FC2ブログ

五月の景色を、ちょっとだけ。

やっとやって来たお休みは
色々するうちあっという間に
終わってしまったのでした。

そんな中でふと見かけた、
五月の景色をちょっとだけ。

↓ 藤の花
a5_20170501232153377.jpg
フジの花です。きれいに房を垂れる花ですが、
本当になんてことない階段通路の脇に、
無造作に咲いてるのがすごいこと。

↓ たくさんのコイノボリ。
a4_201705012321552e2.jpg
四月中から飾られていた、沢山の鯉幟(こいのぼり)も、
ようやく五月、本番の端午の節句が迫ってきたので
段々と、様になって見えてきた気がしてまいります。
これも毎年恒例の中央公園の気色になりました。

ああ、いいなあ、連休。連休イイなあ。(←明日から4連勤)(^^;)

↓ ようやく写真が付きましたが、ちょっとリハビリ状態です。
スポンサーサイト



長崎ちゃんぽんのドライブスル-?

あまり見かけないモノを見ました。

↓ 長崎ちゃんぽん、リンガ-ハット

本場長崎でのその人気はダントツで
ご当地麺類というカテゴリをはみ出し
とっくの昔にに全国区となって久しい
長崎ちゃんぽ・リンガ-ハット、ですが、
近所で普段見かけない業態を見ました。

↓ でライブスル-、・・・って?
a2_2017050123215726f.jpg
ラ-メン(ちゃんぽんですが)をドライブスル-で受け取っても
車を走らせながら食べられるはずもない食べ物なもんだから
コレはもちろんお持ち帰り窓口のドライブスル-なんですよね。
走りながらちゃんぽん食えるのか?それって事故の元じゃんか!
と、一瞬割とくだらない妄想を抱きました。いくら何でもそれはない。
運転しながらちゃんぽん食べられる様な強者には、普通なれません。

このドライブスル-は、綾瀬市の、綾瀬タウンヒルズ前にありました。
こういう業態、多いの?(←全国でなんと151店舗もあるそうですよ)

↓ ドライブスル-はしませんでした。面白そうなので、いつか行こうと思ってます。

まえをはしる えび~にゃ。

たまたま見かけたコレに
テンションが上がるかどうかは
見た人によるので見た人におまかせ。

でも、個人的には、ちょっとテンションUP↗

↓ ゴミ収集車に えび~にゃ
a3_201705012321564db.jpg
たまたま前を走っていたゴミ収集車から、
えび~にゃが、にゃ~、とごあいさつ。
うう、なんかかわいいのにゃ。 d(≧ヮ≦)b

↓ でも、ゴミ収集車なんですけどね。(≧ヮ≦;)

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ①

どこの自治体にも普通に一軒ほどあるのが、
JAの直販店、つまり農協の直販店舗です。

↓ JAさがみ、グリ-ンセンター綾瀬・農産物直売所

近所で検索してみるだけでも、海老名、厚木、綾瀬、座間と、
自分の住んでる町にも、隣接している自治体それぞれに
各一軒以上があるのを確認しました。それが何なの?
と思う方は、確かに多いはずだと思うのですけどね。

↓ JAさがみ、海老名グリ-ンセンター、農産物直売所。2_20170504222510d37.jpg
そんな農協の販売所には、ス-パ-に並ぶ以上に
馴染みの無い野菜をたくさん売ってるのが多い事を
今更ながら発見し、ちょっと感動しちゃったりします。

↓ 購入した産品の数々
3_201705042225099a6.jpg
名前は知ってるけれど見たことなかった野菜とか、
名前すら知らなかった初めて手に取る野菜とか、
地元でこんなもの栽培してる農家があったんだ!
など、たかが農協の直売所を覗いただけなのに
グラッと感動してしまい、やたらと買い込みました。
やたらと買い込んだのに、思っていたより安かった、
という更なる感動のオマケつき。JAってスゴイよね。

↓ ブロッコリ-スプラウト
4_20170504222508594.jpg
ブロッコリ-のカイワレ。県内産ブロッコリ-スプラウト。
これは普通にス-パ-でも売っているアイテムですが、
市価よりも、若干(数十円)だけお安くなっていました。

↓ みずみずしい!
5_2017050422250628d.jpg
ブロッコリ-スプラウトは、デトックス効果やダイエットに効いたり、
抽出物に癌の抑制効果があると噂される「ス-パ-野菜」として
地味に人気が出ており、一般ス-パ-でも並んでいるものです。
でも、一般ス-パ-のメ-カ-品よりも、20円くらい安いのです。

↓ みつば
6_20170504222504ff3.jpg
コレは、まあ、皆様お馴染みのミツバですが、
やたら安くないですか?しかも茎がかなり長い。
ジャパニーズクッキングハ-ブ、それがミツバ。
普段はこの量でも使い切れるかどうかわからず、
この倍以上の量で倍以上の値段で売ってるので、
使いたくてもちょっと敬遠しますが、これならいける。

↓ アイスプラント
7_20170504222502382.jpg
県内産ではないのですが、こんなものも発見。
テレビで見た事はあったけど、実物は初めて。
アイスプラントという葉物野菜がコチラです。
塩水耐性が強く、余分な塩分を表層の細胞に
蓄える性質があり、表面に白い粒粒の嚢胞が
びっしり並ぶのが特徴で、うっすら塩味がする
という変わり種。売ってるのはあまり見ません。

↓ 表面がつぶつぶ
8_20170504222501ede.jpg
西欧西岸と西アフリカが原産になるそうで、
塩水でも水耕栽培が簡単にできるそうです。

↓ 綾瀬市の卵
9_201705042222071d3.jpg
神奈川県で養鶏というと、規模の大きい養鶏場が数多い
相模原市が有名ですが、近隣の自治体にも養鶏業者は
数多く経営がそんざいしてて、海老名市にも厚木市にも
綾瀬市にもしっかりした地場の卵屋さんが存在してます。

今回は、立ち寄った綾瀬市のグリ-ンセンターで
綾瀬市内の養鶏業者が販売する鶏卵を購入です。

って感じで、まだまだ買ったものがありますが、
その買った来たもの続きは、また明日お伝え。

↓ まずは買ってきたものを並べてる所からご紹介。

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ②

わりとどの自治体にも存在する、JAグリ-ンセンター、
つまり農協の農産品直売所で買い物してきた話です。
普段どこででも気軽に手に入る訳ではない産品が
普通に売ってる、わりとスゴい品揃えにびっくり。

↓ のらぼう菜
10_20170504222146893.jpg
のらぼう菜、個人的には聞いた事なかった名前。
東京西多摩から埼玉南部で、江戸時代初期から
栽培され続けているという地場野菜になりますが、
海老名市産です。コレはアブラナ科の植物になり
地面から生える葉っぱを手摘みで収穫するそうです。

↓ 茎と葉っぱの絶妙バランス
11_20170504222145044.jpg
茎がしっかりしてるんですが固くなくて
葉の部分が柔らかすぎず張りがある。
さわっただけでその絶妙感がわかる。
ぎっしり入る一袋がさほど高価でない
興味を引く一品ですが、四月までが旬。

↓ プチヴェ-ル
13_201705042221420a4.jpg
知る人ぞ知る最新野菜のひとつ、プチヴェ-ル
静岡県の種苗会社が1990年に開発した新野菜。
市場には出回っていても、まだまだ近所では見ない
と思っていたものが、地場の直売所に売っていました。
しかも、地元の農家の生産品というので二度もびっくり。

↓ 奇跡の交配
14_201705042221409f8.jpg
プチヴェ-ルは、芽キャベツにケールを掛け合わせた野菜。
芽キャベツって、太い茎にまるっとした葉を巻いた小さな玉が
ぎっしり生えるという、ちょっとグロテスクな見た目で成りますが、
コレはその玉が巻かない形で成り、ケールの栄養価を持っている
という交配で生まれた野菜。葉っぱのなのに何故だか煮崩れしない
という特徴があります。食べてみたかったものが地元産、コレは凄い。

↓ ロマネスコ
15_20170504222139944.jpg
イタリア原産のカリフらワーの仲間になる野菜。
正式名称はBroccolo Romanescoという
ロ-マのブロッコリ-という意味の野菜。
カリフラワーでなくてブロッコリーじゃん、
と普通に思う。分類上はカリフラワ-、
見た目はブロッコリーに近い種類。

↓ 幾何学模様の花蕾
16_20170504222137c0b.jpg
この緑のドリルのような形状の花蕾の幾何学模様が
最大の特徴。なかなか普通にス-パ-で売ってません。
テレビで見かけたお洒落野菜ですが、これも海老名市産。
海老名市の農産品チョイスは、なかなか高クオリティ-です。

↓ ミディートマト
12_2017050422214313a.jpg
通常のトマトよりサイズが小さいけど、
プチトマトより大型というミディートマト。
近頃はこんなサイズのトマトが好きで
良く買うサイズで、コレが海老名市産。
価格はス-パ-のモノとどっこいだけど
入ってる数がちょっとだけ多くて嬉しいです。

↓ 贅沢トマトジュ-ス 
17_20170504222136680.jpg
海老名市の農家が、海老名市で採れた
完熟トマトで作ったトマトジュ-ス。コレ、
ただ飲むだけじゃもったいない感じです。
ただ、お値段高め。この一本で330円。
ただ、それだけの価値がありそうです。

これだけ買い込んだら、そりゃあ
料理しないと食べられませんから
次回からはこれらの料理の話です。
どうやって食べたらおいしくなるのか、
力の限り紆余曲折するお試し料理です。
(↑美味しいかどうかは、まあ二の次で)(^^;)

↓ 地元で採れた馴染みの無い農産物を買ってきた話、まだ続きます。 

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ③

近所に割と数多くある、JAグリーンセンター。
つまりそれは、農協の運産品直売所の事。
ふらりと出かけてみたら、ちょっと驚く様な
ス-パ-では売ってない地元の産品が
ドカドカ並ぶ品揃え。そこでいろいろと
買ってきた産品を、漁師する話です。

↓ フライパンで湯を沸かし、油をちょろり。
12_20170506224547297.jpg
まずは湯沸かし、そこへ油をちょろり。
湯に油を落とすと脂が乳化して混ざり
沸点がちょっとだけ高くなるのだそうで、
食材に火が通る時間が短くなるのです。
(↑という話を聞いて以来こうしてます)

↓ のらぼう菜投入
14_2017050622454485e.jpg
茎をまず15秒くらい浸して固い所に火を通してから
全部を鍋に投入。コレ、昔家庭科で習いましたよね、
ほうれん草を茹でる時はまず茎の部分を浸すって。

↓ しんなりするまでぐらぐら茹でる
15_20170506224542f30.jpg
全体がしんなりするまで、強火でぐらぐら。

↓ 湯通し完了
16_201705062245414a9.jpg
取敢えず湯通し完了。のらぼう菜は
アブラナ科の植物で、しっかりした
葉の強さがある食材なのですが、
ネットでどのレシピ集を見ても、
必ず出てたのがこのお浸し。

↓ 作り置き
17_2017050622454070a.jpg
しっかりとした歯ごたえの茎と
やんわりとした歯触りになる
葉の部分が中々よろし目。
醤油に鰹節が合います。

↓ フライパンに油を流す
1_2017050622472537c.jpg
次はこんな感じで、まず油を熱します。

↓ 乾かした豚の脂身の塩漬け
3_201705062247217fa.jpg
塩でもんでから数か月間冷凍庫で寝かせてあった
豚の脂身を炒め油のとして追加、コクUPを図ります。

↓ 生ののらぼう菜
4_20170506224722d1d.jpg
次ものらぼう菜の料理。
今度はこののらぼう菜を、

↓ ざく切り
5_20170506224717997.jpg
ザクザクとひと口大に刻みます。

↓ 炒める
6_20170506224715196.jpg
フライパンに投入して炒めます。
アブラナ科の植物ということもあり
ちょこっと芽が入ってますね。これは
火が通るとあアリ気になr無くなります。

↓ 味付け
7_2017050622471419b.jpg
塩・胡椒と、ちょっとスパイス多めの
野菜炒め用のシ-ズニングをぱらり。

↓ 食感プラス 
8_201705062247169e1.jpg
火が通り始めたら、食感プラスで、
自前の豆苗の茎を大きめに切り
炒め物の中に追加してみました。

↓ 余計なモノをひと味
9_2017050622471140d.jpg
白ワインをちょろっと垂らして蒸し上げてみます。
ちょっとだけ癖の強さがあるので、少し香りで
そのえぐ味を緩和しようという悪あがきで。

↓ 緑濃い目の肉野菜炒め。
11_2017050622454757b.jpg
どうなるかと思ってたのですが、コレは上出来。
ご飯が進ったらない出来上がりになりました。
癖が強いと思った野菜は、調理の仕方で
こうも美味しくなったりするんなんでね。

のらぼう菜は、何年ながら2月末から4月まで。
次は来年の春先まで手に入らなくなりました。
しかしお陰で春野菜の選択肢が増えました。

↓ って訳で、次回も、馴染みの無かった農産物を料理するお話です。

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ④

近所のJAで売っていた、馴染みの無い農産物を買ってきて
どう料理しようかといろいろ考えながら楽しんでいる話です。

↓ たぶん、生みたて卵
18_20170506224539116.jpg
JAの綾瀬の直売所で買ってきた綾瀬市産のタマゴです。
農産物直売所で売ってるくらいだから、おそらく生みたて。

ただのタマゴじゃんか、と思うなかれ、地場の直産タマゴ
隣町で売ってる隣町のタマゴは、やはり馴染みの無いもの。
タマゴは普通にス-パ-で買ってるからこういうの新鮮です。

↓ 白身がこんもり
19_20170506224537ef9.jpg
これこれ、こういうのが新鮮な卵。
こんもり盛り上がる二層の白身。

↓ 黄身を分ける
20_201705062245352a8.jpg
新鮮な地場の生みたて卵ですから
まずやってみたくなるのは、アレです。

↓ 熱々ご飯に白身だけ
21_20170506224433d3b.jpg
最近テレビで見たばかりのプチ技の
たまごかけごはんの美味しい食べ方。
まずはよそいたて、熱々の白いご飯に
白身だけ投入してぐるぐるよく混ぜます。

↓ 白身に熱が通る
22_20170506224431fb7.jpg
まず白いご飯に白身だけを混ぜると白身にやんわり熱が通り、
乳化した様な状態になることから、切れ残ったゲル状の部分が
よく切れてごはんに馴染むのだそうです。なるほど見た目が違う。

↓ 黄身を後から投入
23_201705062244304e4.jpg
乳化し始めた白身が
良く混ざったごはんに
後から黄身を投入します。

↓ よく混ぜる
24_201705062244284a9.jpg
白身が切れ残ったぬっちょり感がほぼなくなっている
白身混ぜご飯に、黄身を後から入れさらに混ぜる事で
黄身にも熱が通り、ねっとり感も増加してコクもUPする感じ。

↓ 牡蠣醤油で味付け
25_20170506224427ec9.jpg
ココはやっぱりたまごかけごはん用醤油がよかったのですが
家にあった牡蠣醤油(ダイソ-で100円+税)で味付けです。
数年前までは、そんじょそこらの食材店では売って無かった
牡蠣醤油なんてものが今は100均で売ってたりもしてます。
便利な世の中。(牡蠣醤油、旨味たっぷりで好きなのね)

↓ たみゃごきゃけごふぁん  d(≧ヮ≦)
26_20170506224425fd8.jpg
美味っ!

新鮮たまごと、ソレマル仕込みのたまごかけごはん。
いやいや、普段のたまごかけごはんが未完成品に
思えてしまう程の出来具合。たまごかけごはんは
良いたまごでこうつくると、出来が変わりますね。
安い食べ物のはずなのに、ちょっとプチ贅沢。

というところで、たまごかけごはんを
食べるだけの話でしたが、以下次回。

↓ 次回もこの、なじみが無い隣町のタマゴの話です。

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ⑤

我が家の周辺にあるJAの農産物直売所で
割と馴染みが薄目な食材を買ってきた話題。
それらを使って料理してるはなしになってます。

↓ ネギと鶏肉
33_201705062243047e1.jpg
美味しそうですが、コレらは実は脇役。
主役はJAで買ってきたモノの方です。

↓ 鍋で煮るのは割り下 
34_20170506224303c7e.jpg
出汁汁を 1:1 で水で割り、
砂糖、しょうゆ、みりん、酒で
味付けした、いわゆる割り下。

↓ ネギと鶏肉を割り下に投入
35_201705062243006b7.jpg
割り下で煮る鶏とネギっていったら、
もうお判りでしょう、あれですよ、アレ。

↓ 煮えてきた。
36_20170506224259daa.jpg
割り下で、程よく煮込まれた鶏肉が
プリプリ具合を増し始め、その中で
ネギが具合の歯ごたえを残しつつ
くたっとし始めてきたころ合いです。

↓ 綾瀬のタマゴ、大盛り
37_20170506224257436.jpg
大玉のタマゴを2個を大雑把にかき混ぜて
煮える割り下へ投入し、ほんのひと煮立ち、
火を止めフタをして、2分ほど余熱で蒸らし。

↓ 親子丼、with三つ葉・大量。
38_20170506224256900.jpg
この親子丼の主役は、綾瀬のタマゴと大量のミツバ。
隣町なのに、なかなか出会えない綾瀬市産鶏卵で
贅沢にとじた甘めの割り下味で煮たの鶏肉とネギ。
そして、ジャパニーズクッキングハーブをこれまた
コレでもか!というパクチ-紛いの使い方で使用。

↓ 三つ葉、実は大好物。
39_20170506224254713.jpg
茶碗蒸しの上や、上品なお澄ましや、うなぎの肝吸いなど。
さっぱりしつつも味わい深い出汁の味のうえにのりつつ
際だった個性を発揮する三つ葉の香り、コレが実は
個人的には小学校の低学年の頃から好きな香り。
子供味覚で甘い味が大好きな当時の舌には
この香りは異色の存在だったはずですが、
それでもお澄ましにちょこっと三つ葉が
浮く姿と香りに、大人っぽい食べ物を
食べているんだ、という感じがして、
わくわくしていたのだと思います。
だがしかし、大人になった今は、
「ちょこっと」では物足りない。
一度でいいからそりゃもう
どっさり三つ葉が乗った
料理が食べたいのよ!

↑という願望が今回がっちり嚙み合った、
綾瀬市産鶏卵と、海老名市産の三つ葉。
それで作る贅沢たまご&どっさり三つ葉の
親子丼だったり致します。こりゃもう楽しみ。

↓ おやこどぉ~ん!
40_201705062242539d5.jpg
隣町の生みたてたまごを贅沢に使ってとじて、
地元産の三つ葉をどっさり乗せた親子丼。
もう、毎日コレが食べられたらいいなあ。
などと思えてしまう馴染みある味に。

種類というよりも、個人的見た地域内では
なじみが薄い食材を使ってつくるだけでも
お馴染みの親子丼が絶品になる話でした。

ってところで、以下次回。

↓ なじみが薄い、と思っているのは、僕だけかもしれませんが。

ちょっとした絶望感。

お話の途中ですが、今日この日に、
ちょっとした絶望感をあじわいました。

給料が出たので、久々に洗車したら、
その日の夕方に雨が降ってしまいました。
もう、これ以上の絶望感はありませんですの。

↓ こんな理不尽があっていいのか? いや、あるんだよね。(TヮT)

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ⑥

前日はゆるく絶望に打ちのめされましたが、
気を取り直して、JAで買った馴染みの無い
農産物を料理してる話を続ける事にします。

↓ ブロッコリースプラウト
27_20170506224424f51.jpg
ブロッコリ-のカイワレがこれ。
スーパー野菜の呼び声も高い
ブロッコリーの新芽を食します。

↓ とりあえずみじん切り
28_20170506224423825.jpg
どうやって食べればいいのかわからず、
カイワレは加熱はしない方が美味しそう。
という固定観念で、先まずみじん切りします。

↓ ポテサラ&刻みハム
29_20170506224421483.jpg
冷蔵庫にあったポテトサラダに、
これまた冷蔵庫にあったハムを
細切りに刻んでばらまいてみます。

↓ 刻んだブロッコリースプラウトを投入
30_20170506224419cea.jpg

31_20170506224306bd0.jpg
そこへ刻んだブロッコリースプラウトを
ごそっと突っ込んでぐるぐる混ぜます。
ちょっと味が薄くなるのでマヨをプラス。

↓ サンドウィッチ
32_20170506224305e25.jpg
コレをごっそり食パンにのっけて
三枚重ねてサンドウィッチにします。
残ってたハムを一枚のっけて食感UP。
しゃきしゃきのス-パ-野菜入り三枚重、
コレはコレで休日の昼食が豪華になります。

野菜たっぷりのサンドウィッチもたまにはいいかも。

↓ ってところで、以下次回。馴染みの無い農産物はまだ出てきます。

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ⑦

近所にあるJAの直売所で馴染みの無い農産に出会い、
色々と衝動買いしたので、それを料理してるお話しです。

↓ アイスプラント
41_2017050622410079b.jpg
塩水に強い植物で、塩分を本体から自力で除去し、
排出した塩分を表面に並ぶ小胞に蓄えるために
表面には霜の下りた様な白い粒粒に覆われて、
食べるとうっすらとした塩味が自然に着いてる。
と言われてるのをテレビで見た事があります。

↓ 粒粒の表面
42_20170506224057faa.jpg
これはどうやって食べたらいいのかな?
と、パソコンでレシピ集を確認してたら、
意外や意外、一番人気は非加熱です。

↓ ポン酢と鰹節
43_20170506224056f80.jpg
さっと洗って水を切ったらひと口大にちぎって皿に盛り
そこに合わせたのは、なんとポン酢と鰹節という味付け。

↓ ポリポリした表面食感
44_2017050622405479d.jpg
表面の小胞を噛みきるときのポリポリした食感が面白い。
生でも臭みがなく。こんなお洒落な見た目にもかかわらず
鰹節とポン酢で食べても意外な程ハマれる味になってます。

↓ 頂き物を合わせてみる。
45_20170506224054168.jpg
なぜだかリコッタチーズを頂いていました。
リコッタチ-ズは、ちょっとだけわかり安く言うと
水分を多めに残したカッテージチーズの様なモノ。
ミルク感が強いのにさっぱり味のナチュラルチーズ。
これも、どう食べていいのかわからなかったのですが、

↓ こういうことに
46_20170506224051509.jpg
アイスプラントもリコッタチーズも
起源はヨーロッパ(現物は国産ですが)
ココにイタリアンドレッシングとかかけたら
そこそこ行けるんじゃない?という事にしたら、

↓ かなりイケてる味になった。
47_201705062240508cb.jpg
普段食べてる食べ物の味じゃない。
JAで買った野菜と頂き物のチ-ズと
ス-パ-で買ったドレッシングなのに。
食材や調味料の組み合わせひとつで
味の組み立ては広がるものなんですね。
(↑今更な感想なんですけど、真実です)

↓ 脱線
49_20170506224047539.jpg
どうせなら、欧州起源の食材を別に合わせてみたりして。
とアイスプラントから脱線して、サラダ用のパスタを準備。
100均で買ったパスタに頂き物のフレッシュチ-ズを載せ、
ス-パ-で買ったイタリアンドレッシングをかけたものです。
(↑こんな貧乏くさい紹介していったい何になるんだ?)(^^;)

↓ 美味いじゃないの。
50_20170506224045bbd.jpg
いやあ最後のコレは脱線しましたが、
コレは意外なサラダパスタになりました。
もっと野菜を入れたら更に美味しくなりそう。
コレはレシピのたたき台をゲットした感じです。
美味しそうな料理の選択肢がひとつ増えました。

ついでみたいでなんですが、
アイスプラントの食べ方も
もうちょっと増やしたい。
意外と安かったので。

↓ こんな感じでまだ続くんです。よろしければついてきて。

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ⑧

JAで買ってきた、あまり馴染みの無い農産物を
食べた事がないながらに、料理をしてる話です。

↓ プチヴェール
52_2017050622404407d.jpg
これはまずい。買った束のうち
数本が色褪せて弱ってました。
買ってから数日冷蔵庫の中で
寝かせてしまったので、まずは
これらを料理しなきゃいけません。

ちなみに、プチヴェールというのは、
芽キャベツに青汁の原料、ケールを
掛け合わせた野菜で、静岡県にある
種苗会社が開発した新しい野菜です。

↓ 芽キャベツ(参考資料)
m_20170512231249391.jpg
芽キャベツというのは、こういう風に身を着けますが、
プチヴェールというのは、この身が芽キャベツのように
葉を結ばない若いキャベツの様な形で実る事になります。

↓ プチヴェール(参考資料)
p_201705122312501c9.jpg
プチヴェ-ルのなり方はこうです、よくわからない。(^^;)
プチヴェールの旬は真冬から春先までとの事で、
一番最初の写真のように大きく育ったものは
季節外れの育ち過ぎにあたるのだそうです。
本当は手のひらサイズの紫キャベツみたいな
小さなさいずで収穫するのが一般的に旬のモノ。

プチヴェ-ルは、芽キャベツの甘みが多い性質と
ケールのしっかりした葉質を併せ持っている為に
葉野菜なのに煮込んでも歯ごたえが残るという
稀有な食材になっているのが性質的に新しい所。

↓ まずは茹でる
53_201705062240425c1.jpg
最初の黄色くなり始めていた葉はひとまとめにして、
塩を落とした茹でしんなり感が出るまで湯がきます。

↓ まずはお浸し。
54_2017050622403945e.jpg
どこのレシピサイトを覗いても、必ず出てきたのが、
野菜のうまさをシンプルに味わう、このお浸しでした。

↓ すごい歯ごたえ
55_20170506224039228.jpg
ふつう葉物野菜が緑色が濃くなるまで湯がいたら
歯ごたえは感じないものです、ほうれん草が良い例。
が、このプチヴェール、ココまで湯がいてもザクザクした
かなりの歯ごたえが残り、かつ青臭さが無い美味しい味。
コレは凄い事です。今まで経験したことの無い新感覚青菜。

↓ 次は炒め物
56_201705062240409a4.jpg
次の料理は炒め物。まずは豚バラ肉を
適度に刻んでフライパンで炒めます。
本当はハムが良かったんですけど。

↓ プチヴェール投入
57_20170506224036d6c.jpg
ココにひと口大に刻んだプチヴェールを投入。
歯ごたえが強めに残る野菜なものなので、
肉に焼き色が付くまで一緒に炒めます。

↓ パスタ投入
58_20170506224033a99.jpg
豚の脂で炒めるものでは無いかもしれないけど、
豚バラの脂でジュウジュウ油を吸わせたパスタは、
オリーブオイルで炒めたものより、コクが増すのよ。

↓ トマトソース投入
59_201705062240331a9.jpg
ココにトマトソースを投入。
造っているのは、トマトソースのプチヴェールパスタ。
イタリアンで、サラダ以外にザクザクした食感の野菜は
フライドガーリック位なものなんじゃないか?と思ったのが
個人的にはこの味付けの始まり。でも当たり前にさっぱりした
トマトソースだけだと、ちょっと弱い味になりそうだと思った事で
冷蔵庫にあったバラ肉で脂のコクをたしてみたり、さてどうなる?

↓ 完成
60_20170513001617a80.jpg
トマトソースとプチヴェールのスパゲティー。
思っていたより美味しそう、さあ、どうなる?

↓ ・・・大成功かも(^Д^)
61_2017050622373475e.jpg
ほんのわずかなコクプラスですが、肉々しい味付けが加わったトマトソースの
パスタの中に入る、ガッツリ炒めてもザクザクした食感が残るプチヴェ-ル。
パスタ料理で味わうことの少ない斬新な食感が、コクと相まって高まってます。
何でも試してみるもんですね。こういうトライはやって損することも多いけど、
ハマった時の面白さや嬉しさは、ちょっとばかり人に自慢したくなってきます。
(↑プチヴェールはクリーム煮の具にしても、絶品だそうです、やってみたい)

↓ってところで、以下次回。まだ料理してる話が続きます。 ・・・ついてきてね?

本日休業。

本日は休業です。なんだか疲れていて、
早めの就寝となりました。自分でも残念。
何とかしたいけどこれはどうしようもなく
ただただお詫びするしかございません。
(↑誰も困らないのが玉に傷ですけどね)

↓ まあ、こういうことは、ままあります。

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ⑨

近隣にあるJAの直売所を巡り
馴染みの無い農産物を買って
食べ方がわからないながらも
色々調べて漁師してる話です。

↓ ロマネスコ
62_20170506223733e5a.jpg
イタリア原産のカリフラワ-の仲間がこちら野菜。
だけど本来の名前は「ローマのブロッコリ-」です。
ロマネスコ、というのが「ローマのモノ」という意味。
ロ-マのブロッコリ-というカリフラワ-なのですが
コイツは地場産、海老名で採れたロマネスコでした。
海老名でもこんな野菜造ってる農家があるのですね。

↓ エメラルドグリーンのフラクタルパターン
63_20170506223730d71.jpg
淡い緑色に幾何学模様が大きさを変えて
次々に隣り合って並んでいく様が神秘的。
でも、意外に安くってたのがびっくりでした。
さあ、どうやって料理したらいいもんなのか。
実を言うと、ブロッコリーもカリフラワーも両方
種類的には同じ属に入る野菜になってるそうで
カリフラワーをよく見てると、ロマネスコと同様に
主軸に沿い緩やかな螺旋を描くように茎が伸びる
この野菜と同じつぼみの付き方をしてるのがわかり、
ロマネスコが際立った見た目をしていても、その種は
間違えなくカリフラワ-なのだ、という事がよく解ります。

↓ 湯がいて熱を通す
64_201705062237284a4.jpg
まずは塩ひとつまみを放り込んだ湯に
大きな塊の部分を投入して湯がきます。

↓ 色合いが美しくなったエメラルド
65_201705062237264fb.jpg
主軸の先についてた大きな塊は湯がきあがると、
青臭そうな野菜っぽい色から、全く別物じみた
美しいエメラルドグリーンへ洗練された感じ。

↓ 枝葉のつぼみをひとまとめ
66_2017050622372539f.jpg
残った枝葉のつぼみをひとまとめ、
コチラも一気に湯がいていきます。

↓ コチラもキレイな色です。
67_201705062237270ff.jpg
熱が加わると、色鮮やかなエメラルドグリ-ンが
ぐっと引き立ってくる。この色あいがカッコイイ!
ただのカリフラワーだとこうはいきませんよね。

↓ ストックバッグに入れて液体を注ぐ
68_20170506223721803.jpg

69_20170506223720b56.jpg
小さいほうのつぼみの芽はほかの野菜と一緒にまとめ、
ストックバッグの放り込み液体をそそぎます。その液体は
家にあったミツカンの「かんたんレモン酢」一晩位浸けると、

↓ ロマネスコの入ったピクルス
1_20170514224912842.jpg
自分なりに、うわ!似合わね~!とも思うのですが、
これから熱くなる時期に、この手のピクルスというのは
常備菜として、また疲労回復の一助として役立ちますから
冬野菜を使い、夏対策の予行演習のような一品作成の練習。
似合わね~と思いつつこれ、箸休めに絶妙。和食にも合います。

ってところで、以下次回。

↓ 次回は、でっかいほうのロマネスコを料理した話です。

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ⑩

正しい名前は「ロ-マのブロッコリ-」という
カリフラワーの仲間、ロマネスコなる冬野菜。
旬を過ぎてしまったこの野菜をその端境期に
JAで買ったそれを、料理する話しが続きます。

↓ エメラルドグリ-ンのドリル型フラクタルパターン
65_201705062237264fb.jpg
ロマネスコ。正式名称は「Broccolo Romanesco」(ブロッコロ・ロマネスコ)
ロ-マのブロッコリ-という名のイタリア語でその名が付けられています。
ブロッコリ-という正式名称なのにカリフラワ-の仲間なのが面白い。
とかいう余談を思い出しながら、でかい主軸の塊の先あるつぼみの
塊を茹で上げたものを次の料理に使います。さあどう使ったものか。

↓ 牛乳で野菜と煮込む
70_2017050622371992f.jpg
カリフラワーって、よくクリ-ム煮に入ってたりしますよね。
っていう訳で、ロマネスコという野菜もそういう料理に合う、
というのが、いろんなレシピサイトを覗いて出てきた結論。
なので作る料理は、最も一般的なクリ-ム煮、としました。
(↑のらぼう菜の残りと、プチヴェールの残りも入ってます)

↓ コレがもっとも一般的な味付けだと思うのね。(笑)
71_20170506223718d68.jpg
我が家では昔からシチュ-はコレ、
溶けやすくとろみが出やすい定番、
顆粒のハウスシチューを使います。

↓ 完成形
72_201705062237179f8.jpg
野菜ごっそりの他に、味に深みをプラスする為
小エビをバター炒めしたものと鶏ひき肉の団子を
最初に煮込んで、そこに野菜をごっそりいてた後
牛乳を注いで煮込んでから、シチューの元を入れ、
弱火で15分くらい加熱した完成形がコチラですの。
大きかったロマネスコは、途中でザクザク崩しました。

↓ やわやわでとろとろ
74_201705062237135ee.jpg
茎に若干の歯ごたえを残しつつも
良く火が通ってやわやわになった
つぼみの部分がクリ-ムを纏って
とろとろ感を増して食べ応えがイイ。
ロマネスコはクリ-ム煮が美味しい。

↓ ほかの具材といっしょに頬張る
73_201705062237150b7.jpg
ロマネスコが、なんも違和感もなく
混ざっているのがちょっとびっくり。
ですが他の具材との相性もばっちり。
クリ-ム煮にした事で色々混ざって
甘めの味付けがゴロゴロした野菜を
ひとまとめにしてくれた出来上がり。
コレはちょっと美味すぎるモノでした。

そんなロマネスコも、今は旬を過ぎてていて
再び出会えるのは来年の冬になるそうです。
最初は地元でコレが買えるのが驚愕でしたが
次も出会える事を祈り次の冬を待つ事にします。

ええと、そろそろ飽きてきたころと思いますが、
JAで買ったものを料理する話はまだ続きます。

↓ 次回も料理してるお話を続けます、ついてきて下さいね?(^^;)

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ⑪

JAで購入した地場の農産物を料理してる話。まだ続きます。

↓ 贅沢トマトジュース
2_20170514224910c13.jpg
海老名市の農園、鴨志田農園が製造する
完熟トマトのみを使用し、食塩無添加の
トマトジュース、容量180mlで330円、
ちょっとお高め、でもきになりまして。

↓ ひとくち飲んでみる
3_20170514224909da9.jpg
味が濃い!美味い!
コレは贅沢な味です。
ただ飲むだけはちょっと
もったいなくなってきました。
何か料理に使えるといいなあ。

↓ ミディートマト
4_20170514224907d9c.jpg
いっしょに買っておいた小さ目のトマト、
ミディートマトを一緒に使おうとおもいます。

↓ 小さめにカット
5_20170514224906b68.jpg
後で加熱し使用するので
小さ目にカットしておきます。

↓ 鶏むね肉、ドカンと一枚
6_2017051422421798c.jpg
安売りで買っておいた鶏胸肉一枚を使用。

↓ 火を通す
7_20170514224216ad7.jpg
中火にかけたフライパンで皮面から炒め始め火を通します。
皮から脂が出るので油は引かずにそのまま投入してOK。

↓ ひっくり返して
8_201705142242155bb.jpg
皮目に焼き色が付いたら
ひっくり返して肉側にも
火を通していきます。

↓ 蒸し焼き準備 
10_20170514224212672.jpg
鶏肉全体に火を通す為
蒸し焼きにしていきます。
今回は水の代わりに
料理用の白ワインなんぞ
使ってみる事にいたします。

↓ 蓋をして蒸し焼き
9_20170514224213008.jpg
火を弱めてフライパンに蓋をして数分間蒸し焼き。

↓ 程よい蒸し上がり
11_20170514224210057.jpg
全体に火が通ったら次の行程へ。

ってところで、以下次回。

↓ おい、トマトどこ行った?(^^;)

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 ⑫

JAの直売所で買ってきたものを料理している話です。
今回は機能の続き、鶏肉に火を通してからどうするか?

↓ 鶏肉に火を通したら
11_20170514224210057.jpg
前日はココまで。鶏肉の表面を炒めて
蒸し焼きで火を通しててからどうするか。

↓ 贅沢トマトジュース投入
12_201705142242083f1.jpg
完熟トマト100%使用、海老名市産の
贅沢トマトジュースを投入して加熱。
ココで塩、コショウ、スパイス類も
投入し、煮込みながら味付け。

↓ 加熱してひっくり返す
13_20170514224122d2c.jpg
トマトジュースで煮込みます。
鶏は味が染みていくように
何度かひっくり返して煮込む
ということを繰り返します。

↓ 切ったトマトも入れる
14_2017051422412172c.jpg
トマトジュースだけで煮込んでいると
段々煮詰まって汁気が減ってくるので
そこへ切ったトマトも投入し汁感をUP。

↓ 煮込みます
15_201705142241197bc.jpg
フライパンに投入したトマトが
煮崩れるまで火を通します。

↓ 再び蓋をして
16_2017051422411854e.jpg
弱火にして、約10分火を通します。

↓ 出来上がり
18_20170514224115a69.jpg
海老名市の農園が作った完熟トマト100%の
贅沢トマトジュ-スで作ったチキンのトマト煮。

↓ 皿に盛ったら、殊更に美味しそう。
19_20170514224114489.jpg
トマトジュースに海老名市産のトマトも煮込まれ
ことさら美味しそうな出来上がりになりました。
トマトって、鰹節に匹敵するうまみ成分が
含まれている野菜になっているそうで、
イタリア料理にトマト味が多いのは
この旨味を生かす調理法だから
とも言われるそうなんですね。
日本料理の出汁に鰹節が
多用されるのと同じ理由。
その地で獲れる食材を
生かして美味いものを
作ろうとしてきた結果。

↓ チキンのトマト煮
21_201705142241116e7.jpg
うんちくはともかくとして、
チキンをトマトで煮ただけの料理なのに
コレがまた美味い事、ご飯だけでなく
パンで食べてもばっちりな味です。
大きな胸肉じゃなく細かく切った
肉で料理したら時短にもなるし
簡単便利でかつ美味くできる。
これなかなかいい具合です。

馴染みの無い野菜も、そうでなくても
知ってるものが地場で作られていると
何となく物珍しさが手伝い手が伸びます。
そういうのを手に取ってみるだけでもいい。
それだけでこれだけ話題に事欠かなくなる、
これはもう、結構楽しい事になってきてます。
こういう事をやってみるのも面白いもんですよ。

↓ JAの直売所でなじみのない農産物を買ってみるのは、どうでしょう?

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 《延長戦・前編》

近所のJAの直売所で、馴染みの無い農産物を買ってきて
四苦八苦しながらそれを料理しているお話な訳なのですが、
調子に乗ってまだ続けるつもりでいます、お付き合い下さい。

↓ さやつきソラマメ
1_20170518225635f3e.jpg
またもや近所のJAに買い物に出かけました。
全開の買い物はギリギリ端境期直前だった
冬野菜と春野菜の組み合わせでしたが、
今回は初夏のお馴染み、ソラマメです。
(↑自分でお馴染みって言ってるぞ)

↓ ふかふかの布団で寝ている
2_20170518225633a1b.jpg
ソラマメはさやを割ると、中はふかふか。
豆が布団で寝ているような見た目です。
さや付きのソラマメは、時期になれば
ス-パ-にも並びますが、そこはそれ
海老名産のソラマメ、やっぱり気になる。
ほぼそれだけで、ソラマメ買ってきました。

↓ 数が少ないのが玉に傷
3_20170518225632675.jpg
割と多めに剥いたのに豆の数が少ないのが玉に傷。
ソラマメと言えば、もう冷凍食品の塩ゆでソラマメを
買うのが定番で、ごっそり茹で上げてドカ食いする。
それがソラマメだと、なんて思っていると罰が当たる。
それ位、ソラマメをさやから取り出すのは大変です。

↓ 塩ゆで
4_20170518225631d3b.jpg
ふたつまみくらい塩を振った小鍋で
噴きこぼれ防止の小ザルの中で
さやから外したてのソラマメを
中火で茹で上げていきます。

↓ 茹で上がり
5_20170518225630d80.jpg
冷凍ソラマメでも、ゆでたてだったら皮ごと食べる派ですが、
新鮮なソラマメの塩ゆでは、なんとまあこの皮の柔らかい事。

↓ 冷酒のアテに
8_20170518225532255.jpg
塩ゆでにさらにパラリと塩を振ると、酒のアテには持ってこい。
枝豆と同じくらいに、ソラマメは冷酒やビールのアテになります。

・・・あの、ココまでは、普通にどこのご家庭でもよく見られそうな
普通の初夏の風物詩のひとつみたいなんですが、なんでなん?

と、思われる方も多そうなので、申し上げておきます。
今回やってみたかったのはスタンダ-ドなコレでなく、
また別の調理方法であって、それが次回のお話です。

だがしかし、ソラマメと言えば断然これでしょ、これも大好き。

↓ 余談
7_20170518225627865.jpg
”鳥人だよ” (by 笑い飯

ソラマメの、この鳥の顔みたいな胚の部分を見る度に
笑い飯のM-1ネタをおもいだしてしまうのは、僕だけ?

↓ それはさておき、次回も延長戦。ソラマメ食べてます。

JAで、なじみのない農産物を買ってきた話。 《延長戦・後編》

JAの直売所で買ってきた地場のソラマメの話です。

↓ ちょっと話題の調理方法
j1.jpg
JAの直売所で売ってる売り場にこんなポップが立っておりました。
さやごと直火で加熱。いったいどんな焼き上がりになるんだろう?

↓ コレでやってみる
9_2017051822552989d.jpg
ソラマメの調理方法と言えばさやを剥いて
塩ゆでするのがほぼ定番ですが、それ以外に
オ-ブントースターやグリルなどの強い熱源で
さやごと遠火で焼く方法というのを見かけました。
オ-ブントースターで焼くより、グリルで焼く方が
断然火力が強いので、コレでやってみる事に。

↓ 焼き上がり
10_20170518225527969.jpg
焼きあがったけど、焼き時間が足りなかったようです。
レシピサイトでは、さやが全部真っ黒になるまで焼いた
写真が載っていました、8分焼くって書いてあったのに
8分ぴったりは感じ、でも着いた焦げ目がイイ感じです。

↓ 直に焼きで蒸し焼きになる
11_2017051822552852f.jpg
さやの表面がじりじりと炙られる反面
さやの中身の水分の多いふかふかから
蒸気上がってさやの中にこもるために
中の豆が蒸し焼きになる調理法だ
というのがやってみてわかりました。
もすこし焦げるまで焼いてもOKでした。

↓ この量のさやからこれくらいのソラマメ
12_2017051822552441b.jpg
割と大量のさやからとれる豆の数の少なさがわかります。
冷凍の塩ゆでソラマメは、作るの大変そうなのにお値打ち。

とはいえ、初めてやってみた生ソラマメのさやごと焼き。
新鮮な豆が水分少な目なのにちゃんと蒸し焼きになる
僕が知らなかっただけの料理法ですが、新鮮な驚きです。

↓ パラリと塩を振って
13_20170518225524c78.jpg
ふっくら仕上がっているのでパラリと塩を振ってみて
塩ゆでとの味の違いを確かめる事にしました。

↓ うん、ソラマメだ。
14_20170518225521a93.jpg
加熱時間によるからなのか水分が少ない蒸し焼きでも、
湯がいたソラマメと、食感的には大きな変化はない感じ。
ほくっとはしてなかった・・・、焼き時間が足りなかったのか?
もう少し水分が飛ぶまで加熱すれば、ほくっとするんだろうか?
若干の課題を残すことにはなりましたが、さやごと丸焼きする
この調理方法も突き詰めれば、未知の出来上がりになるのかも。

ソラマメは、塩ゆでにはなじみがあるけど、
さやごとにはなじみがない、そしてそのうえ
塩ゆでしたソラマメとは、その出来上がりが
変わりかねない調理法もわざわざ買わなきゃ
知らなかったかもわかりません、馴染みの無い
農産物を食べるのは、どうするのか調べてみる。
それだけでも、こんなに長い間話題が続きました。
馴染みの無いものに会いに行く事は、する価値あり。

↓ 馴染みの無い農産物を買ってみる。いかがですか?

グ-グル・ストリートビュー、撮影車を目撃。

用事があって、座間市内を歩いていたら、
偶然見かけたのがコレ。スゴイものです。

↓ グーグル、ストリートビュー撮影車

グーグルの地図情報サービスのひとつ。ストリートビュー機能。
地図上でストリートビューを選択すると、その場所の景色を
360°実際にその場所を撮影した画像で見せてくれる
2007年から実施されている、今更説明の必要のないほど
とても便利で面白い、役に立つ機能です。知らない場所へ行く
その準備や、観光地に行った気になるとかには、役に立ってます。
コレは、そのストリートビューに使用する風景写真を撮影している車両。

↓ 多眼複合カメラユニット
1-1_20170520215110128.jpg
そのストリートビューは、この複合型カメラユニットを使用して、
町中を走って撮影するそうで、別の車両にはカメラユニットが
可動し高い位置まで昇降するものや、自転車に搭載されて
狭い道や未舗装路を走るモノの他、人が背負って山を上り
高山や名峰の登山ル-トのビューを撮影するユニットも
あるそうで、今や世界中の多くの街並みがネットの上で
どこからでも眺める事ができる様になっているのですが、
それを行っているのが、この撮影車なわけなんです。

↓ コンビニで休憩中?
2_20170520215111839.jpg
撮影車の走行スケジュールは、グーグルのストリ-トビューの
公式HPで公開されてるそうです。調べれば、近所を走ってるかも。

↓ よく見てるアレを、作ってる側に出会った。ちょっと面白い。

花もそろそろ終わり間近です。

↓ つつじもそろそろ終わり
1_20170521231028aa6.jpg
春もそろそろ終わりになりつつあり、
五月の代名詞のひとつにもなってる
躑躅(つつじ)もそろそろ季節の終わり。
躑躅って漢字、普通は書けませんよねえ。(^^;)

↓ ちっちゃい思い出が・・・
2_2017052123102942e.jpg
小学校の頃、学校帰りにこの花が咲いてるのを見つけると、
みんなこぞってこの花を引っこ抜いて、花びらの下の方の
蜜のたまってる甘い所をちゅうちゅう吸ったりするという
割とみっともない遊びが流行りました。今考えてみると
確かにみっともない、だけど、確かに甘かったのよね。
そういう今考えるとちょっと恥ずかしい事この上ない
だけど楽しかった思い出って誰にもありますよね?

↓ だんだんと、夏が近づいてきています。

三日月が西の空に。

↓ 西の空に三日月

もう何日も前の事、西の空に三日月が
沈み始める夕刻の景色がすこしだけ、
久々な感じがして、ちょっと見とれる。
ただそれだけの帰り道の風景です。

↓ たまに月を見上げるのも、良い事に思います。

本日は休業と相成りました。

平日公休で一日休みだったのですが、
平日用の弁当のおかずをなんだかんだ
7品もつくってしまった昼下がりから夕方で
ちょっと疲れてしまったこともあり、お休みです。

↓ おかず作るのも、続けててると楽しくなりますよね。

新生・芹沢公園。 ①

↓ ざまり~ん! (≧ヮ≦)

でっかいざまりんの看板がお出迎え。
ざまりんがお出迎えというからには
やはりココは、神奈川県座間市。

↓ 芹沢陸橋
2_20170524231135cec.jpg
出掛けた場所は、タイトルからもまるわかり。
座間市にある日産座間工場の敷地脇にある
芹沢陸橋、ココは個人的に割とよく通る場所で、
昨年からずっと工事をしていたところになります。

↓ アーチ橋
3_20170524231134e7e.jpg
小さ目の段丘地形を渡っている、
このちょっと味のあるアーチ橋。
ココが目的地の北側の端っこ。

↓ 橋から見えるこんなもの
4_20170524231133dfa.jpg
橋から見えるのはこんな景色。
新しく整備されたピカピカの公園。

一体いつ完成するんだろうと
心待ちにしていた新しい公園が
この春オープンしました、というのを
なぜだろう、ゴールデンウイーク明けに
知る事となり、ずいぶん時期を外しましたが
新しい公園に足を踏み入れる事にいたしました。

↓ 新設、木製連絡階段
5_20170524231131a40.jpg
元々公園として使われてはいなかった
陸橋の端に、新たに木製の連絡階段が
設置されたのは、昨年夏頃の事でしたが、
公演の整備が終わるまでずっと通行禁止。
木のぬくもりが気持ちよさそうなこの階段を
やっと歩く事ができます。なかなかに長いのよ。

↓ 芝のサッカーグラウンド
6_2017052423110441d.jpg
全部芝のサッカーグラウンドが出来ております。
子供のころから芝のグラウンドでプレイできる、
そんな環境があると、大きくなってもサッカーを
続けていく子供も増えそう。気合入った施設です。

↓ 謎の遊具
7_201705242311036b8.jpg
謎の存在に見えるコレ、ある所にはあるモノなんでしょうが
家の近所には無いので、興味津々で眺めておりました。

↓ フィットコンビ
8_20170524231101ba6.jpg
背筋を延ばしたり、ぶら下がり運動したり足ツボ押しをしたり
立位体前屈や垂直飛びを測定出来たりするフィットネス運動を
一つの遊具にまとめた、健康増進具のコンビね-ション型です。
こういうの、近頃はどんどん増えてきてるし、あればよく使います。

いかんいかん、さっそく寄り道が始まってる。
ってところで、新生・芹沢公園へ踏み出します。

↓ 芹沢公園という公園自体がどう新生したのか知らずに出かけてます。

新生・芹沢公園。 ②

座間市ひばりが丘近く、日産座間工場の脇にある
この春新規増設区画がオープンした芹沢公園の話。

↓ 雑木林
9_20170524231100c9c.jpg
真っ直ぐ東側へ走ると、小田急線の南林間駅の駅前にたどり着く
県道の途中にある芹沢陸橋、そこが公園の新規増設区画の北端。
その周辺に新たに公園管理棟と駐車場と遊具施設が出来ましたが、
その新しい施設を囲む周囲は元からあった雑木林になっていました。

↓ 雑木林に遊歩道
10_201705242310597bc.jpg
もともとただの雑木林だったそのなかに
駐車場と施設を結ぶ動線の一つとして
あたらしい遊歩道が設置されていました。
(↑多分新しい、元々立ち入り禁止だったし)

↓ ふかふかの足元
11_2017052423100875e.jpg
遊歩道には、今時の自然公園では定番になってきている、
ウッドチップが敷き詰められているふかふか具合の足元。
短い距離なのですが、歩くのが苦にならない優しい感触。

 森を育てる試み
12_201705242310197ed.jpg
どんぐりの森を育てる試み。子では広葉樹の幼木を育てています。
この幼木は、すべてこの芹沢公園で獲れたどんぐりから育てた苗で
これから公園内に移植し、どんぐりの森を育てていくという市民有志の
取り組みとなっていて、公園リニューアルの2年前から活動中との事です。

↓ 富士山滑り台
13_20170524231006a69.jpg
小さいけど、ほぼ全方位滑り台になってる富士山。
小さなお子さんには、こういうのって面白いでしょうね。

↓ 大型ローラー滑り台
15_20170524231002ea5.jpg
新設のものすごく長いローラー滑り台。
真っ赤な滑り台には、子供達が列をなして
すべる順番を待っています。楽しそうですよ。
(↑おじさんは見てるだけ、滑るのはNGでしょ)

↓ 奥には森が広がる感じ
14_20170524231005043.jpg
公演の奥を見ると、ちょっとした森の感じすらします。
先に見えている森の先が、もともとあった芹沢公園。
実は、新しい公園ができるんだと思ていた芹沢公園、
もともとあった古い芹沢公園に新設区画を増設して
総合公園として再生した施設になるそうなんですね。
市街在住の僕は、元々の芹沢公園をしりませんでした。

だから、新しい所も古い所も初めて足を踏み入れます。
近所の方にはあたりまえなんですが、こんな場所に
まだ知らなかった場所があったんだ、という事に
ちょっとドキドキしたりしてました。探検ですよ。

ってところで、以下次回。次回も芹沢公園です。

↓ それにしても、やたらと高低差がある公園ですね。

新生・芹沢公園。 ③

座間市の日産座間工場の敷地のすぐ隣、
夏のひまわりまつり栗原会場からもすぐ近く。
そんな場所にこの春、新設区画がオ-プンした
座間市営・芹沢公園に出かけてきたお話しです。

↓ 芹沢公園
14_20170524231005043.jpg
この写真の先にある森の部分から先が元々ある芹沢公園。
僕は市街在住の為、元々の芹沢公園を知らなかったので
新しい部分も元々の部分も初めて出かける新しい場所です。
公園に出かける、というよりも、探検に踏み込むという感じ。

↓ それにしても高低差がスゴい。
16_20170524231001833.jpg
だけどこの高低差はスゴいなあ、と思います。
元々は川の跡だった場所の河岸段丘地形に
公園を作ったため、もともと川底だった場所に
下りていくにはこの高低差を下る必要があり、
その対策で、長い階段や車いす用の走路が
新しくつくられてたのがみられます、スゴいよ。

↓ 長い階段 
18_20170524230959e0c.jpg

19_20170524230957d58.jpg
公園の中にはあちこちに長い階段。
日産の工場側の通りへ抜けるモノや
西側の丘の上の緑地へ上がるものなど
あちこちに段丘地形を行き来する動線が
存在しています。あちこち見て回れる様に
たくさん工夫がしてあるんだろうなあと想像。

↓ 道しるべ
20_201705242309071b2.jpg
大きいのか小さいのかよくわからない公園を
探検気分で歩いているので、道しるべが出ると
ちょっとホッとします。道しるべが出るくらい広い!
そう思うと何が出るんだ?という期待が高まります。

↓ 森の中を行く
21_20170524230905bd2.jpg
公園の中の遊歩道で、アスファルトの舗装路なのですが、
道と空意外に視界に締める景色は、まるで森の中のそれ。
そぞろ歩く人の数がやたら多い、地元に親しまれてた景色。

↓ 崖っぽいぞ
22_201705242309044eb.jpg
土が削れて崖っぽくなってる場所に見えるんですが、
その土の削れた場所も、ちゃんと草木が覆っていて
このまま草木が繁ると問題なくがっしりした土になる、
そんな予感がする、森の再生力が垣間見えますね。

↓ ・・・何かある
23_201705242309031f4.jpg
歩いていると、何か看板があるを発見。

↓ 芹沢地下壕
25_20170524230222524.jpg
芹沢地下壕、という看板。コレは戦時中に座間市・大和市にまたがって存在した
高座海軍工廠の施設の一部。米軍の空襲から施設を守る為、高台の下一面に
地下壕を掘って、工場施設の一部を移設した施設の跡。看板を見て驚いたのは
目の前に広がる、座間市の高台の地面の下に、碁盤の目のように整備された
長大な地下壕が延々と伸びていた、という事実でした。よく通る土地の足元には
今も戦時中の遺構が延々と何処に行っても走っているという事にびっくりしました。
(↑神奈川県は、高座、寒川、平塚、相模原、横須賀と、旧軍関施設だらけでした)

↓ 暖かい風
26_20170524230222b2d.jpg
木漏れ日が吹く風を目に見える形にしてくれる、
暖かい風の中、更に公園散策を続ける事に。

↓ ってところで、以下次回。次回も芹沢公園です。

新生・芹沢公園。 ④

この春、新規増設区画がオープンした
座間市の芹沢公園を散策した話です。

↓ せせらぎが登場
27_20170524230220a8f.jpg
木漏れ日が溢れる森を抜けたところにせせらぎが登場します。
座間市は水が豊富だから、と思っていたら、この注ぎ口の裏に
分電盤らしきスチールボックスが鎮座。人工のせせらぎでした。

↓ なごみのせせらぎ
28_201705242302177de.jpg
人口のせせらぎではありますが、
大岩だとか渡り石だとかいろいろ
なかなかなごむ緩やかなせせらぎ。

↓ 祠
29_20170524230215c99.jpg
せせらぎの近くに小さな祠(ほこら)。
本来なら水が引かれて水草いっぱいの
池の真ん中にあるんだろうなあと思われる。
しかしこの時は、水は引かれていませんでした。
いわれもちょっとわからない、けどなかなか神秘的。
(↑云われ書きあったのかな?、見落としてるかもです)

↓ せせらぎの終わり
30_20170524230013993.jpg
せせらぎの終わりは、小さな池。傍らに東屋がある日陰の池です。
ザリガニ釣りに興じる親子連れや小さな子供達と過ごす家族など、
昼の憩いを過ごす一団が心地よさそうです。気持ちよさそうだなあ。

↓ 開けたところ
31_20170524230010819.jpg
池のすぐそばにあった緑のくぼ地。
これはやっぱり、あれなんでしょうね?

↓ 菖蒲田
32_20170524230009c2d.jpg
菖蒲田、つまり湿性花園がありました。
水は先ほどのせせらぎから供給される
と思われるのですが、この時はぎりぎり
シ-ズンオフです、花、全然咲いて無い。

↓ 小さな苗木
33_20170524230008ea6.jpg
鎖の柵で厳重に囲われた小さな木がありました。
コレはクスノキの幼木。長崎県から株分けされたもの。

↓ 核廃絶宣言都市・座間市
34_20170524230006f25.jpg
このクスノキは、1982年に座間市が核廃絶を宣言し、
市政50周年を記念して長崎市から株分けされたもの。
長崎に原爆が投下された際、爆心地からわずか800m
という距離で被爆しながら枯れずに新たに芽吹いたという
山王神社のわずか二株の「楠」を株分けしたものだそうです。
「平和こそ人類が子孫に残す唯一にして最大の遺産である」
という確固たる理念があって、長崎県原爆資料館が命を繋いだ
楠の株分けを許されたのが、この小さなクスノキなのだそうです。

昨今は、自国優先の保守最優先を前面にする
今までと違う世界観が台頭しつつありますが、
それを乗り越えられるのが、本来人の持つ
知性のあり方ではないかな?と思います。

正しい理想を掲げる事は、大人にとっては大切な事。
その理想が、大切な人達も敵に回るモノをも救うのです。
何より、大人が持つ理想が人を傷つけては行けませんから。

座間市が掲げる大きな理想。平和に貢献してもらいたいです。

↓ 芹沢公園は、まだ続きます。

新生・芹沢公園。 ⑤

座間市にある芹沢公園を散策している話です。

↓ 花は躑躅か五月かわからず。
35_20170524225749970.jpg
なんだかんだ十日ほど前になってしまった公園散策の話です。
つつじかさつきかわからないここの花が勢いのある頃でした

↓ ちょっと違和感が・・・ 
36_20170524225747b6c.jpg
ここまで公園を歩いてきましたが、
ちょっとした違和感を感じてます。

それは北側の入口にもこの入り口も
公園の名を書いた「銘」が無いのです。
あるのかもしれないけど目にしてません。
それは、いったいどこにあるのでしょうか?

↓ 用水路?
37_20170524225746a0c.jpg
そんな公園の南側の端の方で
ちょろちょろと流れる用水路の様な
小さな川が流れているのに出くわします。

地形的にながめてみると、このせせらぎが
この段丘地形を作った大元の川、なのか?
と思えてしまいますが、座間市のこの辺り、
こんな段丘地形がてんこ盛りになってまして、
はっきり起源を知る事が出来ませんでした。
(↑調べ始めたら面倒くさくなったと言え)(^^;)

↓ 河岸には、季節の花の生垣
38_20170524225745202.jpg
花は五月か躑躅かわかりませんが、
今まさに旬の花の生垣がありました。
こんな護岸の小川なのに、見応えあり。

↓ ホタルの住む川を育ててます
39_201705242257450d4.jpg
最初は良くて用水路、もしくは雨水溝、
最悪どぶ川、くらいに思っていたココは
水のキレイな座間市のテンプレ的な存在。
ホタルの住む川として、近隣の方々によって
整備が進められている綺麗な川になのでした。

↓ 芹沢公園・案内図
40_20170524225639c46.jpg
公園内で、ようやく案内図にいきあたりました。
自動車が入りづらい狭い道が繋がっている
公園南端、こちらの方が公園の正門に
なっているようで、ちょっとびっくり。

↓ もっとびっくり
42_20170524225641a86.jpg
やたらと古い写真がディスプレイされる
「座間八景」のひとつがココだそうです。
近隣に住んではいますが、芹沢公園が
それほど古いとは思いもしませんでした。

そして、この公園には、座間市の根幹の一つといえるものがあります。
(↑座間市民の皆様、もう出てるけど、ネタバレは無しで!)(-人-)

ってところで、以下次回。

↓ 座間市は水の美味しい街、それがカギ。

新生・芹沢公園。 ⑥

座間市の芹沢公園を散策してきた話です。

↓ 芹沢公園案内図
41_20170524225637cc6.jpg
僕自身は、新規増設された新生芹沢公園に興味を持ったのですが、
芹沢公園は、実は古い公園で、案内図の左半分が元々の公園です。

↓ あった、公園の「銘」です。
43_20170524225638445.jpg
公園のどこに行っても、見た範囲には全然なかった
「芹沢公園」の銘板は、公園の南の端っこにありました。

↓ 街灯
45_201705242256318b3.jpg
公園の銘板を見つけた横には街灯があります。

↓ 街灯・消灯中
46_20170524225536919.jpg
公園入口にある街灯は、期間限定で消灯中。
コレは、公園横を流れる小川(芹沢川)で
ホタルを育成している為、期間限定で
消灯する対応を行っているそうです。
本気のプロジェクトなんですね、
そのホタルの風景を見る事は、
できるだろうか、見てみたい。

↓ 座間市・栗原水源
44_2017052422563267f.jpg
座間市には12か所という数の地下水源があって、
しないで消費する浄水の約八割を地下水で賄います。
水のキレイな座間市は、座間の水を販売するほど
水のキレイさをアピールしています、この公園には
その地下水をくみ上げる地下水井が存在しました。
「ざまみず」は、たしかに美味しいです。いいよねえ。
純水都市「さがみはら」に対抗でき得る自然ろ過水、
それが売りの座間市、ちょっと羨ましく思えてきた。

↓ 公園を戻る
47_20170524225538137.jpg
座間市の水の豊富さをちょっと実感しながら
公園の中をちょっと戻って、行っていなかった
公園の西側の方の高台へと向かう事にします。

↓ 再び、暖かい風のなか。
48_20170524225534f28.jpg
風に揺れる木漏れ日がやたらと気持ちいい
高い木々の植わる林の中を進んでいきます。

ってところで、以下次回。

↓ 座間市の芹沢公園の話は、まだ続きます。

新生・芹沢公園。 ⑦

座間市の芹沢公園を散策しているお話です。

↓ 芝生の広場
49_20170524225449d46.jpg
公園の真ん中にある谷間をはさんで
東と西が段丘地形にあっていますが、
コレは西側の段丘の上の芝生の広場。

↓ 真ん中に木が一本
50_20170524225445ecf.jpg
木々に囲まれた広い芝生広場の真ん中に、
ぽつんと一本気が立ってる画がかわいい。

↓ 遅い春の名残
51_20170524225445a2a.jpg
もう数日前の事なので、今はもう無いと思うのですが、
晩春の名残と思われる花、これは八重桜でしょうか?
葉っぱは桜に見えるので遅咲きの八重桜でしょう。
もう遠い季節の残り香の様に関居てしまいます。

この広場の近くにも駐車場があって、
ココから公園に出向く方も多い様です。

↓ 森の中を抜けていく
52_20170524225506507.jpg
森、というよりははっきり言って雑木林なのですが、
谷間へ下る斜面の林は、見通しがききにくくって
林、というよりは、森、という雰囲気がぴったり。

↓ 見た目は森の中
53_20170524225442dd3.jpg
谷を見下ろすとこんな感じで見通しがききません。
こういう感じが、「森の中感」を増加してくれます。

↓ 歩きやすい土の道
54_20170524225440483.jpg
林の中の土の道、土だけど、
道にウッドチップが敷いてある
歩きやすい場所が多くあります。
歩き易さがとても心地イイのです。

↓ 公園の北側に戻ってきました。
55_20170524225402d3b.jpg
出発地点に戻てきました。この赤いローラー滑り台は
全体像をあらてめて眺めるとかなりのインパクト。
子供達にとっては、強烈な遊び道具ですね。

↓ 芹沢陸橋
56_20170524225400349.jpg
ちょっと古めでも、かなり味のある芹沢陸橋。
新規増設区画の北の端があそこの陸橋です。
てっきり新しい公園なのだ、と思ってた行ったら、
古くからある公園に新設区画が出来たというのが
この新生・芹沢公園です。探索するのが楽しかった。
お子様連れなら、これはなおの事面白く遊べそうです。

↓ 岩
57_20170524225400371.jpg

58_2017052422535719b.jpg
公園の中にはこんな感じで
大岩がゴロゴロしてる場所も。
造成時に出てきたものなのか
わざわざココへ運んで来たのか
出自はわからなかったのですが、
こんな岩も、子供達には遊び道具。
こういうのも面白くていいですよね。

↓ ざまり~ん (≧ヮ≦)b
60_20170524225355fb0.jpg
ざまりんが柔らかいゴムチップのフィールドに
でかでかとプリントされている場所があります。
ざまりんと一緒にゴロゴロ。面白そうですよ。

派手じゃないけど、いろいろ見所が多くて、
スポーツも遊びも自然もぎゅっと詰まってる。
芹沢公園での散策は、短時間で色んなものに
出くわすことが出来る、おもしろい公園なのでした。
よろしければぜひ。場所は座間の日産工場の隣です。

↓ 梅雨入り前、短い晴れ間の今の時期も、散策にはもってこい。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
93位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる