FC2ブログ

VⅰNA GARDENS。 ①

↓ VīNA GARDENS

12月になりましたが、ココから始まるのは、
先月中旬、11月15日にソフトオープンした、
海老名駅前に登場した商業施設、その名は
「VīNA GARDENS」(ヴィナガ-デンズ)。

↓ 海老名駅東口再開発の二番手
2_20171201220854d56.jpg
やたらと地面をほじくり返して、
どかどか建設が進んでいた
西口と東口の間にあった
自由通路の脇に完成。
どんなものが出来るのか
ちょっとだけわくわくしながら
待っていたものが完成しました。

↓ 普段あまり来ないのが通路の下
3_20171201220853b91.jpg
この通路の下を通るのも
じつはちょっと久しぶり。

↓ まだオ-プンしていない店舗
4_2017120122085211c.jpg
この時はまだソフトオープンだったので
まだ開店していない店舗もありました。
何が入るのかわからない一階の店舗、
この先どうなるのかが、ちょっとわくわく。

↓ 反対側
5_20171201220850cfa.jpg
JR相模線側の店舗外壁です。
いつもは、ほんとに何の気なしに
ららぽへ行くデッキにやたらと多い
商業施設が出来たのがびっくりです。

↓ まずは2階から
6_20171201215235000.jpg
1階は店舗が入っていないままだったので、
まずは2階から散策することに致します。

ってところで、以下次回。

↓ 相変わらず、イントロダクションでは何も出てきません。お許しください。

VⅰNA GARDENS。 ②

↓ テラス
6_20171201215235000.jpg
VīNA GARDENS。海老名駅西口再開発の二番手として
11月に開業した新たな商業施設、ビナガーデンズの店舗群。
今後開発が進むビナガーデンズの一番手として誕生したココは、
正しくは「ビナガーデンズテラス」というなの飲食店街になってます。

↓ 炉端と地酒
7_20171201215233639.jpg
今回は、これからいろいろ利用することになる
だとうという事も含め、店舗名は出しませんが、
いままでの海老名の町中には無かったお店が
大挙して押し寄せた、あり得ない景色の中です。
そんな訳でどんな店が入ってるか見に行きました。

↓ 大衆焼鳥
8_20171201215232890.jpg
大衆向け焼鳥の居酒屋。海老名には
無かったわけでは無いけどこういう風に
ドカンと看板がかかっているとやたら新鮮。

↓ 馬刺しと餃子
9_201712012152317bb.jpg
コレはスゴイ。馬刺しと餃子で居酒屋だ。
こればっかりはいままで近所には無かった。

↓ ビナバル
10_20171201215229155.jpg
これこそ今まで近所になったテラスの中の飲み屋街。
なんだけど、看板の写真ひとつまともに撮れてないぞ。
なんだかもう、ココに入り浸る未来が見えている様です。
どんなお店が入っているかはまたいつかお話するでしょう。

↓ パスタとハンバーガー
11_20171201214657256.jpg
肉の種類が違うミニハンバ-ガ-と
パスタとサラダのお店、らしいのです。
いままで見たことの無い組み合わせ。

↓ カレー
12_201712012146557ec.jpg
日替わりで手の込んだカレーを提供する
というカレ-専門店があったりしました。
これはいつか必ず行く事になるでしょう。

↓ 次回は3階
13_20171201214654af2.jpg
次回は、ぺレストリアンデッキに面したテラスのお話です。

↓ 次回もビナガーデンテラスのお話です。

VⅰNA GARDENS。 ③

↓ VⅰNA GARDENS TERRACE
14_201712012146532af.jpg
11月に開業した、海老名駅西口再開発の二番手。
正しくは、もっと再開発で出来た物もあるんですが
そういうのはさておいて、新規開業したテラスの話。
VⅰNA GARDENS TERRACEは海老名駅の
小田急線とJR相模線の間のペレストリアンデッキに
11月15日、一部店舗を除きソフトオープンしました。

↓ 成城石井
15_20171201214651ae6.jpg
ビックリしました。政令指定都市を除くと、
一つの町に成城石井が2軒も営業するのは
希な事なように思えています。海老名市内には
2軒目の成城石井。もう1軒はEXPASA海老名です。
これで、歩いて成城石井に買い物に行けることになった。
なんかもう、これだけで割とテンションUPになってる感じです。
(↑町場のスーパーと確実に品揃えが違う成城石井、かなり好き)

↓ ワインバルを併設
16_20171201214222194.jpg
成城石井が世界中からかき集めてくる
名品銘品をワインと一緒に食する事が
出来てしまうワインバルを併設してます。
何なんだ、いきなり広がるこの外食の幅は。

↓ リンツ
17_20171201214221c56.jpg
スイスのチョコレートの会社が
わざわざこんな片田舎に出店。(←失礼だぞ)(^^;)

リンツと言えば、MASTERキートンで、
テロリストの爆弾の爆発を糖化反応で
阻止したときに、オーストリアのチョコ、
キャドバリーと共に使われた商品です。
(↑マニアック過ぎて誰もついてこないぞ)(^^;)

欧州有数のショコラティエが厳選した
格が違うチョコレ-トショップが爆誕。
コレはなんかもう異次元の出店感。

↓ 本物のイタリアンだ
18_201712012142194f5.jpg
ビストロ?バルではないイタリアンのレストラン。
すげえ、こういうお店がドカンと出てきちゃいました。
ららぽーとには、生ハム食べ放題のバルがあるけど、
それとはまた違う、ハレの日に使えそうなイイ感じの店。

↓ わかりにくいけどやたらスゴイ
19_20171201214218824.jpg
映り込みやら反射やらでやたら見づらいのですが、
店の厨房の窓際には、派手なディスプレイの様に
超巨大なパルマハムがごっそりと吊るされてます。
全部本物、コレはもう間違いない感じを見せてます。

↓ パン呑み!
20_20171201214216f1f.jpg
ベーカリーです、ですが普通のベーカリーじゃありません。
パン呑み、といううたい文句がドカンと鶴下っている店先。
パン屋にバルが併設されるという、今まで見たことの無い
先鋭的な業態です。北欧パンのカフェは駅構内にあるけど、
更にその上、ワインやビールと一緒にパンを味わう。すげえ!

↓ カフェ
21_2017120121412068c.jpg
どこにでもありがちなチェーン店のカフェとは、
明らかに一線を画する雰囲気満点のカフェ。
こういうカフェも、今まで近所に無かったなあ、
どの店も一度ははいってみたくなる好奇心を
ゴリゴリ掻き立てます。海老名に新時代到来!
と、マジに思える店舗のラインナップが衝撃的。

しかも、まだまだ店舗は
これだけじゃないと来た。
ってところで以下次回。

↓ 新しい海老名は、・・・田舎者にゃ刺激が強いぜ。(^^;)

VⅰNA GARDENS。 ④

↓ 相模線とららぽーと
22_20171201214118bec.jpg
海老名市西口再開発のシンボルでもある、
ららぽーと海老名と、その足元のJR相模線。
VⅰNA GARDENS TERRACEから見える
西口の風景、ちょっと高いってだけで眺めがイイ。
そんな小田急線の海老名駅と相模線の海老名駅の
間に出来た西口再開発の新施設のお話を続けてます。

↓ 4F
23_201712012141178be.jpg
今回はVⅰNA GARDENS TERRACE最上階のお話。
ココも2F、3Fに続き、海老名としてはちょっと別次元な感じ。

↓ カーブの回廊
24_2017120121411532e.jpg
デッキから離れた階上は、
ゆるくRの付いたテラス。
ココはすべて飲食店街。

↓ 韓国焼肉
25_2017120121411423a.jpg
わりとあちこちで見かけるチェーン店の韓国焼肉店が
出店してました。今まで焼肉屋が海老名に無かった、
という訳ではありません。韓国焼肉も食の道場発の
銘店がありますが、本格的なうえにリ-ズナブル
という韓国焼肉のお店は、ちょっと衝撃的です。
安いとイイんだけど、ちょっと二の足を踏む。
でも焼肉で韓国式、不味いはずは無いぞ。

↓ 肉バル!
26_20171201214031aa8.jpg
焼肉とはまた違う、メニューは全部肉づくし、
しかも生ビール330円のハッピーアワー有り。
じゅるり。 という効果音が思わず流れ出る様な
これほど肉尽くしのお店が近所に出来た。スゲぇ。
(↑肉と酒に魅かれすぎて語彙が貧弱になってるぞ)(^^;)

↓ 博多天麩羅
27_201712012140308fd.jpg
博多の天ぷら屋。お隣の厚木市内には路面店で
このジャンルのお店があり、何回も出かけてます。
その類の大好きな食事処が、歩いて出かけられる、
博多の天ぷらは揚げたての天ぷらを目の前の皿に
順番に置いて行ってくれる本格派なのにも関わらず
とにかく大衆向けでお値段がリ-ズナブルなのです。
それが凄く近所に出来た。僥倖と云う以外無いです。

↓ 食のつむぎ
28_2017120121402914b.jpg
湯葉と豆腐を中心に外食展開する
一つ格上の外食レストランチェーン、
「梅の花」が店舗展開してる外食店、
近頃あちこちの集客施設のテナントで
出展を見かけるようになったのがコレ。
お値段は決して高くははないというのに
割と本格派の和食メニューが味わえる
格上のファミレス感を醸しだす「つむぎ」。
これは、ぜひ一度出かけてみなければ。
と、ちょっとだけ大きく心が動かされました。

↓ 博多華味鶏
29_20171201214027051.jpg
ほんのつい最近、新業態で始動した1号店が、
目と鼻の先のららぽ-と海老名に出来たばかり、
博多で水炊きの店として名を馳せた銘店のひとつ
博多華味鶏の、その本物が堂々と出店を果たします。

ああどうしよう、ららぽの鶏ーちゃん本舗で食べた
水炊きラーメンはめちゃめちゃ美味かったんです。
ココにはその本体の博多華味鶏が出来ちゃった。
めちゃめちゃ入りたい、水炊きと酒で腹いっぱいに
なる事を一度でいいからやりたい、つうかやらにゃ!
でも、ひとりで入るのはちょっと躊躇しか出てこない。
誰か誘って真冬の厳寒に水炊きに出掛けなければ。
(↑だれか僕と一緒に水炊き食べに行きませんか?)(←誰宛て?)(^^;)

↓ ソフトオープン
30_20171201214026a78.jpg
まだ店舗が稼働していないエリアもあるので、
完全開業前のソフトオープンになってます。

↓ 小田急線と相鉄線の海老名駅東口方面
31_20171201212914551.jpg
施設内には歯科医や不動産店や保育園も
有ったりする上、海老名の三路線に全てが
そこそこ近くにある施設になっているために
ココを活用して新たな生活が始められる方も
多そうなのではないのでしょうか?と思います。

↓ TERRACEの下に庭園が出来てる
34_20171201212910d6a.jpg
夏になったら、あるいは数年経ったら、
ココには、こんもりとした緑の木陰が
出来るのかもしれません。いいなあ、
真夏の夕方のテラスでビールとか。
(↑ココで酒飲むことしか考えてない)(^^;)

↓ VⅰNA GARDENS
35_2017120121290978c.jpg
今後、何年もかけて再開発が進んでいく
海老名駅西口のVⅰNA GARDENS。
今までの海老名とは違う形の店舗群を
集めたテラスで、先ずはそれを味わって、
その先を楽しんで待つ事にしたく思います。

その前に、給料出たらいろいろプチ豪遊だ。
(↑ココで酒飲む事しか考えてないぞ)(^^;)

↓ 海老名駅にお立ち寄りの際は、ぜひ VINA GARDENS TERRACEへどうぞ。

風邪で喉を傷める。

数日前から風邪をひいて、喉を傷めております。
本日は平日公休となっていたため、爆睡を決めこみ
一日家で寝ておりました。おかげさまで症状は和らぎ
全快間近になったのですが、ブログのネタがありません。
そんなこんなで本日は写真が付いたのネタはございません。

健康あってのくだらないブログですので、本日はご容赦ください。

↓ インフルエンザも流行中、体調管理にはくれぐれもご留意ください。

海の公園 かき小屋、今年も営業開始。 ①

今年もこの季節が既に始まっております。
思い返せば今年の春先にも行った所ですが、
今年の冬から来年春先まで続く、名物になってる
横浜のかき小屋へ出かけたお話がまた始まります。

↓ 工事は続く
1_20171206222341aa6.jpg
だんだんと工事は大規模になってきました。
京浜急行線、金沢八景駅と、通りの向こうの
シーサイドラインの金沢八景駅を結ぼうという
来春完成予定の、シーサイドラインの延伸工事。

↓ 段々形が見えてきた感じ
2_20171206222340ce4.jpg
シーサイドラインは、どうやら京急金沢八景駅の
駅舎の上にホームを構える事になりそうですね。
そういう方向へ延びる階段ができ始めてました。

↓ 連絡通路
3_2017120622233803e.jpg
駅改札口から通りまでは、工事区画を隔てる
カクカクした壁に囲まれた通路を通っていきます。
反対側の商店街を通って行ってもたどりつきますが、
商店街側には意外な誘惑が多いのでこっちを通ります。
(↑老舗のパン屋とかラ-メン屋とかが並んでいるもので)

↓ 向こうが京急の駅
4_2017120622233726c.jpg
延伸工事は、国道16号線を跨いで、
春先よりもさらに大規模で重厚なモノに
なって来た事が、その見た目で分かります。

↓ 実はちょっと不便
5_20171206222335ec3.jpg
以前は駅前から歩道橋に昇れば
国道の車の流れに全然関係なく
シーサイドラインの八景島駅まで
スパッとたどり着く事が出来たのに、
今は信号待ちして国道を渡らなきゃ
行けなくなりました、これも来年まで
我慢すれば良い事ではあるのですが、
国道の信号はやたら長いのが困りもの。

↓ 相変わらず柴口さんがいっぱい
6_2017120622230184b.jpg
もう慣れました。柴口さんだらけのシーサイドラインです。
玩具会社の企画もので、鉄道会社の正規の征服を着た
美少女キャラで各地のローカル鉄道をアピ-ルしていく
鉄道むすめ」シリ-ズのシーサイドラインイメ-ジキャラ、
それが駅にバンバンいる「柴口このみ」さんなのでざいます。

と、毎回ココを通るたびこの子の紹介してますが、
柴口さんのキャラはこうやって、横浜市の交通局が
バンバンPRキャラに使っている、という珍しい例で、
使用頻度が半端無い、ものすごく貢献してるキャラ。
相鉄線の子は売店でひっそりキャラグッズ売ってるだけ。
それだけに比べると、やたらと勢いの良さが違います。

↓ それはさておき、特典です!
7_2017120622225995f.jpg
海の公園のかき小屋に着いたら、入店時にひとこと、
シーサイドラインに乗ってきました!(←!をつけよう)
というと、ソフトドリンクがサービス。加えて平日だったら
夕方までアルコ-ル飲料300円という特割を実施中です。
コレが変わらず来年3月末まで続きます。お得感最大規模。
毎年変わらずかき小屋はシーサイドラインとタッグ組んでます。

↓ 車両入線
8_20171206222258e24.jpg
さあ車両が入線。コレに乗って最寄り駅へ向かいます。

ってところで、以下次回。

↓ あの~、柴口さんに会いに行く話じゃなく、かき小屋に行く話ですよ。(^^;)

海の公園 かき小屋、今年も営業開始。 ②

毎年11月月初から、翌年3月末まで、
横浜市の海の公園で開業するのが
定番となっている「かき小屋」の話。
なんだかんだでほぼ毎年通ってます。

↓ 大人のかぶりつき。
9_201712062222563c9.jpg
別に鉄道ファンでも何でもないのですが、
平日の昼下がりで乗客もまばらな車両で
わざわざココに座る方もいなかったもので、
先頭車両の単座席に陣取り車窓を眺めます。
空いてるんだからたまにはこういのもいいよね?

↓ 対向車両
10_20171206222254148.jpg
ちょっとした未来都市に見えるシーパラダイスを背に、
もれまた未来志向の新交通システムと交差する気色。
出来た当時は、僕もまだ若造だったもので、この景色に
子供の頃から抱いていた、ちょっとした未来感を覚えたり
したものでした。横浜市の端っこの未来都市先取りの風景。
初めて見た時はそりゃ度肝を抜かれましたが、今は当たり前。

慣れって怖いなあ。(←そりゃあもう四半世紀超えてますから)(^^;)

↓ 見えた!
11_2017120622222646d.jpg
今年もおなじみの場所にプレハブの店舗を構える
海鮮バーベキューを楽しめる、海の公園のかき小屋。
海の公園・管理棟前の駐車場にドカンと出現しとります。

↓ 東北応援! みんなのかき小屋
12_201712062222255f6.jpg
最初の年は、その初めての事業でノウハウを学ぶため、
広島のかき小屋がフランチャイズで入っていたのですが、
東北応援を掲げて方向転換、毎年東北の牡蠣の産地に
仕入先を求め、東北の海の幸を中心に販売していく事で
横浜市の東北応援の事業の一つとして定着したのがコレ。
(↑一時期は、横須賀産地場牡蠣も提供した事があります)

↓ 毎年変わらない感じ
13_20171206222223bcd.jpg
ぽかぽかと日差しが良い中だと
外で焼いていても良い感じですが、
この日はちょっと風が強かったので、
出来れば屋内が良さそうな感じでした。

↓ 冬季限定営業 ・ 海の公園 かき小屋
14_20171206222222111.jpg
やってきましたよ。 年に一度や二度くらい、
身の丈に合った贅沢はしてもイイじゃないか!
という、謎の見栄につき動かされ毎年通うココ。
なんていう個人的な動機はさておき、今年最初の、
じゃなくて、この冬最初の牡蠣づくしのランチに参上。

ええと、今年三月に、前年度のかき小屋に行ってるので
今年初、ではなくなってる訳なんですね、どうでもいいけど。(^^;)

ってところで、以下次回!

↓ お~い! ってかおいっ!。 まだ牡蠣出て来て無いじゃんか!

海の公園 かき小屋、今年も営業開始。 ③

横浜八景島・海の公園で、冬になると期間限定、
次の年の春まで営業の海鮮バーベキューのお店、
海の公園・かき小屋で、身の丈に合った贅沢ランチ。
焼き牡蠣をたらふく食べに出かけた役宅もない話です。

↓ ・・・風が強かったので
15_2017120622222030a.jpg
入り口で、風が強いから屋根の下が良いのですが・・・、
とお話したら、プレハブの屋根の下に通してくれました。
平日の昼間で空いていたからこそのオーダー通過かも。

↓ 牡蠣です。
16_2017120622214362f.jpg
ちょっと張り見ました三陸産の牡蠣です。
牡蠣ひと盛り1200円。これ位はいったるぞ。
(↑貧乏人丸出しのコメントで申し訳ありません)

↓ 大迫力
17_20171206222142ac2.jpg
大迫力の大振りの牡蠣が並びます。
さあ焼くぞ、焼くからな、いやっほ-!
(↑すいません、変なテンションです)(^^;)

↓ 実を言うとですが
21_20171206221547a86.jpg
この手の自己責任で焼く海鮮での書き小屋では、
生牡蠣でよくある例のHIT(生ものに当たること)
を防ぐ為、軽くボイルした牡蠣が提供されてます。
だから、この牡蠣は片面1分半づつ焼けばOK。
焼い上がりを早くするための大きな蓋も常備です。

↓ 焼けた!
18_2017120622214019a.jpg
貝の薄っぺらい蓋の方をこじ開けたら
深い蓋の方には、海のミルクから出た
コレでもかっという出汁の出たスープと
ぷりっぷりで大振りの牡蠣の実が出現。
にやにや笑いが止まらなくなる画面です。
好き嫌いがはっきり分れるのも牡蠣ですが、
これ以上ない熱狂的愛好家が多い牡蠣です。
嫌いな方にはこれ以上なく申し訳ありませんが
個人的にはこれ以上なく大好きな牡蠣なもので、
コレはもう旬の季節の始まりには堪らないのです。

↓ 味付け
19_20171206222139aed.jpg
各テーブルに備え付けの調味料を使って味付け。
醤油とポン酢でちょろっと味付けして、つるりんと
口に流れ込む熱々の牡蠣の実の味の奥深さは
もう、このためにひと夏越えて冬を迎えた感が
炸裂するひと口なのでした。ああ、贅沢だ~。

↓ プリンプリンの官能的食感
20_20171206222138074.jpg
うああ、もう、これは止まりませんでございます。
ちゅるちゅるとプリンプリンの焼き牡蠣を次々と
口に放り込んでいく行為は、食事を超えている
官能を伴うような、えも言われぬ快感を感じます。
(↑何かヤらしいけど、分る人にはわかると思う)(^^;)

ってところで、以下次回、まだ続きます。

↓ 真冬の牡蠣は、やめられません、(*´Д`)ハァハァ(←変態か?)(^^;)

一回休み。

風邪がぶりかえしそうなうえに
明日は早出になってしまったので、
本日は一回休み。悪しからずお許し下さい。

↓ ココをポチっとしていただくと、励みになります。(^^;)

海の公園 かき小屋、今年も営業開始。 ④

横浜・海の公園にて、毎年年越しの期間限定で営業する
海鮮バーベキューの名物店、海の公園・かき小屋の話。

↓ 牛カルビ
22_20171206221545edc.jpg
・・・牡蠣どこ行った?

ええと、海鮮のみならず、普通にバーベキューもできる様に
肉や野菜も販売中。牡蠣は焼きあがるまでに時間がかかり
場が持たん。と思ったらその時は肉を焼いて牡蠣を待ちます。

↓ 牡蠣のアヒージョ
23_20171206221544b21.jpg
これも定番になりました。牡蠣と野菜のニンニク風味オリ-ブオイル焼き。
バルのタパスの大定番、たった数年で一気にメジャー化したアヒージョです。
今更説明が必要か?と思う方も多いでしょうが、バル飯がメジャーになる前は
その調理法は知られていませんでした。こんなメニューで時代が動いた事を知る。(←大袈裟)

ただ、ココのメニューのアヒ-ジョは、美味しいんだけど
入ってる牡蠣がちょっと少な目。そこでおなじみの対応策。

↓ 牡蠣を焼く   
24_20171206221543235.jpg
牡蠣を焼きます。普通に食べても
この牡蠣は十分に美味しいですが。

↓ さらに牡蠣を焼く
25_20171206221541a72.jpg
その牡蠣をさらにいくつか焼いていきます。

↓ 多めの焼き牡蠣
26_20171206221507e0d.jpg
これくらい数が揃えば御の字と思われます。

↓ 牡蠣増量!
27_2017120622150639a.jpg
具を食べ終わった後の火にかけたニンニクオイルに
牡蠣を惜しみなく投入。アヒ-ジョの牡蠣増量に成功。
と、こんな風にアヒージョの牡蠣増量をやってたりします。
(↑せっかく牡蠣とオイルがあるんだから、いいじゃないか)(^^;)

↓ アヒージョの牡蠣
28_20171206221504b6c.jpg
プリプリに焼きあがった牡蠣の身を
贅沢にオイル焼きにすると変化球。
焼き牡蠣をたっぷり食べたうえで
アヒージョの牡蠣へ行く、という、
リ-ズナブルな贅沢なのです。
みみっちいとか言っちゃダメ。
(↑こんな事を毎年やってます)(^^;)

↓ ってところで次回へ続く。つうかまだつづくの?(^^;)

海の公園 かき小屋、今年も営業開始。 ⑤

横浜・海の公園で、冬季限定で営業中、
海鮮バーベキューの「かき小屋」の話。

↓ 焼き牡蠣
24_20171206221543235.jpg
比較的リーズナブルに焼き牡蠣が食べられるので
その恩恵をフルに生かして、牡蠣料理をアレンジ中。

↓ 牡蠣のアヒージョ
28_20171206221504b6c.jpg
食べ終わったアヒージョのオイルで焼き牡蠣をオイル焼きして
牡蠣増量。焼き牡蠣だけじゃない海鮮バ-ベキュ-のお楽しみ。
(↑残念ながら食中毒防止のため、生牡蠣は置いておりません)

↓ バゲットでオイルも食べる
29_20171206221503fff.jpg
毎度おなじみ、嬉しい事に食材販売ブースには
バゲットまで置いてあるという本格派だったりします。
キノコと牡蠣のエキスがガッツリ出たオリーブオイルを
余すことなく最後までいただきつくすことが出来るのです。
(↑コレは、バルメニューでも当たり前のセットメニューです)

↓ 牡蠣のお供の南部美人
30_20171206221502fdd.jpg
牡蠣のアヒージョだったら、白ワインも定番なのですが、
もともとは焼き牡蠣を全力で堪能するつもりだったので、
お供はやっぱり日本酒、牡蠣と同じく三陸産の南部美人。
コレがまた驚くほどアヒージョとの相性が良かったりします。
(↑牡蠣に合う酒は日本酒だけと、美味しんぼで言ってました)

↓ ごちそうさまでした
31_201712062210183e1.jpg
祭りの後、炭火はまだ煌々と熱を帯びていますが、
食べたかったものを全力で堪能したのでお開きです。

↓ 海の公園・かき小屋
33_20171206221015afc.jpg
申し上げておきますが、かき小屋のメニューは
本当に全く、今回食べたモノだけではありません。
食材もお酒も、まだまだこんなもんじゃございません。
出かける度に、食べられる食材やアレンジは尽きません。

↓ 東北応援
32_20171206221016737.jpg
毎年の恒例となったかき小屋は、
遠くから、ほんのちょっと東北応援。
そのスタンスがすきだったりしてます。

↓ 陽が傾きはじめる
34_201712062210132bf.jpg
昼過ぎにたどり着いたかき小屋で色々堪能してたら、
やたらと時間が経って、すでに陽が傾き始めてます。

↓ シーサイドライン
35_20171206221012f8e.jpg
海の公園から、シーサイドラインで帰宅の途に。
まだ冬が始まったばかり、シーサイドラインに乗って
海の公園のかき小屋には、また出かけるかもしれません。

↓ 海の公園のかき小屋を、何卒ご贔屓に。

飛行機雲が幾筋も。

↓ 飛行機雲

ふと空を見上げると、幾筋もの飛行機雲が
冬空に軌跡を残している空の気色に遭遇。
あの功績の上には、いったい何人の人が
乗っていたのだろうか?とふと気になります。

以前もこういう疑問を持った事がありますが、
そこに乗っている乗客は恐らく、というか絶対
自分が乗った飛行機がこんな綺麗な雲の跡を
残している事は、絶対に知る事は無いでしょうね?

↓ そんな午後遅くの飛行機雲の光景でした。

大山が殊更大きく見える夕暮れの海老名。

↓ すごく遠くの大山
2-1_201712122349043a9.jpg
海老名駅西口から見える
建物越しの大山の画です。
何度もお伝えしていますが、
大きさを比較する物があると
大山はやたらと大きく見えます。

↓ 大迫力
2_20171212234902a99.jpg
駅の高架デッキから降りてみて、
ほんの1分程歩いたそれだけで
大山の景色はこれだけ迫力UP。

大山を望む夕景は、見るその度にその姿が
どんどん変わっていく様で目が離せません。

↓ こういう景色が身近にあるのは、なかなか楽しいものなのです。

やっぱり牡蠣が好き。

↓ かきみそちゃんぽん
0-1_201712122352255f8.jpg
このところ、バラエティ-番組でいろいろ取り上げられ、
自動調理システムや全国均一品質や、ご当地の長崎県民が
一番旨いちゃんぽんはココだ、という意見が飛び交いまくってる
リンガ-ハットのメニューの、「一日分の野菜が摂れるちゃんぽん」
その期間限定2種のうちのひとつに、ドハマりしている話だったりして。

↓ 味噌味ちゃんぽんスープ
0-2_2017121223522440c.jpg
なんだろう、ちゃんぽんの味なんだけど味噌味。
随分違うモノには思うけど、ちょっとだけ土手鍋風。

↓ がっつり牡蠣
0-3_201712122352225fa.jpg
小ぶりではあるものの、がっつり牡蠣が5、6粒。
牡蠣から出汁が出る程煮込まれている訳では
無いでしょうが、ゴロゴロ牡蠣が入ってるのは
それだけ風味アップにつながっているはず。

↓ おなじみ、ぶっといちゃんぽん麺
0-4_20171212235221671.jpg
全国区でありながら出生地の地元長崎で、リンガ-ハットが
一番美味いちゃんぽんの店、と地元民が口を揃える銘品を
支えるこのぶっといちゃんぽん麺は、さすがの食べ応えです。

↓ ゴロゴロをガツガツいける
0-5_20171212235219999.jpg
牡蠣だけじゃなく、むきエビと、他にさつま揚げと
薄切りかまぼこが海産物として入っているんですが
コストの問題なのか、タコ足と切りイカははいりません。
それでも牡蠣がゴロゴロはいっているのはやたらうれしい。
コレが1000円以下で食べられるのは企業規模の恩恵です。

↓ 牡蠣が好きなの。
0-6_201712122352189da.jpg
近所にあるリンガ-ハットに出かければ
お手軽に牡蠣がゴロゴロ入ったうえに
一日分の野菜も摂る事が出来てしまう。
期間限定なので、冬の間の企画メニュー。
コレは食べなければ勿体ないという感じで、
この冬は、頻繁にリンガ-ハットに通うかも。

好き嫌いが分れる冬が旬のメニュー、牡蠣。
牡蠣好きにはとって、このリーズナブルさは
手放しで踊りだしそうな大歓迎メニューです。

↓ かきみそちゃんぽん、この冬、個人的にはコレがイチオシ。

やる気ゼロ。

たまにあるのですよ。

なににもしたくない、
何にもやる気が無い、
ぐだぐだゴロゴロしたい。
ただただ寝たい、って時が。
今日のこの日がまさにその侯。
ああ、ただただ、だらけていたい。
たまにはそんな日もありますよね?

↓ って訳で、本日休業。 怠けてます。(^^;)

二俣川駅前のイチョウ並木。 ①

↓ 相鉄線二俣川駅

先っちょ狭っ!とホームの端っこの狭さにちょっと驚く。

↓ ホ-ムから移動を始める
2_201712162347167ad.jpg
相鉄線の本線といずみ野線が分岐するターミナル、二俣川駅に、
今回の目的地があるのは、タイトルからまるわかりでございます。

↓ びっくり仰天の変わりよう
3_20171216234655aa5.jpg
二俣川駅は現在、全面リニューアル工事を実施中。
以前、隣の鶴ヶ峰に近所に住んでいたことがあって、
ココは勝手知ったる隣町だったもので、ココにあった
改札前の小型ショッピングモールや駅中の物産展や、
駅ビルのライフの中とか、散々散々うろうろしてました。
が、工事がガンガン進んでその景色は全部消えました。
改札前のおにぎり屋もモールそのものも出口の銀だこも。

↓ 南側通路
4_20171216234654197.jpg
新しい景色が出来るまえの過渡期の気色ですが、
やたらと色々無くなっているのが、ちょっと寂しい。

↓ 電車は走る
5_20171216234652c90.jpg
相鉄線は、前身の神中鉄道も含め、
運行開始100年を迎えています。
この景色は変わりそうにない、
と思っていたものがこの先
大胆に変わるのかもね。

↓ 新たな動線
6_20171216234651131.jpg
知らないうちに、新しい動線が出来てました。
コノ通路は、方向的にはかつてのライフの
西に端っこに出るように作られています。

↓ 新バスターミナル
7_20171216234649d4b.jpg
・・・ココって、三井住友銀行があった場所だ。
銀行の建物もなくなっちゃんだ、ちょっと衝撃。
どこ行っちゃったんだ?三井住友二俣川支店?

↓ タワーマンション
8_20171216234616a22.jpg
駅前には高層タワーマンションと
そこへ直結する新オフィスビルが
同時進行で建設中になってます。
相鉄線の都心乗り入れを絡めて
沿線の新規開発事業が目白押し。
これからどんな変わり方をするか
ちょっと楽しみでもあるのですが。

ってところで、以下次回、です。

↓ イチョウ並木を見に行ったのに、まだ出てきてません。何でだよ?(^^;)

二俣川駅前のイチョウ並木。 ②

↓ 二俣川駅 旧南口バスターミナル跡
9_201712162346153fa.jpg
ココは、相鉄線・二俣川駅南口の、
バスターミナルだったところです。
今は駅施設の全面リニュ-アルの
新施設の建築中になっております。
周辺にあった色んな施設がごっそり
無くなりちょっとした寂しさがあります。

↓ イチョウ並木が見えてくる 
10_20171216234613ce9.jpg
二俣川駅から南へ、丘を越えてまっすぐの、
大池公園(こども自然公園)までの一本道。
コレがじつはほぼすべてイチョウ並木です。
毎年ここのレポートをしよう、と思いつつも
時期がズレたり時間が無かったりなぞして、
実に6年越し位のイチョウ並木なのですよ。

↓ 真っ黄色なイチョウの大木
11_20171216234612e81.jpg
駅から公園までの約1.2㎞にわたる一本道が
こんなイチョウの木が通りの両脇に並んでいる
本当に見事なイチョウ並木になっているのです。

↓ まだ間に合う
12_20171216234611f6f.jpg

13_20171216234446452.jpg
イチョウの葉は盛りの黄色を迎えています。
そろそろ時期も終わりになるイチョウですが、
その最後の色付きを何とか目にできました。

↓ と、思ってたのですが
14_2017121623444502a.jpg
やった!間に合った! と、思っていたのですが、
本当はちょっとギリギリで、最盛期を過ぎてた模様。
こんもりと黄色い葉をつけている木ばかりでは無くて
もう散り際まじかになっている木もちらほら見えてます。

↓ 落葉にまみれる植え込み
15_20171216234444489.jpg
歩道の際の植え込みは、
落葉にまみれるこの景色。

↓ 歩道もイチョウの葉っぱだらけ
16_201712162344421c2.jpg
歩道の端っこは、ほぼ全部
イチョウの葉っぱだらけです。
イチョウの黄葉は楓の紅葉より
若干遅いのもあり、まだ見頃だぞ、
と思っていたのですが、ほんの少し
遅かったのかな?と苦々しい思いです。

でも、この程度ならまだまだ見ごろのうち。
落ち葉と街路樹が、ダブルで見頃感です。

↓ ってとこで、以下次回。

二俣川駅前のイチョウ並木。 ③

↓ イチョウ並木
17_20171216234441797.jpg
相鉄線の二俣川駅から、南へ向かって
緩やかな丘を上る一本道がほぼ全部
イチョウ並木。黄葉の盛は残念ながら
ちょっとだけ過ぎ、葉っぱの散り具合が
激しくなりはじめて、こんもりした木々に
葉がまばらな木が目立ち始めています。
それでも見飽きない黄色のイチョウ並木。

↓ あぶないあぶない、
18_20171216234331ef4.jpg
交差点を渡りながら横断歩道の上で
一枚写真を撮ってみたんですけどね、
気が付かなかった、結構近くに車いた。
(↑危険な撮影は控えるべきです、反省)

↓ 黄色いこんもりが立ち並ぶ
19_201712162343300aa.jpg
こういう高くて黄色いこんもりがドカドカ並ぶ姿がいいんですよ。
ただ規模はそれほど大きくなく駅前の商店街の中にあるので、
イチョウ並木を見上げてる先にズバズバ電線が通ってたりする
訳でもあります。でもこの画も、なかなか味があって良いのかも。

↓ ブレが激しくなってる
21_20171216234326ebe.jpg
日が暮れ始めて、圧倒的に光量が不足してきます。
普通に捕ってる写真がどんどんブレはじめてきました。
マニュアルモードではまともな写真が撮れなくなってきた。

↓ まだまだ見応えのある並木
20_20171216234327684.jpg
てっぺんまでこんもりの木々ではありませんが
まだまだイチョウ並木には見応えがありますよ。

↓ ほぼまるはだか
22_20171216234326f74.jpg
ああ、もうちょっと早く見に来るんだった。
ココまで散ってる木が多くなると残念な感じ。

↓ 段々寂しい並木になってきた 
23_201712162342048b8.jpg
風がよく通る道だからのからなのか、
日当りが良い場所だからなのか、
丘の上に行くにしたがい、
葉っぱが散ってる木が多くなり
ちょっと寂しい画面になってきます。
部分的にはスゴイ画もあったんだけど
コレはもう、出遅れたんだから仕方ない。

だがしかし、コレで終わらないのがこのイチョウ並木。

↓ 二俣川駅前のイチョウ並木は、まだ続いてます。

二俣川駅前のイチョウ並木。 ④

↓ 南万騎が原中央商店街
24_20171216234202556.jpg
相鉄線の二俣川駅からまっすぐ丘を登って続く
イチョウ並木を散策しているお話を続けてます。

丘のてっぺんにはちょっとした商店街があります。
色々面白そうなお店がいっぱいあるんですけど、
定休日だったらしく、お店はほぼほぼ閉店状態。
この運の無さが行き当たりばったりの代償です。

↓ 再びイチョウ並木
 25_20171216234202536.jpg
商店街の先は住宅街の中を
南に向かって下る坂道です。

↓ なんかこんもり感が増してる
26_20171216234200988.jpg
駅前の並木道よりも、こっちの方が
イチョウの街路樹に、こんもり感が
全然残ってる感じがしてイイ感じ。

↓ それでも激しく差がある
27_201712162341589df.jpg
やたらめったらこんもりしてる真っ黄色があるかと思いきや、
その隣にはほぼまるはだかの散り際の木があったりします。
何回も言ってますが、もうちょっと早く来られてればよかった。
まだまだ大丈夫だと思っていましたが、出遅れ感は半端無い。

↓ ゆっくりはしろう
28_2017121623412556e.jpg
はい。そうですね、そうしますね。
あんまりせかせかとイイ画ばかりを
求めてきょろきょろしてるとそこにある
良い景色を目に留められなくなりますね。
交通標識に諭される、妙な鎮静化の瞬間。
焦って急ぐとろくなことにならないという見本。
こういう事も実際にあったりするもんなんですね。

↓ ビューン、って感じ
29_201712162341240f3.jpg
段々日が暮れ始めて、普通に写真撮っているるだけで
光源がビューンと尾を引くようになってきてしまいました。
この先最後までちゃんと写真とれるんだろうか心配です。

↓ こんもり黄色
30_20171216234122d46.jpg
すげえ、こんなイチョウの木が見たかったのです
てくてく歩いて繁華街を抜けて、わざわざ歩いて、
日も暮れ始めたイチョウ並木をずっと歩いてきた
甲斐がありました。出遅れたけど来てよかった。

約10年前、関西転勤になる前は、こんな景色に
気軽に出掛けられる場所に、住んでたんだなあ、
と、ちょっと惜しい感じが「してきてしまいました。
鶴ヶ峰近辺に住んでた頃は、ココまで自転車で
たった15分で来られたんだよね、懐かしいなあ。

↓ とかいう感慨をなぞりつつ、イチョウ並木はまだ続きます。

二俣川駅前のイチョウ並木。 ⑤

↓ 日暮れ前
31_20171216234121c2e.jpg
③じゃなくて④でした。お詫びの上訂正いたしました。
小さな改稿に気付いた方はいらっしゃったでしょうか?(^^;)

それはさておき、イチョウ並木散策の話が続いています。
が、そろそろ手持ちで写真を撮るのが難しくなる日暮れ前。
どれだけの画が残ってくれるのでしょう?不安しかないです。
とわいえ、逢魔が時のイチョウ並木は住宅街の中だというのに
夕日の残照と街路灯の二つの違う光に照らされる並木の黄色が
同じ景色の中に混在して、そこはかとない幻想感をかもし出します。
この景色にちょっと、おおお、と思うのです(←こういうのが伝わらない)

↓ いかん、暗くなってきてる
32_20171216234119651.jpg
アナログビデオカメラで撮った大昔の映像みたいに
通り過ぎていく車のテールランプが、もい当たり前に
ビューンと赤い尾を引くようになってしまっていました。
そろそろ本当に手持ちマニュアル撮影はNGかもです。
プレミアムナイトモ-ドがあるので問題は無いんですが。
(↑この日は意地でマニュアル撮影にこだわってました)

↓ 散り際に近い並木
33_20171216234052992.jpg
ところどころに寂しい並木が増えてきます。
繰り返し繰り返し、出遅れた感半端無い。
でもそう思う中でもまだ散り切っていない
木々があったのはまだ幸運だったのです
久々に古巣の名所に来た甲斐アリでした。

↓ こども自然公園(旧・大池公園)
35_2017121623404986c.jpg
イチョウ並木の終点は広大な面積の自然公園です。
でも、この暗さになっちゃったらもう公園散策は無理。

↓ 終点から見るイチョウ並木
34_20171216234050f1c.jpg
これからどんどん葉が散って寒々しい冬の気色に変わる
駅前から続くイチョウ並木の、色付きの盛りを過ぎそうな
並木散策でしたが、このイチョウ並木は、やっぱりイイな。
と、散策した事で改めて魅力を再確認する事となりました。

↓ 陽暮れの青銀に飛行機雲
36_201712162340470e3.jpg
夕暮れからの日没直後へ移り、
西の空から種が消えた青銀色の、
その空の高い所に一筋の飛行機雲。
なんだか普段見られないモノを見た気分。

さあ、もう写真は撮れなさそうだから
のんびりと帰り道に向かおうかな。

↓ イチョウの黄葉も、そろそろ終わり。そろそろ真冬です。


おまけ、あります。
    ↓

続きを読む

役所でごはん。

↓ 平塚市役所
0_201712212212264a1.jpg
現在25万人超の人口を抱えるのが神奈川県、平塚市。
実家に用があって出かけた平日公休のお昼過ぎの事。
通りかかりにふっと見ると、平塚市役所の改修工事が
ほぼ終わりになりつつある状況で、建物の東脇には
今までなかった新しい部分が出来上がってました。
何かできたんだろうか、以前来たときには肝心な
市役所の食堂が無くなったまんまだったもので、
何かできたのかもしれない!と寄ってみました。

↓ 出来てる!
2_20171221221016663.jpg
レストランカフェ・アルテール。市役所食堂が復活
ちょっとお洒落なレストランカフェが出来ていました。
レストランの名称は、さすが七夕の平塚市というところ。
わし座のアルタイル、彦星様がその名の由来となります。
(↑織姫で無かったのは、食堂で「デネブ」だと、字面がね)(^^;)

とにかく、役所のごはんは、街場に比べて比較的安価。
そして、役所の近所に昼時に居なければ食べられない。
そんなチャンス次第の役所のごはんが実は大好物です。
不定期開催・役所でご飯。今回は我が故郷の平塚市編。

↓ カフェレストラン アルテール
1_201712212212256d9.jpg
開店したのは、今年(2017年)12月12日金曜日。
まだ開店から10日も経っていない出来立てピカピカ。

↓ 下手こいたぁ。
3_2017122122101589e.jpg
到着したのが午後2時過ぎだったのもあり、
定食類は全て売り切れ。ああ、下手こいた。

↓ でもそんなの関係無ぇ。
4_20171221221013085.jpg
・・・なぜにオッパッピ-?

それこそ、そんなの全然関係なしに、
取敢えず、レギュラーメニューではない
週替わり麺メニューを選択してみました。
今週の週替わりは味噌コーンラーメンです。

↓ あまり経験の無い味噌スープ
5_2017122122101260e.jpg
味噌コーンラーメンと言えばそりゃもうド定番ちゅうのド定番のひとつ。
定食類にあり着けなかったから、ラーメンでもいいや、という感じでも
あったのですが、このスープは何やら曲者です。後味にほんのりした
甘みが残り、それも砂糖や人工甘味料のそれではなく味噌の後味が
ほんのり甘い、この経験は初めてです。どうやってこの味出したんだ?
個人的な思い込みなのかもしれませんが、この味は癖になりそうです。
・・・食べられるの、明日で終わりじゃんか、ああ、もう、全力で地団太!

↓ つるつるの中細面
6_2017122122101149b.jpg
味噌ラーメンには、かん水の効いた黄色い中細麺。
ちょっと透明がかったこういう色が、味噌と麺の癖を
真正面からぶつけ合うようで、ちょっと好きなんです。

↓ もやしと一緒の歯ごたえとのど越し
7_20171221220940e62.jpg
あくまで、あくまでも個人的に思う事なのですが、
ラーメンの具でのもやしは、味噌ラーメン以外には
入れちゃいけない気がする。もやしの香りと強い癖は
それを受け止めるどっしりした味噌の香りと癖が合うの。
あっさり醤油ラーメンにもやしが乗ると台無しな感じがして
興覚めしてしまうのです。あくまで個人差があるものですが、
味噌ラーメンにもやしはグッド。(←ふ~ん、位にスルーして)

↓ 完食
9_20171221220938c1b.jpg
不思議と癖になりそうな味噌ラーメンを
ラーメンライスで完食いたしました。

↓ 意外な程だだっ広い
10_20171221220938b8a.jpg
コレは、いつか定食メニューを喰いに
リベンジに来なくてはならなくなりました。
市役所で昼食食べたのは、20代の頃に
実家で生活してた頃依頼ですから、これは
新しい役所のごはんを食べに行かなければ。
(↑一体全体、何に情熱を燃やしているのやら)(^^;)

平塚市役所の改修工事は大事業だけあって
実はまだ工事の全てがが終わってはいません。
完成は2018年1月の予定になっているんだとか。
もうすぐ完成の新市役所庁舎は、今までのそれとは
大胆にイメージが変わって、別の物になった感じです。

↓ 売店
11_20171221220935a0e.jpg
旧庁舎では、全く陽の当らない所にあった売店も
コンビニスタイルでリニュ-アルしておりました。

↓ 生活採家
12_20171221220934a9b.jpg
ポプラだ、こういう事業形態もやってるんだね。
ポプラは近所でなかなか見かけないもので、
個人的にはちょっとファンだったりします。

ってところで、役所でご飯は、この辺で。

↓ 平塚市役所にレストラン復活。コレは喜ばしいぞ。

冬至の晩餐。

↓ かぼちゃの料理
4_20171222232130577.jpg
本日は冬至です。季節はもう冬のただなかですが、
冬至を過ぎるとそこからが先が本格的な寒の入り。
そんな冬至には、かぼちゃの料理がつきものです。
本来なら夏の作物である、日持ちのイイかぼちゃを
夏を蓄えた作物として体に入れる事で厳寒の時期を
乗り越える糧としよう、という向かからの願掛けですね。

そんな訳で、かぼちゃの煮ものでも食べておけば御の字、
なのですが、そこはそれ、ちょっとひねってみたくなるもの。
通り一辺倒じゃ、それこそ面白味に欠けてしまうものです。

↓ オーソドックスに、かぼちゃの煮物
1_20171222232134d2b.jpg
かぼちゃを出しと醤油で煮て、かつ節をぱらり。
昔は、やたら甘い出汁味のかぼちゃの煮物が
大嫌いでした。それをなぜだか今は自分で作る。

↓ 大人味だったんだねえ
5_20171222232101f97.jpg
昔は、甘いものと出汁の味が合わさってる煮物の味が
「どっちかにしろよ!」と、思えてならなったものですが、
今はその味が、どれだけ深い味なのかがわかります。
薄めた出汁に醤油で味付けして蒸かしたかぼちゃを
数分煮立てただけのものがこれほど美味くなるとは。

↓ かぼちゃの豆乳スープ
2_201712222321331e9.jpg
豆乳にチキンスープをパラパラ振って、
蒸かして小さく切ったかぼちゃを投入、
煮立たない程度まで火を入れただけ。
思い付きでやってみたら案外いい味。

↓ かぼちゃのポタージュ風?
6_20171222232059bf9.jpg
蒸かしたかぼちゃの身はほろほろ崩れるので
具を煮溶かす手間もなく、ほんの少しだけ
スープのコクが加わっただけでもこの感じ
具だくさんのかぼちゃのポタージュ風です。
目先の変わった料理は、造ってて面白い。

↓ かぼちゃとあずきのバタスイーツ
3_20171222232131277.jpg
かぼちゃと小豆、何回も冬至の話題で出てきてます。
かぼちゃと小豆を煮た料理は、北東北よりさらに北の地方、
特に北海道での冬至は、かぼちゃと小豆の煮物が定番です。

だけど、せっかく甘い小豆とホクホクのかぼちゃの料理なんだったら
この甘さを最大限生かしたスイーツの様な味の方が、出汁味よりも
合ってるんじゃないだろうか?と、前々から思ってた事もあったので、
個人的な当時の定番料理が、このかぼちゃと小豆のバタ-味です。

↓ 程よい甘さにとろけるバタ-
7_20171222232058422.jpg
蒸かしてたてで熱々のかぼちゃに
バタ-を乗せてあずきを添えるだけ。
そのまま口に運んでも、混ぜて潰して
混然一体にしても、イイ感じで頂けます。

↓ ごちそうさまでした
8_201712222320572a0.jpg
厳寒の冬の入口を迎えました。それが冬至。
夏のパワーを体に入れて、やがて来る寒さを
乗り越える。いや、乗り越えられるように頑張る。

↓ ゆず
9_2017122223205696a.jpg
冬至には、かぼちゃを食べて柚子湯に入る。
体を温めて寒い冬の夜を暖かく過ごしましょう。

↓ これからもっと寒くなりますから、ご用心下さい。

クリスマスのごちそう。 《前編》

↓  海老名SA うまいもの横丁

クリスマスには、チキンとかターキーとか、
豪華なご馳走で晩餐してみたいもんだけど、
そういうので、ただのフライドチキンとかだと、
なんだか代わり映えがしなくて有難味が無い。
そこでふと思い出したのが、海老名SA下り線。
ココにあるスナックコーナー、うまいもの横丁には、
かなりインパクトのあるメニューがかなり多いのです。
とかいう訳で、ココでおいしそうなモノを買って帰る事に。

ちなみに、海老名SAに行くのに、高速には乗ってません。
ぷらっとパークへ下道でアクセス、駐車場無料で入場可。
ご近所さんの特権で、海老名SAうを普段使いしとります。(^^)b

↓ からから家
2_201712232020546bf.jpg
にんにくを使わないから揚げの専門店。
ココで売ってるあるモノが気になってました。

↓ 骨付きモモ肉一枚揚げ
3_20171223202053752.jpg
モノがやたらとデカい、そして、
意外にも、お求めやすいお値段。
まずこれを買っておこうと思います。

↓ 海鮮串焼き 
4_20171223202052409.jpg
海産物の串焼きを売ってるブースですが、
ココに於いてあったものが結構なインパクト。

↓ スモークターキー
5_201712232019376fb.jpg
モノ自体は、数年前からあちこちのイベントや
スナックコーナーなどで割とみる事が多くなった
地味に定番化を果たしつつある商品であると共に
普段滅多に口にしないであろう七面鳥という食材を
気軽に手にできる、なんだか嬉しいもの。 これも買い。

↓ 湘南ごはん
6_20171223201935ba4.jpg
肉や魚やホットドッグなどを売ってるブース。
・・・ご飯(白飯)は売って無いんですけどね。(^^;)

↓ ジャンボ山賊焼き
7_2017122320193403b.jpg
実はコレが前から気になっておりました。
手羽・胸の半身を照り焼きにした大物。
スナックメニューにしては値段も豪華。
これも行ってみる事にいたします。

この辺のメニューは、恐らく他の地域S
Aやスナックコーナーでも手に入る
スナックメニューだとは思います。
でも、これらすべては個人的に
初体験なので、ケンタッキ-や
ファミチキでモノを済ますより、
確実に気分が乗るモノです。

ってなわけで、チキン(&ターキー)購入。

↓ 急遽参戦、なると屋出店!
9_201712232019314fe.jpg
まさか、何年目何だろうか?今年も
このクリスマスの時期に海老名の丸井に、
北海道・小樽の名物店、なると屋が出店です。
超豪華、これでクリスマスの晩餐が盛り上がる!

・・・独りで。 孤独なグルメ。 ・・・以下次回。(^^;)

↓ 疲れてるけど休みが来ない。せめてこれぐらいイイじゃん。(^^;)

クリスマスのごちそう。 《後編》

↓ 海老名SA下り線 うまいもの横丁
8_20171223201932413.jpg
高速のSAを中心に、クリスマスの
ごちそうを買いそろえてきた話です。

↓ 骨付きモモ一枚揚げ
10_20171223201843957.jpg
ゴツゴツした衣が特徴の
大判のから揚げがこれ。
限りなくフライドチキン。
でも食べ応えは盛大そう。

↓  スモ-クターキー
11_20171223201841da0.jpg
そんじょそこらで当たり前に食べられるものではないのが
七面鳥という鳥の肉なんですが、それがなぜか当たり前に
スナックコーナーで売っている。そこがツボなので購入です。
クリスマスに七面鳥。なかなかにイイタイミングでもあるしね。

↓ ジャンボ山賊焼き
12_20171223201840830.jpg
手羽から胸にかけてのひとかたまりが
じっくり甘辛ダレで照り焼きにされたもの。
なんだか物凄いボリューム感が美味しそう。

↓ 若鶏の半身揚げ
13_2017122320183917c.jpg
今年も来ました。クリスマス前の海老名丸井に
出店が恒例になった、小樽・なると屋の名物、
豪快な鶏料理、若鶏の半身見揚げがコレ。
なんだかんだで来る度毎回買ってます。

↓ ごちそう、そろい踏み
14_2017122320183798a.jpg
こんな感じの今晩のクリスマスの晩餐です。
なんだあ物凄いボリュ-ムになってしまった。

↓ せっかくだから酒もつけよう
15_201712232018359e5.jpg
毎日年末業務に追われてるだけじゃ
滅入るだけなので、ちょっとだけ豪華に
クリスマス気分に浸る事にした晩餐です。
年に一度くらい、こういうのは必要ですよね。
(↑ んで、コレは食べきれるのかい?)(^^;)

↓ メリークリスマス。おやすみなさい。(^^)/

クリスマスの夕暮れ。

↓ 夕暮れ間近の西の空

本日はクリスマス当日。
その夕暮れの風景です。

↓ うちの近所からは、どうしてもこうなる。
2_20171225211917b3c.jpg
本日、いきなりやすみになってしまったため、
何もすることが無くて、年末の休暇を寝倒して、
買い物終えてかえってきたら西のはもうこんな。
近所から見られる西の空はこのタワ-越しです。

↓ ちょっとびっくり
3_2017122521191568b.jpg
家の近所から、湘南平が見えたんだ。
ちょっと遠くに思えてた生まれ故郷の
平塚の湘南平が夕暮れにそびえてる。

↓ 下弦の月
4_20171225211914741.jpg
空に掛かる下弦の月。
クリスマスの夕暮れに
この月の景色は凄い。

↓ おおやま
5_20171225211912b8f.jpg
大山がすごくくっきり見えるのに、
撮った写真はピンボケなのでした。

↓ 夕暮れの海老名の西の空は、なんだかすごくイイ感じ。

間抜けな事件も、正体がわからなければ危機感が半端無い。

昨晩、突然ネットが繋がらなくなり
ブログの更新ができない、どころか
プロバイダのホームにすら辿り着けず、
ネットに接続されていませんとメッセージ。
必死になってPCの再起動とかサーバ-の
リセットなどを繰り返すも、ネットへの接続は
ウンともスンとも云わず、まる一日が過ぎました。

帰ってきてから、どうしたものかと周辺機器を
次々ひっくりかえして眺めまわしておたところ
レンタルサーバーの普段気にもしないボタンが
一個あるのを見つけて、何の気なしに押したら、
あっという間に接続が回復してしまいました。

昨日一晩味わった、激しい不安感や、やたら大きな絶望感。
それがポチっとボタン一つで無かった事になるとは思わず、
正体を知らない事故は、それだけで危機感半端無しです。  (- -;)

↓ 部屋が散らかってんのが悪いんだと思うよ。(^^;)

・・・何やらエラいものとコラボしていたサンクトガ-レン。

↓ こういうアイキャッチが出てた

実を言うと、日本初の地ビール(クラフトビール)の
醸造蔵になるのが厚木市に蔵を置くサンクトガ-レン
そのビール蔵が、何やら物凄いものとコラボしてました。

↓ 妹さえいればいい。
2_2017122823523865f.jpg
ラノベ(ライトノベル)原作のアニメ-ションとがっちりコラボしてました。
原作者は、かつて実写化もされた「僕は友達が少ない」の平坂読。
・・・そういえば、北野きい目当てで。実写版を借りた覚えがある(←恥)(^^;)

作品は、若いラノベ作家の屈折した日常の戦いを描く作品なんですが、
ごめんなさい、見てて気恥ずかしくなる位の物凄い内容のものでした。(笑)
ただ、やたらと主人公がビール好きで、やたらと実在のサンクトガ-レン商品が
登場するという情報から、何となく録画して見てたりしました、やめときゃよかった。
ちなみに画面の美女は、物語で出てくる、主人公を担当する公認会計士さんでした。(笑)

↓ 感謝ビール
3_20171229000220225.jpg
コレ知ってる人は、相当のサンクトガ-レンファンです。
最終回のアイキャッチに登場した、ご視聴感謝のモノ。
ココまでやってくれるんですか?サンクトガ-レン様は?

サンクトガ-レン HPの関連記事。 → サンクトガーレン 公式ブログ

来年の鮎まつりとかで、妹フィーバーが起ったり
しちゃったりするんだろうか?油断できないぞ。
(↑ っつうか、寄りにもよって何て話題なんだか)

↓ ・・・ラノベとアニメとサンクトガ-レンで厚木はフィーバーするのか?(無いと思うけど)



プチ没ネタ回顧録 2017。

今年も、もう終わりに近づいておりますが、
今年もやはり没ネタが発生しております。
引っ張り出してもどうにもなりませんが、
年末多忙の折のネタが無い時です。
ふ~ん、・・・で? っていう感じで
流し見してくだされば結構です。

↓ 横浜市立野毛山動物園

今年2月の事、何となく久々に、
野毛山動物園に出かけましたが、
この時期は、鳥インフルエンザの
蔓延が懸念された時期になってて、
大型鳥類の展示がのきなみ中止で
動物園としての魅力半減の展示状態。
 よし、コレは真夏にリベンジしに行くぞ!
と思っていたのですが、その機会が掴めず
気が付けばまたもや冬の到来、同じ時期まで
リベンジを逃してしまったので、リベンジの機会は
来年の夏までお預けです。(←本当に行けるのか?)

↓ EBINA BEER
2_2017123000325367c.jpg
海老名市に、クラフトビールの醸造所が出来た!
地元に新しい酒蔵が出来た。コレはスゴイ事だ。
早速出掛けましたが、開業当初はまだ店舗として
醸造許可が下りていなくて、新潟県のビール蔵に
時前レシピでの醸造を依頼してのオ-プンとの事。
夏頃に、醸造許可が下りました!という告知があり、
いよいよ海老名のビールが飲めるんだ!と思いつつ
凄く近所なのに飲みに行けてません。コレは急がないと。

↓ えびなおわら
3_20171230003250a08.jpg
「おわら」と言えば、いわずと知れた
富山県八尾の夏の終わりのお祭り。
その「おわら風の盆」がどういうモノか
全部知ってるぜ!という方はなかなか
いらっしゃらないのではないでしょうか?
「よさこい」や「阿波踊り」の他地方での
盛り上がりは割と当たり前なんですけど、
おわらの他地方で公演団体があるのが
凄く新鮮です、海老名に越して来た時から
度々観に出かけているのですがここ数年は
全然観に行けておりません。独特の空気が
大好きで、毎年地元で観られるのに勿体ない。
(↑本場で見ようとすると、宿泊とかが大変なの)

↓ すっごく好きなんです
4_20171230003249462.jpg
おにぎらず風サンドおにぎり。
近頃はあちこちで見かけるモノで
近所では、小田急と相鉄の売店が
コレを何バ-ジョンも取り扱ってます。
で、この、のり弁風が大のお気に入り。
タルタルソース付きの白身魚のフライと
ちくわの磯部揚げが海苔と白飯に挟まれ、
一口食べたらそれがもう乗り弁当の味です。

・・・っていうそれだけが、果たして話題になる?
そんなこんなで、コレは記事になりませんでした。
でもけたら買ってるのがこのワンハンドのり弁です。

↓ 夏のワラアート
5_2017123000324718b.jpg
海老名駅の、現在のビナテラスの向かい側に
藁で作った巨大ア-ト作品を展示するイベントが
あったのですが、肝心なイベント当日が出勤の日。
製作完成直前の風景を目にしたのですがそれだけ。
大勢の人が眺めて通るこの景色が惜しかったのです。
当日行ってみたかった、行けなかったので記事にならず。

↓ 全国交流物産展 ㏌ 新橋
6_201712300032464d3.jpg
東京メトロで東京見物ツア-中、新橋駅に降りたら、
大好物の大型地方物産展が開催中だったのですが、
メトロとははっきり言って関係ないし、元よりネタ自体が
海老名でも厚木でも神奈川県でも無い、と東京見物中の
一歩踏み外してる頭で考えて、どういう訳か没ネタ行きです。
ココでも牡蠣喰ったりアワビの煮貝喰ったり地ビール飲んだり
見当違いのグルメイベントを堪能してたんですが、何故に没かは
酔った頭がどういう判断で没に回したのかが、今に至るも謎のまま。

そんなこんなで、今年も徒労に終わった
シャッタ-チャンスが山の様にあった、
2017年の没ネタのお話なのでした。

↓ 無駄と徒労の上に、色々積み重なって、今年もブログは続きました。

大晦日イブのクリスマスイブ。

↓ 格安品
1_201712302210575b0.jpg
明日がもう大晦日だというのに、
今更ながらクリスマスの戦利品。
クリスマスに売れ残ったケーキを
車内販売で格安で買ってできた話。
(↑食品関係の会社勤務なもので、)

↓ 横浜ロイヤルパークホテルのミルクレープ
2_2017123022105519b.jpg
普通に買えば3000円近い商品が、
売れ残りのたたき売りで700円也。

チャンスロスの商品は廃棄されるか
たたき売られるかの運命なのです。
でもそのお陰で、ちょっと得しました。

↓ 多層構造
3_201712302210547f3.jpg
あまり食べた事が無いクレープ生地と
生クリームを多層に重ねたケーキ状。
なんだかすごい面白い感じがします。

↓ かなりのボリューム
4_201712302210535e4.jpg
美味い!コレいいなあ、
食感はケ-キなんだけど
めちゃめちゃパンケ-キな
クレープ生地の多層構造です。
(↑いや、もう今更何ですけどね)(^^;)

↓ 残りは明日の朝食に
5_20171230221051993.jpg
今日の夕飯はコレでした。
残りは明日の朝食です。
明日はコレにコーヒ-を
付けてぶれっくファ-ストだ。

みみっちいとかいちゃダメよ。

↓ たまには、甘いごはんも一興ですな。

2017年の年越しそば。

今年も大晦日です。大晦日と言え年越しそばですねえ。
毎年なんだかんだ年越しそばには凝ってしまうのですが、
今年は原点回帰して、普通の天ぷらそば一杯でもイイかな?
も思っていたのですが、そんな風に思っていたらば、なぜだか
あちこちから頂き物やら恒例のあまり物やらが大噴出の有難さ。

蕎麦だけじゃない頂き物を、何と赤片付けるべく、
年越しそばに挑まざるを得なくなってしまいました。

まあ、年越しそばの起源は、細く長く人生を歩むという
長生き祈願の縁起物だし、それ以前に「細長い蕎麦」
いわゆる「蕎麦切り」が普及したのは江戸時代中期、
それ以前は蕎麦粉を練った蕎麦がきを食べてたから、
細く長く、というのも定着してから300年経っていない
という話ですから、とりあえず、細くて長ければOKだ。
という訳で、細くて長くいそばも含め、細くて長く麺類を
調理法を2種類づつ試して年越しそばといたす次第です。

↓ 讃岐そば
1_20171231215415fcc.jpg
まずはこの頂き物の、讃岐のそば。
うどん県の会社が作るそば切りです。
真空チルド茹で生麺、お湯でさらせば
即完成、という大変調理し易い有難さ。

↓ 簡単調理の天ぷらそば
2_20171231215414476.jpg
湯でさらして湯切りしたら、
汁を注いで具をのせれば
たったそれだけで完成です。

↓ 珍しい太切りそば
3_2017123121532951c.jpg
日本そばと呼ぶにはあまりにゴン太。
しかし、この食感はなかなか近所では
簡単には味わえない様な気がしてます。

↓ 焼き蕎麦
4_20171231215328390.jpg
余りに食感が良かったので、
コレは、今年覚えたやり方で
やきそばにしたら美味しそう、
と思い、片面3分中火焼きで
両面6分の焼き方を試します。

↓ パリッとしっとりが混在する絶妙さ
5_20171231215326cfb.jpg
間違いない焼き方で外を固めたやきそばを
具を混ぜて味付けし、さらに炒めて味ほぐすと
パリッと焼きあがった場所としっとりした場所が
混然一体。それが出汁の効いたそばの味です。
コレはいい具合に出来た、江戸蕎麦切りだったら
交配かなかったかもしれなません。美味しくできた。

↓ 次はコレ
6_201712312153252cd.jpg
同じく真空チルド茹で麺の讃岐うどんです。
うどん県の本物が調理しやすくなっている、
コレはもう本当にやたら有難い頂き物です。

↓ キツネうどん
7_20171231215323108.jpg
お揚げさんと汁の元はうどんについてきます。
湯にさらして湯切りして汁を注いで具をのせる。
たったそれだけで本格的なキツネうどんが完成。

↓ さすがの歯応え+ゴン太。
8_20171231215248a30.jpg
簡単に出来た物とは思えないほどの心地よい歯応え。
そして、ボリューム感が半端無いゴン太のうどんです。

↓ 焼きうどん 
9_20171231215247000.jpg
そのゴン太を同じ方法で焼き上げて、
うどん汁と揚げ玉で炒めてほぐして
目玉焼きを添えて仕上げてみました。

↓ サイコー。
10_20171231215245bc6.jpg
ゴン太のボリュームに炒めあがった程よい油味と
出汁味が絡み合って、なんだか最高の味にです。
太くて長くて美味い、願掛けとしては理想的です。

↓ 日付切れ間近
11_20171231215244ce4.jpg
買っておいて忘れてたのがこの
お馴染みの即席九州ラーメン。
これも片付けなくちゃいけません。

↓ 九州豚骨ラーメン
12_201712312152423d2.jpg
即席袋麺を指南通りに一束作りました。
おなじみのマルタイラーメン、とはいえ
細く長くの願掛けには絵に描いたように
うってつけなようにおもえてなりません。
(↑単にストレート細麺というだけですが)

↓ 細ーくて長ーい
13_20171231215214c97.jpg
九州ラーメンは、歯ごたえのいろいろを
調理側に依頼できるので、お店でたべると
その注文でいろいろと楽しめるのがいい所。

↓ 焼きラーメン風
14_201712312152139aa.jpg
そんな九州ラーメンの博多の屋台メニュー。
九州ラーメン特有の細麺を鉄板で炒めたら、
豚骨スープで濃いめに味付けする焼きそば。
せっかく豚骨スープが一食分残ったもので、
どうせなら普段食べない食べ方で細く長くを
再現するべく、焼き上げた麺をスープ炒めに。

↓ ちゅりんとした食べ心地
15_20171231215211c69.jpg
ぱりぱりの部分が多く焼きあがった麺を
豚骨スープで炒めるので、予想を上回る
ちゅるりん具合がは発揮された焼きラーメン。
細く長く、そしてスムーズに喉を通り抜ける麺。
願掛けにはうってつけでも、急がないと旬を逃す。
ちょっと集中力が欠かせない、タイトな願掛けですな。(笑)

↓ 年越しナポリタン
16_20171231215210e7e.jpg
・・・キンシオですか?

数年前に、tvkの年越し番組をキンシオが担当した時、
本当に生中継で年越しナポリタンをふるまっておりました。
年越しに麺を食べるのは、細く長くという人生への願掛けで、
キンさんもその事に触れ、ならナポリタンでも間違いじゃないよ。
と言っていたのを覚えています。その年は昼間からキンシオ特番で
神奈川県中を走り回るロケ番組もりだくさんだったのを後で知りました。
(↑ 何年も前の残念話を、今ココでする必要があるのかは疑問ですけど)

↓ ちょっと長め、ちょっと太め
17_20171231215209cb7.jpg
ナポリタンのスパゲティーは、
ちょっと長めのちょっと太め。
最後の願掛けにはまずまず。
これで来年んは、当たり障りなく、
中細ストレート麺風で行けるかな?

これまでも色々やってます。 → 年越しそばの色々。 

↓ という感じで、今年の年越しそば(年越し麺料理)これにて終了。

今年も一年の終わり。

2017年が終わります。お疲れさまでした。

当方は、全く大層な事7を書かないブログです。
次の更新が、必ず面白い訳ではありません。
そんなでも、毎回覗いて下さってる皆様や、
時々でも覗きに来てくれる方々皆様に。
今年もひとことご挨拶申し上げます。

スゴく良い年だった方も、全然そうでなかった方も
絶好調だった人も、最低の絶不調だった人だって、
本日が今年の全ての区切りです。お疲れ様でした。
来年こそが更なる良い年である事をお祈り致します。

お正月をお休みできる方は、ゆったり穏やかに、
まるっと心を緩めて、良いお年をお迎え下さい。
そうでない方もリラックスして、正月お休みを
心待ちにしましょう。緩むのは大切ですよ。

↓ ↓著者一部近影
0_20171231232433bcb.jpg
それでは皆様、よいお年を。

↓来年こそ、もっともっと、スゴくイイ事がありますように。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる