FC2ブログ

桜を見に行こう・2019 ②

↓ 菊名池公園

あんまり言いたくはないのですが、
本日、新元号の発表がった為に、
この桜見物が本当に名実ともに、
平成最期の花見旅になる事に
なりました、元号が変わるの、
コレで二回目になる私です。
昭和生まれは、なんとなく
年老いた感じがしますね。

明治・大正・昭和を生きた
家のばあちゃんの気持ちは
こんなんだったんだろうか、と。
ちょっと感慨を深めたりしてます。

だから、令和を迎えるハザマのこの時期。
平成最期の花見度に、全力を掛けましょう。
とかって考える、新元号発表二日前の話です。

↓ 蓮池の向こうに盛大な桜
2_20190401232213ee4.jpg
東急東横線、妙蓮寺駅近くに位置する
菊名池公園の菊名池未面して聳える
桜の木々の花の風景がこちらです。
初めて来たけど、なんかすごいぞココ。

↓ 逆さ桜がめちゃめちゃイイ!
3_20190401232211fcc.jpg
今まで行った事が無かったけど、
なんでココを白かったんだろう?
規模は大きくないんですけど、
曇天の下だったんですけど、
この逆さ桜の迫力はもう、
何かわくわくが止まらん!

↓ ベンチがいっぱいあるのね?
4_20190401232209cb0.jpg
座り心地がイイ、木ののベンチが
池沿いにたくさん設置されております。
じっくり腰を据えて桜見物にはイイですよ。

↓ 鴨?なの?
5_201904012321326a5.jpg
ごめんなさい、渡り鳥にそれほど詳しくないので
この鳥が、なんていう鳥なのかわかりません。
見た事無い鳥が集団で池に居るのがスゲエ。

↓ 桜
6_20190401232131061.jpg
なんとなく、深い感じがします。
見るだけ見惚れる感じが久々。
初めて見るんですけど、イイ。

↓ 春先の宇宙の一歩手前
7_20190401232129f90.jpg
あくまで個人的な感想ではありますが、
桜の花の咲き方は、盛大になればなる程に
泡銀河を眺める遠方の宇宙の様相を呈します。
コレはその一歩手前、ハッブルよりも、スバルが
見た宇宙の様子に近いのかも、とか勝手に思います。
(↑解り辛い例え引っ張ってきても、共感は得られんぞ。)

↓ 妙蓮寺駅
8_20190401232128f3d.jpg
結局、東横線の菊名駅から、隣の妙蓮寺駅まで
歩いてたどり着いていしまいました。結構歩いたな。

↓ 妙蓮寺
9_20190401232126aa0.jpg
駅名の由来になった妙蓮寺を
横目に眺めつつ、ココから更に
桜を求め移動を開始し致します。

↓ さくらを求めて、平成最期の日帰り放浪旅の最中です。お付き合いください。

桜を見に行こう・2019 ③

↓ 新横浜駅から北上中

今度は、横浜線延線で花見を開始するところ。
新横浜駅駅前の繁華街を北上しております。

↓ 目的地
2_20190402221412b36.jpg
新横浜駅の繁華街のきたぐぁを流れている、
鶴見川へそそぐ支流、ええと、何川だっけ?
その河川敷へと向かっている所になってます。

↓ わあ、咲いてるねえ。
3_20190402221410a0b.jpg
結構咲いてます、が、この時まだ5分咲き程。

↓ 土曜日の昼下がり
4_201904022214096b2.jpg
この時は土曜日の昼下がり。なのでした。
木のてっぺんはまだ咲いてませんでしたが
見上げる場所に咲いてる桜は盛大なのです。
それを目当てに訪れた花見客がぎっしりでした。

↓ 桜の花の玉
5_201904022214088ab.jpg
これこれ、こういうのが見たかったの。
今年は色々タイミングが合わなくって
なかなか咲き具合のイイ桜の花が
見られなかったのですが、コレはイイ。

↓ バラつきが気になります
6_20190402221407b26.jpg
でも、今年のこの先具合のばらつきは気になります。
夕方のニュ-スのお天気コ-ナ-の解説によれば、
桜の花は、寒暖差が緩んだところで花を咲かせる
そうなのですが、この冬は寒い中に何度も何度も
小春日和が乱発したせいで開花一斉スタ-トの
スイッチの入り方に、物凄いバラツキが出てる、
という事になってるのだそうです。その上に
開花御暖かい日が続くのが常なのですが、
開花宣言後突如襲来した花冷え気候が
開花のスピ-ドを鈍らせるそうですよ。

お陰で、出掛けられない期間が
ちょっと長めでも、桜を楽しめる
そんな満開ブレーキのおかげで
まだ満開には間に合うかも、と
希望が持てているのも事実です。

↓ こんな所まで来た
7_20190402221250b12.jpg
横浜には、YFM。ココには、Fマリノスがいる。
サッカーは特にヒイキチ-ムがある訳じゃ無いけど、
Fマリノスだけには敵わない。ベルマ-レもフロンタ-レも。
畜生、お金持ちのチ-ムはそれだけでひがみ要素目いっぱい。(←僻み)

↓ NISSAN SUTADIUM
8_20190402221249582.jpg
横浜国際陸上競技場、という施設だったはずが、
ネ-ミングライツで、ココはNISSANスタジアムです。
あのゴジラ顔の多国籍権限私物化の元社長のお陰で
顔に泥塗られた洋装しか感じません、でも、YFMファンには
恐らくそんな事どこ吹く風なのだという事を信じなくちゃなりません。
サッカーチ-ムにもサッカー選手にも、サッカーにも罪は無いんだから。
(↑なんか偉そうなこと言ってるぞ、ネットの中みたいだよね、反省しよう)(^^;)

↓ 小机駅へ
9_201904022212481e4.jpg
スタジアムの一番の最寄り駅は横浜線の小机駅。
ですが、新横浜駅からスタジアムに向かった方が、
断然盛り上がるんだろうなあ、というのが分ります。

↓ ぽつんと桜の木
10_20190402221246bfc.jpg
スタジアムから小机駅へ向かう道すがら、
遊歩道にぽつんと一本の桜の木がありました。
この桜が、なんだか物凄くイイ感じで咲いてました。

↓ 桜越しのスタジアム
11_201904022212448b6.jpg
近くで園全景を収めようと思っても
なかなか画角に入ってくれない
日本最大級の競技場の姿を
桜越しにショット出来ました。

神奈川県下の、別格の強さを誇るYFMの本拠地。
東京オリンピックのサッカーでは、もちろん公式戦の
戦いの舞台になる競技場。世界の戦いを見に行きたい
とも思うのですが、このスタジアムの門を、自らくぐる事は
有るのだろうか?無いかもしれないでもくぐってみたいああ。

↓ という所で、以下次回。サッカーよりも桜です。

桜を見に行こう・2019 ④

例年とは異なる、咲き具合にばらつきがある桜を
例年とは違う肌寒い中で、花見に出かけていた
先週の土曜日のお話が、まだ続いております。

↓ ココはどこなんだ?
1_20190404230255fcf.jpg
横浜線延線で花見スポットを探しては電車を飛び降りる
という具合に花見を続けてましたが、ココはどこなんだ?

↓ 鶴見川沿い
2_2019040423025432c.jpg
JR横浜線、鴨居駅近くに桜の名所がある、
とのケータイWEB情報を発見して電車を降り
駅からすぐの鶴見川沿いに、花見に参じました。

↓ 遠くまで桜がある
3_20190404230253e53.jpg
鴨居かあ、前にららぽ-とへ行ったときに
送迎バスが出てた場所だけど、今は
ソレが、無くなっちゃったんでよね。
ららぽ-と横浜は、一時閉館が
検討されたそうですが、冬に
新しいテナントが入って
盛り返したそうですよ。
歩いて行くには
遠い感じです。

↓ 片腕でも桜のア-チ
4_201904042301401f4.jpg
川の南岸にしか桜並木が無いので
桜のア-チは片腕な訳なのですが、
それでもこの見た目は、壮観ですよ。

↓ まだ満開じゃなかったけど
5_2019040423013822b.jpg
まだ満開ではありませんでしたが、
ところどころに、このリトルコスモス。
銀河が泡のように散ばる大宇宙観の
小さなモデルが見え隠れしております。
(↑この例え、はっきり言って無駄じゃ?)(^^;)

↓ 振り返る
6_201904042301373eb.jpg
まだ満開じゃないのにこの迫力。
こういうのが近所にあるのは
凄く羨ましい限りですよね。

↓ さくらまつり
7_201904042301350f2.jpg
おりしもこの時は、地域のお祭り、
鴨居桜まつりを開催中なのでした。

↓ まだ続く桜並木
8_20190404230134579.jpg
お祭り区間が終わっても、
その先にまだ桜並木。
しかもこの先だけ
開花の具合が
遅いのです。

ひょっとしたら、今週末以降も
桜はもつのかもしれませんよ。

↓ まだ先週の桜の話が続きます、お付き合いくださいね。(^^;)

桜を見に行こう・2019 ⑤

↓ 芹ヶ谷公園

平成最期の花見行脚の模様です。
JR横浜線延線で花見スポットを
捜し歩いた、先週土曜日の話。

↓ 東京都町田市立の芹ヶ谷公園
2_20190406002106769.jpg
町田の駅からまっすぐ北上して
徒歩20分位のところにある公園。
それが芹ヶ谷公園になっております。
何と、今回初めて足を踏み入れました。

↓ お目当ては桜です。
3_20190406002104851.jpg
今まで行った事が無かった場所の
盛大な桜を楽しみに行こう、と、
最初の一週間の話題はは、
あえてド定番を外して
行った事の無い場所へと
足を運んだ話題でございました。

↓ ゲートの向こうへ
4_201904060021028c4.jpg
一般道が上を走っているゲ-ト、
その向こう側が、もうパラダイス。

↓ なんだかスゲぇ!
5_2019040600202043b.jpg
広場のフチを埋め尽くす桜の枝ぶりが
やたらと感動的な光景をみせてます。

↓ 桜、全開!
7_20190406002017840.jpg
ただボーッと眺めてるだけでも
来た甲斐があったという感じ。

↓ 道理が分らぬ大噴水
6_20190406002019f70.jpg
日本の鉄骨がやたらと勢い良く
ぎったんばったん向きを変える
道理のわからぬ噴水うを前に
しばらく見ほれるひと時でした。

↓ さくらがいいかんじ
8_20190406002016a85.jpg
再びリトルコスモスに出会う
桜の花盛りがイイ感じです。

関東では、今週末が桜満開の限界で、
週明けからは桜吹雪と葉桜の時期が
訪れる予想になっているそうなのです。
今年は天候不順で桜花の咲き揃いに
ばらつきが有る上、季節外れの寒波で
桜の花が奇跡的にながもちしてますが
この週末が最期の見頃なんだそうです。

さあ、皆様、桜を見に行きましょ。

↓ さくらは見なくちゃいけません、と、個人的に思うモノ。

桜を見に行こう・2019 ⑥

↓ 横浜市営地下鉄・ブル-ライン、三坂上町駅

平成最期のプチ花見旅、今回は
ココから、三ツ沢へと向かいます。

↓ もう見えてる
2_20190406235213200.jpg
三ツ沢公園へと向かっているところ、
公園へ向かう道すがら、もう盛大な
桜の並木がドカンと見えております。

↓ 入口のひとつ
3_2019040623515337e.jpg
もうこれだけで、めっちゃ桜の光景です。

↓ 凄い咲きっぷり
4_20190406235152fc8.jpg
もうものすごい咲きっぷり。
「ドバッ!」という形容詞
ソレしか思う付きません。

↓ 桜舞い散る
5_201904062351512bb.jpg
まだ満開前だ、と思っていたらちょっと多めに
桜吹雪が米落ちた跡がそこここにありました。

↓ 背の高い桜の木々
6_20190406235149d61.jpg
公園にある桜の木々は、
背が高いのが特徴です。

↓ お子様連れの、お花見真っ盛り。
7_201904062351490d4.jpg
コレは今週中ごろのお話。まだ春休み真っ最中だったので、
小さなお子様連れのお花見のお客さんが目白押しでした。

↓ ソメイヨシノの大木
8_20190406234409e31.jpg
公園施設のエントランスでは
巨木のソメイヨシノがお出迎え。

↓ 三ツ沢陸上競技場
9_20190406234408684.jpg
横浜の二つのクラブチ-ムの
ホームグラウンドになっている
横浜サッカーの聖地のひとつ
といえる競技場が実ははココ。

KINGはココでホーム線を戦ってます。

↓ 三ツ沢公園
10_2019040623440672f.jpg
今まで出かけた事が無かった
県内の桜の名所を巡ってみよう、
という感じで、色々回ってみた話は
ひとまずここでしゅうりょうになります。

次回からは、もうベッタベタな
神奈川県の桜の名所を巡ります。
それもまた楽しいじゃありませんか?
という方向性に変わります、よれちき。

↓ 今週末が桜の盛りの最後、ですが、今年の桜はまだ続きます。


オマケ、一個あり。
     ↓


続きを読む

桜を見に行こう・2019 ⑦

↓ みなとみらい
1_201904072315013cc.jpg
ココから先は、もうベタベタもいい所の
神奈川県の桜の名所めぐりのお話です。
毎年のように足を運んでる場所ですので、
桜の花の迫力だけは折り紙付きなのです。

↓ まだ満開じゃ無かった桜の花
2_201904072315001d2.jpg
コレは先週の話なので、まだ微妙に満開手前の桜が見られていた
桜木町駅前から続くペレストリアンデッキからの桜通りの桜です。

↓ ららら ランドマ-ク (←怒られるぞ)(^^;)
3_20190407231458d50.jpg
tvkを見てる人なら一度は聞いたことがあるフレ-ズ。(←おそらく神奈川県民にしかわからないネタ)
勝手に使うと間違いなく怒られそうなですが、それはともかく、桜越しのランドマ-クは、画になります。

↓ かと思えば
4_2019040723143722c.jpg
汽車道入口の大ぶりな桜、こちらは既に
ちょっと葉桜になりかけておりました。
この汽車道の桜を見に行きます。

↓ 葉桜気味
5_20190407231435a63.jpg
今年の開花のばらつきは、もうどうにもなりませんでした。
片や七分咲き、その隣には葉桜、という景色があちこちに。
桜は見続けてきましたが、こういうバラつきは、滅多に見ない。

↓ 汽車道沿い
6_20190407231435b62.jpg
これぞ満開、そんな咲き具合があったのも、
咲き具合のばらつきのお陰だったりします。
WP(ワ-ルドポ-タズ)の前のあたりは
文句ない満開でした。ココは凄かった。

↓ ナビオスゲ-ト越し
8_201904072314320a7.jpg
足元にふわふわの桜をまき散らしてる
ランドマ-クの聳えるゲ-ト越しの景色。
春しか見られないこの景色は大好きです。

↓ ド定番!
9_2019040723101619c.jpg
万世橋からみたみなとみらいの全景。
ド定番のこの景色も、桜の時期には
この時期ならではの、味のある景色。

↓ みなとみらい さくら通り
10_20190407231013cac.jpg
ランドマ-クプラザとコスモワ-ルドの間を通る
この桜通りの気色も、見応えがあるものです。

↓ 立派に育った桜です
11_201904072310110ad.jpg
若い頃に見た、若い桜の木しかなかった「どこが桜通りなのか?」
という景色を知ってるだけに、この桜の盛大さはもう、立派に育った
娘の姿を見ている様で、ちょっと涙しそうです。(←娘いないけどね)(^^;)

↓ さくら通り越しのランドマ-ク
12_201904072310119be.jpg
日本で二番目の高さの建物になっちゃった
ランドマ-クタワ-ですが、それが何ですか?
これだけさくら越しの姿が似合う建物ありますか?
(↑という、個人的な思い入れのお話でございます)

↓ 最後に桜通り
13_20190407231009122.jpg
すごいなあ、小さかった桜の木が、ココまで道路を覆う
桜の並木に育った画が、毎年派手になって行きます。
そういう思い入れが、毎年見に来る結果のなってます。

↓ さあ、まだまだベタベタな神奈川県の桜が続きますよ!

桜を見に行こう・2019 ⑧

↓ 戸塚⇔大船のJR駅間

毎年行こうと思いつつ、今まで一度も行ってない
JRの戸塚駅と大船駅の間に線路に沿うように流れる
柏尾川沿いには、めちゃめちゃ桜並木が続いていますが、
今年も車窓から見るだけでお有ってしまいました。残念ですが、
そういう余録は置いといて、神奈川県の桜の名所へ移動中です。

↓ 鶴岡八幡宮
2_20190408214457a16.jpg
数年前に、段葛の桜をすべて植え替えて以来、
桜の時期に桜が見られない鶴岡八幡宮の参道。
数年間、見に行ってなかったのですが、今年は
若い桜の並木が出来た段葛を見に行きました。

↓ この時はまだ満開では無かった段葛
3_20190408214455b60.jpg

4_20190408214453dc8.jpg
まだ若い桜並木が、満開では無かった参道。
若干残念感が生じた半面、この参道は今後、
どんどん成長する桜並木を、毎年眺められる
というめちゃめちゃ楽しみな未来を手にしました。

↓ さくらは咲く
5_20190408214425127.jpg
若い桜並木が、長い年月で育つ姿は
みなとみらいで経験しております。
コレはもう嬉しくてしょうがない。

↓ 振り返る
6_201904082144247b1.jpg
この桜並木が物凄い桜のア-チになったら、
そう思うとめちゃめちゃわくわくしますよね。
それを見られるのは何年先なのかが
わからないんですが、楽しみです。

↓ 八幡様
7_201904082144227da.jpg
社殿江尾遠くに見ながら
もうひとつ見に行くところが、

↓ 弁天池
8_20190408214421d52.jpg

9_20190408214419a8a.jpg
ココはもうほぼ満開。
見ごたえのある桜です。
イイ画が見られた感じです。

↓ 神前結婚式
10_20190408214344952.jpg
珍しい場面、神前結婚式に出会いました。
桜の時期に八幡様で結婚式、コレはもう
忘れられない思い出になるんでしょうね。

外国人観光客や参拝客がこぞって
写真撮影をしてらっしゃいました。
外国人の方にはレアな場面、
見てる人にもいい思い出。

↓ 久しぶりの桜の参道
11_20190408214342b40.jpg
拝殿前から、参道の桜の一本道を眺める画。
なんだかめちゃめちゃ久しぶり、もっと盛大に
育っていってくれることを切望しております。

↓ 拝殿
12_2019040821434141b.jpg
久々にやって来た鶴ケ丘八幡宮で見た
参道の桜が復活は、嬉しくてしょうがない。
まだまだこれから綺麗になる桜を思い描き、
この日この時最大の喜びに浸っておりました。

↓ さくら
13_2019040821434029a.jpg
でもこの日は、まだまだ桜を見に行かなければ、
そういう予定になっていたので、後ろ髪惹かれつつ
次へと向かうべく、気持ちを切り替えて次へ進みます。

↓ 大鳥居
14_20190408214339086.jpg
そんなこんなで、めちゃめちゃ嬉しかった
鶴ケ丘八幡宮の桜見物でございました。

↓ 今年の桜、まだまだ続きます。

桜を見に行こう・2019 ⑨

↓ 引地川・千本桜
1_201904092322569a2.jpg
鎌倉から電車を乗り継ぎ、下車をしたのは、
小田急江ノ島線、高座渋谷駅でございます。

↓ サクラ案内
2_20190409232255c3c.jpg
小田急線の、高座渋谷駅⇔桜が丘駅間の
引地川沿いに存在してる盛大な桜並木は、
千本桜と呼ばれるほどの目を見張る名所。
過去何回もこの時期このブログに登場した
個人的にめちゃめちゃ好きな桜の風景です。

↓ ・・・もう葉桜。
3_2019040923225476d.jpg
辿り着いたとたん、もう葉桜じゃん、
的な一本に遭遇してしまいました。
今年の桜のばらつき具合は異様。
こんな感じでお終いじゃないよね?

↓ まだ6分、って感じ
5_20190409232215329.jpg
葉桜気味の桜を愕然としいてたら、
その向こうの桜の木は、何故か
まだ6分に満たない咲き具合。
バラつきが半端無いですよ。

↓ ようこそ、千本桜さくらまつりへ
4_20190409232217316.jpg
そう、その「千本桜さくらまつり」が、
もう終わってた時に出向きました。
まだまだ満開じゃなかったのに
お祭りが終わってしまってた、
これが桜まつりの落とし穴。
桜の開花時期ってのは、
毎年水ものですから。

↓ 桜のア-チ
6_20190409232215679.jpg
あっけにとられる様な桜並木は今年も健在、
毎回思う、この桜は、やはりスゴイのです。

↓ 花びらが流れていく
7_201904092322132bf.jpg
咲き方に極端なばらつきがあっても
花の散り際を迎えている花もあるので、
川の水面には、ゆったり沢山の花びらが
流れてくる風流な画ができあがってました。

↓ 逆さ桜の引地川
8_201904092322120b7.jpg

9_20190409230744fa1.jpg
流れが穏やかな引地川の川面に
見事な逆さ桜が見えておりました。
いやもう、コレがイイ感じなのです。

↓ 桜のア-チ
10_20190409230742398.jpg
桜ヶ丘駅方面に近づくと、
川沿いの道路の反対側にも
桜並木が出現、この先が更に、

↓ サクラ並木が一挙に三列
11_2019040923074173e.jpg
桜の並木が一挙に三列になります。
ココで見られるのが、まさに桜の天蓋。
見渡す限り桜の花の下、コレが目を奪う。

↓ 名残惜しさ炸裂です。
12_20190409230740f38.jpg
ココを抜けたら、桜並木は切れます。
千本桜、名残惜しい、ココは好きです。

↓ 桜ヶ丘駅は、桜の駅前
13_20190409230738fdf.jpg
桜ヶ丘駅まで来ると、最後に駅前のロータリ-が全部桜一色で、
最後に桜がお見送り、みたいな感じになってる桜色の駅前です。
高座渋谷駅前から千本桜まではちょっと歩かなければならなくて
期待を高めてくれます、そして名残を惜しんで千本桜を離れると、
最期に桜ヶ丘駅前の盛大な桜のロ-タリ-がお見送りしてくれます。
千本桜は、高座渋谷駅から桜ヶ丘駅へ向けて歩くのがイイ感じです。
今年はもう散り際ですので、来年の桜見物にこの情報をお使いください。

↓ そろそろ桜の散り際ですが、今年の桜は、まだ続きます。

桜を見に行こう・2019 ⑩

↓ 商店街のふわふわ
1_201904122109374da.jpg
今年の桜も、そろそろ終わりを告げる中、
まだ桜の話を続けてます。仕方ないです。
花冷えの寒の戻りで、なんだか桜の花が
長持ちしてしまった二週間だったもので。
今年も、神奈川県の桜の締めはココです。

↓ 街路樹の桜
2_201904122109350ad.jpg
もうもう、このふわふわ感に
出会った瞬間にヤラれてます。
まだ満開じゃなかった時なのに。

↓ お堀端、北の端
4_2019041221093204b.jpg
来ましたよ、小田原城お堀端ですよ、
神奈川県の花見のトリはやはりココ。

↓ お堀端の逆さ桜
5_2019041221093053d.jpg
これこれ、これがめっちゃアガる景色なのです。
お堀端の桜が掘割に写る逆さ桜の景色なんです。

↓ 桜のア-チ
6_20190412210855c44.jpg
この光景、自然と笑顔になりまする也。
お堀端の桜は、今年も絶景を造ってます。

↓ 毎年凄い画
7_20190412210854233.jpg
眼鏡橋の袂に咲くこの桜。
毎年めちゃめちゃ凄いの。

↓ アカネの雲が水面に写る
8_201904122108528c7.jpg
夕暮れ間近だったお堀には茜がさした綺麗な雲を写す
光景がいつしか出来上がり、見応えある景色がありました。

↓ 二の丸堀、南端から
9_201904122108518ba.jpg
色んなものがお堀の水面に移り込む
凄い景色が。当たり前のようにココに。
この景色は、なかなか見られませんよ?

↓ 夕映えの逆さ桜
10_20190412210849c0f.jpg
言葉が出てきません。逆さ桜が物凄すぎる。

↓ 二の丸南堀の端っこ
11_201904122108135af.jpg
この景色が、めちゃめちゃ好きです。
この時はまだ、微妙に満開前でした。
それでも目を見張る桜の景色が大変。
溜息しか出ない桜の景色があるのです。

↓ 散った桜の花
12_20190412210813faa.jpg
散った、というより、何かの拍子で
地面に落ちちゃった花がありました。
コレも桜の景色のなかのあるあるです。

↓ 桜の天蓋
14_20190412210811192.jpg
もうもう、コレが凄い、見上げる限り桜の華です。
ふと、いきなり凄い景色がいきなりやってきます。

↓ 天守閣までやってきました
15_20190412210809cd8.jpg
天守閣にかかる桜の風景。
天守閣付近はもうやたらに
桜の凄い景色が点在します。

↓ さくらの酒と、小田原おでん
16_20190412210807ded.jpg
桜の時期の二月前から準備していた
桜のお酒と小田原おでんで暖を取る。
この日はやたら寒かったんでそりゃもう
寒い中の酒と熱々のおでんが染みました。

↓ 桜はもう終わりかけですが、もう一回桜が続きます。

桜を見に行こう・2019 ⑪

↓ さくらの酒

桜の酒精漬けをごっそり日本酒に突っ込んで
約ひと月漬け置きした桜の香りのするお酒を
花見のお供に運んできた、小田原のお花見。
ちょっと休んだりしながらも、今回が最終回。

↓ 小田原城天守閣
2_20190415002806470.jpg
大改修工事で真っ白に蘇ってから
早くも一年が経った天守閣を眺め

↓ 天守閣に掛かる桜
4_201904150028064db.jpg
その大天守閣に掛かる桜を肴に
桜の酒をちびちび舐める桜花見。

↓ 天守閣広場の桜
3_20190415002805c18.jpg
昨年から始まったLEDのライトアップが
イイ感じで桜を照らしているのですが、
このライロアップが、ちょっとだけ
違和感をかもしている事もあります。

↓ 赤い!
6-1_20190415002444325.jpg

↓ 黄色い!
6-2_20190415002443ffb.jpg

↓ 青い・・・。
6-3_2019041500244116c.jpg
確かに色々と幻想的できれいなんですが、
なんだかちょっと気持ち悪い色に感じる。
個人的には桜は桜色が一番いい感じ、
でも、コレも大型のLED投光器という
お金のかかる代物が導入出来てこそ
完成しているので、桜見物のお客様に
楽しんで頂こう、という趣旨のモノですよ。
違和感は個人的なモノで、批判するのは
見に来て楽しんでくれているお客様たちに
失礼に当たるかもです。軽口は慎むべき、と。

↓ 東堀
7_20190415002440c35.jpg
天守閣広場の桜から離れて
お堀端の夜桜見物に向かいます。
二の丸東堀の桜並木を眺める画です。
陽が落ちてからのお堀に写る逆さの桜が
見応えが半端無い、言うまでもない事です。

↓ 再び、お堀の北の端から
8_201904150024082bc.jpg
やっぱりここから見る風景が
小田原城お堀端の桜見物の
スタ-ト地点だ、と思います。

↓ 堀に張り出す桜の枝
9_20190415002406400.jpg

10_20190415002404c96.jpg
ライトアップされてるお陰で
逆さ桜が、鮮明に楽しめる
眼鏡橋前の桜の花です。
ココは毎年キレイです。

↓ 南堀に到達
11_201904150024022c7.jpg
 
12_20190415002401930.jpg
お堀の南端、ココの逆さ桜も絶景なのです。

↓ 眼鏡橋方向
13_2019041500194503a.jpg
南堀から見た眼鏡橋方向の桜並木と掘割。
ちょっと暗くなっちゃったから、伝わりづらい。

↓ 南堀の逆さ桜の数々
14_201904150019443c1.jpg

15_201904150019434f8.jpg
もう、もう、こういう景色が見たいが為に
毎年桜の時期、このお堀端に通います。
この景色見れなきゃ春が来ないのです。

↓ 今年の締めの桜、かも、
18_2019041500194122a.jpg
今年の桜の花は、概ねおありになってしまいました。
桜の花を愛でに行くのは、また来年のお楽しみです。
来年は、またどんな桜が見られるのか解りませんが
毎年桜の時期はやってきます、来年、令和の元号で
見る桜の花を楽しみに、平成最期の花見はココで終了。

↓ 皆様の、平成最期の桜は、どんなものでしたでしょう?楽しめましたか?

何の因果か、三年目。

大震災から三年目を迎えた熊本、阿蘇山が、
何の因果か大地震からちょうど三年目のこの日、
火山性微細動が活発化し、何の因果か噴火しました。
なんでこんなタイミングなんだか、もう全然わかりません。

出来るだけ早く事態が収拾する事だけを願いましたが。
真なん尾因果か、このタイミングです。あんまりと言えば
あんまりなタイミング、何とか元に戻ってほしいものです。

阿蘇山噴火(2019)のニュース → ニュース


↓ 事実は小説より奇なり。

まだ、桜を引きずってます。

↓ ステスクの大櫻

相模大野駅の駅ビル、
ステ-ションスクエアで
毎年飾られてる桜の大樹。

本物ではないのですけど、
ココの桜の出来栄えが凄くって、
機会がある限り毎年見に行きます。
今年の桜はほぼ終わってしまいました、
今年は例年に無いばらつき具合でしたが、
冬を乗り越えた、桜の花の爆発的な開花の
命の咲く姿を、眺めるてくることが出来ました。

来年も、また桜を眺められるのかな?
来年も桜を眺めに行きたいと心に誓い、
これから一年、頑張って生きて行こう、と、
心新たに、この先生きて行く決意を固めて、
来年の桜に向け負けない自分になろうと思う。

桜を見に行こう、2019、色々飛んだりしましたが、
これにて終了です。お付き合いありがとうございました。

↓ 桜、個人的には、盆、暮れ、正月よりも、一年の句読点。来年も楽しみです。

空はたそがれ。

↓ そがれの西の空に、大山と富士山。
2_2019041723441985c.jpg
たまにあるのです、仕事が混んでた連勤明けの公休日が
連続して雨になったり、出掛けても収穫が無かったりして、
全然写真が無くなっています。ありていに言えばネタ切れ。

ネタがあるときにサボるのと、ネタが無いので休むのは
似ているようでちょっと違う。(←人には理解されないぞ)

それはともかく、ネタを仕入れられるのはしばらく先なので、
今まで使えなかった写真や、以前の写真で場つなぎします。
しばらくそういう感じの仕上がりに、お付き合いくださいませ。

↓ まあ、こういう事もありますので、ご容赦を。

鎌倉の牛まん。

↓ 牛まん喜八郎

鎌倉へ花見に出かけた時に見つけたのがコチラ。
牛まん専門店。豚まんじゃなくて、具が牛肉です。
コチラは飛騨牛の美味しさを知ってもらいたい、
という趣旨で店舗展開する、飛騨高山のお店。
店舗は飛騨高山にしかないモノが、いきなり
鎌倉に出店しておいでです、なんかすげえ。

↓ コレが牛まん
2_20190419233839140.jpg
ショウガを利かしたりしていない、
甘辛く煮られた具が美味しいのです、
が、飛騨牛の肉まんが果たして鎌倉で
名物と言ってイイのかどうか、というのと、
美味い余り、断面ショウの撮影をしておらず
どう伝えてよいのかわからず、仕方なく没です。

ネタが無いので、ごめんなさい、でもコレが
もうめちゃめちゃ美味しかったのは間違いなし。
これがきっかけで飛騨牛食べてみたい、という
方が現れてくれると、それはそれでいい事かも。

↓ 出かけられないので、没ネタ復活大会を開催中です。

コロッケそば。

↓ コロッケそば

大好物なんですよね、
ブログ的には、なんでか
やたら出てきてるモノです。

真の蕎麦好きからすると
邪道、になるんだそうです。
暖かい蕎麦の上に乗ってる
コロッケは結果として汁を吸い
サクサク感をなくしてぐっずぐず、
澄み渡ったそばつゆの中でもって
そのぐずぐずをぐるぐるかき混ぜて
つゆとコロッケの混ざる成れの果てを
ごふごふお見込んでいくのが好きです。

こういうぐずぐずな感じこそが、
蕎麦好きには邪道とされます。

でも、すきなんですよねえ。

↓ 駅蕎麦の可能性は、まだまだ半端無いぞ!と思ってます。

ビアンキだ!

↓ ビアンキ
1_20190421231441212.jpg
ビアンキのシングルスピードに出会う。
残念ながらチェレステはロゴだけでした。
でも、これ、いったいいくら位するんだろう、

なんにしても、シングルスピ-ドでビアンキ、
こういう趣味満開の自転車って、いいなあ。

↓ うちの近所じゃ、ギアが無くちゃ使い物になりません、坂が多くて、

日高屋でラ-メンを喰わない奴の話。

↓ 三種のおつまみ

日高屋、当たり前に街中にある
あの日高屋なんですけどね、

日高屋行くと、どういう訳か決まって
このおつまみとビールでお終いで、
ラ-メン食べない事が多いです。
一体何しに日高屋行っとんの?

鶏肉炒めとキムチとメンマ。これだけで、
ビールがめちゃくちゃ美味いしくなるのね。

↓ ネタが無い時って、こんな感じのグダグダです。

再びのカ-ボン山。

↓ 菊名駅

実は、まだ桜の時期を引きずっています。
これこそが、平成最期の桜見物ですのよ。

↓ ココが目的地(菊名桜山公園)
1_20190423234933506.jpg

2_20190423234931d72.jpg
前回ココを見に来たときは、桜が一個も咲いてないという
真冬の様な春先でした、そんでココの桜は全部八重桜って
いう事を知り、今度こそ咲いてる桜を見に行ってやるのである!
と、わざわざはるばる電車を乗り継ぎ出かけてきたわけなのです。
菊名桜山公園こと、別名カーボン山、名前の由来は、まあ置いといて、

↓ ヤバい、出遅れた感半端無いですぞ、
3_20190423234931fb1.jpg
なんだか、もう桜が散っちゃってる感が
半端無い感じの花びらのつもり様です。
これってもうヤバいんじゃないだろうか?

↓ やった、間に合った!
4_201904232349289d8.jpg
ちょっと葉桜だけど、まだ間に合った!
カ-ボン山の桜はなんかもう壮大です。

↓ すげえ!
5_201904232348537fb.jpg
いやああもう、この桜を
今まで見てなかった事に
ちょっと腹が立ってきた感じ
何で?もっと早く知りたかった。

↓ 桜のじゅうたんの様な景色
6_2019042323485182b.jpg
コレがもうスゴイ景色。
なんだか感動してます。

↓ 桜餅みたいな感じ
7_20190423234850cf8.jpg
八重桜を含めて、葉桜はもう
見頃を過ぎた花の事だ、と、
何処かで思っていましたが、
八重桜の葉桜は、ちょっと
桜餅の様な見た目な感じ。
凄く美味しそうに見えます。
道明寺の桜餅っぽいです。

↓ 平成最期の桜花見
8_201904232348480b1.jpg
個人的には、名実ともに、コレが
平成最期の桜花見になりました。
次に見るのは令和の桜花見です。

時代を超えた桜の花見、とかいうと
なんか仰々しく思えてしまいますが、
来年も咲くyらを見に行かなくちゃ、
と、今から気合を入れているところ。
冬を乗り切って春を迎えた、桜木の
命の爆発、コレは見に行かなくちゃ、
と、思うでしょ?桜なんですからね。

↓ ってところで、また来年も、桜の見物先が増えました。

今更ですが、シャリカレ-を食べてみた話。

↓ カレーです。

もう、発売からどれだけ立っているのか
分らなくなてるんですが、もう今更ながら
くら寿司の、シャリカレ-を食べてみた話。

↓ 普通のカレーに見えるんだけど
2_20190425004311976.jpg
カレ-ライスですよね、どう見ても普通のカレーなんですが、
ご飯は酢飯です、酢飯に合うカレー、という事で造られた
回転ずしの仰天メニューとして話題をさらった事がある
シャリカレ-を今更試してみましたが、美味くて仰天。
めっちゃめちゃ美味いのです、これがまたもう。

↓ 福神漬けの代わりに、ガリ。
3_20190425004309a84.jpg
これがめちゃめちゃ好きな味になりました。
福神漬けの代わりに、寿司の友、ガリです。
回転寿司のガリは、食べ放題ですからね。
(↑食べ放題だからてんこ盛りはNGです)

↓ なんだこれ、美味すぎじゃんか。
4_20190425004308631.jpg
もう何年も前に販売開始されてるのに
今更食べてみたこの時期外れですが、
コレは、食べてみる価値あり、と、今更。

↓ 完食
5_20190425004306fd2.jpg
給料日すぐの贅沢ランチとして出かけた「くら寿司」で
いままで鼻で笑ってた物で衝撃を受けてしまいました。
世の中どんなものでも、なめてかかってはいけません。

↓ いろいろ発見は尽きません、常識に囚われ過ぎると損する感じです。今更ですが。

ドムドム ④

↓ ドムドム厚木店

毎度おなじみ、ドムドムのお話です。
なんでこんなんドムドムなのかというと、
経営刷新で新たな目玉になった製品の
四半期に一度メニューが変わる例のアレ、
季節代わりのフィッシュバ-ガ-があるから。

↓ その4
2_20190426234734a4e.jpg
今回はコレ、実は三月下旬から
販売は既に開始していたのですが、
完全に出遅れてしまって、この時期に
出掛けることになりました。しかし、コレ、
気になるモノを出してくるのがドムドムです。
他店では人気の無い部類のフィッシュバ-ガ-、
それをッ目を惹くイベントに押し上げてるのが好感。

↓ しばし待つ
3_201904262347321b4.jpg
オーダ-後、到着をしばし待つ。

↓ ピンクタルタルフィッシュバ-ガ-
4_2019042623473199d.jpg
ピンクのタルタル、その正体は
柴漬けとタマネギのみじん切りを
具材に使ったタルタルマヨネ-ズ。

↓ ピンクのタルタルフィッシュバ-ガ-
5_201904262347294f3.jpg
野菜たっぷりのフィッシュバ-ガ-に
ピンク色のタルタルソ-スがドカっと、
コレは見た目のインパクトが巨大です。

↓ ・・・ピンク色だ。
6_20190426234728789.jpg
コレを毒々しいとか思うなかれ、柴漬けに含まれる紫蘇風味と香りが
タマネギのしゃくしゃく感と相まって、フィッシュバ-ガ-では独特の
魚臭さを見事に打ち消すことに成功しており、めちゃめちゃ美味。
こんなやりkたがあったのか?!という感動を生んでおります。
コレは、レギュラ-マニューにしてほしい感満点の新境地。
いやこれで止まったら次が味わえない、次は何だろう?
(↑もう既に次が楽しみになっててたまりませんのよ)

↓ もうひとつ
7_201904262346287de.jpg
もうひとつ、またもハンバ-ガ-屋で
ハンバ-ガ-喰って煮じゃん敵メニュー。

↓ 根菜鶏つくねバ-ガ-
8_2019042623462764f.jpg
鶏肉のつくねに蓮根が挟まった和テイスト満載の一品です。
またもハンバ-ガ-ではありません、でもコレ、気になるでしょ?

↓ 蓮根てんこ盛り
9_201904262346258bb.jpg
鶏肉と蓮根、相性がいいのは間違いありません。
筑前煮とかで、古くから使われる組み合わせです。
それが照焼き風タレとたっぷり野菜でひとまとめです。
これが美味くない訳は無いだろうけど、しかし、果たして、
パンとの相性は、どうなんだろうかな~、とか思いましたが、
希有でした。蓮根の歯ごたえがふわふわつくねにアクセント、
パンにだってめちゃめちゃ会いました、コレは大発見なのでした。

↓ スゲェぞドムドム
10_20190426234624588.jpg
姿勢の有名チェーン店でも、色々なキャンぺ-ンで
新作が目白押しなのはご存知の通りなのですが、
経営刷新により、大手に比べて出店数が少ない
ドムドムの挑戦は、なんだかその切れ味が
半端無いように見えて、目が離せません。

次は何を放り込んできてくれるんだろうか?
色々と、期待が高まってきてなりません。

↓ ドムドム、切れ味がヤバすぎるぜ!


オマケあり。
   ↓

続きを読む

金の麦とろ、日本酒飲み放題。

↓ ビナウォ-ク

実は、昨年11月にオ-プンしていたお店なのですが、
そのお店の話を知ったのは、つい最近だったもので、
中々の衝撃を受けたお店のお話謎を致します。

↓ 金の麦とろ、海老名
1_201904272309110b4.jpg
ビナウォ-クのレストラン街、フロア直通エレベーターの
出口真正面という好立地に、テナント入れ替えで登場した
うどんととろろと和食のお店、「金の麦とろ」。外観の写真無し。

↓ お目当てはコレ
2_20190427230909714.jpg
制限時間1時間という縛りなのですが、
たったの1000円で、店舗セレクトの
日本酒が飲み放題、というコ-スが
あります。開始時間は15:00から

↓ セルフサービス
3_20190427230908177.jpg
飲み放題を選択する旨を店員さんに告げて、
了承を受けたら地酒コーナ-へ向かいます。

↓ 店舗セレクトの地酒群
4_2019042723083340f.jpg
氷床の寝かされている銘酒の一升瓶から
自分でグラスにお酒を注いで持ってきます。
名の知れたものから、初めて知る銘柄まで、
随時一日8種類、しかもお酒は日替わりです。

↓ もっきり
5_2019042723083115e.jpg
自分でもっきり(盛り切り)、
もっきりってのはグラスから
受け皿へこぼれるまで注いだ
てんこもりの注ぎ方、という名称。
既にグラス半分は飲み干してある。

↓ タチ天(タラの白子の天ぷら)
6_201904272308293ad.jpg
おつまみとしては、もう時期も終わりだった白子の天ぷら。
この濃厚な熱々が、冴えまくる冷酒をさらに引き立たせる。
冷でさっぱりした口にさらに濃厚を乗せていく無限ループ。
むははは、コレがなんかもう、癖になる感じでございますよ。

↓ 安いけど存在感満点
7_20190427230829973.jpg
むかご(山芋の子)の蒸した奴と
厚焼き玉子のところかけです。

むかごのホクホク感が良いつまみ。
そして、店の看板になってるとろろが
ふんわりした厚焼き玉子と絡まってる
コレがなんかもう、目からうろこの食感。

↓ 熱燗機完備
8_20190427230827f56.jpg
御燗の温度を細かく著性出来る熱燗機が置いてあって
セルフサービスですがお好みの燗付けも楽しめますよ。
この日は取敢えず、出てた酒全てコンプリ-トしました。

が、行く度にラインナップが変わるというのであれば、
コレは通う必要がある事必須な感じが致しております。
ちょっとしたパラダイスの出現に、久々に燃えております。

お酒を飲まれない方、並びに未成年の皆様。
お酒の話に終始致しましたこと、誠に申し訳ございません。

↓ 明るいうちから日本酒飲み放題って、何となくダメ人間観炸裂ちゃん。(^^;)

明日は最後の日。

いよいよ平成が終わる日が近づきました。
明日こそが、平成最期の日になる訳です。

昭和から平成へと変わった時は、何かもう、
「へぇ~、そうなんだ~」位に思ってました。
何の感動もなく時代が移ってしまった感じ。

でも、その時思ったことは、明治後期に生まれ
大正、昭和の戦争の時代御を生き抜いた後に
戦後の新時代を生き、平成に変わる2年前に
この世を去った祖母の事が思い出されます。
もし死期がもう二年遅かったら、亡き祖母は
明治・大正・昭和・平成を生きた女性だった、
という事に、なったのかもしれないのですが、
その孫の私が今度は、昭和・平成、令和の
三時代を生きてしまいました、この先果たして
どうなるか、まだまだ全然まったくわかりません。

令和って、何年くらい続くのか誰も知らないんだから、
この先も個人として頑張って生きていくしか無いでしょ?
さあ、頑張って、頑張って、これからも生きていきましょう。

↓ 明日で、ひとつの時代が終わる。それは、なんだかんだ感慨深いの。(^^;)

平成最期の夜。

皆様が生きてきた「平成」という時代は
ご自分にとってどんな年月でしたでしょうか?
各々胸に去来するものがあったり、なかったり。

平成は、日本が主体的に戦争に参加しなかった時代、
と言われますが、戦争に参加しなかったわけでは無い、
いろいろ解決できていない問題が山積していったような
そんな感じがひしひしと感じがします、人それぞれですが。

テレビは元号代わりをネタに
平静を振り返る特番で目白押し。

この際ですから、そういうものとして
もうすぐ終わる平成にどっぷり浸って
やってくる新時代「令和」の望みましょう。

そんなこんなで、明日から、時代が変わります。
どんな時代になるか、わくわく半分、畏怖感半分。

月並みですが、ご苦労様「平成」次がやってくるよ!

↓ なぜだか、平成最期の日も、令和最初の朝も、雨の一日です。
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる