FC2ブログ

ネタ切れ中。

いやもう、なんだかんだで
ネタ切れ中です。お粗末様。
連勤とストレスで意欲全く無し。
いつになったら、楽しいブログに
戻れるのかさっぱりわかりません。

↓ 働けているだけ有難いんだから、そこはちょっと我慢しよう。

本厚木駅周辺でサイクリング。 《前編》

ネタがありません。
興味を持てるモノが
段々減ってきてる感。

コレはあかんと思い立ち、
ポロっと来た休日を使い
基本に戻るサイクリング。

今回は、小田急線本厚木駅周辺で
かつて見たモノを沢山巡っとります。

↓ 丸いもの

市役所前にある厚木中央公園。
ここの子の丸い噴水大好きです。

↓ 水が滴る癒し系
2_20180602224840608.jpg
派手な噴水ではなく、石でできた丸いモノの表面を
ず~っと水が流れ落ち続けている異色の水環境系。
表面を流れ落ちる水の流れに触れるのが癒しですよ。

↓ 国道129沿いのマクドナルド
3_20180602224759786.jpg
ココのマックは、いつ見ても異色の派手さで走る車の目を惹きます。
キッズルームが大充実。車で行こうとすると意外に面倒なので
ココに辿りルく時は個人的には大抵自転車だったりしてます。

↓ いきなりだな!
4_20180602224757968.jpg
いつの間にかいきなりステ-キが出来てた。
国道129の下り線沿いでした。しらなかた。
ココが家から一番近い。そうか、あったのか。
(↑あまり近所に無い店だから気になります)

↓ 厚木文化会館
5_201806022247560d0.jpg
厚木市最大のコンサ-トホ-ルです。
様々なア-ティストがステ-ジに立つ
文化会館。中入った事無いんですけど。(^^;)

↓ マルKだったんだけど
6_20180602224755006.jpg
サ-クルKだった場所がファミマになってました。
再編が激化するコンビニ業界の闇を見る想い。
今地場で元気があるコンビニは、広島のアレ
北海道のアレだけな気がしてます、寂しい感じ。

↓ 厚木アクトス
7_201806022247539e6.jpg
厚木のランドマ-ク。東名を走ってくると必ず目に入り、
その存在感たるや、圧巻の域にある高層建築なのです。
ココで働いてる人以外中に入れないビジネステナントビル。
展望台とかつくってくれたらいいのにな、とずっと思ってます。

↓ 知ってるモノでも並べてみれば、ちょっと面白くなってきたぞ。

本厚木駅周辺でサイクリング。 《後編》

ネタ切れ中に、色んな事に興味を失っている感じで何となくやばく思い、
ココは一発基本に立ち戻り、見たことあるものだらけではあるけれど
おなじみの街散策へ、久々に、隣町の厚木でサイクリングです。

↓ 小田急線、本厚木駅南口
8_20180602224702ee5.jpg
本厚木駅の南口は、現在色々と工事中になってて
バスロ-タリ-前とバスロ-タリ-そのものもこんな
柵に囲まれ何かをっ造ってる状態になっております。

↓ ロ-タリ-のすぐ目の前
9_201806022247008f7.jpg
駅前も再開発的な、大掛かりな工事中。
何ができるのか、まだ全然わかりません。

↓ 並び立つ
10_20180602224659988.jpg
ココはちょっとびっくりしたところ。サ-クルKと共に
ファミリ-マ-トに吸収されたはずのサンクスが、
親会社のコンビ二向かい合って存続中です。
周りのKもサンクスも、軒並みファミマへと
変わっていく中、コレは相当なレアケ-ス。
ホッとする反面、残念ながら長くは続かない
という感じだけは、残念ながらしていたりします。

↓ ココは変わらないなあ
11_20180602224657aa4.jpg
本厚木駅北口にあるお菓子の千石。
昔ながらの量り売りのお菓子屋さん。
変わらずあり続けてほしいものですね。

↓ amyu厚木
12_20180602224656254.jpg
ここももう当たり前の存在になりました。
街のコミュニティ-のための施設が
ごっそり入った厚木の町施設。
何年も何年も中身の無い
百貨店跡地だったのを
厚木市が肝いりで再開発。
羨ましい施設だと思います。

↓ 本丸亭
13_20180602224531b20.jpg
で、最後は本丸亭で昼食に行きました。
厚木市内にしか店が無いのにその名は
塩ラ-メンで全国区の名店。食べたのは
スタンダ-ドな塩味ではなく、変わり種の
赤辛塩味。辛みそを溶いて行くと塩味が
劇的に変わる面白い味でした。スゴイよ。
平日の昼飯時の直前だったのですが、
並ばず座れて、その直後に行列が
出来始めるというタイミングでした。
地元的なお得感でごちそう様なのでした。

↓ たまに行くだけでもこんなに見所たくさん。厚木面白いよ。

海老名駅周辺でサイクリング。 《前編》

あんまり遠くに行けない中で、
色んなものに興味を失い始めてる
危機感に抗うべく、基本にたち戻ろう。
という地元サイクリング第二弾になります。
今回はもう、地元、海老名でサイクリングです。

↓ 海老名市役所
15_20180602224528016.jpg
前回の続きのまんま、
厚木から帰ったその足で
海老名でサイクリングを開始。
海老名市役所前から漕ぎ出します。

↓ なんだか久々
21_20180602224426c0c.jpg
普段あんまりいかないダイエ-。
ショッパ-ズプラザ海老名。主に
マクドナルドはココへ行ってます。
イオン前の方が近いんですけど、
信号待ちせずに行ける事もあり
こっちの方が行きやすいもので。
駅前は基本歩いて行く場所だから。
(↑いや、そんな個人情報知らんし)(^^;)

↓ いちごの天蓋
16_201806022245272f0.jpg
忘れてませんか?ご存知ですか?
海老名市は県下第一位を誇る
いちごの産地になってますよ。
このいちごの屋根も市内に
ふたつあったりしてます。

↓ 海老名駅前
17_20180602224525b55.jpg
小田急線と相鉄線の海老名駅前。
相模線の海老名駅はもうちょっと
北側にあるのでココからは見えず。
三経営三路線が一堂に会してる
タ-ミナル駅が海老名駅ですが、
利用客の数は、お隣の本厚木に
全然かなわないという不思議さで、
市経営一路線しかないお隣さんに
負け続けてますが、ロマンスカーが
停まる様になりました。嬉しいよね。
苦節20年の願望が叶っていますよ。

↓ 丸井ファミリ-海老名
18_201806022244289e8.jpg
家から駅に行くときには、必ずと言ってイイ程
中を覗いていく街のランドマ-クのひとつです。
色々買い物しております。あってよかったのね。


↓ ビナウォ-ク
19_201806022244265e0.jpg
海老名市では、実はダイエ-の次にできたショッピングモ-ル。
だったと思う、だってダイエ-の方が先に記憶にあるもんね。
(↑90年代初頭の冷夏に、ダイエ-にキャベツ会に来た)
ビナウォ-クが営業開始したのは確かその跡だった。
(↑そういうのももうどうでもいい情報だよね)(^^;)

↓ ちっちゃな神奈中
20_20180602224425c09.jpg
ちっさ!とおもわず唸った神奈中バス。
数年前から実証実験を行っていた
寒川駅と海老名駅を結ぶ路線が
実現し、その路線に当てられた
そのバスがこのちっちゃい
神奈中カラーのばすです。
カワイイな、乗りたいぞ。

↓ ってところで、次回も海老名。

海老名駅周辺でサイクリング。 《中編》

ネタ切れを回避すべく、基本に立ち戻って
近所でサイクリング。海老名駅周辺を
自転車でうろうろしてきたお話です。

↓ えび~にゃ焼き
22_20180602224422aa3.jpg
近頃なかなか見かけられない
海老名市内でも話題のあのワゴン。
ちょっと久々に見た「えび~にゃ焼き」です。
いやまあしくじった、久々に買っておくんだった。

↓ 小田急線
23_20180602224229585.jpg
海老名駅には、大型の車両基地と
整備工場が併設されております。
場所によってはこんな感じで
整備中の車両を間近で
眺める事もできます。
僕、鉄道ファンでは
ないモノで、割と毎回
スル-してるんですけど
これだけ近いとそれはそれで
普段は見られない景色があります。

↓ 海老名市文化会館
24_20180602224227c89.jpg
海老名市が誇る最大のコンサ-トホ-ル。
海老名での音楽と文化の最先端は全て
ココに集まります。が、中に入った事は
ありません。運転免許の更新講習が
ここで行われるので、そのために
ココへ行った事がある位です。
何か見に行ってみたいです。
公演は高いんだよ。(^^;)

↓ 海老名市立図書館
25_20180602224224d3b.jpg
数年前に全面リニューアルを果たした市立図書館。
周囲からは、「中身がツタヤ」とか「偏ってねえ?」
とかいろいろ揶揄されてますが、それでもココは、
行政よりも目利きが効く、本物の本屋が作る
図書館だったりするので、その辺の出来は
揶揄する必要ない感じがしているのです。
本に罪は無い。罪は思想の強要の方。
(↑とか生意気言いたくなる)(^^;)

↓ SEGWAY BASE EBINA
26_20180602224223e04.jpg
小田急・相鉄の海老名駅とJR相模線の海老名木の間に、
今年3月から、約一年の期間限定でお目見えしたのがコチラ。
未来型電動モビリティ-アイテム、体重移動だけで移動ができる、
おなじみのセグウェイの操縦体験ができるというアトラクションです。

↓ オフロープドタイプ
27_20180602224222ed5.jpg
日本では、行動を走ることが出来ないのですが、
この移動手段の革命的な存在は、ご存知の方が
そりゃあ多い事でしょう。そのモビリティ-を体験可。
そrが海老名にある。かっこいいんですが、体験には
ちょっとしたお高いお値段が必要。でもやってみたい!
こういう新しい乗り物の類には、目が無いんですけど、
経済力がいまちょっとついてこない感じがしております。
(↑一時間6500円、価値はあると思うんだけど)(^^;)

↓ VINA GARDENS TERRASS
28_20180602224131be3.jpg
そのセグウェイベ-スと、ペレストリアンデッキを挟んだ
反対側にある、海老名で最も新しい集客施設がココ。
まだココで呑み倒れが叶っていない。色々行きたい
お店が詰まってるのに、生活に追われるのって
凄い嫌だよね。ああ、ぜひとも豪遊してみたい。

↓ おい、ネタ切れついでに、みみっちい話になってるぞ、(^^;)

海老名駅周辺でサイクリング。 《後編》

遠くへ出かけられないので、
近くで基本に戻るサイクリング。
海老名駅前をうろうろする話です。

↓ ららぽ-と海老名
29_20180602224130f20.jpg
相模線の線路のこっち側から見る
ららぽ-と海老名のデッカイ姿。

↓ ららぽ からの リコ-
30_20180602224128943.jpg
海老名でも最大級の就労者数を誇る
巨大企業、リコ-のタワーがそびえる
ららぽから見た海老名駅北側の景色。
あの建物は、やっぱり目立ちますよね。

↓ JR相模線
31_20180602224127543.jpg
相模線のすれ違い駅になってる海老名駅では
上り下り両線が駅に停まらないと発車しません。
この光景はやはり海老名駅ならではのモノです。

↓ 中村屋・海老名
32_201806022241254cb.jpg
駅前を色々うろうろした後、
ちょっと早めの夕食として
海老名の中村屋でラーメン。
なんだかとっても久しぶりです。

世界へ羽ばたくラ-メン界の鬼才の
始まりの店が海老名にあるのが
ちょっとだけ自慢だったりして。

今回は、ちょっと短めでしたが、
海老名は捨てたもんじゃない。
それを改め再発見した想い。

↓ 基本に戻るのは、大切な事ですね。

コロッケそば。

↓ コロッケそば

今回は、コロッケそばの
艶姿のみでおしまいです。
出掛けた先で食べたモノ。
JR横浜駅の濵そばです。
スタンダ-ドなコロッケそば。

家の近所では、さがみ野駅の
「相州そば」まで行かないと
気軽に食べられないものです。

スタンダ-ドは大切です。うんうん。
(↑めちゃめちゃ好みの話だね?)

↓ めちゃめちゃ唐辛子かけてるな・・・。(^^;)

せっかく復活したんだけれど・・・。

せっかくネットにつながらない状態から
復活を遂げましたが、残念ながら、
今日から三日間も多忙の為に
更新停止の状況に入ります。


何か、全然うまくいかないもんですね。

↓ 耐えて進めば、状況はいつか変わるものです。

今年もアナベルに合いに行く。

三日位は多忙、と思っていたら
それだけじゃ済まなかった忙しさ。
加えてネットの接続トラブルが重なり
いったい何日空白が出来た事か・・・。

お陰でブログを書く手がのってんのってんと
遅くなるばかりです、こりゃリハビリが必要だ。(^^;)

そんな中、もう紫陽花の時期が
終りに近づきつつある事がわかり
ちょっとだけ、愕然としております。
季節の移り変わりが早すぎる気がする。

そこで出かけたのは、こんな所。

↓ 相模原北公園
1_20180617213817ed4.jpg
ちらっと出来た平日公休の午後、
昨年は、駅から歩いて公園まで
出掛けたりなんかしたのですが、
今年はマイカーでお出かけです。

↓ あじさい園
2_201806172138151e8.jpg
相模原北公園は、相模原市の市花、
あじさいがコレでもか!とてんこ盛りで
咲く県下屈指のあじさい園のひとつです。

↓ 色あいがくすみ始めてる
3_20180617213814ca4.jpg
紫やピンクのあじさいの花は
残念ながらちょっとくすみ始めてて
彩度バッチリの色の盛りを過ぎた感じ。
もっと早くあじさい見物に出かけたかった。

↓ 見えてきた。
4_20180617213812618.jpg
相模原北公園の最大の売りのひとつが
この真っ白なあじさいの群生する姿です。

↓ アナベルの花園
5_20180617213811d1b.jpg
真っ白な大玉の花が緑の葉の上に乗る事で
花園全体が淡いエメラルドグリ-ンを帯びる
という景色を作り上げている物凄い景色です。

↓ 惚れ惚れする風景。
6_20180617213731baa.jpg
言葉はいらない。そんなほれぼれするような風景。

↓ 大玉
7_20180617213728057.jpg
近づいてみると、この景色を造る花は、
こんな大玉がそこら中に散らばってます。
これだけの景色を造るのは大変でしょうね。

↓ 見に行くなら急がなきゃ!
8_20180617213727695.jpg
見事なアナベルの群生は、まだ見頃のうちにありましたが、
もう旬も終わりに近づいている六月のこの時期になってます。
アナベル自体はほかのあじさい園でも見かける事がありますが、
この大群生を間近で見られる時期はわずか、行くなら急がなきゃ。

↓ 残念な事をした。
9_20180617213726c25.jpg

10_20180617213724187.jpg
他にもたくさん綺麗なあじさいがてんこ盛りだったんですが、
全体的にちょっと色がくすみ始めている感じが否めません。
もっと早く出かけてれば、昨年同様長い記事になったかも。
それ以前に、色とりどりの旬のあじさいに癒されてのたかも。

世の中、うまくいかないことが多いもんですねえ。(^^;)

↓ 他の名所のあじさいは、もう見に行かれないかもしれないなあ~。

今日はニュ-スを見る。

今日は一生懸命ニュ-スを見てます。

本日早朝に起きた大阪府北部の地震の事。
そこは個人的には縁も所縁もない場所ですが、
かつてそこへは、個人的に何度も足を踏み入れ、
見たことの無かった景色を眺め浸ってきた場所が
沢山あるんです。かつて尼崎に住んでましたからね。
京都へ行くとき、帰省するときは、必ず通る場所であり
言ってしまえば、尼崎からは隣近所みたいなものでした。

今朝から会社の業務が関西圏の物流対応に追われ
運航便の所在や納品先の受け入れ状態の確認や
納品取りやめや納品不能の商品の回収対応など
いちにち大混乱でしたが、帰ってきてからずっと
テレビやネットで状況を確認し続けております。

観測史上初の大震度にも関わらず、
被害は軽微だったことが幸いです。

不幸に合われた方もいらっしゃいます、
手放しでは喜べない被害であるのも事実。


↓ 沈着冷静に、風評に流されず、事実だけを見つめよう。

取敢えず静観する。

大阪の地震関係の状況が気になり、
本日も色々ニュ-スを見て過ごしました。
停電からは復帰したが、上水道のインフラが
あちこちで寸断された状況を拝見したりしました。
観測史上最大深度を記録した割には回復は早かった
という結果になりましたが、まだまだ予断を許さない状況。
このままなにもなく、日常が戻ってくることを祈るばかりです。

↓ 地震はいつどこで起こるかわからない、明日は我が身の一大事ですからね。

まだまだ緊張感。

大阪北部地震のその後は、
熊本の地震に比べてみると
格段に余震の数が少なくて、
穏やかに首足に向かうという
傾向にあるのだと見られます。

それでも、電氣は復帰しても
上水道が不通の場所多くて、
風呂に入れない地域が多く、
加えて、本日の大雨が由来し、
土砂災害に対する景気レベルが
部分的に上がっているそうです。

少しでもはやく元の生活に
戻れるとイイんですけどね。

↓ まだまだ静観と注意が必要な、大阪の地震なのでした。

こういうことはしょっちゅうあるものです。

何日も間が空いてしまいましたが、
いきなり忙しくなったりしまして、
ブログどころじゃなくなる日が
多々あるモノだったりします。

まあ、働かせて頂けているのだから
そこは踏ん張って乗り越えないと
いけませんからね、仕方ない。

↓ いつになったら元に戻れるのか、分りません。頑張らなきゃ。

全然写真が無いのが悩み。

全然写真付きの記事がUP出来ません。
楽しくどこかに出かける事が出来てません。
まあ、忙しいのはある意味幸せな事ですから
愚痴を言うのは筋違いと思うようにしております。

もうちょっとで連勤が終わるので、それまで我慢です。

↓ 結局愚痴しか言ってない気がするけどね・・・。(^^;)

大船軒 VS 東華軒。 ①

長らくの間、空転をしておりましたが、
ようやく写真付きの記事が復活です。

今回の話題は、ココ。

↓ EXPASA海老名
1_2018062823342691e.jpg
ご存知、東名高速道路海老名SA上り線。
海老名SAは、現在上下線共に高速外の
一般道路から駐車場完備でアクセス可能。
誰でも一般道から立ち寄れる商業施設で、
地元の皆さんからも親しまれているんです。

↓ 神奈川県フェア
2_20180628233425bb5.jpg
現在、海老名SAでは、上下線ともに、
高速道路で神奈川県を神奈川県を通過する
利用客に向け、神奈川県製品の物産展を展開中。

↓ 物凄く気になった。
3_20180628233423743.jpg
ココで展開中の物産展で、懸架に並び立つ
駅弁販売の巨頭二社が競合する商品を
お互いに並べあう場面に久々の遭遇。

神奈川県には、駅弁の販売で有名な会社が
3社有るのを県民以外の方はご存知でしょうか?

ひとつはその名が関東全域に響き渡るシウマイの崎陽軒
もうひとつが、日本で初めてサンドウィッチを駅弁にした大船軒
もうひとつは東海道線で初めて駅弁販売を開始した小田原の東華軒

崎陽軒は、EXPASA海老名に常設の販売ブ-スがあるので、
ちょっと別格なのですが、大船軒と東華軒は、個人的に見て、
色々な部分で競合商品が並ぶものの、一箇所ですべてが
購入できる場所は現在存在しないと思われる二大巨頭。

そんな訳で、今回は、EXPASA海老名で購入できた
この二大巨頭の商品を食べ比べしてみようと思いました。

↓ 鯛めし対決
4_2018062823335613a.jpg
東華軒の名物と言えばコレ。鯛めしです。
明治40年から販売する名物駅弁なんですが、
なんと、大船軒からも鯛めしが販売されてました。
右の変わり八角形の箱が東華軒の老舗の鯛めし。
左のオレンジ色の長方形が大船軒の鯛めしです。

この鯛めしというのは、東華軒のシンボルのひとつです。
それに大船軒が挑んできた!コレは食べ比べなければ!



ええと、駅弁の鯛めしの元祖は、
静岡県の東海軒という駅弁製造業者で
東華軒より10年も前から鯛めしを売ってる
というのをつい最近知りました。が、東華軒の
この鯛めしは、なんか子供の頃から食べてたので
個人的にも神奈川県民的にも鯛めしといえば東華軒。
その県西部のシンボルに、県東部の大手が挑んできた。
これがスゴイ事に思わずしてなんととればいいのか?です。

↓ ってところで、残念ながら以下次回。

大船軒 VS 東華軒。 ②

昨夜は。記事を書こうとしてパソコンに向かったら、
横に置いていた飲み物がドバっとキ-ボードにこぼれ
そのままパツンと電源が落ちうんともすんとも言わなくなり、
一気に青ざめました。懸命献身の看護の甲斐があったようで、
一日ヒ-タ-の上で乾かしたら、本日夕刻帰宅後、無事に復活。
昨夜書こうとした記事と合わせて、二本立ての猛攻勢で行きますよ。

↓ 鯛めし対決。
5_20180628233355a17.jpg
県西部で明治の昔から販売を続ける、
東華軒の鯛めしは有名なのですが、
県東部の駅弁販売の雄でもある
大船軒が敢えて競合を挑む。
初めて見たので、これを
どうしても比べたい!
というお話です。

↓ まずは見た目。
6_20180628233353ec7.jpg
東華軒の鯛めしは、相変わらずきめ細かい
滑らかな鯛そぼろ(でんぶ)が美しい感じ。
そしておかずは、変わらぬ小田原の
魚ねリ製品の竹輪とかまぼこ。
漬物と山葵漬け、佃煮という
不動のド定番スタイルです。

対する大船軒は、そぼろの粗さが
ちょっと気になるけどおかずが豪華。
どちらも共通なのがアサリの佃煮です。

↓ 東華軒の鯛めし
7_2018062823335278d.jpg
相変わらずの甘いそぼろと
ちょっと塩気の効いた茶飯が
絶妙なコントラストを発揮してる
個人的に変わらぬ「あの味」です。

↓ 大船軒の鯛めし
8_2018062823331480d.jpg
対してこちらは、東華軒のモノよりは
若干塩気が強目で、甘いんだけど
喰いつきがイイ感じがしています。
荒いそぼろも、塩気と相まって
食感のアクセントになる感じ。
同じモノなのかと思いきや、
同じ素材でも違う個性。
コレは面白いですよ。

↓ 決定打
9_2018062823331337a.jpg
あくまで個人的な決定打はコレでした。山葵付け。
子供の頃は「酒粕に漬けたワサビの茎」というコレが
全くダメでしたがが、今は、コレがあるからいいのです。
電車に乗って小田原から向こうへ行くという気分満載の
旅に出る感じがこの山葵漬けからやってくる、そんな気が。
小田原の蒲鉾と伊豆のワサビ漬けと駿河湾発祥の鯛めし。
神奈川県民のワタクシ的には、西へと向かう旅気分がコレ。
おかずが豪華でなくても、こっちに軍配を上げてしまいます。

↓ もうひとつの、大船軒 VS 東華軒
10_20180628233311c1f.jpg
次はコレで対決してみようか。

↓ ってところで、以下次回。

大船軒 VS 東華軒。 ③

神奈川県の駅弁販売の両雄ともいえる
東の大船軒と西の東華軒の競合商品。
運良く一所で両方の商品が買えたので
それを食べ比べてきたお話でございます。

↓ 日本一古い洋食駅弁 VS 一番新しい東華軒(?)
10_20180628233311c1f.jpg
大船軒のサンドウィッチ VS 東華軒の超厚切りハムカツサンド。

大船軒のサンドウィッチは、日本で初めての洋食駅弁。
明治32年(1899年)発売の老舗中の老舗でもあり、
当時はとても手に入り辛かったボンレスハムにより
商品価格が高騰することを回避する事を目的に
自前でハムを作る会社を立ち上げるにいたり、
その加工会社が現在の鎌倉ハムになります。
鎌倉ハムは、今や一流百貨店の商材として
中元、歳暮の棚やカタログに並ぶブランド。

それを考えると、果たして東華軒に
立ち向かう手段があるんだろうか?

↓ スタンダ-ド と アヴァンギャルド。
11_2018062823331084b.jpg
サンドウイッチと言えばこれだ、という大船軒のサンドウィッチと、
最前線で戦いに挑む前衛思考の分厚いハムカツサンドの雄姿。
東華軒のハムカツサンドのパッケ-ジは、仕様書のシ-ル以外
何も文字が記載されていません、この辺も尖ってる所に思えます。
破壊力抜群な見た目のハムカツと、伝統のサンドウィッチの対決。

↓ サンドウィッチ
12_20180628233308f36.jpg
ああもう間違いない味ですのよコレが。
遥か昔から変わらぬ姿であり続ける
コレが歴史を造ってきた大船軒の味。

↓ ハムカツサンド
13_201806282332228f8.jpg
これだけハムがブ厚ければそれはそれで
大味になりそうな予感を抱いてしまいますが、
コレはモノ凄い出来の良さを発揮しております。
ハムには水分を失ったもっさもさ感が全然なくて、
肉の揚げ物感が半端無い。よくぞここまでこの分厚い
ハムカツをちゃんとハムカツにしてくれた仕上がりの良さ。

甲乙つけがたい程の仕上がりの両雄対決だったのですが、
今回は個人的にほんの僅差で、大船軒のサンドウィッチ。
食べ飽きるかもかどうかでいうと、大船軒に軍配でした。
でも、この分厚いハムカツサンドは、確実にツボです。

↓ 番外編
14_20180628233220a84.jpg
東華軒のデラックスこゆるぎ弁当。大昔はたしか
「こゆるぎ茶飯」だったような。(←おぼろげ)(^^;)

↓ デラックス
15_20180628233218a4c.jpg
おかずが豪華で、とにかくごはんの量が多い。
食べるのは数年に一度位なのですが、凄く好き。
でも、コレを帰りの電車で食べられない小田急線。
ロマンスカーと一緒じゃ無いと少々もったいないので
大好きなんだけどなかなか頻繁に食べられないのです。(←あくまで個人的に)

↓ 超番外編
18_20180628233137f62.jpg
神奈川県の神駅弁。というのは人にもよるのでしょうが、
このブランドを抜き超える事は、県下の両雄といえど
難しいのかもしれません。なにせコレは関東全域に
その名が轟く、ヨコハマの駅弁になってますから。

↓ 実はね・・・
19_201806282331366c7.jpg
海老名には、相鉄線の駅売りと、丸井の中と、海老名SAと
やたらあちこちに崎陽軒の売店があるもので、なんだかんだ
よく食べてたりします。なにせ崎陽軒なんだから仕方ないのね。(^^;)

↓ オチがコレというのはいかがなものか・・・
22_20180628233131e25.jpg
崎陽軒は、神奈川県の三大駅弁業者の中では、
一番の後発なのですが、一番名の通っている
一番のメジャー企業だったりしています。
三社三様の在り様による選択肢の多さが
電車に乗らなくても色々楽しめるというのが
密かに楽しかったりもしている訳なんですね。(^^)b

↓ 神奈川県の駅弁は、かなり面白いんですよ。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる