FC2ブログ

月初がちょっとした苦痛だった話。

七月になりました。
皆様お変わりないでしょうか?

月が変わって月初になったとたん、
問題山積で、全然仕事が進まない
そんな一日を過ごして帰還しました。

昨日までと何にも変わらない、何で? (^^+)

まあ、月末・月初って、普通に仕事してたらこんなもんですよね。(^^;)

↓ 明日はきっと何とかなるさ。(という楽観視)(^^;)

ダウン。

気が付いたら寝倒れておりました。
色々ダメージがある様で、本日はダウン。

↓ なかなかうまくいかないことの方が多いもの。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ①

↓ 東急東横線・新丸子駅
1_20190703222206a86.jpg
以前、JR南武線・稲田堤から延々北上した第一弾、
そして、同JR南武線・稲田堤から南下した第二弾。
その第二弾の終着点が、ココだったこともあって、
今回はココから、神奈川県側の多摩川沿いを
景色を眺めて散歩した延々散歩の第三弾。
梅雨の晴れ間のキツい夏日のお話です。

↓ 八幡町共進会
2_20190703222204cad.jpg
新丸子駅前から、綱島街道を渡った
向こう側の商店街をまっすぐ通って
東側の摩川河川敷を目指してす。

↓ なんかある。
3_20190703222203a4c.jpg
その商店街の外れの外れには、
なんかある、寺だ、、寺院だ。
それも何か古い感じです。

↓ 大楽院
4_20190703222201cd5.jpg
ココは、奈良・長谷寺を本山とする
真言宗豊山(ぶざん)派の寺院で、
もとは山王社(日枝神社)の神宮寺。
全高2ⅿある木造釈迦如来坐像が
市の重要文化財なのだそうです。

↓ JRの線路
5_201907032222002b5.jpg
ココは、じつは新幹線が走るせんろで、
そのとなりには横須賀線が走ってます。
南下すると、多摩川沿いに近づきます。

↓ 武蔵小杉の摩天楼群
7_20190703222108b28.jpg
ああ、こんな所からもみえるんだねえ。
あそこのタワーには一体どれくらいの
人が住んでるんだろう、凄い数だよね。
(↑若干の僻みが入ってますお許しを)

↓ 日枝神社参拝者駐車場
6_201907032221109fe.jpg
え?さっきの大楽院関連の日枝神社の駐車場?
ってことは、日神社がちかくにあるんですか?

↓ あった。
8_20190703222107fee.jpg
日枝神社、いや、日枝大神社です。

↓ 二の鳥居、カラスがいっぱい。
9_2019070322210535e.jpg
なんかカラスがいっぱいいた。

元祖は比叡山麓の神仏混交からはじまるという、
北は北海道から南は九州までその文社がある
古い神社でございます。この大神社、じつは
1000年越えの歴史を持つそうなのです。

↓ とりあえず、頭を垂れて柏手打って。
10_20190703222104f21.jpg
夏越の祓を前に、茅の輪を飾る枠が出来てました。

何のきなくたどり着いた神社が通算1000年越え
というお社に遭遇。-プランの恩恵かもしれません。

て所で、以下次回!

↓ おい、多摩川どこいった? (^^;)

すみません。

今日はお休みします。
色々あるのね、色々と。

↓ 休みます。ごめんなさい。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ②

多摩川沿い延々散歩の話題に戻ります。
前回は多摩川が出てきませんでしたが
今回以降ははめちゃめちゃでますよ。

↓ こんな路地を抜けていきます。

前回の最後に出てきた、日枝大神社の脇から
東へ抜ける小さな路地が河原への近道らしい。

↓ 階段
2_201907062210209c2.jpg
ココを上って道路を渡ると、河川敷に出ます。

↓ JRの線路の南側
3_20190706221019d60.jpg
先ほどくぐってきたJRの
線路の南側に出てきました。
その向こうにちょこっとですけど
スカイブル-の丸子橋が見えます。
けっこうわかりづらい画なんですどね。

↓ ゆっくり走ろう
4_201907062210184a8.jpg
多摩川沿いには両岸に、整備された
サイクリングロードが存在しています。
ココは神奈川県側サイクリングロード。
自転車事故が色々問題視されれる中
ココには、ゆっくり走ってね?っていう
お願いがデカデカプリントされてました。

↓ ちょっと歩いただけで
5_20190706221016652.jpg
ちょっと歩いただけで、さっきの鉄橋の
全景が見えてきました、景色が変わる
そういう瞬間を、たくさん見られます。
歩いて進むのがちょっと楽しくなる。
自転車だったらもっと楽しいかも。
(↑多摩川まで自転車持ってけない)

↓ ムサコの凄い景色
6_20190706220030f80.jpg
延々歩いている間中、武蔵小杉の摩天楼群の
凄い景色がずっとついてきます。ココの景色は
やっぱりいつみてもため息が出る位スゴイです。

↓ 走り去るロ-ドレーサー
7_20190706220029a65.jpg
ああ、いいなあ、こういう所
自転車で走りたいよねえ。

↓ 河口まで 12km
9_20190706220027b67.jpg
多摩川河口まで12kmとあります。
人の歩く速さは時速4kmとされます。
計算上では河口まで3時間位ってこと。
この時は昼過ぎ12時過ぎだった事もあり、
15時頃まで歩き通せば、多摩川河口まで
辿り着ける計算、頑張れれば、この日だけで
神奈川見沿いの多摩川、全部見た事になるよ。
なんかもう、やる気が出てきちゃったから頑張るよ。

↓ 再び摩天楼の群れ
8_20190706220027d32.jpg
なんか対岸に、ムサコ並みの
高層建築の群れが出現してます。
あれは東京都側の下丸子の街並み。
何か色々次々と驚きの風景が出現です。

↓ モザイクの風景
10_20190706220025ed8.jpg
ふと目線を落とすと、護岸を覆うブロックが
めちゃめちゃカッコイイモザイク模様でした。
何だコレ、なんかやたらカッコいくてキレイ。

↓ ってところで、以下次回! まだまだ多摩川が続きます。よれちきちゃん。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ③

多摩川沿いを延々散歩した話を続けます。

↓ 海から12km

時速4kmで歩けば、大体3時間で
海までたどり着ける距離に到達です。
頑張ってやってみよう、という決意です。
(↑特に意味がある行動には思えないけど)

↓ 下丸子の高層建築群
2_20190708005838435.jpg
前回はちょっと遠くに見えていた
東京都側の下丸子のビル群が
段々近づいてくるのが面白い。

↓ 拡幅
3_20190708005837d8a.jpg
ちょこっと道路幅が広がりました。
それだけなんですが、小さな変化が
なんだかいちいち楽しくなってきました。

↓ ハト
4_20190708005836957.jpg
小さな水門施設の鉄柵に
ちょこんととまるハトの姿。
ただそれだけなんですが、
やたら画になる風景です。

↓ 橋がある
5_201907080058347e8.jpg
ちょっと先に橋が見えてきました。

↓ アンダ-パス
6_20190708005144c1c.jpg
下をくぐれば交差点を回避できる、
遮るものがない川岸を歩いてると
交差点はめんどくさくなりますから。

↓ ガス橋?
7_201907080051432df.jpg
ガス橋って、なんだろう?
聞いたことがあるけど
すっかり忘れてる。

↓ ガス橋
8_2019070800514100f.jpg
場所としては9東京都大田区下丸子と
神奈川県川崎市中原区上平間の間の
間に掛かっている片側一車線の橋です。

東京ガスの鶴見にある製造所から
東京都側にガスを供給する為の橋で、
初代は昭和9年に欠けられたモノです。

↓ 両側にガス管
9_20190708005140a1e.jpg
最初はガス管の上に歩道がかかる
人道橋だったものが、ガス管の増設で
車道橋になって、改修工事等があったりで
現在の橋は三代目の橋になっているそうです。
色々知らないことだらけ。こういう発見は楽しいぞ。

↓ ガス橋通過
10_20190708005138857.jpg
小さな発見や知らなかったことを知る
ただ散歩してるだけで、得るものもある。
こういう経験はちょっと久しぶりな感じです。

↓ 以下次回。多摩川沿い延々散歩は、あと10㎞ほど続きます。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ④

多摩川沿い延々散歩、まだまだ続きます。

↓ これはサイクリングロード
1_20190708232115f34.jpg
延々歩いているこの道は、
多摩川両岸に設置されている
サイクリングロードになってます。
もちろん歩いて移動しちゃいけない
とかいうそんな訳にはなっていません。

左から、多摩川、河川敷の施設色々、
堤防のうえのサイクリングロードそして
堤西の主要幹線道路が一望できる景色。
この景色、どこでも見られる訳では無いです。

↓ 河口まで10km
2_20190708232113cb1.jpg
前回のガス橋が河口から10.5㎞地点。
河口まではあと12kmからスタ-トしたので
ここまで約2km、たった30分歩いただけです。
それだけなのにやたら楽しい場面が多いのです。

↓ ロボっぽい
3_20190708232111cc7.jpg
こういう送電鉄塔ってのは、
昔のアニメの敵ロボっぽい。
と昔から思ってるんですけど、
こればかりは伝わらない様です。

↓ コレって何なんだろう
4_20190708232110d07.jpg
送電線の真ん中についてるこの金具の名称は
解らなかったのですが、ネットによるとコレは
鳥がとまると困る場所に設置される金具。
例えば、自分の家の上に送電線が通ってて
鳥がとまって糞されちゃ困る場所がある場合
電力会社に申し込むと、そこに設置してくれる
鳥がとまるのを防止する金具なんだそうですよ。

調べるまで知りませんでした、そういうモノなんだ。

↓ 無人のランニングトラック
5_20190708232108ab6.jpg
河川敷にはこんな施設もありました。
大型の陸上競技用の砂地のトラックです。
ココで記録会とか運動会とかするんでしょうか?
どこに頼めば借りられるんだろう。借りないけどね。

↓ ココまでが中原区
6_20190708231955cc2.jpg
ココまでが中原区でした。

↓ ココからが幸区
7_201907082319537af.jpg
ココからが川崎市幸区になります。

↓ ムサコ と シモマルコ
8_20190708231951d41.jpg
多摩川を挟んで向き合う様な摩天楼群、
武蔵小杉と下丸子の街並みが一望に。
徐々に先へ先へとあゆみを進めている
そんな実感が見えるのが楽しいです。

↓ 芝生にハトが山のように
9_201907082319515c2.jpg
わかりづらいのですgが、この斜面の芝生には山盛りというほど
ハトが羽を休めながら、せっせとエサをついばんでおりました。

↓ なんか出てきた
10_201907082319490a3.jpg
河川敷に、緑色の屋根の様なものが出現しました。
これっていったい何なのか、ちょっと気になります。

↓ 気になるものは、次回紹介の予定です。

すみません。今日はお休み。

パソコンの電源が入りませんでした。

コンセント抜けてやがった、というのが
たった今わかりました、これからネタ繰り
ちょっと無理。明日をお楽しみに願います。

↓ こういう事が起る、そんな日もあるのよね。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑤

いろいろ頓挫と停滞を挟みつつ、
多摩川沿いを延々散歩する話を
前回の続きから続けて参ります。

↓ 緑のタ-フ
1_20190710225200bcc.jpg
タ-フ、ちはつまり日よけ。いやいや、日よけじゃないし。
河川敷を通る通路に掛かるのは緑色のネットでありました。

↓ これは、ボール除け?なのかな?
2_20190710225159052.jpg
この通りの河川敷側は、じつはゴルフ場でして、
これは日よけでなくてボール除けの防護ネット。
不意に意図しない所に飛んだ玉から通行人を
守るための施設、なんだろうなあと理解します。

↓ ネットが切れてる所は水門の施設
3_201907102252018a2.jpg
周りにプレイヤ―がいないことを確認し、
打つ姿勢に入った人がいないときに
素早く通過する必要があるのが
水門施設の所、管轄が違うようで
水門施設の敷地上には防護ネットが
掛けられない模様です。気を付けてね。

 第二京浜
4_20190710225157ccd.jpg
第二京浜、とは、全然思い出せずにいたもので、
調べてみたら、1国、つまり国道1号線の事で、
東京都大田区から、横浜市神奈川区までの
ちょっとした愛称の様なものなんだそうです。

第三京浜は多摩川を渡る自動車専用道路、
第2京浜は国道1号線の事、って事になると、
第一京浜って、どこの事?となどと思うでしょ?
第一京浜は、旧国道1号線の事を差す様です。
鶴見から神奈川区へ行く国道15号線の事です。
なんか新しくなる順に立派になっていってますね。

↓ 交通量半端無い。
5_20190710225156b4f.jpg
ココは渡れないぞ、どうしようか?

とか思ってたら、この橋のたもとに
橋をくぐって向こうへ行ける歩道が。

↓ 今度はゴルフ練習場
6_20190710225048510.jpg
橋の向こうには、めちゃめちゃ広大な
ゴルフの打ちっぱなし練習場が出現。

↓ 装甲車っぽいのが・・・
7_20190710225047438.jpg
窓という窓に鉄格子が張り付けられた
装甲車みたいな車がフィールド走ってる。

打ちっぱなしで飛んだゴルフボールを
回収するための車両、なんですね。

ボールを回収施設を設置できない
河川敷でボールを改修する手段ですね。
なんかマッドマックスに出てきた奴っぽいけど。
こうしとかないと、飛玉でボコボコになるんだろうな。(^^;)

↓ だだっぴろい
9_20190710225044c6e.jpg
ココで打ちっぱなし、やってる人にはきぶんいいんだろうなあ。
ゴルフはゲームで出来ればいいので、興味ないんですけどね。 

↓ ココがクラブハウスらしい
8_201907102250457ab.jpg
なんだかやたら立派なクラブハウスが存在します。
ココがツボな方もたくさんいらっしゃるんでしょう。
こんな所でも、けいざいがまわってるんだなあ。

↓ 次はココです。
10_20190710225042952.jpg
次に見えてくるのはこんなところ。

↓ ってところで、以下次回。まだ多摩川です。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑥

延々散歩の多摩川です。

↓次はココ
10_20190710225042952.jpg
延々歩いて辿り着いたのはココ。
川崎市のデッカい市街地の
すぐそばにある施設。

↓ ゲ-トがある
1_20190712000812211.jpg
結構な広さ、どころかだだっ広い敷地に
竿洞が作られていてなんかゲ-トがある。

ココは、地方競馬場、川崎競馬
出走する競走馬の調教施設です。

↓ 都会のど真ん中に馬が走る場所
3_20190712000808812.jpg
競馬馬が出走を前に、調教を行う場所がココ。

↓ 厩舎群
4_20190712000745b9c.jpg
馬の生活の面倒を見る厩舎職員の皆様が
泊まり込み、というか在住しながら面倒を見る
厩舎群がずらりと並ぶ光景が、ドカンとあります。

↓ 川崎競馬の拠点
5_201907120007431d9.jpg
数キロ離れた競馬場へ、競走馬を運ぶ専用車両が
敷地内にゴロゴロ止まってる、競馬場の拠点です。

はっきり言って競馬には興味ないんですが、
地方競馬場という独自の世界を回している
歴史ある施設、というのがちょっと興味です。
そういえば、競馬場には行った事が無いなあ。

↓ でっかいアンテナがある
6_201907120007421ee.jpg
なんか、敷地の端っこに、やたら7デカい電波関係の施設が。

↓ ラジオ日本
7_20190712000741a07.jpg
コレはもろに偏見なのですが、
公共ギャンブルの実況と
株式市況と、巨人戦の
放送だけで持ってる、
それがラジオ日本
みたいな気が・・・、
(↑ごめんなさい、偏見です)(^^;)

ココはラジオ日本の中継局のひとつだそうです。

↓ 川崎駅前が近づいてくる
8_20190712000740b85.jpg
ココを過ぎれば段々と、
川崎市最大の繁華街、
川崎駅前が近づきます。

↓ ってところで、以下次回。ラジオ日本様、軽口叩いて申し訳ありませんでした。(^^;)

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑦

カテゴリは神奈川県なのですが、
思いっきり川崎市の話を続ける
延々多摩川沿い散歩の話です。

↓ 視界の隅々に、ビルが建ってます

だんだんと川崎市最大の市街地、
JRと京急の川崎駅近辺へ迫ります。

↓ 消波ブロック出現
2_201907122331020cf.jpg
河口が近づいてきたからなのか、
河岸に消波ブロックが出現です。
え?もうそんな地点まで来たの?

↓ 河岸にビル群
3_2019071223310060c.jpg
どんどん都会の景色が近づいてきます。
今までの河岸のだだっ広さが嘘のよう。

↓ 鉄橋です
4_2019071223305965e.jpg
川崎駅近辺で多摩川を渡る鉄橋って言ったら、
JRと京急のあの鉄橋です。遠くまできましたね。

↓ いきなり都会的な景色が
5_201907122330571ed.jpg
ちょっと交差点に近づいたら
いきなり都会の風景が出現。

↓ 川崎駅が近いのは良くわかる
6_20190712233025cc0.jpg
200m先で曲がるとすぐに川崎駅。
大師とか浮島とか、知ってる地名が
出てくるようになりました。都会だぞ。

↓ 鉄橋間近
7_20190712233024cd1.jpg
川崎市最大の市街地から、
すぐに多摩川を渡る鉄橋が
すぐそばまで迫ってきました。

↓ JRの鉄橋
10_20190712233020f26.jpg
JRの鉄橋。ココまでが、川崎市幸区。

↓ 京急の鉄橋
9_20190712233021c13.jpg
ココから先が、川崎市川崎区。
区境の場所までやってきました。

↓ 自動車教習所
8_20190712233022ae5.jpg
JRの鉄橋と、京急の鉄橋の、狭間の土地にある
自動車教習所、何年も前から見てる場所ですが、
近くで見るのは初めてです。ここ、なんか面白そう。
というのが、学生時代からのちょっとした興味でした。

↓ ってところで、以下次回。次回はもっとディープに多摩川沿いです。

タイムアップの為、

まことにすみません。
00今回はお休みです。
いろいろあるので。

↓ ってところで、以下次回。

今日もダウン。

いやあ、いろいろうまくいきませ。
今日お休みになる事になりました。

↓ なんだかいろいろ休んでますね。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑧

延々と多摩川沿いを散歩してるお話です。
写真付きです、なんだか久しぶりですね。
(↑忙しさを理由にサボってばかりだから)

↓ 踏み切り

JRと京急の鉄橋をくぐった先に線路と踏み切りに出会いました。
京浜急行の支線、大師線です。開業は1899年(明治32年)
日本初の最初から電車での営業を開始した路線だそうです。
川崎大師への参詣路線として建設されたこの路線こそが
京浜急行線の始まり。ココから京浜急行がはじまったという
支線どころか本線中の本線なのですが、今は支線扱いです。

↓ 景色がビルだらけ
2_20190716042857598.jpg
川崎駅のすぐ近くなのもあって、
建物がビルだらけになってきました。

↓ 川沿いで振り返る
3_2019071604285616e.jpg
くぐってきた電車の鉄橋が
ちょっと遠くになりました。
だんだん遠くへ向かってる。

↓ 橋があるけど
4_20190716042854ac1.jpg
橋があるけど、なんか下くぐれなさそう。

↓ 笹船のオブジェ
5_20190716042853476.jpg
橋の欄干の端っこには笹船のオブジェ。

↓ 国道15号線
6_20190716042356637.jpg
明治時代に制定された旧国道1号線がコレ。
旧東海道になるのがココになっています。
交通量が多いのでココは渡れません。

↓ 迂回路
7_201907160423540dd.jpg
橋のたもとに向こうへ抜けるう回路があります。

↓ 六郷橋
8_201907160423535dc.jpg
多摩川を渡る橋は六郷橋。慶長5年(1600年)に
徳川家康が六郷大橋を架けさせたというのが始まり。
江戸時代に4回橋の架けなおしが行われたそうですが
大水で流されて再建を断念し、渡し船が設けられました。
1874年(明治7年)に橋が再建され、その後2回架け替え、
現在の橋は1997年(平成9年)に完成したモノなだそうです。

↓ 河口へ向かう
9_20190716042351744.jpg
さあ、歩き出します、河口までまだちょっとありますから。

↓ タイミングが合わなかった
10_20190716042350960.jpg
電車の線路のすぐ近くを歩いてて
不意に電車が通過した場面を
写真に収められませんでした、
という、タイミングの悪い画。

そんなこんなで、以下次回。

↓ まだまだ多摩川が続きます。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑨

延々多摩川沿い散歩です。まだ続きます。

↓ 向こうは東京都
1_20190716232603565.jpg
神奈川県側を延々歩いて河口を目指して歩いてます。

↓ 河口まで 5km
2_2019071623260182c.jpg
最初歩き始めた時は12Kmくらいあったのに
今は、あと5kmになっています。歩いてきた~。

↓ なんかある!
3_20190716232600bd5.jpg
歩てきたらなんか出てて来た!
水門ですが、なんか珍しイ。

↓ ブロッコリ-、じゃないよね?
4_201907162325586fd.jpg
川崎市の〇マ-クの上に
なんかモコモコしたものが、
野菜?いや、違ってるのな?

↓ 川崎河口水門(登録有形文化財)
5_20190716232557bfb.jpg
登録有形文化財に指定されているのが
コチラの水門。1928年竣工の水門です。

↓ かっけえ
6_2019071623245631d.jpg
水門の上についてたのは
川崎市の銘産の果物です。
梨とかブドウとか桃とかです。
そういうのが名物だったんですね。

↓ 水門の先の景色
7_20190716232454d4b.jpg
多摩川に注ぐ水門の先の景色。
なんかめっちゃ和みますよねえ。

↓ 河口まであと少しみたい
8_20190716232452411.jpg
河口まで12Kmっていう所から歩き出して
なんとなく、河口が近くなってまいりました。

↓ ラジコン禁止 ゴルフ禁止
9_20190716232451ce0.jpg
河川敷には散々ゴルフ場があったのに
場所によっては禁止。ラジコンも禁止です。
ラジコン禁止って、主にドロ-ンのことかな?

↓ 河口まであと4キロ
10_2019071623244979d.jpg
おお、あと4kmで河口です。
よくまあ歩いてきたもんです。

↓ ってところで、以下次回!

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑩

多摩川の神奈川県側を延々散歩してる話です。
大台の10回目に到達してるけど、まだ続きます。

↓ 大師河原
1_20190717231552cac.jpg
川崎市川崎市、大師河原という地名の
中瀬というのがこの界隈の地名です。

↓ 東京のベイエリアが近いのね
2_20190717231424793.jpg
ココまで歩いてきた中でも目立って
高層建築の密集度が上がってます。

↓ 凄くわかりづらいけど
3_2019071723142342e.jpg
斜張橋はもう首都高湾岸線です。
そんでもって、その向こう側には、
やたらと高層クレ-ンが林立中。
景色が数年で変わる東京湾岸が
すぐ目の前にせまっている訳です。
この辺りへ来るとそこにあるモノに
目を惹く物がやたらあったりして。

↓ へリポ-ト
4_20190717231421c82.jpg
河岸にいきなりへリポ-トをあらわす
巨大な「 🅗 」の文字が登場します。

↓ 大師河原河川防災ステーション
5_20190717231420311.jpg
ココは実は防災ステ-ション。大師河原河川防災ステーションは、
洪水による被害を防ぐための水防活動や、洪水・地震による
災害復旧時の最前線基地として、水防活動スペース、
復旧用備蓄資材などを備えた多施設。その他にも
河川や近隣の干潟に居る生物を展示する施設
などを備え、公園も併設される施設になってます。
京浜河川事務所と川崎市が共同で整備したものだとか。

↓ 大師ジャンクションと料金所
6_20190717231419ed4.jpg
県下屈指の「わかりづらい自動車専用道入口」という少々不名誉な
評判が付いてるジャンクション。でも大丈夫だよ、今じゃもうとっくに
海老名ジャンクションの方が県下屈指の不可解な渋滞名所だから。
(↑地元民だけどあそこ通るのには覚悟が要ります、海老名JCS)(^^;)

↓ すごいもの
7_20190717231054f5c.jpg
めっちゃ派手なモノがあります。アソコは、
川崎大師の自動車用のお祓い所スぺ-ス。
年明けの参拝時はこのだだっ広い駐車場全部が
ディズニ-ランドの日曜祝日並みに一杯になります。
それ以外に使ってないんなら、何かイベントスぺ-スに
出来ないもんだろうか?食フェスとかやったら凄そうなのに。

↓ テトラポッドを造ってる。
8_2019071723105202f.jpg

9_20190717231051bd4.jpg
おなじみの消波ブロック、テトラポットです、が、
テトラポットに限らず、消波ブロックというのは
台風クラスの防雨風波浪による高波をモロに
その身に浴びつつ波を打ち消す性能が必要で
そのためには、相当の重量が必要となります。
工場で造って現場に運ぶと、輸送する車両が
規格外になってしまったり、輸送コストがもう
半端無い額に上ったりするので、じつをいうと
海岸沿いや河川敷にテトラポットの型を置いて
そこにコンクリ-トを流し込んでその場で造る。
という工程が一般的な製造方法になっています。

↓ つるつるの新品テトラポッドがたくさん。
10_20190717231050ddf.jpg

11_201907172310499bc.jpg
これから護岸の為に海に投入される
つるつるピカピカのテトラポッドが
ドカドカ並んでる景色がちょっと
ワクワクする風景に見えてます。
(↑大丈夫なのか?その感性)(^^;)

↓ コイツの名は「テトラポット」ではなく「テトラポッド」、しかも登録商標、なのです。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑪

カテゴリは神奈川県なのに、見える景色は
対岸の東京都の景色ばっかりになってる
延々多摩川散歩のお話になっとります。

↓ アレが遠くに見えてきた 

多摩川を河口まで下ればまあ当然そこに
見えてくるアレがぼんやり見え始めました。

↓ 河口まで2.4km
2_20190718230539873.jpg
河口まで12km、って所から歩き始めた散歩は残り2.4kmへ到達。
アマチュアランナ-でも体が温まってきた、その程度の距離ですが、
てくてく歩いてココこの距離は、散歩としてはなかなかの達成感。

↓ なんだこれ?
3_2019071823053845e.jpg
0.7? J?
(↑ いやいや、考えろ、どうにもアホだろこの発想)

↓ 2.0でした
4_20190718230536ca8.jpg

5_20190718230535ade.jpg
後2.0km歩けば河口に到達。
残すところ、あと30分程度で
神奈川県下の多摩川制覇!
(↑そんな目的だったの?)(^^;)

↓ キング スカイフロント
7_201907182304592ec.jpg
元々この辺の土地は、いすゞ自動車川崎工場と
三愛石油のLPガスターミナルがあった場所で
それらが撤退した土地を、再開発に充てた。
そういう土地柄になってるのだだそうです。

↓ 高い塔と背ビレの群れ
6_20190718233357788.jpg
もう結構目の前に見えてきました。
広大な土地にそびえる高い管制塔と
駐機場に並ぶ旅客機の尾翼の群れが。
羽田空港の施設群の光景が見えてます。

↓ テイクオフ!
8_201907182304571e8.jpg
滑走路を飛び立った旅客機が
ひっきりなしに空へ上ります。
いやあグッとくる景色です。
(↑飛行機も大好きです)

↓ 東急ホテル(TOKYU REI HOTEⅬ
9_20190718230457561.jpg
東急ホテル、前は川を渡った羽田に敷地があったのが
昭和の東京オリンピックの年に開業したとの事ですが、
1990年代に羽田再開発で姿を消してしまいました。
羽田空港敷地内にも新しい東急エクセルホテルが
あるそうなのです、対岸の川崎にも東急ホテルが。
なんか、最新型なのに、ちょっとノスタルジック。
(↑あくまで個人的で勝手な感想になってます)

↓ デカい木製ベンチ
10_201907182304558f8.jpg
なんかすごいのあるなあ、
歩いてきた疲れを数分癒す。
ちょっと息抜きし、終点を目指す。

↓ ってところで、以下次回。です!

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 ⑫

そろそろ終着点に到達してしまいそうな
延々多と摩川沿いを散歩するお話です。

↓ 背ビレの群れと高い塔と、重機の群れ 

駐機場の旅客機の尾翼の群れ、
高い塔のように見える管制塔、
そして空港の新規施設を建設する
やたらと高い重機の群れが林立です。
何かもう見惚れてしまう光景があります。

↓ 見た事無い背ビレがたくさん
2_20190719233636171.jpg
ココから見える場所は、国際線タ-ミナル近辺なので
ちょっと見た事が無い旅客機の背ビレが沢山なのです。

↓ さざ波が「が立つ川面
3_20190719233636c36.jpg
午後になって潮が揚がって来たのでしょうか?
ココまでベタ凪だった河口付近の川面が
あさざ波だって来ました。結構長い間
歩いてきました、何せ12kmです。

↓ 何か造ってるぞ、
5_20190719233635b73.jpg
建設現場近くにあった解説掲示によると
コレは河口近くの川崎側の物流施設から
羽田空港施設への最短アクセスを目指して
道路を建設しているところ、なのだそうですよ。

↓ あと1キロ!
4_2019071923363348d.jpg
そうこうするうち、こんな案内が出ました。
多摩川河口まで、あと1Kmになりました。
徒歩あと15分位という所まで来ましたよ。

↓ 唐突な告知が出た⁉
6_20190719233525a23.jpg
突然現れた告知がこれ、
サイクリングロード終了。
そしてこの先行き止まり。

↓ そして、唐突に旅は終わる。
7_20190719233524c39.jpg
え?ここが終点なんですか?
ってかちゃんと書いてある。

ココが、多摩川河口です。
そう書いてありますから。
思ってたのと違う。(^^;)

↓ 確かに行き止まりです。
8_2019071923352234d.jpg
ああ、確かに行きどまりになってます。
そうかあ、ココが人辿り着ける河口なんだ。
この先には埋立地の人工島があるんですが、
そこまでは歩いて行けないんですね、そうなんだ。

↓ 見えるのは羽田の施設
9_20190719233521951.jpg
多摩川河口から見えるのは、羽田空港の施設だけ。
東京の空の玄関口は多摩川の河口にありけり、です。

↓ 遠くへ旅立つ旅客機の姿
10_2019071923351939e.jpg
まあ、こういうエンディングも、ちょっと面白いですね。
多摩川沿いを延々散歩、これにて完結、と思うでしょ?

↓ 忘れちゃいけない、帰り道編が待ってます。 で、以下次回。

延々と多摩川沿いを散歩・第三弾。 《帰り道編》

延々多摩川沿いを散歩してきて約12kmを
踏破した帰り道の光景でお茶を濁します。

↓ 多摩川、神奈川県側
1_20190720232747627.jpg
多摩川河口の、ちょっと衝撃的な風景を見た帰り道です、
工場とか物流基地とかのフェンスを横目に来た道を帰る。

↓ シロツメクサの花が咲いてる
2_201907202327460e0.jpg
最寄り駅まで向かう途中で見た
クロ-バ-の咲く公園の敷地。

↓ 殿町第二公園
3_20190720232722f6b.jpg
東急ホテル近くのかなり広い公園。
何にもせずにこの公園で晴れた日に
ごろごろ昼寝だけする為訪れたい公園。

なんでこんな遠くにあるんだろう、
家の近所に欲しい場所ですよね。

↓ 線路がたくさん
4_201907202327219a1.jpg
人道橋が盛大に線路を渡る景色。
ココは、JR貨物の川崎湾岸の
工業地帯へ向かう貨物線が
めちゃめちゃ集まる所です。
めちゃめちゃ線路ですな。

↓ こじましんでんえき
5_20190720232719641.jpg
京急線お始祖なんだけど
今は支線の扱いになってる
終点にして始発駅がコチラです。

↓ 良く歩いたから、帰りは京急線
6_20190720232718353.jpg
ってところで、帰り道は電車で
乗換駅の川崎駅へ向かう事に。

最期はまたもや「多摩川どこ行った?」という展開ですが、
これにて、延々多摩川沿いを散歩する話、これにて終了。

↓ JR川崎駅、ちょっと悲しい景色
7_20190720232716f15.jpg
JR川崎駅の、珍しかった駅ラ-メン屋、直久が無くなって久しく、
久々に見たら蕎麦屋になってました。 めちゃめちゃ悲しいぞ。
(↑ココの店員いけ好かんかった、ちきしょう、直久返せよ)(^^;)

↓ ってところで、多摩川沿いを延々散歩、これにて終了。おつかれちゃ~ん。

久々のコレ。

↓ マックグリドル・ソ-セ-ジ&エッグ

休日で久々に早起きしたので、
こんなもの食べてきました。
マックの謎の甘いサンド。

メニューには、パンケ-キサンド、
という文言が追加されていましたが、
何時頃からこの名称が載ったんだろう?

とにかく、この謎の甘いソーセージサンドが、
やたらと好きなんです。まだ売ってるっとことは
コレが好きな人は全国的にかなり多いんですね?

っていう、休日の朝食のお話でした。

↓ 皆さま?今夜はテレビが面白くないですが、選挙、行きましたか?

中古タイヤ屋のレトロ自販機で食い倒れ。 ①

↓ 中古タイヤ市場

実はテレビで見るまで、その存在を知らなかった、
現在やたらと注目されている相模原市のお店です。

↓ 凄い来客数
2_20190722224108fdc.jpg
テレビ放映の翌日が休日だったので、
興味本位で出かけてみたら、なんだか
物凄い来客数で、駐車場が満杯でした。

↓ 70年代のモノ
3_20190722224106307.jpg
今では滅多にに見かけない70年代産と思われる
子供の頃にはやたら見かけた、レトロな自販機を
一手に集めた自販機群をそろえてある事で有名
なんだとか、全然知りませんでした。興味津々。

↓ トーストサンドとハンバ-ガ-
4_20190722224105e9b.jpg
これ、見たことある。昔はボーリング場とか
アイススケート場とかで見かけた事がある。

↓ カップスターだ!
5_201907222241041cd.jpg
カップ麺の自販機と言ったら
日清ばかりだと思ってたら
カップスターを売ってる。
あんまり見覚えないんですコレ。
・・・どん兵衛も売ってるけど。(^^;)

↓ コーヒ-の自販機
6_201907222221005e4.jpg
すげえ、なんかものすごい懐かしい
UCCダイド-ブレンドコ-ヒーだ。

↓ ロッテのチュウ-インガムの自販機
7_20190722222058b06.jpg
昔は駅とか街中にやたら置いてあったよ、
ロッテのチュウ-インガムの自販機だ。
何かすげえ懐かしい。(←おっさんだ)(^^;)

↓ ペプシの瓶とシガレット
8_201907222220564b2.jpg
コカコ-ラの瓶販売機は最近復刻されて
ちょっとしたブ-ムになっているのですが、
ペプシの瓶販売機は、子供の頃に行った
ボーリング場でしか見た事無い、コレ凄い!

そして、駄菓子のシガレットチョコを売ってる
販売機は、間違え様の無い昔の煙草の販売機
今は身分証が無いと買えないたばこの自販機
昔は、お使いで煙草階に行ったことがあるもんね。
物凄くゆるいじだいだったんだなあ。ちょっと凄過ぎ。

↓ アイスクリ-ムの自販機
9_20190722222055add.jpg
これも子供の頃にしか見た事無いです。
ロッテ雪印のアイスクリ-ム自販機。
今は本当に見かけなくなったですよ。

↓ 再利用
10_201907222220547dd.jpg
タ-レット式の自販機、お菓子とかを売ってる
よく見かける自販機で、駄菓子屋おもちゃを
売ってる自販機がありました、これいいな。

↓ ってところで、以下次回、食い倒れは次回から。

中古タイヤ屋のレトロ自販機で食い倒れ。 ②

テレビで見るまで知らなかった、
中古タイヤのアウトレット店が
集めまくったレトロ自販機が
現役稼働中のスポットで、
なつかかしい食べ物で
食い倒れてきた話。

↓ 集めも集めたり40台

本業のタイヤ販売よりも
コチラの方が注目を集める
レトロ自販機を集めたブース。
レトロ自販機が40台もあります。

↓ ハンバ-ガ-
2_201907232302199ec.jpg
コレは知ってるぞ、子供の頃見た!当時は
まだ高価だった電子レンジの機能を搭載し、
買った商品を温めて熱々にする自販機です。
今はもっと性能の上がったモノが出回ってて
温められる商品が多い自販機もありますが、
コノ機会がまだ現役で動いているのが凄い。

↓ 温め終り
3_2019072323021878a.jpg
サイズは小さ目、箱に入って出てきます。
というか、この自販機対応してる食品を
供給する企業が、ちゃんと存在する事が
新鮮な驚きでもあります。息が長いな~。

↓ 見た目以上に
4_201907232302171bf.jpg
驚いた、見た目はしわっぽく見えても
ちゃんとした食べ応えのハンバーガだ。
テレビで見たレポ-トを多少半信半疑で
買ってみたけど意外な程に食べ応え十分。

↓ この日一番の待ち時間
5_2019072323021658d.jpg
この日一番の行列を作ったのがこの自販機。
ラ-メンの自販機でした。具合が悪かったようで
スタッフさん達が入れ代わり立ち代わりで保守作業。

↓ 出てくるときは、こんな感じ。
7_20190723230026f4e.jpg
麺と具材が入ったどんぶりに機械の中
熱湯を注いで蓋して高速回転してほぐし、
スープを自動で注いで完成、取り出し口へ。
というプロセスを経てこの状態へとなります。

↓ ちょっと奮発
8_20190723230022488.jpg
普通のラ-メンよりも60円くらい高いだけで
チャ-シュー麺が買えるのでちょっと奮発。

↓ ちゃんとした中華麺。
9_20190723230021394.jpg
このちゃんとした中華麺のラ-メンが
500円以内の価格。侮れないなあ。

↓ チャ-シュー半端ねえ!
10_20190723230019c47.jpg
ちょっと幸福感を感じる程の
半端無いチャ-シューが
4枚も乗ってる、スゲえ。
コレはもうコスパ満点。

補充するにはバックアップに本格的な調理施設が必要なうえ
自販機内に実装できる数が限られているので頻繁に補充を
行わなければならず、売れなければ食品ロスで経営ピンチ、
というかつての経営システムにより、段々と廃れていった
このシステムを、レトロ自販機が好きのお客さんの為に
本業の傍ら維持・継続させるその姿勢に心動きます。
自販機で本格ラ-メンが最安値レベル、凄いです。

↓ レトロ自販機、お出かけの際は100円玉が大量に必要。

中古タイヤ屋のレトロ自販機で食い倒れ。 ③

偶然テレビで見た物珍しい場所へ出かけた話。
80年代以前のレトロ自販機が並ぶ場所のお話。

↓ 自販機のチャ-シュー麺

自販機で買える500円に満たない
本物のラ-メンに打ちのめされる。
出来の良いラ-メンが鵜安すぎる!
コレは、食べてみて良かったレベル。

↓ 容器の返却は必須です
2_20190725000837d0b.jpg
なにせもう製造していない容器を使って
提供している商品なので、容器は必ず
返却して下さい、持って帰っちゃダメよ。

↓ トーストサンド
3_20190725000836950.jpg
次はコレ、トーストサンド。
何かめちゃめちゃ懐かしい。
見た小樽けど食べた事無いの。

↓ 出てきたのはコレ
4_20190725000834b18.jpg
アルミ包装だ、ってことは
電子レンジじゃなくって
オ-ブントースターで
温めてるんですね。

↓ ちゃんと食品表示付き
5_201907250008321b2.jpg
出てきた商品には、ちゃんとした
食品表示がついておりました。
ちゃんとしてるんですねえ。

↓ 程よい焼け具合
6_2019072500075690d.jpg
端っこがちょっと焦げてる感じの
「家でつくるトースト感」がイイ感じ。

↓ ハムとチーズとちょっと黒コショウ
7_20190725000755942.jpg
いやもう、こういうのがめちゃめちゃ美味なのです。
家でつくるモノのようでありそれ以上のクオリティ-。
昔はこういうのが当たり前に売ってたのが凄い事です。

↓ 今のモノよりもうひと世代前
8_20190725000753b34.jpg
今も存在する冷食加熱式のホットスナック自販機の
もうひと世代前の自販機も、何台か並んでおりました。
こういう自販機って、まだまだ進化したりするんだろうな。

↓ ものすげえ!
9_20190725000751f6e.jpg
明治のブリックパックの自販機だ!
ものすげえ!めちゃめちゃ久しぶりだ!
テトラパックからブリックパックに変わった
その直後に見かけた自販機が現役稼働中!
(↑テトラパックって、今の子は知らんだろう?)

↓ 昔の缶コ-ヒーとネクタ-だ!
10_20190725000750b09.jpg
昔の缶コ-ヒーと言えば、このUCCとダイド-が二大巨頭。
ボスもファイアもジョ-ジアも無かった時代は、この二が
缶コ-ヒーの二大巨頭でした。そんな時代知ってる?
(↑おっさんやん)(^^;)
で、横の不二家のネクタ-の自販機も
めちゃめちゃ懐かしいんですよね。

↓ おっさんの憧憬をぐらぐら揺さぶる、レトロ自販機の群れ。ちょっと楽しい。

中古タイヤ屋のレトロ自販機で食い倒れ。 ④

レトロ自販機を並べている
中古タイヤ販売店のお話です。

↓ カップヌ-ドル
1_20190726051438409.jpg
並んでいる自販機には、今も存在していて新型が
出現しているものもあれば、今はその姿をなかなか
見かけないものもあったりしています、たとえばコレ。
つい最近、外見も、入ってる商品も最新型の自販機を
見かけた覚えがあるカップヌ-ドルの給湯器尽き自販機。

↓ カップスター
2_20190726051436c56.jpg
今も商品は健在だけど、その姿を見かけなくなった
カップスターの自販機。 いや、サンプルが古いけど
ひょっとしたらカップスター独自のモノじゃないんじゃ?
似たような商品は、その昔はごろごろありましたからね。

↓ コカコ-ラ
3_2019072605143507d.jpg
今も復活版が存在し、このタイプが活躍していた頃は
存在しなかったゼロコ-ラなどの商品の瓶入りまで
ラインナップをそろえているコカコ-ラの自販機。
今も結構あちこちでその復活版をみかけます。

↓ ペプシコ-ラ
4_20190726051358a35.jpg
片や、最大のライバル企業なのに
その存在を見かけなくなったコレ、
ペプシの瓶入り商品の自販機。
コレも営業姿勢の違いなんですね。

この自販機たちが投入された時代とは
かなり大きな変化がある事が見て取れる、
そんな変化も面白く思えてしまいますよね。

↓ コレは初めて見たかも
6_20190726051354f96.jpg
コレを身近に見た事のある方は
どの位いらっしゃるんでしょうか?
ちょうしたの缶詰の販売機です。
コレは見た事がありませんでした。
確かに近所では見かけ無いです。
地元銚子の観光地用だったりして。

↓ こちらはお馴染み
7_20190726051351a6d.jpg
コチラはどこでもよく見かけるおみくじの自販機。
確かにレトロ自販機です、どこで見かけても
この色、このサイズ、この形、ですからね。
こんなものまで取りそろえてるのが
なかなか小気味よいですねえ。

↓ おみくじ
8_20190726051351a28.jpg
いや、これは違う気がする(^^;)

まあ、おみくじを結んで帰るのは寺社と縁を結ぶ事が
目的でもあるそうなので、ココへまた来たいという
気持ちの表れとしては間違いでは無いのかな?

↓ 中古タイヤ市場
9_20190726051349015.jpg
時代の変化と共にどんどん便利に進化した自動販売機だけど、
そういう進化を遂げるその前。子供の頃に見ていた、今は無い、
懐かしの、いわゆる昭和レトロな自動販売機が並ぶ景色です。
昔は何でも百円玉一個で買えてたんだという想いでとともに、
出掛けてみたら、なんだかやたら面白かった。ココいいなあ。

↓ 機会があったら、100円玉をたくさん用意してお出かけください。

花の名前。

↓ 気になる。
1_20190727231102e0d.jpg
ある日の散歩中に見かけた
とある庭さきに咲く綺麗な花。

↓ 赤と白、おめでたい色合い
2_20190727231100c3f.jpg
おそらく蘭の仲間なんだと思いますが花の名前を知りません。
この花、なんだかめちゃめちゃ綺麗、色合いもおめでたいし。
こういう花があるのを知らなかった事がちょっと残念です。

↓ 華の名前を知らない。それだけでもちょっと損。(^^;)

食べたかったもの。

↓ 旧横浜埠頭駅舎跡

フュージョーン!どこにいるの~!!(BY 星空みゆき)
(↑このネタ知ってる人は、相当なマニアでございます)
(↑いや、それ知ってる自体おっさんとして赤っ恥です)
という謎のイントロダクションから始まる今回の話題は、

↓ 涼し気
2_20190728235514a15.jpg
話題どころか、この涼し気な東屋にちょっと
興味津々な暑い昼前の気色なのです。
ココで昼寝したい感じ満々ですが、
本題はそこでは無いのです。

↓ 横浜赤レンガ倉庫
3_201907282355120ab.jpg
翌日には台風が通過するという予報があった
昨日の昼の事、なんだか無性に食べたくなった
そんなものがあって出かけたのが赤レンガ倉庫。

↓ ガレットでランチ
4_20190728235511f1c.jpg
ガレット、そば粉のクレ-プです。

↓ ちょっと焦げ気味になる食べ物
5_2019072823550964e.jpg
そば粉えお食用にするのはアジア圏だけではない。
フランスはブルゴ-ニュ地方の郷土料理なのが、
そば粉を使ったクレ-プ、ガレットになります。
やせた土地で栽培できる穀物の代表格で、
農産品王国のフランスのやせた土地、
それが実はブルゴ-ニュ地方で、
そこで育った郷土料理がコレ。

不勉強なもので、それが食べられるのが
知ってる場所ではココしかないもので、
時々どうしてもコレが食べたくて
赤レンガ倉庫へ「出かけます。

↓ 日差しが隠れるちょっとだけの雲
6_201907282355072bf.jpg
ちょっとだけ陽ざしを隠してくれた
ちょっとだけの雲あ有り難かった。

↓ そんな、お腹が減って出かけた赤レンガでした。

祝!梅雨明け、いきなり猛暑! ①

今年は記録的に梅雨が長引き平年より
8日間も遅い梅雨明けとなったそうです。
で、梅雨が明けた途端、街中歩くだけで
汗が噴き出る様なめちゃめちゃな猛暑。
ついつい日陰を求めてあるいてしまった
そんな今日昼頃のご近所探訪の話です。

↓ 海老名駅前
1_20190730001232c55.jpg
駅の脇にあるペレストリアンデッキの下。
いい具合に陽がさえぎられて風が抜ける

↓ その先
2_20190730001231c60.jpg
周りが全部建物なのにいい具合に涼しいのです。
加えてココの場所は時々パチンコ屋の入り口が開き
強烈な冷気をあびたりして気持ちいいオマケつきです。

↓ 日陰が気持ちいい
3_20190730001230590.jpg
跨線橋の下の通路、
ちょっとした日影でも
熱気が遮られるので
なんだか気持ちいい。

↓ 信じられないことに
4_20190730000954538.jpg
高い跨線橋の下のちょっとした日陰でもめちゃめちゃ涼しい。
日陰がこんなにありがたいとは、なんだか新鮮な発見です。

↓ 信号待ちも日陰に逃げる
5_201907300009525c4.jpg
炎天下の交差点が我慢できなかった。
信号が変わるまで日陰に待避します。

↓ 日陰がめちゃめちゃ涼しそう
6_20190730000950460.jpg
普段だったら何も関心を持たない
駅のバス乗り場のデッキの下、
なんかその日影が気持ちよさそう。

↓ 駅前をぶらぶらして日陰を探してる散歩のお話です。変でしょ?(^^;)

祝!梅雨明け、いきなり猛暑! ②

遅い梅雨明けかと思いきや
いきなり熱中症の危機が
懸念される酷暑の襲来。

そんな炎天下でもって散歩中、
つい日陰を探して歩いちゃう
そんな昨日の模様です。

↓ 海老名駅、西口連絡通路下
15_20190730000811cb0.jpg
うん、陽が遮られるだけでめちゃめちゃ涼しい。
緑の少ない場所だけど、日陰というだけで涼しい。

↓ デッキ2Fから
17_201907300008086ca.jpg
頭の上は3F店舗前ですが、そこも日陰なうえ
風が抜ける構造の為、ココも涼しいのです。

↓ 不思議な事に 
16_201907300008103ba.jpg
カンカン照りの歩道で遮るものがないのにこの通りが
何故か涼しい。道路の舗装が特別静じゃないのに。
考えられるのは建設中のタワーマンションからの
ビル風の吹きおろしくらいしか考えられない。
意外な現象で涼しさを感じてしまいます。
(↑毎日そうなる訳じゃ無いと思います)

↓ 海老名駅東口、ペレストリアンデッキ
7_201907300009500b0.jpg
ものの見事に、皆様日陰を選んで歩いてます。
日向と日陰では、湯船の中と外くらい体感温度が
違う感じがしますからね、実際、日向は歩きたくない。

↓ ビナウォ-ク 連絡通路下
9_20190730000851df8.jpg
緑がそれほど多くない中央公園で
この大きな日影はありがたい涼しさ。
でも、ミスト噴霧器が付いてるのに
なんで霧噴き動いてないんですか?

↓ 改めて再発見というかなんというか
8_201907300008527e9.jpg
ビナウォ-クの大屋根が見事に
ドでかい日陰を造っております。
今まで気にした事無かったけど、
ココ、涼しいんですね、再発見。

↓ 何しに出かけたんだ?日陰ばっかり探してるぞ?? (^^;)

祝!梅雨明け、いきなり猛暑! ③

ちょっと時間があったので駅前で散歩したら
炎天下の酷暑、ちょっと日陰に入るだけで
やたら涼しさを感たもので、どういうわけか
駅前で日陰探しの歩き旅になっちゃって。

↓ 炎天下
10_20190730000848791.jpg
だんだん日陰が無くなってきた、
と思ってたところに、そうだ!
と思い出した場所があります。

↓ 緑の小路
12_20190730000845135.jpg
ココは駅前近くでは、一番
みどりの日影が多い場所。

↓ 涼しい
11_20190730000847eb1.jpg
ヤマダ電機の脇からホテルオ-クラの裏を通っている
緑が繁る小さな小路、ココはやっぱり炎天下でも涼しい。
(↑この説明で場所が分れば、立派な海老名市民です)

↓ 小路のベンチ
13_2019073000081558c.jpg
しばらくココから動くのが嫌になる程
和やかで気持ちが休まるみどりの木陰。

↓ 今年初めてのセミの声
14_20190730000813c4f.jpg
さあ帰ろうかな、と思った所
この小道で、今年初めての
セミの鳴き声を聴きました。

ようやく夏が来たなあ。

↓ ショッピングモ-ルのソファーに座ってりゃもっと涼しいんですけどね。(^^;)
プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
102位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる