FC2ブログ

大船軒 VS 東華軒。 ③

神奈川県の駅弁販売の両雄ともいえる
東の大船軒と西の東華軒の競合商品。
運良く一所で両方の商品が買えたので
それを食べ比べてきたお話でございます。

↓ 日本一古い洋食駅弁 VS 一番新しい東華軒(?)
10_20180628233311c1f.jpg
大船軒のサンドウィッチ VS 東華軒の超厚切りハムカツサンド。

大船軒のサンドウィッチは、日本で初めての洋食駅弁。
明治32年(1899年)発売の老舗中の老舗でもあり、
当時はとても手に入り辛かったボンレスハムにより
商品価格が高騰することを回避する事を目的に
自前でハムを作る会社を立ち上げるにいたり、
その加工会社が現在の鎌倉ハムになります。
鎌倉ハムは、今や一流百貨店の商材として
中元、歳暮の棚やカタログに並ぶブランド。

それを考えると、果たして東華軒に
立ち向かう手段があるんだろうか?

↓ スタンダ-ド と アヴァンギャルド。
11_2018062823331084b.jpg
サンドウイッチと言えばこれだ、という大船軒のサンドウィッチと、
最前線で戦いに挑む前衛思考の分厚いハムカツサンドの雄姿。
東華軒のハムカツサンドのパッケ-ジは、仕様書のシ-ル以外
何も文字が記載されていません、この辺も尖ってる所に思えます。
破壊力抜群な見た目のハムカツと、伝統のサンドウィッチの対決。

↓ サンドウィッチ
12_20180628233308f36.jpg
ああもう間違いない味ですのよコレが。
遥か昔から変わらぬ姿であり続ける
コレが歴史を造ってきた大船軒の味。

↓ ハムカツサンド
13_201806282332228f8.jpg
これだけハムがブ厚ければそれはそれで
大味になりそうな予感を抱いてしまいますが、
コレはモノ凄い出来の良さを発揮しております。
ハムには水分を失ったもっさもさ感が全然なくて、
肉の揚げ物感が半端無い。よくぞここまでこの分厚い
ハムカツをちゃんとハムカツにしてくれた仕上がりの良さ。

甲乙つけがたい程の仕上がりの両雄対決だったのですが、
今回は個人的にほんの僅差で、大船軒のサンドウィッチ。
食べ飽きるかもかどうかでいうと、大船軒に軍配でした。
でも、この分厚いハムカツサンドは、確実にツボです。

↓ 番外編
14_20180628233220a84.jpg
東華軒のデラックスこゆるぎ弁当。大昔はたしか
「こゆるぎ茶飯」だったような。(←おぼろげ)(^^;)

↓ デラックス
15_20180628233218a4c.jpg
おかずが豪華で、とにかくごはんの量が多い。
食べるのは数年に一度位なのですが、凄く好き。
でも、コレを帰りの電車で食べられない小田急線。
ロマンスカーと一緒じゃ無いと少々もったいないので
大好きなんだけどなかなか頻繁に食べられないのです。(←あくまで個人的に)

↓ 超番外編
18_20180628233137f62.jpg
神奈川県の神駅弁。というのは人にもよるのでしょうが、
このブランドを抜き超える事は、県下の両雄といえど
難しいのかもしれません。なにせコレは関東全域に
その名が轟く、ヨコハマの駅弁になってますから。

↓ 実はね・・・
19_201806282331366c7.jpg
海老名には、相鉄線の駅売りと、丸井の中と、海老名SAと
やたらあちこちに崎陽軒の売店があるもので、なんだかんだ
よく食べてたりします。なにせ崎陽軒なんだから仕方ないのね。(^^;)

↓ オチがコレというのはいかがなものか・・・
22_20180628233131e25.jpg
崎陽軒は、神奈川県の三大駅弁業者の中では、
一番の後発なのですが、一番名の通っている
一番のメジャー企業だったりしています。
三社三様の在り様による選択肢の多さが
電車に乗らなくても色々楽しめるというのが
密かに楽しかったりもしている訳なんですね。(^^)b

↓ 神奈川県の駅弁は、かなり面白いんですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キーロ 

Author:キーロ 
神奈川県をぶらぶらして
面白そうな事を探します。


趣味:

自転車、料理、
水族館、高いところ、

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
42位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる