FC2ブログ

師走突入!

遂に世は師走に突入です。
ただそれだけで、忙しくなった。
いきなり残業で帰りが遅くなりました。

↓ こんなことで大丈夫なんだろうか?(^^;)

ちょっとした危機

なんか、写真の縮小が
突然できなくなりました。
それで何日も休んでます。
この先どうなるんだろうか?

↓ パソコン素人丸出しですな。(^^;)

うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ弁当。

やっと写真の縮小が可能になりました。
再開第一弾はこんなお話になります。

↓ ハマりもの。

神奈川県の駅弁の、県西部の雄、
東華軒の物凄いお弁当がこちら

↓ うなぎ、金目鯛、銀鮭が ドカッと乗ってる。
2_20181209230947b2b.jpg
タレ焼きのウナギ、金目の煮付け、
そして、銀鮭の西京焼きが乗ってます。
加えてそれぞれが乗っているごはんは、
全て付け合わせが違ってる大盤振る舞い。

↓ 銀鮭の西京焼き
3_20181209230946de4.jpg
え?鮭?とか思っちゃいけません。
鮭独特の臭みを打ち消してなお、
うまみを引き出すこの至福の甘み。
鮭の西京焼きって、美味いんです。
その甘さをいい具合に調和させる
青菜漬けの塩味が超ナイスです。

↓ タレ焼きのウナギ
4_20181209230944a1a.jpg
うなぎが美味い!しかも、
ご飯に敷かれているのは
甘口の錦糸卵という豪華さ。
ちょっとだけ「うまき」っぽいの。
ちょっとしかないのにコノ至福感。

↓ さすがの金目鯛
5_20181209230943168.jpg
金目の煮付けがもう最高です!
煮汁がたっぷり染みたごはんに
同じ煮汁で炊いたのかと思われる
蓮根の煮物が、しゃきしゃき感を残し
同じ味でふわふわ感としゃきしゃき感を
堪能できるという、物凄い贅沢感ですのよ。

↓ 完食!
6_2018120923094229c.jpg
ちょっとお値段が高めですので
こればっかり食べる訳にもいかず、
でもたまのプチ贅沢には持って来い。
個人的には駅弁として大ヒットの一品。
海老名SA下り線では今の所常時販売中。

↓ 海老名で東華軒、コレはもう、やったぜ! の一言。

コレはいったい何なのか?

↓ コレはいったい何なのか?

ある日走っている道の端の遠くから
見えたある建物気になったもので、
ちょっと近くまで行ってみた話。

↓ ココは綾瀬市になります
2_201812102338574ad.jpg
コレは綾瀬市にある相模川水系の浄水施設で、
一日当たり500,000㎥3に及ぶ水道用水を、
県営水道、横浜市営水道及び横須賀市の
市営水道にそれぞれ送水する施設です。
その中にある浄水施設の建物でした。

↓ 謎の塔
3_20181210233855ef8.jpg
色々と保安上の問題もあるんでしょうか?
この塔が浄水事業上どんな役割を担うのか
施設を紹介しているHPにもどこにも記載無し。
恐らく県東部への浄水事業に貢献している筈の
謎の塔のまま、これはココに鎮座しておいでです。

↓ いったい、どんな役割をしてるんだろう。気になる。

元祖の元祖、鯛めし。

こんな所へ足を運んだ話です。

↓ 最高峰

いい天気の下にある富士山を
車窓から眺めつつ、一路西へ。

↓ JR静岡駅
2_20181211231110b3c.jpg
静岡県の見都央所在地でもある静岡県静岡市。
その静岡駅で新幹線を降り、駅に降り立ちました。
(↑JR小田原駅から「こだま」に乗ってきました)

↓ 昼時なのに、売店に人がいない。
3_20181211231109529.jpg
元祖は、ってか元祖の元祖は静岡駅で売っている、
だから来たのに昼時だってのに売店に人がいない。
ううん、どうしたもんだろう、他にも売店あるのかな?

↓ 売店あった。
4_20181211231106b0c.jpg
一般改札へ通じるホーム下の連絡通路に
人だかりができるほど人が集まる売店が
ありました、ホームの売店も開けといてよ。

↓ 東海軒鯛めし
5_201812112311051e3.jpg
元祖の元祖、東海軒の鯛めしを買いにやってきました。
東海軒の鯛めしには、無化ながらの鯛めしと。おかずが
いっぱい入った特製鯛めしの二種類があるんですね。

↓ 元祖 鯛めし
6_20181211231033a80.jpg
オリジナルの販売開始は1897年(明治30年)からという伝統の駅弁。
静岡駅前が開業から二年後に大火に見舞われ、弁当屋の店主が病床に。
仕入先の魚屋が駅弁屋の主人の見舞いにと毎朝持ってきてくれたアマダイを、
煮崩して御飯にかけたら、子供が喜んだことから生まれた、というのがこの弁当。

↓ シンプルな鯛そぼろのごはん
7_20181211231031d52.jpg
鯛めしのスタイルは、神奈川県民にはお馴染みの小田原の鯛めしと大差ない、
茶飯(醤油味の炊き込みご飯)にふわふわの鯛そぼろが乗せられた弁当です。
が、元祖は揺るがないんだろうなあ、付け合わせは漬物が添えられているだけ。

↓ そぼろがふわふわ
8_201812112310309b6.jpg
子供が喜んで食べる、そしてお年寄りにも食べやすい。
そういう弁当を目指した、というのが最初の形だった、
というのが、この弁当が100年を超えて受け継がれ、
似たものが近隣に根付いた大本になったのでしょう。

ちなみに、東日本で鯛めしといえば駅弁のそぼろごはん。
関西に行くと、真鯛の炊き込みご飯という高級料理です。
これも地域による発祥の由来と伝統の差なんでしょうね。

↓ 完食
9_20181211231028cf0.jpg
元祖の味を初めて経験できた。これで小田原の鯛めしを
より一層美味しくいただけます。あとは、近所の駅弁フェアに
この元祖鯛めしがやってきてくれればいいのに。と思う次第です。

↓ ちょっとだけ寄り道する。
10_20181211231027b5a.jpg
ココ(JR静岡駅)まできたんだから、
もうひとつだけ、寄り道して帰ります。

↓ ってところで、以下次回。

静岡おでん定食。

静岡駅まで行ってきたので、
地元の名物をひとつ体験。

↓ しぞーかおでん定食
11_20181211230949b32.jpg
静岡には、独自の進化を遂げた
地場のおでんが存在しています。
コレはもう有名なお話ですよね?

↓ 富士山
12_20181211230948f37.jpg
お手元の入ってた袋がなんか変。
炊いてある通りに折ると富士山になる。

↓ こうなった
13_2018121123094652a.jpg
さすがは富士山のおひざ元。
橋袋ひとつにも富士山です。

↓ ごぼてん
14_201812112309468a9.jpg
静岡のお伝は、たしか元々は焼津港近辺で、
駄菓子屋の店頭などで気軽い食べられる様
具材一つ一つを串にさして大鍋で煮込んだ
モノがルーツなのだと以前に聞いたような。

で、そのおでんには、鰹節と青のりを粉砕した
「だし粉」を振って食べるのが定番になってて、
おでんのつゆは牛筋出汁の醤油味の濃い色
でなければならないという鉄則があるそうです。

↓ 牛筋
16_20181211224405f86.jpg
なので、静岡おでんの具には、牛筋のくしが
必ず入らなければならないのも鉄則なんだとか。

↓ がんも
15_20181211230945657.jpg
そんな独特のつゆをたっぷり吸ったがんもにも
だし粉をたっぷりかけると、これがもういい感じ。

↓ 黒はんぺん
17_2018121122440329a.jpg
これが牛筋と並ぶ静岡おでんのマストアイテム。黒はんぺん。
イワシを骨ごとまるのまますりおろしてつみれにしたものを
練り上げて独特の形に成型し、分厚い所に串を売ったもの。

今でこそ関東でも探せば見つかる魚練り製品になりましたが、
十年ちょっと前までは、隣の県の名物なのに神奈川県では
見かけることも無いほどの珍品でした。メジャ―になったよ。

↓ 行儀悪いですね
18_201812112244022c0.jpg
おでんつゆで煮込まれたゆでたまごは
ご飯の上で潰して、つゆだくにしたうえで
ガツガツ掻き込むおでんたまごごはんに。
行儀悪いんですけど、これが美味しいだ。

↓ 完食!
19_201812112244001be.jpg
今でこそ、大手の魚肉練り製品メーカーから
気軽に楽しめる「だし粉付き 静岡風おでん」が
全国区で発売になっていますが、初めてこれを
知った時の衝撃はいまでも忘れられていません。
隣の県の食べ物なのに、関東とは全然違うもの。

ちなみに、「ちくわぶ」と魚肉の「すじ」が入るのは
どういうわけか、関東だけになってるそうですよ。

↓ 海ぼうず
20_201812112243599f7.jpg
駅近辺に複数店舗を展開しているお店の
静岡駅の食堂街にあるお店で頂きました。
しずおかおでん(しぞーかおでん)でした。
ってところで、岐路につくこととなりました。

↓ 出来れば一晩泊って、静岡おでんで酔いつぶれたかった。(^^;)

ドムドム その3

↓ ドムドム厚木店

久々に出掛けてきました。経営刷新でリニュアルした
ハンバ-ガ-チェーン、ドムドムの厚木店になります。
今回も季節ごとに変わるフィッシュバ-ガ-が目当て。

↓ サバと野菜
0_20181213233520caa.jpg
鯖とフレッシュ野菜バーガー
一作目がサバタツタのサンド、
二作目がアジフライでしたが、
いきなりサバに逆戻りしたの?
内容は食ってみるまで分からない。

↓ シンプルに 「サバ」
2_2018121323300739c.jpg
早速注文、シンプルに「サバ」。
もう一品はまたサバのあとで。

↓ 現物拝見
3_201812132330062af.jpg

4_20181213232900389.jpg
味付けした鯖をほぼ素揚げした状態で
こんもり野菜にトマトソースとマスタード
という味付けで提供する新アイテムです。
鯖の存在感が、竜田揚げどころじゃない、
見た目はそのままサバの塩焼きみたい。

↓ 食べかけでごめんなさい
5_20181213232859b25.jpg
鯖が肉厚、そして掛け値なしのサバ味。
サバサンド感よりも、サバ喰ってる感が
半端無いです、トマトソースが霞むほど。
コレはコレでかなりおいしいんですけど、
問題が一つ、鯖の皮に身と同じくらいに
強く火が通っているので、皮が固くなり、
かぷっと噛み切る事が難しくなってます。
そこが改善希望点、あとはなんかイイぞ。
もう何回か食べてみたら、すきになるかも。

マイナ-な部類に入るフィッシュバ-ガ-を
意欲的な挑戦で目玉商品にしていく取り組み、
これがやっぱり目が離せないのがドムドムです。

↓ 厳選ナチュラルチ-ズバ-ガ-
6_20181213232857345.jpg
もう一つはコレ、厳選ナチュラルチ-ズバ-ガ-。
コレはチーズバ-ガ-をスペシャルにしたもの。

↓ とろとろ
7_201812132328561e4.jpg
押すとこぼれる、噛めば溢れるとろとろのチ-ズ。
複数原料を加熱加工したプロセスチ-ズではなく
ナチュラルチ-ズをふんだんに使ってる所がツボ。
ちゃんとビ-フパティが挟まってますが見えません。
なんかもう、普通のハンバ-ガ-ショップの定番を
全く無視した様な商品展開がめちゃめちゃ尖ってる。

こういうのを食するたびに、このドムドムに、よる
今後の商品展開に期待が膨らんでたまらんです。


↓ ドムドムには、まだまだとんでもないメニューが多いんですけどね。

トラブル続出。

異変はまず数日前、外付けのHDが読み込まれなかった事。
繋ぎなおして再起動。で治ったと思ったらこんどは起動中の
セキュリティ-プログラムがアラ-トを発してまして、
今度はネットに繋ごうと思ったら「接続されていません」
というメッセ-ジに四苦八苦。コレを数日前から何回も繰り返し、
サ-バ-とル-タ-の電源を入れなおしてリセットしてを繰り返し、
先ほどようやくデバイスもネットも復活しました。長かった。で、時間切れ。

↓ パソコン素人丸出しのトラブルシューティング始末記でございました。

最近良く買ってる。

↓ 豆乳飲料
0_201812172339483cd.jpg
豆乳飲料です。

豆乳を元に様々な振れ-バ-を加味した
健康を意識した見慣れた豆乳飲料です。

家の近所のス-パ-はさほど種類が無いのですが、
普段いかないス-パ-に、目を見張る程の種類が
並んでいたのを見つけて、思わず色々買っちゃって。

チョコミントとかミックスフル-ツとかがもう「ツボ」です。

実はまだまだ種類があるんです。
季節限定とかだけでも数種類ある。
コンプリートは難しいかもしれません。
全種類売ってる店も希なものですから。
(↑夏に、コ-ラ味とか出した事もあった)

↓ 豆乳飲料、侮りがたし。

倦怠感に悩まされる。

倦怠感が半端無い、身体を動かすと辛い。
肩が異様に凝ってて、動くのが億劫です。
そんな感じがもう二日続いていたりします。

・・・風邪なんじゃねえか? (^^;)

という訳で、早めの就寝。養生一直線。

やる気になったとたんこれだもの、
今年の運は既に使い果たした模様。

↓ いろいろな事が起こるのが日常です。

復調。

平日公休を半日寝倒して爆睡に当てた結果、
なんとか重い疲れは払拭、見事復調となりました。
お陰で必要な買い物して帰ってきたら夕方になってて、
テレビに引っかかってるうち、あ、ブログ書いてないじゃん、
となってあたふたしているうちに、時間切れ確定になりました。
遠くへ出掛けられないからネタ写真がどんどん減っておりまする。
しかも会社は年末商戦の追い込み時期、&テレビ番組がもう既に
年末モ-ド、何となくいろいろな番組に引っかかって時間が作れない。
あと10日と少ししかないのに、年内のブログは危機的状況でございます。
(↑自業自得の自損事故も多分にふくまれてはいるのですけどね)(^^;)

↓ 年内は、もうどうなるかのてんやわんやかも知れませぬ。

トリッパのトマト煮に挑戦してみた話。 《前編》

↓ ハチノス

数日前、遠くに出かけられない代わりに、
見慣れない食材を購入してきたので、
憂さ晴らしに料理にいそしんだ話。

ハチノスというのは、牛の第二胃の事。
牛には四つ胃袋があり、そのうちのひとつ。
焼肉屋では当たり前のいわゆるホルモンです。
ちなみにこのホルモンというのは精肉業界用語で
その昔は売り物にならない捨てる物。関西弁で言う
「放るもの」から来た、捨てちゃう物から来た言葉です。
(↑え?知ってる?余計な予備知識?こりゃまた失礼。)

↓ 下処理その①
2_201812202359299fd.jpg
ホルモン売ってるお店は、近所の専門店でもさほど多く無くて
偶然見つけて購入したハチの巣は、結構な大型なのでした。
コレをよく水洗いして鍋に入る大きさに切ります。デカいから。

↓ 謎の光景
3_20181220235927490.jpg
たっぷりのお湯で湯がきますが、湯がくと外側に反るので
重い落し蓋(陶器の皿)を乗せてぐつぐつと約10分くらい。
コレを全部で3回繰り返し、身を柔らかくし臭みを取ります。

↓ 下処理その②
4_20181220235926779.jpg
3回目に湯がく時は、ちょっと多めのお酢を入れ、

↓ ネギの青い所
5_201812202359246f2.jpg
ネギの青い所を一緒に入れて臭み取り&香りづけ。
本来ならココで、セロリとかハーブなどを入れると
寄り位相効果的なんだそうです。手元にないので
今回はネギだけで対応、湯がき時間多めで対処。

↓ 旨味を負荷
6_20181220235852e3f.jpg
いっしょに旨味をプラスする為、
取敢えず冷蔵庫に余っていた
しめじのくずを入れてみました。
キノコの旨味はバカにできません。

↓ 下処理その③
8_20181220235848f31.jpg
最後に湯がく3回目には、とこっとショウガを加えます。

↓ 湯がく事約15分
7_20181220235850a0f.jpg
3回目は多めの15分の湯がき。

↓ 下処理終り
9_20181220235847689.jpg
湯がき終わったハチノスをさらに水洗い。
いっしょに湯がいたネギとかキノコなどは
水にさらしてから後から入れる具と一緒に
カサ増しの具材として煮込むので捨てずに
とっておきます。みみっちいとか言っちゃダメ。(^^;)

↓ 刻む
10_20181220235845f4b.jpg
下処理が終わったハチノスは
食べやすい大きさに刻みます。

で、次回はいよいよ調理編です。

ちなみに、「トリッパのトマト煮」は、
立派なイタリア料理の一皿ですの。

↓ ホルモンが、手を加えれば立派なイタリアン。コレがスゴイのね。

トリッパのトマト煮に挑戦してみた話。 《後編》

なかなか遠くへ出掛けられなので、
普段あまり手にしない食材を相手に
憂さ晴らしの料理にいそしんだ話です。

↓ ドバッとトマト缶 
11_20181220235750d75.jpg
下処理してひと口大に切ったハチノスを
オリ-ブ油を熱した鍋に入れて炒めたらば
トマト缶を注ぎ、安物の白ワインで伸ばします。

↓ 冷蔵庫にあった野菜
12_201812202357482eb.jpg
タマネギ、ニンジン、かぼちゃ、ズッキ-ニなどなど。
冷蔵庫にあった野菜をそれっぽくそれなりの量カット、
火が通りにく物から時間差で鍋に投入していきます。

↓ 水を入れていく
14_20181220235745ba8.jpg
火の通りにくいニンジンとかぼちゃを投入して
トマト缶の中身と一緒に火を通していきながら
程よい所でひたひたになる程度の水を入れて、
残りの野菜を入れたら、煮込みを開始します。

↓ 味付け
15_20181220235744155.jpg
味付けは、塩コショウにイタリアンハーブスパイス。
そしてトマト料理にはニンニク。チュ-ブで可です。

↓ ハチノスにも野菜にも、ゆっくり火を通す
17_20181220235653033.jpg
鍋がぐつぐつ言い出したら、
火を弱火にし約30分煮込み。

↓ スイ-トバジル 
13_201812202357478ea.jpg
これまた、普段あまり行かないス-パ-で売ってた
イタリアンの生ハーブ、スイ-トバジルを最後に投入。

↓ バジルには軽く火を通す程度
16_20181220235654256.jpg
刻んだバジルを鍋に入れたら、
軽く混ぜて火を止めて後は余熱。

↓ 出来上がり
18_20181220235652b42.jpg
トリッパ、できあがり。「トリッパ」っていうのは
ゆわゆる「モツのトマト煮」の総称なんだとか。

↓ これはいけますなあ
19_20181220235650c2a.jpg
ハチノスのくにゅっとした食感に
トマトの酸味とハ-ブの香りと
野菜の様々な食感がイイです。

↓ 現在、我が家で大活躍中
20_20181220235649872.jpg
酒のアテはもちろんのこと、ご飯のおかずや
弁当の具にまで、しばらく我が家ではコイツが
大活躍を続けております。トリッパ、めちゃ美味い。

↓ 料理の具材は、冷蔵庫内の片づけを兼ねた我流です、悪しからず。

冬至の夜。

本日は、昼の時間が最も短い冬至の夜

↓ 南瓜と柚子

冬至と言えばかぼちゃと柚子。
保存のきく夏の野菜で夏の熱気を
身体に入れ。旬の柑橘の湯に浸かり
冬を乗り超える為の願掛けとの事です。

日中が最も短い、という事はつまり今日が
暦の上では、今日が冬のピ-クになります。
あとは徐々に日が伸びていくばかりですが、
日照時間の短さからきてる寒さのピ-クは
1月から2月にかけてが最盛期、ですよね?

本当なら、今後暖かくなるのを待つだけなのですが、
寒さのピ-クは7これから。だから頑張らなくちゃね?
と負う心構ええお決めるのがこの冬至かもなのです。

↓ 取敢えず、今日は柚子湯で暖まりましょう。

クリスマスのチキン。

↓ KFC

クリスマスなので、チキンを買ってきました。
夕方れつに並んで約20分待ちで購入です。

↓ クリスマスペアパック、という商品
7_20181225000253fbb.jpg
チキンつめあわせなんですが、
レッグだけが違う味付けです。
すでにワインなぞ添えてます。

↓ ナゲット
3_20181225000435b6f.jpg
とにかく鶏肉、チキンナゲット。
これはやっぱりあると嬉しい。

↓ ・・なんだっけ?
2_20181225000436780.jpg
とにかく鶏肉の棒フライ。名前忘れた。
これが良い食感でなんかもうハマりそう。

↓ 鶏むね肉のフライ
4_20181225000257828.jpg
これがイイ感じなのですよ、
肉々しくてボリューム満点。

↓ フライド手羽
5_2018122500025647d.jpg
手羽肉のフライ、コレも
なてはちゃなりません。
鶏肉三昧になっております。

↓ バ-ベキュ-チキンレッグ
6_20181225000255bd6.jpg
コレが最高、もうこれ食べられてよかった感満載。
バ-ベキュ-7チキンって、フライドチキンよりも
美味さ炸裂気味な気がしてなりません、すげえぜ。
ってところで、クリスマスの晩御飯のお話でした。

↓ そんなこんなで、今晩は、メリ-クリスマス、なのでした。

メリ-クリスマス。

みなさまお忘れかもしれませんが、
本日がクリスマス本番な訳です。
クリスマスには小さな奇跡が、
起ればよかったのですが、
起らないもんですね。軌跡は。(^^;)

本日も仕事に行ってきました。
いろいろいっぱいいっぱいで。

クリスマスおめでとう。
今日は、色々と疲れた。

と、ココでハッと我に返ると、
今年もあとたった一週間です。

仕事詰まってるから全然出かけられないので
写真付きの記事があっぷできるかどうか。
そして、サンタが去ったら寒波が来るよ
という天気予報、雨は降らないけど
低温と乾燥がやってくるそうです。

皆さま、年の瀬のあわただしい中、
お身体はくれぐれもお大事に。

↓ 書く気はあるけどネタが無い。師走は忙しいですから。

没ネタ回顧録 2018。 ①

今年ものこすところあと5日。
なのにどこにも出かけられない。
写真ブログの意義が薄れるじゃん!
それはいくらなんでも残念感炸裂ちゃん。
なので今年未使用写真蔵出しでございます。

↓ 日暮里という街

はじめは谷根千散歩の終着点でたどり着いた場所なのですが、
日暮里の駅前と日暮里という街がめちゃめちゃ気に入っています。
駅前はビル群と大きな商店街、そして東京屈指の専門店街である
日暮里繊維街」の街で、繊維街の裏手には製紙業者の工場群が
あったりもする個性の強いまちなみなのですが、気に行ったのは
実はそこでなく、駅前をはなれると、やたらめったら普通の住宅街。
何路線もの鉄道路線が縦横に走る街なのにやたらと普通の住宅街。
山手線の東京寄りの駅なのに、めちゃめちゃ住宅街なのが凄かった。
大規模な集客施設も、人を集める名所もさほどないのになぜか面白い。
(↑あくまで個人的な感想です、ですが、日暮里ってなんか面白いのね)

↓ 飛鳥山公園アスカルゴ
4_20181226215539542.jpg
都営荒川線・さくらトラムに乗り倒しに行きましたが、
それより4ヶ月くらい前の春先に、実はすでに一度、
さくらトラムを乗り倒して下りまして、その時に実は
アスカルゴも経験済み。この乗り物は、高低差が
半端でない飛鳥山公園を越えて公園の向こう側に
行かなければならない皆様の為に設置されている
無料で利用が可能なモノレ-ルになっております。
この話題だけで記事が書けると思ったのですが、
タイミングが合わずに記事にすることが出来ず。
コレ面白いんです、何より無料なのがいいのね。

↓ 北千住駅前
7_201812262155338f2.jpg
行った事が無かったので、電車でふらっと
北千住へ行ったのです。いったのですが、
そもそも北千住についての予備知識も
街情報も何もなくてイメ-ジが湧かず
駅前をふらふら歩きまわっただけで
すごすご帰って来た始末でした。

↓ 狛江駅
6_20181226215534d83.jpg
小田急線で、なぜか各駅停車で移動していて、
思い付きで行ったことの無い狛江で降りました。
狛江市は思っていた以上に見どころが多そう。
が、家を出たのは午後、狛江に着いたときには
もう14:30を回るころ、この時間からぶらぶらは
どう考えても難しい余裕の無さで、狛江を断念。
もっと早起きして出かけないと、色々失敗する。

↓ 雑色の商店街
22_20181226214755467.jpg
京急に乗って出かけ、多摩川近辺を放浪した事があります。
延々散歩はそこそこ楽しかったのです。いろいろと見所多くて。
ですが、夏の豪雨災害の影響で、ブログどころでなくなり断念。

知らない街で遊び倒すのは至難の業。
それ以外にも、タイミングで没になる
楽しいネタは盛りだくさんなのでした。

↓ 海老名でも厚木でも神奈川県でも無いよ! 東京オンリ-じゃんかっ?! (^^;)

没ネタ回顧録 2018。 ②

今年も残り僅かなのですが、
全く遠くへ出掛けられないので、
今年未公開の写真で、蔵出し中。

↓ シリウス
1_2018122621560132d.jpg
大和市にある、図書館を中心とした
文化創造拠点とされるのが、この
「シリウス」になっております。
めちゃめちゃ面白い施設。
一日中居られる場所。
なんですけど、ココが7もう
いろいろと面白すぎて、逆に
記事に出来ませんでした、残念。
めちゃめちゃ面白いんです、本当に。

↓ 不届き者のいた風景
8_20181226215446e97.jpg
自転車乗り入れ禁止って書いてある所に
堂々と自転車停めてるじゃん、やめてよ。
こういうことすることする輩がいるお陰で
自転車乗りが不貞の輩扱いされるじゃん。
自転車は悪くないのよ、乗っている人物の
価値観が善悪を決める。こいつは悪い奴。

↓ ・・・おっさん、生き急いでるんか?
10_201812262154431a6.jpg
交差点のそんな位置に立ってたら
何があったあって文句言えないぞ?
生き急いじゃいかん、堪えろおっさん!
(↑という妄想でこの人に注意を促す)
(↑いやいや、一つも促してないけどね)(^^;)
という、本厚木駅前の交差点でみた風景です。

↓ そ~はんてんぱ~ん
9_20181226215444fb9.jpg
なんだかめちゃめちゃ久しぶりに
日本丸の総帆展帆を見たのに
記事になってませんでした。
これ以上ない「映え」の
イベントなのに残念。

↓ ロマンスカーシート
11_2018122621544257c.jpg
何だかめちゃめちゃ久々に
ビナウォークのフードコ-トの
ロマンスカシートに座れたのに、
そのことを記事にしてませんでした。
・・・いや、そんなに嬉しいのかこれ?
と問われるとそうでもない感じですが、
なかなか競争率が高いシートなんです。

↓ 海老名骨董市
12_201812262154416f2.jpg
・・・すげえ、こんなイベントがあったんだ。
あったんだけど、何にも買いませんでした。
ただただ屋台で売ってるモノを眺めて歩き
こういうベントもあったんだね、という感じで
その存在を眺めてきただけだったのですね。
(↑貧乏人には、色々と余裕がないモノです)

↓ ざまりんバス
13_20181226214852ed0.jpg
コレは!、海老名市の「えび~にゃバス」と同じく、
自治体が運用するコミュニティ-バスなんですね。
なかなか出会う事が無くって、ちょっと嬉しかった。

↓ 盆踊りの「えび~にゃ」
16_20181226214848c3b.jpg
盆踊りで軽快に踊っていらっしゃるのが
われらが「えび~に」様でございますの。
やたら軽快、あっぱれに出演するときは
必ず笑顔で、傍若無人ぶりを発揮する
という特異なキャラに育っちゃった彼女。
この軽快な踊りは、ゆるキャラ以上です。

↓ 海老名多めでしたが、久々の海老名と厚木と神奈川県、でした。(^^;)

没ネタ回顧録 2018。 ③

今年も残すところあと少し、なのにどこにも出かけられない!
写真ブログの意味無いじゃん!って訳で、未使用写真の
蔵出しでもって残り数日をつなごうとしております。(笑)

↓ 丸子橋
21_20181226214756b34.jpg
多摩川を歩いて渡る、第二弾として
車で渡る以外に行った事が無かった
丸子橋を歩いて渡りそこからぶらぶら、
の企画だったのですが、あいにくの雨で
しかもすぐ終わると思った西日本豪雨後の
受注調整地獄勤務が延々延長してしまって
お蔵入りしたのですが、この間テレビの映画で
シン・ゴジラ」を見てて、この丸子橋が吹っ飛んで
見事に自衛隊戦車部隊を壊滅させた場面を見ました。
丸子橋、スゲエな。(←いや、スゴイのソコじゃないから)

↓ JR立川駅前
18_20181226214801170.jpg
実は、真夏の死ぬほど暑い中
立川駅から昭和記念公園を
くまなく散歩するつもりで
出掛けてたのですが、
駅間を降りてすぐに
暑さに負けて逃げ帰り
結局駅前をぶらぶらする
というだけに留まってしまい、
最終的に没ネタ送りになりました。

↓ 沼津、すげえな・・・
17_20181226214846f3f.jpg
鯛めしを買いに行った沼津で、駅前をぶらぶらしてたら、
めちゃめちゃ凄いことになってました、街を上げての
ラブライブ・サンシャン」づくめになってました。
沼津が舞台になってるアニメなんですけど、
まさかこれ程とは思ってはいませんでした。
・・・コレが始まる前から沼津は好きです。

↓ 寒川中央公園 パンプトラック
19_20181226214759698.jpg
久々のサイクリングで寒川中央公園を通りかかったとき、
初めての見慣れない施設が出来ているのに遭遇しました。
パンプトラック、BMXやインラインスケート等のⅩゲ-ム系の
サ-キットレ-スの練習施設がドカンと何ラインも設置されてた。
そうだ、寒川町には、10歳前後でアルカンシェルを手にしちゃった
BMXライダーの女の子がいた、その子は東京五輪のメダリスト候補。
アルカンシェルというのは、自転車の国際競技で一度でも優勝した者は
生涯レ-スジャ-ジの襟と袖に虹の五色をあしらった模様をつけることが
許される、生涯世界一を勝ち取ったものであることを誇示することが許される
という、サイクルジャ-ジの世界の常識になっている伝統的慣例の事なのです。
だからか、だから、寒川だからパンプサ-キットなんですね。ちょっと納得しちゃた。

↓ 国界のラ-メン
20_201812262147582d1.jpg
県立相模原公園のメタセコイアの紅葉を見に行った帰り道、
相模原公園まで行ったのなら、コレを食べて帰らなきゃ、と、
出かけて至福のランチタイム、だったのですがどういう訳か
コレを記事にしておりませんでした。ひさびさで美味かった。

そんなこんなで、今年の蔵出しもココまでです。
今年も残す所あと2日になってしまいました。
2018年は、なんか波乱万丈でしたねえ。

↓ 明日はどうなる事やら、既に五里霧中でございます。

2018年の麺料理。 《前編》

まだ記事になるネタ探しに出かけられません。
というか、今年も残すところあと二日ですよ。
何かできるかな?と思ってひねり出す
苦肉の策中の苦肉の策を蔵出し。

↓ 古久家の焼きそば

藤沢を中心に店舗展開する
古久家の焼きそばです。
美味いんですよね。

↓ 京カフェ 上辻園白味噌ラ-メン
2_20181229222846566.jpg
イオン座間の京カフェで食べられる
京白味噌で味付けしたラ-メン。
甘口なんだけど癖になるのね。

↓ でびっとら-めん麻辣坦々まぜそば
3_201812292228453ca.jpg
五月の「tvk秋じゃないけど収穫祭」で販売された
でびっとら-めんのイベント限定、麻辣坦々まぜそば。
びりびり来る辛さがたまらない一品でした。美味かった。

↓ 本丸亭、夏の辛いラ-メン
4_201812292228434be.jpg
厚木の塩ラ-メンの名店、本丸亭で食べた
夏限定の辛みそラ-メン、期間限定なにで
この季節は確か食べられないモノのはず。
滅多に食べられないモノを食べたのです。

↓ 海老名市・中村屋の醤油ラーメン
5_20181229222842b8d.jpg
今や世界でラ-メン店のプロヂュースを行う
カリスマが生んだ店、とされている中村屋。
地元なんだし何時でも行けるからなあ、
と思っているうち足が遠ざかってる、
たまに、どうしても食べたくなる
哲学が深すぎてなぜなのか
とても普通の味に感じる。
その謎ってのが何時か
解けるんだろうか?
と思い続けつつ
通っています。

色んなところで麺料理だけは
喰い倒してるなあ、と再認識。
2018年の麺料理の話題は
まだ次回も、続いたりします。

↓ ってところで、以下次回!

2018年の麺料理。 《後編》

今年もだんだん押し詰まってまいりましたが、
全然出かけられないので苦肉の策でお目汚し。
今年口にしてきた麺類だけでお話を繋いでます。

↓ 魁力屋九条ネギラ-メン
5-1_20181229222808f01.jpg
ほぼ全国区になりつつある
京都発祥のラ-メン屋チェーン。
ココだけは、記事にはならなくても
定期的に通ってます。好きなんです。

↓ 濵そば、コロッケそば
6_20181229222806754.jpg
JRの横濱近辺の駅そばの店が濵そば。
そこのコロッケそばがちょっとハマりもの。
スタンダ-ドなコロッケそばがありがたい。
海老名駅の駅そばは全てカレーコロッケ。
ひと味足してくれるのは嬉しいんですが、
普通のコロッケが乗ってる方が好きでね。
横浜駅でJRに乗り継ぎの時は大抵コレ。(^^;)

↓ 富良野五郎ラ-メン
7_201812292228043e9.jpg
横浜で開催された北海道フェアに出展していた
厳選した北海道地元食材で造られた逸品として
と奥の土地で低きょぷされました、美味かった~。
でも記事になっていないんです、なんでなんだか。

↓ 箱そば、鴨そば・九条葱添え 
8_2018122922280382a.jpg
小田急線の駅そば、「箱根そば」の
この冬の季節限定メニューのひとつ。
わかめが乗って無い、ネギが九条ネギ、
しかも通常でもネギだく状態なうえ、具が
スモ-クではない鴨肉という駅そばとして
あり得ないくらいの贅沢具合が堪りません。
もうちょっと鴨の脂が乗ってれば言う事無し。
でも、駅そばで鴨葱蕎麦が食べられるだけで
めっけもん。レギュラ-メニュ-にならないかな?

↓ ラ-メンたいざん、特選あご出汁醤油ラ-メン
9_201812292228015fa.jpg
海老名SA上り線、EXPASA海老名にあるラーメンたいざん。
そこの一押しでは無いメニューですが、試しにたべたら驚いた。
あご出汁ってこんなにすっきり美味しいのか?という衝撃です。
澄んだスープの魚介系出汁ラーメンでこんなに美味い一杯は
なんだかめちゃめちゃ久々で、めちゃくちゃ感動的な味でした。
メニュー上では割と大きい写真でもって売り出し中になってます。

↓ 国界の醤油ラ-メン
20_201812262147582d1.jpg
国界は県立相模原公園近くにあるラ-メン店。
元祖の店は長野県のドライブインだそうですが、
店舗検索すると山梨とか大阪とかが出てきます。
時々はっと思い出すと、どうしても食べたくなる、
個人的には屈指の出来を持つ醤油ラ-メンの
傑作のひとつだと思ている店のラ-メンがコレ。
店が渋滞道路の交差点前に位置しているうえに
人気店なので駐車場に空きがない事も多くって
でも車で行かないと辿り着けない事情もあるので
何回も出かけたはいいけどお店に入れなかった
という経験があります。それ位出かける価値あり。
(↑あくまで個人の感想ですがご参考頂ければ)

そんな感じで、今年も麺は良く食べてたなあ、
という回顧に浸りながら、日付は12月も30日。
2018年も、いよいよ押し詰まってまいりました。

↓ 明日は大晦日。皆さんの今年は、いかがでしたでしょうか?

2018年の年越しそば。

いよいよ大晦日、2018年も残すところあとわずか。
そんな大晦日の夜と言えば、やはりアレですよね。

↓ 例年通り、蕎麦が余ってる 
1_20181229211906671.jpg
いつでも食べられるし安いから、
余計に買っておいて余る蕎麦を
大晦日にごちそうに昇格させる
年越しそばの儀式でございます。
(↑みみっちいとか言っちゃダメ)

↓ とりあえず茹で上がる蕎麦
2_20181229211906b92.jpg
毎度大量にそばを用意する
個人的な大晦日の光景です。

↓ 今年のメインはコレ
3_20181229211903c6a.jpg
・・・焼き海苔?

↓ そばを敷き詰める
4_2018122921190288e.jpg
海苔の上にそばを敷き詰めます。
何ができるか、分りますかよね?

↓ エビ天がメイン
5_201812292117380ff.jpg
蕎麦の真ん中にエビ天を
一本丸々をドカッと乗せる。

↓ その他にも
6_20181229211736f6a.jpg
タマゴとか揚げとかきゅうりとか
紅ショウガとか牛コマの甘辛煮とか、

↓ その他にも
7_2018122921173423b.jpg
はんぺんとか魚肉ソ-セ-ジとか
余った具材とかを色々のっけて、

↓ そばの太巻き
8_20181229211733258.jpg
時間が無かったもので、冷蔵庫にあった具材を
適当に調理したものをそばに乗せノリで巻いた
そば寿司の、ゴン太の太巻きで年越しそばです。

↓ 2018年の年越しそば
9_20181229211732295.jpg
今年はとにかく時間が無かった中で、
他とはちょっと違う年越しそばだけは
何とか用意することだけは出来ました。

そば太巻きだけでは、細く長くのゲン担ぎからは
ちょっと逸れてしまうから普通の天そばもつけて、
時間が無い中でこれだけ出来たのは及第点です。

そんなこんなで、どうせだったら
良いお年をお迎えしようと思います
皆さま、前向きに年を越しましょうね。

↓ さあ、年越しだ、さようなら2018!

今年も一年の終わり。

2018年が終わります。皆様お疲れさまでした。

当方は、全く大層な事が書けていないブログです。
それどころかこの頃は忙しさに追われ続けて
良く休む始末と、なりました不甲斐無いなあ。

そんで、次回が面白い、とは限りません。
それでも毎回覗いて下さってる皆様や、
時々は覗きに来てくれる方々皆様に。
今年もひとことご挨拶申し上げます。

スゴく良い年だった方も、全然そうでなかった方も
最強の絶好調だった人も、最低の不調だった人も、
本日が今年の全ての区切りです。お疲れ様でした。
来年こそもっと良い年である事をお祈りいたします。

正月お休みできる方は、ゆったり穏やかに、
まるっと心を緩めて、良いお年をお迎え下さい。

↓ 著者近影
1_20181231222653849.jpg
それでは皆様、よいお年を。

↓ 来年こそ、もっともっと良い一年になりますように。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる