたりは
境界線がかなり入り組んでて
気を抜くと知らずに藤沢へIN
したりするので確認しながら
先へ進むので、進む速度が
もう居ような程遅くなってます。

↓ススキの原
18_20141204000245b00.jpg
小さいながらも盛大なススキの野原が見えて
いいもの見た、と思ったら、ここも藤沢市です。
いったいいつになったら寒川へ入れるんだろ?

↓鴨?
22_201412040003528c5.jpg
川には渡り鳥が羽を休める
冬らしい景色があったりして、
なかなか冬の風情もいい感じ。

↓来ました
19_20141204000247a42.jpg
この護岸のあたりから寒川町にIN。


20_20141204000349ea1.jpg
なにやら立派な公園風の施設までありますが、
ココで寒川入りできたことがわかりました。

↓ 寒川広域リサイクルセンタ-
21_20141204000707620.jpg
やっと到着しました、寒川です。

ってところで以下次回。

↓2回使かかって、寒川町に入っただけ。 ・・・先は長いぞ。(^^;)

寒川町でサイクリング。 ③

よく行くけど、行く所が限られる寒川町の、
あんまり行った事がない所へ行こうかな、
という寒川町でのサイクリングの話です。

↓寒川広域リサイクルセンタ-
21_20141204000707620.jpg
寒川町に~、イーーーン!! (by上杉ポンプ商会)

迷走の果てに、更新2回分を費やし
ようやく隣町にたどり着くグダグダ感。
自転車だったら道に迷うトラブルだって
結構楽しかったりするのでございますわよ。

↓一直線
26_20141204000807db3.jpg
そのリサイクルセンタ-の前の河川敷の通り。
一直線でしかも車がいない!清々しい眺めです。

↓用水路
23_20141204000353c79.jpg
田園風景の中を流れる用水路。
コレが少々すごい事になってて、

↓川を渡ってる
24_201412040003548e0.jpg
このあたりで、ちょっと高い対岸から
コンクリ-トの水路が目久尻川を
渡って対岸へと流れていきます。
(はっきり言ってわかり辛い)

↓向こうは藤沢市
25_20141204000806274.jpg
この水路、どこからやってくるんだろう。
確か相模川の東岸を相模原から茅ヶ崎まで、
西岸を清川あたりから平塚まで流れている
大規模な農業用水路があるという話は
聞いた事があるけど、この用水路も
その水系にあたるんでしょうか?
(↑それを調べてから書け)(^^;)

↓木の葉が緑
27_20141204000808330.jpg
かれこれ2週間ほど前の話なので
紅葉が進んでいない木が多くて、
この神社のイチョウの大木も
まだまだ緑色を残してます。

↓寒川町
28_201412040008106d8.jpg
道路と稜線が入り組んでる所が多くて
気を抜くと藤沢市に突入している
という場所が多いため、またもや
境界の町章標識を目撃です。

寒川町に~!イ---ン!! (←もういい?)

ところで、寒川市のこのスピ-ドメ-タ-みたいな
ちょっとかっこいい町章ですが、ご覧の皆様には
何がモチ-フになっているのか、わかりますね?

↓住宅街
29_20141204000811d8d.jpg

30_20141204000937efc.jpg

31_20141204000938065.jpg
県道を渡って東の区画へ入ったら、
なんかもう、どこもかしこも住宅街。
どこか面白そうな場所はないかな?

↓団地?
32_201412040009408d4.jpg
とかウロウロ走っているうちになんだかちょっと
かっこよさ気な集合住宅棟が並ぶ場所へ。
ココはなんなんだろう、知らない場所だ。

ってところで、以下次回。

↓僕が知らなかった、隣町の風景の中を走ってます。

寒川町でサイクリング。 ④

寒川町の行った事のない所へ行ってみよう、
と出かけたら、なぜだか住宅街の真ん中を
さまよってるサイクリングのお話が続きます。

↓団地?
32_201412040009408d4.jpg
少々おしゃれ気な集合住宅群が
密集している場所にいきあたりました。

↓同じ建物
35_20141204001018a37.jpg
同じ仕様の建屋が
ずらりと並んでます。

↓すごいナンバ-
36_20141204001020336.jpg
看板があったのを確認しただけでも17棟
ひょっとしたら、もっと建物があるのかな?

↓方向いろいろ
34_20141204000943710.jpg
整然と団地的な平行な並び方ではなく
棟の建つ向きがバラバラになってます。
このセンスが、なんかハイソ感ですな。

↓寒川もくせいハイツ
38_2014120400102323e.jpg
実はこれ、「神奈川県営寒川もくせいハイツ」
という県営住宅でした。県営住宅っていうと、
なんか古い木造平屋建てが整然と並ぶ様な
光景を思い浮かべてしまいますが、これは
やはりなんかハイソ感が漂ってて凄いです。

↓商店街
33_201412040009434ac.jpg
直近の商店街、団地の一角には
よくある感じの商店街でしたが、
全部シャッタ-しまってんの。
定休日だったんでしょうか。

↓ 菅谷神社
37_20141204001021a24.jpg
ハイツのすぐ近くには、こんな神社が。
天照大神(あまてらすおおみかみ)から
素盞嗚命(すさのおのみこと)などなど
小さいくせに、盛りだくさんの祭神を
祀るお社です。なんかご利益ありそう。
初詣って、混むかな?多分行かないけど。

↓県道45号線
39_20141204001024096.jpg
やっと知ってる所へ戻りました。
知ってる所だけど、観光地では
まったくない、ただの県道45線。
ココを下ると寒川駅前に出ますが

↓知らない道
40_20141204001109db1.jpg
あえて、再び知らない路地へ突入。
この先は、どこへ行くのか解らず
全くのノ-プランで疾走開始です。

↓ちょっと高台
41_20141204001110a5a.jpg
住宅の隙間から遠くの景色がが見えます。
ちょっとした高台。坂を下るとその先には、
必ず上り坂が待っています。しばし思案。

↓花
42_20141204001112d66.jpg
花が咲いてました。所々で見かけた
この結構な大輪の背の高い薄紫の花。
コノ花って、何だろう。と、坂道を回避する
作戦を思案しつつ、花の名前を思い出そうと
ちょっと休憩。この先は、はたしてどうなるのか?
そして、ちょっとでも面白いものが出てくるか否か。

↓住宅街ばかりだから、そろそろ飽きられてますよね?(^^;)

寒川町でサイクリング。 ⑤

寒川町でサイクリングのお話。
まだ続きます。楽しいかどうかは、
それはご覧の皆様にお任せします。

↓コウテイダリア
42_20141204001112d66.jpg
調べて分かりました、道中よく見かけた
この花は皇帝ダリアという晩秋が旬の
大きな花でした。愛好者が意外に多い
という事も初めて知った園芸素人です。

↓坂、下っちゃった
43_2014120400111340b.jpg
ちょっと先に向かうために
涙を呑んで坂を下りました。
帰り道には絶に対間違いなく
延々続く上り坂が待っています。
がんばれ僕、まだ先は長いんだぞ。
(↑坂道が苦手な平地型ライダ-)(^^;)

↓歩道が異様に広い
44_20141204001115868.jpg
なんか、公共区画整理がいい感じに失敗した様な
いやにだだっ広い歩道が住宅街の真ん中にあります。
ひょっとしたら、水路を暗渠化した元々農地だった場所?
(↑そういう施工は、実際あちこちでよく見かけますからね)

↓飛ばすまい!
45_20141204001306769.jpg
交通安全標語が掲げられた
大きな看板が出されてましたが、
コレは寒川町と茅ヶ崎警察署による
コラボ看板でした。ということは、つまり、

↓茅ヶ崎市
46_20141204001307269.jpg

47_20141204001308452.jpg
寒川町と茅ヶ崎市の市町境が、
目の前のすぐそこにありました。
ココで市町境を流れているのも、
ずっと脇を走ってきた目久尻川。

↓目久尻川
48_20141204001310ff7.jpg
午後3時過ぎなのに、お日様はすでに
迫る夕方を予感させる傾き始めです。
さすがは初冬の急ぎ足でございます。
つるべ落としどころか、油断してれば
いきなりとっぷり日が暮れる事になる。
急いで先へ進まなければ、ドツボるぞ。

↓青い空と白い雲
49_201412040013112e0.jpg
傾き加減を見せ始めていても、まだまだ
日暮れには早い時間。青い空と白い雲が
とてもきれいな空の景色が眺められました。

↓町役場はあっちです。
50_201412040014477c5.jpg
茅ヶ崎市との境から
方向転換するため、
一路町の中心部へ。

↓再び県道45号線
51_201412040014484c6.jpg
県道45号線へ戻ってきました。ココから先は、
中心部へ向かうのではなく、再び寒川町を南下。

↓JR寒川駅前の踏切
52_201412040014496bb.jpg
JR相模線を越えて、

↓中心街を抜けて
53_20141204001451710.jpg
寒川町の中心街を抜けて
更に南下するル-トへ。

ってところで、以下次回。

↓景色が全部住宅街で、かなり地味でしたが、次回はそうでもありません。

寒川町でサイクリング。 ⑥

寒川町でサイクリングしてる話。
まだ先は長いですから、よろしく。

↓目久尻川
54_201412040014523ef.jpg
前回、茅ヶ崎市との市町境を流れていた目久尻川ですが、
この先もしばらくは同じく境界線として側を流れています。
目久尻川に沿うように、目指すは寒川町南東部の市町境。

↓高架道路と目の前の橋
55_2014120400171822a.jpg
やっと少しだけ派手な風景が出てきました。
向こうの高架道路が、新湘南バイパスと
圏央道をつなぐ新規造成の自動車道路。
手前の橋は実際の整備に20年位掛った
大クランクの修正跡です。大工事でした。

↓旧向門橋
57_2014120400172193f.jpg
寒川町と茅ヶ崎市の境にあって、幹線道路が通るこの橋は、
茅ヶ崎駅直近から北上した県道45号線がT字路で左折し、
直後に距離を置かずほぼ90°直角に右折する、という
嫌がらせのような大クランク構造になっていた場所です。
幹線道路で交通量が多い所に、信号、T字路、クランク、
朝夕は決まって渋滞していた問題地点だったのですが、

↓修正後
56_201412040017196ee.jpg
大改修工事の完成により、道路の先の見通しが良くなり
クランクの先が見えずにブレ-キを踏む為に起きる
小さな減速の積み重ねによる慢性的な渋滞だけは
解消の運びとなった模様。写真左側が改修前の
大クランクだったカ-ブの旧道。クランク部分を
ズバっとぶち抜いた感じで新しい道路と橋が
出来ています。完成まで、優に20年位は
かかってしまったという大工事でした。
(↑交通量の多い幹線道路ですから)

↓遠景
58_201412040017222c6.jpg
高架道路が走り、送電線の鉄塔が聳えるのは
穏やかな田園の風景の中。ちょっと凄い景色。

↓初冬の景色
59_201412040017238ed.jpg
刈り取りが終わり、稲の天日干しも済み、
収穫の秋が過ぎ去った初冬の景色です。
ちょっと物悲しくなってきたりもしますよね。

↓イチョウの木
60_20141204001859cef.jpg
いい色に色づいたイチョウの並木。
こういうのが眼福でございます。

↓県道46号線
61_20141204001900fd7.jpg
ちょっと西へ向かって県道46号線
近隣でいう「産業道路」へ到達。
すぐそばには、先程の写真の
圏央道行きの高架連道路が
見えて来る頃合いです。

↓高架道路
62_201412040019011cb.jpg
圏央道は新湘南バイパスと連絡が確立したことで
関越道、中央道、東名高速道路から、海老名を経由し、
藤沢、茅ヶ崎へとノンストップで到達する事が出来ました。
僕の若い時は、中央道は相模湖まで、関越は環八を経由、
という非常にめんどくさいル-トを行かなきゃならなかったのに。
便利になって面倒が無く時間が短縮できるのは歓迎すべき事です。

↓高架下
63_201412040019033f1.jpg
でもその昔、圏央道は事業そのものの財政面の見通しからだか、
建設自体反対されてましたよね?どんなパワ-バランスが働いたのか。
大曲橋の造成期間よりも早い期間で高架道路の長距離路線が完成しました。
ココで「高速造ってやったお陰で税金足りなくなったんだから増税くらい我慢してよ」
みたいな、押しつけがましいしわ寄せだけは、本当にご勘弁願いたいものです。(←毒)
出来上がった県央道の利便性には罪は無いんですが、そういう事する政治屋って居そうだし。

必要なのに完成まで20年を要した小さな橋と、
反対されてたのに完成した巨大な圏央道。
この現実はいったい何なんだろうか、と
無い頭で施策を巡らせるひと時です。

↓ってところで、以下次回。

寒川町でサイクリング。 ⑦

寒川町でサイクリング。
まだまだ続きますから、
がんばってついて来て。(^^;)

↓カ-ブする高架
64_201412040019047ae.jpg
新西湘バイパスから分岐した高架線が
大きく緩やかなカ-ブを描き方向転換。

↓トカゲっぽい
65_20141204001935b22.jpg
道路を跨ぐ高架の支柱が、ちょっとだけオオトカゲっぽく見えます。
見えない?見えると思うんだけどなあ~。ダメ?ダメか・・・。
(↑というか、そもそも頭無いからトカゲらしく無いでしょ?)(^^;)

↓ドデカい歩道橋
66_2014120400193697c.jpg
歩行者・自転車共用の
ドデカい歩道橋があります。
インタ-チェンジ周辺に作られた
歩行者用の施設って、なんというか
妙にスケ-ルがでかくて結構好きです。

↓アプロ-チライン
67_2014120400193815e.jpg
インタ-チェンジへ出入りする
アプロ-チラインを上から見てます。
圏央道・寒川南インタ-チェンジですが、
この時は平日の午後遅くだったためなのか、
利用者がかなり少なくココで見ているときには
車が全く通りませんでした。時間帯が悪いんだね。
(↑利用者が全くない無駄なICという訳では無いです)

↓料金所ゲ-ト前
69_20141204001941e77.jpg
ぐるっと輪を書いて回ってきたアプロ-チラインが
料金所へと向かってい行く料金所の手前です。
なんか自動車専用道路の施設というのは、
人間単位で見ると、やっぱりスケ-ルが
でかいです。実際に近くで見る機会が
少ないので実感し辛いんですけど。

↓車が来てる !!!
68_201412040019394ed.jpg
利用者発見!車が来てます!! でも遠い!!!
わかり辛い!!!! でも車来てる!!!!! すげえ!!!!!! (←失礼だぞ)(^^;)

いや、時間帯が悪くて車が通らなかっただけなんですが、
車が来てなかっただけに、実際に車が来るのを見ると、
テンション上がっちゃいます。自動車専用道だから
当たり前といえば当たり前の事なんですけどね。

↓湘南銀河大橋
70_201412040020140c0.jpg
長らく湘南大橋と神川橋の間には橋が無く、
しかも湘南大橋も神川橋も片側一車線の為
茅ヶ崎市、寒川町と平塚市を結ぶ幹線道路は
朝夕には慢性的な大渋滞を起こしていましたが、
銀河大橋の開通が、その渋滞の緩和を図りました。

↓斜張橋
74_201412040020192eb.jpg
銀河大橋も開通当初は片側一車線だったのですが、
平塚側、寒川側双方の道路整備が整い、平塚側にある
国道129号線へダイレクトに接続を果たしたことも手伝い
2007年からは片側2車線での大型運用を開始しています。
実家のある平塚へ帰るときは、ほぼ必ずココを通って帰ります。

↓しょうなんぎんがおおはし
73_20141204002018f84.jpg
自転車で来たのは初めてでした。
行った事のない場所っていうのは
よく通る場所にだってあるものです。
ここでちょっと気になったのはこの先。

↓河岸に整備された道路が・・・
72_201412040020162e5.jpg
遠くまでキレイに整備されて
自転車でも走りやすそうな
道路が出来ていました。
で、そこで振り返ると、

↓コッチにもあるじゃんか
71_201412040020152c1.jpg
北上する方向にも整備された道路が!
どうやらどっちも遊歩道になってます。
橋が開通してから通過はよくするけど
こんな近くまで来た事が無かったので
整備の出来にちょっとびっくり。そして。
自転車侵入禁止って書いてなかった!
という訳で、コッチを走ってさらに先へ!!

↓銀河大橋
74-2.jpg
銀河大橋、・・・まあ建設計画が出来たのが
バブル真っ盛りの頃だったので、なんというか
こう、行政らしからぬ「ファンタジ-」なセンスの
名前が付いちゃった事が何とも言い難いですが、
銀河大橋の果たした役目は間違いないものです。
遠目からの見た目も、なかなかキレイなんですよ。

ってところで、以下次回。

↓まだまだ続きます。飽きずについて来て。(飽きても続くけど)(^^;)

寒川町でサイクリング。 ⑧

まだ寒川町をうろうろサイクリングしてる話です。

↓圏央道
76_201412040021087c9.jpg
河川敷の新しい遊歩道を、
圏央道を眺めながら移動中。

↓枯野の河原
75_20141204002106aa8.jpg
相模川の河川敷は枯草が目立ってます。
緑は多いけど枯野的な雰囲気ですね。

↓行き止まり?
77_20141204002109b87.jpg
舗装路の遊歩道が途中から未舗装の
がたがたの土道になったと思ったら、
いきなり行き止まりになりました。
あれ?戻らなきゃダメなの?
と覚悟を決めたら、フェンスの脇に
ガッタガタの人が通れる隙間があって
そこから外に出ることが出来たのですが、
その先どこへ通じるのかまったく知りません。
ええい、ままよ、行けるんやから行ったろうやん。

↓意外な場所
78_20141204002110996.jpg
ほんのちょっとだけ移動したら、
意外や意外、こんな所に出ました。
旧国鉄・西寒川駅、海軍工廠跡地。

↓線路後
79_20141204002112a2d.jpg
現在のJR相模線は、その昔、戦前の鉄道省から
国鉄時代にかけて、寒川駅から海軍工廠の正門まで
相模線寒川支線というのがあったそうで、その当時は
湘南地区の大部分を占めていたという、超が付くほど
巨大な海軍工廠の入口へと延びていた鉄道の跡地。

↓ 一之宮緑道南端
80_20141204002145d5a.jpg
寒川の踏切近くから
ココまでの線路跡地は
現在は一之宮緑道として
近隣に親しまれる遊歩道に
なってます。以前にも来ました。

↓イチョウ
81_201412040021468fe.jpg
一之宮緑道は通らずに、近くの道を走ることにしたら、
近所の工場の敷地内には、こんなにいい色付き具合の
イチョウの木。イチョウの黄葉の旬はもう過ぎちゃったかも。

↓一之宮緑道・北端
82_2014120400214806d.jpg
いろいろあちこち曲がったれ走行で
ふらふらと走り続けててきたら結局は
一之宮緑道の北端に来ちゃいました。
だったら緑道一本でよかったんじゃ?
(↑知らない道を走るのが楽しかったの)(^^)

↓緑道は向こう側
83.jpg
あっちへ行くと緑いっぱいの遊歩道。
夏はすごく涼しくて気持ちいいんです。
(↑お陰で冬に行った事がありません)(^^;)

↓駅から割と近いとこ
84.jpg
寒川町の南の端っこまで行ってきた
その帰り道、再び寒川駅に近づきます。

↓寒川駅・南口
85.jpg
やってきました寒川駅。とはいっても、
駅舎とメインエントランスは北口なので、
こちら南口は、いわば裏口に当たります。

寒川町、って、どんなイメ-ジでしょうか?
神奈川県央唯一の町ですから、ちょっと
人が少ないのかな?というイメ-ジとか
無いですか?多少はあると思いますが、

↓すごい数
86.jpg
駐輪場にはものすごい数の自転車。
この数を見る限りは、人が少ない、
なんて想像は全くできませんね。
やはり神奈川県央の自治体。
人口密度は近隣自治体と
全然変わらにでしょう。

↓悲願。
87.jpg
寒川・倉見地区に新幹線の駅を!

・・・いやあ、多分無理でしょ。

リニア新幹線が全線開通して
東海道新幹線の需要そのものが
ガタっと落ち込んだりでもしない限り、
新駅建設は途方も無く難しいはずです。

新幹線での新横浜から小田原までの所要時間は、
小田急線で海老名から町田へ行くくらいの時間しか
かかりません、途中に駅を設けて運行時間を遅らせる
リスクは、取らないでしょう。ただ、海老名から相模線で
倉見まで行ったら、そのまま新幹線に乗れるんだとしたら、
それはそれで、すごく魅力的。西方向へ遠出するんだったら
これほど楽な事は無いですから。(←あくまで海老名市民目線)

新幹線倉見駅か。すごくいいんだけど、
どうなるかは、遠い先の話ですね。

↓次回、いよいよ寒川町の中心街へ。まだ先があります。(まだ続くんか?)(^^;)

寒川町でサイクリング。 ⑨

まだ寒川が続いてます。
寒川町でサイクリング、よろしくついて来て。お願い。

↓ある意味最強
88.jpg
庶民の味方、ダイソ-
低価格のお買い得が売り、
ユ-タカラヤの合体店舗が
寒川駅の踏切脇にあります。

↓再び寒川駅
89.jpg
寒川駅よ、私は戻ってきた!
とか恰好つけてみてみましたが、
要は自転車漕いで走ってきただけ。

←商店街はあっち
90.jpg
駅前商店街は
←矢印の方向。
行ってみましょう。

↓寒川駅舎
91.jpg
寒川町の中心部でもある
寒川駅舎が見えてきました。

↓JR東日本・相模線、寒川駅
92.jpg
毎年寒川神社へ詣でる参拝者が
大量に間違って降車してしまう
寒川駅でございます。(笑)

寒川神社の最寄り駅は、
このひとつ先にあたる
宮山駅でございます。
間違え無いように。

↓寒川駅前公園
93.jpg
寒川駅前の公共広場がこの寒川駅前公園です。
何がある訳でも無いですが、町民憩いの場です。
この辺は、まったりくつろげる正に憩いの場です。

↓ベルのあるゲ-ト
94.jpg
前から気になっていた
このゲ-ト、この際なので
どんなものなのかを再確認。

↓幸福の鐘
95.jpg
四年前に設置された幸福の鐘がコレ。
実は、寒川町が設置した、時報を鳴らす
モニュメントでもあるんです。なんですけど、
僕はこの鐘が鳴る所を見たことがありません。
鐘が鳴る時間にココにいる事って、結構難しい。

 FUJIス-パ-
96.jpg
神奈川県南東部方面にお住まいの方には
わりとおなじみのFUJIス-パ-の支店、
神奈川県資本のフジシティオが展開する
FUJIス-パ-の店舗、恐らくこの店舗は
寒川最大規模を誇るのではないでしょうか?

↓汽車が走ってる
97.jpg
お菓子売り場の上に
結構規模のデカいうえに
ゲ-ジスケ-ルまで大き目な
鉄道模型が走ってたりしています。

↓ぐるっと回ってる
a1_20141213003048957.jpg
この鉄道模型のラインを
お店に寄る事があるたび
つい見とれてしまいます。

↓遠景
102_20141204002450a1f.jpg
ツタヤが入ってるんですね。
寒川駅前の娯楽の殿堂
という役割も果たしてる
FUJIス-パ-でした。

↓街角イタリアン
100.jpg
じつは、この店舗が以前から
非常に気になってたんですが、
未だに足を踏み入れたことが
なかったりもするんですよね。
入り易そうなイタリアンですが、

↓ボ-リング場
101_20141204002449f13.jpg
なぜだかボ-リング場の端っこに付随しているんです。
面白そうで、入り易そうなんだけど、なんだか尻込みして
未だに入ったこと無いんです。興味あるんですけど、ねえ。
(↑何故だかこういう所に気おくれする性分だったりします)
いつかはココでイタリアン喰うたるねんで、ほんまやで)(^^;)

↓町立施設群
103_201412040024518c1.jpg
奥の灰色の建物が寒川町立図書館、
そして手前のベ-ジュの建物が
寒川町商工会議所になります。
かのB-1メニュ-、寒川棒コロ
この商工会議所が作り出しました。

↓寒川町役場
104_20141204002453c9f.jpg
町役場、なんですが、看板には
「寒川行政センタ-」という仰々しくも
かっこいい名前が掲げられていました。
町役場というよりも、もはや市役所という
重厚な存在感を醸し出してます。デカいな。

↓ってところで、いいかげん飽きたでしょうが、まだ寒川町が続きます。

寒川町でサイクリング。 ⑩

寒川町でサイクリングのお話。まだ続いてます。

↓JR相模線
105_2014120400261833c.jpg
寒川町の中心街から外れて、
再び相模線延線まで来ました。
寒川町の事を話題にしているのに
ココまでに出てこなきゃいけないはずの
寒川神社といえばココという場所が出てません。

↓一の鳥居
106.jpg
踏切脇に、参道の緑に
埋もれるようにたたずむ
銅の一の鳥居ががあります。

おまたせしました。
サイクリングの最後は
寒川神社へと向かいます。

↓暗っ!
107.jpg
見上げる空はまだ明るいのに
参道は木影のお陰で日が届かず、
日没直前のせいもあり、もう暗い感じ。

↓二の鳥居
108.jpg
コンクリ-ト製の巨大な二の鳥居。
ココを越えれば神社はすぐそこです。

↓寒川神社
109.jpg
相模の國の一之宮。
寒川神社に到着です。

↓曲がる参道
110.jpg
参道にはもう灯りが入り幻想的な空気になってます。
参道が曲がっているのは、厄災が社殿に向かって
まっすぐ届くのを妨げる為、なのだそうですよ。

↓社門
111.jpg
神社の社門前に到着。
今年の大みそかはには
ココでtvkの年越し特番の
生中継が入ってましたね。
(↑ロ-カルかつ一年遅れの話題)

年末までにはココに来年の干支ねぶたが飾られます。
青森の本物のねぶた師が作成する干支ねぶたは
すっかり寒川神社の正月名物になりました、が、
これはまだそれもできていない3週間ほど前。
今年はどんなねぶたが出来るのでしょうか?

↓参拝後
112.jpg
11月末の寒川神社は、
大量の菊が並ぶ菊花展が
開催中の七五三ウイ-クでした。
お待たせしまたなどと言いながら
社殿の写真を撮り忘れてた事に
写真をUPして気が付きました。
菊の花も写ってませんでした。
ごめんなさい。(←役立たず)

寒川神社社殿は、どうぞ初詣にて
ご自分の目でご確認頂きたく。

行くのめんどくさい、とおっしゃる方は
コチラをご参照下さるのもひとつの手

海老名と厚木と神奈川県。 ⇒  寒川神社で初詣。(2012、1/12)
                寒川神社で初詣。(2013、1/8)

↓小さなタマネギ
113.jpg
途中の県道にかかってる橋の欄干の
擬宝珠(ぎぼし)越しに夕陽日が沈む。
時間としては、もう頃合いになりました。

↓海老名市
114.jpg
海老名市に戻る頃には
日はとっぷりと暮れました。

↓田んぼの中のナイトラン
115.jpg
刈り取りの終わった田んぼに囲まれた
海老名市南部の県道を、市街地に向け
ナイトランを開始。これ意外と怖いんです。
田んぼの中の県道は、トラックとかが多いし
民家が少ないから、みんな遠慮なく飛ばすし。(^^;)

↓帰還
116.jpg
市街地に戻ると、街の明かりがまぶしいほど。

最後は海老名で締めでしたが、
寒川町の知らない場所へと
行ってみたという話でした。

途中どうしようもないほど、ただの住宅地だけ、
だったりもしましたが、知らなかった場所を走るの
結構楽しいんです。近くにも知らなかった道がある。
そういうサイクリングは、今後も増えるかもしれません。
自動車では入り辛いし。バイクではちょっとだけ早すぎる。
そんな場所は、自転車で行くのがベストマッチ。そんな感じ。

という処で、寒川町でのサイクリング。これにて終了。
長々とお付き合い、ありがとうございました。

↓今更ですが、ブログランキングへはコチラから。(^^;)

本日は、寒いので休業。

本日の寒さは尋常じゃありません。
真昼間からもう異常なほどに寒いわ、
テレビは前部選挙で見るものないわで、
やることが、なんだか全部無くなりました。

ネタ切れだったこともあり、
本日は休業を決め込みます。

↓ブログランキングへはコチラから。

今年のイルミネーション。

今年も、当然ながら、
年末のイルミネ-ションが
輝く時期に、すでになってます。

↓VⅰNA WALK
v1.jpg
VⅰNA 光のファンタジー。
ビナウォークの冬のイルミネ-ションは、
今年も開催中。すでに11月1日から点灯中です。
(↑いまさら?とか思わないで下さいね)(^^;)

↓デッキから
v2.jpg
数年間続いていたキャンディーポッポカラーと
白と青のLEDのイルミネーションが、今年は
割と混ざり合ってる感じで飾られています。

↓キング・ビナセブン
v3.jpg
確か、昨年から始まったこの大きな
ビナセブン王のシルエットのLEDが
今年はひときわ大きく明るくなった、
と思ってしまうほど明るく輝いてます。

ゆっくり歩いての見物は、実は先月から
何度もしてますが、なかなか記事にならず、
いざ記事にしようと思ったら写真が少なかった
という毎度おなじみの役立たず具合を発揮します。

それはそうと。だんだん仕事のほうが忙しくなってきました。
クリスマスを控え。年末を控え。忙しさが半端じゃありません。

クリスマスを過ぎるまで、下手をしたら年末まで、
まともな更新は出来ないかもしれません。
出来ても、多分相当雑になるかもしれません。
それでも、ちょこっとづつでも毎日更新に
挑戦だけはしてみようかと、策を練っております。
(↑ちゃんと仕事しろよ、そしてしっかり休めよ。)(^^;)

そんなこんなで、年末繁忙期の真っただ中で、
他人にはほぼどうでもいい、無謀なチャレンジを
こっそりと決行中、の、今日この頃でございました。

↓本人にとっては無謀なだけ。休んでも誰も困らない。(^^;)

ある日の昼間の街の風景。

ある日の昼下がり、
市街地をうろうろした
そんな中での写真です。

↓冬の田んぼ
a_20141216220853076.jpg
稲の刈り取りも、天日干しも終わり、
残るは稲わらばかりなり、となった
水田に風景が。この水田の所在地、
実は海老名市役所の隣なんですね。
市政の中心地で繁華街の真ん中に
広大な田んぼ。そんな海老名市です。
コレがなかなか季節を感じせてくれる
指標のような存在で、結構お気に入り。

↓大山
b_201412162208552be.jpg
ショッパ-ズプラから海老名駅に向かう歩道橋の上から、
県道の先に聳えてる大山を眺める画。借景ではありますが、
海老名の市街地から眺める大山。ブログには何度も出てきて
題材にしてますが、色々な風情を見せる大山借景は、やっぱり
大好きな景色です。家の窓から見えないのが大変もどかしいです。

↓そんな海老名の風景、機会があれば、いろいろ眺めてみてください。

えび~にゃサンタ。

えび~にゃのお話です。

↓サンタさん

海老名市役所の駐車場側にある南側エントランスの脇に、
えび~にゃの石造が置いてありますが、そのえび~にゃが、
時節柄ですねえ、サンタ衣装のバ-ジョンになってます。

というより、寒いから大変だね、とおいう心遣いで
冬装束を着せている様にも見えちゃうんですけど。(^^;)

石造り市のマスコットにだって、ちゃんと感情移入してくれる
心優しい人の手が与えてくれた、やわらかい温かさの存在は、
この程度の写真にさえ、ちゃんと映り込んでくれている気がして、
ほんのちょこっとだけ、気分がほぐれてほっこりしてしまいました。

身の回り、目の届く場所でさえ、色々な場所が心なしか寒いから、
この程度とはいえ、人の温かい思いは、大切な気がしています。

↓ああ、温かくなりたい。色んな意味で。 (- -)

なんでんかんでん、年内で閉店。

惜しい話。

↓なんでんかんでん、海老名店。

海老名にあるラーメンの有名店、
なんでんかんでん、海老名店。
誠に惜しいことに、このお店、
年内閉店が決定しました。
ちょっと寂しいです。

↓ラーメン定食
2_20141218220458dc0.jpg
たまたまふらりと寄ってみたら、
年内閉店の告知が出てました。

バブルの頃に一世を風靡した
伝説のラーメン店が地元にできた。
それだけでも個人的に嬉しかったので
割と頻繁に食べに行っていたお店なのに
無くなっちゃうのは、もう大変惜しいものです。

↓「な」
3_20141218220457c5d.jpg
出向いた時は、週末の昼時の割と忙しいはずの時間なのに
店長さんが一人で店を切り盛りしてるという大変な状況で、
家族連れのお客さんも多い中、商品をお出しするのも
遅れがちというかなり厳しい状況だったりしました。
お店があるのが、駅前からちょっとだけ離れた
裏通りというのもあって、期待したほどには
客の入りが良くなかったのかもですね。
慣れ親しんできた美味い味の店が
無くなってしまう、ということは、
やはり惜しいことと感じます。
(↑個人差はありますが)

時間は残り少ないけれど、
伝説のラーメンをこの機会に
ぜひとも味わってみて頂きたい。
なんでんかんでんに、有終の美を。

↓これも栄枯盛衰の事例のひとつ。なんでしょうかね?

今夜は断念。

ごめんなさい。今夜は断念。
ただただいそがしかった。
お陰で力尽きました。

今日はおとなしく寝ます。

↓そんなお話で申し訳ありませんが、ブログランキングへはココから。

ラーメンが食べたいね。

ネタはあるんだけど、写真をアップするスケジュ-ルが
どうもうまく回らない感じになってて、ど詰まってまして、
他になにかいいネタがないかな?と思って過去画像を
ぱらぱら送り見てたら、いろいろな所で出てきいました。

ラ-メンです。

どんなお店のラ-メンがあったのか、
ちょっと思い出してみる事にしてみました。

今回は、ただそれだけです。
何の示唆も教訓もありません。

↓ でびっとラ-メン

相模大野にあるでびっとラーメンでずいぶんとまた食べ応えのある
ランチで食べたラーメン定食。でびっとラ-メンは基本が九州ラーメン。
ですが、太麺も中細麺も選べて融通が効きますので九州スタイルには
囚われません。でも、よく行っていた相模大野店は閉店してしまいました。
残念。それ以前に記事にしたことがありませんでした。 結構好きなんです

↓ 夜鳴き軒
r3_20141220213106397.jpg
相模原市の国道16号に面している
昼から明け方までやってるラ-メン屋。
サイクリング中に昼食をとっただけですが、
「こってりラ-メン」、ちょっとハマりそうでした。
太麺をがふがふすすりこむ、食べる快感のような
そんな豪快な、正に喰ってる感がたまりませんでした。

↓ 幸楽苑
r4_20141220213104264.jpg
昔ながらの味と安さが売りの全国チェーン。
いまやどこにでもある幸楽苑のラーメン。
意外な事にこのスタンダード感たるや、
名だたるラーメン店では、もう既に
味わえない「昔ながらの味」が
ちゃんと発揮されてるんです。
我が家の近所にも出来たので
行く機会は、増えるかもしれません。

↓ 餃子の王将
r6_20141220213103264.jpg
あまり行かない餃子の王将。
王将は、ラーメンそのものより
定食でおかず食べる方がお得な
大衆中華料理店という感じですから。
でもこの大衆中華的なラーメンの味は
中々捨てがたい、好きな味になってます。

↓ ザボン
r7.jpg
検索すると東京を中心にザボンという名が出るけど、
母体があるのかどうかさっぱりヒットしないという
謎のラーメン店(←調べ方がわるいんじゃない?)
「ザボン」が、東名高速道路・EXPASA海老名に
店を出してます。美味しいけど、SAという性格上
推し商品がコロコロ変わるし、季節メニュ-など
選びきれない程種類が存在し、一体全体どれが
一番なのかさっぱりわからない、メニュ-選択が
いちいち難しいお店。でもたまに食べると、どれも
外れ無し!と納得しちゃうのが不思議なところです。

↓ 水の郷 ミール
r9.jpg
宮ケ瀬で、ちょっとした名物みたいになってるラーメン。
これがコレで、捨てがたいスタンダードな味でした。
こういう昔ながらの味が、近頃のお気に入り。
昔ながらの味だけに、現代で再現するより
今風のものの方が手に入り易いですから。

↓ 蒙古タンメン 中本
r11.jpg
辛い!辛くて辛くて食べられない!!でも美味い。
このカルチャーショックを味わってから既に数年。
相変わらず、お店で食べる時は、辛さのレベルを
上げるげることが出来ないんですが、それでも
ただ辛いだけではなく、ましてや辛さ、投入する
唐辛子のスプーンの杯数だけで決まるんじゃない、
辛くて美味いジャンルのラ-メンの最高峰です。
お店が近くになかった時代、コンビニのカップ麺で
ドハマりしたのが始まりでした。すごく好きな味です。

↓ 博多中州屋台 鈴木ラーメン店
r8.jpg
焼きラーメン、福岡のラーメン屋や、屋台の料理屋などでは
当たり前に提供されているというメニュー。でもそういうのは
他地方ではまず見ません。鉄板やフライパンでに麺を炒め
豚骨スープ味付けし、九州ラーメンの細麺で作る焼きそば。
こういう本格的地元メニューがばっちり再現されてるような
超が付く本格的な九州ラーメン屋の焼きラーメン。美味です。

ただ思い出してみただけで、これだけ食べたんですね。
ホントは、これじゃすまない位、もっともっと食べてます。
思い出してたら、本当にお腹が減ってきちゃいますね。

↓寒い冬の夜は、ラ-メンが食べたいね。

冬至のかぼちゃをいとこ煮で。

明日は冬至。一年で最も日照時間が短い一日。
冬至の慣わしとして、かぼちゃを食べてゆず湯に入る。
というのがありますが、かぼちゃを食べるりゆうというのは
一陽来復に由来するとされ、冬至を境に陽が伸び始めるので
この日を境に運気が上がるとされる事と、本来夏野菜のはずの
かぼちゃは、保存が効くため、夏や陽の気を持つ物をこの時期に
食べる事で陰の気や運気の低さ寒さを払う物として定着したそうで、
そういう願掛けに対して興味がない僕も、ここ数年は毎年この時期に
かぼちゃは食べてたりしてるので。最近テレビで見かけた、かぼちゃの
料理を、今年の冬至のかぼちゃ料理にしてみようとおもって挑戦しました。

↓レンジでチン

まずは一口大に切ったかぼちゃを
レンジで大雑把に4分くらい加熱。

↓更にゆでる
k2_20141221215532a98.jpg
かぼちゃを最初からゆでると
柔らかくなるまでの加熱時間が
半端無くかかるのでチンしてから
更に過熱すると時間短縮できます。

↓ザルに空ける
k3_20141221215530b96.jpg
沸騰してから5分程ひにかけると
そこそこ柔らかくなると思うので
その頃合いでザルに開けます。

↓ゆであずき
k4_20141221215529a8d.jpg
本来なら、水で戻した小豆を茹で上げたものを使いますが。
今回は時間短縮のため、砂糖が入ったゆであずきを使用。

↓あずき投入
k5_20141221215221c1d.jpg
実際この方が作業が早いし、
味付け自体が簡単なので重宝です。

↓かぼちゃのゆで汁
k6.jpg
ゆであずきをかぼちゃのゆで汁で
ちょっと伸ばして火にかけます。

↓ぐつぐつ言わすぞコンチキショ-
k7.jpg
豆が煮崩れない程度に火を通します。
砂糖を足したり、片栗粉でとろみを
付けたりしてもいいのだそうです。

↓合体、南瓜&小豆
k8.jpg
和食のメニュ-としては小豆の煮汁を出汁で伸ばしたり
濃口醤油で味付けしたり、というのもスタンダ-ド。
ですが、かぼちゃが柔らかくなるまで火を通せば、
かぼちゃ本来の甘さと、あずきの甘さが混ざり
素材の旨味自体が甘さの絶品が出来ます。
かぼちゃ・あずきともに質の良いものなら
出来上がりは、さらに甘くるのですよ。

ちなみに、かぼちゃとあずきを一緒に煮たものを
冬至に食べる習慣があるのは、北海道や北陸など、
割と散らばった範囲に根付いているんだそうで、
いとこ煮というのは、本来は野菜の煮物の事ですが、
具材を煮え具合によって、鍋においおい投入する事が
おいおい→甥甥(当て字)から、「いとこ」煮になったのだ、
といわれるのだそうです。(これがテレビで見た話の方です)

真冬中の真冬の冬至の夜の、晩のおかずに、ちょっと甘めの、
かぼちゃのいとこ煮。簡単調理ですぐできて、季節の節目の
運気アップを祈願してみる、というのはいかがでしょうか?

↓明日は、今年もっとも一日が短い、冬至です。

みなとみらいのトワイライト。

日没直後のみなとみらいを
ぶらぶら歩いてきました。

↓暮れ残る空

到着した時はこんな感じの暮れ残り具合。

↓ライトアップの並木道
a5_20141222231604bcf.jpg
横浜美術館前の並木道が
ライトアップされていました。
キラキラの道筋が幻想的。

↓ランドマークタワー
a1_20141222231657ebe.jpg
聳え立つランドマークタワー。
きらびやかに輝いてます。

↓日本丸の後ろ姿
a3_20141222231656c58.jpg
日本丸のバックショット。
美しい曲線とマストの林立。
こういう景色の中でもいい感じ。

↓少女の像
a4_20141222231654180.jpg
日本丸のドック脇にある少女の像。
トワイライトに浮かび上がる姿は
ちょっとエキゾチックですねえ。

↓日本丸の勇姿
a6_2014122223160296a.jpg
公式フォトスポットから真正面の日本丸。
明るくライトアップされているその姿は、
やはり見る者の目を惹きつけますね。

↓ゲートからタワー
a7_2014122223160007d.jpg
個人的に、ここへ来ると必ず写真に収めてしまう
ナビオスゲートから見るランドマークタワーです。

↓万国橋から見た景色
a8_20141222231559098.jpg
コレが鉄板の景色。
ランドマークタワーとat
コスモクロックを一望する
絶対に見たくなる風景です。

↓クイーン
a9_20141222231557cee.jpg
初めて見たかもしれません。
横浜税関の「女王の塔」が
ライトアップされてました。

atのクリスマスツリー
a10_201412222314481f9.jpg
atのクリスマスツリー。今年も巨大。
今年は、映画とガッツリコラボしてました。
コラボはともかく、ココのツリーは毎年キレイです。

↓ランドマークプラザのクリスマスツリー
a11_20141222231447ba8.jpg
今年は、ディズニーとのコラボ。
シンデレラのツリーになってます。

↓再び日本丸
a12_20141222231445b12.jpg
ランドマークタワーと液を結んでる
ペレストリアンデッキの付け根の方の
とある場所からなら、日本丸の全身像を
なんとか写真に収められる事がわかりました。
写真は思いっきりぶれましたが。初体験なのです。

↓桜木町駅前から
a13_20141222231444efe.jpg
ランドマークタワーを眺めて、ちょっと長めの
日没から始まった散歩を終えることにします。

なぜこの日にみなとみらいなのかというと、数年前までは冬至の日に、
地域ぐるみで行ったみなとみらい全館点灯「TOWERS Milight
という大イベントがあり、その風景を思い出そうと思ったからです。
そのちょっとした感動は、冬になると必ず思い出す景色なのですが。
今、全館点灯は、クリスマスイブに行われるの大型イベントへと昇格、
昼間が最も短い冬至に、街の明かりを灯そうという意味は薄れました。
2011年にその写真撮りに行きましたが、その後は見に行けてません。
今年も全館点灯の風景は、残念ながら見に行くことが出来ないのですが、
お暇の許す方はぜひ12月24日の「TOWERS Milight」をご覧ください。

その時(2011年)の映像は ↓ こちらです。

海老名と厚木と神奈川県。 ⇒  TOWERS Milight!(2011、12/22)

↓みなとみらいの大イベント、TOWERS Milight をお楽しみに。

ガストのフォアグラ。

クリスマスを前に、
ちょっと贅沢したくて
外食して来たお話です。

↓ フォアグラ・リバイバル

今年、数回にわたり、ファミレス「ガスト」において
数量限定で提供され、大人気を博したメニュー、
本場のフランス産フォアグラを使ったメニューが、
この年末、再び数量限定で提供を開始しました。
今年一年、CMが入るたびに、ぜひ食べてみたい、
と垂涎を繰り返してきたものの、近所のガストは
お箸カフェで、フォアグラメニュ-を扱ってない為、
どこで食べられるのかが分らなかったのですが、
何のこたアない、反対方向の海老名の駅近くの
ガストで食べられることがわかったので直行です。

↓安過ぎるっ!!
a2_20141223221814d7d.jpg
聞いてはいてけど、お値段見てびっくり。
フォアグラが乗ったハンバーグがなんと、
たったの849円(税抜き)びっくりですよ。
セットにスープとライスとドリンクバーまで
セットにしても、税込1500円以下でした。

↓フォアグラ&ハンバーグ
a3_201412232217438f0.jpg
フォアグラって、食べたことありますか?
僕は初めていただく事になりました。でも、
フォアグラを手に入れよう、とか思ったらば、
セレブ御用達のかなり高級スーパーに行って、
出来の悪い安物の缶詰でも1800円位はする
調理法もわからない物を手に入れるか、あるいは
清水の舞台からノーバンジーでダイブアウトな覚悟で
格式高いリストランテへ踏み込む以外にはありませんが、

フランス政府公認の優良産地産のフォアグラが、まさかまさか
たった1500円で堂々と食べることが出来るという晴天の霹靂。
外食チェーンの大規模力は、時々こんな恩恵を与えてくれます。
(↑美食には縁遠いド庶民丸出し。実際みんなこんなものです)

↓付け合わせ
a5_2014122322174209e.jpg
温野菜の冷製、バジルソース。
インゲン、ナス、ニンジン、レンコンに
火が通ったモノを冷やしてバジルソースを
かけてあるものが付け合わせになっています。
バジルの香りと塩気の効いたソ-スがいい感じ。

↓ハンバーーーグ!!!
a6_20141223221740aac.jpg
師匠登場(笑)、・・・じゃなくて、
お値段の割にかなりのボリュ-ムがある大ぶりのハンバーグに、
かすかに酸味を利かせたクリーミーなソースがかけられたうえに、
ローストされたフォアグラがのってます。こういう風に出てくるのね?

↓ハンバーーーーグ!! !(あまーーーーい)(←謎)
a7_20141223221739c4e.jpg
ハンバーグの出来が良いのにちょっとびっくり。
ファミレスのクオリティーって、こんなに高かった?
とにかく、お値段に見合わないと思えるほどの出来。

↓フォアグラ
a8_2014122322173851d.jpg
食べてびっくり、トロトロです。すごく美味しいものです。
食べてみて初めて解る世界三大珍味と称されるもの。
トロトロをつぶして肉にまぶせばまるでバターの様です。

言ってしまえば、フォアグラというのはレバーです。
ガチョウの脂肪肝で、ガチョウの口に漏斗を指し
強制給餌によって、半ば無理やりつくられた
自然ではありえない密度の脂肪の塊です。
初期の「美味しんぼ」の中でその味は
天然の「鮟肝」(アンコウの肝)に
味で劣るもの、と、山岡士郎が
違いを見せつけた回があり、
美味しいものじゃなさそう
という先入観がありましたが、
実際食べることが出来た今は
その先入観ががらりと変わりました。
美味い。ちょっとシヤワセになる程です。

まあ、毎日食べられるようなお手軽な食材でもないし、
毎日食べたら、確実に健康には悪そうなものですが、
たまに安価に食べられるなら、逃す手はありません。

たまの自分へのご褒美に、こういうのがあれば、
ちょっとだけ、やる気を持続できるかもしれない。
そんな意味でも、限定的で全然かまわないから
定期的にメニュー提供してくれないかな、などと
マジに切望してしまう次第です。待ってますから。

ちなみに、ガストではグラスワインが、
期間限定99円、これもお得です。
たった100円で贅沢をプラス。
安物だってもいいんですよ。
気分が満たされればね。

↓フォアグラ、このお値段なら、文句無くイイです。

TOWERS Milight 2014。

今年は行けないな~、と思っていたときに
見ていたのが先月の公休表だったのが
分かったのは昨日の事だったんです。

-明日僕出勤ですよね?-
-え?休みだろ?-
-え?だってこれ-
-これ11月のじゃんか-
-あれ? え?-
-おまえバカか?-
-あはははははは-

みたいなやり取りがあったかどうかは
さておいて、行けるんだったら行ったろう!
って訳で、三年ぶりのみなとみらい全館点灯。
TOWERS Milight 2014の模様をお伝えです。

↓砲列

日暮れ前から、既に砲列が狙いを定めるている
そんな光景が出来上がる本日、12月24日。
今日は、クリスマスイブというほかにも
年に一回だけの特別な日なのです。

みなとみらい地区にある
全てのオフィスが協力し
日没からの約5時間の間
みなとみらいに居を構える
全てのオフィスが協力して
みなとみらいが全館点灯する
という一大イベントが開催される
そんな夕暮れの光景を眺めて来ました。

3年前にも見に行ったイベントを、
今年は、前回の4倍近いボリュ-ムで
お送りすることに決めました。ついて来て。

↓MM21
a2_20141224211227abf.jpg
みなとみらい21地区(以後“MM21”)
を一番広い視野で眺められる定番スポット
として知られる万国橋からの眺めです。
まだ日が暮れてません。この時まだ15:30.

↓ナビオスゲート
a3_20141224211225d8d.jpg
ホテルナビオス横浜
ゲート越しのランドマーク。
この2つの景色を軸に据えて、
今回も時系列順に段々暮れてゆく
MM21の風景をお伝えしたりします。

↓赤レンガ
a4_20141224211224c69.jpg
とはいえ、まだ時間があるので
日が傾くまでしばらく暇つぶしに、
赤レンガのクリスマスマーケットへ。

↓ グリューワイン
a5_20141224211223c11.jpg
ドイツやオ-ストリアなどの
一部欧州の冬の名物でもある
クリスマスママーケットで売られる
果汁とスパイスを加えた温かいワイン、
グリューワインで暖を取り日没を待ちます。

↓クリスマスツリー
a6_20141224211047ee6.jpg
メリークリスマス。
ああそうだった、今日は
クリスマスイブだったんだね。

↓西日
a7_2014122421104655c.jpg
頃合い近し、日が傾いてきました。
夜景スポットへ向け移動開始です。

↓ココがスポット
a8_20141224211045892.jpg
地図にある「万国橋」の上が
夜景を堪能できるスポットです。

↓点灯してる
a9_2014122421104321c.jpg
写真では解り辛いのですが、
16:30、日没を目前にして
ビルの全フロアの明かりが
点灯を、開始しております。

↓ゲート
a10_20141224211042c6d.jpg
ゲ-ト越しだと、ちょっとわかりますよね?
全フロアの灯りが明るく点いているのが
見て分かるようになり始めていますね。

↓ ランドマークタワー
a11_201412242110023fc.jpg
水面に移るランドマークタワー。
徐々に明るさが増すとともに
辺りが暗くなり始めます。

↓数分後
a12_20141224211006967.jpg
ぐるっと戻って、再び万国橋の上から。
陽が落ちはじめ、暗くなってきました。

↓らしくなってきた
a16_2014122421092281a.jpg
ゲート越しのタワーが、
綺麗に輝き始めてます。

↓輝き度、UP中!
a14_20141224210958d5d.jpg
日没後の暮れ残りに
映えるランドマークです。

↓下弦の月
a18_20141224210919e06.jpg
西の空の、下弦の月と倉庫の明かり。

↓パームツリーにかかる月
a19_20141224210917261.jpg
数本植わるパームツリーに
月がかかる、いい感じの景色。

↓夜が来た
a20_20141224210916ce6.jpg
全館点灯開始から
たったの40分ほどで
見事に夜になりました。

↓輪郭が見えなくなった
a21_201412242108233fa.jpg
ゲート越しのタワーは、
その輪郭が見えなくなって
見事に光点だけになりました。

↓ダブルタワー
a22_20141224210821ca4.jpg
もう少し水面がおだやかだったら、
上下にダブルのランドマークが
映り込んでいた事でしょうね。

日が暮れた時間が経っても
大混雑していた万国橋近辺を
この辺で後にすることにしました。

↓全館点灯中
a23_20141224210819264.jpg
一路汽車道を抜けて
みなとみらいの中心へ。

↓ アニヴァルセル
a24_2014122421081880c.jpg
今年新しく出来た式場、アニヴァルセル。
けっこう直線で出来ているMM21の中では、
かなり異質な、曲線で出来ている建物のライン。
これはこれで、かなりのインパクトがあるんですね。

↓明るい
a25.jpg
日本丸もライトアップ中、
ランドマークタワーの向こうの
日石ビルとかのオフィスビル群も
煌々と全館点灯を実施中、明るい!

↓ 日本丸
a26.jpg
夜景の中の日本丸。
やっぱりなんかかっこいい!

↓マスト越しのタワー
a27.jpg
高いマストのさらに上に、
タワーが煌々と輝いてます。

↓少女の像
a28.jpg
夜景越しに見る像のシルエット。
普通に像を見るだけよりも、
シルエットで見てる像は
やはりグッと来ます。

↓ビルの谷間に
a29.jpg
ビルの谷間に下弦の月。
歩いてる途中に見た
なんかいい景色。

↓ MARKis
a30.jpg
まだ行った事がない
MM21の新名所も
全館点灯実施中。

↓灯りがすごい
a31.jpg
目に入るビルが全部全館点灯中。
目の前がすごく明るかったのです。

↓ライトアップの並木道
a32.jpg
横浜美術館の前、MARKisのエントランス前に
煌々と並び立つ並木道のイルミネ-ション。
これが、見る角度を変えると凄いんです。

↓ダブルのイルミネーション
a33.jpg
横浜美術館前の大きな水盤に
イルミネーションが映り込みます。
これ、気づかなかったら損しますよ。
並木道は横浜美術館側から見ましょう。

↓その先の水盤
a34.jpg
そのひとブロック先に
通路の真ん中にも水盤。
映り込みが綺麗なんです。

↓ メディアタワー
a35.jpg
docomoの大型送信施設でもある
MM21メディアタワーもライトアップ。
っていうか、この点灯は毎日ですけど。

↓緑の小道のライトアップ
a36.jpg
建物の端に沿って植わってる
大き目な緑豊かな並木道が
明るくライトアップ中です。
これも凄くキレイでした。

↓時は流れり
a37.jpg
ココには数年前までクリスマスツリーが飾られ、
ヨコハマジャックモールがあったのですが、
今はなくなって、マンションが建設中。
変わらないと思ってた光景なのに、
時は移り変わって行くんですね。

↓ マリノスタウン
a38.jpg
ヨコハマのサッカー育成の地、
横浜Fマリノスの練習場でもあり、
所属ユースの正規練習グラウンド、
マリノスタウンも煌々と明りが灯ります。

↓チャペル前にサンタの集団
a39_20141224210553ae7.jpg
なんか異様なサンタの集団が
目の前を横切って行きました。
クリスマスはお祭りですねえ。

↓ビルが輝く
a40_201412242105519ee.jpg
GENTO・YOKOHAMA前から
遠くのビルが輝いている説画。

↓ふたたび、変わりゆくもの
a41.jpg
みなとみらい線の新高島駅直近の
映画館を核とした商業施設、
GENTO・YOKOHAMA
施設閉鎖が決定しています。
映画館には行った事無いけど
フードコートは結構楽しい場所、
無くなっちゃうのは、惜しいかも。

↓見納め
a42.jpg
そんなこんなで、何時間かかけて
歩いて見てきたMM21の全館点灯、
このあたりでそろそろ見納めになります。
前回来た時(3年前)には建物も少な目で
日産のビル辺りからでも景色は割と良かった
と記憶してたのですが、景色も決行変わりました。

全館点灯のこの迫力は、行ってみなければ
実感できないものでもあるので、この際だ、
と出かけました。やっぱり行ってみるもんだ。
出来れば、最初の由来通りに、冬至の日に
開催して頂きたいものなんですけどねえ。

↓ゼ------ト!!!
a43.jpg
日産ビルのギャラリーに飾られていた
初代の日産フェアレディーZを見ました。
古い車なのにやっぱりちょっとかっこいい。
そんな景色をながめつつ帰路へ向かいます。

↓見慣れたヨコハマ
a44.jpg
駅前のSOGOベイクオーター
目の前に入ってきました、もう見慣れた
横浜の駅前に差し掛かろうとしています。

↓雑踏
a45.jpg
雑踏を乗り越え駅へと向かいます。

TOWERS Milight は、日没から
5時間という次元イベントですから
今年の開催は既に終了しました。

次回は、また来年のクリスマスです。
MM21の街ぐるみの大点灯イベントは
個人的に一見の価値あり、と思っています。
来年のクリスマスイヴは、ぜひともMM21へ。
この街ぐるみの明るさを、ぜひ一度ご覧ください。

↓メリークリスマス! 今夜は暖かい夜をお過ごしください。

クリスマスマーケット。

メリークリスマス。
とバカ騒ぎできるのは
クリスマスイブの夜までで、
クリスマスの当日というものの
メインイベントは教会のミサであり、
厳かに穏やかに、救世主といわれた
ジーザスクライストの生誕に感謝の意を
込める事こそが、クリスマスの慣わしである。
という話を、相当昔に聞かされた事があります。

そんなわけで、昨日頑張ったから、
今日は頑張らない事にしました。

↓メリークリスマス

実は、一週間ほど前のある日、
赤レンガ倉庫で毎年やってる
クリスマスマーケットへ出かけ、
ちょろんと飲み食いだけをした
そんな午後があったりしまして、
まだクリスマスだからその話で
お茶を濁しちゃう事に致します。

↓ ジャーマンポテトとホットビール・・・
2_20141225195052725.jpg
ありえない。ビールがヌルいんならまだしも、
あたたかいビールだなんて、英国人でも飲まん!
といいつつも、この時はとてつもなく寒かったんです。
だから、とりあえずそういう飲み物を出しているのなら、
と、興味本位で、チャレンジだけはしてみる事にしました。

↓ビールに砂糖⁇!!
3_20141225195054264.jpg
絶対ありえない。苦みが旨味でもあるビールに
あろうことか砂糖だと?ふざけるにもほどがある!
と、思ってたのですが、コレ実は、ビール大国ドイツや
オーストリアなどの、冬の名物のクリスマスマ-ケットで、
本当に売られている飲み物です。ビールの銘柄も日本では
聞かないドイツの銘柄だったので、コレは飲ってみるしか無い、
と、勢いでお薦めの砂糖入りにしてみたら、あら不思議なことが。
美味いんです。ビールよりも、混入しているカシスの香りが立って
苦味と一緒に、炭酸を温めたもの、という違和感も薄れている感じ。
全くの別物になっていました。カテゴリーと常識をの壁を破る新発見。

↓ジャーマンポテト
4_20141225195055ea2.jpg

・・・いや、マッシュポテトやがな、ポテトサラダやがな。

と突っ込みつつ、食べてみると
なんと、味はジャ-マンポテトです。

このお店、お客さんが当たり前に持ってる常識を
ドカドカぶち崩すことに躍起になってたんだろうか?
でも、ちょっと意外なところが多くて面白かったです。
(↑そう思わない人も、相当多そうな気がするけど)(^^;)

↓セクシー担当
5_20141225195057f65.jpg
美人のおねいさんがいる。
しかもきわどいサンタドレス。
いや~ん、扇情的なんだからぁ。
(↑ディスプレイも含め、誰なの?)

厳かなクリスマスの雰囲気の中、このディスプレイだけが、
なんかもう浮き上がって浮世擦れしてるそんな感じでしたが、
こういうのもあったほうが通り一辺倒にならなくていいですね。
このおねいさんって、毎年マーケットに並んでたんだったっけか?

↓クリスマスツリー
6_2014122519511046a.jpg
昨日は人が多くて眺めるどころじゃなかった
クリスマスツリーもこの時は穏やかな気持ちで
眺められました。人が多すぎるのも考え物だけど、
人が少ないイベント会場というのも寂し気いけません。

↓メリークリスマス
7_20141225195112c83.jpg
何はともあれ、今日でクリスマス気分も終わり。
何週間も盛り上がったケーキとチキンとプレゼントは、
あっという間に、おせちとお餅とお年玉の準備へと変わる
年越しへの備えが急ピッチで始まってます、ご注意ください。

↓とりあえず、今日までは、メリークリスマス。です。

今日は頑張らない。

昨日、今日は頑張らない、といいつつも
なんだかんだつらつらとどうでもいい話を
だらだら流し続けてしまったので少し反省。

というわけで、今日こそは。
絶対に頑張らないからな。

↓ビナウォーク

帰って来てから、もう外食しちゃうぞ、
と出かけたものの、年末で物入りだから
外食は避けなくちゃ、と思い直したおかげで
ただ散歩して帰ってきただけの夕方のひととき。
(↑無意味な徒労、と言ってしまえばそれまでです)

今日こそは頑張らないぞ~、

↓とりあえず、なんとか毎日更新、実施中です。

八景島の「かき小屋」。 ①

↓シーサイドライン・八景島駅

京浜急行線の金沢八景駅で乗り換える
新交通システム、シーサイドラインに乗車し
八景島へ行きますが、何故ゆえに八景島なの?
というのは相変わらずタイトルからもう丸わかり。

↓かき小屋
h0.jpg
今年の春前に、横須賀のヴェルニー公園で開催されていた
かき小屋に、出かけてきたのですが、どうも八景島でも
同様に、かき小屋が営業していたようなのですね。
テレビ(tvk)のCMで八景島のかき小屋営業中、
というのを見て、出かけてみることに。
出掛けたのは、クリスマスよりも
数日前ですが、話が長いので
順番が前後しております。
それは、まあいいか。

↓八景島駅。
h2_201412202018516a9.jpg
シーサイドラインの八景島駅が今回の会場の最寄り駅。
八景島駅といえば、ご存知の方も多い事と思うのですが、
広大な海浜公園、「海の公園」の玄関口であるのとともに
八景島シーパラダイス」のメインゲートの最寄り駅になります。

↓かき小屋
h3_20141220201850dd2.jpg
そんな場所に、かき小屋なんてあるの?
と思うかも知れませんが、それを言ったら
ヴェルニー公園の方がよほどかき小屋には
似つかわしくない場所ですから、かき小屋が
あったとしても何ら不思議な事はないのですよ。

↓あった。
h4_20141220201849b2d.jpg
駅を出て看板の案内に従って歩く事2分で、
店舗となっている施設が見えてきます。

↓かき小屋
h5_2014122020184867e.jpg
入口は歩いてきた方向とは反対側。
入口からすぐの商品棚から商品を取って
レジでお会計したら、お店の人がお客さんを
グリルに案内してくれるので、そこから調理開始。

↓オイスター、オン・ザ・グリル
h6_2014122020182064d.jpg
さあ、牡蠣を焼きますよ!
っていうところで、以下次回。

・・・かき小屋なんだから、焼いた牡蠣くらい出して終われよ。

↓次回は、かき小屋で牡蠣を焼きます。

八景島の「かき小屋」。 ②

↓注意事項
h7_201412202018199f3.jpg
提供される牡蠣は、加熱食用です。
必ず加熱し、中心部に火を通して
お召し上がりください。ということ。
決して生食しちゃいけませんよ。

ということで、八景島、海の公園で
期間限定開催中の「かき小屋」で
牡蠣を焼い来たお話の続きです。

↓かき 1Kg
h8_20141220201817058.jpg
8粒だったか9粒だったかがザルに入って、コレで約1Kg。
居酒屋で生牡蠣とか注文したら、剥き牡蠣が皿に3粒載って
800円とかするお値段取られるのが相場ではないでしょうか?
加熱食専用でも、9粒くらいで1500円というのは、良心的です。
かき小屋の運営は昨年同様、日本一の養殖牡蠣の水揚げを誇る
広島県で、かき小屋スタイルの浜焼き屋を大展開する有名店である
ミルキー鉄男のかき小屋」。広島から、関西、四国や、一部東京にも
期間限定店舗を展開してる名物店。本物の広島の牡蠣を提供中ですよ。

↓焼き上がり
h9_20141220201816382.jpg
かきは、平たい面を下にして網にのせ炭火で2分、
ひっくり返して1分程焼き上げると、口が開くので
かき剥き(小さいナイフみたいなもの)を差し込み
平たい側についてる貝柱を切断して殻を開きます。
そしたら今度は、平たい側の貝殻をはぎ取って、
殻に乗せた身をもう一度炙って身に火を通します。

説明書によれば、概ね3分炙ればOKなのですが、
現場で炭火番をしておられたお父さんの話では、
貝がぐつぐついい出せば時間より早くてもOK
なのだそうです、タイミングはやりつけないと
分らない部分ってのがあるもんなんですね。

そして、焼き上がったかきは、
ジューシーでぷりぷりの味。
滋味豊かな美味なのです。
殻にたまったスープも美味い。

↓賀茂鶴
h10.jpg
広島のカキ喰うとんのじゃから
広島の酒が合わん訳がなあじゃろう。
という訳で、広島を代表する有名な酒、
賀茂鶴」のカップ酒をかきのお共に頂きます。

↓シロサバフグ
h13.jpg
サバフグの一夜干しと思われる白味。
安かったので買っちゃった。コレがまた
炙って食べると非常に美味しいんですよ。

↓ブレとりゃあす。
h14.jpg
歯応えのしっかりした干したフグの白味と
ぷりっぷりであっつあつの焼きかきを肴に、
カップといえど、上等な日本酒を頂いてます。
至福。真昼間から焼き牡蠣と酒。いいっすね。(^^)

 ↑
お酒の話です。未成年の皆様、
お酒を飲まない皆様、申し訳ありません。

といいつつ、八景島のかき小屋のお話は、まだ続きます。

↓かき小屋は、現在、八景島・海の公園で営業中。

八景島の「かき小屋」。 ③

↓焼き牡蠣と日本酒
h12.jpg
平日の真っ昼間から、炭火で焼いた牡蠣を肴に
カップの日本酒をちびちびいただいたりしながら、
期間限定、八景島の「かき小屋」を堪能中です。

海鮮あぶり焼き、それもメインは
やはり広島産牡蠣が名物ですが、
他にもメニューは盛りだくさんです。

↓ポークのスペアリブ
h15.jpg
テ-ブル据えつけの味塩コショウを
さっと一振りしただけなんですけど
炭火で炙られてるスペアリブは
異様に美味しく感じるのです。

↓牡蠣殻
h16.jpg
食べ終わった牡蠣の殻は、横の青いバケツへ
放り込ンでいくだけという簡単片づけです。
殻の量が増えるのが、ちょっといい気分。

↓お客さんは多い。
h17.jpg
出掛けたのは、クリスマス前の
平日の真昼間だったのですが、
そんな時間でもお客の入りは
まあまあ多かったのが凄い。
やはり評判はイイんですね。

↓ 「ミルキー鉄男のかき小屋
h18.jpg
かき小屋は、駐車場に陣取って期間限定営業中。
年を跨いで、2015年3月いっぱいまで続きます。
牡蠣の美味しい冬の季節、お安く本物の牡蠣が
炭火焼きで楽しめる、かき小屋はどうでしょう?

ただ、本場広島のカキは、
実を言うとその旬が、
3月から4月頃、
になるんだそうです。
旬を前に、かき小屋が
終わっちゃうじゃんか・・・

と思ったら、同じ経営のかき小屋でも
5月中旬まで営業をやっている
横須賀のヴェルニ-公園へ。
時期をずらしてまた今度
本当の旬といわれる4月頃に
横須賀まで行けば、間に合います。

↓お日様が傾く
h20.jpg
まだ真っ昼間なのに、お日様は
急降下の傾きを見せ始めている
昼下がりの西の空が気になります。
すぐに夕暮になっちゃいますからね。

↓軌道の向こうに八景島
h19.jpg
八景島へは、今回は寄らずじまい。
かきとお酒と、そのたもろもろにより
お腹がいっぱいの帰り道でしたので。

ともあれ、まだまだ先まで営業している
八景島・海の公園の「かき小屋」です。
冬の時期のごちそうでもある、牡蠣を
比較的お安い値段で頂けますので、
ぜひとも、挑戦してみてくださいませ。

八景島・海の公園で営業中の「かき小屋」、
最寄り駅はシーサイドラインの八景島駅です。

↓かき小屋。ぜひ一度お試しを。 ・・・もちろん牡蠣が嫌いじゃなかったら。

続きを読む

今年も一年が過ぎようとしています。

そろそろ今年一年が終わりそうですね。
ほんのちょっとだけ、振り返ってみます。

↓すごい雪だった

思えば、二月の2週連続の大雪。
久々に交通網がマヒするような
大雪が、溶けずに2週連続。
コンビニから食べ物が消えたり
スコップと長靴が売切れてたりと
稀に見る凄い雪でしたが、もうすぐ
そういう危ない天気の季節が来ます。
準備はぬかりないですか?気を付けて。

↓夜桜
2_201412302120021a8.jpg
桜の時期が、ものすごく綺麗だったのですが
仕事が忙しかったり、引っ越しが絡んだりと、
いろいろあり更新が滞った悲しい季節でした。
桜見物は結構行ったのに記事には出来ず。

↓ひまわり
3_20141230212001c5f.jpg
強烈な熱さの中にあって
生き生きと力強く咲き誇る
大輪のひまわりの花達の姿。
たったの4か月前の光景ですよ。
季節の移ろいはいつも駆け足です。
毎日寒いと、真夏が懐かしくなります。

↓黄葉のイチョウ
4_2014123021200049c.jpg
派手に色づいた紅葉・黄葉を
今年は追いかけていなかった。
改めて、勿体ない事をしてました。
今年は、毎年追っかける桜花見や、
紅葉とか、イルミネーションが少な目。
そんな結果も、ただただノ-プランが故
予定を立てて行動することは大切ですね。

そんなこんなで、季節の風景と共に
猛ダッシュで一年のプチ振り返り。

皆様の今年一年は、どんな一年でしたでしょうか?
良い思い出が、たくさん出来てたらイイのですが。

↓明日で2014年も終わり。みなさん、準備はイイですか?
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
74位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる